<29th June Sun>

おぉ~っ、早くも今年は半分終わりか、と焦りながらも旅行の支度とブログ書きで家にいました。

最近(遊びで)たてこんでたのでネタがあり過ぎて、全てを書くわけにはいきませんが、イギリス在住オペラファンとしてはベンジャミン・ブリテンが創始者であるこの音楽祭を省くわけにはいきません。

-------------------------------------------


20世紀最大のイギリスの作曲家ベンジャミン・ブリテンがはじめた音楽祭Aldeburgh Festival(こちら )にはいつか行ってみたいとずっと思ってましたが、オランダからのお客様レイネさんも興味を示して下さったので、6月16日に行ってみました。今年で67回目だそうです。


サフォークの海岸沿いにあるAldeburgh(オルデバラと呼ぶことにします)はロンドン西北郊外の我が家から車で2時間半。



        


6月とはとても思えない肌寒い日だったのですが、まずはオルデバラの小石のビーチを震えながらお散歩。海に因んだ作品の多いブリテンもきっとここを幾度となく歩いたのだろうと思うと感慨深いです。 海岸には街で一番古い建物(街の集会所で今は博物館)がポツンと建っていす。



グレーの空と風が吹く海岸はまるでブリテンのオペラ「ピーター・クライムス」(問題ありの漁師が主役のうんと暗い内容)の世界。


ここにこの天気の日に来られてよかったと思ったことでした。


去年の6月にここでピーター・グライムスの野外オペラ上演があったそうです。どんなお天気だったのか知りませんが、潮の香りの中でオペラ観ながら徐々に日暮れていくって雰囲気あっていいでしょうねえ。



    


次は街の真ん中にある教会へ。

ここSt. Peter and St. Paul's Churchにブリテンと公私共のパートナーであったテノールのピーター・ピアースのお墓があるのです。


    


広い墓場には何百年も経った古~いお墓もあり、緑の多い素敵な雰囲気ですが、彼らのお墓は比較的新しいお墓が立ち並ぶエリアにあるのですが、予想に反してえらくあっさりして質素な墓碑でした。私が立っているのがブリテン、レイネさんの前がピアースですが、真っ黒なので写真写りが悪いったら・・。


    


実はトーチャンは子供の頃にブリテン自ら指揮した「戦争レクイエム」に少年コーラスで出演したこともあり、特に彼の音楽が好きなわけではないけれど、やはり気になる存在のようで、こうしてお墓参りができて嬉しそうでした。


      




イギリスでは有名なコンサートホールであスネイプ・モルティングズSnape Maltingsは、アルデバラから少し車で行ったところのSnapeという湿地帯にあります。


こんなどんよりした日は荒涼とした雰囲気が漂い、6月とは思えない寒さの中、だだっ広い草っぱらの所々にアート作品などが置かれていて(グレーの彫像はバーバラ・ヘップワース作)、自然とカルチャーの融合がこのド田舎のコンサートホールらしい環境です。




     


      


クラフトショップ数軒とちっちゃなギャラリーもあり、もちろんレストランもあるのですが、夕食はセルフサービスのカフェで済ませました。 あれだけ海を見てたらやっぱりシーフードが食べたい気分なのでフィッシュケーキナイフとフォークうお座


      Snape Malringsは醸造所を改造したコンサートホールで、ロビーもホールもレンガと木で趣ありキラキラ



    


Owen Wingraveは、兵役拒否者であったブリテンがベトナム戦争時代に作ったオペラで、軍人一家に生まれながら軍人になりたくないOwen青年が家族に責められながら幽霊にとりつかれて死んでしまうらしい、よくわからないストーリー。



キャスト等はこちらを拡大してご覧下さいですが、変化のない暗いセットで数人が言い争いしてるばかりで、字幕がないので英語で歌ってはいてもよく聞き取れず、進展についていけませんでした。歌手のレベルはなかなかなかだったのに残念。

私たちは舞台前の傾斜のない安い平土間席だったので(18ポンド)、前の人の頭が邪魔だったし、カーテンコール写真も撮りにくかったけど、オペラ鑑賞よりも場所の見学が主目的でしたから、いいことにしましょう。


イギリスではお馴染みのJanis KellyJonathan Summersという実力派も出てて、悪くない顔ぶれの中、最も知名度があるのはROHのブリュンヒルデでもあり昨年はプロムスのラストナイトにも出たソプラノのSusan Bullockですが、私は彼女の声が好きではないので・・。


     
     


タイトルロールは若いインド系バリトンRoss Ramgobinでしたが、歌は悪くないけど地味過ぎて主役としてもカリスマ性不足。脇役では光れる人でしょうけど。


    

気に入ったのは若くてハンサムなテノール君isiah Bellと金髪のソプラノSamantha Crawford。歌も上手で容貌も美しいこの二人の名前、覚えておこう。



7時半開演のオペラが終わってもまだほんのり明るい北国の夏。


こんなに遠くては、余程のオペラ公演でもない限り二度と行くことはなさそうですが(近くに見所もないし)、長い運転で疲れただろうにトーチャンも喜んだし、やっと行けて、しかもピーター・グライムスを思い起こさせる灰色の日でラッキーでした。



音楽(クラシック) ブログランキングへ
AD

<28th June Sat>

2回目のマノン・レスコー、今日はトーチャンも一緒でしたが、元々買った17ポンドの席のセクションが閉鎖になったために80ポンドの席に移してもらえて、初日は見切れたシーンもかなりよく見えてホクホク。

来週の旅行の前に片付けたいネタが溜まっているのですが、今日はイエスティン君のコンサートを二つまとめてアップ。

-------------------------------------------


6月はご贔屓カウンターテナーのイエスティン・デイヴィスが2回もウィグモア・ホールに出演。


16月15日はイエスティン君のピアノ伴奏だけのリサイタル。


彼を追っ掛けて3月、4月に続きまたオランダからいらしたレイネさんのブログに知的なレポートが載ってますので曲について等はそちらをご覧頂くとして(→こちら )、私のはほんの手短な備忘録。


Iestyn Davies countertenor

Malcolm Martineau piano


Howard The Painted Rose/ So by my singing /I am comforted Before sleep/David's Lament for Jonathan

Purcell Full Fathom Five (realised by Thomas Adès)

Croft A Hymn on Divine Musick (realised by Britten)

Byrd Ye sacred muses

Clarke A Divine Hymn (realised by Britten)

Howells Goddess of Night/ The little boy lost/ When the dew is falling/ King David

Stanford La Belle Dame sans merci

Rootham Everyone Sang Idyll A Supplication

Jackson From a railway carriage/Moore Summer Nights Cradle Song

Jackson Tree at my window

Dunhill The Cloths of Heaven

Walford Davies I Love the Jocund Dance

Gurney The Apple Orchard

Novello Fly Home Little Heart


作曲家や曲目リストからは一体どういう繋がりがあるのかさっぱりわからないでしょうが、それのその筈、「教会のオルガにストが作った世俗的な曲」、というユニークなコンセプトで組まれたプログラムなんです。


子供の頃から教会の聖歌隊で歌ってオルガニストと接することの多かったイエスティン君らしい着眼点で、彼自身の選曲だそうですが、活躍目覚しいイエスティン君、特にウィグモア・ホールではちょっと前にレジデントとして何度も出演してファンが増えたのでこういう風変わりなこともやらせてもらえるんでしょう。なにをやっても切符が売れるアーチストにとって、知られてない曲を紹介するのは使命ですから、どんどん未知の曲に挑戦してもらいたいものです。


     



知ってる曲はほとんどありませんでしたが、私を含め絶好調のイエスティン君を聴けるだけで幸せという観客にとっては、軽めで心地良く英語なのでわかりやすい曲を歌ってくれて嬉しかったです。

アンコールは、元祖オルガにスト兼作曲家の元祖で今日のプログラムにも入ってるパーセルで、An Evening Hymnと、アンコールの代表曲とも言えるお馴染みのMusic for a whileの有名2曲。


イエスティン君の裏声だけど芯のある美声を前から2列目の真ん中の席でうっとり聴き惚れ、至福の時を過ごしましたラブラブ!ラブラブ



    


終了後はレイネさんと二人で恒例の舞台裏のグリーンルームへ行き、イエスティン君とスリーショット。

私たちがセットで押し掛けるのにもすっかり慣れたイエスティン君でしょうが、着物だとハロー!って迎えてくれるときの表情がより嬉しそうな気がするの。


*☆*:;;;:*☆*:;;;:*☆*:;;;:*☆*:;;;:*☆*:;;;:*☆*:;;;:*☆*:;;;:*☆*:;;;:*☆*:;;;:*☆*:;;;:*☆*:;;;:*☆*:;;;:*☆*:;;;:*☆*:;;;:*☆*:;;;:


26月24日は室内楽オケとの共演でバッハのカンタータを3曲歌ってくれました。


Dunedin Consort 

John Butt director 

Iestyn Davies countertenor 

Cecilia Bernardini violin 


Johann Christoph Bach

Ach, dass ich Wassers gnug hätte (Lamento)

Johann Sebastian Bach 

Brandenburg Concerto No. 6 in Bb BWV1051

Cantata BWV54 ‘Widerstehe doch der Sünde’

Concerto in A minor for violin BWV1041

Cantata BWV170 ‘Vergnügte Ruh’, beliebte Seelenlust’



     


バッハと言っても、かの有名はヨハン・セバスチャン・バッハだけでなく、音楽一家であったバッハ一族の他の人の曲もあり、どうしても15日のリサイタルと比べてしまうわけですが、いやー、やっぱりバッハ(得のヨハン・セバスチャン)の美しさは、オルガニストのシンプルなアルバイト曲とは比べ物にならないくらい複雑で深い! 

特に‘Widerstehe doch der Sünde’ は大好きなので、これをイエスティン君で聴けて幸せ~ドキドキ


ブランデンブルグ協奏曲やヴァイオリン曲で水増しもされたにも拘わらず、こちらのコンサートの方が素晴らしいと思いました。切符の売れ行きもこのバッハの方がうんと良くて、値段も高いのにすぐに売り切れたのも納得。



このためにレイネさんが再びオランダから駆けつけて下さったのですが、この日は二人とも洋服だったし、オケと一緒の時はグリーンルームが着替え室になってしまうため、9日前に会ったばかりでもあり、イエスティン君に挨拶に行くのはどうしようかと思ったのですが、しばらく待てば入れてもらえそうだったので数分待ちました。


そしたら、イエスティン君も着替えが済んでて、なんと、これが又、えらくカジュアルな半ズボン姿だったのよね目


最近では会ったらすぐにハグしてくれるし、写真も撮らせもらうんだけど、こんな格好なのに撮ってもいいのかしらんとビビッてしまうじゃないの。


でも、彼は全然気にしてないみたいで、ツーショットも快く応じてくれました。


     


さて、次のイエスティン君詣では8月のグラインドボーン・フェスティバルで、長年待ちに待ったヘンデルのリナルドのタイトルロールがイエスティン君です。 折角のグラインドボーンで、しかも大枚はたいて最前列の席が買ってあるんですから、レイネさんと二人で華やかな着物で行きたいものです。 



人気ブログランキングへ

AD

6月の着物お出掛け

テーマ:

<27th June Fri>

先週のクリスティズに続き、今日はもう一つの有名オークションハウスであるサザビーズの内覧会に突入。客より職員がずっと多い会場でコンポラリー・アートを無料で鑑賞させて頂きましたが、推定値段が一番高いのはフランシス・ベーコンのちっちゃな油絵で2千万ポンド叫びがま口財布

-------------------------------------------


5月まですでに28回とペースの早かった着物お出掛けですが、6月に入って一気にスローダウンしてしまい、今月は2回のみとなりそうですしょぼん

オペラやコンサートにうんと行ったので機会はもっと多くあったのですが、あれこれ忙しくて・・・。やっぱり時間と心に余裕がないと着物にまで手が回らないってわけだ汗



16月15日のウィグモア・ホールのイエスティン君のリサイタルには、オランダからいらして我が家にお泊り頂いたレイネさん(→こちら )と二人で着物で行きました。


結構暑かったので二人とも単衣で、白と水色とピンクで爽快感が出たかしら。



    


    


コンサート終了後はいつものように舞台裏のグリーンルームへ直行し、イエスティン君とスリーショット。


最近は私よりも熱心なイエスティン君ファンであちこち追っ掛け遠征なさってるレイネさん、なんと今回は前日にギリシャ旅行からお戻りになったばかりというのに又すぐロンドンまで会いにいらしたという熱心さ。その上着物もご持参とあれば、イエスティン君も嬉しかったでしょうね。


   


私の大好きなきれいな水色の無地のお着物に映える白地の帯がなんと言っても素晴らしくて、お太鼓の柄がオランダ船なのは、オランダ在住の彼女にはぴったりですね。そして、前帯には小さな赤いマーメイドが波間に浮かんでて可愛いのうお座

この人魚ちゃんを引き立てるためにはどの帯締めがいいかしらと、父の日で遊びに来てたムスメも交えて3人であれこれ迷った結果、私のからし色の帯締めを使って頂きました。






26月17日の夜は又レイネさんとご一緒で、ヨナス・カウフマンのマノン・レスコーの初日に行きました。


日中はアスコット競馬にいらしてたレイネさん、ご自作の素敵なお帽子でオペラハウスに直行されました。


朝慌ててらしたようで、アメジストのネックレスを付け忘れたのは残念でしたが、アスコット・ファッションのレイネさんと着物姿の私はユニークなコンビだったかも。

     


光沢のある小豆色の江戸小紋風の単衣には銀の刺繍と施した袋帯はどうかしら。ちょっと前の黒の大島紬の時と同じ帯ですが(→こちら )、リバーシブルで裏表が違う柄になってるお得な帯。先回は桜でしたが、今回は秋の方にしましょう。


これで今年の着物お出掛けはちょうど30回(まとめは→こちら )。

7月はどうでしょうか? と思ってスケジュールをチェックしたら、うわーっ!、ぎっしり予定が詰まってる~! 余裕ゼロですが、なんとか夏モノを総動員して頑張ってみましょう。




人気ブログランキングへ
AD

<25th June Wed>

質量共に素晴らしかったTate Modernの特別展アンリ・マチスの切り絵展を午前中に観てから午後は出勤。テニス一昨日からウィンブルドン・テニスも始まってますが、テレビで観る機会もほとんどないうちにもうすぐ6月が終わりそう・・。男子シングルス優勝という長年の悲願を昨年達成してしまったし、まさか又優勝できるとは誰も思ってないので、今年はのんびり観戦できそうなのに。

-------------------------------------------




6月14日の土曜日、スパ一泊旅行から帰った夜にウィグモア・ホールのリサイタルに行きました。


アンナ・プロハスカは、最近やっと初めてROHで聴くことができたドイツ生まれのオーストリア人で、カルメル派修道女の対話(→こちら )の並み居る実力派女性の中で私が一番気に入った1983年生まれのソプラノ。


バロックを歌うことが多いらしいですが、この日は戦争が主題或いは背景の歌ばかりで、色んな時代の色んな作曲家の色んな言語でしたが、一貫したテーマでユニークな統一感がありました。


Anna Prohaska soprano 

Eric Schneider piano 


Traditional (German) Dunkle Wolken 

Beethoven Die Trommel gerühret 

Eisler Kriegslied eines Kindes 

Wolf Der Tambour/Der Soldat II 

Rachmaninov I have Grown Fond of Sorrow (The Soldier’s Wife)/Traill/My Luve's in Germanie 

Ives In Flanders Fields/‘1, 2, 3’/Tom Sails Away 

Eisler From Hollywood Liederbook:/Panzerschlacht/Die letzte Elegie/Die Heimkehr

Cavendish Wandring in this place

Schubert Kriegers Ahnung/Ellens Gesang I 

Rihm Untergang 

Liszt Jeanne d'Arc au bûcher

Schumann Die beiden Grenadiere

Poulenc Le retour du sergent from Chansons villageoises 

Quilter Fear no more the heat o' the sun 

Schumann Der Soldat

Mahler Wo die schönen Trompeten blasen from Des Knaben Wunderhorn

Weill Beat! Beat! Drums!/Dirge for two veterans


明るい曲調であってももちろん悲しい内容ばかりなのですがしょぼん、プロハスカ嬢の温かみのある若々しい美声と、細やかだけど感傷的になり過ぎない素晴らしい歌唱で、とても感動的なコンサートになりました。原語歌詞と英語訳を追いながら聴いていたら美しさと切なさでぐっと来て、何度も涙が出てしまったのは私だけではないでしょうあせる 



今年は第一次世界大戦勃発百年であり、ノルマンディ上陸作戦70周年セレモニーもあったばかりで戦争が話題がなることが多いのでとてもタイムリーなこのプログラム、凝ったミリタリー調のズボンスーツ姿のプロハスカ嬢はきっとヨーロッパを何箇所か巡業するのでしょうが、どこでも静かな感動を与えてくれるに違いないです。


        



訛りのない英語もとてもきれいで、美人ではないけど、チャーミングなアンナちゃんに会いたくて、終了後はいつものように舞台裏のグリーンルームに行ってみました。


カルメル派~では他の女性たちと比べて一番小柄で少女みたいだったプロハスカ嬢ですが、ハイヒールを履くとそこそこの背丈だし、しっとりとした大人の雰囲気でファンに接してたのですが、




列の中で私のすぐ後ろにいた若い男性を見つけるや、「きゃーッ! ティム、来てくれたのね~。嬉しい~~キスマーク」、と抱き合って大喜び。 


誰かというと、イギリス人カウンターテナーのティム・ミードで、きっとバロックオペラで共演したことがあるのでしょう、彼女の表情ががらっと変わって本当に嬉しそうな笑顔になりました。


コンサートの前にTim Meadとは話をしたし、私が「はーい、じゃあ二人一緒の写真撮らせてね~」、とカメラ向けたら、興奮状態のままポーズしてくれて、楽しい写真が撮れました。 FB経由で二人に写真を送ってあげたら喜んでくれましたよ。




一人で来てたティム君を見つけたのでコンサートの前に声掛けて写真撮らせてもらいました。FB友達だしね。夏に彼の出るグラインドボーンのリナルドを聴きに行くのですが(第一目的はイエスティン君だけど、最近躍進目覚しいティム君も楽しみ)、もうすぐリハーサルが始るんだよと言ってました。でも、「明日はここでイエスティン君のリサイタルあるけど、また来る?」、と聞いたら、素っ気無く「No」ですって・・



音楽(クラシック) ブログランキングへ

<23rd June Mon>

明日からまた忙しくなるし(主に遊びで)、来週は海外旅行にも行くので、その前に大急ぎで先週末のスパホリディだけ片付けようDASH! 

-------------------------------------------


6月13日と14日のスパホテル一泊女子会の最終回、ホテル(→こちら )、ディナー(→こちら )に続き、今日は観光編です。カメラクリックで写真は拡大します。


観光が目当てではなかったので、行き当たりばったりでちょっとだけですけど、折角近くにストラットフォード・アポン・エイヴォンStratford-upon-Avonというイギリスを代表する観光地があるのだから、ちょっとだけ寄ってみないとね。

    

ナイフとフォークコーヒー

まずはホテルでイングリッシュ・ブレックファスト。写真は第一弾で、この後何度もビュッフェを襲ってたらふく頂きましたブタ

    

ストラットフォード・アポン・エイヴォンにはこんな感じのチューダー時代の可愛い建物がたくさん残ってます。

    

「ポリス」と書いてある標識がありますが、これが警察なのではなく(そうだったらいいのにね)、すぐ後ろに無粋な警察署がありました。

    


この街は演劇のメッカで、有名な劇場が2軒隣り合って建ってます。古くて小さいスワン座と大きくてモダンなロイヤル・シェイクスピア・カンパニー。

私だけでなくご一緒した方のうちお二人がこの街には何度も来てるけど劇場はまだということで、ここが第一候補だったんですが、時間とかろくに調べなかったのでタッチの差でガイド付き見学ツアーを逃してしまいました。残念。「ヘンリー2世」を昼夜2部で上演してましたが、長いシェークスピアの芝居を観る気は毛頭ないわけで・・・


    

劇場が駄目なら、街の中心ではここしか行く所がないわ、ってことで、今更ながら定番のシェークスピアの生家へ。

     

私はシェークスピアと同じ誕生日だし、今年は生誕450年ということで、何度も入ったことはありますが、久し振りに高い入場料(16ポンド弱)払って入ってみましょかね。


     

シェークスピアの親父さんは皮で大儲けしてこれだけの家を建てました。息子は跡を継いでくれず、ロンドンにトンズラしちゃいましたが、劇作家として成功して帰郷し、もっと立派な家を購入。残念ながらその家は観光客が押し寄せるのに嫌気が差した所有者が壊してしまったそうですが、故郷に錦を飾った大文豪はそこで60歳の誕生日に死去・・。

     

ここが彼が産まれてであろうという部屋。


     



ロンドンに帰る途中、遅めのランチを兼ねてビスター・ヴィレッジBicester Villageというデザイナー・アウトレットに寄っていきましょう。

私は初めて行ったのですが、高級品には縁がないのでもちろん何も買わず。でも見るだけでも贅沢な気分になれて、これも立派な観光。


夕方帰宅後、私は一人でウィグモア・ホールのアンナ・プロハスカ(ソプラノ)のリサイタルへ。


素晴らしいコンサートだったし、実に充実した一日だったわ~チョキ



人気ブログランキングへ