ミックスバレエで目の保養

テーマ:

<30th May Tue>

昨日は前代未聞のオペラ中止となったROH(→)こちら,なんと今夜のオペラ「愛の妙薬」の最中に火災警報メラメラが鳴って、外に避難させられたそうです叫び。 幸いまもなく席に戻れてオペラ鑑賞出来たようですが、ロイヤルオペラ、呪われてるはてなマークえっ

--------------------------------------

バレエにもちょくちょく行ってるのですが、なかなか記事に出来なくて、折角作ったバレエ鑑賞一覧も無駄になってますが(→こちら)、5月25日のミックスは写真だけでも載せておきましょう。 いつまで経っても無知なのがばれてしまうので、文章は読まないいいですからね。自分だけのメモです。

 プログラムはクリックで拡大します。

 

The Vertiginous Thrill of Exactitude (フォーサイス振付) 15分

この日行ったのは、いつものようにヴァディム・ムンタギロフが目的で、なんの予備知識もなく観たのですが、おーっ、ムンタ君の生脚がなまめかしいったらラブ。いつもの清らかな王子様とは違った雰囲気なのも良いのですが、なぜか男性ダンサーはタイツ履かないと脚が太く見える? 皆で合わせるのが難しそうな振付で、15分だけでも大変そうでした。

 

      

 

 

Strapless (Wheeldon振付) 40分

感情移入しにくい底の浅いストーリーの上に踊りらしい踊りもなく退屈。プレミエで観た時もローレンだったしね。平野さんはエッチな場面では上半身裸でした。

 

 

 

Symphonic Dances (Liam Scarlett振付) 45分

ゼナイダ・ヤノウスキーのための新作バレエ。3パートになっててストーリーがあるのだろうけど・・。大柄なザナイダが彼女より小さい男性ダンサーたちに言い寄られるけどはね付けるってことかしら? ザナイダが男性風の衣装で男性たちが長いスカート覇いてる場面は新鮮だったけど脚が見えないのはつまらない。

 

今日は生脚オンパレードどころか、男性ダンサーの裸がたくさん見られて鼻血ブー状態。 少年みたいなジェームス・ヘイ君に胸毛があるのは意外だったけど、長身美男子のリース・クラーク君がやっぱり一番美しい。

     

 

      

 

   

折角背丈の釣り合う男性ダンサーが成長してきてるのにねえ。

 

折角彼女にぴったりの斬新なダンスを作ってもらったのに、ザナイダは来週ロイヤルバレエから引退するんです。 白鳥の湖とかはもう踊れなくても、存在感のある彼女の引退は惜しい。でも踊りを辞めるわけではないようで、実は16日に別の所で踊るのを観に行くのです。

ロイヤルでは7日が最後で、私ももちろん行きますが、その引退公演で共演するイタリアの長身美男子ロベルト・ボッレが観に来てました。年食ってたけど、ここでは久し振りの生ボッレが楽しみ。脱いではくれないでしょうけどねべーっだ!

 

ふーっ、ムンタ君を観に行っただけなのに、こんなにたくさんの若いピチピチ裸を見られてドッキドキ~ラブラブ!。 立ってるだけでも美しい上に、踊る姿はアートですしねキスマーク

 


人気ブログランキング

AD

<29th May Mon>

今日はドン・カルロの最終日でしたが、なんとキャンセルされたそうです叫びポーン。 究極のドタキャン。

 

今回はあまりに歌手のレベルが低いのでリハーサル(→こちら)だけでいいかと思いつつも、もしか誰か倒れて違う歌手に代わったら話は別と思って切符をギリギリまでキープしてたのですが、諦めて直前にリターンしたんですしょんぼり

 

もう一枚あった切符で友人が行ってこの珍事を報告してくれたのですが、開演時間になって「歌手が病気で歌えません。代役が見つからないのでキャンセルします」、というアナウンスがあったそうですガーン

 

歌手が突然歌えなくなることはしょっちゅうあって、だからこそ代役が控えてる筈なのに、情けないぞ、ROH! オペラ界の恥さらしパンチ! 

 

でも、幕が下りたままだったわけではなく、1幕から3幕までの抜粋で1時間半近くやってくれたんですって。その上で切符代は全額返金してくれるのはせめてもの良心でしょうが、それにしても、歌手が一人倒れたくらいで、なんという失態滝汗。 

 

もし倒れたのがドンカルロ役で、来月始まるオテロの準備でヨナス・カウフマンが既にロンドン入りしてるらしいので、勿論ずっといるわけじゃないけど、たまたま今日はROHにいて、「よーし、それなら俺が代わり代わりに歌ったろやないかい!ゲラゲラ、この演出は覚えてるし、秋にパリでやるからよ~DASH!」、って一肌脱いでくれたら美談になったのにね。そんなことになったら切符手放した私は地団太踏みますけど笑い泣き。 いや、そこまではあり得なくても、究極のドタキャン劇、体験しできなくて残念しょぼん 

 

ビックリマークと、ここまで書いて、歌えなくなったのはエリザベッタということが判明。一時間前に倒れて病院に運ばれたそうです。 折角無名のソプラノを抜擢してあげたのにこんな迷惑掛けるなんて・・・ガーン。 勿論、一番辛いのは本人でしょうし、悪いのは代役を用意してなかったROHで、経済的に大損したのも自業自得。ブーブー

 

因みに、私は聴いてませんが、初日のレビューはこちら。 これに4ツ星付けるイヴニング・スタンダード、もう信用できないわ。 

 

Evening Standard ★★★★
Financial Times ★★★
Times (£) ★★★
Bachtrack ★★★
The Stage ★★★
Guardian ★★★
Telegraph ★★★
Independent ★★★
What'sOnStage ★★★

 

でも、昨夜バービカンのコンサートで隣の席に座った男性が「ドン・カルロは凄く良かった。ハイメルは安定してるしソプラノの良い声だった」と他の人に言ってるのを聴き、私はのぞけったけどびっくり、「蓼食う虫も好き好き」で、オペラって結局は聴き手の趣味なんでしょう。私が好きなカウンターテナーだって気色悪っ!と毛嫌いするのが普通でしょうしね。

 

あれやこれやで、オペラって本当に色んなアクシデントがあるから、面白いけど嫌だわ。

 

これは、4年前のドン・カルロ。これまでの最強チーム(→こちら)。

 


クラシックランキング

AD

<28th May Sun>

午後のセント・ジェームス・パーク、数人でお酒飲みながら芝生でピクニックシャンパンしてたら雨が降ってきてガーン、最後はざざ降りになり雨、傘持ってなかったのでずぶ濡れになりながらそのままバービカンのコンサートへ。 9時過ぎに終わってもまだ外が明るいのはイギリスの夏らしいですが、ぐっと涼しくなって、ここ1週間続いた眩しい太陽は消えたようです。

--------------------------------------

 

5月もあっと言う間に終わりそうですが、オペラやコンサート他いっぱい出掛けたのに、着物は一回だけで終わりそうです。

 

5月9日のドン・カルロのリハーサルでしたが、ご一緒する方が大島をお召しになると伺ったので私もカタモノでと、春らしい色の結城紬にピンクの絞りの帯を合わせました。ガラスの帯留は去年函館で買ったもの。

 

      

 

         

 

キモノのA先生は花柄の大島に鮮やかな色の帯を合わせてパキっとした雰囲気。私のほわーんとしたコーディネートとは対照的ですが、なかなか良いバランスだと思います。

やはり着物お出掛けはお仲間がいると楽しさ倍増の上、実は私が着てる着物はA先生から頂いたもの。おば様がお召しだったそうですが、体型に拘わり無く、しかも時代を超えて伝わるのが着物の優れたエコ点ですOK

 

おかげで、しょぼい顔ぶれでぱっとしないドン・カルロ鑑賞(→こちら)に付加価値が付きました。

 

来週末にまたA先生と着物でご一緒する予定で相談中。 暑さは一段落したので選択の余地が広がりそうです。ワクワクブルーハーツ

 


人気ブログランキング

AD

<26th May Fri>

会社帰りの午後に久し振りにバラ・マーケットにでも行こうかと思ってたんだけど、こんなに暑くては外を歩きたくないのであっさり帰宅。満開の我が家の庭のバラの花を何本か切って花瓶に刺したんですが、バラって棘があるんだったわ・・。痛いピンク薔薇 (あっ、バラ・マーケットとバラの花って、日本語にすると洒落になってる?にひひ

---------------------------------------------

ドニゼッティの愛の妙薬のリハーサルに昨日行ってきました。

 

9公演あって、切符販売時の予定ではテノールが3人(ヴィラゾン4回、マグリ1回、アラーニャ4回)、ソプラノは二人(ヨンデ5回、クルザック4回)でしたが、かなり早くヴィラゾンが降りて、代役がリパリット・アヴェティスヴァンという全く無名のアルメニア人に。ゲジゲジ眉毛ことヴィラゾンは嫌いだけどいまや大活躍のプリティ・イェンデは逃せないのでマグリと共演する日の切符買っておいたのに、リサイタル(→こちら)でのマグリのあまりにも濁ったに失望してこれも避けなきゃいけなくなり・・・、と問題含みの前半チーム。幸いリハーサルの良い切符が取れたので、プリティ嬢だけを目的に昨日行ってみたところ、これが嬉しい驚きで、テノール君が凄く上手だったので、インターバルにボックスオフィスに走りDASH!(工事中なのでボックスオフィスは少し離れた所にあるんです)、初日の切符を買いました(新に放出されたばかりの舞台脇のお得な席を狙って)。

恋の矢ボトルL'elisir d'amore

 

Music Gaetano Donizetti

Libretto Felice Romani

Director Laurent Pelly

Set designer Chantal Thomas

Costume designer Laurent Pelly

Conductor Bertrand de Billy
Adina Pretty Yende
Nemorino Liparit Avetisyan
Dulcamara Alex Esposito
Belcore Paolo Bordogna
Giannetta Vlada Borovko

内容については過去記事でご覧頂くとして(→こちら)、要するにアホな田舎のニイチャンが高嶺の花のお嬢様のハートをゲットしようとしてインチキ妙薬を飲むというコメディですが、なんか心温まるラブストーリーで、甘く弾けるドニゼッティの音楽は素晴らしいし、ローラン・ペリーの1950年代のフランスの田舎の雰囲気もほのぼのとして素敵なんです。

経歴はしょぼいしYoutubeでも全く良いと思わなかったテノールのリパリット君(苗字は難し過ぎる)でしたが、くるくる動いて生き生きとした演技がナチュラルで素晴らしかったです。アラーニャやグリゴーロも上手だったけど、他の役でも見てるし「上手に演じてる」と感じてしまうのに対し、リパリット君はROHには椿姫で出たことあるけど私は聴いてないこともあって、ネモリーノそのもの。 ご覧の通り、小柄で顔もこんなですからシリアスな二枚目役ではぱっとしないでしょうが、歌も上手だし、ネモリーノだったらどこの大劇場に出ても立派に通用します拍手。 歌も上手。 一番大きな拍手をもらって自信をつけたリパリット君が明日の初日にどう弾けてくれるか楽しみ。

 

   

 

既に大活躍の南ア出身のプリティ・イェンデ、これがROHデビューですが、期待以上の澄み切った美声が実に素晴らしいので、例えテノールがひどくても彼女を聴くだけでももう一回行く価値ありクラッカー。 お茶目なクルザックに比べると演技がおとなし過ぎてつまんないと最初は思ったのですが、大袈裟なネモリーノとこれはこれでバランスが取れてるし、こういうおっとり上品なアディナ嬢も良いかも。 

先回の恋愛中のアラーニャとクルザックのような熱々ドキドキは期待できないですが、二人のケミストリーは回を重ねるごとに増していくのでしょう。

 

ベルコーレ軍曹がこれまた爆笑ものゲラゲラ。歌は特に感心する程じゃないけど、コメディセンス抜群のキザ男はこのオペラの重要な要素ですから、このバリトンは大正解。

 

ネモリーノ坊やとベルコーレ軍曹の明るさの影で少々存在感薄かったのはエスポジートのインチキ薬売り。 芸達者な彼は勿論すごく上手いのですが、なんか雰囲気暗くてシニカル過ぎニヤ。今までのドゥルカマーラが可愛げのあるちょい悪オヤジだったのに比べると、クールで頭が良さそうな本当の悪漢という感じ。もうちょっとポワーンとした方が好みなんですけど。

 

明日の初日が終わってから今までの歌手たちと比較しますね。

 


クラシックランキング

<24th May Wed>

晴れ今日は暑かった~ショック!。 リージェンツ・パークの野外劇場でミュージカルを観た一昨日も充分暖かかったですが、これ以上暑くなると夏仕様ではないロンドンでは苦しいので、これで充分。

----------------------------------------------

5月22日に行ったリージェンツ・パークの野外劇場の様子は既に写真アップしましたが(→こちら)、パフォーマンスはどうだったかと言うと(ミュージカルにはほとんど行かない私があーだこーだ言っても信憑性に欠けますが)、

 

レナード・バーンスタイン作曲のOn the Town、フランク・シナトラとジ-ン・ケリーの1949年の映画「踊る大紐育」でお馴染みでしょう。ニューヨークが紐育って、えらい古めかしいけど、私は好きですよ、外国の街名を漢字にするのは。霧の倫敦、花の巴里とかってね。

 

ニューヨークで24時間の上陸許可を与えられた水兵3人の恋愛と騒動恋の矢ドンッを描いた作品で、場面が早いテンポであちこちに飛ぶのはスピーディーに床を滑る舞台セットで上手に表現し、女性の1940年代の衣装や髪形も素敵。無理矢理現代に合わせようとして、唐突にゲイ・カップルが出てきたり、三人のヒロインのうち二人が黒人だったりするのはちょっとやり過ぎかなって気もしますが、カラフルでエネルギッシュでなかなか良かったです拍手

 

 

 

スター・アトラクションはBBCのダンス競争番組Strictly Come Dancingで平均点数が歴代最高だったという29歳のテレビ俳優ダニー・マック。彼が優勝すべきだったとおそらく誰しも思った程何を躍らせても上手でしたが、長い間ミュージカルにも出てるそうで、そんな人がStrictlyに出たのは反則かも。でも、さすが歌も上手。あまりメリハリ効いてなくてテクニックよりは声そのもので聞かせるタイプですが、初めて聞いた彼の張りがあってストレートな歌声は私好み。でも、清々しいハンサムだけど背が低めなのが唯一の欠点なので、周りにもっと小さい人を選ぶべきだったのでは? かなり貧弱に見えちゃいました。 

さすが層の厚いロンドンのミュージカル界、皆さん上手だと思ったのですが、隣の席のミュージカル大ファンという初老夫婦によれば「ま、普通ってとこかな」、だそうです。

 

 

徐々に黄昏れていくのが素敵ですが、特にこの日は夕陽が最高に綺麗な夕暮れで、写真だと色が薄いですが、燃えるようなオレンジ色でした。

野外ですからお天気が大切で、天気予報がはっきりするまで切符は買わないほうがいいですが、今夜は「こんなお天気良い夏の夜は雰囲気最高だろうなあ」(ドリンクしながら観劇可)、と思ったら、なんとキャンセルされちゃったそうです(→こちら叫び。 出演者の体調不良ってことですが、そのために代役がスタンバイしてるわけでしょ? 19日から始ってて今日(24日)までがプレヴュー期間、明日が本番初日ですから大事を取ったのでしょうけど、ミュージカル天国の筈のロンドンでそんなことでキャンセルなんてあり得ないプンプン

 

モリナオコさんという日本人の女優さんも出てて、歌わない三枚目役ですが、BBCテレビのTorchwood(→こちら)に出てた時はすらっとして素敵だったのに、太っちゃいましたね・・・。

 

トーチャンも私もミュージカルはほとんど観に行かないので比較できませんが、レヴューが楽しみです。 これで3ツ星くらいなのかな? 

 

滅多に行かないミュージカル、しかも野外で観られて、天気も最高だったし、楽しめました。

 

明日はお馴染み過ぎるロイヤルオペラハウスで「愛の妙薬」のリハーサルとミックスバレエ

の昼夜ダブルヘッダーでーすグッド!  そう言えばジュエリーとかマイヤリングも行ったんですけどね・・ショック

 

 


エンターテインメントランキング