<30th Aug Sun>

さっき、ディヴィッド・ニコルズのベストセラー小説「One Day」の映画をテレビで観たけど、アン・ハサウェイはアメリカ人だし美人過ぎて本で読んだイメージとは違い過ぎ。映画の主役は美人じゃなくちゃ成り立たないから、仕方ないですけどね。今日の記事のカップルのドラマチックなロマンスはそのまま映画になりますが、超美男美女をそのまま出せばリアル。どの役者さんがいいかしらね?

-------------------------------------------

                                      カメラ写真はクリックで拡大


イギリスのテレビチャネル4TVは、BBCではやりにくいかもしれないロイヤル・ファミリーの暴露紹介番組をやってくれて、3年前に女王様の夫君エジンバラ公の母親の波乱万丈人生が面白かったのでブログで記事にしましたが(→こちら )、先週オンエアの「もう一人のウィリアム王子」The Other Prince Williamも「へえーっ! そんな人がいたんだ」、と興味深かったので、ご紹介しましょう。


ラブラブ身分違いのロマンスの舞台が東京っていうのも嬉しいですしね。


   

グロスターのウィリアム王子Prince William of Gloucester(1941-1972)は、先々代国王ジョージ5世の孫であり、エリザベス女王の従兄弟。一時は王位継承権4位だったこともあり、30歳で事故死しなかったらグロスター公爵になってた人です。


このプリンス・ウィリアムは頭も良かったようで、イートン校、ケンブリッジ大学と進み、公爵家の跡取り息子としては理想的だった上に長身のハンサム。若い男性の褒めるのにdashingという言葉があり、「颯爽として格好良い」という意味ですが、a dashing young princeだった彼はまさに王室のゴールデン・ボーイキラキラ


カチンコYoutubeでじっくりご覧遊ばせ(→こちら )。 


                    

今のウィリアム王子はダイアナ妃に生き写しと思っていたのですが、そうではなくて、王室に昔からあった顔なんですね。


こういう立場の人は跡継ぎになるのを待つ間、普通はミリタリーに属するのですが、彼は珍しく外務省に就職し、最初の赴任地が日本だったわけです。


1960台後半の日本は東京オリンピックで世界に羽ばたいて皆がハッピーだった時代でしたが、そんな所に現れた高貴でチャーミングなプレイボーイ・プリンスはさぞ大もてたに違いなかった中、こともあろうに捕まった恋人になったのは、5歳年上で離婚経験が2回ある子持ちのハンガリー人Zsuzsi Strkloff。日本ではモデルをしてて、レブロン化粧品の広告にも出てたそうです。


   

あ、後ろにチビまるこちゃんがいますよにひひ


そのズージさん、今は米国在住(元夫がアメリカ人)ですが、79歳になる今もとても綺麗で、今回のTV番組でも思い出をたくさん語ってくれたのですが、彼からプレゼントされた指輪をネックレスにして今でも肌身離さず、40年以上も経ったのに、彼のことを毎日思い出してるそうです。


この美しい二人が永遠に引き裂かれたのは、プリンスが自ら操縦する小型飛行機墜落事故で死亡叫びしたからですが、そうでなければどうなっていたんでしょうね? 


勿論、身分違いであるだけでなく、公爵夫人になるには条件悪過ぎた彼女の存在は問題視されたわけですが、一番問題だったのは離婚経験者ということのようです。

女王様の子供4人のうち3人が離婚してる今ではそんなこと問題にならないでしょうが、当時は、女王様の妹君マーガレット王女が離婚経験者の恋人を諦めたし、一世代前には叔父さんがシンプソン夫人と結婚するために王位を捨てたというスキャンダルがあったわけで、王室は「やれやれ又か、困ったものだ」、と頭を抱えたようです。


                 


で、彼は恋愛と義務のジレンマで苦しんだ挙句、彼女との結婚を諦めガックリ、二人は別れたのですが、その後も連絡を取り続け、飛行機事故の直前にも「操縦席の隣に座って欲しい」、などと誘ってくれたと彼女が言ってるので、もしかしたら復縁して公爵夫人になれたのかもしれませんね。


あまりにあっけなく途中で終わってしまったロマンスの行方はなんだか気になりのですが、


今ではヨーロッパで元旦那が刑務所にいた子持ちの女性が皇太子妃になった人もいるくらいですから、プリンス・ウィリアムは王室の直系ではないし断固主張して時代を先取りすることもできたかもしれませんよね(結婚となれば、決めるのは、本人ではなく女王様なんですが)。


しょぼんともあれ、王室も惜しい人を失くしたものです。グロスター公爵は王室行事で結構お出ましになる機会も多いので、この長男ウィリアムに公爵様になってもらって華を添えて欲しかったです(現公爵様はイマイチ地味なもんだから)。


ひらめき電球

しかし、ふと思うに、


もし彼が日本で惚れたのが日本人女性だったらどうだったんでしょうね? 


それが例え身分的には申し分のない宮家のお姫様でも、人種の違いは、白人の離婚経験者よりも問題視されたような気もしますが(それは今でもそうかも)、或いは、香水「ミツコ」となったミツコさんの例もあるし、直系でもないので「仕方ないわね、」と結婚を許してもらえたのかしら? 

そして、現代であっても、王室直系だったら、国民の反感も買うでしょうね。


ということで、やんごとなき方々の結婚は制限付きなのは気の毒というか、仕方ないというか・・。幸い、ハリー王子は金髪のカワイコちゃん好みですから、英国王室ではしばらくその心配はない筈。



人気ブログランキングへ

AD

<28th Aug Fri>

今週は毎日出勤しましたが、予定されてた地下鉄ストも直前に回避されて助かりました。明日からは(私だけじゃなく全国的に)3連休なんですが、お天気が良ければトーチャンをどっかに連れてかなきゃいけないけど(犬の散歩か?)、来週末の旅行の準備とかあれこれ溜まっていることを片付けたいから、天気悪くてもいいかな・・・。

------------------------------------------- 

                               カメラ写真はクリックで拡大します



先週の日曜日、結婚式で着物の着付けをさせて頂きました。

結局は全て上手くいき、素晴らしいウエディングとなりましたが、ハラハラする場面もあってドラマチックな一日でした。 


前日の土曜日は30度を越す猛暑で、「うわーっ、明日もこれだったら、袷の着物じゃ暑くて気の毒・・」、と心配だったのですが、幸い当日はぐんと涼しくなって20度くらいのイギリスの夏に逆戻り。


だけど、昼過ぎに凄い土砂降りになって、「うーん、これでは外で写真撮るのは無理そうだ・・・」、と恨めしかったのですが、これも幸いなことに肝心な時に雨が上がっただけでなく、晴れ間も見えて理想的なお天気になり、気持ちの良いテムズ河畔でお祝いドリンクできました。


しかし、花婿花嫁さんがひどい交通渋滞に巻き込まれてなかなか到着しなかったのには皆が気を揉みましたよガーン 



   


自分が着物を着るのは慣れてても他の方に着せるのは苦手な私、ヘア(これも私の担当)と着付けで1時間はある筈だったのでまあなんとかなるかと思っていたのですが、着付けを始めたのがなんとセレモニー開始予定時間の10分前叫び。 式を取り行って下さる女性お二人が快く「今日はこれが最後のアポだから、時間は心配しなくていいのよ」、と仰って下さったとは言え、そりゃ焦りますよねショック!

お振袖をお召しになるということで、去年のクリスマスにムスメに結んであげた「ふくら雀」(→こちら )をおさらいして練習しておいたのですが、この際1分でも早く仕上げなきゃいけないですから、やむなく無難な二重太鼓に変更。でも、大人の振袖姿にはすっきりしたお太鼓結びもいいものだわ、と後で素敵な着姿を拝見しながら思ったことでした。


二人の方にあれこれ手伝って頂いて、私が大急ぎで着物や帯を巻き付ける間にご本人はメークの仕上げをするというドタバタぶりでしたが馬、着付け自体は15分くらいで出来たのはないかしら。大慌てだしやり直してる時間はないので満足のいく出来ではなかったですが、要するに着付けは大した問題ではなくて、美しい女性と素敵な着物と帯が揃えばそれで充分ってことでしょうね。 日本から持っていらした若い時の大きな花柄のお振袖は華やかで本当に映えましたキラキラ


結婚式で振袖を着るのが夢と仰って下さった上に、プロでもない私が友人のツテで少しでもお役に立てて嬉しかったですニコニコ



       


バークシャーにあるBrayという可愛いヴィレッジにあるホテルThe Waterside Inn(→こちら )でしたが、日本風に言うと割烹旅館ってとこでしょうか、25年間ミシュラン3ツ星保持の レストランが売り物のこじんまりしたイギリスらしい雰囲気のある素敵なホテルでした。


写真でご覧下さいですが、ここBrayはこないだ私が行った有名シェフのヘストン・ブルメンタール氏(→こちら )のミシュラン3ツ星レストランThe Fat Duck(→こちら )もあるグルメ村で、ロンドンからそんなに遠くないですから、結婚式やディナーは勿論、お忍びデートにもお勧めですべーっだ!

 

    

    


ベル

少人数のセレモニーにも参列させて頂いたのですが、ゴージャスなお部屋、堅苦しくなくてアットホームで温かいセレモニー、美男美女のカップル、とまるで映画のシーンのようでうっとりラブラブ 


いいなあ、こんなロマンチックなウエディングだったら私もやりた~い、と憧れてもそりゃ無理ですから、その代わり長年連れ添った(今年の大晦日で結婚35年)くたびれた初老のトーチャンをもっと大事にしなくちゃな~、としみじみ感じた感動的なウエディングでした指輪



   


ホテルの裏はテムズ河に面してて、ここで頂いたハッピーな雰囲気な中でのシャンペンは最高だったし、カクテルグラス、さすがミシュラン星のホテル、おつまみも全てすごく美味しかったです。


     

「はーい、皆さんスマイル!」、と写真撮ってくれたウエイターのフランチェスコ君はヴェローナから出稼ぎ中だそうです。    


    


人気ブログランキングへ
AD

<26th Aug Wed>

会社の同僚がキャンプ・ホリデー中なのですが、土曜日は猛暑、日曜日は土砂降り、月曜日は寒くて寒くて・・という連日変化に富んだ悪条件。イギリスでキャンプってのはリスク高過ぎ。今週末の3連休にムスメもキャンプに行く予定らしいけど、大丈夫かしらん? いや、キャンプじゃなくても、最近おかしな天候で、私は今日の帰宅時に雷雨の真っ只中でずぶ濡れになってしまったぞ。あ、もちろん、日本の台風に比べればどうってことないけど。

-------------------------------------------

                                      カメラクリックで写真は拡大します


8月7日はハムステッド・ヒースとケンウッド・ハウスで広大な緑のスペースとギャラリーで絵画鑑賞を楽しみましたが(→こちら )、その1週間後の15日、同じ楽しみ方ができる所に行ってみました。全ての面でミニ版でしたが。


    

「南のハムステッド」とも言うべきロンドン郊外の高級エリアダリッチDulwichで有名なのはまず1619年設立のダリッチ・カレッジという私立学校ですが、何度か車の中から見たことがある壮麗な校舎は青空の下でまじかに見ると更に美しいです。


   

走る人ウォーキング・ガイドブックにスに従って歩いたのですが、特に柵に囲まれた自然保存地区Sydenham Hill Woodが素晴らしく、鬱蒼と茂る林はまさにミニ・ハムステッド・ヒース。


    


1851年に近くのクリスタル・パレスで開かれた万博のために敷かれた鉄道は廃線となり線路も取っ払われて散歩道になってますが、ピサロの絵(コートールド・ギャラリー蔵)で当時の様子がわかるでしょう。



     

えっ! ここには古代遺跡もあるの?

いえ、これはインチキで、ビクトリア時代に作られたなんちゃって遺跡なんですが、ただの飾り物でもここまで古いと良い雰囲気醸し出してますよ。

ゴルフそして、柵の外にはゴルフ・コース。さすが、お金持ちエリア。



    

ダリッチ・パークDulwich Parkはどこにでもある普通の公園ですが、サザック区はお金持ちなんでしょうか、設備やスポーツ用具が整ってる素晴らしい市民に愛されてる公園のお手本。たくさん置いてあるテーブルと椅子でピクニックしてる家族連れもたくさんいました。カフェもありますが、平日なのに満員で入れませんでした。


     


    
公園のゲートハウスもこざっぱりしてるし、池にはボートもあり、ほんとに模範公園。

走る人

歩き疲れたけど、最後に芸術鑑賞アート

   


ダリッチ・ピクチャー・ギャラリーDulwich Picture Gallery(→こちら )は前から一度来てみたかったのですが、やっと実現。しかもナショナル・アート・パスで常設展は無料。追加料金の特別展はパスしましたが、こじんまりした美術館のにしては壁びっしりの展示でもあり、イギリス人画家の作品だけでなくルーベンス、レンブラント等、なかなかの品揃えで、平日の午後、ローカルとおぼしき品の良いイギリス人で混んでました。 


1817年オープンですが、「一般公開するためにデザインされたギャラリーとしては世界最古」という触れ込みで、アート・コレクターとしても有名なSir John Soaneの設計で、天井からの自然光が画期的なアイデアだったそうです。


           


主に1600年から1800年の絵画コレクションですが、実はポーランド国王の要請でディーラーたちがヨーロッパ各地で蒐集してる間にポーランドが分割されてしまって不要になった作品をダリッチ・カレッジに寄付したのが始まりなんだそうです。


     

ラブラブ私が特に気に入ったのは、プルードンPierre-Paul Prud’hon (1758-1823)の人物デッサン画。

このナポレオン時代の仏アーチストは知らない名前でしたが、その緻密な画風にすっかり魅了されてしまいました(完全にリタイヤしたらやってみたいのが実はデッサン画ですしね)。

皮肉なことにここだけは部屋の広さの割には13枚しかないのが残念ですが、11月15日まで開催で料金は常設展に含まれます(→こちら )。


        


晴れ家

ダリッチ・ヴィレッジについては、期待が高過ぎたせいか、素敵な家が連なってたわけでもなく、(見学の立場からは)高級住宅地としてはハムステッドには敵わなくてがっかりでしたが、快適な晴天の中、清々しい緑と芸術を楽しめた一日でした。



人気ブログランキングへ
AD

<22nd Aug Sat>

また暑さが戻ってきて、今日はまた夏。 よかった、先週着物で出掛けた時は涼しくて。去年はあのリッツ・ホテルに暑い日に行ったらエアコンなくて往生こいたことありましたもんね(→こちら )。

-------------------------------------------

                            カメラ写真はクリックで拡大します


レストランにたまに行っても、着物でなければ記事にはしませんが、8月19日(水)は友人と二人で着物だっただけじゃなく、珍しくゴージャスな所でランチしたので、写真いっぱい撮っちゃいました。



袷でも大丈夫なくらい涼しかったですが、友人は絽だそうで、私も夏の着物にしようっと。


どれにするかはブログの着物まとめ記事を眺めながら選ぶのですが、今回は箪笥の整理も兼ねて(厳密には箪笥ではなくドア付き棚ですが)ゴソゴソしてたら、持ってることすら忘れてた夏物を発見ひらめき電球


3、4年前に実家の母がムスメのために縫ってくれたものを忘れちゃいけませんが、楊柳しぼの経てシワで少々ゴワゴワします。夏はこの方が肌にまとわりつかず涼しいんでしょうけどね。


帯は黒の紗献上。これもパキッと硬くて、ある意味締めるのは簡単。


     


     


行ったのは高級エリアのナイツブリッジにある5ツ星ホテル、マンダリン・オリエンタル・ハイド・パーク(→こちら )。

      


2000年にマンダリン・オリエンタルとして再オープンする前は百年間ハイド・パーク・ホテルだったこの老舗ホテル、その時に行ったことがあるのですが、よかった~グッド!、イギリスらしい重厚な雰囲気はそのままだ。

1889年に高級ジェントルマンズ・クラブとして建てられたこの歴史的渋さが派手な色彩のチャイニーズになっちゃったら嫌ですもんね。


    

    



ブーケ2

友人は花柄刺繍の薄いピンクの絽と訪問着と豪華な夏の袋帯でフォーマルに。


ここに立ってる分には二人で白っぽい着物にして正解。

レストランはがらっと違いましたけどね・・。


えっあら、やだ、私のゴワゴワ着物、袖が膨らんじゃった。 
      





     


レストランHeston Blumenthalはガラッと変わって明るい雰囲気ですが、モダンでありながら大きな中世風シャンデリアがポイント。


有名シェフ、ヘストン・ブルメンタールのこのお店は今年星星ミシュラン2ツ星獲得ですって(→こちら )。


ガラス越しにキッチンが見えますが、ヘストンさんはいなくて若いシェフばかりでしたけどね。


私たちが選んだのは3コース38ポンドのセット・ランチ(→こちら )で、各コースのチョイスは2種類のみ。

   

キノコ <前菜>  

私は Ragoo of Pigs Ear on Toast (c.1750)
Anchovy, onions & parsley
友人は Hay Smoked Salmon (c.1730)
Smoked beetroot, pickled lemon salad, parsley & sorrel

(カッコ内の数字は、レシピができた年だそうです)

     

ナイフとフォーク <メイン>


私は Roast Pollack, Admirals sauce (c.1830)
Cauliflower cream, shrimps, shallots, brown butter & capers
友人は Slow cooked Pork Belly (c.1920)
Pease pudding, bacon & mint oil

     
ソフトクリーム <デザート>


二人とも Bohemian Cake (c.1890)

Chocolate & yuzu mousse with honey ice cream

お互い味見しましたが、勿論どれももとても美味しくて、パンもたくさん食べたら、お腹一杯! 


サービス・チャージ、ミネラル・ウォーター、コーヒー込みで50ポンドになりましたが、楽しいお喋りと美味しい食事、着物も褒めてもらえて、幸せ~ニコニコ


一つ一つ説明してくれたおにいさんはどこの国から来たのか、妙なアクセントでさっぱり理解できなかったけど・・ショック!



窓の外はハイド・パークの緑霧


ランチなので若い中国人が多かったお客さんはカジュアルでしたが、夜はきっと皆さんそれなりにちゃんとして又違う雰囲気なんでしょうね。値段もそれなりですが(昼夜同じメニュは(→こちら )。


ところで、これが今年25回目の着物お出掛けでした(→こちら )。 このペースでは最低記録樹立しそうです。


人気ブログランキングへ

<19th Aug Wed>

宝石ブルー今日は着物で素敵なホテルでランチして、ゴージャスな気分を味わえました。それについては後日アップしますが、まずハムステッド散策の続きを済ませましょう。

-------------------------------------------

                         カメラ写真はクリックで拡大します                           

キーツ・ハウスに行った8月7日(→こちら )の続きですが、詩人キーツの下宿屋を出てから、洒落た街のハイストリートを抜けて、ハムステッド・ヒースに向かいます。


   

ハムステッド・ヴィレッジにはきっと可愛いカフェとかお店がたくさんあるんでしょうが、今日はパス。って、トーチャンと一緒の時はそういうのはいつもパスだけど・・・。

でも、歩いてるだけでもさすが歴史ある高級住宅地、色んな時代の趣ある古い建物がたくさんあってうっとりラブラブ


    

アートハムステッド・ヒースの風景画を何枚も描いたコンスタブルの家もありました。




霧広いハムステッド・ヒースHampstead Heathを通り抜けたのは初めてでしたが、鬱蒼とした林や続き、脇にそれる道もたくさんあるのですが、道しるべが全くないし、GPSも役立たず、地図を持ってても、方向感覚だけが頼り。

迷うのが楽しくてというヒマな人はいいですが(実際、あちこち気の向くままに歩くのはワクワクするに違いない)、ひどい方向音痴である私が一人では決して行ってはいけない場所ってことですね。 


でも、都心からそんなにハムステッドにこういう所があるのがロンドンの良さですね。


     

方向感覚抜群のトーチャンですら今回は「たぶんこっちだろうと思うけど・・シラー」、とテキトーに歩いていったら、広い芝生の向こうに白亜のケンウッド・ハウスKenwood Houseが見えてきました。ヘンリー・ムーアの彫刻もあってアートします。後でもっと凄いアートに遭遇しますけどね。


     


     

近くに地下鉄や鉄道駅がないので不便なのですが、絵になるこのカントリー・ハウス、ジュリア・ロバーツとヒュー・グラントの映画Notting Hillにも時代劇の映画ロケ地として出てきましたよね映画

    

晴れ緑に囲まれて、こんなお天気の日は気分最高。平日でもたくさんの人が日向ぼっこしてました。都心の眺めも抜群。因みにハムステッド・ヒースは以前からゲイの溜まり場と有名。


    

コーヒー朝からずっと歩きっぱなしで疲れたので、ケンウッド・ハウスの中を見学する前にお茶ブレークしましょ。結構大きなカフェがあり、食事もできます。

晴れでも、この日は25度以上はあったのではないかしら、イギリスには珍しく長く日向にはいたくないくらい暑かったので、パラソル席は満席。仕方なく太陽ジリジリの席に座って、チョコレートケーキを。熱いお茶は飲みたくないので冷たいウォーターで。


因みに、辛党の私は甘いものがたくさん食べられないので、トーチャン(甘い物好き)が選んだケーキを「味見だけさせてね」、とシェアするのですが、「一口だけって言いながら、半分近く食べるくせにむかっ 自分の分も買え!」、といつも揉めますべーっだ!   でも、イギリスのケーキって甘いし大きいし、一つ食べるのはしんどいです。(もちろん「しゃーねえな、手伝ってやるから」、とトーチャンが助け舟出してくれるんでしょうけど、砂糖は体に悪いですからね)

    

    

では、ケンウッド・ハウスに入ってみましょう(→こちら )。こちらが屋敷の表玄関でしょうね。English Heritage管理ですが、入場無料で、繊細で美しい図書室もあり。



   

アートゲインズボロ、ジョシュア・レイノルズ等、イギリス人画家による絵が多いのですが、なんと言っても、お宝はフェルメールの「ギターを弾く女」とレンブラントの晩年の自画像でしょう。

    

アート「リナルドとアルミーダ」を描いたのは女流画家アンゲリカ・カウフマン(→こちら )。


そうだひらめき電球、Angelica Kaufmannと言えば、去年行ったシューベルト祭でコンサートが行われたのは彼女に因んだアンゲリカ・カウフマン・ホールでした(→こちら )。 彼女はシュヴァルツェンベルグで育ったそうです。

ふーん、こういうアーチストだったのか、と素晴らしいホールと一年前の楽しかった旅行を思い出して、嬉しくなりました。


ところで、「リナルド」と言えば、ヘンデルのオペラでお馴染みで、グラインドボーンで実に3回も観てますが、カーセンのプロダクションは現代の学校に置き換えられてて勇者リナルドは高校生のユニフォーム(→こちら )。いつかこの絵のように設定に忠実ないでたちのロマンチックなリナルドをオペラの舞台で見ることがあるのでしょうか? ま、無理でしょうね・・・汗



ケンウッド・ハウスに行ったのは少なくとも20年ぶりでしたが、記憶してたよりもたくさん質の良い絵がある素晴らしいコレクション。 不便ですけどお勧めで、できればお天気の良い日に行って、ハムステッド・ヒースや見晴らしの良いParliament Hillも楽しんで下さいませ。




人気ブログランキングへ