ヤンジージャンプ・フェスティバル

基本はシュミ日記です。
…遊びをせんとや生れけむ 戯れせんとや生れけん…
  


テーマ:

先日のアカデミー賞授賞式での珍事件などもあって、かなりの話題となったこちらの作品。

予告編から感じる多幸感にすっかりやられてしまったのと、何だかんだで面白かったあの『セッション』(→僕の感想はこんな感じ)の監督の最新作・・・ということもあって、公開を楽しみにしていたのでした。

それでは、まずはあらすじの紹介です。

 

【あらすじ】

「セッション」のデイミアン・チャゼル監督がライアン・ゴズリングとエマ・ストーンを主演に迎えて贈る本格ミュージカル・ラブストーリー。

大きな夢を抱いてLAへとやって来た男女の出会いと甘く切ない恋の行方を、カラフルかつマジカルなミュージカル・シーンと、夢と現実の狭間で苦闘する主人公2人の葛藤のドラマを織り交ぜほろ苦くもロマンティックに綴る。
 夢を追う人々が集う街、ロサンゼルス。女優志望のミアは映画スタジオのカフェで働きながら、いくつものオーディションを受ける日々。なかなか役がもらえず意気消沈する彼女は、場末のバーから流れてくるピアノの音色に心惹かれる。弾いていたのは、以前フリーウェイで最悪な出会いをした相手セブだった。彼も自分の店を持って思う存分ジャズを演奏したいという夢を持ちながらも、厳しい現実に打ちのめされていた。そんな2人はいつしか恋に落ち、互いに励まし合いながらそれぞれの夢に向かって奮闘していくのだったが…。 
(
allcinema onlineより)

 

「いいところもあった。だが、悪いところもある」という感じでした。

 

全体的にはかなり楽しめたけれども、手放しで「素晴らしい!人生ベスト級の傑作だ!」と褒めるのはちょっとなぁ・・・といったところ。

 

そんなわけで、この映画について感じたことを以下にずらっと述べておくと・・・・。

 

【悪かった点】

・主人公2人のダメっぷりが気になった。

ミアは女優になる夢を、セブは自分の大好きな古いジャズを演奏する店を経営する・・・という夢を持ちながら、お互いにその夢が叶えられずにいる・・・って設定にはかなり共感。

でも、彼らが夢に向かって必死に頑張っている様子があまり見受けられなかったのは僕だけでしょうか?

セブはせっかくもらった演奏の仕事を、曲が気に食わない・・・って理由で、超絶テキトーにこなしてクビになるわ。

ミアは頑張ってオーディションは受けているものの、演技の勉強とかをしている様子はなかったし、初の1人舞台だって、あまり宣伝活動にも熱心じゃなかったぽいし・・・・。

そんな2人が、お互いに惹かれあって一緒になる・・・ってのは判るにしても、見ていると、時々「そうやって、永遠にグダグダと、お互いの傷を舐めあってればいいさ!」という気持ちになったりもしちゃいました。

 

・ストーリー展開があまりにも嘘っぽいような・・・

そもそも主人公の2人が「いつの間にそんなに近づいたんだっけ!?」って思ったりもしたし、たかだか10人くらいしかお客さんが入らなかった舞台の客席に、たまたま大物のプロデューサー?がいた・・・とか、あまりにも都合よすぎだろ!って思ったり。

まぁ、そんなことをいちいち指摘していたら、大抵のミュージカル作品は何もかもが嘘っぱちだったりするわけですが・・・・

 

・セブの音楽観にイラついた

この監督の前作「セッション」でもそうだったんだけれども、登場人物たちの過剰なジャズ至上主義には心底イライラ・・・・。

そうやって「ジャズこそが全ての音楽の頂点!」とか「スイングしなきゃ、音楽じゃない!」とか言ってるから、ダメなんだよ!

・・・と、ロックもクラシックも大好きな僕は思ったりもしました。

(監督のインタビューによると、セブが極端なジャズ至上主義だ・・・ってのは、敢えてそういう設定にしているらしいですが。本当かな・・・)

 

【良かった点】

・主演2人が良い!

先ほど「ミアもセブもダメ人間だ!」と罵倒した僕でしたが、そんな彼らを演じる、エマ・ストーンとライアン・ゴズリングは素晴らしかった!

上映時間の間、この2人が葛藤したり、人生を謳歌したりする姿を見ているだけで、とにかく幸せな気持ちになることができました。

 

・音楽がステキ!

オープニングの「アナザー・デイ・オブ・サン」を筆頭に、ミアがオーディションで歌う「オーディション」など、名曲が盛り沢山!

ちなみに僕が一番好きなのは、セブがミアに「あんな音楽が好きなの!?」と言われてしまった「Start A Fire」だったりしますw

 

・・・・というわけで、色々と思うところもあるけれども、いろいろな魅力にあふれたこの作品。

劇場に足を運んで観る価値は充分にある作品だ!

と思いました!

 

(2017年3月26日 109シネマズ湘南にて鑑賞)

 

 

~~~~~~~~~~【第一部 終了】~~~~~~~~~~~~

 

 

 

・・・・・と、いろいろと素晴らしいポイントはあるわけですが、僕がこの作品の中で一番素晴らしいと思ったのはラストシーンでした。

 

このあと、ラストシーンについて重大なネタバレをします。

これからこの映画を観ようとしている方は読まないのをお薦めします。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

~~~~~~~~~~【第二部 開始】~~~~~~~~~~~~

 

 

というわけで、とにかく僕が素晴らしかったと思ったのは・・・・

 

・ラストのほろ苦い美しさ

お互いがそれぞれの夢への大きな一歩を踏み出すタイミングで離ればなれになった2人。

 

そして5年の月日が過ぎ、ミアはすれ違う者、誰もが振り返るほどの大女優に。セブは念願の「古いジャズ」を演奏するクラブを経営。

そんな2人が偶然、セブの経営する店で再会・・・・・!

 

そこで、セブが演奏するピアノに合わせて、2人に訪れることのなかった未来。

もしも、2人が別れずに一緒にいたら・・・・という、可能性の世界が、美しい映像に彩られた映像で展開されるわけですが、そのシーンのあまりの美しさと、それゆえのほろ苦さ、切なさといったら・・・・・。

 

あの世界があんなに美しいのは、それが実現しなかったからこそなんでしょう。

 

ミアやセブのように、女優やミュージシャンという、叶えにくい夢じゃなくても、この2人のように恋愛とかじゃなくても、人生の中である目標のために何かをあきらめる・・・・というのは、よくあること。

 

そしてしばらく経って、その時に選ばなかった選択肢を思い出して

「あの時、こうしていたら」とか「あの時、こうしていなければ」などと、振り返るのは、まぁ、よくあることなのではないでしょうか。

 

で、その時に想像した「訪れなかった未来」は、きっとこのシーンのように美しい映像と音楽で彩られているもの。

だけど、それが美しいのはきっと実現しなかったからこそなのではないかなぁと思います。

 

で、その想像と妄想の世界から現実の世界へと目を向けると、こっちの世界だって素晴らしいことに気付いたり、向こうの世界に近付けるように頑張ってみよう、とか思ったりするわけで、

 

そうやって考えてみると、今作でセブとミアが「じゃあ、またいつか。」ってな感じで視線を交わして、セブはピアノの鍵盤へ、ミアは店の外へと目を向けた瞬間に終わる・・・というこのラストは、この上ないハッピー・エンディングなんじゃないかなぁ・・・と。

 

そんなわけで、

いろいろと言いたいこともありつつも、結局はとても良い映画でした。

何年か後に観直したら、また感想が変わってきたりもしそうなので、また改めて観直してみようと思います。

(2017年3月26日 109シネマズ湘南にて鑑賞)

AD
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

テーマ:
【あらすじ】
ブログを整理していたら、途中まで書いて放置している記事を発見!
読み返してみたらば、そんなにヒドイ内容でもなかったので、加筆・修正を加えて、公開することにしたのであった。


突然ですが、わたくし「Yahoo!知恵袋」が好きなんです。

人々が自分の困っていることや、疑問に思っていることを、そこはかとなく書きつくれば、それに対してまた別の人々が回答を書き連ねる。

実に的確な回答が書かれていて納得したり、ありがたく参考にさせてもらったりすることもある一方で、明らかに世間に自分の知識をひけらかしたいだけの回答があったり、明らかに誤った回答があったり・・・・。

袋いっぱいに詰め込まれた質問や、回答を読んでいると、まるでこの知恵袋こそが全世界の縮図のような。そんな気さえしてくるのです。

さて、このブログを時々読んで下さっている方はご存知だと思うのですが、Yahoo!知恵袋以上にテルミンが好きな僕。

時々「Yahoo!知恵袋」で「テルミン」をワード検索などしているわけですが、そうするとちょいちょい見かける質問。

それは・・・・・

「テルミンを始めてみたいのですが、どれを買えばいいですか?」

というもの。

こういった質問に対しては、

雑誌の付録でありましたよ!「学研 テルミンmini」で検索してください。

とか

ちょっと高いですが、学研の「テルミンpremium」がいいですよ!

とか

アンテナは無いし高価だけど、マトリョミンがいいですよ!

なんて回答が並ぶわけですが、僕個人としては、これらの回答は全部NG!!

では、僕だったらどんな回答をするか・・・というと・・・・

「まずは買わないほうがいいと思います」

というもの。

一見、意地悪な回答に思えるかもしれないけれども、これは自分なりに真理だと思っています。

なぜならば、この質問の「テルミン」を「ピアノ」に置き換えてみて、
「ピアノを弾いてみたいのですが、どのピアノを買えばいいですか?」

という質問があった場合、

「まずは子供用のトイピアノを買うのがオススメです!」
「同じ鍵盤がある楽器ということで、ピアニカから始めましょう!」
「キーボードという楽器があって、家電販売店でも買えますよ!」

なんて回答があったとしたら、ちょっと違和感でしょ?

そんな感じで、僕からしてみれば、先述の「学研テルミン」とか「マトリョミン」というのは、ピアノで言うところの「トイピアノ」「ピアニカ」「キーボード」のようなもので、あくまでも「テルミンっぽい、おもちゃ」であったり「テルミンとはまた別の楽器」いうところ。

なので、テルミンを始めたい人に対しては・・・・

「あなたがお住まいの地域によりますが、可能であれば、まずは近くでテルミンを教えてくれる場所を探して、体験レッスンを受けてみてはいかがでしょう?
そうして習っていくなかで、もっとテルミンを続けてみたいと思ったならば「moog Etherwave」などを買うのがいいと思います」


という回答をするかなぁ。

これを先ほどのピアノの例で言い換えるならば「まずはレッスンに通ってみて、本人がずっと続けたいと思ってるならば、ピアノの購入を検討する」といったあたりでしょうか。

僕がテルミンを教えていただいている先生が、

他の楽器では、最初は面白いと思って初めても、途中ですぐに飽きるということはけっこうあるけど、テルミンは初めて弾いた時に『これは無理!』とか『ずっと弾きつづけよう!』と直感的に感じることが多い傾向があるみたいだ。

ということを話していたけれども、これは真実のような気がするなぁ。

自分自身を振り返ってみれば、テルミン博士のドキュメンタリー映画で初めてテルミンを識った時の感激。
そして、家にテルミンがやってきて、初めて音を出した時のドキドキ感や、こいつをどうにか弾けるようになりたい!と感じた想いを抱いたまま、気づけば10年間過ぎていたなぁ・・・といったところ。

これからも初心を忘れずに過ごせて行けたらと思いつつ。
これからも、より多くの人がテルミンとの幸せな出逢いが果せたら・・・と願ってやまないのでございます。
AD
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

テーマ:

例によって過去に観た映画の感想文シリーズ。

今回は2月後半。『ミス・ペレグリンと奇妙なこどもたち』と同じ日に観た、こちらの作品。

 

昨年観た映画の中で個人的にはベスト1であり、全ゴジラ映画の中でも1位か2位か・・・ってほどに大好き・・・ってことは、きっと生涯ベスト級に好きな映画になっていくであろうこちらの作品。

 

なんとIMAXバージョンで再上映されるという超朗報!!!

 

SN3V0636.jpg

 

あぁ・・・。

コイツのIMAX版・・・・。

 

公開されてから2週間くらいであっという間に上映が終わってしまったし、その頃は色々と忙しくしていて、観に行けなかったんだよなぁ。

そして、それが本当に心残りだったんだよなぁ・・・・と、当時果たせなかった夢が実現できる喜びに胸を震わせつつ。

 

まずはあらすじの紹介です!

 

【あらすじ】
「ゴジラ FINAL WARS」(2004)以来12年ぶりに東宝が製作したオリジナルの「ゴジラ」映画。総監督・脚本は「ヱヴァンゲリヲン新劇場版」の庵野秀明が務め、「のぼうの城」「進撃の巨人 ATTACK ON TITAN」の樋口真嗣が監督、同じく「のぼうの城」「進撃の巨人」などで特撮監督を務めた尾上克郎が准監督。

14年のハリウッド版「GODZILLA ゴジラ」に登場したゴジラを上回る、体長118.5メートルという史上最大のゴジラをフルCGでスクリーンに描き出し、リピーターが続出するなど社会現象とも呼べる大ヒットを記録。興行収入は81.5億円に上った。ある時、東京湾アクアトンネルで崩落事故が発生。首相官邸で開かれた緊急会議では、地震や海底火山の噴火など事故原因をめぐって議論が紛糾する。そんな中、内閣官房副長官の矢口蘭堂は、海底に正体不明の巨大生物が生息し、それが事故の原因ではないかと推測するが……。
矢口役の長谷川博己、内閣総理大臣補佐官・赤坂秀樹役の竹野内豊、米国大統領特使カヨコ・アン・パタースン役の石原さとみをメインに総勢328人のキャストが出演し、狂言師の野村萬斎がゴジラのモーションキャプチャーアクターとして参加した。
(映画.comより)
 
 
 
(以下、多少ネタバレ含みます。)
 
 
 
いや~。何度観ても「うーん。よくできているなぁ~」と唸らずにはいられない作品ですなぁ。
 
ドラマ部分での会話のリズムの心地よさ。
ゴジラ・・・というか、得体のしれない、抵抗できない、巨大な脅威への恐怖感の表現。
ツボを突いた音楽の使い方。
いつもは怪獣にやられっぱなしだった電車たちの復讐劇!
・・・とか、好きなポイントを挙げていったら、キリがないほど!
 
そんな大好きなシーンの数々が、IMAXならではの視界いっぱいに広がるスクリーンに映し出されているわけですから、もう全てが感動的!
 
初回鑑賞時も、2回目の鑑賞時も、ゴジラの最終形態が初めて現れた時には思わず涙ぐむほどに感激したわけですが、今回は第2形態が上陸してきただけで、泣きそうになっているという、我ながら驚きの反応。
 
いや、もうこの映画。本当に大好きです!
 
もうすぐDVD/BRが発売になるみたいだけど、やっぱりこの作品は大画面・大音量で観るのが正解なのかなぁ。
願わくば、この先も年に1回くらい、再上映し続けてくれないか・・・と心から思っているところです。
(2017年2月18日 109シネマズ湘南にて鑑賞)
AD
いいね!した人  |  コメント(2)  |  リブログ(0)

テーマ:
もう何度も言ったかと思いますけれどもねぇ。
僕はティム・バートン監督作品・・・てか、ティム・バートンさんの創り出す世界が大好きなんですよ、本当に!
 
というわけで、ティムさんのTwitterかなんかで制作が発表されてからというもの、公開を楽しみにしていたこの作品。
ようやく観に行くことができました!!!!
 
それではまずはあらすじの紹介です!!
 

【あらすじ】
ティム・バートン監督がランサム・リグズのベストセラー『ハヤブサが守る家』を映画化したダーク・ファンタジー・アドベンチャー。亡くなった祖父の遺言に導かれ、ハヤブサに変身できる女主人と奇妙な子どもたちが暮らす屋敷へと辿り着いた少年が経験する不気味で摩訶不思議な冒険を描く。主演はエイサ・バターフィールド、共演にエヴァ・グリーン、エラ・パーネル、クリス・オダウド、ジュディ・デンチ、サミュエル・L・ジャクソン。
 フロリダに暮らす孤独な高校生ジェイクにとって祖父だけが唯一の理解者だった。幼い頃から祖父の語る荒唐無稽な冒険譚を聞くのが大好きだった。ある日、その祖父が謎めいた死を遂げる。やがてジェイクは祖父が最期に遺したメッセージに導かれ、英国ウェールズのとある小さな島へとやって来る。そして大きな屋敷の廃墟を目の当たりにするジェイクだったが、島を彷徨ううちに、いつしか屋敷が焼け落ちる前の世界へと迷い込んでしまう。そこでは美しい女主人ミス・ペレグリンと、奇妙な能力のために外の世界では生きられない子どもたちが暮らしていた。第二次大戦でドイツ軍に空爆されたはずのその屋敷は、時間を操ることができるミス・ペレグリンによって同じ一日を繰り返し、子どもたちは年をとることもなく平和に生き続けていたのだが…。
 
(allcinema onlineより)

 
「アリス・イン・ワンダー・ランド」以降、ここ数年のティム・バートン監督作品は(大好きな「フランケン・ウィニー」なんてのもあるけれども)、個人的にはどうにもパワーダウンしている感が否めないなぁ・・・と思っていたのだけれども、本作はもうアレだ。
 
ティム・バートン作品の中で1番目か2番目・・・少なくとも5本の指には入るかも・・・ってくらいに大好きな作品でした!!!!
 
まずはオープニング。
本当か嘘か判らないような不思議な冒険談を語るお爺さんと孫・・・ってだけで「おー!これはもしかしたら『ビッグ・フィッシュ』的なやつか!?」ってんで思わずニヤニヤしちゃいましたし、不思議な登場人物とお爺ちゃんのほのかなラブストーリーなんてのは、どうしても『シザーハンズ』を思い出しちゃうし・・・・。
 
それにクライマックスの戦闘シーン!
あれって、きっとティム・バートンが多大な影響を受けている、ハリーハウゼンの『シンドバッド・7回目の航海』とか『アルゴ探検隊の大冒険』あたりのオマージュだよなぁ・・・・。
 
とか、いちいち挙げていたらキリがないほどに、とにかくティム・バートンらしさに溢れた作品だった気がします!
 
まぁ、かつてのティム・バートンだったら、ラストはこんな感じではなくって、シザーハンズ的な切ない結末にしていたかも・・・とかは思うけれども、そこのところは原作に合わせたのかもしれませんし、この結末もそれはそれで素晴らしい結末でしたし、あとはもうとにかく久々にグロテスクと美しさとが入り混じった、悪趣味ギリギリな映像の数々がとにかく嬉しかった!
 
ここ数作では、そこら辺のイメージはすっかり影を潜めていたわけですが、久々に「思いっきりやりました!!」ってな感じ。
本作の宣伝文句は「キミョかわいい」などという、ちょっぴりポップでキッチュwなイメージを全面に出していたけれども、この戦略は果たして正しかったのかどうか(苦笑)
 
僕の横の席に座っていた、おそらく10代の女子二人組なんかは、途中で明らかにげんなりしている空気が伝わってきてましたし、こんなんだったらもう「グロかわいい」くらい言ってしまえばよかったのに・・・と思ったりもしたのでした。
 
というわけで、ティム・バートンの世界を愛する僕にとっては、この上ない至福の作品!
ちょっと残念だったのは音楽がいつものダニー・エルフマンじゃなかったことかなぁ。
 
どうして今作でダニー氏を起用しなかったのか・・・。
そこらへんの経緯はパンフを読んでも判るような、判らぬような・・・な感じなのがものすごく気になるところです。
 
次回作では再びタッグを組んでくれることを期待しつつ・・・・。
(2017年2月18日 109シネマズ湘南にて鑑賞)
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

テーマ:

2/25のイベントでのテルミンリサイタルの準備をしたり、ぼやっとしたりしているうちに、鑑賞した日から2ヶ月近くが過ぎていた・・・!

というわけで、2月頭に観た映画の感想文です。

 

1回目に観たのは公開初日。

劇場の前方の隅っこ・・・という、3D作品には最もふさわしくない環境で観た、こちらの作品。(→その時の感想はコチラで)

そろそろ公開も終了するであろうタイミングで、ようやくリベンジを果たしたのでした。

 

それでは、まずはいつものようにあらすじの紹介です。

 

【あらすじ】
  映画史に燦然と輝く金字塔シリーズ「スター・ウォーズ」のアナザー・ストーリーを描く新プロジェクトの記念すべき第1弾となるSFアドベンチャー大作。「スター・ウォーズ エピソード4/新たなる希望」でレイア姫がR2-D2に託した“デス・スター”の設計図はいかにして反乱軍の手に渡ったのか、というこれまで語られることのなかった物語を、一匹狼のヒロイン、ジン・アーソをはじめとする新たなキャラクターたちの活躍を通して描き出す。主演は「博士と彼女のセオリー」のフェリシティ・ジョーンズ、共演にディエゴ・ルナ、ベン・メンデルソーン、ドニー・イェンほか。監督は「モンスターズ/地球外生命体」「GODZILLA ゴジラ」のギャレス・エドワーズ。
 ダース・ベイダー擁する帝国軍の究極兵器“デス・スター”がついに完成しようとしていた。その圧倒的な破壊力の前に、銀河全体が恐怖に支配されようとしていた。有名な科学者ゲイレン・アーソを父に持ちながらも、家族と離れ離れとなり、たった一人で生き抜いてきたタフな女アウトロー、ジン・アーソ。ある日、彼女は反乱軍の将校キャシアン・アンドーから、父ゲイレンがデス・スターの設計に関わっていた可能性があると知らされる。そこで真相を突き止めるべく、ならず者ばかりで構成された反乱軍の極秘チーム“ローグ・ワン”の一員となり、デス・スターの設計図を盗み出すという過酷なミッションに身を投じていくジンだったが…。

(allcinema onlineより)

 
2回目の鑑賞ですし、今日は割と劇場後方からの鑑賞・・・ってことで、ゆったりした気分で集中して観ることができました!
 
前回の鑑賞時には、隣にいた外国人2人組が、英語よく判らない僕とは違うタイミングでケラケラ笑っていたのを訝しく見ていたわけですが、こうして日本語吹替え版で改めて観てみると、微妙なセリフのニュアンス・・・特にドロイドのK2-SOのセリフ廻しがかなり面白いことが判明。
 
基本的に洋画は字幕版推しの僕ですが、こうして母国語吹替え版で観直してみるとやはり心に直接ガツっと来るものがあるなぁ・・・と再認識。
やっぱり好きな映画は、字幕版と吹替え版との両方で見比べなければ本質は判らないのかもなぁ・・・と思ったりもしました。
 
そんなこんなで、今回は2回目だったので、初回鑑賞時に感じた、前半の惑星をいったり来たりがモタモタしててウザいところとか、知らない人ばっかりでイマイチ乗り切れない・・・といった部分はすっかり払拭。
 
それどころか、この作品の後半~ラストで彼らがどうなるかが判っているものだから、もうほとんど泣きそうな気分で全体を鑑賞・・・・。
 
やはり、この作品。
 
特殊な才能を持つヒーローは一人も存在していなくて、普通の人々が協力し合うことで大きな物事を成し遂げる・・・という、本当に素晴らしい作品だったなぁと、改めて痛感したのでした。
 
 
それにしても、本作ラストで登場するあのお方。
 
この後、アナザーストーリーでも、正規のストーリーでも、きっと重要な存在だったはずなだけに、本当に残念です・・・・・。
 
あの方の姿が、作品の中で永遠に輝きつづけますように。
そして、魂がフォースと共にあらんことを祈るばかりです・・・・。
(2017年2月8日 小田原コロナシネマワールドにて鑑賞)
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

AD

Ameba人気のブログ

Amebaトピックス

      ランキング

      • 総合
      • 新登場
      • 急上昇
      • トレンド

      ブログをはじめる

      たくさんの芸能人・有名人が
      書いているAmebaブログを
      無料で簡単にはじめることができます。

      公式トップブロガーへ応募

      多くの方にご紹介したいブログを
      執筆する方を「公式トップブロガー」
      として認定しております。

      芸能人・有名人ブログを開設

      Amebaブログでは、芸能人・有名人ブログを
      ご希望される著名人の方/事務所様を
      随時募集しております。