<29th June Mon>

2週間休暇も今日で最後。あっと言う間に終わってしまったわ。フルにリタイヤしても退屈はしませんね、絶対。今月はオペラ9回、コンサート6回でそれだけで忙しかったけど、今夜ROHでロッシーニのギョーム・テル初日に行く前にドン・ジョバンニを片付けよう。今日から始まったウィンブルドン・テニスをテレビで観ながら。
-------------------------------------------





6月20日、22日、25日と1週間に3回のドン・ジョバンニ。


どんな人たちが登場するのかは以前の記事をご覧下さいです(→こちら )。女たらしの代名詞にもなってるドン・ジョバンニの周りに面白いキャラがたくさん出てきて、ダークで奥の深いモーツゥルトの傑作です。


折角お得な舞台横の席を最初から放出してくれたのだから、いつもならもっともっと回数行くのですが、今回は苦手なテノールがほとんどの日に出てるせいで、彼の出ない日を主に狙ったので3回のみ。その代わり、14ポンドの3列目じゃなくて30ポンドの2列目を奮発。 この2階建てのセット、去年のプレミエ時(→こちら )には3列目から上階がろくに見えませんでしたからね。


家プロダクション宝石緑


今回観たに違いないマシュー・ポレンザーニがこないだウィグモア・ホールで「今まででベストなドン・ジョバンニのプロダクションだ」、と褒めてた(→こちら )からと言うわけではないですが、プレミエの時は「四角四面の白い建物で色気も熱気もないし、映像がチカチカして邪魔。衣装は良いけど好きじゃないわ」という意見だったのが、「2階や柱やドアを利用して色んな工夫ができて娯楽性を高めてるし、状況や登場人物の心情を表す映像も変化があって努力の跡はみられる」、とちょっと見直しました。

でも、いつもホルテンはそうだけど、理屈っぽくて説明し過ぎなのが私は嫌い。物語は音楽と歌手たちのパフォーマンスで表現すべきでしょ? それにやっぱり最後のシーンは前の炎ぼおぼおのクライマックスがマッチベターです。最後のシーンと言えば、今回は最後の6人のコーラスがカットされてたので、とりわけ最後があっさりし過ぎちゃいました。このプロダクション、9月に日本公演ですがおそらく改訂版なんでしょうね。


秋の日本公演のキャストはこちらでご覧下さいですが((→こちら )、同じ歌手も多いですね。


カメラ以下の写真はクリックで拡大します)


恋の矢Don Giovanni


Music Wolfgang Amadeus Mozart

Libretto Lorenzo da Ponte
Director Kasper Holten
Set designs Es Devlin
Video design Luke Halls
Costume designs Anja Vang Kragh
Lighting design Bruno Poet
Choreography Signe Fabricius
Fight director Kate Waters
Conductor Alain Altinoglu
Don Giovanni Christopher Maltman
Leporello Alex Esposito
Donna Anna Albina Shagimuratova
Don Ottavio Michele Angelini /Rolando Villazón
Donna Elvira Dorothea Röschmann
Zerlina Julia Lezhneva
Masetto Nahuel di Pierro
Commendatore Eric Halfvarson



  


音譜パフォーマンスカラオケ


今回のドン・ジョバンニ、私がイギリスのバリトンの中で一番歌唱力があると思うクリストファー・マルトマンだったのですが、絶好調ではなかったようで、ちょっと声が乾き気味の日が多くて、歌唱面ではレポレロに食われちゃったのが残念。なんか痩せちゃったし、ちょっと心配。


でも、ハゲだけどカツラを被ればハンサムだし、ギョロ目を活かしたシャープな演技は期待通りで、プレミエのクヴィエチェンより甘さは欠けるけど、男っぽいドンジョバンニで素敵でした。レポレロと声が似てたのがナンだったけど。 これまでのドン・ジョバンニ歌手をキャラとして私の好みで順位付けてありますが(→こちら )、マルトマンもそこそこ上位に食い込みますよ。


日本公演のイルデブランド・ダルカンジェロ、この役では観たことないのですが、イギリス風にシニカルなマルトマンとは違い、深い声でイタリア男の色気たっぷりですよ、きっと。


         
   
レポレロは、最近ずっと同じでアレックス・エスポジット。先プロダクションではカツラ被って無邪気な悪戯小僧のようだったけど、今回は坊主頭のままでペーソス溢れるドンジョバンニの悪巧みを助ける家来を見事に歌い演じて、ほんと、この人のレポレロは天下一品クラッカー。 嫌というほど彼のレポレロは観てるけど、サービス精神に富むエスポジットは毎回どこか演技が違うので見飽きないし、歴代のレポレロでは彼がぶっちぎりトップ。秋の日本公演、期待して下さいね。



     



ドン・オッタヴィオがね、問題だったんですよね、今回は。


主キャストのロランド・ヴィラゾンの声が好みではないけど、かつては素晴らしかったし、熱血演技には引き込まれたものです。でも最近の凋落ぶりは明らかで、先回のラ・ボエームは主役である彼がずば抜けて下手で見てられなかったほど(→)。今回は彼が出る日は行くのやめようかと思ったけど、そしたら2回しか行けないし、キャンセルしてくれるかもしれないからと一応一枚だけ切符は買ってありました(これだけはうんと安い席で)。

迷いながらも結局、他の人たちをもう一度聞きたかったので重い足取りで見に行ったのですが、やっぱり痛ましかったですしょぼん。初日は最初は声が出なかったけど後半は持ち直したそうですが、私が行った日は最初は予想よりうんとましだったので、よかった、これなら彼まだ大丈夫かもと思ったのですが、途中でへなへなに・・・ガーン。 休憩後は幸い元通りになって、カーテンコールは大きな拍手だったけど、かつての彼を知っている人は「こんな状態でよく最後まで頑張った」という同情の拍手だったのではないかしら。秋の日本公演、このままでは足を引っ張っちゃうかな。


     


もう一人のドン・オッタヴィオは去年セヴィリアの理髪師(→こちら )ですごく気に入ったミケーレ・アンジェリーニなので楽しみにしてましたが、期待通りの甘~い声で高音も難なくこなして、ずっと聞き惚れっぱなしラブラブ!。2回だけなのが残念だわ。


ヴィラゾンの大袈裟な熱い演技(私には暑苦し過ぎる)とは対照的な控え目演技で物足りないと思う人もいたでしょうけど、ドン・オッタヴィオは影が薄くてもいいし、でも聞かせどころの良いアリアがある得な役なので、歌唱力でだけ勝負。


ますますファンになったミケーレ君、カーテンコールの拍手も同情混じりのヴィラゾンとは違い、「お、無名だけど爽やかで良いテノールじゃないか」、という感じでしたよ。秋にはフローレス王子の代わりに一回だけ「オフフェとユーリディーチェ」に出るので楽しみ。


マゼット役のディ・ピエロ君は、面白みのないつまらないキャラになってて退屈そのもの。この役はどっか愛嬌がないといけないし、ここからレポレロ→ドン・ジョバンニと昇格していくのに、キャラが重要なこの路線は彼では無理。でも、歌は下手じゃないのでもっとシリアスな普通の役ではオッケーでしょう。



以上、男性陣は難ありの人もいましたが男の子ダウン、今回は女性群の圧勝女の子アップ


     

ビックリマーク中でも、圧倒的な声の迫力で素晴らしかったのはドンナ・アンナのアルビナ・シャギムラトヴァ。2年前の「魔笛」で光ってた夜の女王ですが(→こちら )、艶のある美声は絶品で、もし全回行けと言われても彼女が出るなら喜んで行ったでしょう。


これからも貴女が歌うなら何度でも聴きに行きますが、でもお願いだから体重落としてねブタ。折角の愛らしい顔立ちが二重アゴで台無しで、折角の素敵なドレスも良さが発揮できません。 どんなに努力してもルックス面では先回のオペラ界のバービー人形ことマリン・ビストロムには敵わないでしょうけど、この歌唱力ですから、普通の体型だったら世界中から引く手数多でしょう。秋の日本でも皆さん魅了されますよ!

        



知名度の一番高いのはドンナ・エルヴィラのドロテア・レシュマン。今までに結構聴いてますが、彼女は好不調の波が激しいようで、良いときは細い高音が素晴らしいのですが、下手をすると不快な金切り声に。


幸い、今回は絶好調で、声量はアルビナ嬢に劣るけど、細かいニュアンスは彼女の勝ちで、余裕の演技もさすがチョキ。一番歌唱力が必要なこの役、日本ではジョイス・ディドナートですから問題ないですね。


     

村娘ツェルリーナはROHデビューのユリア・レジネヴァ。バービカンで3回聴いたことがある大好きなユリアちゃん(→こちら )、厚味のある中低音の素晴らしさで、彼女が誰だか知らなくても、「個性的な声で良いわ」、と思ったでしょう。でも、この役では彼女の持ち味である上手に転がるコロラチューラを発揮できないのが歯がゆくて・・。


演技もチャーミングな小柄であどけないユリアちゃん、ロンドンで歌の勉強をしたした彼女にとってこのROHデビューは記念すべきでしょうが、いつかヴィヴァルディかヘンデルをROHでやって皆の度肝を抜いて欲しいわ。


ということで、歌唱賞は男性はレポレロのエスポジート、女性はドンナ・アンナのアルビナ・シャギムラトヴァに。




      




音楽(クラシック) ブログランキングへ

AD

<27th June Sat>

晴れ夏! 晴天! 日向にいるとジリジリ暑いなんて日は滅多にないですよ、イギリスでは。 友人のお庭でのバースデー・パーティーも楽しかったし、夜行ったオペラ(また椿姫)も素晴らしくて、良い一日でした。

-------------------------------------------




6月24日は待ちに待ったマシュー・ポレンザーニのリサイタルドキドキ  ロンドンにはたま~に来てくれるポレンザーニをROHで聴いたのはたしかコジ・ファン・トゥッテ、ドン・ジョバンニ、マノン、イドメネオですが、大ファンなんですキスマーク


かぶりつき席持ってた先回のリサイタルはキャンセルされちゃってがっかりしたけど、今回も首尾よく最前列ど真ん中を確保。と言っても、希望通りの席をあてがってもらうのは簡単だったのではないかしら(ここのフレンズ予約は席が選べないので文面でリクエスト)。 

小さなホールなのに空席が目立った程切符の売れ行きが悪かったのは地味な選曲だけではなく、Wigmore Hallの常連客はあまりオペラに行かないのか、アメリカでは花形テノールであるポレンザーニのことを知らないんでしょうね。勿体無い。この1週間前に行ったここの主のようなイギリス人テノールのマーク・パドモのアのリサイタルはもっととっつきにくい曲だったのにほぼ満席でしたけどねぇ。



Matthew Polenzani tenor

Julius Drake piano

Ludwig van Beethoven (1770-1827)

Adelaide Op. 46

Franz Liszt (1811-1886)

Wie singt die Lerche schön S312

Der Glückliche S334

Die stille Wasserrose S321

Im Rhein, im schönen Strome S272/1

Es rauschen die Winde S294

S'il est un charmant gazon S284/1

Enfant, si j’étais roi S283

Comment, disaient-ils S276

Oh! quand je dors S282

<interval>

Erik Satie (1866-1925)

Trois Mélodies

Maurice Ravel (1875-1937)

Cinq Mélodies populaires grecques

Samuel Barber (1910-1981)

Hermit Songs Op. 29


    


ポレンザーニのコントロールの素晴らしさは相変わらずだけど、彼の甘い声にドイツ語は向かないと思うし、ドイツ語の発音も下手に聞えちゃったような。大きな声で張り上げるベートーベンは小さなWigmore Hallでは響き過ぎだったし。 リストもドイツ語よりもフランス語の歌の方がずっと良かったし、優しい裏声は私にはツボでした恋の矢


アンコールは2曲で、最初はおそらくReynaldo HahnのLa Biondina in Gondoleta。金髪娘がゴンドラで居眠りするこの唄、たしかここで割と最近誰かが唄ってくれたなあ、と思ったら、今年4月のアンドレアス・ショルでした(→こちら )。イタリア民謡とかカンツォーネが大好きな私はショルの時もそれが一番良かったと書いてあるけど、ポレンザーニもこれに一番うっとりでした。ポレンザーニの甘い声はやっぱりイタリア語がしっくり来るんですよね。

「やっぱりイギリス人作曲のを歌わなきゃ」、と言ってFrank Bridge作曲のを最後に歌ってくれましたが、そんなのよりもイタリアンなヤツで更にうっとりさせて欲しかったわ。

にひひ曲の間に説明やお喋りもしてくれたユーモア溢れるポレンザーニのおかげで、ウィグモアにしては明るいムードのリサイタルになり、とても楽しめました。

    



終了後は舞台裏のグリーン・ルームに押し掛けて(誰でもウエルカムですから)、「イドメネオの貴方は素晴らしかった、7回も行ったのよ~」、と言いながら密着写真ラブラブ! 

4月の来シーズン説明会でパッパーノ大将が「ポレンザーニはクシェイの演出が嫌いで怒ってた」と言ってたので、それは本当かと聞いたら、きっぱりイエスとビックリマーク そのせいでキャンセルしないでくれてよかった・・。

プロダクションと言えば、他の人に「今やってるROHのドンジョバンニは素晴らしい。今まで観た中でベスト」、と言ってたのを聞いてびっくり。そうかなあ・・・

ドン・ジョバンニ、彼は先プロダクションで出たことがあるのですが(2013年→こちら )、その時ドンジョバンニだったジェラルド・フィンリーもいました(フィンリーは来週始まるギョーム・テルに主演)。


音楽(クラシック) ブログランキングへ

AD

<26th June Fri>

昨日はトーチャンと遊びに貴族のお屋敷訪問の最中に受け取ったROHからの「あなた好みの舞台脇席に切符を交換してあげますから、電話してね」というメールに予定狂わされてストレス満載ショック! 最初から売れ~っ!むかっ

今日は久し振りに家でのんびりしてブログも進めましょう。この1週間で3回も行ったドンジョバンニはもう少々お待ちを。

-------------------------------------------


5月は仕事が忙しかったせいもあり着物お出掛けたった一回でしたが、今月は機会を逃さず頑張ってるので、2回分をまとめてアップします。 両方とも、私のしつこい勧めで着物仲間になって下さった胡蝶蘭さんとご一緒。


16月22日はROHのドンジョバンニ


涼しい日だったので私はまだ袷の着物。 暑苦しい色目なのでせめて爽やかな白い夏帯で初夏らしさを出せたでしょうか。


胡蝶蘭さんは、お母様から譲られた麻の葉柄の単衣の紬。光沢のある上品で深い緑色ですが、無地ではなくところどころ明るい色が浮かび上がって良い味わいです。


    




26月24日はウィグモア・ホールへ。


これで胡蝶蘭さんとの着物お出掛けは6回目(コンサート3回、オペラ2回、ディナー1回)となり、今までは私がお手伝いさせて頂いたのですが、今回は初めてご自分で着付けなさったんですよ。慣れたセットであれば不安も少ないでしょうから、前回と同じ着物と帯で、とてもきれいに短時間に着付けられたそうです。柄合わせも必要なのに上出来。 


帯を前で結んだりする私流のインチキ着付けしか教えて差し上げられないのは申し訳ないですが、腰紐1本、伊達締め1本、コーリンベルト2本だけの超簡単方法でしか私自身もできません。


これもお母様のグレーの帯、手描きの墨絵でお太鼓の部分が芸術的な風景画になってて素晴らしいですよね。よく、背中にしょってるお太鼓はなんのため?と聞かれますが、アート展示というのも一つの目的ですから。


割と暑い日で、私は昼前から着物でランチしてたので、同じグリーン系というのもナンですが、化繊の着物にうんとカジュアルな赤い帯で失礼。でも、雰囲気違うコーディネートでも二人で緑と白と赤だけですっきりしてよかったかも。



アメリカ人テノールのマシュー・ポレンザーニのリサイタルでしたが、かぶりつき席で堪能した後すぐに舞台裏のグリーン・ルームに突進して一番乗りDASH! とびきりの笑顔で私たちの肩を抱いてくれましたラブラブ!

グリーン・ルームと言っても白いインテリアなんですが、私たち二人のおかげでグリーン・ルーム。なんつってにひひ



    



これで私の着物お出掛けは今年20回になりましたが(まとめは→こちら )、なんと来週から猛暑になるそうなので、今度はいつになるやら。胡蝶蘭さんともうすぐ郊外の素敵なオペラハウスにご一緒するので、その時はできれば着物でと思ってますが。



人気ブログランキングへ
AD

<24th June Wed>

毎日出掛けてるうちに休暇もあと残り3日になっちゃいました。これではブログもなかなか進みませんが、折角写真用意したので、今更ですが、椿姫を手短に。

-------------------------------------------




2チームで16回もやってる椿姫La Traviata、まだ終わってなくて、私はあと一回だけ行くのですが、すでに終わったレベカとポポフ組の6月9日と11日の感想です。正面立見席からの写真が2回分混じってます。



La Traviata

Music Giuseppe Verdi

Libretto Francesco Maria Piave
Director Richard Eyre
Designer Bob Crowley
Lighting designer Jean Kalman
Movement director Jane Gibson
Conductor Alexander Joel
Violetta Valéry Marina Rebeka
Alfredo Germont Dmytro Popov
Giorgio Germont George Petean
Baron Douphol Yuriy Yurchuk
Doctor Grenvil Gwynne Howell
Flora Bervoix Rachel Kelly
Marquis D'Obigny Jeremy White
Gastone de Letorières Samuel Sakker
Annina Gaynor Keeble




    

女の子5月18日の初日にすでにヨンチェバの代役で出たマリーナ・レベカ、美人だし、初日は立派な声量と楽々と出るムラのない美声で素晴らしいヴィオレッタだったんですが(→こちら )、だんだんワイルドになってしまったようで、声量と迫力はそのままでも、大雑把な歌い方で音程も外れ気味むっ


そんなに大声出さなくてもいいから、初日のように細かいところに気を配って丁寧に歌って欲しかったです。特に死ぬ場面はもっとはかなげにしないと。

張り切りすぎて段々疲れてきたのか、11日は第一幕目の最後の大事なところで一オクターブ上げなかったですもんね(音符通りに歌うのであれば上げなくてもいいのですが、やはり自信のあるソプラノは上げるでしょ)。





男の子ディミトロ・ポポフのアルフレードはかなり期待してたんですが、調子が悪かったようでがっかりしょぼん

ラ・ボエームのロドルフォ(→こちら )も皇帝の花嫁(→こちら )もとても良かったのに、今回は声がえらく太くなってたし、声に張りもなくて高音が苦しそうだったのが痛ましくて・・・。


第二幕の一番の聴かせどころのアリアの最後の高音がアルフレードのハイライトなのに、9日はなんと一オクターブ下げてました叫び ROHでたくさん聴いてる中でそんなアルフレードは今まで誰もいなかったですよ。これは上げなきゃいけないでしょうに。


11日はちゃんと歌えるかしらと心配してたら、あちゃーっ、どんどん調子が悪くなって、その肝心の部分の直前でなんと声が完全にかすれてしまい、オクターブ上げるの上げないのどころじゃない最悪の状態になってしまいましたガーン これ以上は歌えないだろうから代役にバトンタッチするのかもとすら思ったけど、幸い数分して再登場した時には声は回復。でも、レベカ嬢のとてつもない声量にかき消されてスケールちっちゃく感じられたこともあり、期待が高かった分、残念なポポフのアルフレードで、知名度の低いもう一人のイスマエル・ジョルディに負けちゃいましたねダウン




パパ・ジェルモンのGペテアンは、ディドナートが車椅子で歌ったセヴィリアの理髪師でまあまあのフィガロだったバリトン(→こちら )。今回はメーキャップで無理矢理老けてみせてたけど、声は若々しいままなので、この役には向かないかも。クリアで輪郭がはっきりしてるところは私好みで、もう一人のフランコ・ヴァッサロより好きかな?



指揮者のアレクサンダー・ジョエルは、ビリー・ジョエルの年の離れた弟(片親だけ同じ)だそうで、たしかに似てる?




音楽(クラシック) ブログランキングへ

<23rd June Tue>

2週間休暇の最中。曜日の感覚が無くなったのは不思議な感覚。いつもそうであろう主夫トーチャン、ムスメからの父の日カード(→こちら )に刺激されたか、今日初めて食パン焼いてくれました。思った程膨らまなかったみたいだけど、充分柔らかくて凄く美味しかった。科学実験の乗りで他のパンにも挑戦してくれるといいが・・。 

-------------------------------------------



ジーンズ やけにカジュアルなアンドレアス・ショル(カウンターテナー)、どんなイベントだったの?







車

6月16日、ピッカピカの快晴の火曜日、車でサフォーク州にドライブ。いつもは助手席で居眠りする私が、「わあー、緑と赤いポピー、青空と可愛いヴィレッジがきれい~~っ」、と窓の外を見てるうちにオルデバラAldeburghの海岸に着きました。

奇しくも去年の同じ日にここに来たんですが、その時はまるでBブリテンの暗いオペラ「ピーター・グライ、ウス」そのものの灰色の荒涼たる海岸で寒くて震えてました(→こちら )。


晴れだけど、今日は丸っきり違う雰囲気で、なんて気持ち良いのビックリマーク


お日様サンサン。カモメが目の前をゆくり静止するがのごとく行き交って、それが青い空に映えて、最高のビーチ日和(北海に面してて寒いので泳げませんが)。 若い時は嫌なことがあると浜辺に座って海を眺めて気晴らしした海辺育ちの私には、波打ち際には特別の思いがあるのよね波











しかし、海を見るために2時間以上も掛けてこんな所まで来たわけではなく、イギリスでは有名なオルデバラ・フェスティバルのイベントが目的だったんです。


去年Bブリテンのオペラを観た元醸造所スネイプ・モルティングズSnape Maltingsにもちょっと寄ってみました。去年は気付きませんでしたが、フラットもあって住めるんですって。








今日のイベント会場はオルデバラ・チャーチなので、再びベンジャミン・ブリテンと公私共にパートナーだったテノールのピーター・ピアースのお墓参り。

残念ながらブリテンが住んでたRed Houseには入れませんでしたが、ここまでは楽しい行楽だったんですアップ


ダウンだけど、やだーっあせる 肝心のイベント場に着いたら、びっくり&がっくり叫び


長年のファンであるカウンターテナーの大御所、アンドレアス・ショルがオルデバラ・フェスティバルでマスタークラスをやってくれるのを発見して狂喜した私、5回あるうち最後のこの日を、他の日より値段は高いけど(10ポンド)、マスタークラスとリサイタルということで選んだのですが、


なんと、最初の4日間がスネイプでのマスタークラスで、この日はマスタークラスの生徒たちのリサイタルだったんですしょぼん。 早合点した私が悪いんだけどガーン(説明なかったし・・むかっ)、こんな遠くまでわざわざ来たのに、なんてこった・・・ガックリ 




えらく早くから教会の外で列作ってた年寄りたちに先を越されたものの、幸い最前列に座ることができ、ショル兄も登場して熱く語ってくれたのは嬉しかったですが、なによりも悲しかったのは、折角のマスタークラスを聞き逃したこと。 気付いた時にはまだ切符が残ってるマスタークラスもあったのに・・・むっ




で、色んな音域の12人の若い歌手たちが一曲づつ歌ったコンサートはどうだったかと言うと、声の素質はあるのに歌い方が雑な人が多くて、勿体ない印象でした。 これって、ショル先生は教え方が下手ってことよね?


でも、それでもいいから彼がどんな風に指導するのか聞きたかったわあぁぁぁぁ!!


一番上手だったのがアメリカン人カウンターテナーのダグラス・ドブソンで、ふくよかな裏声は私好み。 歌ったのはショル兄のオハコであるロデリンダ(ヘンデル)のDove sei, amato beneだから、これはショル先生も上手に教えられたのかな?


というわけで、悲喜こもごもな一日でした。




人気ブログランキングへ