三代目パーソナルアイアンの組立で大忙しですsei


EPON  Tour Wedge も入荷しているのですが手がつけられていませんあせる



ヘッド

EPON  2016 Personal  4~P


シャフト
島田ゴルフ K's-3001 フレックスS


グリップ
ムジーク ノーロゴ ブラック M60 バックラインあり


ソケット

エポン


シャフトの挿入方向

ロゴ裏挿し


グリップ下巻テープ

薄手のテープ 螺旋1巻き


長さ・バランス

#5#P D1ぐらい 


ロフト角・ライ角

カタログ値に調整



今回組み立てた PERDIE1 ISSUE のシャフト重量は、


4番 98.5g
5番 98.4g

6番 98.2g
7
番 98.2g
8番 98.1g
9番 98.5g
PW 98.2g


なんと、重量差0.4gでした


シャフト重量は1g違うだけでも硬さの違い(振動数)に現れます。

重いと硬くなり、軽いと柔らかいです。


シャフト重量が揃っていると言う事は、単に番手別重量ピッチが揃うだけではなく、番手別のシャフトの硬さも揃っている事になります。



グリップは0.1g単位で重量測定し、選別してから番手によってフローさせています!!


今回は50.4~50.7gとその差0.3gの範囲で使いました。


重量検品せずに使用すると、クラブの総重量とバランスは揃いませんNG





当店のスチールシャフト組み立ては、ヘッドとソケットとの継ぎ目からの数ミリ下側はシャフトのメッキは剥がしません。


ヘッドとソケットのつなぎ目に水が浸入しても、シャフトが錆びにくく折れにくいようにしています。


スチールシャフトなぜ折れる→http://ameblo.jp/perdie1/entry-11305513053.html




当店のアイアンセット組立は、パソコンで数値管理しながら行っていますパソコン


組立前の外観検査


各パーツの0.1グラム単位での重量測定と調整


組立後のスペック測定


ロフト、ライ角調整など


詳しくはホームページを御覧下さい

http://www4.plala.or.jp/perdie1/sub6.html


組立に入る前の検品で、総重量・番手別フローなどの予測が非常に大事で、組立後のクラブ品質を大きく左右します。


検品せずに組み立ててしまうと、バランスを合わせるために錘を入れて調整するなど残念な組立のクラブになってしまう場合があります。




当店では、組み上がったらそのままお渡しするのではなく、

長さ・総重量・バランス・振動数などのスペック測定、

ロフト角・ライ角の測定と調整をします。


新品でも調整をしないとカタログ値通りにぴったり揃っていることはほとんどありません。

今回、ロフト角・ライ角はカタログ値に調整しました。



あなたのアイアンセットの組み立ては大丈夫でしょうか?

http://www4.plala.or.jp/perdie1/sub6.html


エポンアイアンなのに残念な組立 その①
エポンアイアンなのに残念な組立 その②
エポンアイアンなのに残念な組立 その③

エポンアイアンなのに残念な組立 その④



練習してるのにいつまでも上手にならない・・・


飛ぶようにならない・・・


なんで?

腕が悪いからうまくいかないのか?


クラブのせいでうまくならないのか?


どっちなんだろう?


こんなお悩みをお持ちでありませんか?


せめてクラブのせいにはできないようにして練習やプレーに集中したくありませんか?


物理的に信用できて


精神的に信頼できる


ゴルフクラブで人生最大の飛距離とベストスコアを出してみませんか?



オリジナルクラブやシャフト交換


《・お客様大満足価格・》で販売中です音譜


シャフト交換、グリップ交換、ロフト・ライ角調整なども低料金です。


クラブご購入後のアフターサービスも充実しています。

御購入のお問い合わせは下記よりどうぞ 携帯


パソコン http://www4.plala.or.jp/perdie1/

スマホや携帯からのメールの場合返信できない場合が結構あります。


メールで問い合わせたのに返信が無い場合はパソコンからのメールかお電話にてお問い合わせ願います。





 

AD