<28th Nov Mon>

さっきウィグモアホールから帰ってきたばかりなんですが、先週のウィグモアの珍しい出来事をまずご報告。

-------------------------------------------

11月22日はウィグモアホール。

年間100ポンドも出してサポートフレンズになってるのにフレンズ予約では席が選べず、高くても結構後ろの席をあてがわれるくらいなら、三分の一くらいで済む後ろの席に最初からする方がましかもと思って今回のピリオドで初めて一番後ろの安い席をいくつか買ってみたうちの一つ。

 

でも、これまでゲルハーハー、ボストリッジ、チェンチッチを15ポンドの最後列で聴いたところ、ちゃんと音は聴こえるけどやっぱり遠くて臨場感ないのは淋しいし、うーん、今後どうしようかしら・・? ずっと売り切れの人気コンサートだって直前に必ずリターンは出るわけだし、いっそフレンズはきっぱり辞めてリターン狙いに徹するのも手かも、などと迷いながら、この日は午後に3日後のチェチリア・バルトリのキャンセルの連絡もあったりして、不貞腐れて早めに席に付いてましたショボーン

この日はカウンターテナーのティム・ミードが目的だったけど、他にもたくさん出るから出番は少ないだろうし、あっ!ポーン、よく見たら嫌いなテノールも出てるじゃないの。 来なきゃよかったかなあ・・むっ、とすら思ってたところ、

 

なんとドンッ

 

後ろから入ってきた70歳くらいの男性が、「ワイフが風邪ゲホゲホで来られなくなって余った切符があるんじゃが、君、代わりに座らんかね? 前から3列目じゃよ」、と声掛けてくれました。 入り口を入ってすぐに目についたお一人様で話し掛けやすい通路近くにいたのが私だったからでしょう。

 

「キャーッ、サンキューベリマッチ、もちろん座りたいですぅ爆  笑」、と大喜びで移動

ここは不要切符をクレジットにしてくれるのは良心的だけど2週間前にしなくちゃいけないし(切符の交換も然り)、このコンサートのように売り切れてないとリターンするわけにもいかず無駄にするしかないのが私にとっては幸いしましたチョキ

 

 一番後ろだとこんな眺めで、すぐ後ろに係員が立ってるのでカーテンコール写真も撮りにくいのですが(15ポンド)、

 前から3列目だとこうなりますから、そりゃ偉い差ですわ(50ポンド)。

 

Dunedin Consort

John Butt director

Joanne Lunn soprano

Tim Mead countertenor

Nicholas Mulroy tenor

Matthew Brook bass-baritone

 

圧巻は後半のパーセルで、ウィグモアホールにしては大人数である20数人が舞台で演奏したというだけでなく、音楽の守護聖人である聖チェチリアを讃える曲はスケールが大きくて、ヘンデルのメサイヤを聴いてるような気分(因みに、ここでメサイヤ聴いた時は4人のソロが合唱までこなしてました)。

やっぱり近くで聴くのは全身を音楽で包まれるようで良いわ~ニコニコ

 

お目当てのティム君は安定度という点で少々難があり、だからこそ聴く度に違うのが楽しみなカウンターテナーなのですが、この日はこれまでにない輪郭のはっきりした細い声で美しい響きでした(実は今夜もティム君をウィグモアホールで聴いたばかりで、又違う声でした)。 

一番隅っこのソプラノのJoanne Lunnも立派な声量とよく通る声で素晴らしく、この二人が他を引き離して格上なのは明らか。 テノールのニコラス・マルロイはやっぱり好きになれない声だったけど。 

 

音楽家の両親が聖チェチリアに因んで名付けたチェチリア・バルトリがキャンセルしてがっかりした日に聖チェチリアのお祝いの音楽で感動したのも皮肉ですがしょんぼり、ウィグモアらしい渋い盛り上がりとなり、たとえ一番後ろの席でも「来て良かった」と思える良いコンサートでしたが、幸運のおかげで近くから写真も撮れて満足。

 

おっちゃん、ありがとうウインク 

 

尚、今夜のコンサートは奮発して高い席を申し込んだら最前列ど真ん中がゲットできました。でも、喜び勇んで行ったんですが、色々問題があり、又悩んでしまいました・・。

 

 


音楽(クラシック) ブログランキングへ

AD

<27th Nov Sun>

今日二つ目の投稿ですが、先が詰まってるので、出来たのからドンドン行きます。

---------------------------------------------

11月25日、晴天の夕方、シティの愛称ウォーキー・トーキー・ビルを訪問(本名は20 Fenchurch Street)。

上の写真は4時10分過ぎくらいで、すぐにスカイガーデンに上れば晴天の黄昏と夜景の両方楽しめるのですが、残念ながら諸事情で上に着いたら5時近くになり、すでに真っ暗でした。 (無料入場は要事前予約なんですが、今回はコネによる裏口エントリーなので時間はフリー)夜の街

 

トランシーバー形のこのビルの屋上が一般公開になってすぐ、1年半前の誕生日に家族で行きましたが(→こちら)、その時とは全く違うガーデンの雰囲気と外の夜景を楽しみましょう。

 

 

 

         折角ですから、着物で来ちゃいました。

 

ガラスに反射して良い写真は撮れませんでしたが、明る過ぎないところが謙虚で美しいロンドンの夜景星空

1年半前はだだっ広いスペースのあちこちがバーになってました。景色見るだけじゃなく、ゆっくりしてって下さいねってことでしょうロゼワイン 

キラキラ5時半になると照明がぐっと暗くなり、雰囲気が変わって大人の時間に。

 

霧スカイガーデンというくらいですから、植物がたくさん植えられてます。

 

この後4人で近くのトルコ料理店Hazでディナー。夏にアスコットにもご一緒したMさんと鍋

 

これが今年の着物お出掛け40回目。 まとめは→こちらダルマ

外出先では、レストランですら道行姿のままだったのは、今日はこの母のお下がりの椿の道行きが主役だからですが、寒いので、下に羽織も着てました。

   

 

 


人気ブログランキングへ

AD

12月4日から始るROHのトロバトーレ、Travelzooというオンライン割引サイトで大幅ダンピングのオファーダウンが出ましたのでご紹介します。(ROH自身のオファーも見つけたので最後に追加しておきます)。

 

この夏やったばかりなのに(→こちら)、又こんなにすぐ、しかもぱっとしない歌手陣(アラーニャがキャンセルして更にしょぼくなって・・)で11回もやるなんて、ROHはなに考えてんの、これだから他のオペラハウスに負けちゃうのよパンチ!、と怒りたくもなります。

 

メモ

詳細はtravelzoo(→こちら)をご覧下さってもいいですが、以下ざっと説明しますので、ご興味ある方は直接ROHのサイトで買って下さい(→こちら)。 promo codeはtravelzootrovatore

 

1月31日、2月3日、6日、9日の4公演だけで、

①オーケストラストールの高い方から4段階の値段(£163-£190)が£95

②アンフィシアターの高い方から4段階の値段(£48-£84)が£45

 

Conductor Richard Farnes

Leonora Lianna Haroutounian

Manrico Gregory Kunde

Azucena Anita Rachvelishvili

Count di Luna Dmitri Hvorostovsky

 

今回のオファーは第二チームの方で、上の顔ぶれですが、ROHでは人気のホロ様も出るのに、癌治療中である彼が出ない可能性高いと思われているのか、それとも先回のプロダクション(マッチベターだった)何度か聴いたからもういいわと思ってる人が多いのでしょうか。

 

 
Conductor Richard Farnes
Leonora Maria Agresta
Manrico Najmiddin Mavlyanov
Azucena Anita Rachvelishvili
Count di Luna Quinn Kelsey

 

私はまず12月13日のこの第一チームに行きますが、折角久し振りのアラーニャのトロバトーレだと思って数回分仕入れておいたのに、おそらくこれ一回だけだわね。アラーニャの代役のNajmiddin Mavlyanovって誰よ? ウズベキスタン人で、去年のROHトスカに出た時に私は聴いてないし。女性二人はきっと良いし、彼も意外に良かったらまた考えるけど、期待はゼロうーん

 

アラーニャ、「どれを蹴って鼻の手術しようかな? やっぱりロンドンかな。 こんな醜い囚人服着たらイメージ崩れるぜ」、って思ったんでしょうね。 気持ちわかるわ。

 

ということで、特にお勧めできないキャストではありますが、お金とヒマが有り余ってる方はどうぞ。

ハチャメチャなストーリーですが、椿姫風説明だとこうなります(→こちら)。 音楽は素晴らしくて、ヴェルディの中でも私が一番好きなオペラの一つです。 そう、オペラはストーリーではなく音楽が命、ということを証明するのに最適の作品です(←褒めてるんです)。

 

ROHも自らBlack Friday Secret Saleとして、トロヴァトーレとマノン・レスコーを出してますので、サイトをご覧下さい(→こちら)。

 


音楽(クラシック) ブログランキングへ

AD

オシポワの「アナスタシア」

テーマ:

<26th Nov Sat>

忙しい1週間が終わり、ジムにも4回行ったし、充実感たっぷり。今夜はちょっと遠出して(遠出って程でもないけど)、リッチモンドで「アイーダ」観ます。 折角の晴天でも暗くなるのが早いのでリッチモンドパークとか散歩できないのが残念ですが。

---------------------------------------------

ロイヤルバレエにはたまに行ってるんですが、ここで記録残しておかないとどういうの観たのかわからなくなってしまうので、かなり日が経ってますが、11月2日のアナスタシアの写真をアップしときます。

 

アナスタシアは、イングリッド・バーグマンとユル・ブリンナーのハリウッド映画(1956年「追想」)「や、ディズニーのアニメ映画にもなってますが、革命で殺された最後のロシア皇帝の娘の一人で、彼女だけは生き残ったのではないかと仮定してのストーリー。

 

詳しくは→こちらをご覧下さいですが、このマクミランの悲劇バレエ、1971年の初演以来滅多にやらないレパートリーで、それはすなわち人気がないってことでしょうし、演技面が重視され過ぎてあまり踊らない点が私の好みではありません。 

↓ クリックで拡大すると読めます

3人のアナスタシア役の中で、抜群の身体能力としなやかな踊りで一番人気のナタリア・オシポワを選びましたが、この役はくるくるぴょんぴょんで勝負するわけではないので、演技力で勝るローラ・モレラがベストと評価されたようです。

真ん中は怪僧ラスプーチンですが、なにもこの役にプリンシプルを使わなくても、というくらい動かなくて、観ててイライラ・・イラッ

宮廷の余興で踊る二人という想定でこのカップルは古典的に踊ってくれますが、この日はご贔屓のフェデリコ・ボネリが不調えーん

 

来週始まるROHのサポートフレンズ予約でのバレエのひとつは、又これに似たドラマチックではあるけれど暗いMayerling(→こちら)。 お芝居観るためにバレエに行くのではないわけで、うーん、どうしようかな・・シラー

 

一方、バーグマンがアカデミー賞取った「追想」(原題Anastasia)は音楽も良いし良く出来たメロドラマなので、もう一度観てみたい映画です。 バレエはドラマ表現では映画に敵いませんもんね。

 

そして、来年はロシア革命100周年。 この最後のロマノフ皇帝家族がまた世界中で注目浴びるに違いないですが、近い親戚だった英国王室との関わりも話題になるでしょうね。 母親が姉妹だった露ニコライ2世(アナスタシアの父)と英ジョージ5世はそっくりで仲良しの従兄弟だったのに何故あの時助けなかったとかね。(イギリスに亡命させてたら、今頃イギリスは共和国だったかも・・)

 

 

 


人気ブログランキングへ

映画あれこれ

テーマ:

<24th Nov Thus>

北京から1ケ月前に戻って以来思い切りのんびりしてるムスメが昨日また遊びに来てくれたので、私は午前中だけ働いて、午後に親子三人で映画に行きましたカチンコ

 

家族で行く時はいつもファンタジー映画ですが、今回は'Fantastic Beasts and Where to Find Them'(邦題「ファンタスティック・ビーストと魔法使いの旅」。日本公開中)。 ハリポタのスピンオフですが、こりゃコンセプトはポケモンですね。CGは凄いけど、台詞とか筋の運びがイマイチで(JKローリングが脚本書いてるのに)、折角の素晴らしいビジュアル効果を最大限に活かしてないのが惜しい。

 

人間役(魔法使いですが)で魅力あるのは主役のエディ・レッドメインだけですが、可愛いなあ~ラブ、と見惚れてたら、なんと偶然同じ日の夜にテレビでエディのMy Week with Marilyn マリリン 7日間の恋)をやってたので、観たことある映画だけど又しっかり観てデレデレしちゃいましたラブ。(因みにエディが演じるコリン・クラークのお父さんSirケネス・クラークは著名な美術史家で、'Civilasation'という1969年のBBCシリーズはこの手のTV番組の走りとしてイギリスでは有名→こちらで全部見られます)。

 

しかし、そうよね、演技がちゃんとできるエディをCGの添え物に使うのは勿体ないから、Fantastic Beastsの方は安上がりな可愛いイケメン新人君を探せばよかったのに。そしたら二人愛でることが出来てダブルにハッピーだわさチョキ

 

さて、今日から1週間、日本で大人気だった(ですよね?)アニメ映画「君の名は」(英語名はYour Name)がロンドンで上映されてます。 しょっちゅう映画に行ってる時間はないのですが、アニメ大好きのムスメは絶対見逃さないでしょうから、トーチャンも私も来週お供します。

 


人気ブログランキングへ