千葉県八街市小谷流(こやる)、農業中村行夫さん(76)が刺殺されて自宅が放火された事件で、強盗殺人と現住建造物等放火の疑いで逮捕された同市内の土木作業員の男(47)が11日の事件当日、滞納家賃を支払ったり、パチンコをしたりしていたことが、捜査関係者への取材でわかった。

 佐倉署捜査本部は、男が中村さん宅から奪った十数万円を使ったとみて調べている。

 捜査関係者によると、男は自宅アパートの家賃を滞納していたが、1か月分に当たる5万3000円が事件の起きた11日のうちに、不動産会社の口座に振り込まれたという。

 また、男は11日夕、同市内のパチンコ店に行っていたことも判明した。景品交換所の防犯カメラに男の姿が映っていることを捜査本部が確認した。

 男の勤務先や関係者らによると、男は3月半ばから仕事をしておらず、「(昨年秋にあった)自宅アパートの火事で保険金が100万円入った」と話していたという。一方で、共犯として逮捕された無職の長女(15)は今月8日頃、「保険金は既になくなった」と知人に話していた。

<江ノ電・嵐電>キャラ決定 「えのん&あらん」をよろしく(毎日新聞)
小沢幹事長、東京地検が3度目の事情聴取(読売新聞)
<訃報>出雲井晶さん83歳=作家、日本画家(毎日新聞)
老健開設準備の医療法人社団に破産手続き開始―東京地裁(医療介護CBニュース)
大阪女性失跡 死体遺棄で交際相手の会社役員逮捕(産経新聞)
AD