<30th Mar Wed>

あっと言う間だった怒涛の3月波、仕事も忙しかった上、リスボン旅行もあったし、オペラやコンサートが15回もありましたもんねショック!。 オペラ7回(オーランド、ト-リードのイフィジェニー、プッチーニ三部作、トラヴィアータ、ボリス・ゴドゥノフ、Written on Skin、カプレッティとモンテッキ)、コンサート6回(リスボン、キーシン、シウリーナ、イエスティン、シューマンのファウスト、フローレス)、バレエ2回(ミックス、ジゼル)で、全てブログ記事にすることは到底できませんが、もちろん昨夜のフローレス王子は省略するわけにはいきません。既に写真は選んだので後一歩ですが、まず着物について。

-------------------------------------------


3月29日、ロイヤル・アルバート・ホールに着物で行きました。

折角の華やかな人気テノール、ホアン・ディエゴ・フローレスのコンサートですしね宝石紫


雨大雨の予報だったのですが、雨にはめげません。こういう時のために洗える着物があるわけですから。


     



桜桜がちらほら舞ってる黄緑色の小紋に水色の帯ってのも意外な組み合わせでしょうが、この帯を白黒以外の着物に合わせてみたかったんです。 賑やかな地紋に白い絞りの綸子ですが、案外コーディネートしにくいので出番の少ない帯です。


ひらめき電球ところで、四角い帯留のご注目あれ!


先月、小樽のガラス細工屋さんでムスメと一緒にたくさんあるガラスのお店で色々見て回った時に買ったものです。


実は私は小樽ではペンダントも買ったのにすぐに失くしてしまいましたが、帯留は落とさないから安心。


     


でっかいロイヤル・アルバート・ホールですが、もちろんフローレス王子をかぶりつき。 スキン写真でご覧の通り、彼が自分でギター伴奏しながら歌ってくれたんですよ音譜



人気ブログランキングへ
AD

<28th Mar Mon>

イースター4連休も今日で終わり。全く外出はせず、パソコンに向かってる時間が多いって、これじゃあ会社にいるのと同じじゃないの・・。 明日からは又毎日行くのにね。

-------------------------------------------

                                  カメラ小さい写真はクリックで拡大 

                 


2月9日は札幌を去って、いよいよ北海道旅行のハイライトである山岳地域に向かいます。


山のないイングランド人にとっては、北海道の広々とした平原よりは山の方が魅力的でしょうから、日本人にとっての冬の北海道の定番とはちょっと違うでしょうけど、ロープウエイでパノラマ景色が見られるのを基準に選びました。 もちろん私自身の楽しみである温泉も兼ねてべーっだ!


まず、層雲峡に行くのですが、なんと遠い札幌から無料送迎バスがある旅館もあり、それだとバス代も浮くし、なんと言っても雪の中を歩くのが避けられて楽ちん。とは言っても、中国人の観光シーズンのせいかどこも混んでて、こまめにキャンセル待ちを狙い、やっと朝陽亭という旅館が予約できました。


札幌のアスペンホテルからすぐの札幌駅北口からバスが発車するのも極めて便利で、3時間半掛かりましたが、12時発のバスで雪景色を楽しみながら3時半に着きました。


層雲峡の楽しみは3つあり、①温泉旅館、②黒岳ロープウェイ、③氷瀑まつり、でしたが、さてそれぞれの満足度はいかに?

        

層雲峡独特の岩壁が見えて来ると、旅館に到着。 路線バスの停留所からは上り坂ですから、荷物を持って雪道を歩かずに済んで助かりました。


    

食事の前にお散歩。黒岳ロープウェイは4時で終了なので今日は乗れません。明日の朝、良い天気でありますよう・・・。

氷瀑まつり会場にすで入っていく人たちが見えますが、明るいうちに行っても面白くないのでは?


     


     


朝陽亭(→こちら )はそこそこ大きな旅館で、ロビーは広々として気持ちよく、部屋指定できないプランだったのですが、ユニットバス(トーチャンはこれで済ます)の付いた和洋折衷のお部屋はスペース充分だし、部屋の窓からの眺めもオッケー。お風呂も悪くない温泉


     



     


お酒これで食事が平均点であれば、3人で35、640円ですから文句は言えませんが、これがひどかった・・・しょぼん

美味しくなくても豪華でなくても、せめてベストな状態で出してあればまだ許せるのに、例えばトーチャンが喜んで選んだこのフライドポテト、夕食時間に一番乗りしたのに、すでに冷たかったなんて・・。。今まで泊った旅館の中で最低ダウン


あ、でも、ひどいのはほとんど中国人客中心だったこのバイキングだけかもしれなくて、日本人客は個室や小グループ用の部屋できっと美味しいものを召し上がっていたんでしょう。 バイキングの宿泊プランしか選択できなかったので仕方ないのですが、ここに行かれる方はバイキングは避けて下さいね。






1月23日から3月27日まで長期に渡ってやってる層雲峡氷瀑まつり(→こちら )には旅館のシャトルバスで。


人口氷柱(つらら)ですが、雪像なんかとはわけが違いますからね、時間と手間が掛かったことでしょう。


一見、そんなに広くない会場なんですが、これがなかなか見応えあり、小さな温泉街のイベントにしては期待以上に良かったですアップ




打ち上げ花火花火は週末だけということで、この日は期待してませんでしたが、今日は中国のお正月をお祝いして特別にドンパチしてくれました。 規模は小さいけど綺麗で、雪見花火に感激ニコニコ




     
お酒ここで熱燗売ったら儲かるよ~。お尻が冷たくなるから長くは座ってられないけど(飲食屋台は別にあり)。

     

     


今年のテーマはアジアン・ドリームということで、台湾の有名な台北101という高層ビルが氷像に。


      

翌朝は早く起きて、不味い朝食を中国人に混じって大急ぎで食べ、ちょっとした吹雪だったので駄目だろうとは思いつつ、一応ロープウェイ駅に行ってみたところ、ゴンドラは動いているのに乗せてくれないって・・むっ。 スキー客はいないので観光客だけではちょっと荒れたらすぐ閉鎖しちゃうんでしょうね、きっと。


これが北海道で唯一の失望でしたが、そんなこともあろうと他にもロープウェイを計画してあって、そっちは上手くいったので、まあ良いことにしましょうかね。


バス 朝9時半発の送迎バスで旭川に向かい、動物園に寄ります。




人気ブログランキングへ
AD
<27th Mar Sun>

このイースター4連休、北海道旅行の写真選びに頑張ってますが、旅行のことばかりではナンですので、時折オペラやコンサート記事も混ぜますね。

-------------------------------------------


3月19日、バービカンでセミステージ方式のWritten on Skinがありました。


ジョージ・ベンジャミンのこのオペラ、3年前にロイヤル・オペラ・ハウスで2度観ましたが、初日は仕事で疲れてたのでうつらうつらして、「こういう時にこの前衛さは辛い・・ショック!」と苦しんだのですが、2回目は少し耳が慣れたのか(現代曲にはこれが大事かも)、「あら、結構良いじゃないの」、と思ったことでした。


そして、今回の3回目は傑作現代オペラの呼び声高いこのオペラの良さが更にわかっだけでなく、セットは無いけど細かいところまできっちりした迫真の演技と素晴らしい歌唱で感動しましたクラッカー

休憩なしの一時間半でしたが、一瞬たりともゆるまない緊張感であっという間に過ぎ、細かいところもしっかり見えて、この熱演を最前列真ん中で観られて本当にラッキーだとつくづく思ったことでした。


クリップどんなお話かと言うと、


本作りを依頼した若者と自分の妻が恋仲になったのを嫉妬した金持ち男が彼を殺したばかりでなく、彼の心臓を妻に食べさせ、妻は自殺するというグロテスクな中世のお話ですが、若者は時代を超越する天使でもあり、前衛的かつシュールな展開。ROHの舞台セットと衣装を思い浮かべながら聴いていたのが少しは助けになったかな?

クリップ












George Benjamin Written on Skin
Text by Martin Crimp
Concert performance
Directed by Benjamin Davis

Mahler Chamber Orchestra
George Benjamin conductor
Christopher Purves The Protector
Barbara Hannigan Agnès
Tim Mead Angel 1 / The Boy
Victoria Simmonds Angel 2 / Marie
Robert Murray Angel 3 / John


夫婦役のバーバラ・ハニガンクリストファー・パーヴィスは最初からずっとこの役を3年間あちこちで演じてきたので安心して観ていられたし、期待通りの素晴らしさでしたが、今回初めてこの役で聴くカウンターテナーのティム・ミードを一番楽しみにしてました。


ティム君は、調子の良い時と悪い時の差が大きくて、悪いときも結構ある上に、この日に至るまでにヨーロッパ大陸で5回ハードスケジュールで移動しながら歌っているので、デリケートなCTのこと、疲れてるかも、と心配でしたが、濁りのない美声で素晴らしかったです。


英語圏のCTにとっては大役のこの役を立派にこなして、プレミエのビジュン・メータ、その後のイエスティン・デイヴィスと比べてもひけを取らないくらいに成長したティム君、今年夏のグラインドボーンでBブリテンの真夏の夜の夢で聴くのがますます楽しみになりました。



  


ちょい役の二人も良かったです。

ROH版にも出てたヴィクトリア・シモンズは地味ながら着実に英国では活躍してるメゾ・ソプラノで、去年はカドガンホールのミニヨンの主役だったし、今年はホランド・パークでチェネレントラの主役だそうです。

テノールのロバート・マリーは、ROHでは一流テノールが出られない時に主役級をやったこともあり、いつも「輪郭のはっきりしない声だし、なんだかなあ・・」という印象でしたが、今日はシャープな声で見直しました。やればできるじゃないの! これからは彼が出てるから行くのを辞めようとは思わずに済みそうです。


      




     


指揮は作曲家ご本人のジョージ・ベンジャミン氏でしたが、こないだバービカンのカフェで隣にいた時のにこやかにリラックスした姿とは打って変わったシャキンとした姿が格好よかったです。 


このオペラはこれからも上演されるでしょうが、私自身が又聴きたいのももちろん、現代オペラには珍しく人様にもお勧めできます。 


ROHがコミッションしたベンジャミンの新作オペラももうすぐ聴ける予定なのが楽しみです。



                  


ひらめき電球

さて、


2013年3月にROHで2度観たのに忙しくて記事にはしてなかったので、遅まきながらここに写真もアップして記録しておきます。今回と違うのはCTのビジュン・メータとテノールのアラン・クレイトンですが、どちらも素晴らしかったです。





director Katie Mitchell

composer George Benjamin

text Martin Crimp

designs Vicki Mortimer

lighting design Jon Clark


conductor George Benjamin

Agnes Barbara Hannigan

protector Christoper Purves

first angel/Boy Bejun Mehta

second angel/Marie Victoria Simmonds

third angel/John Allan Clayton





演出家のケィティ・ミッチェル女史は、もうすぐROHで始まる新プロダクションのランメルモールのルチアはの演出もしてるのですが、舞台セットの写真を見ると、分断された複数のスペースがWritten on Skinに似た感じだわ。

それも含め、ROHであった彼女のトークイベントがROHオンラインで見られます(→こちら )。




音楽(クラシック) ブログランキングへ
AD

<26th Mar Sat>

テレビで「風と共に去りぬ」をやっていたので、もう何度も観てて次にどうなるか全部覚えてるわけだし、パソコンで北海道の写真でも選びながら軽く横目で観るつもりだったのに、結局、集中して観てしまいました。中学生の時に初めて観た時は、「スカーレット・オハラのように苦境に負けずに強く生きていきたいものだ」、と思ったことでした。幸いこれまでは平穏無事な人生で、彼女の真似をしようとしなくても済んでるのはありがたいことだとこの歳になると映画の見方も変わるものです。

というわけで、4時間も予定外に費やしてしまい、おまけに今夜は夏時間への移行で一時間失うというのに、余計短い一日になりました。

-------------------------------------------

                                  カメラ小さい写真はクリックで拡大します



晴れ2月8日(月)の札幌は晴天。雪祭りについては昨日アップしたので(→こちら )、今日はそれ以外のことを記録しておきます。

まず、札幌駅北口近くのアスペンホテルからすぐ近くなので、北海道大学のキャンパスに行ってみましょう。


キャンパス内にバスが走ってたり、学生用の自転車が乗り捨ててあったりする広~い構内ですが、青空に雪景色が映えて、今日の北大は日本一美しいキャンパスに違いないです。



     



    


     


クラーク博士像や、ポプラ並木の写真は撮らないとね。 霧普通の住宅地でもポプラの木がたくさんあるイギリスですから、トーチャンやムスメには「なんでこれが?」って理解できないでしょうけどね。



次は、高い所が大好きなトーチャンには絶対外せない絶景スポットである札幌駅のJRタワー


38階の展望室で360度のパノラマを、ゆったり楽しみました。


    


        

大通り公園。ビルに隠れて雪祭りは見えなかったけど、テレビ塔は見えました。23年前に3人で上ったよね。



   
赤レンガの旧道庁にはこの後行きます。         大倉山スキージャンプ場かな?

   


ビールすごく熱かったので、冷たいサッポロビールが美味しかったね




トイレ


滅多にトイレには行かないトーチャンがたまたま入ったらこれだったので、びっくりして写真撮った展望トイレ目


いいなあ、男子は。


誰もいなかったので、見学だけしましたけどねべーっだ!



雪北海道庁旧本庁舎の入り口にでっかい雪だるま。

すぐ近くで雪祭りやってて素晴らしい雪像が並んでるのに、敢えてここにこの雪だるまを飾るというユーモアのセンスはすごいにひひ


    



    


道庁の内部はざっと見学する予定だったのに、特別展までしっかり見たら時間がなくなったので、時計台は外から見るだけにして、お腹空いたからランチにしようね。



    

スープカレーが食べたかったのに見つからなかったので、閉店間際のお寿司屋さんに飛び込んでお茶


この後は雪祭りにまた行って、大通り公園やすすきので雪像と氷像を見学しましたが、テレビ塔の展望台は混んでたので諦めました。



塔の下にいた「テレビ父さん」、ペーソス溢れるテレビ塔キャラクターですが、腕もなくて愛嬌振りまけないせいか、なんか人気なくて、誰も一緒に写真撮ってませんでした。


     



「今夜は絶対にラーメンだからね!ラーメン」、と私が言い渡してあったので、「それなら、その前にデザート食べさせろ!」、ということで、地下街をケーキ屋さん探してうろうろし、やっと さっぽろスイーツカフェという店を見つけましたケーキコーヒー



    

駅前ESTA10階にあるラーメン共和国はよくあるラーメン横丁ですが、ここでやっとさっぽろラーメンが食べられました。


函館、札幌と街が続きましたが、ムードを変えて翌日は大雪山に向かいます。




人気ブログランキングへ

札幌 雪祭り

テーマ:

<26 Mar Sat>

祝日明日は北海道新幹線開通日ですねクラッカー 私たちが北海道にいた2月から、函館のみならず、遠く離れた地域でも盛り上がってて、北海道の人たちにとっては待ちに待った大切な日なのでしょう。おめでとうございます。・・まごついてる私の旅行記はまだ札幌雪祭りですけど。

-------------------------------------------
                                 カメラ
小さい写真はクリックで拡大します


札幌に夕方到着した日、そりゃ行きますとも、夜の雪祭りに雪


さっぽろ雪まつり(→公式サイト )は2月5日(金)から11日(木)で、私たちがまず行ったのは7日の日曜の夜。時折小雪が舞ってはいたけれど風がなくてマイルドだったので、さぞや混んでることだろうと札幌駅から恐る恐る歩いて行って7時前に着いたのですが、


なーんだ、人を押しのけなくてもスムーズに歩けるし(つるつる滑りながら)、大したことないじゃん、という程度でした(公式発表によると訪問者約200万人ですが)。

  


おにぎりラーメン寒いのにたくさん出てる屋台の呼び込みと、やたらたくさんいた警備員がメガホンで叫ぶ声がうるさかったので賑やかでしたが、お客さんより働いてる人の方が多かったエリアもありました。


もちろん中国人観光客もたくさんいて、翌日の夜にテレビ塔に上ろうとしたんですが、長蛇のチャイニーズ列で待ち時間45分と言われ諦めたり・・。


メイン会場の大通り公園は1.5キロもあり、往復して全てじっくり見てたら氷像展示のすすきの会場に行く時間がなくなったので翌日行き、それぞれ日中も見学して、写真は違う日の昼のと夜のが混じってますが、イルミネーションがカラフルで綺麗だし、絶対夜がいいですよ三日月


それから、できれば会期の始めの方でいかないと、雪が解けたり降り積もったりして段々形が崩れてしまいます。


今年の一番の売りである巨大雪像は「進撃の巨人」。私は知らないのでさっぱりでしたが、ムスメはよく知ってるようで喜んでました。



    
     
没後450年を記念してなのか、シェークスピアの冬物語もありましたが、ほらね、夜の方がきれいでしょ。


     

国際エリアだけがメンテ中で、積もった雪を払ったりあらたに削ったりしてシャープ。このドラゴンが一番ビューティフルだったかな。


     

有名な雪祭りの名に掛けても、という大規模な作品は自衛隊員によるものですが、色んなレベルの像があって、端っこのあまり人がいかないひっそりとした市民雪像エリアもあり、微笑ましい素人や高校生の作品などがずらっと並んでいます。たくさんあったのはミニオンズとダース・ベーダー。



     



雪の結晶歩いてすぐのすすきの会場は翌日行きましたが、ずらっと並んだ氷像は、ホテルの従業員とかによるものが多いようです。包丁使いの一部としての板前さんの仕事なのかな?。


でも、どれもよく出来てて美しいのに、こんな繁華街でやるんじゃなくて、もっとシンプルでダークな背景でないと良さがわからないでしょうに・・。


それに、全て現場で氷を削るとので、会期直前にそれを見学するのが一番面白そうです。




     

7日の夕食は、時間が遅くなった上に、家族(特にトーチャンが)デザートも食べられるお店がいいとかぬかすので、札幌駅に帰る地下道の途中にある赤れんがテラスの地下のレストランになりましたが、札幌名物の羊のジンギスカンが食べられたのでいいことにするか。



人気ブログランキングへ