<29th Apr Tue>

地下鉄ストは予想通りほとんどの路線で間引き運転ながら運行してるようなので、明日のオペラ(ダムラウの出るトラヴィアータ)には行けそうだ。因みに、ストライキの理由はなにかというと、駅の切符売り窓口の廃止に対する不満で、廃止しないほうがいいのではないかと思う利用者も多いようなので(私も)、私たちの意見も取り入れて、ストライキなどしないで解決して欲しいものです。

すみません、昨日に続いてトビー君記事です。

-------------------------------------------





4月27日の日曜日の午後、ロイヤル・フェスティバル・ホールでヨハン・シュトラウスのオペレッタ「こうもり」を聴きました。


ストーリー等は日本語ウィキをご覧下さいですが(→こちら )、要するに、銀行家とその妻がそれぞれこっそり浮気心を起こしてドタバタするコメディで、ヨハン・シュトラウスらしいウィーンの雰囲気のある楽しくて洒落たオペレッタです。


セミ・ステージということで、セットは無く芝居だけしてくれたのですが、まあ台詞も多いし英語でやるんだろうなとは思ってたのでそれはいいのですが、なんとマイクロフォンを通してだったのにはびっくり&がっかりしょぼん

まあ、考えてみれば三千人以上入るこの大ホール、仕方ないんでしょうけど、これじゃあ生で聴く価値ないじゃんパンチ!  切符は買ったものの実はギリギリまで迷ってたんですが、こんなことなら来なきゃよかったと思いましたよ、最初はむっ


でも、最初はスピーカーの音量が大きくて不快でしたが、途中であれこれ調整しながら進み(ちゃんと事前にテストしておけよなむかっ)、前から8列目(オケピットがないので、オペラハウスであれば3列目くらいに該当)の私には間もなく生に近い感じになったし、皆さん芝居が上手な上にオペラではまず望めない役柄とルックスが一致してたので、「まあ、うんとレベルの高いミュージカルだと思えば悪くないかな」、と。


Johann Strauss II : Die Fledermaus

Philharmonia Orchestra
John Wilson conductor
Simon Butteriss director, baritone, tenor, narrator, Dr Blind
Toby Spence tenor, Gabriel von Eisenstein
Aga Mikolaj soprano, Rosalinde von Eisenstein
Malin Christensson soprano, Adele
Alan Opie baritone, Frank
Pablo Bemsch tenor, Alfred
Jacques Imbrailo baritone, Dr Falke
Pamela Helen Stephen mezzo-soprano, Prince Orlofsky
Philharmonia Voices guests and servants of the Prince





45ポンドも払ってまで観に行ったのは、もちろんトビー・スペンスがお目当てラブラブ


バリトンが歌うことも多い銀行家の役なので、彼の魅力である爽やかな高音はほとんど聴けませんでしたが、燕尾服がかっこ良かったし(下着姿もご披露べーっだ!)、一番得意なのはコメディ演技のトビー君、可愛くて可愛くて、ずっと双眼鏡でうっとり凝視しちゃいましたわんラブラブ! 



アップ写真はトビー君ばかり狙ったので、カーテンコールでトビー君の隣にいない人の写真はないのですが、


クラッカー歌唱力でベストだったのはトビー君の奥さん役のアガ・ミコライというポーランド人ソプラノで(濃いブルーのドレス)、クリアな声が高らかに響いて心地良い声でした。彼女のスケジュール(→こちら )によると、今年10月に新国のドン・ジョバンニにドンナ・エルヴィラ役で出ますよ!(→こちらビックリマーク

そして、あっ!、このドンジョバのドンナ・アンナは2年前のROHの同役ですっごく良かったカルメラ・レミージョですよ(→こちら )。いいなあ。


ダウン残念だったのは、アデーレ役のストーリーのマリン・クリステンソンが精彩なかったことで、聴かせどころのアリアもあって歌唱的には銀行家妻よりも重要で、鈴のような軽やかな声で歌わなくちゃいけないのに、これではねえ。きっとスウェーデン人なんでしょう、金髪の美人なんですが。



指揮者はイギリス人のジョン・ウィルソンで、自分のオーケストラも持ってて主に映画音楽を演奏してる人のようですが、こういう娯楽性の強いのはお手のものなんでしょう、とても上手で、フィルハーモニア・オーケストラもこういう軽くてふわっとした演奏もできるんだと感心しました。ここでは珍しく正面から聴いたのもよかったのかもしれませんが。


ウィルソン氏がラジオで言ってたところによると、今回はオリジナルの形に戻しての公演だそうで、一番笑いの取る刑務所看守の一人芝居は無く、オルロフスキー公爵の正体は女性だそうです。なーんだ、カウンターテナーが歌わないのかとがっかりでしたが、そういう設定なら仕方ないし、パメラ・ヘレン・スティーヴンは充分上手だったので文句はなし。


ところで、英語版を覚えるだけじゃなく、ここまできっちり演技も練習したのに、これ一回だけではあまりにも勿体無いし効率悪いけど、ツアー組んで他でもやるのかしら、でもヨーロッパ大陸には行けないしね、と不思議だったので、昨夜ウィグモア・ホールでトビー君にきいたところ、今回はこれだけだけど、1年半後にニューヨークでやるよってことでした(たしか、メトロポリタン・オペラハウスって言ってた)。


このオペレッタは名作と思うのですが、来年1月にこれまた新国でドイツ語でやるそうですよ(→こちら )。やっぱり日本語だとやり難いんでしょうか? 




エンターテインメント ブログランキングへ

AD

<28th Apr Mon>

今夜9時から48時間の地下鉄ストライキに突入。どうせ又足並みの揃わなくてバラバラ動くんでしょうが、今日のコンサートはお昼でよかった・・。 明日から多少動いてもいつも通りには行けないでしょうから、明日も休んじゃいます。明後日は、会社は休むんですが、午後からオペラがあり、這ってでも行くんじゃ~DASH!ですけどね。どうか、それまでには解除になりますよう。

-------------------------------------------



今日はWigmore Hallのランチタイム・コンサートに行ってきました。


Toby Spence tenor

Julian Milford piano


Schubert

Schwanengesang



ご贔屓テノールのトビー・スペンスがシューベルトの白鳥の歌を歌ってくれたのですが、素晴らしいリサイタルだったので、他のを飛ばしてこれを先にアップします。


BBCラジオのオンデマンドで1週間聴けますので、是非どうぞ(→こちら )、ということが早く言いたいわけですが、これ書きながらまた聴いてうっとりしてますキスマーク



絶好調のトビー君の明るくて軽やかで、時には重く暗さも感じさせる大好きな声を最前列でたっぷり浴びることができて、至福の一時間でしたラブラブ!ラブラブ



     


シューベルト最後の歌曲集「白鳥の歌」は、詳しくはウィキでもご覧頂くとして(→こちら )、「美しき水車小屋の娘」や「冬の旅」とは違い、関連のない歌を死後に他人がまとめたものですが、4つ目の有名な「セレナーデ」は皆さんきっとご存知ですよ。


シューベルトの歌曲は菩提樹とか、典雅な日本語歌詞で広く親しまれてますが、その中でもこのセレナーデは子供のから大好きな曲。久し振りに日本語歌詞を(忠実な訳詩ではないですが)トビー君の歌に合わせて読んでみたら、懐かしくて涙が出そうしょぼん・・・(いまだに意味のわからない言葉もあるけど、そこがまたミステリアスでありがたみが増すのかも)


音譜

秘めやかに 闇をぬう 我が調べ
静けさは 果てもなし 来よや君
ささやく木の間を もる月影 もる月影
ひとめもとどかじ たゆたいそ たゆたいそ

君聞くや 音にむせぶ夜の鳥
我が胸の秘め事を そは歌いつ
鳴く音に込めつや 愛の悩み 愛の悩み
わりなき思いの かの一節 かの一節

深き心をば 君や知る
我が心 騒げり
待てる我に 出で来よ君
出で来よ

音譜


で、

実は、スキン写真でご覧の通り、昨日もトビー君を聴きに行ったのです。


ヨハン・シュトラウスの喜劇オペレッタ「こうもり」で、今日のシューベルトのシリアスで暗い歌曲とは正反対のコメディ演技も楽しかったのですが、今日のまじめで精悍なトビー君の方がずっと素敵ドキドキ 衣装は昨夜のバリっとした燕尾服の方がチャーミングでしたけどね(「こうもり」のことは又あらためて書きますね)。



終了後はいつものように舞台裏のグリーンルームへ。楽屋にもなってるらしく、脱いだ服が置いてあったりしてまさに舞台裏。


いつもの濃いグレーのベルベットのジャケットではなくて、今日はやけにラフな異国風シャツのトビー君。元々グレーなのか、それとも黒いのを何度も洗ってるうちにこうなったのかはわかりませんが、不精ヒゲはないほうがいいと思うんですけどね。


何度も会ってる私のことは覚えてるみたいで、「やあ、又君か」って感じで微笑んでくれるのが嬉しいです。実はずっと前からFB友達で、彼は肝心なことをちっとも投稿しないので役に立たないのですが、昨夜の写真をFBアカウントに送ってあげたんです。返事がなかったのでまだ見てないのかと思ったら、私がそれについてはなにも言わなかったのに、「ありがとう」、って。


    


トビー君は上機嫌で愛想良かったんですが、地元なのになぜか人気のないトビー君、グリーンルームはひっそりしてました。


今日は一人だしツーショットは期待してなかったのでいい加減な格好の私、友人も来てたので写真撮ってもらいましたが、こんなことなら着物で行けばよかった。

そんなら切符2枚買っておけばいいのに、と仰るでしょうが、ウィグモアホールのフレンズ予約は席が選べないので、一枚の方が良い席が取れるだろうと思って、これぞと思うコンサートは一枚だけかぶりつき希望とリクエストするんですよ。今日もそのおかげか、最前列真ん中が取れましたしね。


喉頭ガンから回復したと言っても、ちょっと前のミュンヘンの皇帝ティトーの慈悲で声がひっくり返りっぱなしの日もあり心配してたんですが、調子の良い日はこれだけ歌えるんだもの、うちのトビ男は健在です。よかった、よかった。


そして、


なんと、長年のファンとしては嬉しいことに、


トビー君を今週は3回も聴けるんですチョキニコニコチョキ


これで二つ終わったのですが、金曜日にミルトン・コート(バービカンの一部)でリサイタルがあり、もちろんかぶりつき席を押さえてありますとも。 詳細は→こちら ですが、小さいホールなのにまだ切符は充分余ってますので、是非いらして下さいませ。一律15ポンド。




人気ブログランキングへ
AD

<27th Apr Sun>

ローゼンブラット・ソング・リサイタル・シリーズはSky Artsという衛星TVで放映されるのですが、昨日は昨年1月のテノールのアントニーノ・シラグーサでした。実際に観に行きましたが(→こちら )、最前列ど真ん中だったので時折画面に映ってまい、それはいいのですが、写真を撮ってるのが丸見えでガーン まずい・・・

-------------------------------------------


昨日(4月27日)、ロイヤル・フェスティバル・ホールにご贔屓のノルウェー人ピアニストLeif Ove Andsnesを聴きに行きました。

      




Marko Nikodijevic:

La lugubre gondola
Ludwig Van Beethoven: Piano Concerto No.5 (Emperor)
Interval
Peter Ilyich Tchaikovsky: Symphony No.6 (Pathétique)

London Philharmonic Orchestra
Vladimir Jurowski conductor
Leif Ove Andsnes piano


最初の曲は現代曲で、舞台に登場した作曲家はまだ30代に見える若い男性でした。かなり前衛的ですが決して不快な曲ではないので、曲の説明を読んでおけばそれなりに楽しめたのかもしれませんが、今日の目的はアンスネスだけだったので一切調べてない私にはかなり苦しかったです。拍手は大きかったですが、皆さん理解してのことかしら、それとも「あ~、終わってよかった」、ということ?


アンスネスはここしばらくベートーベンにお熱で、前回(今年3月バービカン→こちら )も前々回(昨年11月カドガン・ホール→こちら )もその前(昨年3月ウィグモア・ホール→こちら )もほぼベートーベンばかり。彼の爽やかな音色はベートーベンにはあまり向かないと思うんですけどねえ・・、となぜかベートーベンはピンと来ない私は不満なんですが、今回はベトベン先生のピアノコンチェルでは最も有名で私も結構好きな第五番「皇帝」。


どうしても比べてしまうキーシンの力強くて重い演奏とは全く違い、軽やかでピュアな音色がキラキラしてキラキラ、まるでモーツァルトのようなベートーベンでしたが、これが彼の個性であり、素晴らしい演奏でしたアップ


感動したのはもちろん私だけではなく、長い第一楽章が終わったときには、「まだ途中だからここで拍手しちゃいけないのはわかってるけど、あまりの素晴らしさにせざると得ない」、という感じの暖かい拍手が起こりましたクラッカー



にひひ面白かったのは、と言っちゃ失礼ですが、先回のカドガンホールのように自分で指揮もすることの多いアンスネス、弾いてない時に指揮しそうになるのを必死でこらえて苦しそうな表情だったので、私も一緒に握りこぶしに力入っちゃいましたグー


アンコールも一曲弾いてくれたのですが、これがいかにも彼らしいというか、普通だったらぱーっと華やかでテクニックを披露するんでしょうが、眼鏡を掛けて音符を見ながら静かに弾いてくれたのは地味で前衛的な現代曲。

彼が正面の観客に向かって説明してくれたんですが、すみません、後ろからは聞えなかったので、曲名もわからず。でも、さっき前衛的なやつを聴いたばかりなので、「うへーっ、またこんな小難しくてわけわからんのを聴かなくちゃいけないのか・・・」、って誰しも思ったでしょうから、アンコールで盛り下がっちゃいましたダウン



コーラス席の私からは鍵盤がほぼばっちり見え、ふにゃーっと柔らかい彼の手の動きもよく見えたのもグー。


正面に座るほうがもちろん音はよく聴こえるのですが、値段も安いし(9ポンド)、この席はピアノ演奏の場合は棄てがたいものがあります。


その上、こうして客席が見渡せるのもなんだか嬉しくて音譜





     
 

でも、オーケストラを後ろから見るコーラス席の良いところはなんと言っても指揮者の顔が見えることで、特に今日のような絵になる指揮者であればなおのこと。LPOの常任指揮者であるウラジミール・ユーロスキは、私は好みではないのでときめきませんが、多くの女性が魅力的だと思う個性的な美男子で、大袈裟なアクションや百面相はしないものの、美しい指先とエレガントな動きで、目が離せません。


特にこの「悲愴」はチャイコフスキーの苦悩をユーロスキが全身で体現してるようで、ビジュアル的にも音楽を感じることができて、コーラス席ならではの鑑賞ができました。

このLPOよりもLSOの方がやっぱり上手かなと思いましたけど。

    




音楽(クラシック) ブログランキングへ

AD

椿の帯でコンサートに

テーマ:

     




<26th Apr Sat>


我が家にはじめて咲いたのをきっかけに、グリニッジやキューガーデンでたくさん見た色んな種類があることがわかって親しみの沸いた椿の花。


その間、ずっと、この椿柄の帯を締めたくてうずうずしてたんです。


で、折りしも今ROHでオペラ「椿姫」La Traviataをやってるので、それを観る行く時にこの帯で、と思っていたのですが、


腹立たしいことに、来週からまた地下鉄のストライキという事態になってしまい叫び、本当にストライキをすると、私が着物で行けそうな日は全滅しょぼん


それなら、代わりに今日のコンサートで! (スキン写真でおわかりのように、コンサートは大好きなピアニストのアンスネスでした)。


春から初夏に掛けてぴったりの爽やかなグリーンの着物と組み合わせるのは初めてですが、ちょうど、今日はこの着物をプレゼントして下さった方とコンサートのご一緒するので、迷わずこれに決定。





人気ブログランキングへ


<24th Apr Thus>


昨日の誕生日は、ムスメが仕事帰りにバースデーカードを持ってきてくれました。


お馴染みのカエル君が桜の木に上って「絶景かな、絶景かな~」、と言ってるみたいです桜


この12日前に親子三人で近所の公園にお花見に行ったときに(→こちら )、私が、「あ~あ、私の誕生日あたりに桜が満開になるのが普通なのにさあ、去年は寒過ぎて開花が遅かったし、今年は暖冬のせいで早く咲き過ぎてがっかりだわ~むっ」、とぶつぶつ言ったので、それならばせめてカードで誕生日に桜を楽しんでもらいたいって思ったんでしょうね、きっと。


背景があっさりしてるのは、仕事が忙しくてたくさん描いてる時間がなかっただけでなく、copic penのピンク色のインキが足りなくなっちゃったということらしいです。 (グリーンは充分あるのかな?)




これは2年前の誕生日の写真ですが、来年はちゃんと咲くべき時に咲いて、桜の下でバースデー写真が撮れますように・・・


人気ブログランキングへ