ヤンジージャンプ・フェスティバル

基本はシュミ日記です。
…遊びをせんとや生れけむ 戯れせんとや生れけん…
  


テーマ:

2017年2本目に鑑賞したのはこの作品。

一応、文学部の日本文学を学ぶ学部を卒業した私ですので、この映画の原作は高校生の頃に初めて読んで以来、何度か読み返していますし、数年前には吹奏楽団で『ぐるりよざ』という隠れ切支丹をテーマにした曲をやった影響とかで改めて読み返したりもした・・・という、要するにかなり好きな作品ですので、それを巨匠:マーティン・スコセッシ監督が映画化する・・・ってんで、公開を楽しみにしていたのでした。

 

では、まずはあらすじの紹介から・・・

 

【あらすじ】
 遠藤周作が信仰をテーマに、世界の不条理と人間の本質に深く迫った日本文学の金字塔『沈黙』を、長年映画化を熱望してきた巨匠マーティン・スコセッシ監督が、原作との出会いから28年の時を経て遂に撮り上げた渾身の歴史ヒューマン・ドラマ。非情なキリシタン弾圧が行われている江戸初期の長崎を舞台に、自らの信仰心を極限まで試される若いポルトガル人宣教師の壮絶な葛藤の行方を力強い筆致で描き出す。主演は「アメイジング・スパイダーマン」のアンドリュー・ガーフィールド。共演にアダム・ドライヴァー、リーアム・ニーソン。また浅野忠信、窪塚洋介、塚本晋也、イッセー尾形はじめ日本人キャストも多数出演。
 17世紀、江戸初期。日本で布教活動を行っていた高名なポルトガル人宣教師フェレイラが、キリシタン弾圧を進める幕府の拷問に屈して棄教したとの知らせがローマに届く。さっそく弟子のロドリゴとガルペが真相を確かめるべく日本へと向かい、マカオで出会った日本人キチジローの手引きで長崎の隠れキリシタンの村に潜入する。そして村人たちに匿われ、信仰を通じて彼らと心を通わせていく。やがてロドリゴたちの存在は、狡猾にして冷酷な手段を駆使して隠れキリシタンをあぶり出しては、彼らに“転び(棄教)”を迫る長崎奉行・井上筑後守の知るところとなり…。 
(allcinema onlineより)

 

うん。これはすごい。

原作をじっくりと読み込んで、作品の中にある精神、そして、原作者である遠藤周作の想いまでをしっかりと映像化した作品・・・といった印象を受けました。

外国人が撮った、日本を舞台にした作品にはありがちな違和感はほとんどなかったのも、きっと時代考証をしっかりとやった結果だったと思いますし、何よりも日本人キャストも外国人キャストも、皆さん素晴らしい演技!

特にモキチを演じた塚本晋也監督の凄まじさとか、浅野忠信さんの、宣教師に対する愛憎入り混じる気持ちを表現した視線とか、イッセー尾形さんの、一見優しそうだけれども、腹の奥にはどす黒い想いを秘めている雰囲気とかは、本当に江戸時代に実在していたのでは・・・と思うほどでしたし、日本にやってきた若い宣教師を演じた2人も、純真さゆえの危うさが感じられて、本当に素晴らしかったです。

 

それにしてもこの作品。

触れるたびに「人間の幸福とは?」とか「信仰って何だろう?」とか、考えさせられます。

 

特に「信仰って何だろう?」という部分については、この作品に登場する切支丹の末路や、当時弾圧されていた切支丹の人々のこと、はたまた、明治期の廃仏毀釈とか、昨今のカルト教団のこととかを考えると、よく判らなくなってしまいますし、そもそも存在する意義があるのか!?なんてことまで考えてしまうほどで、まさにそれこそがこの作品の一番大きなテーマなわけですが、今回の映画化にあたっては、そこに監督なりの解答が明示されていたように感じました。

 

この映画版の解答をひとつの「解答例」とした上で原作を読んでみると、これまで読んだことのある人にとってはきっと違う目線で作品と向き合えるのではないかと思いますし、読んだことのない人にとっては最高のガイドになるのではないかなぁ。

そんなわけで、この映画。遠藤周作の『沈黙』という作品の素晴らしさと重大さを改めて世の中に知らしめる映画になるのではないでしょうか。

 

自分も久々に原作を引っ張り出してきて、読み返そうかと思います。

(2017年2月5日 109シネマズ湘南にて鑑賞)

AD
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

テーマ:

先日もお伝えしましたフジモン@モッサリーズ主催のイベント。

詳細が判りましたので、再度おしらせいたします!

 

 

           「Afternoon Tea Music Vol.1」

            2017年2月25日(土) Open 13:00 Start 13:15

            ※Ticket \ 1000 (+1Drink)

            ■会場 : 荻窪 Live Bar BUNGA 

                 ※JR荻窪駅北口より 徒歩2分   

 

            【TIME TABLE】
            13:15~13:45 CANVAS OF MUSIC
            14:00~14:30 矢野ナヲト 
            14:40~14:50 グリドルズ 
            15:00~15:30 島田 塁 
            15:40~16:10 フジモン with マダムキラー
            ※当日は前後する可能性もありますのでご注意ください。

 

出演は、主催者であるフジモン率いる謎の新バンド「マダムキラー」を筆頭に、いつもお世話になっておりますのCANVAS OF MUSIC。

そして、以前CANVAS・・・のメンバーとして日吉NAPというライブハウスに出演した時にご一緒した、見た目も音楽もイケメンな島田塁さん・・・といったバラエティに富んだ面々。

更に今回のイベントには、某:ハンバーガーショップを讃える楽曲ばかりを演奏する高カロリー系ユニット「グリドルズ」も出演するとのこと。

 

昼間の時間帯ということで、門限が厳しかったりなんだりで、普段は夜のライブに行きづらい・・・というみなさんも、夕方から用事があるんだよね・・・というみなさんも参加しやすいイベント!!

 

というわけで、土曜の昼下がり。

荻窪でライブを楽しんでみる・・・というのはいかがでしょうか?

 

みなさまのご来場、心よりお待ちしております!!!

AD
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

テーマ:

昨年末ごろからじわじわと話題になりはじめて、著名人やら映画ブロガーさんの間でも大絶賛。

誰もけなしている人がいないのではないか・・・というこの作品。

 

そもそも観たいと思っていたし、そんなに素晴らしいってならば観に行こうじゃないか、いや、観に行かねばならぬ!!!

ってんで、年明けから3週間ほど経った、1月20日。

会社帰りに観に出かけたのでした!!

 

そういえば、これが2017年初の映画鑑賞。

期待に胸を膨らませながら、まずはあらすじの紹介です。

 

【あらすじ】
戦時下の広島の軍港都市・呉を舞台に、この街に嫁いできたのんびり屋のヒロインが、物がなく苦労が絶えない日々の中でも持ち前の明るさとしなやかさで、つましくも心豊かな生活を送っていくさまと、そんなささやかな幸せが徐々に戦火に呑み込まれていく残酷な現実を、丁寧な日常描写の積み重ねで描ききったこうの史代の傑作漫画を「マイマイ新子と千年の魔法」の片渕須直監督が長編アニメ映画化した珠玉の感動作。TV「あまちゃん」で一躍国民的人気女優となった能年玲奈が“のん”名義でアニメ映画に初挑戦し、ヒロインの声を好演。
 1944年(昭和19年)2月。絵を描くことが好きな18歳のすずは、急に縁談話が持ち上がり、あれよあれよという間に広島市から海軍の街・呉に嫁にやってくる。彼女を待っていた夫・北條周作は海軍で働く文官で、幼い頃に出会ったすずのことが忘れられずにいたという一途で優しい人だった。こうして北條家に温かく迎えられたすずは、見知らぬ土地での生活に戸惑いつつも、健気に嫁としての仕事をこなしていく。戦況が悪化し、配給物資が次第に減っていく中でも、すずは様々な工夫を凝らして北條家の暮らしを懸命に守っていく。そんなある日、道に迷っていたところを助けられたのがきっかけで、遊女のリンと仲良くなっていくすずだったが…。 

(allcinema onlineより)

 

平日夜のレイトショーだというのに座席はほぼ満席。

客席内は老若男女様々な客層で、この作品の注目度の高さがうかがい知れる・・・といった感じでした。

 

さて、この作品は戦時下の広島~呉が舞台。

 

登場人物たちは知らないけれども、戦時中の広島・・・というと、その後に史上最悪の悲劇が起こるということを我々は知っていますし、呉といえば軍港があるんで何度も空襲がある・・・ということも(程度の差はあれ)知っているわけです。

 

となると、この作品もそういった悲劇が繰り広げられ、平和な日常が奪われていく様子を描いているのか・・・と思いきや、さにあらず。

もちろんそういった悲劇的な場面もあるにはあるのだけれども、作中の8割方は、嫁ぐ家の苗字もロクに判っていない、絵を描くのが大好きな、おっとりした主人公:すずさんの日常がふんわりとしたタッチで描かれている・・・・という作品。

 

そんなわけで、戦争を描いた作品でありながら、客席の雰囲気は決して暗くはなく、終始クスクス笑いに満たされ、時折、爆笑が沸き起こる・・・といったほのぼのとした雰囲気。

 

戦時中なので、食材などまともに手に入るはずもないのですが、そんな時でも我らがすずさんは嘆くことも、慌てることもなく、タンポポやスミレといった野草や、少ない配給品で日々工夫をしながら、家族全員が明るく暮らせるように・・・と食事作りに励んでいくのです。

 

この作品を観ていてふと感じたのですが、我々戦争を知らない世代というのは戦争を「日常とは全くかけ離れた、全くの非日常」として捉えすぎなのではないかなぁ・・・と。

もしかしたら、戦時下に生きていた人にとっては、戦争というものはあくまでも日常の中で起こった出来事の一つであって、例えば他の戦争映画「永遠の0」とか「火垂るの墓」といった作品で描かれているような、特別な出来事には捉えていなかったのかもなぁ・・・・と。

 

戦争中であろうが、なかろうが、人々は毎日ごはんを食べて、仕事に出かけて、家に帰って、ごはんを食べて、寝る・・・という日常を過ごしていくしかないわけですから、そう考えてみると、戦争というものも、その渦中にある人にとっては「日常の一コマ」なのかもしれません。

 

そういえば、小学生の時。

宿題として「身近にいるお年寄りに戦争の話を訊いて、それを教室で発表すること」という課題が出されたことがあって、当時はまだ元気だった祖母に電話して、戦時中のエピソードを聞いたことがありました。

祖母は戦争末期には東京に住んでいたので、昭和20年の東京大空襲の経験者。

なので、大空襲からどのように逃げ延びたかとか、あの空襲がどんなに悲惨だったか・・・とか、そんな話が聞けるのではないか・・・と思っていたのですが、その時祖母が話してくれたのは

「空襲の前日に南京豆を配給でもらったので、全部を炒り豆にして子供たちに食べさせてやろうとしたら、祖父に『一度に全部食わずに、大事に取っておけ!』と怒られたので、半分くらいしか食べずに取っておいた。そうしたらその夜に空襲があって、ストックしていた豆が全部無駄になってしまった。言うことを聞かずに食べちゃえばよかった。」

というエピソード。

 

今思うと本当に不謹慎なんだけれども、おばあちゃんから悲惨な戦争体験が聞けるのでは・・・と、ちょっと期待していた小学生の僕にとっては、そんな南京豆を巡るプチ面白エピソードは、正直肩透かし。

次の日、学校でそのエピソードを話したのかどうか、クラスメイトたちの反応はどうだったか・・・は覚えていないのですが、何だかちょっぴりガッカリしたことは今でも印象に残っています。

 

そんな祖母のエピソードや、この作品の登場人物たちの姿を見ていると、当時の人々にとって、戦争というものはあくまでも「日常」であり、空襲や飢えや日本軍や憲兵たちの理不尽な態度・・・といった生活面での苦労とか、健康な男たちは国のために命を削って戦い、女・子供・老人といった弱き者たちは多少の犠牲を強いられながらも家をしっかり守っていかねばならない・・・といった、現在では到底考え着かないような事柄でさえも「当たり前」のことだったのかもしれないなぁ・・・・と。

 

そして、人々をそういう考え方にさせてしまう戦争というものは、絶対にあってはならないことだし、まさに狂気そのものだ・・・と強く感じました。

 

この作品のすごいところは、登場人物のほとんど誰も「戦争はやめろ!」とか「悲劇は二度と繰り返すな!」と声高に叫んでいないのに、これまであったどの戦争映画よりもそのメッセージが伝わってくるところだと思うし、アニメーション作品として素直に楽しく観られるところ。

 

全3巻ある原作のほとんど全てのエピソードを網羅しようとしたためか、ストーリーの展開が恐ろしく速くて、ちょっとダイジェスト版みたいになってしまっていたなぁ・・・と感じた部分があって、そこだけがちょっと残念だったけれども、全人類必見の素晴らしい作品だ!・・・と思わずにはいられませんでした。

 

この世界の片隅で、このような名作が生まれ、それを大勢の人が観に来ているというのは本当に素晴らしいことだと思います。

『君の名は。』ばりのロングヒット作品になって欲しい!と願わずにはいられない、そんな作品でした!

(2017年1月20日 109シネマズ湘南にて鑑賞)

AD
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

テーマ:

ある日。

仕事から帰ると、家にテルミンスタンプがありました。

 

 

先日のワンマンリサイタルでも、ピアノ伴奏やらお手伝いやらをしていただいた奥さまが、ふと思いついて制作した・・・・とのこと。

これから先は毎日持ち歩いて、スタンプを押しまくって、世界をテルミンで溢れさせようと決意した次第。

 

そんな中、先日のワンマンリサイタルでもギターを弾いてくれた、フジモン@モッサリーズ主催のイベントに出演が決まった、私でございます!

 

 

           「Afternoon Tea Music Vol.1」

            2017年2月25日(土) Open 13:00 Start 13:15

            ※Ticket \ 1000 (+1Drink)

            ■会場 : 荻窪 Live Bar BUNGA 

                 ※JR荻窪駅北口より 徒歩2分               

 

僕の出演は14時頃からの予定です(詳細はまた後日おしらせします)。

 

このイベント。

昔からのお付き合いのCANVAS OF MUSICに加えて、この日にライブデビューするフジモンさんの新バンドや、以前、CANVAS・・・で出演した日吉NAPというライブハウスでご一緒したことのある島田塁さんといったバラエティに富んだ面々が出演!!

 

いつもは夜にやることの多い僕のリサイタルですが、この日は土曜日の真昼間。

普段はなかなかライブイベントに来ることができない主婦の皆さまや、未成年の皆さまにもぜひお越しいただけたら・・・・と思います。

 

というわけで、僕自身、久々の昼間のライブ。

皆さまのお越しをお待ちしています!!

 

 

いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

テーマ:

前回までのあらすじ

→ 「その1:準備編」 「その2:第一部本番編」 

      「その3:第二部本番編」 「その4:第三部本番編」

 

さて、長々と書き連ねてきた「テルミン生活10周年記念ソロリサイタル」のレポート&感想文も今回でおしまい。

 

改めて、当日ご来場いただいた100名ほどのお客さま。

ご来場していなくても、いろいろとメッセージをくれた方、SNSなどを通してサポートしてくださったみなさま、

本当にありがとうございました!!

 

今回、さまざまな形で関わってくれた皆さまの中には、昔からの友人たちと、そのご家族。テルミン生活以前のバンド活動期に知り合った仲間たち。テルミン教室のクラスメイトや、テルミンで出演した先で知り合った「テル友」の皆さま。母校吹奏楽部&OB楽団のメンバー・・・といった、僕がこれまでに出逢った様々なジャンルの友人・知人たちがいましたし、それ以外にも今回初めてお会いした人々や、実はお会いしたことはない人たちもいたりして、テルミン生活10年の間に、自分の周りにいつの間にか人々の輪が広がっていたなぁ・・・と驚くと同時に、そんな皆さんのサポートを受けて活動できる倖せをひしひしと感じたのでした。

 

終演直後の創也さん&フジモンさん

 

ワンマンリサイタルの準備~本番を終えるまでの間。

どうしてもこれまでのテルミン生活をいろいろと振り返る機会が多くて、自分がどういう気持ちでテルミンを初めたのかとか、テルミンを演奏することで何を伝えたいのか・・・とか、色々と考えたのだけれども、その中でも特に深く考えたのは、自分がテルミンを演奏する上で僕が伝えていきたいことは何か?ということ。

 

そんなことをあれこれと考えて、辿りついた結論としては「僕は自分の活動を通して、知らない人にはテルミンという楽器を知ってもらいたい。そして、知っている人にはテルミンという楽器に対する偏見を無くしてもらいたい。」ということでした。

 

テルミンというと、まずは全く知らない人が大部分。

そして、その次に多いのが、楽器の名前と、どんな音が出るか・・・くらいを知っている人。

しかしながら、そういう人は、かつてテルミンがホラー映画やSF映画でよく使われていたイメージとか、Led Zeppelineの曲で使われていたイメージが強いようで「ひゅお~ん」とか「みょ~んうみゃ~」みたいな効果音しか出せないという印象しか持っていない方が大半。

 

そんな人たちに「テルミンでもこういう曲が弾けるんだよー!」とか「こんな音も出せるんだよー♪」ということを知ってもらいつつ、

「へぇ!テルミンって何だか面白そうだね」とか「いや、思ってたより普通に楽器だった」などと感じてもらって家路についてもらう・・・。

 

そんなリサイタルにできたら・・・という思いで今回のリサイタルに臨んだのでしたが、あの場に集まってくれた100名ほどのお客さまには、その想いがそれなりには伝わった・・・・・のではないかなぁ。

これから先も、テルミンの「楽器としての面白さ・魅力」を伝えるべく、自分なりに頑張って活動していきたいと思います。

 

終演~打ち上げを経て、大倉山の街を行く僕ら。

 

そして、これから先は、リサイタル当日のMCでも話したとおり、自分のテルミンを通して人と人とが繋がっていけるような、観に来てくれた皆さんが新しい経験をできるような、そんな活動ができたらなぁ・・・と思っているところ。

具体的にどういう活動をしていくのか、どうすればその目標が実現できるのかは、まだ自分自身でも判っていないけれども、その目標達成のためにあれこれとやっていきたいと思います!

 

 

というわけで、自分がテルミンを初めてから10年。

 

これから先も、充実したテルミン生活を送っていけるよう、しっかりと活動していこうと思います!

 

いいね!した人  |  コメント(2)  |  リブログ(0)

AD

Ameba人気のブログ

Amebaトピックス

      ランキング

      • 総合
      • 新登場
      • 急上昇
      • トレンド

      ブログをはじめる

      たくさんの芸能人・有名人が
      書いているAmebaブログを
      無料で簡単にはじめることができます。

      公式トップブロガーへ応募

      多くの方にご紹介したいブログを
      執筆する方を「公式トップブロガー」
      として認定しております。

      芸能人・有名人ブログを開設

      Amebaブログでは、芸能人・有名人ブログを
      ご希望される著名人の方/事務所様を
      随時募集しております。