<30th July sun>

ムスメが今1週間程南仏旅行に行ってて、トーチャンは黒猫猫の世話係としてムスメのフラットで過ごすことが多いので、彼がいるとやりにくいことを優先しなければ手裏剣(例えば整理整頓とか)。 ブログなんか書いてる場合じゃない。

----------------------------------------------

 

 

ザンダー・パリッシュXander Parishという31歳のヨークシャー出身のバレエダンサーがロシアのマリインスキー・バレエのプリンシパルに昇格したことが一般紙でも取り上げられてニュースになりましたびっくり

 

イギリス人入団すら初めてなのに外国人では二人目のプリンシパル(最初は韓国人のキミン・キム君)で、12歳からロンドンのロイヤルバレエで学び、ロイヤルバレエに入団したのに数年間脇役ばかりだったところをマリインスキーの監督に見出され、そこで花開いたというシンデラレ物語は勿論めでたいのですが、昇格発表のタイミングがロンドンでの引越公演初日の「白鳥の湖」終了直後って、ロイヤルバレエに対するあてつけとしか思えませんよねグラサン。 

ロシアかイギリスかザンダー君が迷っている時に「ロンドンでもっとやりがいのある役をやりたい」と懇願したのに冷たくあしらわれたといういきさつから、異国で頑張った結果の今回の昇格は最高のリベンジなわけでゲラゲラ、それはそれは劇的で面白いのですがウシシ、私は昇格自体に大いに驚きました叫び 

 

以下、私の率直な意見(顔がダンサー評価の重要なポイントになってるかもと自分でも思うド素人感想ですけど)。 

 

ザンダー君は背が高くて美男子で上手という評判だったので、7月27日の白鳥の湖の初日を楽しみにしていたのですが、故郷に錦を飾った彼が舞台に登場して拍手が起こった時そこにいたのは、期待してた「立ってるだけでオーラを放つ王子様キラキラ」ではなく、なーんか地味で貧弱な男えー?。 うーん、顔が地味なのが華やかさに欠ける理由かなあ。 背もそんなに高くないし(キム君より小さいと思う)、踊りも特に上手とも思えず・・・(このバージョンはきっと昔からほとんど変わっていないのでしょう、王子様はほとんど踊らず主に女性のサポート役なので踊りの実力はわからないのですが)。

で、それならお芝居が一層大事なわけですが、地味な顔立ちの彼が一生懸命恋する王子様を演じてもぱっとしなくて・・・。せめて他のダンサーのようにもっと濃い化粧しないと。

こんな退屈な白鳥の湖は初めてとすら思ったのは、その時は古めかしい振り付けのせいだと思ったのですが、二日後に違うキャストで又観たら、今度は可愛い役者顔の若い王子様がとても良かったっせいか、とても楽しめたんです。 ランクの低い子に全ての面で負けてしまい、プリンシパル昇格がますます疑問に思えます。

でも、まあ、この日は緊張し過ぎて踊りも芝居も硬くなったのかも知れず、このパフォーマンスだけで判断してはいけないでしょうから、もう少し様子を見ましょう。 あと再び白鳥の湖とアンナ・カレーニナで彼を観ますからね。 でも、正直、楽しみではなく、他のダンサーじゃないのが残念で・・えーん

 

白鳥オデットと黒鳥オディールはプリンシパルのヴィクトリア・テリューシキナでしたが、ドン・キホーテ初日(→こちら)よりはずっと彼女のキャラに合ってます。 二つの役のコントラストをもっと強く出したら盛り上がったと残念だったのですが、他の日のオデット/オディールも似たようなものだったので、ここはそういう志向なんでしょうか?

  

 

   

 

因みに、ザンダー君、カーテンコール写真ではよく顔がわからないでしょうが、こんな顔。今はもうちょっと老けて頬もこけて劣化してるかな。整ってはいるけど、どうってことないでしょ。少なくとも私の好みではないわ。

 


人気ブログランキング

AD

<29th July Sat>

プロムスで3日前にやった'The Godlike Genius of Scott Walker'を昨夜テレビで観ましたが、よくもまあこれだけ下手くそな歌手ばかり集めたものだと、50年来のスコット・ウォーカー大ファンである私はプンプンムキー。 プロムスが段々妙な方向に進んでるのもいかがなものか?

----------------------------------------------

 

いつも賑やかに誰かがくるくるぴょんぴょんしてるドン・キホーテは大好きなバレエですから、7月26日に又行きました。ダンサー発表前に買った切符ですが、この日は幸い、あの可愛い可愛いシャクリャーロフ君の出番と重なって、ヤッホーチョキ口笛 

 

 

 

 

男の子ウラジミール・シャクリャーロフは6月にロイヤルバレエでオシポワと「アルマンとマルグリッド」で共演したし(→こちら)、三年前にはマリインスキーのロミオとジュリエット(→こちら)ですっかり惚れてしまった32歳のプリンシパルで(もっと若く見えるけど)、もしこんな子がロイヤルバレエに入ったりしたら、オペラハウス通いに拍車が掛かって私の生活メチャクチャになりそうだわ。

初日のキム君(→こちら)と比べると、シャクリャーロフは踊りも体型もおっとり丸い感じで、時折ぐらついたりしてスピード感、シャープさ、安定度でもキム君に負けますが、恋人を手に入れるために狂言自殺までしちゃう単純で明るい村の青年を自然体で表情豊かに演じてくれて、可愛い笑顔から目が離せませんでした(ええ、近いのに双眼鏡でしっかりがん見しましたともゲラゲラ)。ロミオのイメージが強いけど、コミカル演技もいける。

 

だけど、残念無念、全演目買ったのにシャクリャーロフ君が出る白鳥の湖(7月31日)とバヤデーレ(8月11日)は外れちゃいました・・・しょぼん。 ダンサー発表してから切符売れよな~ムキーッパンチ! 全部の日にちで一応買っときゃよかった・・えーん。 次回はそうしようっと。

シャクリャーロフ君、バイエルン国立バレエにも所属してるそうで、オペラだけじゃなくてバレエも羨ましくて溜まらないミュンヘンに住みたいぞぶちゅー

 

 

 

   

女の子村娘キトリはと言うと、初日はキム君よりうんと年上でしっとり大人の雰囲気でテクニックは凄いけどどうみてもおきゃんな若い村娘には見えなかったプリンシパルのヴィクトリア・テリューシキナでしたが、この日はうんと若くて(2年前にバレエ学校卒したばかり)小柄でキュートで可憐なレナータ・シャキロヴァで、お父さんに金持ち男との結婚を無理強いされてふくれっ面したりするキトリそのもの。 細かい所が全てピシっと決まるわけではなくてテクニックは先輩に劣るけど(まだランク低いですから)、踊りながらシャクリャーロフと交わす目線も本当の恋人同士かと思うほどケミストリーも最高ラブラブ。 劣るとは言え充分上手だし、皆さん朗らかに微笑みながら「頑張れ!」、とハラハラさえもほっこり楽しんでたに違いないですほっこり。 ドン・キホーテはこうでなくちゃ。 初日カップルは上手と感心してもケミストリーも明るさも感じられなかったですから。

 

 

    

闘牛士も初日よりも役にはまってて、大袈裟なええかっこしーの伊達男ぶりが面白かったし、大柄で迫力あるジャンプも決めポーズもばっちり。

 

というわけで、バレエはテクニックだけでなく、容姿も含めキャラ的に役柄に合う合わないがとても大切なのだと再確認(いえ、オペラだって大切なんですがね、そこまで求めると成り立たないので)。

 

どっさり撮ったシャクリャーロフ君の写真、同じように見えてもこれ以上ボツに出来ないのでたくさん載せときます。うっとりラブ クリックで拡大します。

    

   

 

   

 

   

    

では、今日はマチネの白鳥の湖に行ってきます。着物で。

 


人気ブログランキング

AD

<28th July Fri>

昨夜観たイギリス人の白鳥の湖の王子様がマリインスキー・バレエのプリンシパルに昇格したことが話題になってますが、それについては少々お待ち頂くとして、2週間前にコンサートのことををまず。バレエはおまけで、一応オペラ中心のブログなんで。と言いながら、これから暫くバレエ漬けになりそうです。 

---------------------------------------------

 

7月14日、ROHのアラーニャ夫婦のトゥーランドットの切符を始末してまで聴きに行ったカドガン・ホールのコンサート。お目当てはテノールのマイケル・スパイヤーズ

 

40年程前から埋もれている作品の発掘に熱心なOpera Raraのコンサートらしく、聴く機会が少ない演目が中心で、この日もいつくかはイギリスで初めて演奏されるものだそうです。

オケは1858年創立でマンチェスターが拠点のハレ管弦楽団The Hallé。指揮はカルロ・リッツィ。

 

 

アメリカ人のマイケル・スパイヤーズはこないだROHのミトリダーテ(→こちら)のタイトルロールで4回聴き、長いオペラなのでさすがに「病欠して代役で聴きたいかも」、と思った歌手も多かった中、彼だけは何度聴いても飽きず、始終うっとりしました100点。テノールにとっては命である高音がうまく出ないこともあって世界一のテノールとは言えませんが、特に中低音がなめらかで細過ぎない艶のある声が大好きラブラブ!。 今ミュンヘンのオペラ・フェスティバルでホフマン物語に出てるんですが、カウフマンやポレンザーニという名だたるテノールと比べても(ルックスとスターとしての素質で劣るのは別とすれば)歌唱力ではそんなにひけを取らないと思うんですよね。来月エジンバラ・フェスティバルで「ファウストの劫罰」を聴くのが楽しみチョキ

 

うーんスパイーヤーズだけでたっぷり歌ってくれたらもっと嬉しいのですが、残念乍らこの日はソプラノとの共演。アンジェラ・ゲオルギュー似の美人であるジョイス・エルコーリーは今年2月のROHの椿姫(→こちら)で観たのですが、ルックスも含めた総合点ではまあまあであっても歌唱面では特に印象に残らなかったレバノン系カナダ人。 この日は「風邪ひいてるけど歌います」ってことで、ますますがっかりでしたが、具合悪くてもちゃんと歌えた上、下手でも不快な声でもないしテクニックはしっかりしてるし、なんと言っても美人なので良しとしましょう。知名度も大したことないむさくるしいテノールだけじゃあ切符も売れないでしょうからね。 

 

 

さあ、週末だ! 

バレエ明日もバレエだ! 4回目のマリインスキーだ!

 


クラシックランキング

AD

<27th July Thus>

今週は午前中だけ働いて、毎日ジム通い。昨日と今日はジムの後で一旦帰宅し(地下鉄の中で居眠り)、早い夕食を済ませて着物でオペラハウスに駆けつけるという慌しさ。 明日は、行きたいコンサートもあるけど、切符買ってないし(おそらくジジババには当日ダンピングしてくれそうなのでそれを狙うつもりだった)、諦めて会社とジムだけにしておこうかな・・。 

--------------------------------------

カメラ写真はクリックで拡大します。

   

昨日はマリリンスキー・バレエのドン・キホーテに又行きました。

20度あるかないかという涼しさだったので袷でもよかったのですが、日本の皆様にこれ以上暑苦しい思いをさせては申し訳ですから、実家の母が数年前に縫ってくれた小千谷縮にしましょう。同系色の赤い夏帯とは柄の大きさや形も似てて、なかなか良い組み合わせかも。

 

      

ご一緒したのは、着物レンタルと着付けでロンドンの着物の第一人者である美容師さんのM子さん。 地味なグレーの着物でも、華やかな美人は絵になりますよね。しかも、ロンドンでは珍しい和傘をご持参。

 

      

舞台脇の席だと観客席から着物姿を見て貰えるのが嬉しいです。

 

     

ドン・キホーテ初日(→こちら)で主役だった韓国人プリンシパルのキミン・キム君を見つけ、ツーショットをモノにしました。 

写真だと舞台の上と同じような四角い顔になっちゃいましたが、本物の方が自然で顔もほっそりしてうんと素敵なキム君ラブ、舞台姿と違う雰囲気なので、他の所で会ったら彼だと気付かないでしょう。ロシア人とロシア語で立派に喋ってましたよ。

 


人気ブログランキング

<25th July Tue>

今日から始ったバイロイト音楽祭マイスタージンガーをネットラジオで生中継してたのでイギリス時間で午後3時から6時間半、最初の30分聞き逃した以外は全部聴いたわさ。長いインターバル2回でご飯食べたりテレビ観たりしながらだったけど。でも、フォークト様の歌う部分ってこんなに少なかったかしら? ハンブルグとベルリンに追っ掛けて観た時は歌わなくても舞台の上にずっといるせいかそうは感じなかったけど・・。

爆弾バイロイトと言えば、昨日、来年のローエングリンロベルト・アラーニャと発表されて話題になってます。「おいら、ローエングリンを歌いたいぜ~」とずっと言ってたのでそれ自体は驚かないけど、でも、まさかいきなりバイロイトでロールデビューするとは!叫び アラーニャの勇気と、バイロイトの狂気に乾杯ロゼワインシャンパン どうなることやら・・ショック!

----------------------------------------------

 

 

バレエ昨日からロイヤルオペラハウスで、マリインスキー・バレエの引越公演がスタートし、最初はドン・キホーテ。 アホらしいお話だけど、私はこの全編エネルギッシュなクルクルピョンピョンが大好きなので2回行きま~す! 

 

切符を買う時はキャストが発表になってないのでとりあえず初日を買っておけば間違いなかろうということでまず昨日早速行ってみたところ、期待通り、主役カップルは二人ともプリンシパル。

 

 クリックで拡大してご覧下さい。

 

 

床屋さんのバジル役はキミン・キムという覚え易い名前の韓国人。キム君は韓国では有名なのでしょうね、たくさん韓国人の家族連れが観に来てました。色んな人種が入り乱れてるロイヤルバレエとは違って彼だけ異色なわけですが、韓国人らしい四角い顔に目張りをしっかり描いて奮闘してくれました。 違和感にも拘わらずそりゃ上手だからプリンシパルにまでなってるわけで、細い体のシャープな動きが印象的でしたが、なんか硬くて・・。 

 

明日また行くのですが、バジルは先月オシポワと「マルグリッドとアルマン」で共演した可愛くて上手なシクリャーロフ君(→こちら)なのでメッチャ楽しみラブ。 ルックスで得してるだけじゃなくて、彼の方がふわっと柔らかい雰囲気を醸し出せると思うの。

 

くつ 踊りっ放しで大変なキトリ役はヴィクトリア・テリューシキナ。 しなやかで凄く上手なんだけど、老けてるししっとり大人の雰囲気で明るい村娘って感じじゃないので、白鳥の湖とかの方が向いてるでしょう、と思ったら、27日の初日のスワン・レークは彼女。 私、行きます。

 

DASH!とりあえず、全演目に行く予定です。 オペラやコンサートがなくてヒマだし、舞台脇席も売ってくれたので。見切れるので、このドンキも後ろの背景とか見えなかったけど、ダンサーを近くで(しかも座って)見られるのは嬉しいです。 

 


人気ブログランキング