<27th Feb Mon>

信じられないことが起こったオスカー授賞式、今夜ゆっくりハイライト番組で見ますが、女優さんたちのドレス姿をざっと写真で見たところ、一番素敵だと思ったのはKirsten Dunstのクラシックなディオール。谷間は見せなくても胸がポイントでエレガント(→こちら)。

----------------------------------------------

 

今日は久し振りにROHの無料ランチタイムコンサートに行きました。

改装工事中のロイヤルオペラハウスは使えない間、会場は近くのスイス・チャーチ。何度かコンサートに来たことがありますが、ちょっと音が響き過ぎて理想的とは言えませんが、最前列だと生の声がストレートに聞えるのでオッケー。

 

Eri Nakamura ソプラノ

Richard Whilds ピアノ伴奏

 

Boulanger: from Clairières dans le ciel
5. Au pied de mon lit
10. Deux ancolies

Lutoslawski: from Chantefleurs et Chantefables
2. La sauterelle
5. La tortue

Messiaen: from Poèmes pour Mi
5. L’Éspouse
4. Épouvente

Whilds: Endsongs
1. Scene from Great Expectations
2. Scene from La vita nuova
3. Scene from Ulysses
4. Scene from Tenningosui (The Decay of the Angel) 天人五衰
5. Scene from El amore en los tiempos del cólera (Love in the Time of Cholera)

アンコールはクララ・シューマンをドイツ語で。

 

恵理さんが2008年から2010年に掛けてロイヤルオペラのJette Parker Young Artistだった時にはしょっちゅう聴いてましたが(2009年にネトレプコの代役でモンテッキとカプレッティを唄った時は→こちら)、久し振りに拝見する恵理さんはちょっとふっくらなさって大人っぽい女らしさがぐっと増しました。若手アーチスト時代は西洋人の中に混じると小柄で細い絵里さんは一人小学生が混じってるように見えたこともあったのですが・・。

 

恵理さんが流暢な英語で仰った通り、前衛的な現代音楽ばかりというチャレンジングなプログラムだったので、「・・ちょっと、きつかったわぁ・・」、という感想の人が(私を含め)多かったですが、高音から低音までむらなく伸びて声量たっぷりの恵理さんのまろやかな歌唱は素晴らしく、ロンドンの後ずっとミュンヘンで活躍して器が更に大きくなったのがよくわかりました。

勇気のいる選曲の中でも最後の新しい曲はイギリス人なのにドイツ中心に活動してて一度もイギリスでご披露したことがないピアノ伴奏者の作曲によるものですが、彼をイギリスで紹介したかったと仰った恵理さん、既にベテランの風格です。

激しい曲の多い中、一曲だけあった日本語の歌は優しくて心に沁みました。

 

ドレスもとっても素敵。スカートではなくパンタロンなのも洒落てます。

 

 

絵里さんは4月に新国立劇場でフィガロの結婚に出演なさるのですが、私が観た最高のフィガロのピエトロ・スパニョーリとの共演ですからお勧めです(→こちら)。恵理さんはROHでも研修中に、代役ではなく最初からスザンナ役に抜擢されたんですよ(→こちら)。

 

このランチタイムコンサートは月に2回あるのですが、私が次に是非行こうと思っているのは4月10日の現Jette Parker Artistで私が一番好きなテノールのキム君でーす(→こちら

 

さあ、体調いまいちでだらだら過ごした日々は終わり、明日からは忙しい毎日が始るぞ~!

まず、明日と明後日は連ちゃんでバレエ「眠れる森の美女」バレエ

 


音楽(クラシック) ブログランキングへ

AD

2017年の着物お出掛け

テーマ:

<25th Feb Sat>

一昨日から職場復帰。だけど、用心してジム行きはまだ我慢。来週から忙しいのでそれまでは家でのんびりすることにして、今日はゆっくり服の整理。結局なにも捨てられなさそうだけど、ずっとなにも買ってないからいいことにしよう。 整理すると忘れてた服がたくさん出てきて衣装持ちになった気分だし、去年ジム再開してから引き締まったせいか、久し振りに着られる服やズボンが増えたのも嬉しい。 ヒマな2月はジム通いに励もうという予定は全く叶わなかったけど、食っちゃ寝生活のわりには体重が増えなくてよかった。

台風そうだ、木曜日はドリスという名前の嵐で大変なことになったイギリス、私は地下鉄通勤なので大丈夫だったけど、電車が多数キャンセルされたんでしょう、リバプールストリート駅は凄い数の人たちが帰れずに気の毒でした。 うちのすぐ近所では、ほらこの通り、風で木がボキっと折れて倒れてたけどDASH!ガーン

---------------------------------------------

新ネタがないので、毎年恒例の着物お出掛け一覧でもスタートさせましょうかね。

 

着物を選ぶ際にまずこのリストを見て、なるべく雰囲気の違うコーディネートを心掛けるんですが、あらまあ、それがなかったので、1月、2月は同じような色合いが続いちゃいましたね。

 

都度更新して、最後に再投稿してこの記事は削除しますので、それまではコメント無しで進みます。

 

鏡餅January (3回)

     

     小学校で琴演奏               Written on Skin

 

    ランチ&薔薇の騎士

 

雪だるま February (3回)

   

 カウフマンのリサイタル              パーク・シノワ・レストラン

 

 Tokimeiteレストラン

 

March (3回)

   

   アンスネス(カドガン)                                  プティボン(Wigmore)

 

   アフタヌーンティ@Langshott Manor

 

April

       

   辻井伸行リサイタル                           イヴァン・マグリ@Wigmore Halll

 

      トビー・スペンス@Wigmore Halll

 

ここまでで12

 


人気ブログランキングへ

AD

<22nd Feb Wed>

朝起き掛けに毎日ちょっとショック!目まいがするので、また今日も仕事に行かず。ここで焦ったらいかんと思いそーっとしてたけど、そろそろ怠け疲れて心身ともにおかしくなりそうだわアセアセ。食っちゃ寝、食っちゃ寝で体は鈍ったし、きっと体重も増えてる・・。 救いなのは予定がなくて元々やけにヒマなので何も犠牲にしてないってことだけど、だから気が緩んでこうなったのかしら? 明日はすっきり起きられますように・・。

--------------------------------------------

2月6日、ハックニー・エンパイアHackney Empire(→こちら)という劇場でオペレッタを観ました。

 

北ロンドンにあるハックニーは今でこそ都心に近いことから不動産値段もどんどん値上がって様変わりしてる筈ですが、かつてはワーキングクラス地域。このシアターも一見豪華でエレガントだけどミュージックホールという庶民の娯楽場だった劇場で、今でも一番大きなバーは平土間の客席の後方に。さすがに、特にこの日はオペラですからパフォーマンス中に喋ってる人はいなかったですが、昔はわいわい飲み食いしながら歌や踊りや手品を楽しんで騒がしかったことでしょう。

 

 

ノスタルジックな雰囲気は残してますが、割と最近修復したのでしょう、金箔もはげてなくて、おハイソなエリアにあったらエレガントにもなり得る素晴らしい劇場でした。ロンドンには劇場が無数にありますが、こうして稀にオペラ上演してくれる時を狙って訪れるのが楽しみで、ここもずっと行きたかったシアターの一つ。

 

 

               天井の丸い部分にお星様がキラキラしてて綺麗星空

 

お値段がお手頃なのも魅力で、切符代は25ポンド(シニア割引で20)、22.5ポンド(同17.5)、20ポンド(同15ポンド)の3種類。私とトーチャンは前から2列目のど真ん中でシニア料金の15ポンド。

 

劇場訪問が目的でしかもこのお値段、もうすっかり元は取れたのでパフォーマンスが例えひどくても腹は立ちませんが、これが凄く面白くて楽しめましたチョキ

 

    

オッフェンバッハの天国と地獄Orphee aux Enfers/Orpheus in the Underworldフレンチカンカンの大ヒット曲は超有名ですが、ギリシャ悲劇「オルフェ」の爆笑パロディ。 元ネタは愛する死んだ妻を連れ戻すために冥界に下りてゆくオルフェが「決して振り返ってはいけない」と言われていたのについ妻が心配で振り返ってしまうという純愛物語ですが、このオッフェンバック版は倦怠期の夫婦で、妻が死んでせいせいしてたのに、「世間」にせっつかれてしぶしぶ地獄に迎えに行く夫と、ゼウスとの浮気が楽しくて戻りたく妻。 オルフェがちっとも振り返らないので最後はゼウスが雷でびっくりさせ、夫婦は元通りにならなくても済んで皆ハッピーという喜劇で、自堕落なギリシャ神話の神様たちも勢揃い。

 

 

こんな話ですから、コメディ演技が一番大事。Royal Academy OperaといってもRAM卒業生で出来ているわけではないのですが、若い人がほとんどのフレッシュなグループで、芝居のお稽古はたっぷりしたようで、かぶりつきから充分鑑賞に堪えるコメディでした爆  笑

歌の方はレベルがまちまちで、なぜか女性は皆さん上手でルックスもどんぴしゃで感心だったのに、男性軍はヘナヘナばかり。 学生だってもっと歌の上手な男性はいるだろうに・・。

 

 

 

特にユリディス妻のニカ・ゴリッチNika Goricというスロベニア出身のソプラノがチャーミングで視線を一身に浴びてました。歌も上手だし、こんな所で歌わせておいては勿体ない美人さん拍手

フランス語で歌って英語で喋るというスタイルでしたが、意外に見応えのあるオペレッタなので一流の人たちで聴いてみたいものです。20年前のナタリー・デッセー夫婦の映像でご覧下さい(→こちらこちら)。フレンチカンカンは→こちら。 ミンコ指揮、演出のローラン・ペリーがメチャ若くてイケメン。

 

ここで、3月4日と9日にトスカやりますよ(→こちら)。私は前日まで旅行なのでちょっときついかな・・。

6月に生で聴いたことがない米国黒人テノールのローレンス・ブラウニーが出るけど、うーん、わけわからない現代オペラか・・・(→こちら)。

 


音楽(クラシック) ブログランキングへ

AD

20th Feb Mon>

昨日と今日、ちょっとだけだけど目まいショック!。去年夏に目まいと嘔吐で倒れた経験(→こちら)から目まいには大袈裟にビビる私ゲッソリ、大事を取って医者に行きました。おそらく風邪の後遺症で心配はないという診断でしたが、今月初めに掛かってもう治った筈の風邪(熱は出ず鼻水と咳だけ)で最後にこんな落とし穴があるとは・・ガーン 

なので、会社は休んで(病欠ではなく別の日に代わりに行くだけ)、思いっきりごろごろ怠けて過ごしました。

----------------------------------------------

    

晴れ1月17日、ポカポカ陽気の金曜日、着物でお出掛け。

この季節にしか着られない梅の柄のウールに白い帯ですっきりと。

そうだ、娘時代に誂えてもらったのに一度も使ったことがない朱色の雨ゴート着てみようかな。正絹だから絶対雨にならないこんな日しか着たくないですから。

と思ったのに、嗚呼、なんてこと、体重が10キロも増えた今、特にお腹の周りに肉が付いてホックがとまらな~い。 なので諦めましたが、その点、ボタンのない着物はかなり太っても大丈夫なのが便利。このウールだって、同じ頃に作ったのに(おそらく母が縫った)、たしかに合わせ部分が足りない感じはしますが、充分誤魔化せます。

 

日本行ったところは、高級エリアのメイフェアにあるTokimeite(→こちら)というジャパニーズ・レストラン。

京都の老舗料亭、東山にある菊乃井さんのお店です。菊乃井さん、実は数年前にもロンドンでお店をオープンなさったのですがすぐに閉店してしまい(2013年夏に京都の菊乃井さんで女将さんとそのロンドン店の話もしました→こちら)、これは言わば心機一転の再挑戦? 

 

一階にはカウンター席もあり、一見してジャパニーズとはわからない内装も面白いです。木の床が素敵。

私たちは7人の女子会ですから、周囲の邪魔にならないように思う存分お喋りして下さいという心遣いでしょうか、二階に通されました。モダンな日本らしさが良い感じチョキ

     

 

     

早く着き過ぎたので、空いてるうちにスタッフの方に写真撮って頂きました。 ・・・って、いつまで経ってもほとんどガラガラでしたが。

     

最初出されたメニュには100ポンドと140ポンドのコースと、お高いアラカルトしかなかったのですが、以前にいらしたことのある方が「お手頃なランチメニュもありますよね!?」、と頼んだら、25ポンドと35ポンドのランチセットのメニュを持ってきてくれました。 たしかに、このお店の良さはコースで頼まないとわからないでしょうから、お店としてはそっちをお勧めしたいでしょうが、さすがにランチにしてはちょっとお値段が・・。 ということで、全員がランチメニュ。

まず、サラダとマッシュルームがどっさり入った大量の味噌汁。なるほど、西洋風にまずスープを召し上がって下さいということなんですね。ってことは、ターゲットは日本人以外ってことか・・。 だったら、このネーミングはどうよ? 「トキメイテ」って、ガイジンには長くて覚えにくいし、意味も説明が難しいぞ。 おまけに日本人はなんか気恥ずかしくない? いっそ、有名シェフであられる村田吉弘さんに因んでシンプルにMurataで良いと思うんですが。 

    

寿司私のお寿司はまあまあだけど特ににどうってこともなかったし、おうし座和牛ローストビーフは美味しいけど量が少ないし、和牛メンチカツは脂っこかったそうだし、このお店をこんなお手軽ランチで判断してはいけないのはわかってますが、だからお店ガラガラなのか・・・ショック。折角京都から再びチャレンジに来て下さったのですから、頑張って頂きたいのに・・。

 

     

ロールケーキ二人でシェアしたチーズケーキ最中と抹茶アイスクリームのデザートがベストだったかも。ボリュームもあるし8ポンドの価値は充分。

お洒落なエリアにあって雰囲気も良いし、なにか特別な日にでもちゃんとしたコース料理を頂きたいものです。

 

ともあれ、気になってたお店に、しかも着物で行けて、楽しくお喋りできて、ハッピーグッド!

 


人気ブログランキングへ

バレエ記事一覧

テーマ:

オペラやコンサートに比べたらバレエに行く回数はうんと少ないですが、それでも10年分溜まってわけわからず状態になってたので、一覧を作成しました。 観たバレエを全部書いてるわけではないので、「白鳥の湖」はもっと観てる筈だけどなあ・・」、と思ったりもするし、リストに漏れてるのもきっとあるでしょうけど、とりあえず作業完了。

題名をクリックすると記事に飛びます。

 

バレエロイヤル・バレエ

白鳥の湖 2007年5月 Rマルケス(コジョカルの代役)、Jコボルグ

白鳥の湖 2012年11月 Aコジョカル、Jコボルグ

白鳥の湖 2015年3月、Nオシポワ、Mゴールディング

くるみ割り人形 2008年12月 吉田都、Fボネリ

くるみ割り人形 2009年9月 Rマルケス、Sマックレー、崔由姫

くるみ割り人形 2012年12月 高田茜、Sマックレー

くるみ割り人形 2016年12月 Vムンタギロフ、Mニュネツ、平野亮一、Lアクリ

眠れる森の美女 2009年10月 Aコジョカル、Jコボルグ崔由姫

眠れる森の美女 2014年3月 崔由姫(オシポワの代役)、Mゴールディング

眠れる森の美女 2014年3月 小林ひかる、Fボネリ

眠れる森の美女 2016年12月 高田茜、Jヘイ、Lアクリ

眠れる森の美女 2016年 12月 Vムンタギロフ、Sラム、Fヘイワード、Aキャンベル、Jヘイ

眠れる森の美女 2017年2月 Vムンタギロフ、Mニュネツ、高田茜

眠れる森の美女 2017年3月 Nオシポワ平野亮一 

眠れる森の美女 2017年3月 Fボネリ、小林ひかる

ジゼル 2014年1月 Sラム、Sマックレー

ジゼル 2014年1月 Nオシポワ、Cアコスタ

ジゼル 2016年3月 Vムンタギロフ、Mニュネツ

jロミオとジュリエット 2012年1月 Cアコスタ、Tロッホ

ロミオとジュリエット 2015年9月 Vムンタギロフ、Sラム(オシポワの代役)、Tソワレス

オネーギン(リハーサル) 2013年1月  Mニュネツ、Tソワレス、Vズケッティ、平野

オネーギン 2013年1月 Aコジョカル、Jライリー(Jコボルグの代役)、Sマックレー、高田茜

オネーギン 2015年1月、Nオシポワ、Mゴールディング

ドン・キホーテ 2013年10月 金子扶美(デビュー)、Tソワレス

ドン・キホーテ 2013年10月 Cアコスタ、Mニュネツ

オンディーヌ 2008年12月 Tロッホ、Fボネリ

Jewels 2009年6月 佐々木陽平、蔵健太、崔由姫、小林、Tロッホ、Aコジョカル、Cアコスタ

Jewels 2011年10月 Tロッホ、Aコジョカル、Sラム、Zヤノウスキー、平野、Sマックレー、Rペンファーザー

ドン・キホーテ(リハーサル) 2014年11月 Cアコスタ、Mニュネツ、平野

ドン・キホーテ 2014年12月 高田茜(昼夜2回)、Aキャンベル

マノン 2011年4月 Lベンジャミン、Sマックレー(Eワトソンの代役)

マノン 2014年11月 Zヤノウスキー、Rボッレ

リーズの結婚 2010年3月 崔由姫、Bマローニー

リーズの結婚 2016年10月 Vムンタギロフ、Mニュネツ

マイヤーリング 2009年10月、Eワトソン、Mガレッツィ、Sマックレー

マイヤーリング 2013年5月 Rペンファーザー、Mハミルトン

バヤデーレ 2007年10月 Cアコスタ、Tロッホ、Mニュネツ、佐々木陽平

シンデレラ 2010年4月 吉田都(引退公演)、Sマックレー

フランケンシュタイン(リハーサル) 2016年5月 Nキッシュ、Sラム、Tダイヤー、Fヘイワード、Jヘイ

アナスタシア 2016年11月 Nオシポワ、Eワトソン、Fボネリ

冬物語 2016年4月 Vムンタギロフ

不思議の国のアリス 2014年12月、Sラム、Fボネリ、Zヤノウスキー、Sマックレー

 

くつロイヤル・バレエ/ミックス・ビル

セレナーデ 2008年10月 Mニュネツ、Lカスバートソン、Rペンファーザー

L'invitation Au Voyage 2008年10月 Lベンジャミン

Theme and Variations 2008年10月 Rマルケス(コジョカルの代役)、Jコボルグ、平野、小林、蔵健太

.Ballo de la Regina 2012年5月 Mニュネツ、Nキッシュ、Fボネリ、Lモレラ

シルフィード 2012年5月 Tロッホ、D.Trzensimiech(ポルーニンの代役)

シルフィード 2012年5月 Aコジョカル、Sマックレー

マルグリットとアルマン 2013年2月 Tロッホ(退団公演)、Sポルーニン

タマラ・ロッホ退団公演カーテンコール① 2013年2月 Tロッホ、Sポルーニン

タマラ・ロッホ退団公演カーテンコール② 2013年2月 Tロッホ、Sポルーニン

La Valse  2013年2月 小林ひかる、平野亮一

Voices of Spring  2013年2月 崔由姫

Monotones  2013年2月 高田茜

Viscera 2015年10月 金子扶美、Nキッシュ

Afternoon of a Faun 2015年10月 Lカスバートソン、Eアンダーウッド

チャイコフスキーのパドゥドゥ 2015年10月 Vムンタギロフ、Mニュネツ

カルメン(アコスタ振付) 2015年10月 Cアコスタ、Lモレラ、Fボネリ、平野亮一

Within the Golden Hour 2016年3月 Vムンタギロフ、Mゴールディング、Sマックレー、Lカスバートソン

ラプソディ 2016年1月 Nオシポワ、Sマックレー

The Two Pigeons 2016年1月 Vムンタギロフ、Lカスバートソン、平野亮一、金子扶美

The Four Temparaments 2015年3月 Eワトソン、Zヤノウスキー、崔由姫、平野、高田茜

Untouchable 2015年3月 Jヘイ、Lアクリ

大地の歌 2015年3月 Cアコスタ、Mニュネツ、Tソワレス、金子、平野、崔由姫

セレナーデ 2014年5月 Mゴールディング、Lカスバートソン、Mハミルトン、平野

Sweet Violets  2014年5月 

 

乙女のトキメキロイヤル・バレエ/その他

ガラ the World Stage 2007年11月 Rボッレ、Tロッホ、Aコジョカル、Sマックレー、Zヤノウスキー

吉田都さんの東北震災チャリティガラ 2011年3月

反逆児セルゲイ・ポルーニン

女王陛下ダイヤモンド・ジュビリー・ガラ 2012年10月

ロイヤルバレエスクール卒業公演 2016年7月

バレエ&オペラ・ガラ 2015年2月

 

 

ふんわりウイングボリショイ・バレエ

スパルタクス 2010年7月 Ivan Vasiliev, Alexander Volchkov, Nina Kaptsova, Maria Allash

ドン・キホーテ 2010年8月 Iワシリエフ、Nオシポワ

白鳥の湖 2013年7月 Sveltlana Zakharova、Alexander Volchkov、Vladislav Lantratov、Denis Medvedev

バヤデーレ 2013年8月 Svetlana Zakharova、Maris Alexandrova、Vladislav Lantratov、Denis Medvedev

じゃじゃ馬ならし 2016年8月 Ekaterina Krysanova、Vladislav Lantratov、Olga Smirnova、  Semyon Chudin、 Igor Tsvirko、Viacheslav Lopatin、Anna Tikhomirova

パリの炎 2016年8月 Ekaterina Krysanova, Igor Tsvirko, Denis Savin, Nina Kaptsova

 

 

ゆめみる宝石マリインスキー・バレエ

白鳥の湖 2011年7月 Uロパートキナ

ドン・キホーテ 2011年8月 Aマトヴィエンコ、Dマトヴィエンコ

アンナ・カレーニナ 2011年8月 Uロパートキナ、Yスメカロフ

バヤデーレ 2011年8月 Uliana Lopatkina、Anastasia Kolegova、Daniil Korsuntsev

ロメオとジュリエット 2014年7月 Vシクリャーロフ、Dヴィシニョーワ

シンデレラ 2014年8月 Dヴィシニョーワ、Kズヴェレフ

 

 

拍手その他

ロミオとジュリエット バーミンガム・ロイヤル・バレエ 2006年10月 佐久間奈緒

天井桟敷の人々 2008年11月 パリ・ガルニエ、Mガニオ

かぐや姫 2010年7月 パリ・バスチーユ

ドガの小さな踊り子 2010年7月 パリ・ガルニエ

6000miles away 'Hope for Japan'  2011年7月 Sギエム

Men in Motion @サドラーズ 2012年3月 Sポルーニン、Iプトロフ 

コッペリア @コロシアム 2012年3月 バーミンガム・ロイヤル・バレエ 佐久間奈緒

ロミオとジュリエット @コロシアム 2011年7月 Iワシリエフ、Nオシポワ

 

 

唇トークイベント他

バレエ・アソシエーション・ディナー 2016年5月 

ホワイトロッジ・オープンデー 2016年7月

ムンタギロフのトーク 2016年9月 @Ballet Association 

ジェームス・ヘイのトーク 2014年5月 @Ballet Association

由姫さん&Jステパニックのトーク 2013年6月 @ROH

 


人気ブログランキングへ