民主党の細野豪志副幹事長は21日、テレビ朝日の番組に出演し、党執行部が小沢一郎幹事長を批判した生方幸夫副幹事長の解任を決めたことについて「トータルに見たときに民主党にとってはダメージがあった」との認識を示した。その上で、生方氏に「自由に議論をする場をもう一度つくるから協力してほしい」と呼び掛けた。
 生方氏は同番組で「これで萎縮(いしゅく)したらもう民主党はおしまいだ」と強調。同党の小宮山洋子衆院議員も「鳩山由紀夫首相も党のことは全部小沢氏に任せるのではなく、しっかり見ないと(いけない)」と苦言を呈した。
 また、安住淳衆院安全保障委員長は、小沢氏の進退について「今の状況が続くようだったら、自身で判断していただくしかない」と自発的辞任を検討すべきだとの考えを示した。 

石井浩郎氏初演説は聴衆8人 寒風の中街頭デビュー(スポーツ報知)
政府、県内移設で最終調整=シュワブ陸上など2案-普天間(時事通信)
<雑記帳>「工学博士号取得世界最高齢」ギネス申請(毎日新聞)
「住宅」のまま用途変更せず=グループホーム火災-札幌市(時事通信)
「4年後までに信頼回復」=年金記録漏れ問題で-長妻氏(時事通信)
AD