カメラ 小さい写真はクリックで拡大します。

 

4月29日から5月3日までのサントリーニ島旅行、書き出したら止められません、と言いながら一気には出来ないので休み休みのろのろ続けるんですが、もう少しお付き合いを。

 

サントリーニらしい景色と雰囲気で一番気に入ったイメロヴィグリについては先日写真アップしましたが(→こちら)、今日はフィラとフィロステファニを一緒に歩きましょう。

おっぱい山のイメロヴィグリまで、さかさか歩けば30、40分のフィラはサントリーニ島で一番大きな街で、バスターミナルもあって交通の拠点ですから、車のない人があちこち観光する場合はフィラに滞在するのが便利です。

割と大きなカテドラルの中もあり。

    

 

遥か下に見下ろすオールド・ポート、ロバを避けながら600段歩いて下りましたっけうんち(→こちら)。

岩を掘った絶壁ホテルに泊れると景色も楽しめるし足の便の良いしベストでしょうが、ハイシーズンは高そうだ。

 

高級なお店からチープなお土産屋さん、レストランやカフェも勿論たくさんあります。ちょっとごちゃごちゃしてますけどね。

海沿いの遊歩道を北にどんどん歩くとリゾートらしさが増してきて、

振り返ってフィラの街を一望できるってことは既にフィロステファニなんでしょう。境目がはっきりしませんが。

 

朝は結構冷えたので厚着して出たらどんどん気温が上がり、長袖なんか嫌なんですが、これ以上は脱げないし・・。 でも、夜は又冷えるので上着を持ち歩く必要があり、ホテルが不便な所にあるやっぱり不便。でも、行く前に寒過ぎるかもと心配したんですが、結局観光には理想的な気温で最高でした。

 

ここら辺には典型的な青いドームの教会はあまりありませんが、代わりにこんな教会が点在してて、「きゃーっ、かわいい!、」と写真撮ってるとイメロヴィグリまで1時間くらい掛かるのは仕方ないですよね。

 

ホテルでたっぷり朝食食べてからランチ抜きであちこち観光してた私たち(午前中は古代遺跡を見学)、そろそろどっかで何か食べようかな、と思ってたら、

あっ!、行ってみたかったRemviというレストランにちょうどぶち当たったので、ここにしましょう。夕陽の時間は混むでしょうけど、午後4時過ぎならガラガラ。

      

 

 

     

テーブルからゴージャスな人たちを見下して飲む冷たい火山ビールは美味い生ビール

          

 

おっぱい山のイメロヴィグリまではまだまだですが、今日はこの辺までにして、バスで夕陽で最北端のイアまで早目に行って、どの夕陽スポットが良いか街の様子をチェックしましょう。

 

目ズームアップするとイメロヴィグリの青いドームの有名な教会も見えるし、豪華客船もたくさん出入りして、嗚呼、美しいエーゲ海と感激。 問題山積みのギリシャですが、サントリーニは治安も良いし別世界。

 

で、結局、

境目なく続くフィラ、フィロステファニ、イメロヴィグリ、どこに泊るのがベストかは目的によるのですが、車無しで古代遺跡やビーチを観光するのであればフィラの中心がベストだけどいかにも観光地。 しっとりした大人の雰囲気が素敵なイメロヴィグリは細い路地を歩いたりホテルでゆっくりするのに適してるけどフィラまで歩いてちょっとあるし、ハイシーズンはバスが混んでて乗せてもらえないかもしれないので不便。 となると、色んな意味で中間のフィロステファニが理想的か?

 

街シリーズの最後は二度行ったイアの夕陽騒ぎですが、写真が一番多いのでもう少し時間掛かるので少々お待ちを。 でも白い街と青い海ばかりでは飽きるでしょうから、その前に二箇所行った古代遺跡巡りをご紹介できればと思ってます。 

 


人気ブログランキング

AD