<30th Oct Sun>

週末は近所のインド人が競争してディワリで上げまくる花火も楽しんだし、ゆったりと色々片付けることが出来ました。 見逃したTV番組やNHK大河ドラマ「利家とまつ」もiPlayerやYoutubeで見終えたし、オペラやコンサートで溜まってたネタもこれで済んだし、すっきりした気分。

---------------------------------------------

オペラってのは、観る前にある程度の知識がないと良さがわからないのがクセモノで、それが敷居が高いと思われる理由でもあるのですが、私にとってはこないだのショスタコーヴィッチの「鼻」はまさにそれでした(→aこちら)。 でも、10月10日のパーセルの妖精の女王The Fairy Queenは、それに輪を掛けたくらい理解できなくて、バービカンにしては高い50ポンドの切符をトーチャンの分も買ったのに、無駄使いした気持ちうーん。パフォーマンスが悪かったのではなく、準備不足のせいなんですけどね。 

ネットで筋書きを検索したら、題名から予想した通りお馴染みの真夏の夜の夢で、それなら夏にグラインドボーンで観たばっかりだし楽勝じゃんと思ったのですが、アレレ、妖精の王様とかロバとか誰も出てこないじゃんはてなマーク 

 

私よりは時間を掛けて事前にあれこれ調べたトーチャンによると、これは真夏の夜の夢について色んな人があーだこーだ言う合うという内容なんだそうですが、ストーリー言える程のものはないし、歌手たちは同じで衣装複数の役をこなすし、英語であっても聞いただけではほとんど聞き取れない上に冊子に載ってる歌詞を読んでたらセミステージの演技は見られないし、全くお手上げですショボーン。 コンサート前の演出家と指揮者によりトークでも役立つ話はなかったし、イギリスではそこそこ名の知れた俳優ティモシー・ウエストがナレーターだったのですが、おそらくシェークスピアの引用でしょうから、それが一番理解できんちゅうの・・ガーン

 

仕方ないので、時間を掛けて一生懸命に練習したであろう演技を楽しむしかないですかね。ステージ裏のスタッフたちという設定らしく、ますます訳わかりませんが、美しいパーセルの音楽は楽しめるのが救いです。

 

Purcell  王冠1The Fairy Queen (Semi-staged performance)
Academy of Ancient Music
Richard Egarr
director/harpsichord
Rowan Pierce soprano
Mhairi Lawson soprano
Iestyn Davies countertenor
Charles Daniels tenor
Gwilym Bowen tenor
Ashley Riches bass
Choir of the AAM
Timothy West narrator
Daisy Evans stage director
Jake Wiltshire lighting designer

 

赤薔薇歌う場面が多い中で印象に残った歌手は、可憐で清らかな声のロゥワン・ピアス(青いワンピースの子)。5月に聴いたアシスとガラテア(→こちら)でも容姿も歌もラブリーでとても気に入ったので、代役でしたが出てくれて嬉しかったです。がらがら声になってしまってもう終わってるルーシー・クロウの後任は貴女ですからね。

 

お目当てのイエスティン君は、夏のザルツブルグ音楽祭の時もそうでしたが、歌う部分は少なくても皆とわいわい演技をするのが好きなのでしょうか、大はしゃぎで目立ってました手裏剣。 でも、あまりにも歌が少な過ぎ・・。

 

 

でかいアシュリー・リッチーは聞き飽きてるので又お前かって感じですが、隣で首回りヒラヒラの妙な格好の小柄な年配テノールのチャールズ・ダニエルズには聞惚れました。とぼけた演技も上手で歌い出すまで俳優さんかと。

金髪巻毛のグウィリン・ボーエンはこの指揮者に気に入られてるテノールで、ちょい役でよく出ますが、たよりない声だしなあ・・。

 

 

ビックリマークテノールと言えば、私が注目したのは若いエドモンド・ヘイスティングス君。長身美男子だからというだけじゃなくて、2011年4月のハムステッド・ガーデン・オペラの「セメレ」に出た時にツバつけといた子なのよねラブ(→こちら)。 育ちが良くてインテリな彼がまだ歌を続けてて、ついにバービカンにまで出られるようになったのかと感慨深い私ドキドキずっと彼の出番を待ってたのにコーラスだけで肩すかしだったけど、ソロじゃなくても近くから彼の声はちゃんと聴こえたし、このオケと指揮者に認められたて仲間に入ったってことだけでも将来有望だわ。 チリチリ頭のテノール君を追い越して良い役がもらえるように頑張ってねキスマーク

因みに、肩に巻きついてるハンガーは、妖精の羽らしいです。 って、はい、経費節約プロダクションでした。

 


音楽(クラシック) ブログランキングへ

AD

<29th Oct Sat>

紅葉穏やかな秋の日、近くの公園を散歩。我が家のもみじも少し赤くなり始めました。 これで夏時間が終わるけど、一気に冬にならないで、もう暫く秋の風情を楽しめますように。 毎晩にぎやかな花火の音もインド人が多いこの辺りの年中行事打ち上げ花火

-----------------------------------------

 

 

 

 

 

 

 

10月20日、ショスタコーヴィッチの鼻の初日に行きました。 1930年初演のこのオペラ、長年禁止されてたこともあり、この日がROH初上演。 英語翻訳で休憩無しの2時間。

 

朝気付いたら鼻がないことにびっくりしたロシアの役人コワチョフ叫び。 前日ヒゲを剃った床屋がパンの中で発見するも、鼻は逃げ出して、人間の大きさになって服まで着て我が物顔であちこち徘徊。警察に届けたり新聞広告を出して鼻を取り戻そうとするコワチョフが周りの人たちと繰り広げる大騒ぎ。

 

と言う奇想天外な内容ですが、なにかを象徴して体制批判にもなっているんでしょうし、ショスタコーヴィッチが21歳で完成した音楽はジャズを取り入れたりして前衛的で野心的。

こういうのは歴史的背景を調べたり、何度も聴いたりしないと理解できませんが、そんな余裕のない私はいきあたりばったりで一回だけ鑑賞。 登場人物も多い上に複数役の歌手もいて、よくわからなかったとしか言いようがないのですが、深い楽しみ方はできなくても、とても面白いプロダクションでビジュアル的には大いに楽しめました。演出家がブーイングされるのが当たり前になってるこの頃にしては珍しく、カーテンコールでは大喝采クラッカー 

 

ROHデビューの演出家バリー・コスキー、その時は気付きませんでしたが、去年グラインドボーンで素晴らしかった「サウル」(→こちら)も彼の演出で、カラフルで洒落た衣装と明るいダンスが共通。 どちらもダンスが大受けで(特に女装のタップダンスが面白いったらゲラゲラ)、私も一番気に入りました。  

 

大きな鼻を被って上手にタップダンスするのは13歳でミュージカルでも活躍してるアイラン・ガルコフIlan Galkoff君。カーテンコールでは彼が当然ながら大きな拍手をもらってました。 こないだのグラインドボーンの少年俳優と言い、この子と言い、英国エンタメ界は才能ある子供も豊富だわ。尚、ロイヤルバレエ・ダンサーのヨハネス・ステパネックも絡んでて、ばりっとした背広姿で客席に座ってました。

 

Music Dimitry Shostakovich

Libretto Dimitry Shostakovich, Evgeny Zamyatin, Georgy Ionin and Alexander Preys

Director Barrie Kosky

Set and lighting designer Klaus Grünberg

Costume designer Buki Shiff
Choreographer Otto Pichler
Translator David Pountney
Conductor Ingo Metzmacher
Platon Kuzmitch Kovalov Martin Winkler
Ivan Iakovlevitch/Clerk/Doctor John Tomlinson
Ossipovna/Vendor Rosie Aldridge
District Inspector Alexander Kravets
Angry Man in the Cathedral Alexander Lewis
Ivan Wolfgang Ablinger-Sperrhacke
Iaryshkin Peter Bronder
Old Countess Susan Bickley
Pelageya Podtotshina Helene Schneiderman
Podtotshina's daughter Ailish Tynan
EnsembleDaniel Auchincloss/Paul Carey Jones/Alasdair Elliott/Alan Ewing/Hubert Francis/Sion Goronwy/Njabulo Madlala/Charbel Mattar/Samuel Sakker/Michael J. Scott/Nicholas Sharratt/David Shipley/Jeremy White,Simon Wilding/Yuriy Yurchuk
 
 
全く知らないオペラなので英語翻訳でも気にならなかったし、皆さん歌も演技も上手で、時間を掛けてしっかり準備したのがよくわかります。 Jトムリンソン始めここではお馴染みの英人歌手もちょい役でたくさん出ててなかなか豪華な顔ぶれの中、ROHデビューで主役のマーティン・ウィンクラーが抜群の演技でしっかり主役として光ってました。 
 
↓ レビューはこちら(クリックで記事に飛びます)。 
 
Bachtrack ★★★★★
Times (£) ★★★★★
Evening Standard ★★★★
Music OMH ★★★★
The Stage ★★★★
The Arts Desk ★★★
Financial Times ★★★
Guardian ★★★
Telegraph ★★★
 
初日の反応だと5ツ星と4ツ星だけかなと思ったのですが、作品自体の好き嫌いも入るとこうなっちゃうんですかねえ。 たしかに、とても楽しめたけど、あの手の音楽を続けて聴くのはちと辛くて一回で充分かなと私も思ったわけで。
11月9日の最終日はライブストリーミングされますので、ビジュアル面だけでも見る価値ありと思います。 
 
 
 


人気ブログランキングへ

AD

<28th Oct Fri>

今週はオペラもコンサートもなかったけど、北京から戻ったムスメと久し振りに会えたし、お友達と午後のシティを2度楽しむことができて、充実した週でした。特にゆっくりランチして午後の空いてる時間にシティでお茶までできるのが、セミリタイヤ生活の醍醐味ゲラゲラ

その中で、展望が素晴らしい穴場バーを発見したので、ご紹介します赤ワインコーヒー

 

↑ これは去年4月の誕生日に家族で行ったウォーキートーキービルからの眺めですが(→こちら)、左の黒っぽいのが今回ご紹介するタワー42、真ん中がチーズグレーター(チーズ削り)、右がガーキン。

 

今でこそシティには高いビルがいくつか建ってますが、高さ183メートルのタワー42は長い間この辺りで唯一の高層ビルとして有名でした。ナットウエスト・タワーという名前でお馴染みでしたが、その名の通り、当初はNational Westminster Bankのビルで、上から見ると銀行のロゴの形をしています。 

たしか私がシティで働き始めた時から建ってたよな、と思ったら、1981年に建設されたそうで、それはまさに私が入社した年チョキ。 そうかあ、ナットウエスト・タワーは私の会社生活と共に始まったんだニヤリ。 ということは、35年も経ってるわけで、たしかに今回久し振りに中に入ってみたら古ぼけてましたが、外見は時代を超越したすっきりデザインで好きですし、今もモダンに銀色に光ってます。


 

 

 

 

42階のVertigo 42(→こちら)はかつてはシティの中では特別の存在だったレストランで、大昔に一度行ったことがあり、今はシャンペンバーなのでここにも久し振りに又行ってみたいですが、今回はランチ後の軽いお茶二次会として先週と今週と続けて2回、24階にあるCity Socialのバーに行ってみました(→こちら)。 レストランもあるようですが、バーの方が眺めは良さそうです。

こんなお店があるなんて知りませんでしたが、入口も見つけにくいし建物の中に入ると暗い廊下が続いて気味悪いし、知ってる人しか来ないでしょうね。案の上、中はガラガラ。

 

 

そのおかげで、写真でご覧の通り抜群の眺めもさることながら、空いてて落ち着けるのが最高ですね。 窓が少し汚れてるのが残念ですが、簡単に窓拭きできないでしょうしね。

 

先週はガーキンチーズグレイターがすぐ近くに見える席、今週はウォーキートーキー(トランシーバー)とシャードがよく見える窓際テーブルに座りましたが、ぐるっと回ると他の方向も見えます。 バーですが、5ポンドくらいでお茶も飲めます。 ちょっとしたスナックもあり、夜景見ながらカクテルでもすすったらロマンチックでしょうね。

 

 トイレからの眺めも抜群トイレ

 

    

 

 

三日月 昨日ご案内した友人は、夕方お別れしてからすぐに又お嬢さんと再びいらっしゃったそうで、夕陽と夜景の写真を送って下さいました。 私たちがいた時は他にほとんど客がいなくて、これでは潰れてしまいそうだわと心配でしたが、夜は会社帰りの人でちゃんと賑わっていたそうです。

 

 

私のシティ生活と同じ年月で親しみ感じるこの老舗のビルのカフェには新しいビルに負けないで繁盛して欲しいので、皆さん、行ってみて下さいね。 少なくとも午後は一人でも大丈夫な雰囲気です。

 


人気ブログランキングへ

AD

12月のトロバトーレのキャスト変更(アラーニャ降板)が9月29日にROHのサイトで発表されましたが(→こちら)、その中で(下の赤字部分)、「切符保有者には代役決定したらオプション付でメールで連絡します」、って書いてあったので、「おお、代役によっては切符代返してもらえるのかしら。それは良心的配慮爆笑」、と思って待ってたんですが、なんと、10日も前にこっそり発表してるじゃないですか(→こちらおーっ!。 いまだにメールは頂いてませんけどねイラッ

 

French-Sicilian tenor Roberto Alagna has been forced to withdraw from singing the role of Manrico in The Royal Opera's production of Verdi's Il trovatore on 4, 7, 10, 13 and 16 December 2016, as he has to undergo sinus surgery at the end of November.

His replacement for the role will be announced in due course and ticket holders will be contacted via email with details of options open to them.

 

で、今よく見たら、その下に切符についてはTerms and Conditions of Sale(→こちら)を読めと書いてあるのですが、こんな一行、その時に付いてたかなあ・・?ショック    

 

それによると(以下抜粋)、「キャンセルや重大な変更がない限り、切符は払い戻ししません。歌手変更は重大な変更とはみなしません」ですって。 そんなら、紛らわしい言い方すんなパンチ!

 

1.1.   Tickets cannot be refunded except on the cancellation or substantial alteration of the performance, or unless exchanged or re-sold by the Box Office subject to conditions shown below.

1.2    A change of cast shall not constitute a substantial alteration.

 

とは言ってみたものの、まあ、そりゃそうだよね。 歌手がキャンセルする度に払い戻ししてたらオペラハウスはしょっちゅう大損だ。 私が知る限り今までROHでお金返してくれたのは(厳密にはバウチャーですが)、ドミンゴ先生がタメルラーノをキャンセルした時に3割返してくれたのと、4年前にトーマス・アレンがコジ・ファン・トゥッテをドタキャンした時、すでに座ってる観客に「いま席を立ったらバウチャー差し上げます」と言う珍事(→こちら)の2回だけよ。

 

歌手変更は覚悟の上で切符買うのはオペラファンの宿命というか悲劇なのは嫌というほどわかっているので(これで何度泣いたことかしょぼん)、今回も決して文句言いませんが(遠くにお住まいの方にはご同情申し上げます)、

 

それにしても、えーっ、こんな人しかいなかったのぉブーハートブレイク 、というくらい代役が格下なのががっかり・・ガーン

 

ウズベキスタン人の Najmiddin Mavlyanov  (4, 7, 10 and 13 December) とイタリア人の Stefano Secco (16 December)の二人ですが、

 

ステファノ・セッコは2007年にヴィラゾンの代役で「愛の妙薬」に出た時はなかなか良かったので(→こちら)、最近は大した所では歌ってないので成長しなかったようだとは言え、そんなに落胆してませんが、もう一人のマヴラノフ(って読むのかしら?)、youtubeでいくつか聴いてみたら、硬くて不快な声・・ゲロー。 

 

ああ、やだ、やだ・・えーん。 でも、女性陣は素晴らしい筈なので行かないわけにはいかないし(→こちら)。

 

しかし、ROHサイトのコメントで「アラーニャがキャンセルしたのは、この前のプレミエでプロダクションを観たからじゃないのか?」、って書いてる人がいるけど、私も実はそう思っているくらいひどいプロダクションなのが問題なんです。特にテノールの囚人服みたいな衣装がね(→こちらムキー

 


人気ブログランキングへ

着物お出掛け3回分

テーマ:

<25th Oct Tue>

北京の出稼ぎから8ケ月ぶりに戻ったムスメが遊びに来てくれて、写真や中国の話をしてくれました。あの泣き虫だった子が立派になって、感慨深いことです。

--------------------------------------------

着物お出掛け記録を3回分。 カメラ写真はクリックで拡大します。

      

1 10月15日はチェルシーの夢の木レストランへ。 知人が起業したスキンケア・ブランド「琴KO・TO・HA葉」さんの受賞祝いパーティでしたが、詳しくはご本人のブログでどうぞ(→こちら)。 ロンドンには起業家として活躍する日本女性がたくさんいて刺激を受けます拍手

 

雨だったので洗える着物になりましたが、エジプト帯に合わせる帯揚げは大英博物館で買ったロゼッタ・ストーン柄のスカーフでどうだ!OK

 

     

 

      

 

       

2 10月23日は友人と3人でランチとコンサート。 日本で買ったカジュアルな赤い帯締めを使いたくて、こういうコーディネートになりました。 おそらく大昔に自分で縫ったウールだから派手だわね。

     

ウォラス・コレクションWallace Collectionのアトリアムはレストラン・コーナーとカフェ・コーナーがあり、ちゃんと食事をするのは始めてでしたが、エスニック風のラビオリが美味しかった。

3時からは歩いて5分のWigmore Hallでトビー・スペンスの英語版「美しき水車小屋の娘」(→こちら     

 

     

3 ラメ入りの着物に乱菊の帯で、10月24日は有名オークションハウスのクリスティーズChristie'sへ。友人が招待された内覧シャンペン・レセプションのゲストにして頂いたのです。 

家具を中心に20世紀を象徴する作家作品がたくさん展示されてる素敵な会場でシャンペン飲みまくりながらシャンパンアートに詳しい方とご一緒できるなんて贅沢だわ~ドキドキ。 このHistorical Design内覧会は26日まで一般公開してます(→こちら)。

なんとなく会場の雰囲気にしっくりしたかな、このコーディネートチョキ

        

これで今年の着物お出掛けは35回となり(まとめは→こちら)、年間最低記録は免れそうです。

 


人気ブログランキングへ