<27th Feb Fri>

走る人スノー・ドロップやクロッカスが咲いててすっかり春らしくなりましたが、昨日は青空の下、ムスメも一緒に親子3人でお散歩。AA社のロンドン・ウォーキングのガイドブックの中で我が家歩いていけるコースを選び、ほんの気楽な散策の筈だったのに、public foot pathのほとんどはぬかるみで、ぐちゃぐちゃになりながら今までで一番難儀なウォークに。それでも、3時間半、湯有名なお坊ちゃま学校のハーロウスクールを抜けてなかなか興味深いウォーキングとなりました。

溜まってることを順不同で片付けていくのですが、3日前のガラ公演を記憶がフレッシュなうちに先にしましょう。

-------------------------------------------



2月25日、ロイヤルオペラハウスの資金集めガラ公演がありましたが、バレエの圧勝


2012年10月のダイアモンド・ジュビリー・ガラ(→こちら )で女王様がいらした時もこういう充実したプログラムにすれば良かったのにね。 あの時は折角良いダンサーが出てたのに演目が地味でつまらなかったですから。


宝石赤 A Gala Celebration – Life Reimagined 宝石ブルー


Part I
Polonaise from Eugene Onegin オーケストラ (指揮 ニコラ・ルイゾッテイ)
Texan Kangaroo Rat from ‘Still Life’ at the Penguin Café 素人の子供たちのダンス
‘Sola, perduta, abbandonata’ from Manon Lescaut  エヴァ・マリア・ウエストブルック
‘See, even Night herself is here’ pas de deux フェデリコ・ボネリ、ローラ・モレラ
‘Au fond du temple saint’ from Les Pêcheurs de perles トビー・スペンス、サムエル・デイル

Qualia pas de deux エド・ワトソンとオリヴィア・カウリー
‘Ebben? Ne andrò lontanta’ from La Wally ソニア・ヨンチェバ
‘Diamonds’ pas de deux from Jewels マリアネラ・ニュネス、ティアゴ・ソアレス
‘Le beau gosse’ from Le Train bleu  ヴァディム・ムンタギロフ

‘Credo in un Dio crudel’ from Otello ブリン・ターフェル
The Royal Ballet School’s Grand Défilé ロイヤル・バレエ・スクール生徒


Part II
Out of the Ruins ROH Youth Opera Company
March from The Love for Three Oranges 
The Cards from Alice’s Adventures in Wonderland 平野亮一、高田茜、金子扶美 他
‘Kuda, kuda vï udalilis’ from Eugene Onegin  トビー・スペンス

Summertime  マシュー・ゴールディング、メリッサ・ハミルトン
‘Suicidio’ from La Gioconda エヴァ・マリア・ウエストブルック
Tchaikovsky pas de deux ナタリア・オシポワ スティーヴ・マックレー
‘Quanto amore’ from L’elisir d’amore ブリン・ターフェル、ソニア・ヨンチェバ
‘If I loved you’ pas de deux from Carousel カルロス・アコスタ、サラ・ラム
‘Der Hölle Rache’ from Die Zauberflöte Annna Siminska




バレエは全て素晴らしかった中で特に印象に残ったのは、ずらっと並んで壮観だったバレエスクールの生徒たちと(カーテンコールに登場しなかったので写真はなし)、マシュー・ゴールディングのパンツ一丁の眩しい裸体と、オシポワとマックレーのクルクルピョンピョン合戦かな。


一番楽しみにしてたヴァディム・ムンタギロフが出てこなかったのは残念だったけど。

(以下の写真はクリックで拡大しますので、裸のマシューを愛でて下さいね。踊ると更に美しいのなんのってあせる(ヨダレ~ラブラブ!



       


         

             



     


対するオペラはしょぼかった・・・ダウン


今までのガラ公演の中で最初から一番ぱっとしないラインアップだった上に、マリューシュ・キヴィエチェンにまず逃げられ、ネッスン・ドルマを歌う筈だった美丈夫且つ迫力声のテノール、アントネンコもドタキャン。


結局出たのはブリン・ターフェルトビー・スペンスエヴァ・マリア・ウエストブルックソニア・ヨンチェバ、今魔笛で夜の女王歌ってるアンナ・シミンスカとROH若手アーチストのバリトンだっで、ただ突っ立って歌うだけなので、それだけでもエネルギッシュで華やかなバレエに勝てる筈もなく、その上なんだか皆さんいまひとつぱっとしなくて。


その中では、私としてはトビー君の’クーダ・クーダ’(オネーギンのレンスキー)lが聴けたのが嬉しかったですが、客観的にはソニア・ヨンチェバが一番良かったのではないかしら。


でも、やっぱりこういう場には登場するだけで観客がどよめく大スターにご登場願わないと、高い切符代払ってる人たちに失礼じゃないの? パンチ!

なんせ、パフォーマンス終了後のディナー付き切符は1000~2000ポンドだったそうですから叫び


    



      


カクテルグラスナイフとフォーク

今回はテーブルの数から察するところ、充分にお客が呼べたようで良かったです。私はもちろん安い席しか買えませんが(upperslipで16ポンド)、お金持ちの皆様、ありがとうございます!


black tie optionalということで、ディナーは付かない普通の切符でも正装してる人がたくさんいて、いつもと違う華やかな雰囲気でしたキラキラこういう時こそ着物で行くべきなのに、ギリギリまで残業してて無理だったのは残念ですがしょぼん

                 


合格お腹を空かせて家路を急ぐ貧乏人夫婦の私たち、途中でフリーメイソンの建物がライトが当たったり報道陣がいたりして賑やかだったのでなんだろうと思ったところ、いわば英国版レコード大賞であるBrit Award(マドンナが転倒した)のafter partyだったそうですカラオケカクテルグラス 華やかさではこちらの方がずっと凄いでしょうね。



というわけできらびやかなイベントが重なったコベント・ガーデン界隈だったのでした。




人気ブログランキングへ
AD

ムスメと着物でパーティに

テーマ:

<24th Feb Tue>

胃痛がほぼ収まってやれやれ。と言ってもすでに昨日から仕事も夜のお出掛けもフル活動でヘトヘトなんですが、今夜はロイヤル・フェスティバルー・ホールでピアノのイーヴォ・ポゴレリッチのリサイタルでした。ロンドンにはほとんど来ないので私は初めてでしたが、インターバルで退散・・。いえ、そんなにひどかったわけでじゃなく、ヒマなら最後までいても良かったんですけどね、なんと言うか、期待したより良かったことに失望したかも。滅多に聴けないような演奏を楽しみにしていったのに、期待したよりずっと上手だったので。とは言っても、えらくゆったりしたペースの上、独特のリズムがなんというか・・・。

せっかく早く帰宅したので、ブログをアップしましょう。今月は頑張ってる着物お出掛け、この週末はムスメとの二人着物でした。

-------------------------------------------


2月21日の土曜日、ボーイフレンド君が属してるイーリングのテニステニスクラブのパーティがあり、テーマはジャパン


たくさん所属してる日本人会員が協力して、一昨年好評だったというジャパン・ナイトの第二弾だったのですが、ムスメが着物で行きたいと言い出したので、着付けをしてあげるついでに私も一緒に着いてくことに。

    

                                       トーチャンは運転手

     

立食パーティなので、食べ物や飲み物をぶっちゃけられても大丈夫なように二人とも洗える着物。ムスメが着てるのは去年秋に日本で買ったもので、おはしょりが短いのがナンですが、なんとか共用できるのが着物の利点。

想像したよりもカジュアルな人がほとんどだったので、私たちは浮いてましたが、ムスメは皆にビューティフルと言われて嬉しそうだったので、私はオシポワの白鳥の湖を断念しょぼんしてまで着物を着せてあげた甲斐があったというものです。着物を着たいと言ってくれること自体がなによりですもんね。


お酒おにぎり

日本人メンバーの大張り切りぶりがよくわかるジャパン・ナイトで、特に有り余るほどあった手作りの日本食が充実してました。たらふく食べて日本酒もたくさん飲んだのが翌日の胃痛の原因だったかもしれませんけどショック!


    


もう一つ、これは翌日の日曜日、お筝グループのお弾き初めに行くつもりで着物を着込んだ時のもの。

カジュアルな着物を着る機会は意外と少ないのでウールにしてみました。3月7日の私たちのコンサート(→こちら )のリハーサルも兼ねているので欠席してはまずいのに、胃痛のために結局行かずじまいだったので、これは今年の回数には入れられませんけどね。



人気ブログランキングへ

AD

<22nd Feb Sun>

着物でお出掛けする予定で着物を着込んでたのに、胃痛でギブアップ。ムスメと行った昨夜のパーティで食べ過ぎたのかしらと思ったけど、珍しくちょっと熱も出たので寝込んでしまいました。夜はかなり回復したので、溜まってる記事を手短に。

-------------------------------------------


2月12日から3泊でオランダのレイネさんが2回分の着物一式をご持参で又いらして下さいました。


お目あて勿論イエスティン君ですが、12日はまずグローブ座のプレイハウスでのお芝居。


    

席が別だったのですが、レイネさんのたまご色のお着物は暗い客席でとても目立ってました。雪輪の帯とのはっきりしたコントラストは私好み。

私は、寒い日だったし、以前この劇場で座ったときにえらく寒かったので、今日は羽織で防寒。


     




グローブ座は地下鉄駅から近くないので、リバプールストリート駅からバスの乗って、サザック・ブリッジへ。


レイネさんがお召しの真っ赤なマントは私のを使って頂いたもの。


和洋兼用ですが、長年持ってるのになんだか派手過ぎて実は一度も着たことのない代物ですが、レイネさんはお似合いですね。私も今度着物の上に羽織ってみようかな。

プレイハウスはグローブ座の敷地に一昨年できた小劇場で、昔ながらのキャンドルライトだけでお芝居やコンサートをするというユニークなコンセプト。

でも、ユニークな構造で美しいのに、写真撮影はえらく厳しくて、切符もぎりのおばちゃんが入る時一人一人に「写真は駄目だからね」、と強く言い渡すんです。



秋に初めて行った時、それでも果敢に開演前に撮ろうとしたオニイサンがおばちゃんに皆の前ですごく叱れてたので、小心者の私は怖くてとてもトライできません。

     

ステージドアがどこかもわからないし、今日はイエスティン君の写真は撮れないかも、と諦めていたら、いつも運よくイエスティン君に遭遇するレイネさんがボックスオフィスにいた彼を発見。

着物の二人連れファンもすっかりイエスティン君にとってはお馴染みに違いないです。ストーカーと思われるのは嫌なのでいつもちょっと挨拶するだけの謙虚なファンに徹してますけど。

    

         慌てていたのでマントも脱がずに記念写真。「明後日のリサイタルにも行くからね」

王冠1音譜

Farinelli and the Kingは、スペインのフィリペ5世と伝説のカストラートであるファリネッリの20年にも及ぶ関わりを描いたお芝居で、イエスティン君はお芝居はせず、時々登場して主にヘンデルの歌を歌います。




ファリネッリ役のサム・クレーンはイエスティン君にそっくり。きっとイエスティン君に似た役者を探したんでしょうね。でも、この程度の芝居であれば、イエスティン君が演じても良かったんじゃないの?

この二人の繋がりについては何も知らなかったので、ストーリーを追うのは面白かったけど、お芝居としては特に優れているとも思えず。これだけの題材なんだからもっと洒落た台詞を散りばめてほほーっと思わせて欲しかったです。役者さんたちも特に上手とは思わなかったけど、評判は上々。


メモ追記

ご一緒したレイネさんが詳しいレポートを書いて下さいました→こちら


人気ブログランキングへ
AD

<19th Feb Fri>

仕事が忙しくてバテ気味ですが、明日は無理矢理休んで「魔笛」のリハーサルへ。夜はバービカンでヴィバルディのコンサート・オペラもあり、良い気分転換になりそうです。忙しい時こそ音楽の癒しが必要ですもんね。

今月は公私共にやけに詰まってて大変なんですが、すでに着物で3回お出掛け済み。忙しいってことは着物を着る機会も多いわけもんね。

-------------------------------------------
                                 カメラクリックで写真は拡大


2月10日はウィグモア・ホールへ。


ローゼンブラット歌リサイタル・シリーズで、アルメニア人テノールのサイミール・ピルグ


    

トーチャンととムスメがメロンパンを初めて焼いてくれた日です(→こちら )。実はトーチャンはその後もう一回作ってくれたんですが、慣れたので1時間短縮して3時間で出来たそうです。でも、今度焼くなら別のパンにしてね。


薄い藤色の木目柄の小紋は実家の母のお下がりですが、合わせる帯が案外難しくて、結局また同系色で、繻子地に刺繍の椿。

    


このリサイタル・シリーズを身銭を切って道楽でやってるローゼンブラット弁護士は、カマレナのコンサート(→こちら )同様、胡蝶蘭さんと私の着物姿にとても喜んで下さって、招待客(切符の売れ残りを弁護士事務所を通じてお客さんにプレゼントしてるんだと思います)のドリンクに誘って下さいましたカクテルグラス



    


胡蝶蘭さんの小紋もお母様のお下がりだそうで、今日は二人揃って親孝行ができました。先回はロイヤルオペラハウスで二人で若作りしてみましたが(→こちら )、今回は渋いウィグモア・ホールに合うように地味な色合いで。


    



最前列の真ん中だったので、ピルグもきっと気付いてくれたでしょうが、終了後は舞台裏のグリーンルームに突撃してダメ押しのツーショット。タキシードと着物って釣り合い取れて素敵でしょ?



音譜ついでにコンサートのことも書いてしまうと、



クリップ

Saimir Pirgu tenor

Simon Lepper Piano


Giovanni Bononcini (1670-1747) Per la gloria d'adorarvi from 'Griselda'

Christoph Willibald Gluck (1714-1787) Paride ed Elena wq.39 Aria: O del mio dolce ardor

Alessandro Scarlatti (1660-1725) L'honestà negli amori Già il sole dal Gange

Francesco Cilea (1866-1950) L'arlesiana/È la solita storia

Wolfgang Amadeus Mozart (1756-1791) Don Giovanni K527 Act 1 No. 18 Aria: Dalla sua pace/Idomeneo K366 Act 2 No. 6 Aria: Fuor del mar

Giuseppe Verdi (1813-1901) Questa o quella/Macbeth Act 4 Scene 1 Aria: Ah, la paterna mano

Charles Gounod (1818-1893) Roméo et Juliette Ah! lève toi soleil

Jules Massenet (1842-1912) Werther Act 3 Scene 1 Aria: Pourquoi me réveiller

Giuseppe Verdi La mia letizia infondere from 'I Lombardi'

(これはコンサート前のオンライン情報ですが、実際には少し違ってたので、→こちら をご参照。レビューは→こちら



このシリーズ、大抵は歌手の出身地の歌なんかを前半に軽く歌い、後半はオペラのアリアってことが多いのですが、ピルグは少しアルメニアの歌もやってくれましたが、ほとんどがオペラのアリアで、最初からフルボイス。狭いホールの上に私は彼から一番近い距離だったので、耳がどうかなりそうなくらい声のパンチを喰らい、やけに短いコンサートでしたが、充分だったかも。



オペラとは一味違う歌唱を聴けるのがリサイタルの醍醐味なのに、オペラと大差ない感じだったのはちょっと残念でしたが、正統派の歌唱力はさすが。


    

アルバニア人作曲家のディスダリ娘さんでバイオリニストのAlda Disdariがサプライズ・ゲストで出演。



    



ピルグを初めて聴いたのは、2010年のトラヴィアータで同じアルバニア人のヤホとの共演でしたが(→こちら )、当時まだ二十代なのに立派な歌唱力でその後あれよあれよという間に大出世したピルグはROHとバービカンでリゴレットの公爵を歌い、うぶな好青年から身のこなしも自信たっぷりの33歳の色男に変身恋の矢



ご自身も着物を持ってらっしゃるというローゼンブラット氏に「今度はいつ来てくれるの?」と聞かれましたが、すみません、あと4回あるリサイタルの歌手には食指が動かないのでパス(→こちら )。でも、このシリーズは代役で凄い歌手が登場することもあるので(シラグーサやカマレナ)要チェックなんですよね目





音楽(クラシック) ブログランキングへ

3月7日(土)に私たちグループが行うちょっとしたお琴のコンサートのお知らせです。


このグループの仲間と一緒だったり私一人だけでたまに人前で弾いてますけど、たいていはパーティのBGMとかなので、こうしてちゃんと静かにして聴いてもらえる機会は貴重です。


指導及びオーガナイズして下さる先生は歴史学者さんとして多忙な方なので、このグループのコンサートは2011年11月にサウスケンジントンの教会でやって以来、久し振り(→こちら )。



                         

私は宮城道雄の「さらし風手事」と北海民謡調」を弾きますが、「さらし」は筝曲としてとても有名で、私の大好きな曲。手の早いこの難しい曲をコンサートで、しかも二重奏のより難しい方のパートをソロで弾かせてもらえるのはとても嬉しいのですがラブラブ、練習する時間を見つけるのが困難な今の生活環境では実はかなり不安でもありますガーン


こんな曲ですというのは映画Youtubeでどうぞ(→こちら )。緑の着物の方が演奏してらっしゃるのが私が弾く本手です。時間の関係でかなりカットせざるを得ないでしょうけど、海外であればこその機会ですから、頑張りますDASH!


今回はアクセスの便利なキングスクロス駅近くですので、ご都合つく方は是非いらして下さい。

無料ですが、場所を提供して下さる盲人協会に寄付をするチャリティ・コンサートですので、いくらかのお志を頂戴できれば嬉しいです。小さな会場らしいので、いらっしゃる方は電話かメールで予約なさるのが確実かと。
mas@rnib.org.uk or by telephone on 020 7391 2273.



クリップ

Japanese Koto Concert

The Kakehashi Koto Ensemble with Takashi Kikuchi (viola)


Date: Saturday 7 March 2015

Time: 13:00 to 14:00

Location: RNIB, 105 Judd Street, London, WC1H 9NE


Discover the Koto with the Kakehashi Koto Ensemble and viola player Takashi Kikuchi in a concert of traditional music from Japan.

Dr Ayako Hotta-Lister is a teacher of the Koto and Sangen. She has taught, performed and given lecture/workshop concerts in Japan, Britain, France and Hong Kong. Amongst these concerts are fund raising evenings for RNIB.

Dr Takashi Kikuchi is a viola player based in London and Tokyo.

The Kakehashi Koto Ensemble play around the world. "Kakehashi" means "a spanning bridge" and the group bridge Japan and other nations through music. They play traditional Japanese music from 17th century to contemporary music.

The concert is free. There will be a retiring collection for RNIB Sunshine House School, Northwood, a specialist school and residence for blind and partially sighted children from the ages of two to 14 who have significant learning difficulties.




人気ブログランキングへ