<30th May Fri>

夜5連ちゃんのお出掛けと言っても、この頃は会社に行かない日も多いので、どうってことないのですが、今夜のサッカー試合観戦が言わばハイライトサッカー。 そこらへんの草チームではなく、イングランド戦ですからね、どんな雰囲気なのか興味深深だし、珍しい体験にドキドキワクワクドキドキ。 ペルー相手の親善試合なので興奮し過ぎて血を見ることはないでしょうが、W杯直前の調整で、盛り上がるでしょう。ユニオンジャック柄の着物持ってたら着るかもしれませんが、着物はやはりおしとやかなイベント専用かも。ということで、先日オペラに行った時のことを。
-------------------------------------------


     


5月27日のトスカには着物で行きましたが、うっとおしい雨だったので、化繊の着物にしようとごそごそ探したら、持ってることすら忘れてた無地を発見。


エレガントとは言えない赤紫色に扇柄の地紋のこの着物は、かつて日本でお琴の演奏会で皆でお揃いで着た舞台ユニフォームでしたが、大勢がで照明に光ってなかなか壮観でしたよ。この日も「きれいな色ね」と褒めて頂いたし、単衣で軽いので、海外オペラ遠征に重宝かも。


同じ扇柄の帯はすっきりと銀色だけに。これは礼装用の袋帯でしょう、きっと。


安物ポリに礼装帯という組み合わせは日本ではあり得ないコーディネートですが、調子に乗ってついでに帯揚げも帯締めもルール違反してみようかな。

ってんで、まず帯揚げは黒地のスカーフで。


着物も帯も無地だとあまりにもシンプル過ぎますもんね。前日にバーンズでチャリティショップ巡りした時と同じスカーフですが(→こちら )、大判だと帯揚げにもなって便利。


          

ひらめき電球

初めての試みの帯締めの結び方にもご注目下さい。


赤と黄色の二色使いですが、色違いの丸組の帯締めを二本使用し、両方とも真ん中で輪にして絡み合わせ、後ろで縛ってあるんですが、遊び心もあって、なかなか良いでしょ?


普段はこれでも、(年齢無視の派手さは別として)なるべくオーソドックスを心掛けているつもりですが、たまには海外ならではの羽目外しもいいですよね?


5月は頑張って6回着物で出掛け、これで今年通算28回(まとめは→こちら )。





人気ブログランキングへ

AD

<28th May Wed>

毎日寒くてね。ムスメが持ってきてくれたDVD「アナと雪の女王」を3Dで観てたら、ますます冷えてしまったわ。

-------------------------------------------


5月26日のバンクホリデーの午後、ブログ仲間のアメリさん(→こちら )にバーンズBarnesを案内して頂きました。


バーンズは、ハマスミスやパットニーからちょっと行ったところで、都心からそんなに遠くないのにヴィレッジの雰囲気を残してるとても可愛い街ですが行くのは初めて。


   


   


     


     

あいにくの冷たい雨だったので、テムズ河畔のお散歩は又の機会にして、今日はチャリティ・ショップ巡りに専念し、お金持ちエリアにはチャリティショップがたくさんあるのですが、バーンズとお隣のイースト・シーンEast Sheenで軽く10軒は回ったでしょうか。



アメリさんは目的のモノをめでたくゲット。私はのべつ幕なしにだらだら見てたんですが、「モノを増やしたらいかん!」、と頭ではわかっていても、安い服とか見るとつい手が出てしまうというビョーキがまた出てガーン、結局コート、ブラウス、スカートを買ってしまいました。傘をさすのに片手がふさがってた上に夜はROHにバレエを観に行くので荷物を増やさないように我慢したんですけどね、これでも。




ワンピース戦利品の一つをお見せしましょう。



4ポンド弱だったこの薄手の白黒ブラウスは柄がポイントで、ぱっと見てもわからないでしょうけど、バレリーナなんですくつ



ブログ用ジョークに買ったようなものですが、今日、早速ちょうど良いバレエ関連イベントに行く時に着てみました。まずはイタリアンレストランDa Marioで腹ごしらえ。






ロイヤルバレエの24歳の若いダンサーJames Hay君のインタビューでしたが、ソロイストという真ん中のランクのジェームス君、しなやかで軽やかでキビキビとした動きと舞台映えのする爽やかな容姿で大ファンなんです。



教会での今日のインタビューでも可愛かった~ラブラブ!


一時間半喋りまくってくれたジェームス君、できればバレエ以外のことも聞きたかったですけどね。




     



       

客のほとんどはジジババでしたが、この少女にとっては憧れのお兄さんなんでしょうね恋の矢 兄妹みたいで微笑ましい。   

ジェームス君、3月に由姫さんと茜さんと3人で踊った眠れる森の美女で輝いてました(→こちら )。


人気ブログランキングへ
AD

<26th May Mon>

今日から5夜連ちゃんでお出掛け。バレエ、オペラ、トーク、オペラ、サッカー! 毎日フルに働かなくてもいいのが本当にありがたいです。少しはブログも更新できるかも。

-------------------------------------------


今回のアラーニャのトスカには3回行きますが、すでに記事にした5月7日のリハーサル(→こちら )に続き、反対側から観た2回目のことも一応備忘録として。





(以下の写真はクリックで拡大)

Director Jonathan Kent
Designs Paul Brown
Conductor Oleg Caetani
Floria Tosca Oksana Dyka
Mario Cavaradossi Roberto Alagna
Baron Scarpia Marco Vratogna
Angelotti Michel de Souza
Spoletta Martyn Hill
Sacristan Jeremy White
Sciarrone Jihoon Kim


新聞批評のほぼ私のリハーサルの感想と同じで、アラーニャはかつての甘い声は失せたとは言えまだまだ素晴らしいが、トスカは声は良いが芝居はひどい、と。 肝心のトスカがけなされては総合で良い点が取れる筈がなくて、3ツ星か2ツ星でしたが、まあそんなとこでしょう。

   


トスカ役のウクライナ人ソプラノのオクサナ・ディカは、演技がけちょんけちょんに言われたのを反省して、軌道修正しようとしたんでしょうが、それが却って裏目に出て、なんとリハーサルの時よりうんと下手くそになってました・・・ガーン  リハーサルの時は「何も演技してない」という印象だったのが、この日は必死で演じようと思っているけど変なところに力が入って最悪・・。アンジェラ・ゲエルギューの演技がいかに上手だったかあらためて実感。


でも、私は楽しめましたよ。嫌というほど観てるトスカなので、ドラマより歌唱力重視ですから。

と言っても、小回りがきかないオクサナ嬢、目を閉じていれば素晴らしいトスカだったかというと、一本調子で演技同様硬かったんですが、なんと言っても彼女の魅力は声自体の美しさと素晴らしい声量。それを買われたからこそ、あちこちトスカやらせてもらって、ROHにまで進出できたわけですが、オペラは詰まるところ、声の好みであり、私は好きな声です。

     

トットットットッ~DASH!っと、大拍手の中に、一人で盛り上げたアラーニャが登場。


50歳で再びパパになって幸せ一杯ね~音譜


     


アラーニャが支えた今回のトスカ、彼よりでかいだけではなく芝居の下手なトスカをあてがわれ、ドラマとして成り立たなかったけど、まだまだいける貫禄と実力を示してくれて、長年のファンとしては(他の若いオトコにも惚れまくってるけど)嬉しい限りクラッカー


     

     

                       あっかんべー?にひひ




スカルピアは、シニカルな演技で総合点ではなかなか良いのですが、小柄な彼が声も体もでかいトスカに負けないように迫力を出そうとする余り、歌うというよりは叫んでいるように聴こえてしまいました。


明日もう一回行きますが、おそらく何も変わらないでしょうから、アラーニャのと演技とオクサナ嬢の声だけ楽しめればと思います。それに、あれだけ下手だと、オクサナ嬢の演技を笑いながら観るのも楽しいわ。美人だしね。




人気ブログランキングへ

AD

又あのホテルに着物で

テーマ:

<24th May Sat>

イギリスは5月のバンクホリデー3連休なんですが、雨が降るわびしいお天気だったので、家でのんびり。

-------------------------------------------


今月は着物お出掛けを結構頑張ってて、5月20日の椿姫にも着物で行きましたわん。


「だからって、なんなの、また椿柄?! 発想が単純過ぎ!」、と思われそうですが、これが最後ですからお許しを。


前日の暑さはかなりおさまりましたが、まだかなりぬくいので、単衣で参りましょう。


この付け下げ小紋、古めかしい柄の上、上半身は椿の花も小さくて間隔も空いてて淋しい感じなのですが、下に行くほどに柄が大きくなり、全身で見ると割と賑やかでしょ?


うーん、でも、赤い柄の着物に赤い帯というのも、若い娘じゃあるまいし、ベストなコーディネートとは言えないんじゃないの?


はい、それはわかってるんですが、今日は色ではなく、市松柄というところがポイントなんです。



     




なぜかというと、ほら、この


四角い模様が同じでしょ? これにこじつけた帯なんざんす。


で、これはどこのロビーかと言うと、ほれ、今年になって何度か写真撮ってるホテルですよお。


と言えば、


はい、その通り、サボイホテルです。


えーっ、又なの? こないだも着物で行ったばかりよね?



はい、5月9日の椿姫の前にここのカジュアルなシーフード・レストランで食事したばかりです(→こちら )。


その時にサボイグリル(→こちら )というランクが上のフォーマルレストランにもプレ・シアター・メニュがあることを発見し、いつか試してみようと思ったところ、早くも機会があったわけです。 有名シェフであるゴードン・ラムジーのお店の一つで、敷居も値段も高いですが、プレシアターであればお手軽で気も楽ですもんね。


で、どうだったかと言うと、


     


まず、やけに暗いので、写真がうまく撮れなくて、ブログのレポートには極めて不向きダウン


ダークなインテリアはロマンチックな雰囲気だし、向き合うのではなく隣同士で座るので、デートにはぴったりでしょうが、私にはあり得ないシチュエーションだわね。


ところどころに1950代の映画スターの写真が飾ってあり、このレストランに来たときのものでしょう、私たちの前はマレーネ・ディートリッヒ。隣はたしかマリリン・モンローだった。大きなシャンデリアも、華やかで優雅だった時代を表現してるようなので、レトロでセクシーなドレスで座るとぴったりでしょう。



    


暗いので美味しそうに見えないでしょうけど、私が頂いたのは前菜がダックとエッグのココット、メインがカレイの煮物。カレイだけでは「おかず」なのでお腹は膨れず、プレシアターは2コース24ポンド、3コース28ポンドとリーズナブルでもあり、時間があればデザートも食べたかったけど、この遅いサービスでは無理。


開店が5時半でオペラが7時開演なので1時間ちょっとしかいられないのに、なかなか注文取りに来てくれないのでイライラしちゃいましたもんねむかっ 何もしてないスタッフがうようよいるのに、注文係はテーブルによって決まってるわけで、格式高いレストランって効率悪いったらないわ。 一気に客が押し寄せるプレシアター時間だけでも臨機応変にできないものか。



左の写真は最後に出てきたお菓子ですが、切り分けるのも難しいちっちゃなサイズで、しかも二人なのに5個って・・・汗


どれもまあまあで、特に美味しかったわけではないですが、プレシアターのメニュでお店を判断すべきではないでしょうし、憧れのサボイグリルに入れたというだけで充分満足です。普通のメニュも怖れた程高くなさそうなので、ゆっくり時間がある時に又行くかもしれません。


でも、カジュアルで明るいキャスパー・シーフード・バー&レストランの雰囲気の方が好きかも。


     

それでは、ご一緒した方と二人で、歩いて5分のロイヤルオペラハウスに向かいましょう。この日はなぜだか、お洒落した格好の人が多かったです。


尚、私の市松帯は十代の時にお琴の演奏会でよく使いましたが、裏面は同じ柄でサイズの大きな市松なのでリバーシブルで使えて便利。前と後ろでサイズの違うほうを見せる巻き方をする方が多いかな。


人気ブログランキングへ

<22nd May Thus>

夏はやっぱり短かくて、又イギリスらしい肌寒さが戻ってきました。これくらいで丁度いいです。

-------------------------------------------


椿姫La Traviataが終わりました。20日の最終日はROH初の試みとしてライブ・ストリーミングもあったので、ご覧になった方もいらっしゃるかも。私は生で観てましたが、何百回とオペラ観た中で一番咳する人が多かったのではないかしらと思う程あちこちでゴホゴホゲホゲホカゼ 気が散ったのと折角の大切の日なのにという心配で集中できませんでしたが、オンラインでは咳は聞えなかったようでよかったです。 


私はこのチームは2回、5月6日の初日に左から、20日の最終日に右から観ましたが、4回観たダムラウのチームよりこのペレス組の方が絵になるバランスの良いチームだったでしょう。あちらはダムラウだけが突出してたのに比べ、こちらは主役二人が夫婦なので息がぴったりだったし、パパも「頭を使う」演技派でしたから。 (ダムラウ組については→こちらこちら )。





La Traviata


Director Richard Eyre

Revival Director Daniel Dooner
Set designs Bob Crowley
Lighting design Jean Kalman
Director of movement Jane Gibson
Conductor Paul Wynne Griffiths
Violetta Valéry Ailyn Pérez
Alfredo Germont Stephen Costello
Giorgio Germont Simon Keenlyside
Baron Douphol Ashley Riches
Doctor Grenvil Jihoon Kim
Flora Bervoix Nadezhda Karyazina
Marquis D'Obigny Charbel Mattar
Gastone de Letorières David Butt Philip
Annina Gaynor Keeble
Giuseppe Neil Gillespie


     



メキシコ系アメリカ人のアイリーン・ペレスは、声の魅力も歌唱力でもディアナ・ダムラウにはかなり水をあけられてますが、彼女の強みである愛らしい容姿と、恋人アルフレードとのケミストリーでは勝ってました。


ダムラウのように大袈裟過ぎないほどほどの演技も丁度よく、声もよく出て、今歴代のヴィオレッタの中では上位には食い込めないものの、今までROHで観た中では彼女としてはベストだったと思います。

 

来年1月5日にバービカンで二人がBBCオケと共演するコンサートもありますよ(→こちら )。私はすでに切符ゲット済みチョキ


    


私のお目当てはアイリーンの年下の夫スティーヴン・コステロだったのですが、期待通りの素晴らしいアルフレードで、違うチームのデムーロもなかなか良かったけど、やっぱりコステロ君の方が華があってずっと魅力的恋の矢

のほほ~んと感じも田舎のそこそこ良いとこのニイちゃんにぴったりだし、一見演技派には見えないんだけど、ちゃんと役になりきってましたよ。近くの席から双眼鏡で凝視した私が言うのだから確かです!

特に、最終日のカーテンコールの感無量の表情がとても良かったので、同じような写真ですが、5枚貼っときます(黒いスーツの左側が白くなってるのは、アイリーンを強く抱き締めたので彼女のメークが付いたんでしょうかね?)


私は特に彼の鼻が好きなので、横顔にしびれるわ~ラブラブ!


肌も真っ白できれいだしね~ドキドキ


いや、歌もちゃんと上手だから大ファンなんですけどよ、もちろん。


そして、二人のシーンでは控え目にしてヴィオレッタを立て、サポートしながら優しく振舞ったのも高感度大合格


    


     


パパ役のサイモン・キーンリーサイドは、今回なんと2度もキャンセル叫び


「他のところで喋り過ぎて声が出なくなったそうよ」、とあちこちから聞こえてきて、2度のキャンセルの間にあった5月13日のマスタークラスではまあ元気だったけど、「ごめん、今日は歌えないから」と謝って歌の指導は軽い鼻歌だけ。そこでも又大真面目に3時間近く喋りまくったのもよくなかったのではないかと思いますが。


で、一回目の代役はダムラウ組のパパだったホロ(ディミトリ・ホロストフスキー)だったので、「よかった~、私が切符持ってない日で・・・」、と喜んだけど、2回目の代役だった若いポーランド人バリトンのアルトゥール・ルチンスキは聴いてみたかったな、と思って、実は20日の最終日もルチンスキだといいのにと願ってた私。すみません。ルチンスキーは、聴いた方によると、とても良かったそうですよ。


いえ、サイモンが嫌いとか、彼が下手だとかでは全くなくて、すでに今回2度聴いてるし、以前にもこの役歌ってくれたし、つい最近はファウストでも何度も聴いたし、マスタークラスでもまじかにずっと顔見てたので、要するに飽きたってことですが、やっぱり大画面にアップで世界中の人に見られる日にはこまやかな演技のサイモンの方が良いに決まってるので、復帰できてめでたしめでたし。20日のカーテンコールはそれもあってか、とても嬉しそうな表情でした。


ところで、


ROHのドル箱であるトラヴィアータ、来シーズンはなんと16回もやるのですが、ジェルモン・パパの一人がドミンゴ先生。彼が出ると切符枚数が制限されるので迷惑なのよね~むっ 2回しか出られないのなら、無理しなくてもいいんですよ、先生汗


カメラここまでは私がカーテンコールで撮った写真ですが、一昨日のライブストリーミングでトーチャンがパソコンの画面を何枚か写真に捕らえたので、記念にアップしておきます。クリックで拡大。


    


       


    


音楽(クラシック) ブログランキングへ