- ライフメソッドアドバイザー 山下純子 Times -

人生アドバイス。あなたに合った生き方のお手伝い。

NEW !
テーマ:

2016年9月19日まで
東京国立博物館にて開催中の

人生アドバイザー純子さんの
今日の美術品能書きブログは
「家屋購入の契約碑文」
Deed for the purchaes of a house

image

紀元前4世紀後半
カルキディケ地方  オリュントス出土
石灰岩
高35㎝ 幅27.6㎝ 厚5.7㎝

保存状態断片的
複数の小片を接合

これは
ブログタイトルの通り
家屋購入の契約碑文です。

早い話が自宅購入時の契約書ですね。

当時、契約碑文というのは
家屋所有者の自宅の前に置かれていたそうです。

刻まれている内容は
購入時に在職していた神官の名前、
日付、売却物件、価格、
購入者、売却者、保証人、証人、
そしてなんと、
両隣の家の所有者まで刻まれています。

気になる家屋のお値段ですが
1200ドラクマでした。

1ドラクマとは
串型オボロス貨6本分です。

串型オボロス貨とは
こちらです。 → 

image

まぁ、勿論の事に
1ドラクマコインもありましたので
1200枚コインを用意するか
もしくは現代と同じようにローンを組んだと思われますが
串型オボロス貨で購入していたら
大変な事になります。

串型オボロス貨6本で1ドラクマですから
1200ドラクマと言うと
1Mほどあるオボロス貨7200本になります。

それにしても
当時のお値段、1200ドラクマの家が
どれほどの規模の物であったのか
家具はどんな感じの物であったのか
タイムマシンがあったら
お宅訪問してみたいところですね。


古代ギリシャ展は
9月19日までです。
の解説付きでギリシャ展を鑑賞なさりたい方は
お早めにお申込み下さいね。


では明日も純子さんの
古代ギリシャ展の展示品&歴史話ブログで
お目に掛かりましょう。



AD
いいね!した人  |  リブログ(0)
NEW !
テーマ:

おはようございます。
山下純子です。

Tokyo. 29℃.
It's beautiful day.

image

更に幸せで居る事に
躊躇しないで下さいね。

遠慮は無用です。



AD
いいね!した人  |  リブログ(0)
NEW !
テーマ:


こんばんは。

山下純子です。


Tokyo. 28℃.

It's sunny.



お休み前コラムです。



何が起こっても

どんな結果になろうとも

「これで良かった。」

と、納得できる自分で居たいものです。



時に、不安になりながらも

人は皆、

一生懸命に生きているんですよね。


私も私で

ふと、不安になる事もありますが

人生を楽しみながらも

自分に出来る事を精一杯やりながら生きています。



不安になった時

怖さや辛さに押しつぶされそうになった時

人は誰かに

「大丈夫。大丈夫。」と、言ってもらえるだけで

気持ちが、すーっと軽くなる時があるものです。

私だって皆さんと一緒で、そうなんです。


誰かに「大丈夫。」

と、言って貰える時は良いのですが

人は人でそれぞれに色んな事を抱えていると思えば

心のうちを誰かに打ち明けられない時もあるものです。


そんな時は

自分で自分に言いきかせるんです。

「私よ、大丈夫。大丈夫。」

「全て大丈夫。大丈夫だから。」と。


そうすると

不思議な事に

大丈夫な方向へと向かうものです。


仮に

思う通りの結果が得られなくても

辛い結果になろとも

「大丈夫。これで良かったんだ。」と、思える自分でいられます。



結果というものは

全ての結果が

良しにつけ

悪しきにつけ

「そこ」に納まるようになっているのだと私は思いますよ。


大丈夫と言う言葉は

心の安定は勿論の事ですが

結果を定位置に上手に納める魔法の言葉なのかもしれませんね。



あなたの人生も

私の人生も

色んな事があります。


でも、大丈夫なんです。


安心して

「これで良かった。」を受け取れるあなたで居て下さいね。



お休み前コラムでした。



ライフメソッドアドバイザー 山下純子


AD
いいね!した人  |  リブログ(0)
NEW !
テーマ:


山下純子です。



人それぞれに幸福を感じるところは違います。

あなたの幸福は

何に対してそうですか?


私が幸福と感じるところは

沢山の事柄がありますが

その多くの中の一つは

達成感だと思っています。


「これをやり切った!」

その充実した達成感ですね。



私は、ある日、東京駅の本屋さんで

アランの幸福論と出会いました。


一旦、棚に戻し、数歩歩いたところで

バサッと音がしました。

振り返ると棚に戻したはずの幸福論が床に落ちていました。


これも何かの縁だと思い拾い上げて購入し、

自宅に戻って何気に読んだ後書きに私は衝撃を受けました。


アランはフランスの哲学者で

現代のソクラテスと言われている程の人です。


彼は生涯において

地元紙にプロポと呼ばれる

エッセイを毎日連載し続けました。


その数、約、5000本です。


第一次世界大戦の前は3078本。

大戦後は約2000本です。


この数字に私は衝撃を受けました。


その日からです。

私はアランの連載数を目標にしようと

飛び飛びで書いていたブログを毎日更新するようになりました。


それが

皆さんお気づきの通り

私のブログの一番下に記載されている数字です。

今日の数字は

3078-787(2014.07.01~)

2000-0

2014年の7月1日から毎日書き続け
ブログの本数カウントではなく、
一日一カウントで今日は787日目です。

まずはアランが大戦前に書いた本数3078を目指します。
後6年2ヶ月掛かります。
その後は、第一次大戦後にアランが書いた2000本を目指します。

その数字をクリアしたからと言って
何が待っているとか私は考えません。
その数字をクリアした達成と充実感一杯の幸福が私は欲しいのです。
目標があるから心を奮い立たせる事もできます。

が、しかしながら、ただ、毎日書き続けるだけだったら
どなたにも可能です。

私、山下純子の色を出しながら
少しでも皆さんに喜んで頂けるような
そして勿論自分も成長できていけるブログをと、
心に留め置き、書き続けています。

そして将来においては
私もアランのように
人生の幸福論を
新聞に毎日連載させて貰えるような自分でありたいです。


皆さんも
「これだけは毎日やるぞ!」
何か一つ作ってみませんか。

その事柄と一緒に成長できるのは勿論の事
達成感、充実感がベースにある幸福感は
必ずや至極のはずです。

達成しなければ観えない世界を
自分の人生の中で観に行きましょうよ。

では、皆さん、
お休み前コラムで又お目に掛かりましょう。





私が何度も読み返す幸福論です。

アランの幸福論は数冊のバージョンが出ていますが

この幸福論は読みやすくまとまっています。


幸福論/日経BP社
¥1,944
Amazon.co.jp

ライフメソッドアドバイザー 山下純子


いいね!した人  |  リブログ(0)
NEW !
テーマ:


2016年9月19日まで
東京国立博物館にて開催中の

人生アドバイザー純子さんの
今日の美術品能書きブログは
よもやま話⑩「乙女座」

西洋占星術では
私達一人一人の生まれは
12星座で区分されています。

12星座には
それぞれにギリシャ神話があります。

今の星座は
8月23日~9月22日迄の乙女座です。

今日のブログでは乙女座のお話しを致しましょう。

乙女座の乙女とは
豊穣の女神デメテルの娘ペルセポネであり
冥界の王ハデスの妃の事です。


豊穣の女神デメテルは
オリンポス12神の一人です。
自分の美しい娘ペルセポネを溺愛していました。
娘が可愛くて可愛くて仕方なかったんです。

ある日大事件が。

「何するのー。やめてー。」
ペルセポネが冥界の王ハデスに連れ去られてしまいます。


(この作品は来日していません。)

娘がいなくなった母デメテルは嘆き悲しみ怒り爆発。
仕事を放棄してしまいます。

地球は大飢饉になりました。
豊穣の女神が仕事を放棄したのですから
作物が実らなくなって当然です。

神々は人々の祈りと捧げ物で生きています。
飢饉で人間がどんどん死んでいくのですから
それらが無くなっていきます。
神様達も困惑しました。

大神ゼウスがヘルメスを遣わし
冥界ハデスにペルセポネをデメテルに返すように説得しました。
「娘を返さないと人も神も全滅するぞ。」と。

渋々ハデスは納得するのですが
娘を返す時に
ハデスは12粒のザクロをペルセポネに差し出します。

ペルセポネは
ザクロを4粒食べてしまいました。

冥界の食べ物を口にしてしまったら
冥界に留まらなければならないのをペルセポネは知らなかったのです。

12粒のうち4粒を食べてしまったペルセポネは
4ヵ月間だけを冥界の妃として過ごし
残り8ヵ月を母デメテルと過ごす事になりました。

4ヵ月間、娘と過ごせないデメテルは
悲しさのあまり仕事をしません。
それが作物の実らない冬となった説があります。

「ママーただいまー。」
と、ヘルメスに連れられて返ってきたペルセポネ。


(この作品は来日していません。)

連れ去られてしまったものの
冥界の食べ物を口にしてしまったので
4ヵ月間はハデスと過ごさないといけませんが
残り8ヵ月は里帰りできるペルセポネ。

冥界の王ハデスは
ペルセポネを娶ってから
オリンポス12神の中では浮気もせずに
彼女を大切にしたそうですから
ひょっとしたら良い結婚だったのかも?しれません。

私は「娶る」の漢字を観る度に
ハデスとペルセポネの話しが頭を過ぎります。
妻を迎える事を「めとる」と言いますが
女を取るで「娶る」なんですよね。

現在の星座
乙女座の乙女とは
豊穣の女神デメテルの娘、
そして冥界の王ハデスの妃ペルセポネの事でした、と言う
ギリシャよもやま話でした。


の解説付きでギリシャ展を鑑賞なさりたい方は

お早めにお申込み下さいね。


では明日も純子さんの
古代ギリシャ展の展示品&歴史話ブログで
お目に掛かりましょう。



いいね!した人  |  リブログ(0)

AD

Ameba人気のブログ

Amebaトピックス

      ランキング

      • 総合
      • 新登場
      • 急上昇
      • トレンド

      ブログをはじめる

      たくさんの芸能人・有名人が
      書いているAmebaブログを
      無料で簡単にはじめることができます。

      公式トップブロガーへ応募

      多くの方にご紹介したいブログを
      執筆する方を「公式トップブロガー」
      として認定しております。

      芸能人・有名人ブログを開設

      Amebaブログでは、芸能人・有名人ブログを
      ご希望される著名人の方/事務所様を
      随時募集しております。