宮城県東松島市の国道で4人が重軽傷を負ったひき逃げ事件で、県警石巻署は12日、自動車運転過失致傷と道交法違反(ひき逃げ、無免許運転)の疑いで、同市大曲、無職村上彰生容疑者(28)を逮捕した。
 同署によると、村上容疑者は「飲酒しており、怖くなって逃げた」と供述しているという。
 逮捕容疑は11日午前5時50分ごろ、同市赤井の国道45号を運転中、センターラインをはみ出し、対向車線の軽自動車と衝突。乗っていた石巻市の男子大学生(19)ら4人に重軽傷を負わせ、現場から逃げた疑い。 

【関連ニュース】
軽自動車衝突され4人負傷=対向車の男逃走、仙台で確保
ボンネットから転落し重体=車に7人、運転の18歳逮捕
横断歩行者はね2人死傷=信号無視、容疑で男逮捕
ひき逃げ容疑で81歳男逮捕=男性遺棄事件
飲酒し自転車でひき逃げ=重傷負わせた男書類送検

どうした自動車ジャーナリスト! 事実を語らない裏事情(Business Media 誠)
【医薬最前線】第2部 2010年の壁(2)満たされぬ領域 開発に期待(産経新聞)
公安庁がオウム関連2施設に立ち入り 新拠点と最大拠点(産経新聞)
大阪-東京個室の旅~寝台特急「サンライズ」の実力(産経新聞)
代表質問 谷垣総裁「バラマキ政策撤回を」(毎日新聞)
AD