ヤンジージャンプ・フェスティバル

基本はシュミ日記です。
…遊びをせんとや生れけむ 戯れせんとや生れけん…
  


テーマ:
例によって例のごとく、書かねばならない、書いておきたい大量の映画感想文が溜まっていて、本当は観た順番通りに書いていきたいのだけれども、この映画を観てしまったらそんなことも言っていられない・・・。

12年ぶりに国産ゴジラが帰ってきたのですから!!!

至る所で大不評の「ゴジラ・ファイナルウォーズ」から12年。
(僕はあのハチャメチャっぷりが逆に好きだけど)
その後、しばらくは制作される気配もなく、更にはハリウッド版(ギャレス監督版)の出来がなかなかだったこともあり、ゴジラが登場する新しい映画の登場に喜びつつも、
「あぁ、すっかりゴジラは日本のものではなくなったか」
と、少々寂しい気持ちに。

そんな中、2015年1月に観に出かけた「ゴジラ音楽祭」(オーケストラをバックに映画を上映するイベント。途中で宝田明さんと佐野史郎さんのトークショーがあった)では、
「ハリウッド版ゴジラもなかなかでしたが、やはりゴジラは日本の物! 次は東宝もやりますから、楽しみにしていてください!」
という宝田さんの発言に周囲が焦っていたりしたので「あぁ、これはきっと東宝ゴジラが復活するんだな・・・」と、少々期待していたところ、

庵野&樋口コンビでゴジラ復活のニュース!!!!

庵野さん。
エヴァは大好きだけど、劇場版では何度も裏切られ続けたしなぁ・・・
とか、樋口さんも結構アレな映画もあるしなぁ・・・・と、少々不安に感じつつも、4年前に観た「特撮博物館」での、このコンビによる『巨神兵、東京に現わる』は本当に素晴らしかったものなぁ・・・と、期待半分、不安半分で観に出かけたのでした。

【あらすじ】
 「ヱヴァンゲリヲン」シリーズの庵野秀明が脚本と総監督、「のぼうの城」「進撃の巨人」の樋口真嗣が監督と特技監督を務め、世界的怪獣キャラクター“ゴジラ”を日本版としては12年ぶりに復活させた特撮アクション大作。謎の巨大不明生物“ゴジラ”の出現という未曾有の国難に直面した現代の日本を舞台に、全てが想定外の中でギリギリの決断を迫られる政府関係機関の緊急対応の行方と、ゴジラに立ち向かう人類の運命を、綿密なリサーチに基づくリアルなストーリー展開と迫力の戦闘アクションで描き出す。主演は「地獄でなぜ悪い」「進撃の巨人」の長谷川博己、共演に竹野内豊、石原さとみ。そのほか大杉漣、柄本明、高良健吾、余貴美子、國村隼、市川実日子はじめ実力派キャストが多数出演。
 東京湾・羽田沖。突如、東京湾アクアトンネルが崩落する重大事故が発生する。すぐさま総理以下、各閣僚が出席する緊急会議が開かれ、地震や火山などの原因が議論される中、内閣官房副長官・矢口蘭堂は未知の巨大生物の可能性を指摘し、上官にたしなめられてしまう。しかしその直後、実際に巨大不明生物が海上に姿を現わし、政府関係者を愕然とさせる。のちに“ゴジラ”と名付けられるその巨大不明生物は陸に上がると、逃げまどう人々などお構いなしに街を蹂躙していく。やがて政府は緊急対策本部を設置するが、対応は後手後手に。一方、米国国務省が女性エージェントのカヨコ・アン・パタースンを派遣するなど、世界各国も事態の推移と日本政府の対応に強い関心を示していく。そんな中、様々な思惑が交錯する関係機関をまとめ上げ、ゴジラによるこれ以上の破壊を食い止めようと奔走する矢口だったが…。

(allcinema onlineより)

観終わってからまず感じたのは「ハリウッド版(ギャレス版)を観た時に感じたモヤモヤした気持ちは全て払拭された」ということ。

これでようやく、僕が大好きなゴジラ映画シリーズが帰ってきた!
と、心の底から叫ぶことができるというものです!!!

この作品については色々な切り口があって、それらについて書き始めると、いくら文字数を尽くしても語り切れないでしょうし、更には自分自身でこの映画を消化しきれていない部分もありますので、作品を観た感想を箇条書きにして、少しずつ書いていくことにします。

■政治サスペンス映画として面白い!
会議室シーンばかりで退屈という意見も聞きますが、逆にそこがよかったなぁと。
セリフが早口で聞き取りづらいという意見も、それが緊迫感に繋がってたのではないかなぁと思いました。

■ものすごい災害パニック映画だった。
最初のゴジラ登場シーンとか、原子力問題とか、明らかに東日本震災を思い出しましたし、そこはおそらく製作者サイドも意識しているところかと思います。
もう一度、あのような災害が発生したら、またあの時以上に原発事故が拡大したらどうなるか・・・という恐ろしさを感じましたし、その後の復興への希望がきちんと描かれていたように思います。

■1作目(1954年)以来の恐ろしいゴジラの復活
怪獣好き、特撮好きの僕としてはゴジラの登場シーンとか、町を放射熱線で破壊しまくるシーンとかは「うっひょ~! もっとやれー! カッコイイぞー!」という幸福感でいっぱいになるのが常なのですが、この映画でのゴジラ初登場シーンはとにかく「うげー!気持ち悪ぃ~。帰れー!」という気持ちになりましたし、初めて放射熱線を吐くシーンは、そのあまりの美しさに最初は陶然としたのですが、次第に恐ろしくなり、最後には「もうやめてくれ~!」と目を覆いたくなるほどでした。

■怪獣映画としては・・・?
樋口&庵野コンビの作品でありながら、それほど怪獣をカッコよく映していなかったような気がしたのは狙いだったのかなぁ?
とにかく怖かったし・・・。
とはいえ、長編映画としては初めてCGを採用した国産ゴジラと、日本の伝統芸ミニチュアセットとのコンビネーションは最高でした。

■4DXについて
今回は4DX上映で観たのでしたが、カメラワークに合わせて動くシートとか、ノートPCを机に置いただけで振動するシートとか、スモークの向こうに映し出されるゴジラの顔のアップとか、楽しい演出が満載でした。
ちなみに、ネットで話題になっていた「石原さとみ登場シーンで香水の香りが・・・・」というのは、ありませんでした。
あれはMX4D版の劇場オンリーなのか、ガセなのか、どちらかではないかと思います。


他にも電車の話(京急が・・)とか、音楽の話(エヴァ VS 昭和ゴジラ)とか、色々と書きたいことはあるのだけれども、どうせあと1回以上は観に行くでしょうから、続きはその時に。

これまでゴジラに興味があった人はもちろん、そうでない人にもきっと楽しめるであろう、和製アクション映画の傑作でした!!!!
(2016年8月14日 小田原コロナシネマワールドにて鑑賞)
AD
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)
同じテーマ 「■映画 ━ 邦画」 の記事

テーマ:

思い起こせば、初めて出演したのは4年前の秋。

それ以来、秋の定例イベントとして自分的には重要イベント。

永山フェスティバルに今年も出演します!!



          ■ 第19回 永山フェスティバル
          【会場】 ベルブ永山・グリナード永山・永山北公園
                  (京王線、小田急線 永山駅周辺)   
            【日時】 2016年9月17日(土)、18日(日)


今年はcanvas of musicヴォーカル&ピアノの創也さん率いる

「創也トリオ with テルミン」のテルミン&コーラス担当で、

9/18(日) 17:45~「サロンステージ」(ベルブ永山3F)に出演。

そういえばオイラ、今年は創也トリオの一員として、5年連続・5回目のサロンステージでの出演だ!

 

さて、創也トリオ。

去年は「トリオなのに4人」での出演だったのですが、今年はなんと!

 

トリオなのにメンバーが5人いる!!!!

 

というか、今年はもともと「創也トリオ with テルミン」での出演だから、いいのか・・・・・って、良くな~い!!

それを言うなら「トリオ with テルミン」じゃなくって「カルテット with テルミン」が正解じゃん!

・・・などというツッコミは野暮というもの。

 

そんな少々の過ちを許し、温かく受け入れてくれるのが永山フェスティバルのいいところ。

一名増員(昨年比)でパワーアップした演奏を、どうぞ見届けにいらしてください!!

 

というわけで、 永山フェスティバル会場は、新宿から40分ほど、町田からだと30分ほどの、小田急・永山駅京王・永山駅を降りてすぐ。

 

ステージも4か所、その他ワークショップやら、出店もたくさん!

そして入場は無料!!!

 

3連休の中日。 みなさん揃って、永山へお越しくださいー!

AD
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

テーマ:
ここのところテルミン活動も、すっかり地底化してしまっていますが・・・。
来年の1月にこんな企画が決定しましたので、おしらせします!!!

~テルミン生活10周年記念公演~
 矢野ナヲト テルミン・ソロ・リサイタル


 ■日時
   2017年1月14日(土)
   開場:未定  開演:未定(19:00頃?)
  ※入場無料
 ■会場
  大倉山記念館・ホール
  ※東急東横線「大倉山駅」より徒歩7分 (駅とKFCの間の坂道を渋谷方向に上る)

   ※一般駐車場はございません。近隣の有料駐車場をご利用ください。


2016年でテルミン人生10周年を迎えた、私こと矢野ナヲト。
それを記念してワンマンリサイタルを開催することにしました!!

会場は横浜市の指定有形文化財にも指定されていて、数々の映画やテレビでもロケ地に選ばれている、大倉山記念館!!
 
SN3V0806.jpg


こんな素敵な会場で演奏できることが、この上ない倖せ。

日程と会場と、CANVAS OF MUSICの創也さんと、モッサリーズの藤元さんに手伝ってもらうこと以外はまだ何も決まっていないこの企画ではありますが・・・
ぜひとも多くの人々に見守っていただけたら・・・と思っています。

というわけで、
もしよろしければ、今のうちからschedule帳にチェックを!!!!
AD
いいね!した人  |  コメント(2)  |  リブログ(0)

テーマ:
さて、フジロックでのお祭りモードから、現実へと戻る日。

SN3V0778.jpg

今日の苗場も穏やかな天候。
………はぁ、帰るのイヤだなぁ………………………………………
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

テーマ:
その後はグリーンステージへ移動し、ことし最後のヘッドライナーのレッド・ホット・チリ・ペッパーズ。

ステージエリアのビッチリ後ろまで人がいて、ほぼ全員が盛り上がっている…。

さすがはロック界の重鎮だ……と思いつつ、3日間の疲れがピークのためしばし休憩。

クロージングアクトの電気グルーヴも、座ったり立ったり…で、ゆったり目に鑑賞。

アンコールのシャングリラ~虹の演奏を観ながら、ああ今年のフジロックも終わってしまうんだなぁ…としみじみとした感傷にひたりました。


というわけで、今年のフジロックはこれにて終了。

色々と変わったことがあったりして、戸惑うところもありましたが、天気も一瞬雨が降ったくらいでさほど崩れなかったし、観たライヴは大抵どれも良かったし…で、楽しかったなぁ。

また来年もここに戻ってくるぞ…と誓いつつ…

SN3V0776.jpg

2017年は7/28からの3日間。

頑張って働いて、頑張って休み取るぞ!
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

AD

Ameba人気のブログ

Amebaトピックス

      ランキング

      • 総合
      • 新登場
      • 急上昇
      • トレンド

      ブログをはじめる

      たくさんの芸能人・有名人が
      書いているAmebaブログを
      無料で簡単にはじめることができます。

      公式トップブロガーへ応募

      多くの方にご紹介したいブログを
      執筆する方を「公式トップブロガー」
      として認定しております。

      芸能人・有名人ブログを開設

      Amebaブログでは、芸能人・有名人ブログを
      ご希望される著名人の方/事務所様を
      随時募集しております。