ヤンジージャンプ・フェスティバル

基本はシュミ日記です。
…遊びをせんとや生れけむ 戯れせんとや生れけん…
  


テーマ:
もう何度も書いていますが、何しろ無類のピクサー・ファンである僕。
当然、今作についても公開の日を楽しみにしていたのでした。

では、まずはあらすじです。

【あらすじ】
「トイ・ストーリー」「モンスターズ・インク」のディズニー/ピクサーが贈る感動ファンタジー・アドベンチャー。地球に隕石がぶつからず、恐竜が絶滅せずに進化した“もしも”の世界を舞台に、恐がりの恐竜と勇敢な人間の少年の出会いと奇跡の友情をハートウォーミングに描く。監督は短編「晴れ ときどき くもり」を手がけ、これが長編デビューのピーター・ソーン。
 弱虫で甘えん坊の恐竜アーロは激しい嵐に遭遇し、最愛の父を亡くしてしまう。ある時、失意のアーロは川に落ちてしまい、見知らぬ土地で目覚める。途方に暮れるアーロを救ったのは、彼が父の死の原因になったと恨みを抱く人間の少年だった。しかし少年はアーロの側を離れようとはせず、やがて彼もひとりぼっちなのだと気づくアーロ。少年をスポットと名付け、自分とは正反対に体は小さくとも勇敢な彼と少しずつ友情を育んでいく。そしてアーロはスポットと一緒に家族が待つ我が家を目指して大冒険へと旅立つのだったが…。

(allcinema onlineより)

まずは同時上映の短編『ボクのスーパーチーム』から。

この作品は、今作の監督であるインド系のサンジェイさんの幼い頃の出来事を基に作られた作品で、敬虔なヒンドゥー教信者であるサンジェイ氏の父と、ヒーロー物アニメに夢中なサンジェイ氏との対立と和解を描いたもの。

楽しみにしていたテレビの時間に、お祈りを強要された幼いサンジェイ氏が、祭壇の中にいるヒンドゥーの神々の姿にスーパーヒーローの面影を感じることで、神々について興味を持ち、父親の育ってきた文化的な背景を理解する・・・というストーリーなんだけれども、このあたり、子供の時に仏像の写真を見て「わぁ!怪獣(ってか、星人)みたいでカッコイイ!」と感じて興味を持った、幼き頃の自分とかぶるところがあって、なんとも懐かしい気持ちに。

これは是非とも長編作品として制作をすすめていってもらいたいものだなぁ、と思ったのでした。


というわけで短編作品の上映が終わり、いよいよ本編。

冒頭で映し出される川の流れは、思わず「これはCGアニメではなくて、実写映画なのではないか!?」と疑ってしまうほどのリアリティ!!

川以外も、今作は背景の映像がとにかくリアルで、また一つピクサーのCG技術がレベルアップした感じ。
本当に、どこまで進化を遂げるのやら、恐ろしくなるほどの素晴らしい映像でした。


ところが今作はストーリーがちょっと残念だったなぁ・・・・。

隕石が地球にぶつからなかったことで恐竜が絶滅せずに進化し、それもあって哺乳類や霊長類の進化が進まなかった・・・という設定はいかにも面白そうだったんだけれども、はっきり言って、ちょっとそれだけだったかなぁ・・・・と。

特に残念だったのは悪役や脇役のキャラとして登場する、肉食恐竜たちの設定の詰めの甘さ。

ピクサーの過去作では、悪役・脇役たちが今の性格になったのは何故か・・・を考え抜いて、その作品では表現されていない、過去に起こった出来事までもが感じられるような描き方をするのが定番だったと思うのだけれども、今作ではその辺が曖昧でしたし、もっと言うとストーリーに都合の良いようなキャラ設定をしたのかなぁ・・・とも感じてしまったり。

あとはアーロと少年がどの段階で、どういう理由で親しみを感じたか・・・がどこか適当で、気づいたら仲良くなって、気づいたら人生最良のパートナーになっていたような気が・・・・。

中盤~ラストのストーリー展開はとても面白くて、ちょっと感動的だったりもしたのだけれども、ふと作品を振り返ってみるとアタマの中に浮かぶ疑問符。
そして、そんな疑問符を全て(悪い方向に)吹き飛ばしたのは、エンドロールで流れる懐かしのヒット曲、Kiroroの「ベスト・フレンド」!!

作品の世界観に合うように配慮したのか、多少はワールド・ミュージックっぽくアレンジはされていたけれども、ここでkiroroが出てくるのはちょっと唐突でしたし、どこか取って付けたような感じ。
ここのところ、とにかく目立つようになってきた日本語版のみのテーマソングですが、作品の世界観と観終わった後の余韻をぶち壊してまでもやる意味って、いったいどこにあるのだろうか・・・と、心の底から思わずにはいられませんでした。


いや、Kiroroの曲は(好き嫌いはあるにしても)人気曲ですし、実際、観た人の感想レビューなどでも「Kiroroがよかった」という意見も散見されましたので、これはこれで、求めている人にとっては良いのでしょうが、それならば吹替版だけじゃなくて、字幕版を公開する劇場も増やしていただいて、観客側に選択させるのが筋なんじゃあないかなぁ?・・・と思うのだけれども、今作の字幕版上映館数の異常な少なさではそれもできない状況・・・・。

映画というものは、オープニングからエンドロールまでが一つの作品。

日本版独自の主題歌は、場合によっては作品を破壊し、観客から感動や余韻を奪い去る、強盗犯のようなもの。

映画上映前に流れる映像のように「No More! 映画強盗!」と、声高に叫びたくなってしまうような、そんな作品でした。
(2016年4月10日 109シネマズ湘南にて鑑賞)
AD
いいね!(9)  |  コメント(0)  |  リブログ(0)
最近の画像つき記事  もっと見る >>

テーマ:
今日は4/10。
毎月10日といえば、109シネマズの割引サービスデーだ!
というわけで、自宅近くの映画館へと足を運んだのでした。

では、本日1本目はこちらの作品です。

【あらすじ】
エマ・ドナヒューのベストセラー『部屋』を「ショート・ターム」のブリー・ラーソン主演で映画化した衝撃と感動のサスペンス・ドラマ。7年間もひとつの部屋に監禁されているヒロインと、その間に生まれ、部屋の中しか知らない5歳の息子が辿る予測不能の運命を描く。監督は「FRANK -フランク-」のレニー・アブラハムソン。
 5歳の誕生日を迎えたジャックは、狭い部屋に母親と2人で暮らしていた。外の景色は天窓から見える空だけ。母親からは部屋の外には何もないと教えられ、部屋の中が世界の全てだと信じていた。2人はある男によってこの部屋に監禁されていたのだった。しかし母親は真実を明かす決断をし、部屋の外には本物の広い世界があるのだとジャックに教える。そしてここから脱出するために、ついに行動を開始するのだったが…。

(allcinema onlineより)

いやいや、これは良い作品でしたよ。
2016年公開の映画、暫定1位!!!

原作は未読、事前にも作品の情報をほぼ入手していない状態で臨んだこともあって、これは衝撃的な出逢いでした!!



この後は多少のネタバレを含めて感想を書いていきます。
これから観に行く予定の方は読まずに劇場へ!!

決して楽しいだけの作品ではないし、重いテーマを扱っているのですが、観終わった後にはほんの少しだけ人生に希望を持てるような、そんな大傑作でした。

       :
       :
       :
       :
       :
       :
       :
       :
       :
       :
       :


というわけで、以下感想。




あらすじの通り、この作品はある人物に監禁された母子が主人公。

なので、きっと2人が犯人とどのように戦って、どうやってその部屋から脱出するか・・・とか、犯人が彼らを監禁することになった動機は何だったのか・・・といった過程を見せる、サスペンス作品なんだろうなぁ・・・・と思って観ていたら、作品の前半でわりとあっさり部屋から脱出!!!

まぁ、その脱出シーンの緊迫感がこの作品の一番のドキドキシーンだし、エンターテインメント映画的には一番楽しめるシーンではあるのだけれども、その後も作品はまだまだ続く。

ということで、この作品。
「閉ざされた部屋からの脱出劇」は、あくまでも第一幕といったところ。


そして、続く第二幕目は、2人が脱出後の世界。

母子2人はまずは病院へ。
そこで医師たちや、今は離れて暮らしている両親(祖父母)たちと対面するのですが、彼らのような、主人公母子を守ってくれる存在ですら、部屋の中の世界しか知らない5歳のジャックにとっては、初めて触れる「外の世界」にいる、脅威の存在。

あぁ、そうか。
我々にとって、相手が自分の敵か味方か・・・っていうのは、生まれてからどういう教育を受けてきたか・・・とか、その相手とどういう関係を築いてきたか・・・によるもので「医者だから」「祖父母だから」という理由で「彼らは味方である」と、無条件に思えるというのは、あくまでも後付けの知識なんだなぁ・・・と実感。
そして、幼い子供が限られた世界しか知らされずに生きてきた・・・という悲劇と、重大さを改めて思い知らされるのです。

しばらくして2人は退院し自宅へ。

そこで待ち受けるのは彼らの帰宅を、過剰に歓迎する近所の人たち。
そして、マスコミによる鳴りやまない取材交渉の電話のベルと、インターフォンの音・・・・・。

そんなわけで、何とか脱出した母子2人の、世間からの好奇心との闘いの日々がスタート。

この闘い。
戦う相手には悪意が無い分、そして、どうすれば勝利をおさめることができるのかが判らないだけに、第一幕の「閉ざされた部屋から外界への脱出」よりも過酷な闘いなのかもしれません。


そして続く第3幕。

7年間にも及ぶ監禁生活から脱出し、ようやく帰りついた外の世界は、かつて自分が慣れ親しんできた世界とは違う世界になってしまっていた・・・ってんで、すっかり疲弊して肉体と精神を病んでしまった母親。

一方、息子のジャックは、これまで自分の世界の中心だった母親からの愛情を渇望しつつも、初めて知った外の世界に順応して、居場所を見つけようとします。

外の世界からの、さまざまな情報を吸収し、立派な少年へと成長した彼が母親に提案したこと。
それは「あの部屋にお別れをしに行こう」というもの。

あのシーンがあんなにも感動的なのは、彼の想いが、彼のような特殊な幼年期を過ごした人間だけではなく、誰もがかつて味わったことのある想いと同じだったからなのではないか・・・と思います。


彼ほど極端ではないにせよ、僕らが生まれてから自我を持つまでの間に過ごす「世界」というのは、主に自分と母親。そして数人の知り合いしか存在しない世界。

しばらくはそんな小さな世界の中で、自分のルールに従って生きていればいいのだけれども、僕らが人として成長していくためには、外の世界にいる人々と付き合ったり、外の世界のルールに従ったりして生きて行かねばならないし、最終的には「自分だけの小さな世界」に別れを告げなければならない。

ジャックが「あの部屋」に別れを告げる姿は、幼いころの僕らが「自分だけの世界」に別れを告げた時の姿と重なるものがあるのでしょう。

そんな一面があるからこそ、この作品は多くの人の心をつかんで、アカデミー賞での受賞(主演女優賞)にもつながったのではないか・・・と思うのでした。

いやはや、本当に素晴らしい作品に出会えました。
これから先、折に触れて何度も観返したくなるであろう、
そんな作品でした!
(2016年4月10日 109シネマズ湘南にて鑑賞)
AD
いいね!(7)  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

テーマ:
昨年12月の来日公演の興奮も・・・冷めてはきているものの、未だにi-Podとかでかかると、ついついあの時の興奮と感動が蘇ってくる・・・という程度には盛り上がっている、我がキング・クリムゾン・フィーバー!

そんな熱を盛り上げるがごとく、その時のワールドツアーのカナダ公演を完全収録したライブ音源が発売!!

こちらは、キング・クリムゾンの創始者であり、メンバーのロバート・フリップ氏が主宰するレーベル「Discipline Global Mobile」からのリリース。

クリムゾンのライブ音源は、良いものも悪いものも含めて、恐ろしい数の海賊版が流通されていて、そんな中からギャンブル的に音源を購入するのは本当に骨の折れることだったので、こうしてメンバー自身がレーベルまでつくって、高音質な公式海賊盤をリリースしてくれる・・・というのは本当にありがたいこと。

限られた情報を元に中古CD屋を回って、当たりかハズレか、ビクビクしながら海賊盤CDを買い続けていた、20代のころの自分にとっては、夢のような時代になったものだなぁ・・・とつくづく感じます。

と、昔話はさておいて、
今回リリースされたライブ盤について簡単に解説いたしましょう。

キング・クリムゾンは「The Elements of King Crimson」と題して、2014年9月から全61本のワールドツアーを実施したのですが、そのツアーというのがクリムゾンが過去のライブでは封印し続けてきた初期~中期の楽曲を次々と、しかもトリプル・ドラムの編成で披露している・・・という、ファンにとっては奇跡的なもの。

で、今回のライブ盤は、そのツアーの後半戦。
46公演目のカナダ公演の全17曲を、開始前のアナウンス(ロバート・フリップ本人によるもの)から、アンコール終了まで完全収録したもの。

僕自身、ツアー開始から54本目の東京公演に行って来て、その演奏の完成度の高さと、トリプルドラムが時に理知的に、時に暴力的に絡み合う中、メル・コリンズのサックスが縦横無尽に駆け回る・・・という脅威のアンサンブルに、すっかり感情を揺さぶられて帰ってきたわけでしたが、この音源を聴くと、あの夜の記憶が蘇ってくる・・・といった感じ。

というか、こうして後からじっくり聴いてもこんなにすごいんだから、会場で生で聴いた時はもっとすごいことになっていたんだろうなぁ。
あの日から4か月経って、あれがどんなにすごい体験だったのかを改めて実感しているところです。


しかし、こうして改めて聴きなおしてみると、彼らが「クリムゾン・クラシックス」を、懐古主義ではない、2010年代型のクリムゾン・ナンバーとしてどうやって復活させるか・・・ということにどれだけ腐心したかが、改めて判ったような気がします。

おそらくそれができなければ、今回のツアーはなかったのだろうし、このメンバーならばそれができる・・・と踏んだからこそ、今回のツアーが企画されたんだろうなぁ。

バンド黎明期から、新しい音楽を追求し続け、常に「プログレッシブ=前衛的」なロックバンドであり続けてきたキング・クリムゾンが、ある意味「完成系」を見せつけた。
そんな奇跡の瞬間が記録された、素晴らしいライブ音源だと思います。

Live in Toronto/Discipline Global

¥2,369
Amazon.co.jp

もし可能ならばこのツアーの全音源を発売してくれないかなぁ。
そうしたら、自分が観に行った時の音源も買うんだけども・・・・・。

というわけで、2015年の日本公演を観に行った人も、観に行けなかった人も、全クリムゾン・ファン必携のライブ・アルバムです!
AD
いいね!(9)  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

テーマ:
ここんところ映画館に行く時間もなかったけど、ようやく一段落!
・・・というわけで、久々に会社帰りに映画館へと向かったのでした。

では、まずはあらすじの紹介です。

【あらすじ】
 競技かるたに情熱を注ぐ高校生たちの青春を描いた末次由紀の大ヒット・コミックスを「海街diary」の広瀬すず主演で実写映画化。本作は2部作の前編。高校でかるた部を立ち上げ、全国大会を目指し地方予選に臨むヒロインと部員たちとの熱き青春模様を描く。共演は野村周平、真剣佑。監督は「カノジョは嘘を愛しすぎてる」の小泉徳宏。
 小学校時代、転校生の綿谷新から“競技かるた”を教わり、その魅力の虜になった綾瀬千早。幼なじみの真島太一を巻き込み、3人は競技かるたを通して強い絆で結ばれていく。しかし小学校卒業とともにバラバラとなってしまい、家の事情で故郷の福井に戻った新とは遠く離ればなれに。かるたを続けていれば新と再会できると信じる千早は、高校に入るとすぐに“競技かるた部”の創設に乗り出し、高校で再会した太一を再び巻き込み、2人で部員集めに奔走する。やがて古典大好き少女・大江奏、経験者の“肉まんくん”こと西田優征、秀才の“机くん”こと駒野勉の勧誘に成功し、ついに千早悲願の競技かるた部が産声を上げるのだったが…。

(allcinema onlineより)

「競技かるた」という、一般的には馴染みのないものを題材とした青春映画・・・というわけで、そういった作品はこれまでにもちょいちょい見かけるスタイルで、それほど新鮮味はないっちゃあないんだけれども、それでもこの作品が楽しめた・・・というのは、やはり「競技かるた」自体がちょっと異色で興味深い題材だからなのでしょう。

日本古来の、本来はたおやかな伝統文化であるはずの百人一首と、肉体を駆使して相手を打ち負かすという、スポーツ・・・というか格闘技の融合とでもいうべき「競技かるた」の世界は本当に興味深いもので、その練習とか、試合シーンを見ているのは本当に楽しかったですし、映画のつくりも、僕のような素人にも自然とルールが理解できるような構成になっていて、そこのところ本当にしっかり作られているなぁ・・・
と感じました。

それと登場人物たちの描き方。
主要な登場人物である高校生男女5人が繰り広げる青春物・・・ということで、恋愛要素もありつつ、初心者も含めた弱小チームが大会での勝利を目指して奮闘していく様子はやはり燃えましたし、特に今回は男子2人の成長っぷりがちょっと感動的ですらありました。


そんなこんなで楽しく観たものの、途中で何度も何度も繰り返されるギャグがちょっとしつこくて、寒かったなぁ・・・とか、主要人物5人ばかりを描きすぎたためか、敵役の強さがいまいち伝わってこなくって、試合のシーンの緊迫感を削いでいた気がするよなぁ・・・とか、登場人物のキャラを立てるためなのか、それぞれが極端なキャラ設定で、ちょっと現実感がなさすぎだったかもなぁ・・・とか、そういったあれこれが気になってしまったことも確か。

とはいえ、本編ラストに流れていた予告編を見た感じだと、後編は前編とはちょっと違う雰囲気になっていそうだから、どうせ観に行ってしまうんだろうなぁ・・・・。

というわけで。
今月末に公開される後編(下の句)が今から楽しみです!!
(2016年4月1日 109シネマズ湘南にて鑑賞)
いいね!(3)  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

テーマ:
去年の話を今年するシリーズ!
今回は2015年6月に行った奈良旅の二日目の記録!!

ちなみに1日目の記録はこんな感じ・・・・

~その① 春日大社で特別な参拝を~
~その② 鹿苑で特別な公開を~
~その③ 唐招提寺・鑑真和上坐像にご挨拶~
~その④ 秋篠寺・大元帥明王に会える日~

さて、何だかんだでもう10ヶ月ほど前の旅の記録。
薄れていく記憶を呼び起こし、がんばって記録していこうと思います!

というわけで、2日目は長谷寺参拝からスタート!

SN3V0385.jpg

こちらのお寺。
春と秋の年二回。ご本尊の足に直接触れてお参りができる…
という特別拝観の期間が設けられていて、この時はその期間中。

前回、その時期にお参りした時には、世間的にも個人的にも色々と気持ちの塞ぐ出来事があった直後で、その時の特別拝観で本当に気持ちが救われた…という経験がありましたので、今回はそのお礼も兼ねての訪問だったのでした。

前回の特別拝観から4年。

その間に自分を取り巻く状況もいろいろと変わり、住む場所も変わり、仕事の内容も変わり・・・と、自分レベルでは激動と言っても過言ではなかった、この4年。

そんな中、観音さまはあの時と同じ姿で、じっと立っていて、僕のことを見守ってくれている・・・。

長谷の観音さまが過ごしてきた約500年という時間と比べると、自分が生まれてから過ごしてきた数10年という時間は、ほんの一瞬のことなのかもしれないけれど、そんな若輩者の僕のことさえも、観音さまは見守っていてくれて、励ましてくれているような、そんな気持ちになったのでした。

次にここに来たとき、観音さまは僕に何を語りかけてくれるのか。

今から、それが楽しみです。
いいね!(3)  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

AD

Amebaおすすめキーワード

Ameba人気のブログ

Amebaトピックス

ランキング

  • 総合
  • 新登場
  • 急上昇
  • トレンド

ブログをはじめる

たくさんの芸能人・有名人が
書いているAmebaブログを
無料で簡単にはじめることができます。

公式トップブロガーへ応募

多くの方にご紹介したいブログを
執筆する方を「公式トップブロガー」
として認定しております。

芸能人・有名人ブログを開設

Amebaブログでは、芸能人・有名人ブログを
ご希望される著名人の方/事務所様を
随時募集しております。