<8th May Mon>

イギリスはまだ冬。寒い。5日前までのエーゲ海の太陽を思い出しながら写真選んでます。

--------------------------------------

旅行記は時系列ではなくテーマ別で進めますが、サントリーニは古代からワインの名産地でもあるようでワイナリーもいくつかある中、レンタカーを借りてる時に2軒行ってみました。

 

1

まずは絶景を見ながらテイスティングと食事が出来るのが売り物で観光客には一番人気のサント・ワイナリーSanto Wineryへ。

結婚式もやってたし(中国人か韓国人)、ちょうどランチタイムで団体さんがバスでどんどん到着してなんだか落ち着かない雰囲気だったし、外で座ったら暑いし中だと景色が見えないし・・・、で、結局、素晴らしい景色を愛でてトイレ借りただけで去ることにしました。 車があったからこそ、あっさり諦めることが出来たわけですが。

 

 

 

 

 

2 車で走ってたら、ボゥタリ・ワイナリーBoutari Wineryというのがあったので、入ってみました。サント・ワイナリーと比べたらうんと小さくてひっそり静か。試飲だけではなく、葡萄畑とワインセラーを案内してくれるのも面白そうだ。

 

 

白ワインここで酔っ払ってしまうわけにはいかないので一番少ない4種類だけのテイスティングにし、畑とセラー見物とおつまみで12ユーロ。 到着以来サントリーニワインばかり飲んでて既にお馴染みなんですが、甘いのが多いようです。 

朝食以来なにも食べてなくてちょっとお腹が空いてたのでサントリーニ名物のトマトボールとファヴァFavaという豆のピューレも頂きましょう。

ぶどう他にカップルが一組だけだったので4人で葡萄畑を見学。蔓(つる)は使わず、バスケットと呼ばれる地べたを這うユニークな育て方は既に島中で目撃した光景ですが、説明してもらって納得。

↓ 土壌はこんな風にレイヤーになってるそうです。

 

酒蔵も案内してもらえて、ただ試飲するだけのサント・ワイナリーよりは興味深いと思いますが、バスで簡単に行けるかどうかはわからず。

 

白ワインサントリーニ・ワインはレストランでもホテルでも飲みまくりましたが、スーパーマーケットですら決して安くないのが残念だし、飛行機は手荷物だけなのでお土産にも出来ず・・・。

 

次は私がサントリーニで一番気に入った街についてです。写真は選択済み。

 

 


人気ブログランキング

AD