北沢俊美防衛相は9日午前の記者会見で、米露両国が第1次戦略兵器削減条約(START1)の後継となる核軍縮条約に調印したことについて、「(世界の)90%以上の核弾頭を持つ米露が今度のような声明を出すことは世界全体に希望を抱かせるメッセージで、新しい世界に向けての第一歩だ」と述べ、評価する考えを示した。

【関連記事】
中東欧諸国に核軍縮条約への理解求める オバマ大統領
新核軍縮条約調印 首相「大いに歓迎」
【今、何が問題なのか】Yes we did!
露MD継続を懸念 米の非核外交と対照的
【News解説】「大きな一歩」唯一の被爆国は歓迎
「中国内陸部の資源事情とは…?」

<強盗>ビデオ販売店で14万円奪い男逃走 大阪(毎日新聞)
子ども手当、半額は「現物支給」=民主若手が提言(時事通信)
小沢幹事長の訪米中止、米の激怒から 「大統領は会わない」(産経新聞)
普天間移設で審議官級協議=週明けにもスタート-日米(時事通信)
救急救命士、気管チューブを食道に=秋田(時事通信)
AD