<27th Feb Thus>

今日はROHの夏の期間の切符販売開始でしたが、サポートフレンズの人数が増えてるみたいで、その度に不利になる感じ。特に今回はカウフマンのマノン・レスコーやディドナートのマリア・ストゥラーダの新プロダクションがあり、おまけに「えーっ、又なのっ!」というほどやってるラ・ボエームですらグリゴーロとゲイルギュー共演とあって、後回しにしたらろくな切符が買えませんでした。

ま、それは予想通りなので仕方ないとして、愕然としたのは、一秒を争う激戦で焦ったせいか、はたまた年のせいで頭がボケたか、旅行に行く日と重なって取ってしまったこと叫び。旅行のことを全く忘れていたのであればまだしも、ちゃんと旅行の前日は避けたのに、なんと旅行中で絶対行けない日の切符を買ってしまうなんて、お馬鹿な私。切符争奪戦、15年くらいやってるんですが、なんか疲れてきた?

------------------------------------------


2月23日の日曜日は、お琴グループのお弾き初め。


普段お稽古にはほとんど行かなくて、「仕事が減ったらちょっとはお琴に力入れるのかと期待してたけど、さっぱりね」、と先生にも皮肉言われっぱなしなんですが、不思議なことにちっとも自由時間が増えた気がしないんですよね。 



お琴を運んだりとか結構動かなきゃいけないので、カジュアルな化繊の着物に気楽な半幅帯にしました。どちらも夏に日本で買ったもの。


椿柄の帯に合わせて足袋にも椿って、ちょっとしつこかいかしら?


    

演奏者は全部で6人でしたが、着物でいらして下さるお客様もいらっしゃるということで、演奏者も3人着物でお迎えしました。



私は北海民謡調、花と少女、こ手毬の3曲を合奏。

こういう場では刺激を受けて、「よし、頑張ろう」と思うんですけどね・・。


    


   


その翌日、2月24日のドンジョヴァンニの最終日にも着物着ました。


ムスメのボーイフレンド君のお母様がオペラ好きということで田舎からわざわざ出ていらして、ドンジョヴァンニと翌日のトゥーランドットにご案内したのですが、着物に初めて接するわけですから、具象柄がわかり易いだろうと思い、花柄小紋に御所車の帯はどうかしら?


先週クラリッジス・ホテルに行った時と同じ帯で(→こちら )、着物も色柄とも似た感じなのでそっくりな雰囲気になってしまいましたが、この青い花柄の着物は春が来ると纏ってみたくなるんですよね。今年は暖かくてすでに水仙など咲いて春が早く来たイギリスですコスモス 

   

2月は6回着物で出掛け、これで今年はすでに14回と出だしは上々。まとめは→こちら


ドンジョヴァンニのことを書けないうちに、「連帯の娘」に突入で、まず明日はリハーサルを観に行きます。



人気ブログランキングへ
AD

着物でステージドアに

テーマ:

<26th Feb Wed>

一昨日ドンジョヴァンニの最終日で、7回目でしかも舞台がよく見えないにもも拘わらず、素晴らしいパフォーマンスに感動した翌日の昨夜は、トゥーランドットで退屈しまくり・・ガーン 好きなオペラではないので、一回しか行きません。

2月も引き続き着物お出掛けに頑張っているのですが、ヒマを見つけて少しづつ記録のためにアップしときましょう。

-------------------------------------------



12月18日のドン・ジョヴァンニに着物で行きました。


午後はオリンピックもテレビ生中継で観なくちゃだったので、観戦は途中で諦めるにしても、なるべく長く観られるように、外出直前に手早く着付けられると便利。


となれば、そりゃ羽織だ。帯揚げや帯締めが要らないので選ぶ時間も節約できる上、なんと言っても羽織が隠してくれるので、帯なんかきれいに結べてなくてもいいですもんね。


それに、今年は暖冬で、羽織を着る機会があまりないうちに春が来てしまったようなのですが、やっぱりたまには羽織もいいかな、と。


よく雨も降るので、洗えるセットにしよかな。

となれば、一枚しかない洗える長羽織だ。


化繊でも、背景がゴージャスだと、サマになるでしょ?
     



羽織にした理由はもう一つあり、


それは、ドン・ジョヴァンニ終演後にステージドアで出待ちするかもしれなかったからですが、羽織着てれば充分暖かくて、このままでOK。


そんなに長くは待たなかったし、今日は皆さん出てくるのが遅かったようで、折角数人の有名歌手がいるのに収穫が少なかったのは残念ですがむっ


   


一番写真を撮りたかったドンナ・アンナ役のスゥーデン人ソプラノのマリン・ビストロムをモノにできたのでよしとしましょうニコニコ


合格綺麗~キラキラキラキラ


オペラ界で美人度ナンバーワンじゃないかしらね。 


あ、もちろん歌も上手なんですよ。美しいだけで役がもらえるほど甘くはないですからね。ワイルドな歌い方なので下手だと思う人もいるかもしれないけど、深みのあるリッチで艶っぽい声が私は大好き。


長身のスゥーデン人マリンよりも頭一つ背が低いイギリス人ソプラノのエリザベス・ワッツも大きな花束を抱えて元気一杯。彼女の溌剌としたツェルリーナもなかなか良かったです。


奇しくも、この二人は、まさに「女であれば、でかくてもちっこくても、美人もそうでないのも、細くても太くても全て愛する」というドン・ジョヴァンニのナンパのポリシーを体現してますねにひひ


二人の舞台姿もアップしておきますが、ROHと言えば、明日は年に4回の切符争奪戦なので爆弾、これから作戦を練らなくては! 今回はカウフマンの出る新プロダクションのマノン・レスコーが目玉です。



     


                 

     ワンピース  このドレスを、次回チビコロちゃんが着たら、全く違うデザインに見えるでしょうね


    

     このドレスは、どんな体型の人でもそれなりに素敵に見える筈ぶーぶー


(着物記事もドンジョヴァンニ記事も、ヒマを見つけて細々と続く予定)



人気ブログランキングへ
AD

<23rd Feb Sun>

ソチ五輪も終わってしまいましたね。外出してて閉会式は見逃したので、後で観るんですが、昨日のフィギュア・スケートのガラは生中継で観ることができて、楽しめました。イギリスチームは金1個、銀1個、銅2個で、ウィンタースポーツが全く盛んでない国としてはまあまあの成績で、90年ぶりのメダル数タイ記録。

------------------------------------------


ROHのドン・ジョヴァンニもいよいよ明日の最終日を残すのみとなりましたが、ここまで来たら又行っちゃうわけで、ついに鑑賞回数新記録樹立クラッカーガーンパーチョキ


私がROHに通い詰めはじめてからのドン・ジョヴァンニの出演歌手の一覧を先日アップしましたが(→こちら )、今日はドン・ジョヴァンニ役について順位を付けてみましょう。


ROHでドンジョを歌わせてもらえるバリトンは皆さん歌も人気も一流なわけですから、歌唱力の良し悪しではなく、私がどのドンジョヴァンニだったらイチコロになるかというの個人的オトコの好みが基準です。ドン・ジョヴァンニってそこがポイントと思うので。難しいアリアがあるわけではなく、キャラ作りが最重要で、「女たらしで不誠実で、なんてひどい奴なんだ」、と怒りながらも回りの人たちが惹かれる気持ちが理解できるかどうかがオペラの成否を支配すると言ってもいいくらい。


まず、出演にリストアップすると、


2002年の前回プロダクションのプレミエはサイモン・キーンリーサイドとブリン・ターフェルのダブルキャスト、

2003年はジェラルド・フィンリー、

2007年はアーウィン・シュロット、

2008年は再登場のサイモン・キーリンサイドとマリューシュ・クヴィエチェン、

2012年はどちらも再登場のフィンリーとシュロット、

2014年の新プロダクションに再びクヴィエチェン


以上、延べ9名(実際には5人)。


すでにバラバラと比較してて、結果は明らかなのですが、あらためて順位付けすると、


1ベストは現在進行中のクヴィエチェン

2その次は6年前のクヴィエチェン

33位は2007年の若い時のシュロット

44位はそれよりもちょっと年を食ったシュロット

5次はプレミエの時のサイモン・キーンリーサイド

6残念乍ら体調不良だったキーンリーサイド

72013年の再登場時のフィンリー

82003年のフィンリー

9ドベはブリン・ターフェル (あくまでも、私の好みですから、あしからず)



ブリン・ターフェルは、たしかこれがロールデューだったけど、それまで得意役だった下男レポレロの物腰が抜けず、全く貴族として気品がなかったのが敗因。特にダブルキャストの演技派サイモンの毅然たるドンジョと比較された日にゃ欠点がさらに強化されちゃって損しましたね。

おまけに、ブリンにとっては極めて不利な衣装で、彼だけ上半身裸にならなかった・・・。

あれ以来、ブリン・ドンジョが実現してるのかどうか知りませんが、でかくて存在感はあるんだし、もうちょっと気品を出せればクマゴローみたいなドンジョヴァンニが好きっていう女性もいるかも。




    


歌唱力では定評のあるジェラルド・フィンリー、目を瞑って聞けば文句なく立派なドンジョに違いないけど、いくら立派な演技力をもってしても、あの奥目は誠実なイメージが強過ぎて、まじめなでお堅いジョバンニは魅力に欠けます。 他に知的な役がたくさんあるんだから、そういうのやってれば良いと思うんだけど、キャラに合わないとわかっていても女性歌手がカルメンやりたがるのと同様、やっぱりモテ男のドンジョをやってみたいんでしょうかね。



      


            

サイモン・キーンリーサイドの冷徹で陰湿で複雑なドンジョは鮮烈な印象で、俳優並みの演技力のサイモンは身のこなしから徹底して精神的サディスティックな雰囲気を醸し出してました。 

あのクールさでは女性に対する温かい感情は微塵も感じられず、病的にカラダの要求だけというドンジョ像があってもいいし、他の人たちが多かれ少なかれ自身のキャラを滲ませているように見えるのに対し、サイモンのドンジョはイメージに従って実に巧妙に作られ演じられたようで、さすがサイモン。演技賞は差し上げます。 もちろん、サイモンは他のプロダクションでは又違うドンジョバを立派に演じているに違いないですしね。

    

アーウィン・シュロットは2回登場したドンジョの中では最初と2度目で一番変化を遂げた人。

最初はラテンのいい加減さを絵に描いたような、クルクルと悪戯坊主のような青春の真っ只中の若いピチピチ・ドンジョはまるで「フィガロの結婚」の鼻血ドバドバ少年ケルビーノの延長みたいで、女性に対する素直な憧れも感じさせて心温まる青年ドンジョ。若い男好みの私にはたまらなくチャーミングでメロメロになったのでした。ネトコちゃんもこの共演でシュロットに陥落したんでしたよね?


5年経ったら、当然乍ら若さと明るさは消えて、苦味走った大人の魅力はあったけど、なんか急に老けてしまったようで、「若い時の彼を観ておいてよかった」、と思ったのでした。若い時は楽々と出る豊かな低音とナチュラルな歌唱が素晴らしいと思ったけど、その新鮮味がなくなると鼻歌風の歌唱が気になったし・・。




    


パンパカパーンの一位は、今回のマリューシュ・クヴィエチェンクラッカー


彼も2度登場してますが、常にキビキビと動き回って精悍そのものなのは変わらず。 そして今回はさらに歌唱力が上がり本当に素晴らしくて、何度聴いても唸るくらい上手。バリトンにはあまり興味のない私が言うのですから本物です。クリアで重過ぎない美声はこの中では一番好きな声だし、色んな要素を含んで一番バランスが取れてるのが彼だと思います。


別のプロダクションで演出家の意向も異なるのでドンジョ像も少し変わり、2008年前の感想には「極めつけのワルで、悪人であることを楽しんでいる残忍マゾ男」と書きましたが、今回は懲りすぎた演出のせいでもしかしたら真実の愛を欲しがってるのかもと思ったりもして実はよくわかりません。 でも、そんなことはどうでも思えるほど、あまりにも普通の衣装でもクヴィエチェンの迫真の演技とメリハリのある歌唱で、私にとってはやはりダントツ。私にとってはこれ以上のドンジョはいないかも。

いや、私好みのテノールっぽい北欧男ピーター・マッテイならもっと惚れるかも、とも思うし、来年の日本公演に出演するイルデブランド・ダルカンジェロも観たいわ。


   


ドンジョヴァンニ以外の役についても、できれば思い出しながら成績付けたいとは思ってはいるのですが、全員について順位つけてる余裕はないので、書くとしても印象に残った人だけリストアップすることになるでしょう。


では、明日、最後のクヴィちゃんを愛でてきますね恋の矢 

うっとりするくらい素敵なマンドリン伴奏のセレナーデ、日によって出来が違い(だから、何度聴いても飽きないのだ)、声が乾いてることもあるんですが、明日は最高に甘いセレナードでとろけさせて欲しいです。



人気ブログランキングへ
AD

2月19日は仕事には行かず、あちこちで忙しく充実した一日でした。


カチンコまず、トーチャンと近所の映画館でLego The Movieを3Dで。評判良い映画ですが、期待通りストーリーもレゴ積みもよく出来ててとても面白かったし、子供より、大人のほうが細かい点で楽しめる映画です。


五輪フィギュア・スケートの女子SPをちょっとだけ観て、私は着物でお出掛け。

   


青地の紅型風京友禅は3年ぶりかしら、娘時代に白地から染めてもらったのに地味に染まり過ぎてずっとお蔵入りになってたのをロンドンに来てから着てます。御所車が刺繍された朱色の帯と組み合わせるのははじめてですが、古典的な雰囲気でなかなかグーではないでしょうかチョキ(←グーと言いながらチョキ出してるじゃん)


で、気張ってどこに行ったかというと、ロンドンでは一番格式も高い超高級なクラリッジス・ホテルざんすよキラキラ


前から一度行ってみたかったClaridgesのアフタヌーンティー、お値段が高い上に3ケ月前から予約しないと取れないらしいのでなかなか機会がなかったのですが、この度、日本からいらしたブログ読者の方が着物でご一緒して下さるということで、3ケ月前から楽しみにしてました。



   


王侯貴族やセレブ御用達ホテル、有名人のプライバシーを守るためでしょう、「写真はお控え下さい」と確認メールに書いてあったのですが、滅多に来られる所じゃないし、人の写らないところを手早くこっそり・・。内緒ね。写真はロビーとトイレです。


  



と遠慮してたら、なーんだ、ウエイターがお客さんグループの写真撮ってあげてたりしてするじゃないの。


じゃあ、私も撮っちゃお。5時からティーが始って、しばらくしたらガラガラになったしね。


白が基調のインテリアで、モダンなシャンデリア(V&Aミュージアムにあるのとそっくり)がポイントですが、あまりゴージャスな感じじゃないのがちょっとがっかり。


雰囲気が違う二つのセクションの境目が私たちの席なので、両方見られたのはよかったですけど。



    


3段トレーでいっぺんに出てくるのが普通ですが、ここは別々に出されて、まずサンドイッチと中は暖かいお芋のシュークリーム。続いてスコーン。(写真は二人分)。


スコーン1個食べたら結構お腹一杯になってきたし、その後のケーキは甘くてヘビーで、とても全部は食べられないので、ご一緒したKさんと二つづつ頂いて、残りは箱に入れてもらってトーチャンへのお土産にしました。

    

  

アールグレー茶を頂きながら、これでお値段50ポンド(+12.5%のサービスチャージ)。

私のような庶民は滅多に来られませんが、終了時間近くになったらお茶だけでも座らせてもらえるかもしれませんね。雰囲気はロンドンでピカ一とは言えないけど、サンドイッチもケーキもさすが美味しかったですよ。


数ある高級ホテルのアフタヌーンティからクラリッジスを選んだのは、この後に行くウィグモア・ホールが近いからで、7時ちょっと前にホテルを出て歩いて数分で到着。


    


Piotr Anderszewski piano

Bach Ouvertüre nach französischer Art BWV831
Beethoven 6 Bagatelles Op. 126
Schumann Novellette in F sharp minor Op. 21 No. 8
Beethoven Piano Sonata No. 31 in A flat Op. 110

アンコールは2曲で、バルトークとバッハ。


彼のような中堅ピアニストでロンドンにもよく来てくれる人のコンサートって、いつか行こう行こうと思いつつ、案外行かないもので、アンデルシェフスキを生で聴くのは実ははじめて。


3日前のユジャ・ワン(→こちら )の曲芸のような派手な超技巧演奏とは違う落ち着いた大人の思慮深い演奏はウィグモア・ホールに相応しく、音楽通の常連たちから温かい拍手を受けた彼は二日前にも同じプログラムのリサイタルをここでやって、2回とも席が充分埋まるということも支持されている証拠。常連さんの意見とは違うかもしれませんが、私はベートーベンが一番こなれてて良いと思いました。


   


私の席は舞台を横から見る席で見晴らしはいいのですが、暗いのでカーテンコール写真は上手く撮れず・・。


   


でも、大丈夫。ここは舞台の後ろにあるグリーン・ルームで出演者に挨拶ができるんです。


記念ツーショットもお願いしましょう。 ハンガリーとポーランドのハーフである彼は40代半ばの男盛りですが、想像より素朴な感じだったかな。


ご一緒したKさんは彼の大ファンであちこちのコンサートに出向いてらっしゃるので、アンデルジェスキーとも顔なじみであるばかりでなく、ちゃんと彼に名前も覚えてもらってて、素晴らしいファンとアーチストの繋がりです。


ここにもたくさんのファンが列をなし、彼の人気のほどがわかりました。

    


Kさんの貝殻の柄の総柄小紋、優しい色合いが素敵ですね。帯は椿姫さんにお会いするから椿柄と仰って下さり、初対面でしたが、とても楽しい半日を過ごすことができました。


人気ブログランキングへ

<18th Feb Tue>

昨日は午後3時から五輪アイスダンス競技をライブでしっかり観ましたが、美男美女がたくさん出てきて実に美しいスポーツですね。フィギュアスケート、イギリスではオリンピック以外ではほとんどテレビで観られないので、今回は時差で大変でしょうが来月は世界選手権も行われる日本の皆様が羨ましいです。

今日の夕方、トーチャン「どこ行くの?」、私「・・・・・・・」、「まさか、またドン・ジョヴァンニじゃないだろうな」、「・・・・・・・・・ガーン」。 でも、今日は行って良かった! だって、ついに犠牲者が出て、テノールが違う人でしたもんね。 そのことは又あらためて書きますが、その前に一昨日のコンサート記事をアップしておきましょう。

-------------------------------------------


ロンドンには、ポリーニ、アルゲリッチ、バレンボイム、ペライヤ等の巨匠も来てくれるのですが、彼らはもう何度も聴いたし、聴く度に上手になることは望めない大ベテランよりも、生で聴くのであれば世界のトップグループにのし上がったばかりの若いアーチストがエキサイティングでワクワクします。


27歳になったばかりで既に輝かしい経歴を持つ北京出身のユジャ・ワン(王羽佳)、今月バービカンでロンドン・シンフォニー・オーケストラのfeatured artistとしてオケとの共演3回、ソロリサイタルを一回やってくれるので、理想的なかぶりつき席が直前に放出されたのを運よくキャッチして、2月16日のバービカンのリサイタルに行ってきました。 ありがたいことに切符は15ポンド、キーシンの四分の一なので、トーチャンも連れてってあげました。



Prokofiev
Sonata No 3 in A minor, Op 28
Chopin Sonata No 3 in B minor, Op 58
interval

Kapustin Variations for Piano, Op 41
Chopin Nocturne No 1 in C minor, Op 48
Chopin Ballade No 3 In A-Flat Major, Op 47
Stravinsky Petrouchka: Three Movements for Piano


アンコール(5曲)

RACHMANINOV: Vocalise, Op. 34, No. 14
PROKOFIEV: Toccata in D minor, Op. 11
CHOPIN: Valse No. 7 in C sharp minor, Op. 64, No. 2
BIZET/HOROWITZ: Variations on a theme from Bizet's Carmen
YOUMANS/TATUM: Tea for two



超技巧派のピアニストとして知られているらしいユジャ・ワンですから、ガンガン系の曲は期待以上の素晴らしさで、最前列の斜め後ろから見上げて、手もばっちり見えたのですが、その目にも留らぬ速さと正確さに仰天叫び

こんな小柄な上にそんなに力を入れて鍵盤叩いているようには見えないのに、あんな迫力ある音が出るのでしょうか。背中と腕の筋肉が演奏に伴ってピクピク動くのが観察できたのも興味深かったです目



    


サンダル

素足も目の前にあるわけですから、実によく見えましたが、あんな高いピンヒールでよくペダルを踏めるものだとびっくり。歩くのもは本当にしんどそうでしたよ。


ワンピース実は、前半は違うドレスだったんです。まさか着替えると思わなかったので写真がないのが残念なんですが、体の線がしっかり出る銀色のラメ入りの長いドレスはチャイナ服風の深いスリット入りで、シルバーのハイヒールはさらに細いピンヒールででした。


シルバードレスは座ると太ももまで丸見えでしたが、足には自信があるんでしょう、よくミニスカートで登場するようですが、後半のタイトな黒いミニスカドレスもよく似合ってて、写真で見るより細い足でしたよ。


     


顔はネットの写真で見たより素朴な感じであどけなくてチャーミングなユジャちゃん、最後はこんなにたくさんの人が立ち上ったのをここで見たことがないと言う凄いスタンディング・オベーションクラッカーでしたが、それはもちろん彼女が若くて可愛いからではなく、もちろん演奏が素晴らしかったからです。


    


静かな曲はまだまだで、叙情性が不足なので、ショパンのソナタとかどショパンに聴こえなかったし、バラードはまあまあだったけどノクターンはぎこちなくて、ガンガン系の曲と比べると拍手も少なかったでしたが、速くて力強い曲は期待以上の正確さと凄まじい迫力でした爆弾


最初のプロコフィエフも得意なガンガン系で素晴らしく、ジャズっぽい演奏も上手でKapustinのVariationsも良かったですが、一番実力が発揮できたのはやっぱりぺトリューシュカとカルメンのヴァリエーション。こういうのが上手なピアニストが私の一番好きなタイプですドキドキ 彼女の弾くカルメンはYoutubeで聴けます(→こちら )し、BBCラジオ3で生放送もされたので、iPlayerで聴けます。


2月20日はLSOとラフマニノフ3番を弾いてくれるのですが、もちろん売り切れだし、その日はオリンピックの女子フィギアスケート決勝なのでリターンも狙いませんが、きっと素晴らしいコンサートになるに違いないです。


人気ブログランキングへ