<27th June tue>

最近BBCテレビで日本を紹介する番組がいくつかあり、観るのに忙しいのですが、今夜の「北斎」は素晴らしかったですがチョキ、「アイドル少女に狂うオタクおっさんたち」って、なにこれ!?  日本を離れて38年の私にはもう理解できませんガーン

----------------------------------------------

6月は着物で既に6回も出掛けのに忙しくてまだ最初2回しかアップできてませんが、3回目は6月9日、オランダからレイネさんがいらして下さったので、イエスティン君を追っ掛けて遠出し、車で2時間半のオルデバラAldeburghに行きました。

 

     

晴れてるけど暑過ぎず、20度ちょっとという着物お出掛け日和だったので、二人とも袷の小紋。レイネさんが白地の着物と薄いピーチ色の帯だったので、私は対照的にダークでカラフルにしよ。柄の大きさが同じなので統一感もあって、なかなか良いコンビネーションになったかと。

 

  

     カメラ 小さい写真はクリックで拡大します

     

オルデバラの街の端っこにあるThe Red House(→こちら)は、ベンジャミン・ブリテンがテノールのピーター・ピアスと1957年から1976年で亡くなるまで住んだレンガの家で、内部は気味悪いくらい当時のまま残されてます。中は写真禁止ですが、博物館になってる部分もあり、’Homosexuality in Britten's Britain’という特別展もやってました。常設展はブリテン縁の品が展示されてて、ブリテンとは同じノーフォーク出身で子供の時に彼の指揮で「戦争レクイエム」の少年コーラスで歌ったこともあるトーチャンは感慨深かったことでしょう。

 

    家そのものはごく普通ですが、敷地内には広いスタジオやアート・コレクションの収納庫もあり、中でも印象的なのが5エーカーもあるお庭。いくつかのコーナーに分かれてるのでだだっ広い感じはしなくて、素朴なイングリッシュ・ガーデンという雰囲気。

     

以前はプールもあったそうですが、それを埋めて博物館に。

 

     

キッチン・ガーデンの向こうがアーカイブ。

きちんと手入れされたお庭には色んなお花がたくさん咲いてました。

     

ちっこいレンガの家で見学はすぐ終わると思っていたのですが、いやいや、なかなか充実した展示で見応えありました。 これで入場料5ポンドは安い。しかも1年間有効(一年以内に行くことはまずないけど)。 3年前に来た時は街中の教会にあるブリテンとピアースのお墓参りをしたのですが(→こちら)、オルデバラにいらっしゃる際は絶対レッドハウスの方がお勧めです。

 

車DASH!

レッドハウスから車で少し行くと、スネイプ・モルティングズSnape Maltingsという醸造所を改造したコンサートホールがあり、イギリスでは有名なオルデバラ・フェスティバルが今年は6月9日から25日までありました。

フェスティバルがここに移転してから今年が50周年、特に私たちが行ったのはオープニングの日ですからお祝い気分が漂ってました。

レッドハウスが閉館してからここに来ると早過ぎて手持ち無沙汰なのですが、オルデバラの街と海岸は3年前に充分散策したし(→こちら)、今回はここのカフェでゆっくりしたり葦の茂るお庭をぶらぶら散歩。イエスティン君の奥さんともお喋りできたし、他の知り合いにも会ったし、バレエダンサーのGary Avisも来てたし、お天気も最高だし、イギリスの夏としては理想的な一日でした。

 

 

    

 

 

     

    

最初のインターバルは8時頃。まだまだ明るい。湿地帯に葦が茂ってる広~いお庭。

    

 

満月2回目のインターバルは 9時半頃。たしかこの日はストロベリームーン。

これがススキだったらまるで日本の秋だわね。本当はもっと明るいのですが、お月様を強調してこうなりました。 月を撮ろうとしたトーチャンがついでに私たちも入れたのですが、なかなか良い雰囲気でしょ。 この後のオペラ最終幕で、こんな感じのでっかい満月が舞台に登場して、「おぉーっ」、と感激したのでした。

     

 

元醸造所の中はこんな感じ。結構広いので切符代が安いのでしょうか、前から2列目で36ポンド。イギリスのあちこちでやってる夏のオペラフェスティバルでは破格の値段だし、正装じゃなくて普段着でゆったりできるのもここの特徴でしょう。

 

オペラが終わったのが11時、帰宅したら午前1時半過ぎ。長い一日でしたが、オペラもなかなか良かったし、大満足ニコニコ  トーチャン、長時間ドライブ、お疲れ様でした。

 

観たのはここで観るには理想的なブリテンのオペラ真夏の夜の夢でしたが、それは又あらためて。

 


人気ブログランキング

AD

<25th June Sun>

昨日はお昼にROH「ミトリダーテ」のリハーサル、夜はウィグモア・ホールのバルトリとジャルスキーのコンサート、その間にジムで一泳ぎという充実した土曜日でしたが、今日は溜まってるブログ記事を書き溜めて、明日からの仕事が忙しい週に備えます。

----------------------------------------------

                         カメラ小さい写真はクリックで拡大します。 

 

火災報知機が鳴って途中で避難させられた非常事態を始めメラメラ叫び、呪われていたとしか言えない今回のROHの愛の妙薬L'elisir d'amoreゲッソリ。 9回と公演数も多いので切符の売れ行きは悪くダンピングもされたけど、色々な事件があって面白い展開になり、こんなことなら、舞台横の席が直前に放出されたこともあり、全部行けば良かったと思ったくらい。結局、リハーサルを含むと5回行ったので、いくら好きなオペラとは言え充分でしょうけど・・。

 

当初の予定は、ロランド・ヴィラゾンとプリティ・イェンデで4回、イヴァン・マグリとイェンデで1回、アラーニャ夫妻で4回だったのですが、特にテノールに代役が入り乱れ、それもパフォーマンス途中での交代が2回、更に最後の最後で代役が途中で怪我してヨロヨロになりながらも歌ったという珍しいオマケも。代役の選び方にも疑問が残り、前半のヴィラゾンの代役の若いリパリット・アヴェティスヤンが歌も演技も抜群だったのでこの以降も代役が必要であれば彼にすればよかったのに、なぜあんなことになったのか理解に苦しみます。もし、彼を出すつもりだったのに彼も倒れたのであれば、これは本当に呪いだわガーン

 

で、結局テノール5人とソプラノ3人。下線の人はクリックでROHアーチスト紹介頁に飛びます。

Adina Pretty YendeAleksandra KurzakJennifer Davis

Nemorino Liparit AvetisyanRoberto AlagnaAtalla Ayan /Ioan Hotea/Ivan Magrì

Dulcamara Alex Esposito

Belcore Paolo BordognaAdam Plachetka

 

既にレポートしてる前半はこちらでご覧下さいですが、後半のアラーニャ予定だった日はざっとこんな感じ。

 

16月13日

アラーニャとクルチャク夫婦の初日でしたが、こんなに楽しくない愛の妙薬は初めてショック。 アラーニャの老けぶりは長年のファンとしては目を覆いたくなるほどでガーン(FB投稿でしょっちゅう家族写真見てるんですけどね)、いらくなんでもこの役はもう無理でしょう。4年前に二人が結婚するキッカケとなった時は50歳でも若々しくて素敵だったのに・・(→こちら)。それでも歌と演技でカバーできれば良いけれど、声は乾いてて、「人知れぬ涙」は裏声で誤魔化したし、演技で一生懸命おどけるんだけど全て宙に浮いて、目が笑ってないせいか全然面白くない。風邪ひいてたクルチャクのことが心配だったのかもしれないけど、長年好きだった人の衰えぶりを目の当たりにするのは辛いショボーン

インターバルでアナウンスの人が出てきた時はてっきりアラーニャのことだと思ったけど、そうではなく、「クルチャクが風邪ひいてるけど続けて歌います」とのことで、彼女は気丈に演じてはくれたけど、たしかにいつもより声に艶がなかった。この二人はもうすぐ始まるトゥーランドットで共演するので楽しみなのだけど、彼女は風邪さえ治れば大丈夫としてもアラーニャはどうかしら? 

写真だと若々しく見えるんですけどねえ・・ショック

 

   

 

   

 

   

----------------------------------------------

2 6月16日

私は行かなかったので、写真はPrimroseさんからの拝借ですが、アラーニャは初日よりも悪化したようで貧しい声だったそうです。で、後半は演技だけして、歌は違う人が舞台袖で歌うという、時々起こる変形スタイルになり、歌は他の日にトラヴィアータのアルフレードやってるブラジル人テノールのアタラ・アヤンを引っ張ってきて無事終了。 因みに、アラーニャの演技は初日から判断すると自分勝手にやってるようで、何度も同じような動きで見飽きてる私は嬉しかったですが、リハーサル不足だったし、先回のも覚えてなかったんでしょうか。

クルチャクは最初から降板して、代役はここの若手アーチストのジェニファー・ディヴィス

   

二人はちょっと前にメトのシラノ・ド・ベルジュラックで共演してましたよね。

     

アヤンの椿姫、私は14日に見たのですが、声は良いけど初日で緊張してたのか、音程が外れ気味だったのが残念。その時のカーテンコールです。

--------------------------------------

3 6月19日

当然キャンセルすると思われたアラーニャが登場。 滑り出しは初日程度だったけど、すぐに声がカスカスになって続けるのは不可能と誰もがわかる中、前半の半分でえらく長い間幕が降りてた後、ルーマニア人の若いテノールが登場。「こういうこともあろうかと呼んでおいて、しっかり練習させましたから」、と言われた27歳のイオアン・ホテアは、グリゴーロを小さくした感じで、シャープな動きと甘さはないけど輪郭のはっきりした声で一気に若返ったネモリーノ。音程が外れ気味だったのだけが残念だけど、アディーナ続投のジェニファーとのケミストリーは今回のチームの中でベストで、ドラマとしてはあるべき姿に。 でも、ネモリーノはヒゲ無しでやってよね。

 

 

         

       

      

 

--------------------------------------

4 6月22日

気管支炎のアラーニャの代役が前夜イヴァン・マグリとわかった時の私のショックと言ったら・・・。一回だけ最初からキャストされて歌ってるので充分あり得る人選なんだけど、なんせ4月にWigmore Hallのリサイタルで「うわーっ、醜いダミ声、早く終わってくで~ゲロー」と苦しんだくらいで(→こちら)、彼の出る日の切符は(リサイタル前に切符買った)苦労してやっと始末したのに・・むっ。 と、嫌々行ったんだけど(着物イベントだったのでね)、これが意外に良くて、声量もあるし、大きな場所で聴くべき人なのね。おっさんだけど遠目には可愛く見えるかもしれないし、ダミ声は好みではないけど、少なくとも彼が出るなら行くのを止めようという気持ちは消えたかな。 アディナのジェニファー嬢はやる度に上手になって、これならアラーニャ夫婦なしでも文句言う人はいないだろうとROH側も安堵した筈。

 

ドクロしかし、もう少しで無事終了という時になって、また異常に長いインターバルに。 「ったく、今度は一体なにが起こったんだろう!? 又別のテノールに代わったらそれはそれで私はハッピーだけど」、と楽しみになってきたら、「マグリはパフォーマンス中に怪我しましたが、頑張って続けます」というアナウンス(毎回忙しかったね、アナウンスの女性)。どこが怪我したのか言わなかったので、そーっと歩いてる様子から足かなと思ったけど、しばらくして胸とわき腹の辺りを強く押さえて座り込んでしまい凄く痛そうに数秒間声がほとんど出なくなったので、肋骨にヒビでも入ったのでしょうか? そう言えば、インターバル前の後半におとぼけアクションで笑わせる場面で動きが鈍かったので、あの時既に苦しかったのかな、おそらく干し草の塊を持ち上げた時に起こったんでしょう。

皆が固唾を呑んで見守る中アセアセ、私は始めて双眼鏡を取り出して苦しそうな表情をしっかり観察。 立ってるのもしんどいらしく胸を押さえながら椅子に座ってしまうことが多く、他の人たちもそれに合わせてアクションを変更。彼の強みである声量で大受けする筈だった「人知れぬ涙」が抑え気味にならざるを得なかったのは残念だけど、必死で頑張る姿は感動的でしたおねがい。 

 

        

 

    

 

他の人はどうだったかと言うと、図体のでかいベルコーレ軍曹は爆笑だった前半のバリトンに比べるとおとなしかったですが、その分インチキ医師のエスポジートが俄然後半になっておちゃらけ度を増し爆弾、それでもシニカルな雰囲気だったけど、芸達者の百面相で笑わせてくれましたゲラゲラ

 

と言うことで、前半の予想外の素晴らしさと後半の崩れっぷりが対照的で、ほんと、何が起こるかわからないオペラの醍醐味を味わうことができました。アラーニャを出待ちしようと着物で行った日もあるのに逃げられたのはがっかりでしたが。

 


クラシックランキング

AD

<23rd June Fri>

ずっとブログでフォローしてたので、小林真央さんの訃報には驚きませんでしたが、短いけど素晴らしい文章で語りかけてくれた聡明な真央さんがいなくなってしまったなんて信じられませんしょぼん でも、これで苦しみから解放され、これからは天国から子供たちを見守ってくれますよ、きっと。

EU離脱を選択してから今日でちょうど一年。 まだ先が全く見えないイギリス、どうなるのでしょうか・・むっ

昨夜、最後の最後に又大変なことになった叫び「愛の妙薬」のことを早くブログに書きたいのですが、その前に一昨日のオテロ初日の写真をアップしましょう。オペラ界の関心が(歌手の降板とかじゃなくて)ロンドンに集まるなんて滅多にないですからね。

--------------------------------------------

猛暑の6月21日が話題沸騰のオテロの初日でしたが、正面から観たので(立見ですけど)、リハーサル(→こちら)では見切れたセットも歌手の表情もばっちり目

リハーサル同様、直後のカーテンコールではまだオテロなので苦しい表情ですが、シャツを着替えてカウフマンになると嬉しそうです。

男の子女の子クリックでROHの人物紹介頁に飛びます。

Music Giuseppe Verdi
Libretto Arrigo Boito
Director Keith Warner
Set designer Boris Kudlička
Costume designer Kaspar Glarner
Lighting designer Bruno Poet
Movement director Michael Barry
 
Conductor Antonio Pappano
Otello Jonas Kaufmann
Desdemona Maria Agresta
Iago Marco Vratogna
Cassio Frédéric Antoun
Roderigo Thomas Atkins
Emilia Kai Rüütel
Montano Simon Shibambu
 
 
カウフマは美男子ぶりと歌唱&演技力が際立って素晴らしかったけど、リハーサルの時ほど感動したかったのは、先回の古めかしいプロダクションの方がドラマとして盛り上がると確信したせいでしょうか?(→こちら)。 

私だけではなく、パフォーマンスに対しても演出チームに対しても冷めたカーテンコールの反応だったような・・。 思った通り、4ツ星と3ツ星の混じったレビューが並びました。 総合点にするとこうなっちゃうんでしょうね。

鉛筆クリックで記事に飛びます。

Bachtrack ★★★★
Evening Standard ★★★★
Independent ★★★★
MusicOMH ★★★★
The Stage ★★★★
Guardian ★★★
Arts Desk ★★★
Telegraph ★★★
Times (£) ★★★
New York Times (No star rating - positive)

 

 

 

 

 

 

このチームでは7月2日にもう一度観ます。

 


クラシックランキング

AD

20th June Tue>

昨夜は暑くて寝苦しかったですがガーン、今日一日カンカン照りで更に温まってるレンガの我が家、今夜はもっと苦しいだろうなあ・・アセアセ。全てが冬用に出来てるイギリス、暑い日は日本より大変かも。地下鉄は地獄ですしね(なのに、無理して昨日は着物で出掛けたアホな私)。

--------------------------------------

 

ROHでは3年前までは余程オーケストラが大きい時以外は舞台横のストールサークル席に座らせてくれたので、なんせ安いので何度も同じパフォーマンスを観に行ったものですが(「あの頃は幸せだったわあお願い」、と遠い目)、オーケストラ団員の耳を守らなくてはならなくなったからと言う理由でそのお得エリアが閉鎖になってしまい、大袈裟に言うと私の人生の最大の楽しみが奪われてしまって悲しい思いをしてますしょぼん 

 

それが、時折、オーケストラの人数が少なくて音量が一定以下の場合はまじかになって放出されます(最初からわかってるだろうに、オケ団員から訴訟されてるので慎重になり過ぎてて、オーケストラ部門から正式にOKが出るまでは売らないというアホらしさ)、。 

 

で、

6月26日から始まるモーツァルトのミトリダーテ(→こちら)で、予想通り、それが起こりました。

舞台横が好きそうなフレンズには優先的に他の席から交換してあげますというオファーがあったので既にそうしてもらったのですが、今日からオンラインで、こっそり、一般販売が始ったので、ご興味のある方は是非どうぞ。3列目なら僅か9ポンド、2列目は19ポンド、1列目は30ポンドでまじかの迫力が味わえます。

 

モーツァルトが14歳の時に作曲したオペラですが、カウンターテナーの華やかなアリア(youtube→こちら)もあるし、私は大好き。今シーズンの演目が発表になった時の私の期待度採点では5ツ星で(→こちら)でずっと楽しみにしてました。

 

最後にやったのが2005年7月で、ストーリー等はその時のブログ記事(→こちら)でご覧下さい。 日本の鎧をアレンジした衣装も動きも面白くて美しいプロダクションでした。 今回は歌手陣もROHにしてはなかなかで、ご贔屓がマイケル・スパイヤーズ、ベジュン・メータ、アルビナ・シャギムラトヴァと3人もグッド!

 

王冠1Mitridate, re di Ponto

Music Wolfgang Amadeus Mozart
Libretto Vittorio Amedeo Cigna-Santi
Director Graham Vick
Designer Paul Brown
 
Conductor Christophe Rousset
Mitridate Michael Spyres
Aspasia Albina Shagimuratova
Sifare Salome Jicia
Farnace Bejun Mehta
Ismene Lucy Crowe
Marzio Andrew Tortise
Arbate Jennifer Davis

 

この人気席、気付かれたらすぐに売れてしまいますので、お早めにどうぞ。
これを逃したらこのオペラは次はいつかわからないし、もしかしたらこれが最後かもしれないし、なによりも又この席に座れるのが嬉しいので、私はリハーサルも含めたら4回行きますDASH!

 

以上、カウフマンのオテロの陰で話題にもならずひっそり始まるオペラの宣伝でした。 そのオテロ、明日がいよいよ初日です。

 

そうだ、これもオテロの陰になって話題にもならない「愛の妙薬」、アラーニャ夫妻が出る予定だったのに色々あって面白い展開になってますが、明後日の最終日で行く末を見届けてからレポートしますね。


人気ブログランキング

<18th June Sun>

母の日は日本とイギリスでは違う日だけど、父の日は同じ。

昨日に続き30度超えのイギリスでは異常な猛暑の中、ムスメのフラットにランチをご馳走になりに行きました。

黒猫恒例の手描きカードにムスメの飼い猫Kikiちゃん初登場。 お馴染みのカエル君を脅かして怖そうにみえますが、本物のKikiちゃんはつぶらな瞳で、もう子猫ではないけれど、ティーンエージャーくらいでしょうか。

     

2週間前にムスメたちが旅行で留守にした3日間、フラットに通ってKikiちゃんの遊び相手をして「膝に乗ってくれるようになったよニコ」、と嬉しそうだったのに、残念ながら今日は暑さのせいでしょう、誰にも寄ってこず、がっかりのトーチャンぐすん

紐で遊ぶのが好きなKikiちゃん、ムスメが編んだ緑のヘビを自分で体に巻き付けたりして嬉しそうです。

 

    

モノ作りが仕事のムスメとボーイフレンド君、家には手作りのものが溢れてて、この3階建て段ボール猫小屋は既に先回お見せしましたが、今回は本格的なインド料理が得意なボーイフレンド君ですから、庭にタンドーリ・オーブンも出来てました。4月の私の誕生日に4人で行ったタンドーリ・レストラン(→こちら)を参考にしたようです。

    

赤ワインしかし、今日はあまりにも暑いのでのそのお手製タンドーリ・オーブンで焼くのは避けて、キッチンのオーブンで焼いたポークがメインでしたが、前菜のフェネルのスープも美味しかったです。いつもの通り、ムスメはデザート係。

           

 


人気ブログランキング