函館の夜景

テーマ:


<28th Feb Sun>

飛行機ムスメは今日、北京に旅立ちました。2月の日本親子旅行を決めた時にはまだその話はなかったので、こんなことになるとは思わなかったのですが、しばらく会えなくなる前に2週間半一緒にいられたのはラッキーでした。今回はBF君抜きだったので、一緒にたくさん写真撮れたのも嬉しかったし。

では、いざ、北海道へ雪の結晶

-------------------------------------------

                              カメラ 小さい写真はクリックで拡大します。


新幹線2月5日はいよいよ北海道への長距離ジャーニー。 旅行中、愛飛行機にした方がよかったかしらんと思ったことも実は何度かあったのですが、まあ今回はジャパン・レール・パス活用作戦のために陸路で。


3月26日に新幹線ができると東京から函館まで4時間で行けますが、開通に間に合わなかった私たちは東北新幹線から新青森で乗り継いで約5時間半(9時半東京→3時に函館)。

    

新青森までの新幹線「はやぶさ」と、函館までの「白鳥」の車両デザインの極端な違い、笑えませんか?にひひ


     

雪青森のでっかいツララと東北の雪の平原が雪国へいざなってくれます。



            
船の形の函館駅に着いたら小雪が舞ってました。向かいにある格安ホテルスマイルホテルに2泊しますが、3人素泊まりで19,500円。超ベーシックですが、窓からの眺めは素晴らしくて、港も函館山も見えます目


     


     



駅前広場のイルミネーションも雪に映えて綺麗キラキラ 


向こうに見える白い建物がスマイルホテルですニコニコ

近くにデパートもあってロケーションは抜群。


5時になると駅から函館山行きのシャトルバスが出るので(それ以外は路面電車駅から坂道を上るので冬は結構大変そう)、それに乗ってまず夜景を見に行きましょう。




星空空気が澄んでいたのでクリアな眺め。



     



しかし、中国人がどっと押し寄せて(9割くらいチャイニーズだったのではないかしら)、結構広い展望スペースは押すな押すなの熱気メラメラ


着ぐるみたちもはしゃいでて、折角の美しい夜景なのにロマンチックな雰囲気は全くないですねえ。


ロープウエイ頂上駅には大きなお土産物店もあり、さすが有名観光地なんですが、ちょっと外れると途端に静かになるので、氷点下ですが風もなくそんなに寒くなかったのでしばらく夜景に見入ってました。


まず北海道の最初のハイライトは大成功チョキ





ロープウエイの降車駅から歩いてすぐに教会がいくつかあり、ライトアップされてたので、お散歩しましょう。


中国人は団体バスで夜景だけ見たらトットとお帰りになったので、すごく静かだし良い感じ。



西洋の建物には興味がないと思ったけど、よく手入れされたメルヘンチックな教会が雪化粧して美しいこと。



      





海に向かって下る坂の中ではこの八幡坂が一番有名のようで、イルミネーションされて更に絵になります。



博物館として港に停泊してる摩周丸はトンネルができるまで青函連絡船でしたが、後日見学します。


これから夕食なんですが、長くなったので明日にします。


イカやで~!蟹やで~かに座、と楽しみにしてたんです、私は。




人気ブログランキングへ
AD

北海道の防寒対策

テーマ:

<27th Feb Sat>

昨日までは寒くても青空だったのに、週末になった途端に曇り空。でも、私にはその方が気楽。お天気良かったらトーチャン連れてお花見に行かなくちゃならない気がするだろうけど(犬の散歩か?しっぽフリフリ)、この1週間仕事も夜のお出掛けも忙しくて家では寝るだけだったのでやることが溜まってるのだ。

日本で撮った写真が親子3人合計で3千枚もあるので、ブログ用に選ぶのは時間掛かるけど、楽しい思い出を反芻できて楽しいです。北海道旅行のことを書く前に、防寒対策についてまとめておきます。

-------------------------------------------

                                         カメラ写真はクリックで拡大します。


2月中旬の北海道という無謀かもしれないアドベンチャーで、一番心配なのは当然寒さ対策。


寒がりの私は思い切り厚着作戦で対処しましたが、幸いいつもより暖かかったようで、例えばめちゃんこ気温が低いと言われる旭川ではマイナス15度を覚悟してましたがマイナス3、4度で済み、拍子抜けすけするくらい楽でした。



ワンピース上半身

ユニクロのダウンジャケット4枚で、ピンクのは半袖ですが、グレー3枚は長袖。下には肌着、ヒートテックのタートルネック、毛糸のセーター又はカーディガンを着てるので、実に7枚の重ね着ですが、これだけ着ても重くないのは助かります。


ジーンズ下半身 

スパッツの上にジーンズ2枚はいてました。実はもう一枚重ねられるようにゆったりジーンズも持ってましたが、そこまでしなくても大丈夫でした。



    

ドクロ

毛糸の帽子を2枚重ねた上に、必要であれば薄めの白いダウンジャケットに付いたフードを被り、それでも足りない時は(風が吹いたりすると死ぬほど寒かったですから)暑いダウンジャケットのフードをもう一枚。さすがに4枚重ねれば、一番気温が低かった大雪山のマイナス14度でも全く寒くなかったです。

因みに、ウサギの毛皮のスカーフは函館で買ったもの。グレーばっかりでつまんないけど。


     

くつ足元

函館に着いてすぐにデパートで滑り止め付きのアンクル丈のスノーブーツを1万6千円で購入しましたが、最初から靴づれすることなくたくさん歩いけたのはラッキー。防水ボア付だし、ソックスを2枚履いてたので足先の冷たさを少々感じたのは大雪山のみ。

ムスメはロンドンでもう少し大袈裟なスノーブーツをこの旅行のために購入してました。イギリスのぬかるみ散策でも役立つとのこと。

普通の靴にカチっとはめる金具もあちこちで売ってて、安上がりだし外を歩く分にはそれでもいいのでしょうが、インドアでは外せと言われるのが不便。


   

得意げ

ムスメは、スノーボードが趣味のボーイフレンド君の顔カバーを借りて使ってました。雪景色のあまりの白さに頭痛がしたらしく、サングラスも購入。

私の薄い紙マスクだって、無いよりはずっとましでしたよ。偶然ですが千鳥格子でお揃い!


パー

以上、ほぼ寒さで苦しまずに過ごせましたが、手だけが問題で、厚手の皮手袋だけだったのですが、しばらく外にいると手が痺れる程。特に写真を撮るために手袋外してると麻痺しちゃいましたえっ




ところで、トーチャンはどうしてたの?

はい、強情な彼は「俺は普通で大丈夫だDASH!」、と強がって、イギリスにいるのとほとんど同じに過ごそうとしたので、そりゃ色々問題発生しましたよ。

無理矢理ロンドンで毛糸の帽子とスパッツを買わせたんだけどほとんど使わなかったので、薄着が原因なのか珍しく風邪気味になったしカゼ、普通の靴ではやっぱり滑るわけで、派手に2度転びましたね。バーカ!えっ



人気ブログランキングへ
AD

<24th Feb Wed>

中国の労働ビザをピックアップしたその足でムスメが昼前から遊びに来てくれました。おそらく今週末に発つとのことで、私たちが北京に出向かない限り数ヶ月は会えないのが淋しいですしょぼん。私は午前中働かなければならなかったこともあり、トーチャンと一緒に行く予定だったベンゲロフ(ヴァイオリン)のコンサートはギブアップ。

-------------------------------------------


今回の旅行も我が家のお姫様の希望を最優先してキャラクター商品の買い物にあちこち付き合ったのですが、北海道に発つ前日の2月4日は丸一日彼女のショッピングデー。 



     

  

お店のリストアップはしっかり自分でした彼女、まずは東京駅の東京キャラクターストリートへ。

ここは前回も来ましたが、たくさんのキャラ店がずらりと並んで効率は日本一ではないかしら。



ムスメのお気に入りのリラックマ等、いきなりここでたくさん買い込んだので、コインロッカーに放り込んでからでないと次に行けません。



    
    


先回すっかりお馴染みになった秋葉原にやってきて、まず、腹ごしらえ。

彼らは日本の焼きたてパン屋さんが大好き。 私はたこ焼きとかみたらし団子とかをスナックにしたいのですが、家族と一緒の時はパンばかり食べさせられて・・。


メイドカフェの呼び込みオネエチャン、コート着てるとわからないけど、皆さん「写真は駄目よ」いうプラカード下げてるんですね、最近は。      

  

秋葉原でしばらく過ごした後、最後は渋谷へ。


   

しっぽフリフリ忠犬ハチ公はリチャード・ギアの映画で西洋でも知られるようになりましたね。偶然、最近テレビで観たばかり。

  
グッド!東急ハンズはここが発祥ですよね? 意外に小さなお店でしたが、なきゃなくてもいいけど面白いモノが一杯あって、何度来ても親子で楽しめます。私が興味あるのは健康グッズですが、もうほとんどのモノは持ってるわ。 ・・・持ってるなら使いましょうね。


    

割り箸渋谷駅に近いデパートで夕食ですが、いいなと思うお店は行列だったので、空いてる天ぷら屋さんでいいよね?

でも、ここにはデザートがないので、東京駅で甘いものを食べたいと言われて、またパン屋さんになったのでした。


この日はインドアばかりにいたので大した写真がありませんが、翌日はいよいよ北海道に旅立ちます。




人気ブログランキングへ
AD

<22nd Feb Mon>

あ、そう言えば、私は3月3日からリスボン旅行なんだ! それまでに日本旅行記終わるかな? って、そりゃ無理でしょう。でも、なるべく済ませられるように、時差ボケと闘いながら今日も一つ殴り書きで進みます。

------------------------------------------- 

2月3日はまず品川駅へ。JR乗り放題切符であるジャパン・レール・パスの発行とJR座席指定という最大の懸念事項をクリアしないといけませんから。

最近厳しいと言われるバウチャーからパスへの交換、先回東京駅でやった時はパスポートにゴム印が押してあるだけの私の永久ビザでは駄目と言われて苦労したので(結局は渋々OKでしたが)、今回は手続が簡単と言われてる品川駅を狙ってみました。


そしたら、3人ともパスポート以外は何も見ずにあまりにもあっさりともらえたので、「えーっ! 外国人だってパスポートだけじゃなくて国外在住を証明しなくちゃいけない筈だからトーチャンもムスメも色々持ってきたし、私は今回は外国人の妻という枠を使おうと結婚証明書まで持ってきたのに・・むっ。そんな手抜き審査だから、本来もらえるべきじゃない人もインチキでもらえちゃうんでしょうが。JRともあろう大組織であまりにも対応が違い過ぎ!むかっ」、と呆れてしまったわ。 


ともあれ、品川駅の取扱所にはほとんど誰も来ないようでガラガラだったし、急に厳しくならない限り、交換はここがお勧めです。(中央改札口を出てすぐ右隣) 


今回は2週間で46、390円のを買いましたが、さすがに東京から北海道まで行けば充分元は取れたでしょう。日本に来るまで座席指定ができないのが不便で(と思っていたのですが、実は予約できるそうです。コメント欄ご参照)、観光シーズンの北海道のこと、全部希望通りにはいきませんでしたが、肝心な移動分はちゃんと取れて一安心。北海道は本当に混んでましたからね、席が確保できてよかったと思ったことが何度もありました。



さあ、心配事がなくなったので、本日のお楽しみに進みましょう。こんなお天気が良い日はいつか行こうと思ってた村上隆の展覧会がある六本木ヒルズに行って、トーチャンの大好きな東京を見下ろす景色を愛でるのがいいですね。


この屋上展望台、私は4度目かしら、東京タワーが程よく近く見えるのが感激で、あ~又トーキョーに来た!、という気分になります。ポカポカ陽気だったので、厚着の私は辛かったですが。
    

   


     
ビルノーマン・フォスター卿の特集をやってることは知りませんでしたが、資料も豊富で素晴らしい展示でした。建物の模型もたくさんあってムスメは喜んだし、なんと言ってもイギリスが世界に誇る建築家の業績を紹介してもらえたのが嬉しくて、目的であった村上隆さんよりも感激しました。





   


あ、もちろん、村上隆さんのユニークな作品も期待通り面白かったです。

    

割り箸

遅い寿司ランチをここで食べてから、ムスメの希望で池袋のサンシャインシティのキャラクターグッズのお店に寄り、最後は浜松町の世界貿易センタービルの地下で夕食。トーチャンとムスメの希望でデザートも食べられるオムレツのレストランでしたが、不味かった・・。

因みに、先回東京の最高の景色に感激したこの世界貿易センターの40階の展望階(→こちら )、取り壊し計画が遅れているようで、まだありました。


カバンホテルでスーツケースを引き取ってから、今日から2泊させて頂く千葉県の友人宅へ。


明日もう一日東京で過ごしてから、北海道に行きま~す!



人気ブログランキングへ


日本では「猫の日」だったんですってね。最後の日に猫で有名な「夕やけだんだん」に行きましたよ。

<21st Feb Sun>

EU離脱の国民投票が6月23日と昨日決定し、政治家たちが意見を表明してますが、今日はロンドン市長で次期首相候補とされてるボリス・ジョンソンが離脱支持を発表してキャメロン首相と真っ向から対決することに。選挙権はなくても他人事ではないですから、私もイギリスの将来を考える良い機会。

日本旅行記を開始しましたが、おっと、その前に、日本に発つ前日の着物お出掛けについて書いておかなければね。

-------------------------------------------

1月31日の日曜日、日本からいらしたKew Gardensさんとウィグモア・ホールに着物でご一緒しました。コンサートの前に近くのホテルのレストランで4人で軽く食事も。    



   


お顔出しできないのが残念ですが、エキゾチックな超美人さんですから、地味な大島もよくお似合いで華やかに見えます。


事前にコーディネートを伺っていたので、私は対照的に薄い色にしました。


     
鏡餅二人で帯はお正月っぽくしてみましたが、渋い色のお着物で綺麗な色の古典柄の帯がさらに引き立ちますね。




Simon Keenlyside baritone

Malcolm Martineau piano


Franz Schubert (1797-1828)

Alinde D904

Geheimes D719

Seligkeit D433

Bei dir allein D866 No. 2

Nachtstück D672

Der Wanderer D649

An den Mond in einer Herbstnacht D614

Herbstlied D502

Im Haine D738

Im Walde D708


L'incanto degli occhi D902 No. 1

Pensa, che questo istante D76

Der Jüngling und der Tod D545

Strophe aus Die Götter Griechenlands D677

Des Fischers Liebesglück D933

Die Sterne D939

Herrn Josef Spaun, Assessor in Linz D749

Fischerlied D351

Der Wanderer an den Mond D870

Schwanengesang D957
Abschied


サイモン自身がアナウンスして、どれかひとつ省いた筈。アンコールはHugo Wolf。


しばらく喉の調子が悪くて歌ってなかったサイモン、去年秋にROH引越公演で日本では歌っているのにロンドンは久し振りのせいか、心配気味な熱心なファンで熱い雰囲気でしたが、彼らしい知的なコンサートでした。


     


     

終了後のグリーンルームにはサイモンの知り合いがたくさんいて、バレリーナの奥様もいらしてました。すっかりお馴染みのKew Gardensさんにまたここで会えてサイモンもとても嬉しそうでしたが、すみませんねえ、私が割り込んでスリーショットになっちゃいました。




音楽(クラシック) ブログランキングへ