<30th May Sat>

同僚の病欠&休暇カバーで用がある時以外は毎日出勤。旅行もした上にオペラ9回、コンサート3回、バレエ一回と忙しかった5月。そうなると着物を着る機会は少なくて一回のみだったけど。今月よく働いた分、来月は休ませてもらえる筈なのが楽しみ。

-------------------------------------------


ベルリン滞在中、シラー劇場で2回オペラ鑑賞(5月16日の「魔笛」&17日の「後宮からの逃走」)。


シラー劇場は2年前にトーチャンと行って以来(→こちら )で、ウンター・デン・リンデンの古典的な国立歌劇場が修復中の間だけ代わりに使っている仮小屋ですが、修復が何年も遅れてるのでいまだにここに甘んじてるのは残念。 シンプル過ぎてオペラハウスらしいゴージャス感は味わえないですから。


でも、オペラファンにとっては、ドイツオーパーにも近いというありがたいロケーションで、今回もホテルから両方に歩いてすぐでした。


カメラ写真はクリックで拡大)


    



               

この劇場の特徴であるカーブした大きな窓は、中から見るとレースのようでとても素敵。


ロビーもすっきりして悪くない雰囲気ですカクテルグラス  


     


ワンピースサンダル

私のいでたち、出発前夜にクラウス君キャンセルのニュースが入って支度する気合もなくなったのでガックリ、もちろん着物は着ないし、どうでも良くなっていい加減に準備したら(天気もわからないのであまり前から支度できないでしょ)、服もバッグもグリーンになってしまったわ。しかも、黒のインナーはチカチカ光る素材なんですが、写真ではわかりませんね。



ホテルで写真撮ってみましたが、鏡見ながら自分で撮るって意外に難しいのね。視線が変だわ。


     


      


客席はうんとこじんまりしてて、こんな所でワーグナーの壮大なリングサイクルとかやるなんて勿体ないこと。


    



ステージドアはとてもわかりにくくて、ぐるっと回って探している時に偶然コーラスで出演なさってる日本人女性に出っくわしたので案内して頂きましたが、そうじゃなかったら見つけられなったでしょう。



劇場があるブロックの裏側は他の建物がいくつか建ってるのですが、劇場のちょうど真裏くらいに大きなギャップがあり、たしか柵もあったその中に図々しく入って行くと、何台か車も駐車してあり、そこを通り抜けて左に行くと広いスペースがあり、奥の角がステージドアです。

ドアの中に狭いけど待たせてもらえるスペースもあるので、寒い日でも大丈夫。


因みに、この男性は「後宮からの脱走」のセリム役のバリトンです。


ひらめき電球

というわけで、周辺も殺風景だしワクワク感を全く感じられないシラー劇場ですが、秋に又行くことにしました。ニュールンベルグのマイスタージンガーですが、勿論クラウス君のリベンジ遠征。



私が行くのは10月11日(日)ですが、同じ日にいらっしゃる方、ステージドアに道案内しますので、皆でクラウス君を取り囲みましょう。



人気ブログランキングへ
AD

<27th May Wed>

今やってるROHの椿姫ドミンゴ先生が2回だけお父さん役で出るのですが、初回の明日はキャンセル。お姉さんもしくは妹さんの具合が悪いという理由ですが、さすがドミンゴ先生、ずっと売り切れだったのに、さっき見たら120枚くらいリターンされてます。しかし、リターンしても売れないでしょうから、手離した人はどうするんでしょうね? 海外から来る予定だった人は遠征自体をやめた人もいるんでしょうね。ここでも又オペラ歌手降板の悲劇に伴い、その対応について思いを巡らす私。因みに6月3日に彼が出る予定の日に行く私、ドミンゴ先生が出なくても全然気にしませんが、もし又降板するのであればもうちょっとましな代役を引っ張ってきて欲しいです(明日はフランコ・ヴァッサロ)。

オペラ記事が続いたので、今日は旅行記事にしてみよみゃ~。

-------------------------------------------



  


                                   カメラ以下の写真はクリックで拡大


オペラ遠征に行ったベルリンですが、オペラお目当てにキャンセルされたので、意地にでも楽しんで元を取らねばDASH!、と思ってあちこち一人で回ったうち、とても気に入った美術館をご紹介します。


5月16日、シャルロッテンブルグ宮殿に行ったついでに、すぐ向かいにあるベルクグリュン美術館Museum Berggruenで絵画鑑賞。入場料10ユーロ。写真撮影可。


     

建物は19世紀半ばのネオ・クラシックですが、中は明るくてモダン。地下鉄駅が近くになくて不便なせいか、空いてました。


ユダヤ系美術商ハインツ・ベルクグリュン氏(1914-2007)が収集したクラシックモダンアートのギャラリーですが、さすがピカソとも交流のあった同氏、ピカソの作品がずらっと並んで見事。


作品数の多いピカソは南仏やパリでもたくさん見ましたが、ここも決して質量とも負けてないどころか、私好みの作品の多さではここが一番かも。このギャラリーのことは知らなかったので、今回のベルリンの嬉しい発見となりました。

アートお好きな絵をクリックで拡大してご覧下さいね。

    

     これはたしかギリシャの神々

     

                  

  

      

    




人気ブログランキングへ
AD

<25th May Mon>

今日までの3連休は寒いしどこにも行かず、家で服の整理もしましたが、今年は夏服は要らないかも・・。あるんですよ、そういう年が。

-------------------------------------------




5月半ばの3泊ベルリン旅行、旅の目的であったドイツ人テノールのクラウス・フロリアン・フォークトが降りてしまって意味がなくなってしまいましたが、重い足取りながらオペラを毎晩観て、観光もしたので、記録しておきます。 まずはクラウス君の出ない抜け殻オペラから。


5月15日、ドイチェオーパーにベルリオーズのファウストの劫罰を観に行きました(ドイチェオーパーの様子は先月の記事(→こちら )をご覧下さい)。


フランス語のオペラをドイツ人であるクラウス君が初めて歌うのであればリスク高すぎですから遠征なぞしませんが(クラウス君はドイツ語以外で歌うことが少ない)、去年の実績があり、その上キャンセルすることが少ない優等生のクラウス君を信じて、初のソロ遠征に挑戦したわけですDASH!


だけど、前日になってキャンセルの正式発表叫び


キャンセルされるとがっかりなので敢えて自分が行く最終日だけしかチェックしてなかったんですが、後で知ったところ3回やるうち最初の2回が徐々にキャンセルされたので、それを知ってた人は「・・うーっ、これでは3回目もあやしい・・ガーン」とハラハラしたでしょうね。私が知ったのは旅行に出る前の晩でしたが、いやー、そんな前から心配でドキドキするのは嫌ですから、直前まで知らなくてよかったです。知らぬが仏で浮き浮きしてた時間が少しでも長く持てたのは嬉しいことですから恋の矢


しかし、次回からは事態を把握して旅行自体をキャンセルする機会を逃さないようにした方がいいかなとも思ってて、それには今回のようについでに他のも観ようと欲張っちゃ駄目なんでしょうね。等々、オペラ遠征について色々考えさせられた苦い経験でした。

実は遠征で振られたのは初めてではなく、同じドイチェオーパーで「ルチア」のディアナ・ダムラウに逃げられたことがあるんですが(たしか妊娠だったので仕方ないですね)、その時はベルリン自体が初めてだったので観光も楽しみの一つだったので大してがっかりしなかったんです。でもベルリンはそれから何度も行って観光は済んでるので、今回は本当にオペラだけが目的だったの・・あせる


あ~、いやだ、私ったら、オペラのこと書こうとしてるのに又グダグダと前置きが長くなってすみませんショック!


さて、そんなこんなで、もうどうでも良いけど一応行ったファウストの劫罰はどうだったかと言うと・・(因みに、ベルリンは切符代が安いので前から3列目の真正面席でも92ユーロ)。


     
              カメラ  クリックで写真は拡大 (去年の写真でしょうね)



写真ではわからないでしょうけど、舞台一杯に傾斜のついた丸いターンテーブルがあり、それを回しながら場面転換していくんですが、ちっちゃな可愛い家、洒落た衣装、雰囲気のある照明、ダンスもあって動きもあり、ほとんどグレーだけど華やかで、幻想的で素晴らしいプロダクションです。

       
     



La Damnation de Faust (Fausts Verdammnis)

演出 Christian Spuck

セット、衣装デザイン Emma Ryott

指揮 Jacques Lacomble

ファウスト Yosep Kang (Klaus Florian Vogtの代役)

マルグリート Clementine Margaine

メフィストフェレス Sanuel Youn




休憩なしで2時間半近くだったパフォーマンスはと言うと、クラウス君出てないんじゃどうでもいいけど、ドイチェオーパーのアンサンブル・テノールである代役の韓国人ヨセップ・カングはリリカルな美声としっかりしたテクニックでとても上手でした。

なかなかの経歴なのも納得で、今年はロンドンのプロムスにも出るようです。この役ではクラウス君より上手かもしれないと思う程で、文句は無し。



でも、でも、声が違う~っビックリマーク 姿はもっと違う~っ!! 


私がわざわざ観に来たのはこれじゃな~~いしょぼん


いくらヨセップ君が背丈もあって決して悪くないと言っても、ファウストの顔がお相撲さんみたいってのもちょっとね・・。折角かぶりつき買ったのにさ・・。



マルグリートのクレメンタイイン・マルゲーネも充分な声量と潤いのある美声で上手だし、容貌もぴったり。

メフィストフェレスのサミュエル・ヨウンも韓国人で、ここによく出てるらしいですが、小柄な彼はルックス的には迫力に欠けますが余裕ある演技補って、歌もまあまあ。

でも、このオペラはテノールの比重が大きくて、その他の人はほんのちょっとしか歌わないので、まあどうでもいいというか。

そう、テノールの独り舞台みたいなものだからこそ、クラウス君の清らかな美声にたっぷり浸るために遠くから観に行ったですよね。


あっ、クラウス君の出ないオペラのことを書いてる筈なのに、どうしても思いは彼にいってしまい、またイライラしてきた・・むかっ



ひらめき電球

ところで、クラウス君、ドイチェオーパーでもらった冊子によると、来シーズンはローエングリンカルメンに出るってことだったので、「ぐぇ~っ、ドン・ホセはやらない方がいいんじゃないかなあ・・」、と思っていたら、サイトではすでに違う人になってます。ロールデビューだろうから、どうせ私は観に行くつもりはなかったけど、できないものはこのように早くギブアップして欲しいです。今回のファウストだって、先月のローエングリンから日が浅いからフランス語が思い出せなかったのがキャンセルの理由なのではないかと疑ってるんです、実は。病気だってことですが、合間にはウィーンでコンサートに出てたって言うし・・。


しかし、それにしても、先月のローエングリンのクラウス君は素晴らしくて(→こちら )、おまけに抱きついて一緒に写真も撮れて(→こちら )、本当に良かったとしみじみグッド!



でも、ちぇっ、こんなことになるのなら、ファウストの代わりに3月から4月にかけての死の都を観にハンブルグまで行けばよかった。その辺りは仕事が忙しいのでとんぼ返りしかできなかったけど、結局、観光抜きの追っ掛け遠征はそのためだけの方がよかったわけだし。ブツブツブツブツ・・・


メモ<追記>

この失望感から抜け出るには、やっぱりリベンジ遠征しかないかもしれないと思い始め、秋のクラウス君追っ掛け切符を買ってしまいました。又ベルリンですが、今度はマイスタージンガーで、これならクラウス君が怖気づいて逃げる心配はないし、あとは本当の病欠の心配を又数ヶ月しなくてはならないわけですが、これで今回のがっかりから次回の楽しみに気持ちがシフトできそうです。




音楽(クラシック) ブログランキングへ

AD

<24th May Sun>

ベルリン記事を始める前にROHでラ・ボエームが始まってしまいました。3連休中ですが、いつまでも冬みたいに寒いロンドン、明日も出掛けずに家にこもってブログ書きするかも。

-------------------------------------------




昨夜(5月23日)はラ・ボエームの初日でした。


先回予定だったマノンは切符を売ってから(彼女が出るというだけでシビアな枚数制限なのに)、「マノンって私には合わないから辞めるわ」、と言い放って大ヒンシュクを買った超人気歌姫アンナ・ネトレプコパンチ!、ラ・ボエームには絶対出るからという約束通り、ちゃんと出てくれてよかったです。


ラ・ボエームの内容については過去記事をご覧下さいですが(→こちら )、要するにパリの貧しいお針子が結核で死んでしまう話で、屋根裏部屋に住む若者4人のはしゃぐ場面や豪華なパリのレストランも出てきて、場面的にも音楽的にも暗いだけではないのが名作たる所以。


La Boheme

Music Giacomo Puccini
Libretto Giuseppe Giacosa
Libretto Luigi Illica
Director John Copley
Designs Julia Trevelyan Oman
Lighting design John Charlton
Conductor Dan Ettinger
Mimì Anna Netrebko
Rodolfo Joseph Calleja
Marcello Lucas Meachem
Musetta Jennifer Rowley
Schaunard Simone Del Savio
Colline Marco Vinco
Benoît Jeremy White

Alcindoro Ryland Davies





         


声量たっぷりで憂いのあるネトコ節は相変わらずだったので文句はありませんが、これが彼女の良さを引き出す役とは思えず、「ふーん、ま、彼女のミミはこんなもんでしょう」、という感じ。迫真の演技というよりはわざとらしい作りものみたいだったのは、丸々とした顔と体で死ぬ間際に二重アゴだったのも災いしたかもしれません。


特に私は前日にENOで若くてセクシーで相手役ともケミストリー抜群のカルメン(→こちら )を観たばかりで、感情移入に関してはこのラ・ボエームはカルメンに遠く及ばずでしたから。





恋人役のジョセフ・カレヤもデブなのがネトコちゃんをほっそり見せるために幸いしたのか、それとも二人して太目のカップルでビジュアル的に更に凹んだのか・・・。 


そのカレヤ、リハーサル(私は行きませんでしたが)では声を凄くセーブしてたそうで、不調なんでしょうね、この日も、中低音はOKだけど、高音がスカスカドクロ。キ

ャンセルする程ひどくはなかったけど、今後キャンセルする可能性は充分なので、これは代役が誰だか要ウォッチだわ。

例え絶好調でも、カレヤのロドルフォはすでに聴いてる上に彼はROHに出過ぎで飽きてるので、誰か他のテノールに代わってくれないかなあ。もう一人はベチャワだけど、彼も売れっ子で忙しいだろうから、無名の若いテノール呼んでね。ネトコちゃんのご主人はこれ歌えないのかしか?


   

もう一つのカップルであるマルチェロとムゼッタも太目だったのでブタ、栄養失調グループという設定から丸っきり外れてたのは、オペラだからまあ良しとしても、でもやっぱり、2年前のアニータ・ハリティッヒとソニア・ヨンチェバ(→こちら )というビジュアル的(歌唱的にも)には完璧な女性陣の記憶がまだ鮮やかなので、今回のムゼッタのジェニファー・ローリーは美声だけどちょっとね・・。


縦横一番でかいルーカス・ミーチェムは、去年秋のセヴィリアの理髪師で抜群におもろいフィガロだったんですが(→こちら )、マルチェロでは大した悪ふざけも出来ず、無難に上手に演じました。

他の男性二人は、特に小柄でもないんでしょうが、回りが大きい人ばかりだったのでやけに小さく見え、声もぱっとしなくて影が薄かったです。

家ワンピースしかし、今回のラ・ボエームの主役は実は舞台セット。 


1974年から使ってるROHのドル箱プロダクションですが、ついに今回を最後にオシャカになってしまうのは惜しいことですしょぼん。たしかに古めかしいけど、衣装さえ新しくすればまだまだ使えると思うんですけどね。


私がこの15年間でこれを何度観たのか最終日までには数えてみるつもりだし、最後の日(ネトコちゃんは出ませんが)にはお別れに参上。その時に私の思い入れを書きますが、昨日は正面から観る最後の機会でしょうから、セットや小物、脇役さんたちの演技を双眼鏡で一つ一つ愛おしく眺めたのでしたラブラブ


   

この特別な最終ランの初日に演出家のジョン・コプリー氏もカーテンコールに登場。最後の日(7月16日)もきっと出てくれるでしょうから、一緒に泣きましょうねハートブレイク



         


ところで、この日は正面の立見席だったのですが、最初のインターバル後は図々しく空いてた舞台横の席に移動べーっだ!

おかげでカーテンコールで面白い写真が撮れました。指揮者のエッティンガー、男女拘わらず歌手にキスして忙しいですねキスマーク




音楽(クラシック) ブログランキングへ

<23rd May Sat>

忙しい週が終わって、明日から3連休。来週は毎日出勤ですが夜はヒマなので、ベルリン記事をたくさん書ける筈。今日はこれに刺激されて観に行こうと思って下さる方がいらっしゃるかもと思い、昨日のオペラを先にアップします。

では、今日はもうすぐROHのラ・ボエームの初日に行ってきます。ネトレプコはちゃんと出てくれるようでやれやれ。

-------------------------------------------





まず、カルメンってどんなストーリーなの、と仰る方は以前の記事で闘牛士が説明してくれてます(→こちら )。


全て英語にしてしまうEnglish National Opera、どうせ事前に切符買わないし、演目のチェックもほとんどしてないのですが、出演者によってはたまに行くこともあり、昨日は急遽カルメンを観に行きました。英語のカルメンなんて嫌ですが、主役の二人が観たかったので。 

ってことで、会社の昼休みに地下鉄でひとっ走りDASH!、レスタースクエアの割引小屋TKTS(→こちら )に行き、30ポンドのストール席をゲット(手数料込み)。これ、元の値段は手数料なしで117.5ポンドですから、ほぼ4分の1グッド!がま口財布  あまり席の選択がなくて、もっと前の席が空いててもそこでは売ってないのががナンですが、15列目であっても真正面にしました。ここで真正面から安い値段で観る機会はほとんどないでしょうから。まだ始まったばかりですが、評判が良いと切符がどんどん売れて、ダンピングされなくなるので、興味ある方はお早めに。

     



   


   



Director: Calixto Bieito

Conductor: Sir Richard Armstrong

Set designer: Alfons Flores

Costume design: Merce Paloma

Lighting: Bruno Poet


Carmen: Justina Gringyte

Don Jose: Eric Cutler

Escamillo: Leigh Melrose

Micaela: Eleanor Dennis

Frasquita: Rhian Lois

Mercedes: Clare Presland,


.

プロダクションは写真でご覧の通りチープで全く頂けませんが、若い美人のカルメンと精悍なドン・ホセで、これほどビジュアル的に絵になるカップルは年食った歌手がやることが多い一流歌劇場では稀でしょう。

でも、私にとってはビジュアル面はオマケであって、目的は二人の歌。結論から先に言うと、歌も期待通りでしたが、二人ともそれぞれビジュアル的にぴったりだっただけじゃなくてケミストリーも抜群だったのがオマケの喜びでしたラブラブ



         


女の子

カルメンのJustina Gringyte(ジュスティーナ・グリンガイトと読むのかしら?)はつい最近までROHの若手アーチストだったリトアニア人メゾ・ソプラノで、ROHの脇役で散々観たのですが、いつも立派な声量と個性的な声で光ってたので、いつかちゃんとした役で観たいものだと思ってたところ。


背が高くて硬めの声のジュスティーナ嬢はズボン役が似合うと思うのですが、カルメンと来ましたか・・、とちょっと驚きましたが、金髪カールでまるでバービ-・ドールみたいですごくチャーミング(欲を言えばちょっと足が太いのが残念だけど)。くねくねしないけどクールでセクシーだし、期待通りの立派な歌唱で素晴らしかったです。

この成功で一流歌劇場からちゃんとしたフランス語のカルメンのオファーがあるといいね。私としては、薔薇の騎士のオクタヴィアンとかやって欲しいけど。



     

男の子

ドン・ホセのエリック・カトラーは2006年7月にROHのドン・パスクアーレ(→こちら )ですごく気に入ったアメリカ人テノール君。

NYメトでも主役やったりしてなかなかの経歴なのにそれ以来ロンドンには来ないので、すっかり忘れてた人ですが、久し振りに見たら太ってて最初はがっかりしたけど、ハンサムで精悍なエリック君はタフな兵士役がぴったり。

アラーニャみたいに大袈裟に演技しないので最初はちょっと物足りなかったけど、慣れたら自然な感じでこれもいいかもと思ったし、最後は控え目ながら現実味溢れる振られ演技で見事でした。


歌はと言うと、以前はドニゼッティとかのベル・カント系の細い声で(ルックスとのギャップが凄かった)、それが私は好きだったのに、なんかすっかり太い声になってしまってガッカリだったけど、ドン・ホセはこうでなくちゃいけないし、テクニックも声量も充分で立派でした。 声の変化に伴ってワーグナーまで歌うことになったらしいエリック君、長身で舞台映えするヘルデンテノール(力強く英雄的な声)は貴重だから、今後はそっちの方で一流になれますよう。


他の歌手たちも、衣装はワーキング・クラスのニイチャンネエチャンでぱっとしなかったけど歌は上手でした。ああ、これがフランス語だったなら・・・。ENOって、劇場も素晴らしいしパフォーマンスのレベルも悪くないのに、オペラの良さを半分殺してしまう英語ポリシーだけが残念です。




音楽(クラシック) ブログランキングへ