ヤンジージャンプ・フェスティバル

基本はシュミ日記です。
…遊びをせんとや生れけむ 戯れせんとや生れけん…
  


テーマ:
ちょっと前に観た映画の感想文シリーズ!

この日は『蜜のあわれ』との2本立てでこの作品を鑑賞。
観ようと思いつつ見逃してしまっていた映画を同じ日に観られる感動を噛みしめつつ。

まずはあらすじの紹介です。

【あらすじ】
「Love Letter」「花とアリス」の岩井俊二監督が「小さいおうち」「母と暮せば」の黒木華を主演に迎え、一人の若い女性の心の彷徨と成長を見つめたドラマ。現代の日本を舞台に、ふとしたことから“普通の人生”を踏み外してしまった世間知らずのヒロインが、周囲に流されるまま様々な出会いと経験を重ねながら、過酷な現実社会をしたたかに生き抜いていく姿を、瑞々しい透明感あふれる映像で綴っていく。共演は「そこのみにて光輝く」の綾野剛、「KOTOKO」のCocco。
 2016年の東京。派遣教員として働く平凡な女性、皆川七海。ある日、SNSで鶴岡鉄也という男性と知り合い、そのままトントン拍子で結婚へと至る。結婚式に呼べる友人・親族が少ない七海は、代理出席の手配を“なんでも屋”の安室に依頼する。しかし新婚早々、夫の浮気疑惑が持ち上がると、反対に義母から七海が浮気を疑われ、家を追い出されてしまう。行き場もなく途方に暮れた七海は安室に助けを求め、彼が斡旋する怪しげなバイトを請け負うようになる。やがて、豪邸で住み込みのメイドとして働き始めた七海は、謎めいたメイド仲間、里中真白と意気投合、互いに心を通わせていくのだったが…。

(allcinema onlineより)

いやはや・・・
もう何も言いますまい・・・な圧倒的な作品。

とにかくこの世のものとは思えないほどの透明感を放つ黒木華と、この世のものとは思えないほどの異形感のCoccoとの対比。
そんな2人を取り持つような、取り壊すような役柄を演じる綾野剛の、胡散臭いけれども誠実な眼差し・・・・。

そして、デビュー当時から定評のある、ふんわりとした映像美と、緊迫感のあるカメラワーク、カット割り・・・・と、いつもながらの岩井俊二的な映像美が満載!!!

そもそも綾野剛の演じる、安室の目的がよく判んない・・・とか、主人公の七海があまりにも人のことを信頼しすぎてバカみたい・・・とか、屋敷に行ってから以降の展開はあまりにも現実味が無さ過ぎて、さすがにどうかなと思ったぞ・・・・とか、言いたいことは山ほどあるんだけれども、そんなことはもうどうでもいい!!

僕のようなファンにとっては、3時間という上映時間なんか全く苦にならず、とにかく永遠にスクリーンを眺めていたくなる・・・・という、典型的な「岩井俊二」的な作品でした!!!


岩井俊二監督というのは、大好きな人と大嫌いな人とできっちりと別れる監督さんのような気がしていて、嫌いな人の意見というのは
「何かオサレっぽい雰囲気が嫌い」とか「雰囲気だけで、結局何が言いたいのかわかんない」とか「観ている人自体が『自分は岩井作品が好きなんだ=私って映画を判ってるでしょ?』みたいなとこがあって、ウザい」とか、まぁそんなところなんだろうと思うんだけれども、そのあたり村上春樹にも通じるようなところがあるような気がします。

そういった視点でこの作品を観ると、前半の現実的なパートと、後半のひたすらファンタジックなパート・・・という2部構成もまるで「原作:村上春樹」の映画版だったような気が・・・・。
村上春樹作品でいうならば『ねじまき鳥クロニクル』とか『海辺のカフカ』あたりのような、そんな雰囲気をもった作品だった気がします。


そんなこんな。
岩井俊二ファン以外にはちょっと敬遠されるような雰囲気が満載な作品ではありつつも、ここのところすっかりメジャーな女優さんの仲間入りを果たしつつある黒木華さんが、その魅力を大いに発揮していたり、綾野剛がものすごく楽しそうにインチキなキャラを演じていたり・・・で、岩井ファン以外にも楽しめるポイントはたくさん・・・・

・・・・・・・・あるけれども、もういいや!!!

この作品。
岩井俊二監督による、岩井俊二ファンのための集大成作品!
といっても過言ではない作品なのかもしれません。

この作品を受け入れられるかどうかで、自分が岩井監督作品を好きかどうかが判るようなこの作品。
今後の彼のフィルモグラフィーの中で、重要な作品になるであろう、そんな作品でした!!!!!
(2016年7月19日 アミューあつぎ映画.comシネマにて鑑賞)
AD
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)
同じテーマ 「■映画 ━ 邦画」 の記事

テーマ:
まだ続きますよ・・な、昔観た映画の感想文シリーズ。

この作品を観に行った時はちょっと長めのお休みをいただいていまして「それならば、この機会に観そびれていた映画を観て回るぞ!」といろいろと劇場を検索していたところ、かつて通っていた劇場がリニューアルされて、ちょっと前の話題作を続々と上映していることを発見!

場合によっては3日間位通う気分で鑑賞計画を練っていたのでした。
(結局、1日しか行かなかったけど)

では、リニューアルされた劇場で観た初めての作品。
あらすじの紹介です。

【あらすじ】
室生犀星の同名幻想小説を「狂い咲きサンダーロード」「シャニダールの花」の石井岳龍監督が映画化した文芸ファンタジー・ロマンス。金魚が姿を変えたコケティッシュな美少女と老作家の秘めたる禁断の恋の行方をシュールなタッチでユーモラスに綴る。
主演は「私の男」「この国の空」の二階堂ふみと「HANA-BI」「天の茶助」の大杉漣。共演に真木よう子、高良健吾、永瀬正敏。
 老作家を“おじさま”と呼び、一緒に暮らしている赤い服の美少女、赤子。その正体は、尾ひれをひらひらさせて水の中を泳ぐ真っ赤な金魚だった。気が向けば少女の姿で外にも繰り出すが、ある時、野良猫にバレてお尻を引っ掻かれ、尾ひれをケガしてしまう。
そんな赤子の前にある日、真っ白な着物の女性が現われる。彼女は老作家への想いを断ちがたく、この世を彷徨う幽霊だった。

(allcinema onlineより)

こちらの劇場はシートがとっても座り心地がよくて、そこのところも気に入っていたポイントだったんだけれども、どうやらシートはそのまま継続して使っているようでした。

座った瞬間、全身で感じたかつての記憶。
人間の感覚って、不思議なものだなぁ・・・とつくづく感じたのでした。


さて、不思議といえばこの作品は、とにかく不思議な作品。

金魚の化身である少女と、老作家との禁断の恋・・・という設定だけで明らかに不思議。

人魚姫のようだといえば、まあそうなんだけれども、思いっきり「和」のテイストだからどこか怪談のようでもあるなぁ・・・と思っていたら、途中から老作家に恋する幽霊なんかも出てくるものだから、事態はさらに不思議な方向へ・・・・。

金魚も幽霊も、これは老作家にしか見えないという設定なのかな・・・と思っていたら、どうやらそれ以外の人たちにも見えているらしい描写も出てくるし・・・で、どんどん不思議さが増殖していって、作品の世界に慣れるまでしばらく時間が経ってしまいました。


で、観続けているうちに判ってくるんだけれども、この作品は作家と作品との関係について語った作品なんですね。

作家に限らず、創作物を創る人にとって、作品とその登場人物というのは虚構でありながら現実。

そして、作品を鑑賞している立場の読者や視聴者にとっても、作品の登場人物は虚構であり現実。

ならば、この映画の中で金魚の化身である赤子や、老作家に恋をする幽霊の姿を見ることができる人たちが登場するのも決しておかしなことではないのでしょう。


こうした視点でみると、作品のラストで去っていく赤子に向かって
「ひとりにしないでくれ!」と泣き叫ぶ老作家の姿は、肉体の衰え(才能の枯渇も?)によって作品を産み出せなくなってしまう自分に向かっての叫びだったのか・・・ということに気付き、
その瞬間、これまではファンタジック・ラブコメディだとばかり思っていたこの作品の本当の「哀れ」さを知り、何とも哀しい気分になってしまったのでした。


そんな不思議なストーリーの素晴らしさもさることながら、とにかくこの作品のキャスティングの凄まじさと言ったら!!
老作家を演じるベテラン、大杉漣にも全く引けを取らないほどの存在感を放つ、二階堂ふみの演技の凄まじさ。
すぐにこの人主演で芥川龍之介の映画をつくってほしいほどに、あまりにも芥川っぽい高良健吾・・・などなど、枚挙に暇なし!

漫画原作もいいけど、たまにはこういう文学作品原作の映画もいいなぁと思わずにはいられない、佳い作品でした!
(2016年7月19日 アミューあつぎ映画.comシネマにて鑑賞)
AD
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

テーマ:
今回も昔観た映画の感想文。
途切れかけた記憶の糸を辿りつつ、まずはあらすじの紹介です。

【あらすじ】
 人気作家・横山秀夫の傑作ミステリー巨編を佐藤浩市をはじめとする実力派キャストの豪華共演で映画化したミステリー・ドラマ。本作は前後編2部作の後編。
警察庁長官の来県を目前に発生した新たな誘拐事件で県警全体に激震が走る中、さらなるマスコミ対応に追われる広報官・三上が迫る“ロクヨン”捜査の知られざる真相と、現在進行形で展開していく新たな誘拐事件の衝撃の顛末をスリリングに描き出していく。監督は「ヘヴンズ ストーリー」「ストレイヤーズ・クロニクル」の瀬々敬久。
 平成14年12月。時効まであと1年と迫った“ロクヨン”の捜査員激励と被害者家族・雨宮の慰問を目的とした警察庁長官の視察が翌日に迫る中、管内で新たな誘拐事件が発生する。しかも犯人は“ロクヨン”と同じように身代金2000万円をスーツケースに入れ、父親が一人で運転する車で運ぶよう要求する。事件の性質上、広報室の三上は記者クラブと報道協定を結ぶ必要に迫られるが、肝心の捜査情報はほとんど提供されず、記者たちは一斉に反発、各社が独自に動き出しかねない危険な状況に。
そんな中、一向に情報が出てこないことに自らも業を煮やした三上は、ロクヨン捜査にも関わった刑事部時代の上司・松岡が指揮を執る捜査車両に単身乗り込んでいくのだったが…。

(allcinema onlineより)

前編がものすごく中途半端なところで終わったので、ものすごく気になっていたこの作品。
無事に観ることができてまずはホッとしました。

前編のほとんどが昭和64年に発生した未解決誘拐殺人事件「ロクヨン事件」の概要説明と、警察と記者クラブの対立~和解という内容を描いていたのに対して、後編はその大部分が、管内で発生した誘拐事件を追う刑事たちの姿を描いているので、非常にスリリングな印象。

なので、その誘拐事件が結末を迎えた時には「おー!そういうことだったのか!」という、スッキリとした気分になったと同時に、人間の業という物の深さであったり、誘拐事件に巻き込まれてしまった当事者の気持ちだったりを感じて、重苦しい気分にもなってしまいました。

というわけで、非常に楽しく鑑賞できたのは間違いないんだけれども、誘拐事件時の吉岡秀隆さんの演技のコントっぽさとか、作戦の詰めの甘さとかは明らかに作品上のノイズになっていた気がしましたし、誘拐事件の捜査に主人公・三上の奥さんを巻き込んだ理由とか、真犯人が殺人までに至った理由とかはいまひとつ明らかにされていなくて気になってしまったり・・・と、色々と不満な点があったのも確か。

このあたりは原作ではしっかり書かれているという話も聞きましたので、機会をつくって原作もチェックしてみたいなぁ・・・と思いました。


もしこの映画に点数を付けるとしたら(5段階)「前編:4点」「後編:3点」「トータル:3.3点」って感じかなぁ。
豪華キャストが勢ぞろいの見応えのある作品でした。
(2016年7月15日 109シネマズ湘南にて鑑賞)
AD
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

テーマ:
さて、相変わらずの、昔観た映画の感想文です。

この映画、公開前から気になっていたんだけど、観に行かないでいるうちに、そろそろ公開終了になっている劇場多数。

そんなわけで、重い腰を上げてようやく会社帰りに観に行ったら・・・・

SN3V06090002.jpg

Wow!!
お客さん、オレしかいない・・・。
つまり、貸し切り状態!!!

人生2度目の貸し切り映画館に、優越感と寂寥感を感じつつ・・・

まずはあらすじの紹介です。

【あらすじ】
マーベル・ヒーローの中でも型破りな悪童キャラでひときわ異彩を放つアンチ・ヒーロー“デッドプール”を主人公に迎え、全米で空前の大ヒットとなった痛快アクション・エンタテインメント大作。
利己的でどこまでも無責任な傍若無人男デッドプールが、己の復讐に突き進み、愛する女性との幸せを取り戻すべく大暴走を繰り広げるさまを、掟破りのパロディネタを織り交ぜつつ、過激なバイオレンス描写と下ネタジョーク満載に描き出す。
主演は「グリーン・ランタン」「ゴースト・エージェント/R.I.P.D.」のライアン・レイノルズ。監督はVFXアーティストで、これが長編デビューのティム・ミラー。
 全身赤いコスチュームに身を包んだ男“デッドプール”。その正体は、かつて特殊部隊の有能な傭兵として活躍したウェイド・ウィルソン。
第一線を引退後は、ヒーロー気取りで悪い奴らをこらしめ、金を稼ぐ気ままな日々を送っていた。そんな時、娼婦のヴァネッサと出会い、本当の愛を知る。しかし結婚を決意した矢先、末期ガンで余命わずかと診断されてしまう。そこである男に紹介された怪しげな治療に最後の望みを託すが、それは被験者を無敵の戦闘マシンに改造してしまう恐ろしい人体実験だった。
エイジャックスという男によって実行されたこの実験で不死身の肉体を手にしたウェイドだったが、その代償として全身の皮膚がただれた醜い姿となってしまう。愛するヴァネッサに会うことも出来きず、マスクを被ってデッドプールとして生きることを余儀なくされたウェイド。こうして、自分を騙した組織とエイジャックスへの復讐に執念を燃やし、彼らの行方を追うデッドプールだったが…。

(allcinema onlineより)

僕が思う良いヒーロー物映画の条件として、どれだけヒーローの悲哀が描かれているか・・・というのがあると思っているんだけれども、その点で言えばこの作品は100点満点!

あのチャラい主人公がどうしてあんなにテキトーなことばかり発言しているのか・・・というのは、あまりにもこれまでの人生が過酷すぎて、逆にそうでもしないとやっていけないからなんでしょう。

このあたり、途中で打ち切りになっちゃった『アメージング・スパイダーマン』シリーズにも通ずるところがあるような気がします。
あぁ、アメスパ・・・。最後までちゃんと観たかったよなぁ・・・・。

と、それはさておき。

それよりも何よりもこの作品の面白いところは、映画のストーリーを無視した暴走ギャグの数々でしょう。
しかもそれぞれのギャグは物語の展開を遮らないギリギリのところで抑えられている・・・というのも絶妙のバランス感覚だったなぁと(時々、暴走し過ぎだったとこもあったけど)。
他のマーベル・ヒーローシリーズをちゃんと観ている人向きのギャグが多かったかな・・・という部分もありましたが、それは僕の個人的な事情だから仕方ない。
とりあえずは、ほぼ知らない状態でも笑えることができたので良しとしましょう。


あとこの映画の特徴的なところといえば、主人公がちょいちょい自分が映画の中の世界で生きている・・・というルールを平気で壊すところ。
セリフの内容もそうだけれども、途中で何度もスクリーンのこちら側にいる観客たちに向かって話しかけてくる・・・のですが、何しろ今回は僕以外誰もいない貸し切り映画館。
そのたびに何だか気まずい思いに・・・・

いやー。
この作品は観客が大勢いる映画館で、ポップコーンとビールをお供に、ケラケラ笑いながら観たかったなぁ・・・・。

おそらく続編も公開されそうな雰囲気だったし、その時には公開初日に駆けつける勢いで鑑賞したいと思います!!
(2016年7月7日 TOHOシネマズ小田原にて鑑賞)
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

テーマ:

永山フェスティバル2016、無事に終了。


会場に足を運んでいただいて見届けていただいた皆さま。

永山フェスティバルスタッフの皆さま。

 

本当にありがとうございました!

では、まずは当日のセットリストを…

■ 創也トリオ with テルミン 
  @ 第19回 永山フェスティバル (サロンステージ)
  【Setlist】
  1. 今年のワルツ
  2. サルヴァトーレ、南へ。
  3. 空想のもたらすもの
  4. 好きな人
  5. さっきまで
  6. パズルの答え
  7. にぎやかな毎日

  8. 天秤座への旅の終わり

 

  ~ アンコール? ~ 

     caravan

    (矢野ナヲト・テルミンソロ)

 

今回は半ば無理やりにアンコールを組み入れさせていただきまして、来年1月14日に大倉山記念館で開催するソロ・リサイタルのプロモーションをさせていただきました。

 

今回のお客さんが興味を持ってくれていたらいいなぁ・・・と思いつつ。

まずはライブの全体の感想を・・・・。

 

 

こういう場所でバンドの裏事情を話すのは好きではないのですが…

今回のライブ。

メンバー同士の都合がなかなか合わず、本番前の数回の合同練習では全員揃っての練習ができず、毎回誰かが欠けていた状態。

そんなわけで、本番はどんな音になるのだろうか…と多少不安に思っていた部分もあったのですが、逆にそれが幸を奏したのか(笑)

各メンバーがきっちりと互いの音を聴き合って、それに反応して自分の楽器の音を投げ返す・・・という、音のキャッチボールが出来ていたような気がします。

 

まぁ、本番の音源をまだ聴けていないので、本当のところはどうなっているのか、定かではないですが、そういった感じの適度な緊迫感と、音楽的な悦びに満ちた演奏になっていたはず!

 

これはもちろん演者だけではなく、あの場所に集まっていただいて、演奏を受け止めてくださったお客さまのおかげでもあります。

毎回感じるのですが、永フェス・サロンステージのお客さんって、すごいしっかりと演奏を聴いてくれているような雰囲気があるんですよね。

今回も温かく受け入れていただいて、本当に感謝しています!!

 

そんなこんなで、音楽的に充実した演奏ができた・・・・という点の他に、個人的には今回の永山フェスティバルは5年連続出演というアニヴァーサリーイヤー。

 

更には5年前の東日本大震災の時に、本棚が倒れ掛かってきて壊れたままになっていた、e-windsというテルミンを修理して、初めて人前で使用したライブだった・・・・ということで、色々と感慨深いものがありましたし、それと同じくらいに色々と改善点も見えて来たライブ。

 

今回感じた色々なことを生かしつつ、

今後もよりよい演奏を目指して頑張っていきたいと思います!

いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

AD

Ameba人気のブログ

Amebaトピックス

      ランキング

      • 総合
      • 新登場
      • 急上昇
      • トレンド

      ブログをはじめる

      たくさんの芸能人・有名人が
      書いているAmebaブログを
      無料で簡単にはじめることができます。

      公式トップブロガーへ応募

      多くの方にご紹介したいブログを
      執筆する方を「公式トップブロガー」
      として認定しております。

      芸能人・有名人ブログを開設

      Amebaブログでは、芸能人・有名人ブログを
      ご希望される著名人の方/事務所様を
      随時募集しております。