三重県鈴鹿市のアパートで同居女性の男児(6)に暴行したとして、県警鈴鹿署は22日、傷害容疑で鈴鹿市算所、無職小島正嗣容疑者(25)を逮捕した。同署によると、小島容疑者は「厳しくしつけるために、手を出してしまった」と容疑を認めているという。
 逮捕容疑は21日午前7時ごろ、鈴鹿市算所のアパートの女性(34)宅で、女性の小学1年の次男を殴ったり突き飛ばしたりし、脳内出血などのけがを負わせた疑い。
 鈴鹿署によると、長女が22日朝に「弟が母の同居人に前日殴られた」と110番した。同署員が駆け付けると、次男が布団の中でぐったりしていた。 

【関連ニュース】
9カ月乳児、壁に投げ付け=傷害容疑で父逮捕
共同通信次長を逮捕=酔って駅員に傷害容疑
5カ月長女に暴行、骨折=育児疲れ、22歳母逮捕
傷害容疑で会社員逮捕=父けられ入院、死亡

<不正輸出>北朝鮮にピアノなど 広島の会社を家宅捜索(毎日新聞)
関ジャニ∞の渋谷すばるさん新宿で追突事故(産経新聞)
首相元秘書に禁固2年、執行猶予3年の判決(読売新聞)
【高速道路新料金】小沢さんはないものねだりか(レスポンス)
普天間 徳之島「なかなか厳しいものがある」…北沢防衛相(毎日新聞)
AD