今ここに生きる~時間と仲良くしながら日々を楽しむヒントを 元外資系エグゼクティブ秘書のブログ

良い仕事をしたかったら大切にしたいのは質の良いものに触れること。遊びと余裕を大切にすること。
外資系秘書歴20年以上、実体験に基づく「具体的なアドバイス」ができる数少ないプロフェッショナル

<出版のお知らせ>


2017年2月20日 発刊

「年収10倍アップの時間術」

(クロスメディア・パブリッシング)

 永田 美保子 著 


動画でのご挨拶はこちら!


年収10倍アップの時間術/クロスメディア・パブリッシング(インプレス)
\1380 (税抜)
Amazon.co.jp


本当に多くの方のご支援、ご協力があって

この本を書き上げることができました。

お礼申し上げます。


本の詳しい内容と出版のお知らせはこちらから


☆本書をお買い上げの方全員に

プレゼントしている豪華3大購読者特典

ご応募・ご登録はこちらから!


(ご応募には本書の中にあるキーワードが必要となります!)

******

<自己紹介>


秘書育成コンサルタントの永田美保子と申します。


外資系企業などで会社トップの外国人役員を主に担当し

役員秘書としてのキャリアを20年以上積んできました。



家族の都合で2014年に退職後は在宅秘書として

2015年に6か月間、個人の経営者のかたの

秘書も経験しました。


そういった自分の体験を生かして

なにかしてみようと思った矢先に


いろいろなお仕事のご縁を頂きました。


在宅秘書のご紹介を依頼されたり

秘書向けの講座を開いてみないかと言っていただけたり

エグゼクティブ向けのコラム記事執筆のオファーいただいたり



そんななか、秘書の現役のみなさまと会ってお話をするうちに


またまた新しい使命感のようなものが

私の中に湧いてくるのを感じたのです。


それは 多くの出会いを通してある法則を見つけたからでした


お仕事だけではなく

家族のこと、自分のこと、余暇や遊びを

大切にする秘書のかたのほうが


仕事がうまく行き

会社・上司の業績も上がるし

何より秘書のかた本人が

キラキラしている


そこで私は、

決心しました。



私といる時くらい利害関係なく

楽しく本音を話せて

ほっと安心することがあっても

良いんじゃないか?



ゆる~く、でも即役に立つ具体的な内容です。

他スクール等では学べない内容と自負しています。



現在は、秘書講座、コンサルティング(個人・グループ)

お茶会、食事会 ランチ会 などを開催しております。


いつかどこかで、お目にかかれますのを楽しみにしています。


永田 美保子 





テーマ:

こんにちは、

永田美保子です。

 

いきなり思い出話で恐縮です。

 

私は、初対面では大人しく見られるらしく

仕事関係では、初対面の先輩や同僚たちに

ずいぶん(今思うと)軽く見られたり、いい加減に扱われたりしてきました。

 

今でも覚えている出来事があるのですが、

秘書時代

女性の先輩が私より先に帰る時に、

本来だったら捨てる予定だったと思われる

自宅から持ってきたお茶の飲み残しとか

 

ランチタイムに読んだ後の雑誌やチラシなど

ゴミ箱に捨てる代わりに、帰り際に私にくれるんですね。

 

「おすそ分け」的な感じで

 

一応お礼はいいますけど

なんだか我に帰ると不思議な気分。

 

いりませんっていうと関係が壊れそうで

逆ギレされそうで、

先輩にいじめられそうで言えなかったんだな〜〜〜

 

何も言わないで大人しくしていると

相手はどんどん増長してきて

 

ある日、今度は友人から無理やり買わされたという

寄付金付きの縫いぐるみを私のところに持ってきて

言いました。

 

「あなた甥御さんいるでしょ? これどう?3000円で

友人から〇〇団体の寄付を頼まれたの」

 

私はリサイクル担当からATMに昇格したらしい。。。

 

これはあくまで一例ですが、なぜか強面の人に押し切られると

嫌と言えない。

仕事上で上司にはいくらでも意見を言えるのにね。

 

先輩とは仕事場で毎日顔をあわせるから。。。

なにか言うと言い返されてうるさいから。

これって今でいうパワハラよね。。。

 

でもある時、さすがの私もキレるような、

あんまりにもあんまりなことがあって

割とはっきり反論したことがあったんですね。

その先輩に。

 

すると! 強気なはずの先輩、

犬がしっぽを丸めるが如く、大人しく

私の言うことを聞くではないですか?

 

な〜〜〜んだ。

 

いままでの私の思い込みは自作自演?

先輩、実は気が小さくて怖がりだったのね。

 

そんなこともあって、その後の職場では自分の居場所が徐々に

出来上がってきたのでした。

 

そういえば私を軽く扱ったり、邪険に扱っていた人たちは

気づくとみんなリストラや異動で周りからいなくなっていった。

やはり人を尊重しないと自分に返ってくると思う。

 

さて、私が会社を辞めるとき

(転職は何度かしたので数回あるけど)

たいてい言われることが

後輩女子や同年代男子に

 

美保子さんが辞めると相談相手がいなくなる。。。

裏表がなくて安心してなんでも相談できたのに。。。

 

ということで、よっぽど政治的に(外資ですからね)

安定したポジションにいると思われたか

口が固いと(まあ仕事柄)思われたか

信頼していただいたのは何より。

 

私自身、派手さはないけど、なぜかどこの職場でも

私の根強いファンというか支持者はいてくれて。

偉い人にも若手にも。

 

信頼関係って大事。

信頼だけは失ったら取り返せないと思い知ったのもこのころ。

 

そんなわけで、今なんでこんな昔のことを思い出して

書いているのかというと。

 

そうそう。

なんだか今日いろいろな出来事があったような気がして

今までの自分が対人関係でどういう立ち位置にいること

が多かったのかをぼんやりと振り返っていたから。

 

どうしてある特定の相手に軽く扱われるのか

リスペクトされないのかな〜〜って。

 

そして、それは自分が自分を大切にしていないからだな

何かを恐れて嫌だとはっきり言えていないからだな

気を回しすぎてドツボにはまっているのだな。

ということが見えてきたのでした。

 

そして、他人のいうことを適当に受け流して、

自分がやりたいようにすることを自分に許していないからだな

 

と結論づけました。

 

そう、怖いと思っていた先輩にもバシッと言えたんだから

自分にも言えるはず?

 

長くなりましたが、自分との付き合い方が如実に

他人からの扱われ方に出るな、と身にしみた今日一日でした。

 

全ては自作自演って本当なのかも〜〜

だから自分の思い通りにするのも簡単なはず。

 

 

 

 


 

 

 

<講座等のご案内>

・5月からの本気の上級秘書講座・4回コース募集中

詳細はこちらのリンク先ブログから

 

・個人コンサルティングお問い合わせ・お申込みはこちら

 

人気 ・秘書の方のための マンツーマン英文メール講座 

new 新講座  元外資系秘書が教えます!プロフェッショナル向け日々の英文メール

 

 

メールレターの御案内
秘書業務やエグゼクティブの仕事の仕方についてもっと深く掘り下げた、パーソナルな内容はメールレター限定 でお送りしています。(ブログにかけないことなど。) メールレターご登録はこちらからどうぞ。
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)