<28th July Tue>

さることがきっかけで「世界の日本人妻は見た」、をYoutubeで見まくってる今日この頃。同じヨーロッパでも「ヘー、そうなんだ!」と思うこともあって興味深いTV番組です。

-------------------------------------------



ロイヤルオペラが夏休みに入った後、去年に引き続き又今年もウェールズからWelsh National Operaが来てくれたので、7月24日、ピーター・パンを観に行きました。


Richard Ayres作曲の現代ものですが、「8歳以上の子供のためのオペラ」という謳い文句のオペラって、一体なんなの? ミュージカルみたいで、マイク使うのかしら?


とかなんとか、敢えて予備知識ゼロで観に行ったところ、


ちゃんとしたオペラ歌手が歌うなかなか本格的なオペラで、子供役も全て大人が歌い演じます。一回でぽしゃってしまう新作オペラも多い中、これはすでに二つのプロダクションってことは成功してるってことでしょうが、不協和音とか出てこなくて小難しい感じはしないものの、やっぱりちょっと前衛的ですから、子供にはどうなんでしょうか?

初めてオペラを観る子供に「こういうのがオペラなのか・・」、と思われてしまうと、一体次にいつオペラを観ようと思ってくれのかしら、と心配になります。


今年5月のウェールズでのオペラ全体の録音Youtubeにあり(→こちら )、映像ではないですが、場面ごとの写真もたくさん付いててわかりやすいので、ご興味ある方はざっと聴いてみて下さい。





家プロダクションワンピース


演出はまるでディズニー映画を観てるようにまともで楽しくて、ビジュアル的にはたくさん来てた子供も喜んでたし、ヘンテコリンな読み替え演出ばかりでうんざりしてる大人にとっても却って新鮮で楽しめました。

なんかずっと暗かったのが残念ですが、空を飛ぶ宙釣り場面も多く、仕掛けが見えてしまうのもまずいので背景を明るくするわけにはいかないんでしょうし、ダークな色調がROHのリングサイクルの演出家でもあるキース・ウォーナーの好みなのかな。





Music Richard Ayres
Libretto Lavinia Greenlaw
Director Keith Warner
Designer Jason Southgate
Costume designer Nicky Shaw
Lighting director Bruno Poet
Choreographer Michael Barry
Fight/Flight director Ran Arthur Braun
Conductor Erik Nielsen
Peter Pan Iestyn Morris
Wendy Marie Arnet
Mr Darling/Captain Hook Ashley Holland
Mrs Darling/Tiger Lily Hilary Summers
John Nicholas Sharratt
Michael Rebecca Bottone
Smee Mark Le Brocq
Nana/Starkey Aidan Smith
Orchestra Welsh National Opera Orchestra
Chorus Welsh National Opera Chorus


カラオケパフォーマンス
ピーター・パン役のカウンターテナー、イエスティン・モリスについてはすでに書きましたが(→こちら )、こんな童顔で可愛いルックスぴったりのCTがよくいたもんです。

子供たちの中では一番お姉さんのウェンディのマリー・アーネットは遠くから見れば少女に見えるし、はっきりしたよく通る声で、私はこの日ベストな歌手だと思いました。



末弟役の小柄なソプラノ、レベッカ・ボトンは何度か聴いてますが、私の好きな突き抜ける細い声が今回も冴えてました。

         

海賊の手下役は久し振りのマーク・ル・ブロックじゃないですか。私、このテノール好きです。もっと下手なテノールがROHでしょっちゅう良い役やってるのに、地方中心でしか活躍してないのは勿体ないし、運が悪いのかしらね。来年のWelsh National Operaの引越公演にも出てくれるようなので楽しみ。


お父さんと海賊キャプテン・フック二役のアシュリー・ホランド、名前聞いたことあるけど、バリトンに興味ないので覚えてませんが、漫画チックな芝居となかなか立派な歌唱力がなかなか良かったです。


唯一残念だったのは、お母さんとタイガー・リリー二役のアルト、ヒラリー・サマーズが不調だったことで、この人バービカンで聴いた時は凄いで迫力だったのに、この日は情けないくらい細い声でした。



    


2回だけの公演だったのですが、短い上に歌の部分が少ないオペラとは言え連夜だったので歌手たちは大変だったでしょうが、切符はほぼ売れ行れてて、ROHにしてはうんと低めの設定だった値段(最高で75ポンド、但し子供割引はなし)だったので子供たちもたくさん来てくれて大成功クラッカー

カウンターテナー好きの私はチャーミングなもう一人のイエスティン君恋の矢が大収穫のウェールズからのお客様御一行でした。

来年も楽しみにしてますね(→こちら )。





人気ブログランキングへ
AD

<26th July Sun>

先週はフルに出勤。日中空いてる時間に何するのか考えてなくてもいい分、ある意味楽でいいわ。そういう忙しい週の後は家でごろごろしてても罪悪感ないのも良いし、今週末はどうせ天気も悪くて、うちが使う地下鉄は不通だし、ちょうどよかった。

------------------------------------------


ロイヤルオペラのシーズン終了後、去年と同じくウェールズからWelsh National Operaが引越公演に来てくれました。


演目がピーター・パンということで子供もたくさん来てましたが、オペラのことは次の記事で書くことにして、今日はタイトルロールのカウンターテナー君についてだけアップします。





7月24日のピーター・パンには予備知識ゼロで臨み、大した期待もしてませんでしたが、嬉しい驚きがありました。


主役がイギリス人のカウンターテナー(以下CT)で、しかも名前がイエスティンってのがまず驚き!!


だって、Iestynなんて滅多にない珍しい名前の人が、まさか大のご贔屓CTのイエスティン・デイヴィスと同じくCTになるなんて、確率からいったらメチャ低いでしょ?  


フルネームはIestyn Morrisイエスティン・モリスなので、ここではとりあえずモリス君って呼ぶことにして、


うんと若く見えるけど、経歴からすると30代かもしれないモリス君は、子供の頃から歌っていたけど、一時は歌の道を諦めたのか大学で機械工学を勉強(イギリスのオペラ歌手には他のことを勉強した人が多い)。でも、やくざな道でもやっぱり音楽で身を立てようと、ギルドホール音楽学校で先輩CTアンドリュー・ワッツ(去年ENOのセルセで見たけど、歌もルックスもグーでした)の指導で研鑽。



モリス君の少年っぽいルックスがピーター・パン役にぴったりなのが採用された理由の一つでしょうが(「子供のためのオペラ」ってことなのでこれは大事)、歌も演技も大健闘して立派に主役を務めましたアップ


CTは下手をすると女の腐ったような声になってしまうのですが、幸い彼はそっち系ではなく、ふくよかで嫌悪感を感じさせない私好みの声質で、低音が何回か地声になってしまったのはテクニック不足なのかCTには無理な低すぎる音域のせいかはわかりませんが、ROHのような大きな劇場はCTにとって難関でしょうにそう無理しなくても大丈夫だったし、将来有望でしかもこんなカワイイ子がイギリスCT界にいたのはCT好きの私にとってはビッグニュース目


映画3年前にポーランドで歌ったヴィヴァルディの有名な"Cessate, omai cessate" がYoutubeにあるので、興味ある方はご覧下さい (→こちら )。  


現代オペラであるピーター・パンは少々前衛的なので、いつかこういう古典でモリス君を生で聴いてみたいものですが、しばらくはピーター・パンで忙しそうなモリス君、今年暮れにシュトゥットガルトでこのオペラの別のプロダクションにドイツ語で出演しますよ。


尚、ROHで見たウェールズ版ピーター・パンは、今年5月のウェールズでのオペラ全体の録音がYoutubeにあり(→こちら )、動画ではないですが、場面ごとの写真もたくさん付いててわかりやすいので、ご興味ある方はどうぞ。宙釣り場面もたくさんあるし、子供も喜ぶ楽しいプロダクションです。



というわけで、こんな可愛いカウンターテナーがイギリスにいたなんて新発見でホクホクの私ラブラブ!! これでロンドンでも認められたでしょうから、まずはイギリス国内で歌いまくって欲しいものです。


ところで、元祖イェスティン君(Iestyn Davies)は先週グラインドボーンのヘンデルのSaulの新プロダクションがオープンし、評判上々クラッカー 来週末に観に行きま~すDASH!




音楽(クラシック) ブログランキングへ
AD

                


<22nd July Wed>

ケーキ王冠1プリンス・ジョージは今日で2歳。あれから2年も経つのか。妹プリンセスも誕生し、英国王室安泰めでたしめでたし。

-------------------------------------------




オペラリアOperaliaはドミンゴ先生が主催する歌コンテストで、1993年から毎年違う街で開催されてますが、今年は初めてロンドンに来てくれて、7月19日にロイヤル・オペラ・ハウスでファイナルがありました。





まず、参加者は世界中から集まった40人

ジュリアード音楽院留学中の日本人バリトンの大西宇宙(たかおき)さんは残念ながらファイナルに進めませんでした。


写真では後ろの列の眼鏡なしの男性ですが、どうも背の低い人が前列、高い人が後列みたいだったので、大西さんは日本人としては体格いいんでしょうね。ハンサムだし。


因みに世間の人が持ってるオペラ歌手のイメージには合わないかもしれない眼鏡の男性は韓国人テノールですが、オペラ界では韓国人パワーは凄くて40人のうち5人がコリアンでした。




ベルその中から選ばれた決勝出場者11人。スペインのオペラッタとも言うべきザラズエラ部門があるのはドミンゴ先生のルーツだからでしょう。いいんですよ、個人的な趣味を丸出しにしても。


Opera finalists

Edward Parks, baritone, USA

Andrea Carroll, soprano, USA

Julien Behr, tenor, France

Kiandra Howarth , soprano, Australia

Bongani Justice Kubheka, bass-baritone, South Africa

Hyesang Park, soprano, South Korea

Tobias Greenhalgh, baritone, USA

Darren Pene Pati, tenor, New Zealand

Noluvuyiso Mpofu, soprano, South Africa

Ioan Hotea, tenor, Romania

Lise Davidsen, soprano, Norway


Zarzuela finalists

Andrea Carroll, soprano, USA

Darren Pene Pati, tenor, New Zealand

Kiandra Howarth, soprano, Australia

Ioan Hotea, tenor, Romania

Hyesang Park, soprano, South Korea




クラッカーそして、こちらが結果。


First Prizes – Ioan Hotea, Romania / Lise Davidsen, Norway

Second Prizes – Darren Pene Pati, New Zealand / Hye Sang Park, South Korea

Third Prizes – Edward Parks, USA / Noluvuyiso Mpofu, South Africa

Birgit Nilsson Prize – Lise Davidsen, Norway

The Pepita Embil Domingo Prize for Zarzuela – Hye Sang Park, South Korea

The Don Plácido Domingo, Sr. Prize for Zarzuela – Ioan Hotea, Romania

Audience Prizes – Darren Pene Pati, New Zealand / Lise Davidsen, Norway

The Culturarte Prize – Kiandra Howarth, Australia



    



男女それぞれ一人づつのお気に入りを選んで下さいね、と投票用紙を渡されるので、聴く側も気合が入るし、参加する楽しみもあります。


1曲づつだけですが、パフォーマンスに制限時間はないようで、ルチアの狂乱の場をフルに長々と歌った人もいれば、5分以内であっさり終わった人もいて、ちょっとバランスが悪かったですが、長く歌えば良いというものではなく、ボロが出るリスクもあるわけで、ルチアを歌った韓国人Hyesang Parkは上手だったけど長過ぎましたね。 あの難曲を演技面も含めてず~っと観客を魅了するには余程の実力がないと駄目ですからね。 


でも、敢えてフルバージョンに挑戦した彼女の勇気に私は一票を投じました(東洋人女性が好きなトーチャンは、例え下手であっても投票したでしょうけどね)。 


女性歌手の投票結果は接戦だったようで、二千人以上の観客がいたのに20票くらいの僅差だったそうです。勝ったのはぶったまげるような声量と美声でタンホイザーを歌ったノルウェー人のソプラノLise Davidsenでしたが、惜しくも逃したのはコリアン嬢に違いありません。結局、くねくねと長く細くねばったコリアン嬢が太く短く勝負したワーグナー歌いに負けたわけですが、体の大きさも迫力に比例して、痛々しいほどか細いコリアン嬢の体重の倍はあるではないかしらしょうね、とてつもない長身でがっしりしたノルウェイ女性は。

ドミンゴ夫人を含む審査員決定でも一等賞になったワーグナー大女と二等賞だったコリアン嬢 色んな意味で二人ともオペラの舞台ではハンデがあるでしょうが、二人ともドミンゴ先生のバックアップがあれば活躍できるでしょう。


ROHの若手アーチストで決勝に残ったのはオーストラリア人のキアンドラちゃんKiandra Howarthだけですが、前日にJette Parker Young Artists' Performanceで同じアリア(グノーのロミオとジュリエット)を歌った中ではベストの一人でしたが、同じように歌えてもオペラリアではぱっとせず、レベルの差がまざまざ。



男性は、テノール二人の一騎打ちに。インターバルで投票箱の近くに数分いて様子見ていたら、ほとんどの人がルーマニア人Ioan Hoteaとサモア系ニュージーランド人Darren Pene Pati,に投票してたので、「これは接戦になりそうだ」、と思ったら、ドミンゴ先生が「なんと、3票差ですよ! こんなの初めて」、と驚きながら発表。こちらは私が迷わず票を入れた相撲取りのようなサモア君の勝利でした。特に美声ではないけど圧倒的な声量に惚れましたたよ、どすこいテノール君恋の矢

一方、連隊の娘の例のハイC連発アリアで受けを狙ったルーマニア人の美男子君、私はあまり良いとは思えませんでしたけどね。高音は一応出てたけど苦しそうだったから。ま、フローレス王子と比べちゃ可哀相ですけどね。でも、審査員決定では逆の結果となり、ルーマニア君が一等賞、サモア君が二等賞でした。



でも、もう一人いたテノール、32歳で最年長フランス人Julien Behrが不調だったのがとても残念でした。なぜ不調だとわかるかというと、3年前にバービカンのコンサートオペラ(ラヴェルのスペインの時)で聴いたことがあり(→こちら )、その時はすごく上手で気に入ったので、この日も楽しみにしてたんですが、ファウストのアリアは高音が上手く出ず、声量にも乏しかったので全く無視されてしまいました。

ドミンゴ先生の左後ろにいる人ですが、絶好調だったら他のテノール二人と互角に闘えたでしょうに、ほんと、過酷な一発勝負ですよね、コンテストってしょぼん


全体のレベルは女性陣の方が上だったような気がしますが、さすが多数の人気歌手を輩出してるコンテストだけあって、レベルはなかなかのものでした。 でも、セヴィリアの理髪師のフィガロフィガロフィガロ~のアリアはただでさえ聴き飽きてるのに、2人のバリトンがそっくりに歌ってうんざりだったし、選曲が偏ってて変化に富んでなかったのは、ドミンゴ先生の趣味が反映してるんでしょうかね?


まあそれはいいとしても、ドミンゴ先生には問題がありました叫び


全てドミンゴ先生が指揮するのですが、オケと歌がずれてしまったところがかなり何回かあって、明らかに打ち合わせ不足なんですが、やっぱり指揮者の方が歌手に合わせないといけないのでは? 私にはドミンゴ先生の指揮ぶりがよく見えましたのですが、かなり危ないレベルでしたよ。今まで先生の指揮が上手だと思ったことは一度もないですが、折角、これだけのコンテストを毎回場所を変えて運営して大成功してるわけですから、いくら音楽面で自ら直接関わりたくても、最後のところでぶち壊すかもしれないリスクを負わなくてもいいのではないでしょうか? 司会は続けて下さって結構ですから。


というわけで、リハーサル不足と指揮者としてのドミンゴ先生に少々難ありだったものの、あらためてドミンゴ先生のオペラ界への貢献がよくわかり、歌手としては好みじゃないけど、尊敬の念をあらたにしたことでした。ロンドンでやって下さってありがとうございました。とても楽しめました。


尚、3年前にROHであった歴代受賞者たちによるコンサートの顔ぶれを見れば、オペラリアがいかに成功してるかがよくわかるでしょう(→こちら )。


お金因みに一等賞金は3万ドルですって。さすがローレックスがスポンサーだけのことはある。カーディフが敵うわけないよね・・むっ



音楽(クラシック) ブログランキングへ
AD

<20th July Mon>

ROHのシーズンもほぼ終わり、一気にヒマになったと思いきや、しばらく仕事が忙しいので毎日出勤かもしれないけど、お天気いまいちなので丁度いいかな。夜はラジオでプロムスでも聴きながら溜まった記事を片付けてくつもりだけど。

-------------------------------------------




7月16日、ラ・ボエームを観に行きました。 ROHで40年以上親しまれた素晴らしい長寿プロダクションに別れを告げるためにしょぼん



家舞台セット椅子


その日のうちにざっと様子を書きましたが(→こちら )、屋根裏部屋からカフェへの場面転換を幕を下ろさずに見せてくれたのがハイライトで、屋根裏部屋があっと言う間に舞台袖に消えると、豪華なセットとコーラスや俳優さん、子供たちが所狭しとすでに配置に付いてる大きな台がそのまま前に滑り出てくると歓声が上がりましたクラッカー

そう言えば、2年前、途中で「すみません、故障により舞台転換が出来ません」、というハプニングがあり、屋根裏部屋以外は背景は真っ黒の壁だったことがあるのですが、あれはきっと台を動かすスイッチとかが壊れてたんでしょうね(→こちら )。


特にこの豪華なカフェとパリの通りが2階建てになったこの第二幕が素晴らしいこのプロダクションがもう観られないのは淋しい限りです(捨てたり売っ払ったりせずにキープしておいて、次のがあまりにひどかったら再登場するかもしれないですけどね)。

どんなお話かと言うことは、過去記事をご覧下さい(→こちら )ですが、要するにパリに住む貧しい詩人とお針子の悲恋物語で、可哀相なミミちゃんは肺病で死んじゃうのしょぼん





カメラ以下の写真はクリックで拡大)


Music Giacomo Puccini

Libretto Giuseppe Giacosa
Libretto Luigi Illica
Director John Copley
Designs Julia Trevelyan Oman
Lighting design John Charlton
Conductor Plácido Domingo
Mimì Lianna Haroutounian
Rodolfo Piotr Beczala
Marcello Levente Molnár
Musetta Ekaterina Bakanova (Sonya Yonchevaの代役)
Schaunard Dionysios Sourbis
Colline Nahuel di Pierro
Benoît Jeremy White
Alcindoro Donald Maxwell

   
度々出てくる演出家のコプリー氏もこれが最後ね
   
カラオケパフォーマンス

今回は2チームあり、普通だったらAチームのネトレプコとカレヤ組を千秋楽に出して更に盛り上げようとするのでしょうが、超人気のネトコちゃんが都合つかなかったのか、Bチームで行われました。歌手の顔ぶれは地味でも、目立つ所にはしゃしゃり出る進んで出演して下さるドミンゴ先生が指揮してくれれば充分と思ったんでしょうね。 

そのドミンゴ先生、この日のボエームは無難に指揮してくれましたが、昨夜のオペラリアという歌コンテストでは危うかったですよぉ・・。 それは又あらためて。


     


ロドルフォ役のピョートル・ベチャワは有名で上手な筈だからいいとしても、ミミ役はリアンナ・ハルトニアンLianna Haroutounianですかぁ・・・・ガーン  

2年前のドン・カルロにハルテロスの代役で出た(→こちら )アルメニア人のソプラノで、決して若くないし小太りなのでその時はリアンナおばさんと呼んでて、歌は美声でなかなかでしたが、いくらなんでもこんなコロコロしたおばさんを大事な日のミミ役にしなくても・・・。


とブーたれてましたが、嬉しいことに、リアンナおばさん、顔の肉が落ちただけではなく、素顔に近いメークで可憐な娘らしさも出て、心配したほど違和感はありませんでした。貴婦人というより女中さんタイプなので、ドンカルロの時の王女役はかなり無理がありましたが(すらっとエレガントなハルテロスと比べたし)、素朴な雰囲気がお針子には向いてて、ミミは最初エプロン姿なんですが、よく似合ってました。


ベチャワとのケミストリーも、おデブカップルのネトレプコとカレヤよりはずっと信憑性があり、ライブシネマはこちらのBチームの方が良かったのにね。 だって、ネトコちゃんやカレヤが誰だか知らないオペラに疎い人にとっては、「なんで貧しくて飢えてる男と肺病で死ぬ女がこんなに太ってるんだよっ!?」ってことになるもんね、当然。


リアンナおばさんは艶のある美声ながら高音が上がりきらない所もあったし、ベチャワも高音がうまく出ず少々不調だったのですが、二人で素朴で悲しい恋物語を上手に演じてくれたので、技術的なことはあまり気になりませんでした。


他の人たちも役柄にぴったりの容貌と雰囲気だったので更にストーリーとして盛り上がり、最後の最後にこうしてしっとりしっくり終わって良かったです。


    


ムゼッタ役はソニア・ヨンチェバの筈だったのにキャンセルして(椿姫の最終日も降板)がっかりでしたが、代役のエカテリナ・バカノヴァは華やかな美貌で、Aチームの太ったムゼッタよりずっと魅力的でした。


マルチェロはでっかい方が頼りがいがあって好きですが、Levente Molharはまさにどんぴしゃで、ROHには時々出てくれてすが(ドン・ジョバンニのマゼットとか)、歌唱力も充分あり。


というわけで、舞台自体がスターになるだろうと思った千秋楽でしたが、意外にもパフォーマンスも楽しめて、更に思い出に残る夜となりました。



はてなマークところで、私は一体このプロダクションを何度観てるんでしょうか?


これから数えてみるのですが、良い機会ですから歴代の歌手たちの比較もしてみようかと思ってます。8月はオペラやコンサートがほとんどなくてうんとヒマですから。




音楽(クラシック) ブログランキングへ



<18th July Sat>


午後はROHの研修生たちのコンサートで、例年よりも舞台セットも衣装も頑張ってくれて楽しめましたが、なんと一人、えっ!という人が混じってて違和感ありました。ネリー・ミリチョーはそこそこ人気のあった往年のソプラノですが、時代掛かった大芝居はまるで「サンセット大通り」のグロリア・スワンソンみたいだった・・。 若手アーチストを支えているらしいので、その御礼ってことかもしれませんが、一部であっても主役(アドリアーナ・ルクヴルール役)させてあげなくてもいいんじゃないの? 若手アーチストのコンサートなのに、おばあちゃん声の人がしゃしゃり出たら変でしょ。

-----------------------------------------



一昨日のラ・ボエームの長寿プロダクション最終日には着物で行きました。


     



爽やかな日で最高気温がせいぜい25度くらいだったので袷でもいいんでしょうけど、薄物を今着なくていつ着るんだ、ってことで、紗の透ける清涼感で日本でご覧の方も暑苦しく感じないようにしてみました。


風通織り(つうふうおり)という摩訶不思議な布地で、異なる色の糸を用い て二重組織の平織りとし,表と裏に同じ文様が異なる色で表れるように織ったものですが、二重織りでもすごく薄いし、一体どうやったらこんな風になるのかさっぱり理解できない構造ですが、大好きな着物です。



一人で行ったのですが、ブログを通して知り合った日本の方がお着物でいらっしゃるということで、私も目印に着物で。 


薄いグリーンで板に付いた上品な着こなしの美しい同世代の方と着物でご一緒させて頂けて、この記念すべきさよなら公演がより思い出に残る夜となりました。



たくさんの方に褒めて頂きましたが、ハンガリー人のお婆ちゃんが、私の博多献上帯を、「ハンガリーの民族衣装の柄と似てるわ」、とすごく喜んでくれました。たしかに感じそっくりかも。 意外なところで繋がる民族衣装の輪!

     



人気ブログランキングへ