3月7日(火) 嵐台風                   カメラ小さい写真はクリックで拡大

 

嵐と言っても、写真でご覧のように晴れ間もあったし雨も降ったけど、凄かったのは主に風で、強風と突風に吹き飛ばされそうになりながら、城砦に囲まれたかつての首都イムディーナMdinaを観光。 城壁の外がローマンヴィラのあるラバトです。 ゴゾ島のチタデルと城壁街というコンセプトは同じですが、イムディーナの方がスケールも美しさも数倍。3つあるゲートの中でもっとも華麗な門から入りましょう。

 

十字軍の落ち武者の影響の強いマルタは熱心なカトリック教徒の国で、街の中心でひときわ目立つのは聖パウロ大聖堂。 起源は4世紀起源、9世紀にイスラム教支配下で破壊され、13世紀に再建、17世紀終わりに地震で崩壊の後に再建された明るい雰囲気で、モザイクの床が特徴。

 

    

 

   

 

車がなければまるで映画のセットのように美しいのでしょうが、実際に人が住んでる街ですから仕方ないですね。   

↑  曇って灰色になった雰囲気もしっとり素敵ですが、

↓  雨雨が降っ石畳が濡れると更に中世っぽくなって、ベージュの石の建物が美しいですね。

      

 

ヴァレッタに首都が移ってから住民が減って「静寂の街」と呼ばれているそうですが、この日はヒュルヒュルゴーゴーという風の音が狭い通りを吹き抜けて肌寒かったこと台風DASH!

   

朝ホテルを出る時は晴れて暖かかったので、トーチャンはワイシャツとジャケットだけという薄着で傘も持たず。やせ我慢して一度も寒いとは言わなかったけど、馬鹿なやっちゃ滝汗

 

ザーッと雨が降る度に屋内に避難しなくてはならず、大聖堂以外で入れる所を探しながら歩いた中、このパラッツォには必要以上に長居しました。中世の騎士とお姫様が今にも出てきそうなこの中庭、素敵でしょ?

 

      

カップケーキコーヒー雨宿りにはカフェが最適。今日もランチ抜きでしたが、そろそろお腹が空いたのでケーキとお茶。

      

いよいよ雨が激しくなってきたときは、興味ないけどイムディーナについての有料映像も観ました。上演時間を待つ間に食べたのが、「ハニーリング」という、はちみつにオレンジピールやシナモン、ナツメグ等のスパイスを加えたペーストをクッキー生地に包んで輪にして焼き上げたマルタ名物の焼き菓子ロールケーキ。 あちこちで売ってたけど中にたっぷり入ったアンコがいかにも甘そうで敬遠してたのですが、食べてみたら、「あら、美味しい。甘過ぎずスパイスが効いて独特の味」、と気に入りました。 ロンドンでも探したらあるかしら?

      

周辺を見下ろす場所もいくつかありそうですが、風で城壁の外に吹き飛ばされそうなので私は怖くて近寄れませんでした。

夕方になって観光客が更に減り、まるでゴーストタウン。 やってるレストランなんてあるのかしら? 

あっ、あった!、と最初に目に付いた「バッカス」というお店に入ってみたら客はゼロ。でも、ここでいいわ、雰囲気悪くないし。 後から知ったのですが、ここは悪くないどころか街で一番大きなお店で、外のテラスや結婚式の披露宴をする大きな部屋もあるそうです。ラッキー!

 

     

白ワイン鍋徐々に他のお客さんたちもなんとなく恐る恐るも入ってきて(英語圏からの中年カップルばかり)、私たちがいたエリアはほぼ満席になりました。マルタ最後の夜だし地元の白ワインをボトルで頂ましょう。

私はフィッシュスープとリゾット、トーチャンは野菜の天ぷらとポーク、デザートはケーキとアイスクリーム。全て美味しかったです。

 

      

 

        

 

  

                    トーチャンの顔は日に焼けて真っ赤。

夜のイムディーナを見るためにここで食事したわけですから、寒さに凍えながら風の中を歩きますとも。ほの暗い感じがロマンチック。夏の夕涼みの方が良いでしょうけど。

 

         

大聖堂も門もライトアップされて綺麗! どこもよく手入れされたイムディーナは美しい街でした。

来る時はヴァレッタから路線バスで40分掛かりましたが、帰りは乗客は私たちだけでバス停にも全く止まらなかったので15分で帰れました。

 

星空ヴァレッタ最後の夜ですから、夜景徒歩ツアーに行きましょう。こないだお昼に来たアッパー・バラッカ・ガーデン、この寒さですから誰もいませんでしたが、治安の良いマルタですから危険な感じはありません。

    

 

    

私はこの後ホテルのプールでしっかり泳ぎ、嵐にめげずに頑張った充実の一日が終わりました。 翌日の夕方ロンドンに戻ります。

 


人気ブログランキング

AD

<28th Mar Tue>

今週も少なくとも午前中は毎日仕事なのですが、今日は珍しくトーチャンが外出してるので、お昼の退社後どこにも寄らずまっすぐ帰宅。 折角一人になれる貴重な時間なのに、テレビだらだら見てるうちに夕方になっちゃったけど・・。 マルタ島観光、ここまで来たらあともう少しですから、すっ飛ばさずに記録しておきましょう。

---------------------------------------------

      

3月7日(火)晴れ雷雨台風

昨日も結構風がありましたが、さあ、今日はいよいよ嵐の到来・・・叫び台風、の筈だったんですが、なーんだ青空だわ。 これなら予定通り観光が出来そうです(後で大変なことになりましたが)。

鉄道がないマルタ、移動はバスに頼るのですが、10年くらい前まであったトトロのねこバスみたいなレトロなのはさすがに無くなって今は普通のバスで、観光用バスもありますが、私たちが乗ったのは全て路線バス。英語表示だし、バスを降りた小さな村で道に迷っても英語通じるので安心なマルタです。

 

まず、ヴァレッタから15分くらいで行けるタルシーン神殿Taxien Temple and Museumへ。 いくつかある古代の巨大神殿群がある中でヴァレッタから一番簡単に行けるのがここでしょう。

約百年前に農民によって偶然発見された紀元前3600年~2500年建造の4つの神殿で、テントで覆われて通路と説明パネルもあって見学しやすくなってます。シーズンオフなので私以外には年配の日本人夫婦とマルタ名物の猫ちゃんだけ。

 

 

 

 

 

全てがオリジナルではなく、このおデブ女性の下半身のようにレプリカも結構置いてあり、中には出来たてもありますが、それもかつての姿を伝える上では有効でしょう。 一昨日ヴァレッタの考古博物館で本物はたくさん拝んでますしね。

 

 

     

にゃートーチャンは動物の写真を撮るとなると熱心ですが、この猫ちゃんがあくびする決定的な瞬間は私がモノにしました。 トーチャンは設定にあれこれこだわるので、こういう急なフォトショットは私の自動設定の簡単カメラの勝ちだわよね、そりゃ。

 

神殿を出たら急に嵐がやって来てザーッと雨も降りましたが幸いすぐ止んだので、一旦ヴァレッタに戻ってからバスで40分のラバトRabatにやってきました。

キリスト教に興味ある方は聖パウロにまつわる教会や洞窟、カタコンベもあるのでそちらへどうぞですが、限られた時間内で私たちは古代ローマ時代のヴィラであるドムス・ロマーナだけ見学。そんなに立派なお屋敷ではないですが、三次元に見える床のモザイクは見事。 

 

 

 

                   

 

今日の観光のハイライトはすぐ隣のエムディーナMdinaという中世の街なのですが、あまりの美しさに、突風と強風にもめげず(時折激しい雨も)、夜までいて写真をたくさん撮ったので、あらためてしっかりご紹介したいです。 マルタは小さな島だけど、色んな時代の色んな文化が残ってて興味深いです。

   


人気ブログランキング

AD

 

<27th Mar Mon>

3月6日にマルタで観たオペラについての備忘録。覚えておきたい上手な歌手もいたので。

 

どんなお話かは過去記事でご覧下さいですが(→こちら)、要するに、ロッシーニの「セヴィリアの理髪師」の数年後のフィガロ(かつては床屋さん、今は伯爵の家来)の結婚にまつわるドタバタ。喜劇演技を上手にやってくれないと楽しめないオペラです。

 

オペラファンでもマルタ島にオペラハウスがあるなんて知らないでしょうが、三百年近く前に建った美しいマヌエル劇場(→こちら)は立派にメンテされてるものの、今ではオペラ上演は滅多にありません。 

ってことは、高い水準は期待できないわけで、実際、予想通り、「まあねえ、一流歌劇場には出られないでしょうねえ」、という歌手が大半でした。

経費節約プロダクションは現代に読替えてあり、伯爵の屋敷ではなく観光客がうろうろするホテルが舞台。滅多にやらないんだから、ひねくらずにそのままの設定でやってあげればいいのに・・むっ。 古典な舞台であればこの古式ゆかしい劇場の雰囲気にもぴったりなわけだし。

 

Figaro/ Pauls Putnins

Count Almaviva/ Christian Bowers

Countess/ Ruth Sammut Casingena

Susanna/ Claire Debono

Cherubino/  Clare Ghigo

Marcellina/ Kinga Dobay

Barbarina/ Francesca Aquilina

Bartolo/ Emilio Marcucci

 

Malta Philharmonic Orhestra

Conductor/ Phllip Walsh

Director/ Jack Furness

Set Design/ Pierrre Portelli

 

      

この手の地方歌劇場では一人でも上手な歌手がいればラッキーなわけですが、幸い、女中のスザンナが素晴らしくて、アリアは少なくても物語の展開の中心だし、彼女が歌うと一気にレベルが上がりました拍手。 クレア・デボノはマルタ出身のソプラノで、大した経歴はありませんが、大きな歌劇場でも通用する声の持ち主。 容貌はコメディ向きではないけれど、張りのある美声はどの音域もむらなく立派に出て、聞惚れましたラブラブ 

 

もう一人、上手な人がいたのはボーナスで、金貸しの中年女マルチェリーナのメゾソプラノ、トランシルバニア出身のキンガ・ドベイは私が聴いた中で歌唱&演技共ベストなマルチェリーナの一人(上の写真で花嫁衣裳ではない方)OK

他の人たちは、歌はぱっとしないけど下手ではないし、上演回数が少ないのに(たしか4回だけ)、演技はしっかり稽古したようで、良い感じの好感の持てるチームでしたニコニコ

ケルビーノは個性的な少年で演技面では印象的だったし、バルバリーナは歌が上手。隣のジャケット姿のドン・バジリオ役のテノールは救いようのないくらい下手だったけど・・。

 

というわけで、水準まちまちな歌手が入り混じって、地方らしいオペラ公演となりましたが、マルタ島でオペラが観られて良い思い出になりました。

 


クラシックランキング

AD

<26th Mar Sun>

今日はイギリスでは母の日(毎年違う日なのですが、イースターの3週間前なんだだそうです)。

ムスメのフラットでボーイフレンド君の手料理(いつもデザートだけムスメが担当)でお祝いしてもらい、手描きのカードも貰えて嬉しいカーチャン。クリスマスに作った羊毛フェルトの動物シリーズ(→こちら)の続きのふかふか北極キツネとお馴染みのカエル君カエル

 

 

びっくりでもね、3日前から飼い始めた子猫がいたんです黒猫

最近「猫飼おうと思ってるの」と何度か言ってたので、「なに言ってるの! 猫より赤ちゃんの方がずっと面白いわよ」、と反対したのに、やっぱり来ちゃいましたか・・・むっ  

生後8週間のメス猫の名前はKiki。「魔女の宅急便」のような黒猫じゃないですが。

 

いえ、猫がいても赤ちゃん産めなくはないのでしょうが、もうすぐ又外国に数ヶ月出稼ぎに行くことになりそうだということなので(おそらくヨーロッパ)、孫を持つ夢は当分お預けになりそうです。 ムスメも今年の秋で30歳になるんですけどねえ・・うーん

 


人気ブログランキングへ

<26 Mar Sun>晴れ

晴天の日曜日、夏時間が始って一気に日も長くなってすっかり夏気分。今日は母の日なので夕方からムスメのフラットにおよばれですが、その前にマルタ観光記を続けます。

----------------------------------------------

3月6日(月)、観光船でのゴゾ島とコミノ島に一日ツアーの後はハイライトの一つであるオペラ鑑賞で、マヌエル劇場Teatru Manoel (→こちら)に行きました。 隣がヴァレッタの象徴とも言える大きなドームの教会で、月曜の夜なのにミサやってました。本当に信仰深い国民です。

 

 

        

マルタ騎士団長がお金を出して1731年に建てられたヨーロッパで3番目の古い劇場で、1737年のナポリのサンカルロ歌劇場(2011年5月に行きました→こちら)と同時代。 雰囲気はクラシックでもちゃんとメンテされていて美しく、客席約500でこじんまりして理想的なサイズな素敵な劇場です。 当初からオペラだけではなくお芝居等もやってたそうですが、昔はオペラもたくさん上演しただろうに勿論今ではごく稀にしかやらず、この時期に行くことにしたのもそれに合わせたからです。 

因みに、マルタ島出身の有名オペラ歌手、ジョセフ・カレヤもちょっと前にここでリサイタルやったそうで大盛況だったに違いないですが、彼は典型的なマルタ顔クマだというのがよくわかりましたにひひ。あんな顔の男がうじょうじょ歩いてたので(はい、美男子は少ないですむっ)。 

 

中心広場に近い良いロケーションですが(宿泊施設もあるようですよ→こちら)、狭い通りに面してて、中に入るとロビーらしきスペースもなく、ほぼいきなりオーディトリアム。 ドリンクするバーもなく、ぎりぎりまで中に入れてもらえないし、オペラ鑑賞の合間に優雅な気分になれないのは残念。 見るべきものは他になさそうなので私たちは見学ツアーには行きませんでしたが、5ユーロで録音を自分で聞きながら回るらしいツアー、マルタにいらしたら是非どうぞ。

かなり隅っこですが最前列で45ユーロ。 開演前にオケのフルート奏者でイギリス人に違いない女性がオペラについて説明してくれました。字幕無しとHPには書いてありましたが、マルタ語と英語を並べた字幕もちゃんと出ました。 マルタ語はどこでもアルファベット表示ですが、ヨーロッパのどこの言語とも全く違い、アラブ語の変種らしいです。

 

 

 

       

観たのはモーツァルトの「フィガロの結婚」。 それはあらためて書きますが、まあ期待通りだったかな。でも、また一つ初めてのオペラハウスに行けて、渋いけど優雅で華やかで美しかったので、大満足チョキ

 


クラシックランキング