<30th Dec Fri>

まじかるクラウン叙勲! サー・アンディ(テニス)、サー・ブリン(オペラ)びっくり

今日が仕事収め。イギリスのお正月は素っ気無いのですが、「今年もお世話になりました。来年もよろしくお願いします」、とあらたまって挨拶すると一応それらしい気分になれる日本の会社。今年は元旦が日曜日なので明日から3連休なのも嬉しい。そうでなかったら休めるのは元旦だけですから。

----------------------------------------------

昨夜は今年最後の劇場通い。

ロイヤルバレエのThe Sleeping Beauty、2回目のお目当ては私の王子様ムンタ君こと26歳のロシア人ヴァディム・ムンタギロフラブ

実はこの日はマシュー・ゴールディングの予定だったのをマシューがキャンセルして代役がムンタ君だったので思い掛けないボーナスだったんですが(マシューが観られなかったのは残念だけど)、サラ・ラムの方がムンタ君が他の日にお相手するマリアネラ・ニュネツ姐御よりもお似合いだと思うので、この二人で観られて嬉しかったですニコニコ

 

このキャスト表通りであれば(クリックで拡大)、プリンシパルが6人も揃うという豪華なパフォーマンスになったのですが爆  笑、残念ながら大幅チェンジになってしまい、平野亮一さん、高田茜さん、由姫さんという3人の日本人ダンサーが消えてしまったのでしたガーン。 病気ではなく、おそらく他の日の出番との兼ね合いのようで、平野さんと由姫さんは翌日の眠り姫の主役、茜ちゃんも重要な役で出るんでしょう。そんなこと前からわかってただろうにパンチ!、なのですが、ここ暫く毎日(時には昼夜2回)「くるみ割り人形」と「眠り姫」ばかりやってて、ダンサーたちが疲れてるんでしょうね。 きついスケジュールです砂時計

ま、日本人3人が出る予定だったのは当日まで知らなかったので怒りはしませんが、代役はランクが下のダンサーたちだったので、主役以外のパフォーマンスのレベルは落ちちゃいましたダウン

その中でさすがだったのはブルーバードのフランチェスカ・ヘイワード。平野さんと茜ちゃんと同時にプリンシパルに昇格した彼女、今まで良いと思ったことなかったんですが、急に自信と貫禄出てたようなアップ

相手役のキャンベルも今回の昇格組なので、結局この日は新プリンシパル4人全員が予定されてたわけですが、きっと昇格前から決まってたんでしょうね。

23日は王子様だったジェームス・ヘイ君(→こちら)はこの日は脇役でしたが、いつも通りピリッとシャープで好感度高し。

でも、王子様役ではヘイ君はムンタ君の足元にも及ばないかな、やっぱりしょんぼり

 

それだけムンタ君が素晴らしかったわけですが、長身で見映えがする上に、スケール大きくて迫力があるのよね。ジャンプも身のこなしも本当にエレガントでチャーミングな王子様そのものだわ。うっとりラブラブ!キスマーク

王子様は終わりの方にしか出てこないので、それまで(立見なのに)少し居眠りしながら辛抱強く待った甲斐がありました。

サラ・ラムも可愛いだけじゃなく、ローズ・アダージョもぐらつかずこなして立派でしたグッド!

 

            

ムンタ君の眠り姫は来年2月にまた行く予定で、舞台横の席といつもの立見と両方持ってるのですが、どっちにしようかなあ。正面立見はご覧の通り写真には抜群の角度なのが捨てがたいけど、たまには近くから観たいし・・。よーし、いつか正面からまじかに観る席を奮発するかDASH! バレエはオペラの半額だから、ちょっと無理すれば買えるさ。

 

今、今年のオペラやバレエに行った回数を集計中ですが、ムンタ君のせいでバレエの回数は増えた筈。

 


人気ブログランキングへ

AD

<28th Dec Wed>

クリスマスが終わっても世の中まだホリディモードで、朝の通勤地下鉄もガラガラで金融街はとても静かですが、私は今日から仕事。1月中旬まで、お正月も元旦以外は毎日出勤です。 同僚の休暇カバーですが、こんな時くらいしかお役に立てませんからね。今年の一年ふり返り第一弾は着物お出掛けについて。 

----------------------------------------------

今年は着物で42出掛けました。

 

内訳は、コンサート14回、オペラ8回(うちROH5回)、パーティと食事8回、アフタヌーンティ4回、琴演奏3回、バレエ1回、その他4回(アスコット競馬等)。

 

この早見まとめは2006年からやってますが(→こちら)、写真のタイトルをクリックするとその時の記事に飛び、私だけでなくご一緒して下さった方々の着物姿もご覧頂けます。

 

これまでの着物お出掛け回数を多い順に並べると、

 

2008年 74回

2009年 68回

2006年 52回

2007年 51回

2011年 51回

2014年 49回

2010年 48回

2016年 42回

2015年 41回

2012年 40回

2013年 36回

 

徐々に減っていますが、これには仕方の無い理由があるんです。 

それは、どう考えても、ROHに着物で行く回数が減ったからで、原因は立見席。

いえ、着物だと立ち難いわけでは全くなくて、それどころか帯で腰がしゃんとするし靴より草履の方が楽なくらい。でもねえ、舞台横に座ってた時は客席から視線を感じたし、インターバルでも沢山の人に褒めてもらえたのに、立見席では皆さん私に背向けてるし、休憩時間は人があまりいないエリアで座って休まないとしんどいのですわ。 これでは着物を着る気が失せてしまいますよねえ・・むっ

 

このままでは看板に偽りありですから、ブログの題名を変えなきゃとずっと思ってるのですが、ブログの二大テーマであるオペラと着物両方が入った良い案が浮かばず・・ガーン

 

ともあれ、オペラで減った分をレストラン行きで埋めて、日本に2度行ってて1ケ月間空白だった割にはなんとか回数こなせました。

 

鏡餅January (4回)

      

    日本酒 ダブル新年会                          音譜 レストランで筝演奏  


           
     音譜イエスティン君@RFH            音譜サイモン・キーンリーサイド@Wigmore

 

雪の結晶 February (0回) 日本に行ってましたのでね

 

コスモス March (4回)

        

    音譜シウリーナ@Wigmore Hall                  音譜イエスティン君@バービカン

              

  音譜Written on Skin@Barbican                    音譜フローレス@Albert Hall

 

桜 April  (6回)
         

     音譜 ランチ&コンサート                       カラオケ ルチア


     

    ダルマKIMONO ファッションショー                  音譜カマレナ・リサイタル

 

       
      音譜 辻井伸行リサイタル                     音譜 教会コンサート                     
      

クローバー May (6回)

       

コーヒードーチェスターホテルでアフタヌーンティ                音譜 レストランで筝演奏

 

       
ナイフとフォークバレエ・アソシエーションのディナー              ダルマ着付けデモンストレーション

      
     カラオケお能ワークショップとオペラ         コーヒーゴリングホテルでアフタヌーンティー

 

雨 June (3回)

      
    音譜マリエラ・デヴィアのリサイタル               馬ロイヤル・アスコット
     

コーヒーアフタヌーンティー@ブラウンズホテル


晴れ July (5回)

         
         カラオケ  トロヴァトーレ                                                    カラオケ  ウェルテル

 

       
  コーヒー大英博物館とサボイホテル                     おにぎり津軽三味線ディナー               


   くつロイヤルバレエスクール卒業公演   

 

ビール August (2回)

      
          カラオケザルツブルグ音楽祭                   カラオケグラインドボーン・オペラ

 

お月見 September (2回)
       
          カラオケセヴィリアの理髪師                                     音譜 Aシュナイダー@Wigmore Hall  

 

October (4回)

             

    カラオケコジ・ファン・トゥッテ                      シャンパンパーティ

       
  音譜Tスペンス@Wigmore Hall                  ロゼワインオークションハウスのレセプション
  

もみじ November (5回)

            
    ナイフとフォークチャリティ・ディナー                     音譜イエスティン君@Wigmore Hall

 

            
          ステーキバスク料理レストラン                  日本酒酒ソムリエ・コンテストで琴演奏

  夜の街シティの夜景とレストラン

クリスマスツリー December (1回)

  コーヒーアフタヌーンティ @グローブナーハウス

 


人気ブログランキングへ

AD

<26th Dec Mon>

クリスマスツリーイギリスではクリスマスは(イギリス国教会に限ってですが)宗教ではなくファミリーが集まる日。 ムスメは一年おきの彼氏の家族のクリスマス大集合でヨークシャーに連れてかれたので、今年はオニーサン夫婦と私だけでちょっと淋しいですけどね(去年はムスメのフラットで集まりました→こちら)。

 

昨日はオニーサンちに昼前に着いてすぐにターキーがオーブンで焼かれている間にまずお散歩。歩いて10分くらいのテムズ河まで行きましたが、10度以上の暖かい日だったせいもあり、たくさんの散歩ファミリーとすれ違ってメリークリスマス。 伝統的なパブで軽く一杯ビールを引っ掛けたときも見知らぬ人同士がメリークリスマスクリスマスベルと笑顔で挨拶し合って、気分が盛り上がりますニコニコ

   

 

 

 

白ワインナイフとフォークステーキこうして外食でクリスマスディナーをする親戚同士も多いようで、こういうのも良いですが、私たちは新しくて広いオニーサン宅で、シャンペン頂きながらお喋りしたりテレビ観たりしてクリスマス・デーを伝統に則って過ごしました。

お料理上手のオネーサンのクリスマス・ディナーはレストランより絶対に美味しいです。 特に手間を掛けたソースが最高でした。

 

シャンパンクリスマスツリーお腹一杯ほろ酔い気分で夜11時過ぎまでテレビ観たりお喋りしたりしのんびりできて、超楽ちんなクリスマスデーでした。 来年は我が家の番でしょうが、いつものようにトーチャン頑張ってね。

 

 

 

 

 

 

王冠1ところで、イギリス国教会トップである女王様はクリスマスデーには教会のミサに勿論出席なさるわけですが、今年は風邪で30年ぶりに欠席。 夫君エジンバラ公は回復されてお元気になられたのは良かったですが(→こちら)。 でも、今年はけしからんことに、ウィリアム王子家族はケイト妃の家族と過ごしたようで、そっちの写真は→こちら


人気ブログランキングへ

AD

高田 茜さんの眠れる森の美女

テーマ:

<24th Dec Sat>

まじかるクラウン女王様ご夫妻、風邪が完全に治ったかどうかわかりませんが、昨日、一日遅れで毎年クリスマスを過ごすノーフォークに、電車の代わりにヘリコプターでいらしたようです。 昨日からクリスマスを家族親戚で過ごす人たちの帰省ラッシュが始り、一年おきにボーイフレンド君ファミリーの大規模な集合にクリスマスに参加するムスメは車できっと大変な目に合いながら遠いヨークシャーまで行った筈。 対照的に私はのんびりできて、12月は中旬からほぼ毎日仕事だったけど昨日は休んで、只今クリスマス5連休中。今年のクリスマス・ディナーはオニーサン夫婦の番ですから、明日は上げ膳添え膳。 なので、今年はクリスマスツリーも飾らず、楽ちん楽ちんクリスマスツリー 

----------------------------------------------

くつ12月23日、ガキンチョだらけのロイヤルオペラハウスにバレエのマチネを観に行きました。 正面立見で9ポンドというお得な切符ですが、やや遠いものの、正面からだと全体の意図がよくわかるし、写真もばっちりチョキ

 

このプティパ振付の眠れる森の美女The Sleeping Beautyは、今年ロイヤルバレエにとって70周年にあたるそうで、来年3月まで数チームで20公演と賑やか。私もつい5チーム分買ってしまいましたが、昨日はその最初で高田茜ちゃんとジェームス・ヘイ組。

7年前にまだ十代で入団した時から仲間たちと「この子はきっと出世するよね」と見守ってきた茜ちゃんがついに今シーズンからプリンシパルに昇進してから初めて観るのですが、期待通り、しっかりとしたテクニックに加え、余裕と貫禄たっぷりの素晴らしいオーロラ姫でした。

↓ キャストはクリックで拡大してご覧下さい

でも、今日の目的はご贔屓のジェームス・ヘイ君ラブ。準主役や脇役では群舞でも光ってるヘイ君にいつも私の視線は彼に集中するのですが(トーク・イベントにも行きましたよん→こちら)、シャープで素晴らしいけれど小柄で細くて軽い感じのヘイ君が主役の王子様をやる日が来るとは、正直、期待してなかったので、今回の眠り姫で一番心待ちにしてたパフォーマンスですドキドキ

いつもの溌剌としたケイ君、文句なしにチャーミングな王子様でしたが、特に嬉しそうな表情が印象的でした(双眼鏡でしっかり観ましたともニコニコ)。 ヘイ君、良かったね~。これからも主役を色々やらせてもらえていつかプリンシパルになれるといいね。 

バレエには疎い私、専門的なことはなにも書けませんが、その代わりに写真をたくさん載せときますね。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

あと行く予定にしてるのは、順番にムンタギロフ(ゴールディングの代役)とサラ・ラム、ムンタギロフとニュネツ、オシポワと平野さん、小林ひかるさんとボネリ夫婦。 3月に全て観終わったら比較もできるでしょうか。

 

しかし、ブログで「バレエ」というカテゴリーはあるけど、鑑賞数がこれだけ増えたら、そろそろオペラやコンサートのようにまとめ一覧を作ろうかとも思ってますが、とりあえず、先回2014年3月の眠り姫の時の記事はこちらです。 そうそう、オシポワがキャンセルしたし、ひかるさん夫婦共演はすでに観たんだったわ。

ウインク ひかるさんご夫婦 こちら

ショック オシポワ降板/由姫さん代役 →こちら

 

 

 


人気ブログランキングへ

<21st Dec Wed>

大変! 女王陛下ご夫妻が二人とも風邪ひいてクリスマス休暇を過ごすノーフォーク行きを延期なさったそうなカゼ。なんせ95歳と90歳ですからね、心配です。今年はもうこれ以上ショッキングなニュースは聞きたくないですから、早くお治りになられますよう・・。

---------------------------------------------

 

昨夜、薔薇の騎士を観に行きました赤薔薇

 

あらッ!、2種類の写真があるのはなぜ?

 

はい、それはですね、トーチャンと二人でupperslipに座ったんですが、カーテンコールでトーチャンにはそのままそこから見下ろす写真を撮ってもらい、私はカーテンが降りるやいなや通路脇の席を立ってダダーッDASH!、と長い階段を駆け下りてストールサークル正面席に闖入したんですゲラゲラ。 最初からそのつもりでカメラ2台持参し(トーチャンも私の安カメラ)、即ダッシュできるように最後の幕はコート着たまま観るという「我ながらようやるわ」、という張り切りよう。 ルネ・フレミング最後のロンドンでのオペラ出演ですしね。

 

 

どんな話かは過去記事でご覧下さいですが(→こちら)、要するに、薇の騎士というのは、指輪婚約の印として銀の薔薇を届ける使者である薔薇の騎士と依頼主の貴族の男性の婚約者である平民の娘が一目で恋に落ち、すったもんだの末に結ばれるという、喜劇オペラでもないのに珍しいハッピーエンド。ドタバタ喜劇要素もあるのですが、滅びゆく貴族社会と台頭する平民階級、老化と若さを対照するなかなか奥の深いリヒャルト・シュトラウスの中では最も甘美でポピュラーなわかりやすいオペラ。 

 

でも、今回立見を避けたのはさすがに正味3時間立って観るのもしんどそうだと思っただけでなく、そんなに好きなオペラではないからです。ちょっとだけ素晴らしい部分もあるけど冗長なんですもの。

 

ジョン・シュレジンジャーの1980年代の豪華絢爛でオーソドックスな素晴らしいプロダクション(→こちら)をゴミ箱に捨て、今回はロバート・カーセンの新プロダクションですが、オペラが書かれた1910年あたりに読み替え、細かい所までよく出来たとても美しい舞台です。最後が売春婦宿なのも私は面白かったです。初日には行きませんでしたが、きっとプロダクション・チームに対してブラボーが飛んだことでしょう。 

レビューは以下の通り、上々(クリックでレビュー記事に飛びますので、舞台写真をご覧下さい)。

 

Arts Desk ★★★★
Bachtrack ★★★★
Evening Standard ★★★★
Guardian ★★★★
Telegraph ★★★★
The Times ★★★★
The Stage ★★★

 

ピンク薔薇Der Rosenkavalier

Music Richard Strauss

Libretto Hugo von Hofmannsthal

Director Robert Carsen

Set designer Paul Steinberg

Costume designer Brigitte Reiffenstuel

Lighting designers Robert Carsen and Peter van Praet

Choreographer Philippe Giraudeau

 

Conductor Andris Nelsons

Marschallin Renée Fleming

Octavian Alice Coote

Sophie von Faninal Sophie Bevan

Baron Ochs Matthew Rose

Faninal Jochen Schmeckenbecher

Valzacchi Wolfgang Ablinger-Sperrhacke

Annina Angela Simkin

Italian Singer Giorgio Berrugi

このマルシャリン(元帥夫人)をオペラ出演の最後の役に選んだルネ・フレミング、来年春のNYメトでの引退公演が話題になることでしょうが、華のあるエレガントな振舞いと声もちゃんと出て立派なパフォーマンスがロンドンのお別れになりました。 何度も聴いて飽きたし彼女のべっとりした甘い声は特に好きではないのですが、今回は甘さ控え目で芯のある声でとても素敵でした。 
    
最後にフレミングに華を持たせるためにもビジュアル的にも完璧なマルシャリンにはうっとりするような若いツバメのオクタヴィアンに共演して欲しかったですが、これが・・・・ガックリ
私にとってはオクタヴィアンは歌よりも容姿が大切なのに今回のアリス・クートはあまりにも外れ過ぎなので、上から見たら背丈の逆ギャップもわからないだろうし、クートの顔も見なくても済むというのもupperslipにした理由の一つなんです、実は。 それに、いつも上手なクートなのに、今回は不安定な歌唱だったので二重に失望・・。 高いお金を出して(最高270ポンド)、近くから見た人が気の毒・・。(因みに私の切符は20ポンド)。
 
英人ソプラノのソフィー・ビーヴァンは嫌という程聴いてるので新鮮味ゼロだし、すでに声が太くなってきたけど、初めての人には充分チャーミングなソフィーでしょうしおとめ座、小柄なのがクートと釣り合いが取れててOK。上から見下ろすと巨大な胸が更に強調されてついそこに視線が行ってしまいましたが目
 
貴族なのに下品で卑劣なオックス伯爵をこれまたロンドンでは出過ぎでうんざりのマシュー・ローズ。 無難にこなしてましたが、もっと派手に嫌な男を演じて欲しかったです。ENOのジョン・トムリンソンくらいにね。
 
出番は少なくても私は楽しみにしてるイタリア人歌手役のテノールのジョルジオ・ベルージはなんだかなあ・・。これならROH若手アーチストで韓国人のキム君に歌わせてた方がずっと良いのに。
ファニナルが上手だったのはめっけもの。先回はトーマス・アレンだったんですけどね。
 
アンドリス・ネルソンスの指揮振りが上からだとよく見えたのは良かったですが、リヒャルト・シュトラウスは難しいだろうに上手にまとめてました。 でも、太ってドテ腹になっちゃって、美人ソプラノの奥様(オポライス)とお似合いの夫婦でなくなっちゃうよ。
 
来年もう一度、違うキャストで見ます(→こちら)。 フィガロの結婚でとても素敵な伯爵夫人だったレイチェル・ウィリス=ソレンセンのマルシャリンが楽しみ。 アナ・ステファニーはビジュアル的にはクートよりも勿論マッチベターだけど、オクタヴィアンの方が年上に見えそうだ。他のキャストが同じなのがつまらないけど。
 
こないだのホフマン物語と言い、同じシュレジンジャーの素晴らしいプロダクションが二つも同時に消えるのは淋しいけど、このカーセン版は大成功で良かったクラッカー
因みに、2009年のカーテンコールはこちらですが、2000年はルネ・フレミングでした。
 

音楽(クラシック) ブログランキングへ