着物でオペラに2回

テーマ:

7月20日と22日、着物でROHに行きました。 どちらもモーツァルトの「コジ・ファン・トゥッテ」。



 
        カメラ柄をご覧になりたい方はクリックして下さいね



雨まず20日は、大雨という予想だったので、カルメンさんと二人で「洗える着物」。(正午頃にありました、短時間集中豪雨が。あちこち大変だったようです)


これ、3週間も前から着そびれて会社にずっと置きっぱなしになってた一式で、やっと着ることができました。


わたくしとしては珍しく地味目で、グレーの棗柄の帯で古典的に、良いとこの奥様風にまとめたつもりなんざんすけど、いかがでござんしょ?


しかし、これ単衣なのですが、オペラが終わって帰宅するとき、寒くて震えちゃいましたよ。



  


なので、22日は袷に逆戻り。


この日は着物は私一人だし、一昨日とは雰囲気を変えて、ドレス感覚ですっきりとエンジ色の無地にしてみました。最近ロンドンで譲って頂いたもののうちの一枚です。雨が降るかもしれないと思ったので、着物は化繊。


(太陽サンサンのホールで暑苦しい装いで佇むヤツを見るだけで、日本の皆さんは不快かも。すみません)


帯は娘時代のもの、というか、若いときに誂えてもらったけど持ってたことも知らず、ロンドンで最近になってやっと出番ができたもの。「結び糸」で白地に織って貰ったものを染めたもので、それならば、成人式の振袖 を作ったときに実家のおばあちゃんが長い間掛かって15センチ位のくず糸を手で一本一本結んでくれたものの余りにちがいありません。

母の趣味のこの柄が好きかと言われるとナンなのですが、折角のおばあちゃんの努力の賜物、機会ある毎に登場させてやりたい帯です。



ガックリしかし、6月は9回も着物を着たのに、7月は悪天候以外にも色々理由があって機会がなく、これで今月まだ3回。オペラハウスが夏休みになっちゃったし、もうこれで終わりかも、です。


去年の夏に日本で夏の着物を何枚か調達したのに、今年は果たして着るチャンスがあるのかしら?


それに、雨の予報が多いのでこの頃は化繊の着物ばっかりなのも、気は楽だけど、なんだか悲しい・・・・かさ


              ネイル  人気ブログランキング

AD

コメント(18)