<26th Nov Tue>

昨夜はROH地下小劇場でのジョン・トムリンソンのワーグナーのマスタークラスにトーチャンと行ったのですが、生徒は下手な方が観る方は面白いし、教える方もやりがいあるに違いないですね、きっと。ニュージーランドのメゾソプラノの若いおねえさんは上手過ぎて突っ込むところがなく、トムリンソンも「ドイツ語の発音がちょっとおかしいのぉ」、くらいしか言えなくてつまらなかったけど、来週から始まるパルジファルのアンダースタディのそんなに若くもないイギリス人テノールは、声も悪くないし声量も充分だけど硬くてゴツゴツだったのが、45分後には見違えるようにソフトでスムーズでなって、マスタークラスの醍醐味を味わえました。その後トムリンソンのインタビューもあり、立見席だったのですが、2時間退屈もせず楽しめました。明日は午後会社を休み、パルジファルのリハーサルに行きます。

------------------------------------------


    London Opera-loving Kimono-girl (着物でオペラ in ロンドン)

11月21日、カルロス・アコスタとナタリア・オシポワのバレエ「ロミオとジュリエット」を観に行く予定だったのですが、直前にカドガン・ホールのアンスネスに乗り換えました。カドガンは大した人は滅多に出ないのでノーマークなんですが、幸いかぶりつきの良い席が買えたので。

London Opera-loving Kimono-girl (着物でオペラ in ロンドン)

Mahler Chamber Orchestra & Leif Ove Andsnes


Stravinsky Dumbarton Oaks
Beethoven Piano Concerto No. 2
Stravinsky Septet
Beethoven Piano Concerto No. 4

Leif Ove Andsnes director/ piano


チューリッヒ・インターナショナル・オーケストラ・シリーズの一環で、アンスネスがピアノを弾きながら指揮もします。観客に背を向けてピアノを弾くので顔は見えないけど、角度としては私の席がベストでしょう。

何故こんな流れが阻止されるようなストラヴィンスキーとベートーベンの組み合わせなのかわからないし、私はお目当てはアンスネスのピアノだけなのでストラヴィンスキーは余計で、「そんな時間があるならもう一曲ベートーベンのコンチェルトを弾いてよ」、と言いたいくらいでしたが(キーシンはやったことあるよ、ベートーベンのコンチェルトを一晩で3曲)、まあ、2曲やってくれただけでもありがたいと思わなくては。
 
London Opera-loving Kimono-girl (着物でオペラ in ロンドン)     London Opera-loving Kimono-girl (着物でオペラ in ロンドン)

London Opera-loving Kimono-girl (着物でオペラ in ロンドン)
私はなぜかベートーベンには惹かれないのですが、キーシンとかとは全く違うアンスネスの清々しくて爽やかな演奏は素晴らしくて、斜め下から見上げてうっとりラブラブ!

大袈裟なアクションはなく淡々とした演奏ですが、正確無比なテクニックは凄い、といつものことながら感心しっぱなしクラッカー
間違いなく、今一番上手なピアニストの一人ですアップ

特にベートーベンのコンチェルト4番って、こんなに華やかな曲だったっけ? 彼が弾くと素敵に聴こえるわ~音譜
最初の曲はオケの抜粋メンバー数人だけでしたが、2曲目のストラヴィンスキーはアンスネスも参加。かなり前衛的な曲でもあり、音符を見ながらの演奏し、オースティン・パワーのような黒縁のダサい眼鏡かけてましたメガネ。 そんな姿を観客には見せたくなかったようで、終わったらすぐに眼鏡を外してしまいましたがにひひ

残念なのは、彼の謙虚な人柄を示すがごとく、カーテンコールがいつもあっさりと短くてすぐ去ってしまうので良い写真が撮れないこと。これもキーシンとは対照的。
アンコールは一曲ソロでやってくれました。何も言ってくれないので何だったのかわからないけど(キーシンはちゃんと教えてくれるぞ)、きっとベートーベンだったに違いなくて、明るくて軽やかで素敵な小曲でしたクラッカー

などと、仲間との評価もついついキーシンと比べてしまうのでした。そのキーシン、来月聴けるので楽しみ。

London Opera-loving Kimono-girl (着物でオペラ in ロンドン)    London Opera-loving Kimono-girl (着物でオペラ in ロンドン)

というわけで、素晴らしいコンサートの帰り道に幸せをかみ締めながら歩けば、街も美しく見えて、洒落たエリアのスローン・スクエアの控え目なクリスマスデコレーションが素敵クリスマスツリー

将棋 将棋 将棋 将棋

London Opera-loving Kimono-girl (着物でオペラ in ロンドン)    London Opera-loving Kimono-girl (着物でオペラ in ロンドン)     

London Opera-loving Kimono-girl (着物でオペラ in ロンドン)
着物記事もついでにやっちゃいましょう。

この日は午前中だけ出勤して、一旦家に帰り、すごく寒い日だったのですが、着物で行くことにしました。着物だとトーチャンが駅まで車で送ってくれるので、寒いところを歩かなくて済むので楽なんですべーっだ!

寒い時には羽織にしましょう。赤い総絞りは娘時代に誂えてもらったものですが、日本では一度も纏ったことがなく、ロンドンに来てから使ってます。

丈が短いので流行からは外れてますが、折角持って来たんだし、こんな寒い日はジャケット代わりに重宝します。


無地の着物に、帯はこの夏日本で買った椿柄の半幅。

紺色の着物に紺地の帯というのもナンでしょうけど、洋服感覚で、帯が主役のコーディネートにしたつもり。




人気ブログランキングへ
AD

<24th Nov Sun>

寒いし、結局3日間家から一歩も出ずに過ごしてしまったわ。イギリスでは大人気のSFテレビ番組Dr .Whoが50周年ということで記念番組をどっさりやってて、トーチャンに付き合って観ちゃったしね。パートタイムになってテレビを観られる時間はたしかに増えたけど、一番増えたのは睡眠時間で、寝るためにそうしたわけじゃないんだから、これではいけないわ。幸い明日からは毎日あれこれあって出掛けるので、頑張ろ。寒さも和らぎますよう・・

-------------------------------------------


London Opera-loving Kimono-girl (着物でオペラ in ロンドン)

11月7日、ベルリオーズのファウストの劫罰のコンサートに行ってきました。


LSOは11月にゲルギエフ指揮でこれを2回と、同じくベルリオーズの「ロミオとジュリエット」を2回やり、出演者の目玉は両方ともボロディナ夫妻だったのですが、問題含みの夫婦のこと、どちらかはキャンセルするんだろうなと思っていたところ、旦那アブドラザコフがキャンセル。どちらかと言うと、生で聴いた回数の少ない彼の方を楽しみにしてたんですが、ま、上手なボロディナも聴きたいから、いいとしましょう。


しかし、この日は字幕が故障して全く出なかったんです。指揮者の真後ろに座ってた私とトーチャンはどうせ半分しか見えないので大して変わりはないのですが、お馴染みのストーリーとは言え、やっぱり字幕がないと細かいところがわからないので(フランス語堪能の人は別にして)、オペラの良さを理解するのが難しいし不便。

でも、字幕がないと歌手の演技に集中するしかないわけで、それはそれで良い点かもしれません。特にこの日の演技面では、凄く熱の入ってる人と、全く無表情の人があまりにも極端だったので、笑えました。


London Opera-loving Kimono-girl (着物でオペラ in ロンドン)
Berlioz The Damnation of Faust

Valery Gergiev conductor
Olga Borodina Marguerite
Michael Spyres Faust
Mirco Palazzi Mephistopheles(Ildar Abdrazakovの代役) Florian Boesch Brander
London Symphony Chorus
London Symphony Orchestra



馴染みのゲーテのファウストで、オペラとしてはグノーの方がうんと有名ですが、私は両方好き。


このベルリオーズのファウストは、難易度でも時間の長さでもテノールの比重がとても大きいのもテノール好きの私にはたまりません。


で、切符を買った時にはどのテノールか未定だったので、誰なんだろうと楽しみにしてたら、アメリカ人のマイケル・スパイヤーズですって。

ヨーロッパでの知名度は低いですが、今年5月にROHの湖上の美人でコリン・リーとのダブルキャストで荒っぽいハイランダー役ロドリゴをシェアしてフローレスやディドナートと共演し、高音はコリン・リーに負けたけど、中低音がしっかりした美声だったので結構気に入ったテノール君です。


London Opera-loving Kimono-girl (着物でオペラ in ロンドン)
     London Opera-loving Kimono-girl (着物でオペラ in ロンドン)


なので、期待は割と高かったんですが、聴いてびっくり!!

パワフルなのは知ってましたが、湖上の美人の時の荒っぽさ(役柄上それでいいんですが)とは打って変わった細やかさと律儀さで、しかも、この役をすっかり自分のものにしてるようで(一年前にゲントとアントワープで)、歌う場面もうんと多いのに全て暗譜で感情もたっぷり込め、コンサート形式とは思えない演技付きのパフォーマンスでした。うんと高音の箇所はやっぱりちょっと弱くて、スコーンと抜けるテノールの醍醐味は味わえませんでしたが、まるでバリトンのパートのような音域も多いこの役は彼にぴったりで、うっとり聴き惚れた私ラブラブ!

彼がこのオペラ自体をとても楽しんでいる様子もよくわかりました。私は前から2列目の真ん中でしたが、彼が座って出番を待つ時なんか足の半分が舞台外にはみ出してるくらい近かったので、目がずっと輝いてて、オケに聞き惚れる恍惚の表情もばっちり見えたんです。

London Opera-loving Kimono-girl (着物でオペラ in ロンドン)
下から見上げるんですが、鼻の形が良くてなかなか男前。


でも、折角背も高くて見栄えもするのに、肥満気味なのが残念。それは自分でなんとかなるんだから、痩せる努力しようねブタ


     London Opera-loving Kimono-girl (着物でオペラ in ロンドン)



London Opera-loving Kimono-girl (着物でオペラ in ロンドン)
    London Opera-loving Kimono-girl (着物でオペラ in ロンドン)

    London Opera-loving Kimono-girl (着物でオペラ in ロンドン)


後半にやっと登場したオルガ・ボロディナは、いつもにも増してぶすっとした怖い無表情で通し(クレオパトラのようなどぎついアイメイキャップが凄みあり過ぎ)、演技をするつもりは全くなし。でも、歌はさすがで、深い低音がすごい迫力。

声同様、体もどっしりしてますが、この日のドレスは、やぼったいですが(それはいつものこと)、体型に合ってて、違う日の白いドレスよりはうんとましでしょう(Imtermezzoさんのブログ→こちら )。


London Opera-loving Kimono-girl (着物でオペラ in ロンドン)
   London Opera-loving Kimono-girl (着物でオペラ in ロンドン)

スパイヤーズとボロディナは素晴らしかったのですが、メフィストフェレ役のミルコ・パラッツィは、声も容姿もあまりに貧相で(顔はハンサムだけど)、代役だから仕方ないけど、悪魔らしい雰囲気ゼロ。 ロメジュリの代役バリトンはニキーチンだってのに、えらい差だわねむっ


ゲルギエフは、私は彼のヒラヒラ指揮が好きではないんですが、大人数のコーラスも含めスケールの大きなこのオペラがあまり好きではないのかしら、グリップ不足で覇気の感じられない指揮でした。


London Opera-loving Kimono-girl (着物でオペラ in ロンドン)
というわけで、テノールが最重要のこのオペラをスパイヤーズ君のおかげで期待以上に楽しめたわけですが、実はこのオペラを遠征してまで観に行こうか迷っている機会があるんです。

来年2、3月のベルリンのドイチェ・オーパーなんですが、テノールはなんと、あの、愛しいクラウス君(クラウス・フロリアン・ヴォークト)。


彼が本当に歌ってくれるのであれば、どんな下手でも聴きたいけど、果たして出るのかしら? 声自体の魅力でストレートに歌うワーグナーと違って、これは彼に向いてないと思うし、こんな難しいのを、しかもフランス語で、クラウス君、できるんかいな? 海外遠征はキャンセルの危険が伴うのけど、これはあまりにもリスクが大きいかも。



音楽 ブログランキングへ
AD

<22nd Nov Fri>

今朝のROHのサポートフレンズ予約開始バトル、いつものことながらイライラすることが多くて疲れました。「すでに他の人が取ってった席をいつまでもクリックできるように残しておくなよな~っパンチ!」 そのせいで、何倍も時間は掛かるは頭に来るわで、終わった時にはぐったり。折角今日は休みだしお天気も良いのに、出掛けそびれたじゃないのプンプン 因みに、今回の目玉はカウフマンのリサイタル(冬の旅)とネトレプコのファウストで、理想的ではないけど、なんとか残り物をゲットできてやれやれ。

-------------------------------------------


ブリュッセル旅行について書いてる間に書きそびれたオペラやコンサートがいくつかあるのですが、一応記録に残しておかないと、あとで自分でわからなくなってしまうので、「え~っ!、今頃なに言ってんのよドクロ」、と呆れられても、手短にアップしておきます。


London Opera-loving Kimono-girl (着物でオペラ in ロンドン)

本公演ではなく、10月28日のリハーサルでしたが、カメラのシャッターの音がかしゃかしゃうるさい以外は本番と同じようにちゃんとやってくれるし、僅か14ポンドで普段は座れないストールサークルの1列目から観られるのはありがたいことです。2列目、3列目は硬めのベンチシートですが、1列目は柔らかいひじかけ椅子なので快適グッド! トーチャンにも滅多にできない贅沢を味わわせてあげました。


London Opera-loving Kimono-girl (着物でオペラ in ロンドン)     London Opera-loving Kimono-girl (着物でオペラ in ロンドン)

London Opera-loving Kimono-girl (着物でオペラ in ロンドン)     London Opera-loving Kimono-girl (着物でオペラ in ロンドン)


1925年初演のアルバン・ベルクのこの作品は、実際にあった死刑となった元兵士の情婦殺人事件に基づいており、オペラでは死刑にはならず溺れ死ぬのですが、お金のために人体実験のモルモットになってる貧しい床屋上がりの兵士ヴォツェックが、他の男と通じた内縁の妻マリーを殺すという陰惨なお話で、まるでショッキングな三面記事みたいえっ


陰惨な内容でも、そこはオペラのマジックというか甘美なメロディで包んでしまうことが多いのですが、この作品は音楽もリアルに相応しく陰気で不気味なので、2012年秋のプレミエで観た時は聴いてて頭痛がしたほどえっ


そんな経験は後にも先にもそれ一回だけなので、「うへーっ、あれを又観るのか・・・。今度は途中で逃げ出したくなったらトンズラできる席にしよう。休憩なしで2時間近くぶっ続けだから、さぞかし苦痛に違いないガーン」、と心配だったのですが、あれ以来もっと前衛的なオペラを結構観て慣れたせいか、「なーんだ、普通じゃん。それどころか、評判通りの名作だ」、と感心すらしたのでした。


それは勿論、パフォーマンスが素晴らしかったからで、前回も高いレベルでしたが(マティアス・ゲルネとカタリーナ・ダライマン)、今回は更にレベルアップアップ


London Opera-loving Kimono-girl (着物でオペラ in ロンドン)
Director Keith Warner

Set designs Stefanos Lazaridis
Costume designs Marie-Jeanne Lecca
Lighting design Rick Fisher

Conductor Mark Elder
Wozzeck Simon Keenlyside
Marie Karita Mattila
Captain Gerhard Siegel
Doctor John Tomlinson
Drum Major Endrik Wottrich
Andres John Easterlin
Margret Allison Cook
First Apprentice Jeremy White
Second Apprentice Grant Doyle
Soldier Grant Doyle
Idiot Robin Tritschler



London Opera-loving Kimono-girl (着物でオペラ in ロンドン)
クスリの副作用で幻覚症状も出る哀れなヴォツェックを、いつもの俳優並みの細やかな演技でサイモン・キーンリーサイド、こういう苦悩の人を演じさせたらピカ一の彼ですから、新聞評などで好評だったのも当然。うすのろをすごく上手に演じているのに、彼がインテリだと知っているのでどうしても滲み出る知性を感じてしまうのは、私が悪いんでしょうしね。


溺死シーンは水槽の中で管で呼吸して長い間浸かっているのですが、目を開けたまま全く動かないので、「も、もしや・・・」、と心配になり、双眼鏡で彼がまばたきしてるのを確認したほどで、全くサイモンのリアルなのめり込みにはぞっとして、ショック! あ~、怖かった。

London Opera-loving Kimono-girl (着物でオペラ in ロンドン)     London Opera-loving Kimono-girl (着物でオペラ in ロンドン)


マリー役のカリタ・マッティラもサイモンに劣らず歌も演技も素晴らしくて、彼女はあまり好きではないのですが、今回は真摯な体当たり演技に感動。人体実験アルバイトで忙しいヴォツェックに放っておかれて淋しい女盛りの色気と焦燥感をこれほど上手に表現できるソプラノは滅多にいないので、普通のイタリア物とかはやらなくていいから、こういう難解な役に特化したらいいのではないかしら。

London Opera-loving Kimono-girl (着物でオペラ in ロンドン)     London Opera-loving Kimono-girl (着物でオペラ in ロンドン)


低い声には魅力感じない上に嫌というほどROHには出るので聴き飽きたジョン・トムリンソン爺だけど、いつもの通りさすがと思わせる貫禄と深い声でサディスティックな医者を楽しんで演じているようでした。

来週は彼のマスタークラスに行く予定です。インタビューにも行ったことあるのですが、意外と庶民的なおじさんなんで、でも話す声がとても威厳があって聞き惚れてしまうほどなので、歌えなくなってもナレーションで充分食っていけるでしょう。


こんな斬新で手強い音楽でも、堅実で何でも振っちゃう指揮者マーク・エルダーですから、安心して聴いていられました。


というわけで、緊張感を感じながらも思いのほか楽しめて、私のヴォツェック恐怖症もすっかり治りましたニコニコ




人気ブログランキングへ
AD

着物でフレンチ・レストランへ

テーマ:

<19th Nov Tue>

う~っ、さぶーい雪の結晶  これでは、明後日のコンサートに着物で行くのは無謀かしら。

今日は、ちょっと前の着物お出掛けについてです。

-------------------------------------------


11月9日の土曜日、友人と3人でランチに行きました。


レストランに行ってもまず記事にしませんが(滅多に行きませんけどね)、今回は着物だったし、食べ物もなかなかフォトジェニックだったので、写真をご覧に入れたくなりました。


London Opera-loving Kimono-girl (着物でオペラ in ロンドン)     London Opera-loving Kimono-girl (着物でオペラ in ロンドン)


まず、着物ですが、秋らしく、葡萄にしてみましたぶどう


着物も帯も同じ柄というのは野暮なんでしょうけど、葡萄の葉っぱの形がよく似ているので統一感もあるかなと思って、全身しつこくブドウだらけにしてみましたぶどう


今年はこれまでで回数は最低で、これでやっと28回目(一覧は→こちら )。なんとか30回にはしたいところです。


London Opera-loving Kimono-girl (着物でオペラ in ロンドン)     London Opera-loving Kimono-girl (着物でオペラ in ロンドン)


行ったところは、マリルボーンにあるL'Autre Pied(→こちら )という、ミシュランの星付き星フレンチ・レストランで、ロンドンでは有名なPied a Terreの姉妹店です。


お店のインテリアや用度品は全くぱっとしませんが、頂いたのは、5コース・テイスティング・メニュで、日にち限定オファーで35ポンド。ドリンクや食後のコーヒー/ティー、サービスチャージを入れると50ポンド以上になりましたが、これだけ手の込んだお料理でお味も品よく美味しかったので、リーズナブルだと思います。


色んなものをちょこっとづつ食べるのが好きなので(家では無理ですもんね)、まるで日本の会席料理のようなこのフレンチは最高。夏の京都の料亭料理を思い出します。

London Opera-loving Kimono-girl (着物でオペラ in ロンドン)     London Opera-loving Kimono-girl (着物でオペラ in ロンドン)

ワイン葡萄尽くしであれば、そりゃワイン頂かなくちゃね。白ワインの方が好きなんですが、今日は帯の色に合わせて赤ワインにしよ。

London Opera-loving Kimono-girl (着物でオペラ in ロンドン)

    London Opera-loving Kimono-girl (着物でオペラ in ロンドン)


ナイフとフォーク

美味しいパンを頂いた後は、さあ、いよいよコースの始まりDASH!


食材の種類が半端じゃなく多くて自分ではとても書けないので、詳しくはメニュをご覧下さい。それぞれ3行目に書いてあるのはお勧めワインだそうです。私たちはそんな贅沢はできないので、ごく普通のワインを一種類だけ。




London Opera-loving Kimono-girl (着物でオペラ in ロンドン)       London Opera-loving Kimono-girl (着物でオペラ in ロンドン)

     まずはふわっと軽い突き出し             前菜 ① (一応、前菜と呼びます)              


London Opera-loving Kimono-girl (着物でオペラ in ロンドン)     London Opera-loving Kimono-girl (着物でオペラ in ロンドン)
       前菜 ②                             前菜 ③

London Opera-loving Kimono-girl (着物でオペラ in ロンドン)      London Opera-loving Kimono-girl (着物でオペラ in ロンドン)
 やっとメインが出た(鳩ポッポの肉)                  簡単な口直し


London Opera-loving Kimono-girl (着物でオペラ in ロンドン)      London Opera-loving Kimono-girl (着物でオペラ in ロンドン)

     デザート                         コーヒー 土瓶で出されたカモマイル・ティー



London Opera-loving Kimono-girl (着物でオペラ in ロンドン)
1時半頃にスタートし、終わったら外はすでに夕暮れ。


種類は多かったけど量は大したことなかったので、「うーっ、もうこれ以上食べられないわ~、お腹はち切れそう!」ということにもならず、最後まで全て美味しく熱心に頂けて、ちょっと遅めの夕食も家でちゃんと食べることができました。


着物も着られたし、美味しいお料理頂きながら楽しいお喋りがたっぷりできて、充実の土曜の午後でしたニコニコ





人気ブログランキングへ

<17th Nov Sun>

グレーな日曜日、外は寒いのかマイルドなのかわからないけど、家の中はぬくぬくと快適。日曜の夜は、「あーあ、明日からまた早く起きて通勤かあ・・」と暗い気分になるのですが、わーい、私は明日もまだ休み。これでやっと1ケ月近く掛かってちびちび書いてきたブリュッセル旅行記も最終回となり、やれやれだし、さて明日はなにしよかしら。

-------------------------------------------

10月21日(月)


ブリュッセル郊外にある9球のアトミウムは1958年の万国博覧会のモニュメントですが、13、4年前に私はバスの窓から見たことがあり、その時は全く輝いてなくてぱっとしなかったので、今回も特に行きたいとは思ってませんでした。


でも、夜のユーロスターでロンドンに帰るのは月曜日だったんですが、美術館博物館だけではなくほとんどの公共建物は月曜日が休館なので、他にやることがなく、ありがたいことにオープンしてたアトミウムに行くしかなかったわけです。

しかし、行ってみたら、見違えるように美しくなってたんですね、これがアップ 内部見学も結構面白かったです。

都心からは少し離れているので、今日は初めて一日乗り放題切符を買い、地下鉄を乗り継いでヘイゼルHeyzelという駅に行きました。


London Opera-loving Kimono-girl (着物でオペラ in ロンドン)      London Opera-loving Kimono-girl (着物でオペラ in ロンドン)


London Opera-loving Kimono-girl (着物でオペラ in ロンドン)      London Opera-loving Kimono-girl (着物でオペラ in ロンドン)

人がほとんどいないから、これなら慌てなくても大丈夫、隣の公園を先に散歩しましょう霧


London Opera-loving Kimono-girl (着物でオペラ in ロンドン)    London Opera-loving Kimono-girl (着物でオペラ in ロンドン)

と思ってのんびりしてたら、しまった、ほんの短い間離れただけなのに、長蛇というほどではないけど入り口に列が出来てて、アトミウムの中に入るのにしばらく並ばなくてはなかったわ。 

London Opera-loving Kimono-girl (着物でオペラ in ロンドン)    London Opera-loving Kimono-girl (着物でオペラ in ロンドン)

入場料は11ユーロで、まずてっぺんの展望台に行って、それから下りながら展示を見る構造。


London Opera-loving Kimono-girl (着物でオペラ in ロンドン)    London Opera-loving Kimono-girl (着物でオペラ in ロンドン)


わー、シルバーメタルの球体、ピッカピカ~キラキラ ツーショットしちゃおう。

London Opera-loving Kimono-girl (着物でオペラ in ロンドン)     London Opera-loving Kimono-girl (着物でオペラ in ロンドン)

高さ102mの中央の展望台からは広大な公園や、サッカー場、ミニ・ヨーロッパというミニチュア建物パークが見えます。

London Opera-loving Kimono-girl (着物でオペラ in ロンドン)      London Opera-loving Kimono-girl (着物でオペラ in ロンドン)

イギリスのエリアは結構大きくて、国会議事堂、ドーヴァー城、バースの円形/半円形建物等が造られてました。


London Opera-loving Kimono-girl (着物でオペラ in ロンドン)    London Opera-loving Kimono-girl (着物でオペラ in ロンドン)  

正面はヘイゼル宮Palais de Heysel。ベルギー独立100周年を記念して1935年に開催された万博の会場跡で、今はモーターショーなど大規模なイベント会場。


London Opera-loving Kimono-girl (着物でオペラ in ロンドン)     London Opera-loving Kimono-girl (着物でオペラ in ロンドン)
球体から球体へはエレベーターで移動できて、アトミウムに関する展示がされてます。

貸し出しもしてるそうで、子供のお泊り用かしら、寝床がたくさんある部屋もありました。


元々は万博開催期間6ケ月だけもたせればよかったのでいい加減な作りだったのが、有名になったので壊さずに続けることにしたそうです(ロンドン・アイと同じね)。何度が補修工事をしてるのですが、割と最近、大幅に修理、というより実質的に作り直したので、こんなにちゃんとして美しく生まれ変わったわけですね。知りませんでしたが、行ってよかったです。

London Opera-loving Kimono-girl (着物でオペラ in ロンドン)      London Opera-loving Kimono-girl (着物でオペラ in ロンドン)


London Opera-loving Kimono-girl (着物でオペラ in ロンドン)      London Opera-loving Kimono-girl (着物でオペラ in ロンドン)


まだ時間があるので、路面電車で、ちょっと離れた所にある東洋趣味の所に行ってみましょう。休館日なのは知ってるけど、どうせ中まで見学する時間はないから、外から眺めるだけですが。


London Opera-loving Kimono-girl (着物でオペラ in ロンドン)      London Opera-loving Kimono-girl (着物でオペラ in ロンドン)

London Opera-loving Kimono-girl (着物でオペラ in ロンドン)      London Opera-loving Kimono-girl (着物でオペラ in ロンドン)

五重の塔と中国館は1900年のパリ万博から運んだ建物で、これに日本美術館を加えて極東ミュージアムMusees d'Extreme-Orientと呼ばれているそうですが、中国館はなかなか細部まできちんと作ってあってきらびやか。

London Opera-loving Kimono-girl (着物でオペラ in ロンドン)    London Opera-loving Kimono-girl (着物でオペラ in ロンドン)


五重の塔と日本美術館は道路を隔てた側にあり、おそらく開館日は中国館から地下トンネルで繋がっているのではないかと思うのですが、残念ながら今日はそこまで渡れずじまい。どの程度の展示物なんでしょうね? ブリュッセルの中心からはちょっと遠いけど、路面電車で簡単に行けるので、次回来るときの候補にしておこう。

London Opera-loving Kimono-girl (着物でオペラ in ロンドン)     London Opera-loving Kimono-girl (着物でオペラ in ロンドン)


この辺りは、ロイヤルファミリーがお住まいのラーケン王宮もあるけど、中を覗くこともできないみたい。


電車路面電車で中心まで戻り、ショッピング。ムスメへのバースデーカード2枚などを買い(フランス語とオランダ語のカード)、7時のユーロスターでロンドンに戻り、9時に帰宅。時差があるので実際の所要時間は3時間ですが、飛行機よりは簡単なのでうんと楽。穏やかな秋の3泊4日旅行が楽しめました。


ニコニコこれからは休暇を取らなくてもこのくらいの旅行は毎週でもできるわけで、ヨーロッパの首都だけでもまだ行ってない街がたくさんあるし、次はどこにしようか楽しく思案中。



クリップ後で見易いように、10月18日から21日までのベルギー旅行記事をまとめてみました。


ホテル ホテル

王冠1 王宮エリア

トイレ 小便小僧

宝石白 グラン・プラス

家 モネ劇場

ナイフとフォーク レストラン
新幹線 ブルージュ日帰り
アート 王立美術館

音譜 オペラ「皇帝ティトの慈悲」 by Mozart


London Opera-loving Kimono-girl (着物でオペラ in ロンドン)


チョコレート以外に買ったのはこの帽子帽子


ムスメの誕生日に被ったのですが、ベルギーのあちこちのお土産さんで売ってて、ちゃんとできてる割には激安だったので、なんと5つも色違いで買ってしまいましたの。白、黒、グレー、オレンジ、ブルーで。


でも、このオレンジのは、バスの中で落としてでに失くしてしまった・・・しょぼん



人気ブログランキングへ