<28th Nov Sat>

溜まってるオペラやコンサート記事をどんどん消化しないと、今夜から又3連ちゃんDASH! 明日はダブルヘッダーショック!

-------------------------------------------







      

New Sussex Opera(→こちら )は、グラインドボーン・オペラのあるルイスの街を基点とするコミュニティ・オペラ・グループで、コーラスや裏方を無償でやりソロ歌手やオーケストラは他に頼るというスタンスのようですが、コーラスはなかなかのレベルで感心しました。いかにも素人っぽい人が楽しみながらやってるのも微笑ましかったし。

プロのお雇い歌手のレベルはまちまちで、「こんなに上手なのに、どうしてもっと有名なオペラハウスで歌わせてもらえないの?」という人から、「もうちょっと上手な人は簡単に見つかるんじゃないの?」、という人まで玉石混合。


舞台セットや衣装はお金を掛けずにベストを尽くした努力のあとが見られ、皆で相談するのも楽しかったでしょうね。後ろの席の男性は、「知り合いがコーラスで出てるし、親父の古いスーツケースも利用してもらってるんだ」、と嬉しそうでした。



おとめ座 Mignon

Victoria Simmonds Mignon
Ruth Jenkins-Róbertsson Philine
Ted Schmitz Wilhelm Meister
Adrian Powter Lothario
Christopher Diffey Laerte
Nicholas Jenkins conductor
Harry Fehr director
Eleanor Wdowski designer
New Sussex Opera Chorus
St Paul’s Sinfonia

本ゲーテの「君よ知るや南の国」は、私が小学生の頃に大好きだった可愛くて心温まる小説で、幼い時に誘拐されてドイツのサーカス団で虐げらてる少女ミニヨンが、救ってくれた美青年と恋に落ち、彼女を探して今は浮浪者だか本当はお金持ちの父親とも再会するというシンデラレ・ストーリー恋の矢がま口財布 

ミニヨンが故郷イタリアを思って歌う「君よ知るや南の国」はゲーテのイタリアへの憧憬から書かれた詩ですが、私のイタリアへの憧れもこれがきっかけでしょう


ずっと観たかったので、初めて観られて嬉しかったのですが、テノールの有名アリアもあるトマの愛すべき作品なのに、カドガン・ホールは字幕装置がなさそうだし仕方がないとは言え、フランス語ではなく英語だったのが残念。 

これは私の思い入れによる希望なんですが、イタリアの明るい陽光がポイントなので、実写映画オペラにしたら素敵なのでは? ミニヨンはやっぱり少女であって欲しいしね。




音譜ソロ歌手の経歴は→こちら ですが、


中でもびっくりする程上手だったのが、恋敵で女優のフィリーン役のルース・ジェンキンス・ロバートソンで、輪郭がはっきりした張りのある心地良い声で聞き惚れましたクラッカー 華やかなコロラチューラ満載なこの役で彼女が聞けただけでも行った甲斐があったのですが、これほどのソプラノがこんな地方オペラで勿体ないったら。


フィリーンの一番華やかなアリアは当然ナタリー・デセイで聞いて下さい(→カチンコこちら

これを探してたら、ナタリーとミシェル・ルグラン(シェルブールの雨傘とかの作曲家)のベルサイユ宮殿野外コンサートを見つけたのですが、とても素敵でした(→こちら )。ミニヨンと両方で新旧のナタリーが楽しめます。


ミニヨン役のヴィクトリア・シモンズは名前知ってたし、歌も聞いたことあるのでしょうが、今回も充分合格点だけど特に印象には残らず。ミニヨンはタイトルロールだけど、歌の美味しいところはフィリーンとテノールに持ってかれて、地味だしね。


テノールのテッド・シュミッツは、ミニヨンにとっては白馬の騎士に相応しい魅力的な容貌と演技で、歌は凄く上手いわけじゃないけど、こういう物語要素の高い舞台では総合的に高得点。今年、グラインドボーンのサウルで魔女役で代役出演もしたそうです。私の好きなテノールのアリアは私にはお馴染みのアラーニャでどうぞ(→こちら )。やっぱフランス語でなくちゃね。


お父さん役のバリトンは下手でしたねえ。



カドガン・ホール近くのスローン・スクエアは程よい暗さでクリスマス・イルミネーションがロマンチック星空

オペラやコンサート終了後にこういう場面に出くわすと、幸せ度アップニコニコ




音楽(クラシック) ブログランキングへ
AD

<27th Nov Fri>

今朝のROHサポートフレンズ予約はまあまあの出来だったかなチョキ 枚数制限があると苦労するんだけど、今回はなかったので助かりました。ダムラウの出るルチアとかもあるのに。トーチャンが「やっぱり近くの席で聴きたい」とか言うので、出費が嵩みましたけどね。だからってわけじゃないけど、お得な買い物日であるBlack Fridayの今日、敢えてショッピングには行きませんでした。 オンラインでちょっと買っちゃいましたけど、モノを増やすのは嫌なので、お芝居の切符とかスパ・トリートメントとかにして。

-------------------------------------------




11月20日、国会議事堂近くのSt. John's Smith Squareでラモーのカストールとポリュックスをコンサート形式で聴きました。1754年の改訂版。


      



コンサバでまっとうなイギリスの雰囲気漂うエリアは良い感じだし、教会を改造したコンサートホールも美しいので好きですが、ここは字幕装置がないので、オペラ・コンサートには不向き。フランス語/英語対訳の冊子を渡されて自分で追うわけですが、歌手の顔とか見てるとどこなのかわからなくなっちゃって。


双子座の由来を語るギリシャ神話を題材とする「カストールとポリュックス」は、「オペラ 作曲家ラモー」の名を後世に印象付けることとなった作品ということで,、ヘンデルをフレンチにしておっとりさせたようなバロック音楽が優雅で美しい作品です。

ゼウスの息子である双子兄弟(異母兄弟かも)の三角関係と兄弟愛の物語で、例によってギリシャ神話の神様の気まぐれだけで事が運ぶアホらしさですが、詳しいストーリーは→こちら をご覧下さい。



ふたご座 Rameau Castor et Pollux


Early Opera Company
Christian Curnyn conductor
Ashley Riches Pollux
Samuel Boden Castor
Katherine Watson Telaire
Sophie Junker Phoebe
Callum Thorpe Jupiter
Zachary Wilder Mercury

このオペラは4年前にENOの英語版で観ましたが、全裸の男性がぶらぶら長い間歩き回ったり、女性は何枚も重ねてはいてるパンツを脱ぎまくるという忘れられないお下劣きわまりないプロダクションで(→こちら むっ -グラインドボーンのサウルと同じ演出者です)、あれを思い浮かべてしまったら嫌だなあと心配だったのですが、フランス語だと全く違う感じになって、想定に相応しい品格のあるパフォーマンスに聞えました。 英語圏の歌手ばかりみたいなので、フランス語の発音はナンだったかもしれないけど。


     

これを見に行くことにしたのは、今年2月にグローブ座のプレイハウスで観たカヴァッリのオルミンドL'ormindoで気に入ったテノールが出てるからですが、そのサミュエル・ボーデン、オルミンドは上から見下げたのでわからなかったけど、うんと小柄で貧弱な上、ハンサムには違いないんですが意外に年食ってて、ちょっとがっかりガックリ 上の写真の胸のハート印が小さい方がサム君ですが、ロルミンドでは化粧して元気に飛び回って色気があったんですけどね。

歌は、しっかりしたテクニックとまんべんなく伸びる声は私好みなんですが、少々声量不足かな。折角かぶりつきの席を買ったのにオケの後ろで歌ったので、遠かったのも残念。 でも、こじんまりした所でないと良さがわからないテノールかも。 音譜こちら のyoutubeで歌が聴けます。

    

     

ポリュックスのアシュリー・リッチーはROHのヤング・アーチストだったので嫌と言うほど聴いてますが、主役を立派にこなせるように成長したのは喜ばしいことです。長身で不敵な面構えなので、ニヒルな悪役やったら光るでしょう。

お目当てのテノールはイマイチだったけど、その代わり、女性二人が素晴らしかったので、行って良かったです。 二人とも上手だし美人。特に男性二人に愛されるテライエ役のキャサリン・ワトソン(銀色ドレス)、ソフトだけど張りのある美声は是非また聞きたいですラブラブ


音楽(クラシック) ブログランキングへ
AD

<25th Nov Wed>

しばらく仕事と遊びで忙しくてブログ書いてるヒマなかったんですが、今日は午後から出社なので、その前に一つ。

-------------------------------------------


お酒11月23日、ナイツブリッジのミレニアム・ホテルで行われた日本酒イベントに着物で行ってみました。恒例の酒ソムリエのコンテストSake Sommelier of the Year Competitionで、見学だけなのですが、着物姿が映えるイベントですからね、3人で行ってみましょう。


私以外のお二人は着付けに自信がないということで、チェルシーのジャパニーズ・レストラン「夢の木」さんで集まってランチしてから、私がお手伝いさせて頂きました。人に着せるのは苦手なんですが、まあなんとかなったかな、と。


        


日本びいきのFさんは光沢のある訪問着が金髪に映えて華やか。 着物は日本人だけのものではありませんね。       


     


夢の木さんの美人オーナーのT子さんは、地味な着物でも艶やかで、半襟が効果的で素敵。


    

お二人がなにをお召しになるかわかっていたので、なるべく種類の違う着物を皆様にお見せしようと、私は総絞りにしました。


    

会場にはもう一人着物が方が。振袖にふくら雀の若い女性はこの日の司会者さんですが、なんと、ご自分で着付けなさったそうで、 帯は道具を使ってあらかじめ形を作っておいたとのことチョキ こんなきれいにできるのなら、私も使ってみようかしら? 去年のクリスマスにムスメにふくら雀した時は苦労したんだからガーン(→こちら )。 


    

余興に、私もちょこっと参加させて頂きました。コンテスト参加者の方々はたくさんの難しいテストをこなすのですが、その中で一番簡単な「日本酒を作るお米の’精米度’を当てるという質問で私がサクラになっただけですけどねにひひ  優勝はスペイン人の男性でした。



       


日本酒の知識も少し増えたし、金箔入りの日本酒もたくさん頂きました。仲間がいると楽しさ数倍の上、主催者の方にも喜んで下さって、楽しい着物お出掛けになりました。





人気ブログランキングへ
AD

<21st Nov Sat>

毎日出勤した上にオペラとコンサートが4つもあった忙しい週が終わり、週末は家でのんびり。お天気良いけど急に寒くなったしね。

-------------------------------------------





11月19日のアンドレアス・ショルとイエスティン・デーヴィスというお気に入りのカウンターテナー二人の夢の共演で、素晴らしいコンサートだったんでしょうが、私としては失望したこともあり、。



1席が一番隅っこ・・


ウィグモア・ホールのフレンズ予約は席が選べないので、申込用紙に「最前列希望ですが、駄目なら真ん中のセクションで後ろの席をあてがって頂けますよう、よろしくお願い致します」、といつも書き、たいていはその通りにしてもらってるんですが、今回は無視されたようで、最前列の続きではあるけど壁際の席。

正面からまっすぐ声が飛んで来るのとはかなり違う響きで、この方が好きって人もいるでしょうけど、私は不満。




2反対側から聴きたかった・・


ショル兄はそして、今日のお目当ては接する機会の少ないショル兄なのに、残念ながら彼は舞台のあっち側ばかりで歌ったのもがっかりしょぼん それは数日前にイスタンブールで同じコンサートをした時の写真をみてわかったので、真ん中かあちら側の前の方を席のリターンを狙って乗り換えようとしたんですが、なんせ超人気コンサートですからね、希望の席がおいそれと出てくる筈はありませんガックリ



3小編成オケの水増し演奏が多過ぎ


誰もが天下のCT二人を聴きに来てるんだから、貴方たちの出番は必要最小限にして下さい! 一人づつ歌った曲も結構あるんだから、そもそも二人を休ませる水増し演奏は全く不要な上に、だらだらつまらない曲ばかりやって、その度に盛り下がったではないですかパンチ!

 

    

4アンバランスな二人


私の位置からはイエスティン君の方がよく聞えるのは当たり前ですが、デュエットでは彼の声ばかり聴こえて、ショル兄の声がほとんど聴こえなかったですしょぼん


今が旬で絶好調のイエスティン君に対し、元々優しい声の上に全盛期よりかなりしょぼくなってるショル兄が太刀打ちできる筈はないのですが、バランス取るためにイエスティン君がボリューム下げてバランス取るのは難しいのでしょうか? ちょっと前にバービカンでショル兄と二重唱したソプラノは明らかに声量落としてましたよ。

それに、例え実力伯仲でも、この二人の声のブレンドがベストかどうか・・・はてなマーク



    

 

ショル兄だけの時はちゃんと聴こえたのですが、大好きな甘い声は素敵だけど、無理して張り上げてる感じがして、痛ましいというほどではなかったけど、録音で聴く方がいいかな・・むっ 

幸いショル兄にはたくさん素晴らしい録音があり、この頃うっとりしながらYoutubeでよく聴いてるんですドキドキ まだ彼がこんなに丸くなる前のすらっとした美男子だった時の姿を思い浮かべながらねべーっだ!




 誰がなに歌ったのかメモしてたわけじゃないのではっきり覚えてないですが、プログラムはこちら。


The English Concert 音譜


Harry Bicket director, harpsichord

Iestyn Davies countertenorしっぽフリフリ

Andreas Scholl countertenorぶーぶー


Henry Purcell (c.1659-1695)

Many such days may she behold ぶーぶーしっぽフリフリ

Sweetness of Nature and true wit しっぽフリフリ

By beauteous softness mixed with majesty ぶーぶー


John Blow (1648-1708)

Sonata in A major 音譜


Henry Purcell

Strike the viol, ぶーぶーしっぽフリフリ

Sound the trumpet ぶーぶーしっぽフリフリ


John Jenkins (1592-1678)

Fantasia a 3 音譜


John Blow

No, Lesbia, no (The Queen's Epicedium)しっぽフリフリHenry Purcell


Music for a while ぶーぶー

O dive custos Auriacae domus ぶーぶーしっぽフリフリ Henry Purcell


コーヒー<interval>


Symphony 音譜

Let Caesar and Urania liveしっぽフリフリ

Chaconne ぶーぶー

What power art thou 'Cold song' ぶーぶーしっぽフリフリ

Fairest Isleしっぽフリフリ

Let the fifes, and the clarions ぶーぶー? 

Sonata in G minor 音譜

Evening Hymn ぶーぶーしっぽフリフリ (duet)



アンコールは2曲で、最初は不明、最後はSound the trumpetを再び。


以上の問題もあり、かぶりつきで聴くいつものコンサート程は楽しめなかったせいかなぜか緊張してしまった上、終了後に舞台裏のグリーンルームに行こうかどうしようかずっと迷って気疲れしちゃったのかな。

こんな隅っこの席からじゃあ一番乗りできないし、きっと沢山の人でごった返すだろうからどうなるかわかったものじゃないし、二人が別々にいたら、両方に話し掛ける機会はないからどうすりゃいいの。今日はショル目的なんだけど、イエスティン君を無視するのも悪いし・・ぐだぐだむっ

なので、結局まっすぐ帰ることに決めたんですが、実はグリーンルームへの階段にはなんと誰も待ってなかったので、出口を出てすぐに凄く後悔。もしかしたら、最初だから二人で並んでる写真撮れたかもしれないのにねあせる


ま、慰めは、早く帰宅できたおかげで、たくさんの写真の中から何枚か選んでイエスティン君に送ってあげたらすぐにFBとTwitterにアップしてくれたことかしらカメラ 



12月4日に又イエスティン君はウィグモアに出てくれて、テノールのアラン・クレイトンとの共演ですが、人気度がぐっと下がるので前から2列目の真ん中が確保できてますチョキ




人気ブログランキングへ

<18th Nov Wed>

昨夜は、我が家の近くのウェンブリー・スタジアムでサッカーのイングランド対フランスの友好試合があり、厳しい警備の中、英仏一体となって感動的だったようですが、オペラの帰りに地下鉄にどっと乗り込んできた観客もいつもとは違う面持ちでした。

-------------------------------------------





11月14日と16日の2回だけヨナス・カウフマンが出る予定だったカルメン、予想通り彼にキャンセルされちゃって、代役テノールが「ナブッコ」で「可もなく不可もなく」と思ったアンドレア・カレだったので期待は低かったですが、16日に一応行ってみました。


Music Georges Bizet

Libretto Henri Meilhac and Ludovic Halévy
Director Francesca Zambello
Designer Tanya McCallin
Conductor Alexander Joel
Carmen Anita Rachvelishvili
Don José Andrea Carè
Escamillo Gábor Bretz
Micaëla Sonya Yoncheva
Frasquita Vlada Borovko
Mercedes Rachel Kelly
Le Dancaïre Adrian Clarke
Le Remendado Harry Nicoll


    


で、そのアンドレア・カレはどうだったかと言うと、やっぱりイマイチでしたねえむっ


声量はあるし、音程もしっかりしてるし、高音が詰まり気味なのを除けば悪くはないし、おそらく彼としては実力を出し切ったパフォーマンスで、芝居ももう一人のハイメルみたいに指揮者ばっかり見てなくて熱演してくれたので、文句を言っちゃ可哀相なんですが、華がないし、要するに、私の好みの声じゃないってことでしょうか。


ルックスも、決して悪くはないんですが、背丈が女性達と同じくらいしかないので貧弱気味だし(もっとひどいテノールはわんさかいますけど)、なぜか写真写りが凄く良いのでハンサムに見えますがキラキラ、実物は全く違って、全く惹かれないテノールという印象は変わりませんでした。 


因みに、今回13公演のカルメン、この後もう一人ドンホセがいるのですが、韓国人のヨンフン・リーYonghoon Leeは観に行きません。ヨン様のドンホセは2年前に観たし(→こちら )、その頃忙しいし、第一そんなにカルメンばっかり何度も聴きたくないです。この頃は立見席が多いので体力的にしんどいしね。実はこの日も真正面の立見でしたが、ただ立ってるだけでは勿体ないのでストレッチやスクウォットしながら観てたら、翌日腰が痛くてトホホ・・・ショック!



闘牛士はハンガリー人バスのガボール・ブレッツ。 グリゴーロと共演したラ・ボエームのコリーネはなかなか良かったけど、今回は歌もどうってことなかったし、なんか締りのない闘牛士で、立派な体格を活かしてうんと派手に振舞って伊達男振りを見せて欲しかったのに、動きが鈍くてぼんやりした印象になってしまったのは残念。


目玉のカウフマンに振られて一気にテンション下がったカルメンでしたが、今まででベストなカルメンだと私が思うアニタ嬢と、こんな役で出てくれるなんて申し訳ないようなソニア・ヨンチェバが又聴けただけでもよかったと思わなければね。ミカエラは、ヨンチェバより、もう一人のミカエラのニコール・カー(→こちら )の方が今回は勝ちでしたが。




音楽(クラシック) ブログランキングへ