<30th Oct Wed>

嵐が去って秋晴れの今日、会社を休んで、ムスメと二人でウエストフィールドという巨大ショッピングセンターにお買い物。来週は彼女の誕生日なのでブーツとか色々買ってあげました。その後ウエストエンドのデパートにも行って疲労困憊だけど、女同士のショッピングは楽しいワンピースサンダル  (トーチャンは置いてけぼりじゃなくて、今日はアルバイト)

-------------------------------------------

                                      カメラ写真はクリックで拡大します


10月18日から21日までのブリュッセル旅行についてはのんびり記録をアップしてますが、今回は小便小僧と、そのパロディとも言うべき小便小娘について。 


London Opera-loving Kimono-girl (着物でオペラ in ロンドン)     London Opera-loving Kimono-girl (着物でオペラ in ロンドン)


まず、ブリュッセルと言えば小便小僧Manneken Pis

街中にニセモノ小僧が出回ってますが(写真はワッフル屋の広告小僧)、


1619年作の本物はグランプラスから少し外れた街角にあり、一日中人だかりがしています。


London Opera-loving Kimono-girl (着物でオペラ in ロンドン)      London Opera-loving Kimono-girl (着物でオペラ in ロンドン)

最初の日に見に行ったら、赤いベルベットに金の縁取りのシックな中世風衣装を着てましたが、


ホテルからも近いし、「違う衣装着てるかな~?」と思ってその後かなり何度も見に行ったのに、それからはいつも裸。

London Opera-loving Kimono-girl (着物でオペラ in ロンドン)      London Opera-loving Kimono-girl (着物でオペラ in ロンドン)


本来の姿も見られたのはよかったのですが、やっぱり他の衣装も見たいのに、つまんな~い。大変な衣装持ちなんだから、とっかえひっかえ着せればいいのに。 


仕方ない、それなら、衣装が展示されてる部屋に行ってみましょう。

London Opera-loving Kimono-girl (着物でオペラ in ロンドン)
     London Opera-loving Kimono-girl (着物でオペラ in ロンドン)



グランプラスにある王の家Maison du Roiは現在は市立博物館Musee de la Villeになっていて、絵画やブリュッセルの歴史に関する資料が展示されているのですが、やっぱり目玉は小便小僧の衣装でしょう。



London Opera-loving Kimono-girl (着物でオペラ in ロンドン)      London Opera-loving Kimono-girl (着物でオペラ in ロンドン)


London Opera-loving Kimono-girl (着物でオペラ in ロンドン)
暗いので鮮明な写真は撮れませんでしたが(フラッシュ使用不可)、複製が着ている衣装の他に、ハンガーに掛けられただけのもの、引き出しを開けると見えるもの等、所狭しと陳列されていて、世界中から送られたわけですから、民族衣装風が大半な中、民族衣装といえるものが無いさる大国なんかは、おーおー、口惜し紛れにエルビス・プレスリーの舞台衣装なんぞ送ってきてからに・・・にひひ


     London Opera-loving Kimono-girl (着物でオペラ in ロンドン)



London Opera-loving Kimono-girl (着物でオペラ in ロンドン)

まあ、そんなこと言ったら、イギリスも民族衣装ってないけど、バッキンガム宮殿の衛兵とかユニオンジャックのベストを着た英国紳士とかで、数は少ないけど、なんとか存在感を示しているのではないかしら。


そこへ行くと、日本の衣装は結構たくさんあり、嬉しくなりましたアップ

桃太郎さん、可愛いね。ご丁寧に犬や猿のぬいぐるみまで付いてて手が込んでるわ。


鎧兜の立派な武士のいでたちはたしか1935年寄贈と随分古いんですが、情報伝達が困難だったせいか、間違ったサイズが伝わってしまったようで、これだけやけにでかいのが写真からおわかりでしょう。

これでは小便小僧に着せることはできないけど、でもこんな間違い衣装までガラス張りのケースで陳列してもらえるのは嬉しいですよね。

London Opera-loving Kimono-girl (着物でオペラ in ロンドン)     London Opera-loving Kimono-girl (着物でオペラ in ロンドン)



London Opera-loving Kimono-girl (着物でオペラ in ロンドン)      London Opera-loving Kimono-girl (着物でオペラ in ロンドン)


それ以外は引き出し収納で、全部写真を撮ったわけではないですが、陣羽織や紋付袴があり、これらも結構古いです。

London Opera-loving Kimono-girl (着物でオペラ in ロンドン)      London Opera-loving Kimono-girl (着物でオペラ in ロンドン)

説明がディスプレーされるものもありましたが、金太郎の腹掛けをした河童の火消しなんて、説明読まないと外国人にはわからないですもんね。


ビックリマークさて、



「地球の歩き方」で小便小僧の妹版というかパロディというか、ジャンネケ・ピスJeanneke Pisという像があることを知り、イル・サクロ地区というカジュアルなレストランがひしめく最も賑やかなエリアの袋小路のすみっこにあるのを探し当てました。もちろん誰も見物客はいなくてひっそり。


London Opera-loving Kimono-girl (着物でオペラ in ロンドン)
最初は夜に行ったら、柵が閉まってたので、「そうか、大事な像が盗まれたり傷つけられたりしたら大変だから、夜はこうして守っているんだな」、と思ったのですが、昼に行ってもやはり閉じられたまま。


隙間から無理矢理写真を撮りましたが、1987年にお目見えしたこの少女、当然こういうしゃがむ姿になっちゃうわけだけど、下品だから隠そうとしてるのかもしれませんねえ。ちゃんと手入れはされてるけど。

   London Opera-loving Kimono-girl (着物でオペラ in ロンドン)


因みに、小便小娘というのは私の命名ですが、小便小僧と同じくらいの大きさです。違う角度で写真を撮れればよかったんですが、檻の隙間からなので、どうしてもこうなっちゃうんですよね、すみません。


でも、こんなことまで教えてくれる地球の歩き方って、ロンドンで買うと値段3、4倍なんですが、欠かせない旅のお供です。




人気ブログランキングへ
AD

<28th Oct Mon>

1987年秋の大嵐以来と予報された嵐は昨夜から夜明けにかけてイギリスを襲い台風、死者も4人出たし停電が相次ぐ災害となりましたが、ロンドンは大した被害はなく、我が家の周辺でも木の枝が折れたくらいで済みました(普段から情けない電車や地下鉄は当然滅茶苦茶でしたけど)。でも、午前11時開演の予定だった今日のROHのオペラWozzeckのリハーサル、交通の足が乱れて時間通りに到着できない観客が多いだろうという配慮で、1時間遅れて始まることになってしまい、終演後に午後だけ会社に行く予定だったのに、急遽キャンセルせざるを得なかったではないかむかっ  いえ、勿論キャンセルしたのは仕事の方ですけどね。オペラは見逃すものですか。でも、明日は会社休むつもりだったのに行かなくちゃならなくなってしまったぞい。

ところで、ヒロインを巡って異例の事態になってるROHの「シチリアの夕べの祈り」、リアンナおばさんが喉頭炎から回復したようで、ポポ子を蹴落として残り全部の出演が決定。切符持ってる方、よかったですね! ポポ子を何度も聴きたくないがためにこれ以上切符は買ってないのが残念。ほんと、出ても出なくても迷惑なポポ子さん。もうこれでROH出入り禁止かしら?

ほとんどできてないブリュッセル旅行記、これからどんどん進めますが、まずは到着した日のホテル周辺散策を写真中心で。

-------------------------------------------

                                       カメラ写真はクリックで拡大



10月18日(金)午後、2時半頃にホテルにチェックインした後は、早速近くを歩いて回りましょう。


普通は歩いてすぐのブリュッセルの観光の中心であるグラン・プラスにまず足が向くのでしょうが、敢えて反対方向に歩き始めます。お天気がまあまあだったので、公園とか行きたいし、広々としたエリアには王宮や国会議事堂、美術館などが立ち並ぶブリュッセルの本当の中心ですから。


London Opera-loving Kimono-girl (着物でオペラ in ロンドン)     London Opera-loving Kimono-girl (着物でオペラ in ロンドン)


London Opera-loving Kimono-girl (着物でオペラ in ロンドン)
ちょっとした丘を登るとロワイヤル広場Place Royale


白い建物は18世紀の新古典主義の聖ヤコブ教会。


その向かいのルネ・マグリット美術館Musee Rene Magritteの窓ガラスと鏡に私が二人いるのはちょっとシュール?


右は楽器博物館Musee des Instruments de Musique


でも、時間がなかっただけではなく、月曜日はほとんど休館なので、今回はいずれにも入れず。ヨーロッパ大陸はこれだから不便なのよね、ロングウィークエンドにとって。


それならば、木曜から日曜とかにすればよいではないかと思うでしょうが、週末は閉鎖されるロンドンの地下鉄路線もあり、それはそれでもっと不便なわけよ。





London Opera-loving Kimono-girl (着物でオペラ in ロンドン) London Opera-loving Kimono-girl (着物でオペラ in ロンドン)

     London Opera-loving Kimono-girl (着物でオペラ in ロンドン)

王冠1ロワイヤル広場の隣が王宮Palaice Royal。王室メンバーはここには住んでないそうで、衛兵のユニフォームも可愛くないし、内部見学は、バッキンガム宮殿同様、夏期のみですって。でも、夏に行ったらオペラ観られないしねえ。


London Opera-loving Kimono-girl (着物でオペラ in ロンドン)     London Opera-loving Kimono-girl (着物でオペラ in ロンドン)


London Opera-loving Kimono-girl (着物でオペラ in ロンドン)

こじんまりしたブリュッセル公園Parc de Bruxellesを抜けると、国会議事堂Palais de la Nacion

でっかい旗2本のせいで建物が小さく見えちゃうね。


ところで、私は赤いレインコートの下にはキルティングのジャケットという重装備ですが、この日は17、8度あったのでそんな厚着は必要なく、半袖Tシャツの人もいました。でも、湿気がないので私のように着膨れてても平気。寒がりなので日が暮れたら急に寒くなるだろうと思って用心たのですが、幸い滞在中ずっと暖かかったです。   



London Opera-loving Kimono-girl (着物でオペラ in ロンドン)    London Opera-loving Kimono-girl (着物でオペラ in ロンドン)


London Opera-loving Kimono-girl (着物でオペラ in ロンドン)
聖ミッシェル大聖堂Cathedrale St. Michelは王室の結婚式も行われるブリュッセルで一番立派なカテドラルなのでしょうが、パリのノートルダム寺院やロンドンのウエストミンスター寺院と比べると随分小さい。

でも、パイプオルガンに興味のあるトーチャンは、「ここのは壁に貼り付けてあるのが面白い」、と喜んでました。


     London Opera-loving Kimono-girl (着物でオペラ in ロンドン)



London Opera-loving Kimono-girl (着物でオペラ in ロンドン)     London Opera-loving Kimono-girl (着物でオペラ in ロンドン)

私には、なんといっても教会よりオペラハウス音譜で、今回の旅行もこの王立モネ劇場Theatre Royal de la Monnaieが目玉。オペラ鑑賞はこの2日後だけど、一足先に表と裏から拝みましょ。そんなに巨大じゃないところがいいね。早く中に入りたいけど、見学ツアーは土曜日だけってケチね。明日はブリュージュに行くから参加できないじゃん。ちぇっむっ


London Opera-loving Kimono-girl (着物でオペラ in ロンドン)
ギャラリーと呼ばれるショッピングアーケードがたくさんある中で、このギャラリー・サン・チュベールGalerie St. Hubertが一番優雅で美しい。19世紀半ばの完成で、ヨーロッパで最も古いギャラリーの一つですって。


高級ブティック等、私たちには縁のないお店も多いけど、チョコレート屋さんにはちょくちょく寄って、滞在中は毎日チョコレート攻め。私は甘い物は苦手だけど、チョコレートは好き。

普段は買わない高級チョコをどっさり買って帰り、今もまだ毎日少しづつ味わってますが、うーん、やっぱり美味しいチョコレート


レース屋さんもあちこちにたくさんあるけど、レースに興味はないので、中には一切入らず。


London Opera-loving Kimono-girl (着物でオペラ in ロンドン)      London Opera-loving Kimono-girl (着物でオペラ in ロンドン)

ヴィクトル・ユーゴーが「世界で最も美しい広場」と称したグラン・プラスGrand Place小便小僧Manneken Pisを期待してた方、今日は写真が出てこなくてごめんなさい。

この後で両方行って写真をたくさん撮ったので、それは次回まとめてたっぷりアップします。




人気ブログランキングへ
AD

<27th Oct Sun>


台風イギリスでは珍しい嵐が接近中の中、今夜は友人が主催したチャリティ・パーティでお琴を弾かせて頂きました。東北震災の犠牲者の心のケアをするために建設中のレインボーハウスに寄付されますが、日本の美術品などのオークションもあり、個人でこれだけのイベントを企画なさったT子さんは凄いクラッカー


London Opera-loving Kimono-girl (着物でオペラ in ロンドン)
     London Opera-loving Kimono-girl (着物でオペラ in ロンドン)      


で、私の琴演奏はというと、


ほとんど音が聞えないところで調弦して、演奏中はマイクロフォン使用でしたが自分でもほとんど聴こえないくらいだったし、ザワザワしてる中での演奏ですから、お琴の音色を聴いて頂く理想的な環境からは程遠いですが、弾かせて頂けて光栄だったし、こういうことでもないと全く練習しない私にとっては貴重な機会。


八橋検校が350年近く前に作曲した有名な古典の名曲「みだれ」は大好きな曲なので、いつか弾きたいものだと思っていたんです。私ごときの腕前で弾いていいのかと躊躇しましたが、不完全でもご紹介できて嬉しかった。今回少し弾けるようになったことはいつか役立つ時が来るかもしれないし、そうでなくても、練習してても楽しかった。(それなら、普段から稽古すりゃいいのに・・・。はい)

他に坂本勉作曲の「しぐれの夜」と「森のカッコウ」という短い現代曲も2曲弾きました。
London Opera-loving Kimono-girl (着物でオペラ in ロンドン)
トーチャンはアッシー君だったけど、ムスメは来てくれました。日の丸に因んで赤いモノを身に付けて日本を偲びましょうというコンセプトだったのですが、赤い服は持ってないムスメに日本の友人からの頂き物であるスカーフを貸してあげました。

London Opera-loving Kimono-girl (着物でオペラ in ロンドン)


London Opera-loving Kimono-girl (着物でオペラ in ロンドン) London Opera-loving Kimono-girl (着物でオペラ in ロンドン)

私の前にお二人で共演なさった津軽三味線の男性と民謡歌手の女性と。パーティ向きの賑やかな演奏ができていいなあ。私もユニオンジャックの着物(もう少し地味な色で)作ろうかしら?


会場はチェルシーにあるお洒落なメンバークラブで、3フロアーでそれそれ違うことをやっていて、日本から飴細工の若い男性もいらして、目の前で見事に動物を手早く作り、もの作りには興味のあるムスメは感心してました。


London Opera-loving Kimono-girl (着物でオペラ in ロンドン) London Opera-loving Kimono-girl (着物でオペラ in ロンドン)


London Opera-loving Kimono-girl (着物でオペラ in ロンドン) London Opera-loving Kimono-girl (着物でオペラ in ロンドン)

ロンドン在住の布袋寅泰さんもいらしてて、皆が変わりばんこに「一緒に写真撮って下さ~い」、と押しかえるのに嫌な顔ひとつせず優しい彼、日本の芸能界に疎い私は彼のことは実はよく知らないのですが、折角ですから、私も便乗しちゃおうっと。

うんと長身で個性的な容貌の布袋さん、ばりっとした三つ揃いスーツでかっこ良かったです。奥様の今井美樹さんは映画を観たこともあるので知ってるんですが、今日は体調を崩されたとかでいらっしゃらなくて残念。


London Opera-loving Kimono-girl (着物でオペラ in ロンドン) London Opera-loving Kimono-girl (着物でオペラ in ロンドン)


総絞りの赤いおべべに、帯揚げも帯締めも赤にしてまっかっか~。今年は還暦だしね。




人気ブログランキングへ
AD

<26th Oct Sat>

長時間お琴の練習をすると肩が凝るってはじめて知ったわ。チャリティパーティで弾くのはいよいよ明日ですから、いつもの付焼刃で頑張ったのよ。でも、台風が来ないイギリスには珍しいことですが。もうすぐ凄い嵐が来るんだって。

-------------------------------------------

昨夜の10月25日はバレエを観に行きました。


オペラだけで精一杯なのでバレエにはなるべく行かないようにしてるんですが、たくさんの人がいつもクルクルぴょんぴょんしてるドンキホーテは大好きな上、この日は金子扶生(ふみ)さんが主役のキトリ役でデビューする大事な日ですから、そりゃ行きますともアップ


London Opera-loving Kimono-girl (着物でオペラ in ロンドン)

London Opera-loving Kimono-girl (着物でオペラ in ロンドン)

(以下の写真はクリックで拡大します)


London Opera-loving Kimono-girl (着物でオペラ in ロンドン)


バレエには疎いのですが、ロイヤルバレエ団で5段階あるダンサーのレベルの中で真ん中のソリストに属する扶生ちゃんが大抜擢されたのは凄いことに違いありません。彼女は他所ですでにこの役を踊った経験があるらしいのですが、それでも、コベントガーデンでこの大役のデビューですから、これは一大イベントメラメラ


ベルDon Quixote


Choreography Marius Petipa

Choreography Carlos Acosta
Production Carlos Acosta
Original Music Ludwig Minkus
Arrangement and Orchestration Martin Yates
Designs Tim Hatley
Lighting design Hugh Vanstone

London Opera-loving Kimono-girl (着物でオペラ in ロンドン)
新プロダクションである久し振りのドンキホーテは、カルロス・アコスタが振付を担当したということで話題になってて、実際にはプティパの振付を少しだけ変えただけなんでしょうし、どこがどれくらい変わったのか私にはわかりませんが(10年くらい前に吉田都さんで観たような記憶はあるけど)、カラフルで素敵なプロダクションです。

昨夜はアコスタ自身、客席で鑑賞してました。


London Opera-loving Kimono-girl (着物でオペラ in ロンドン)    London Opera-loving Kimono-girl (着物でオペラ in ロンドン)

London Opera-loving Kimono-girl (着物でオペラ in ロンドン)     London Opera-loving Kimono-girl (着物でオペラ in ロンドン)
       花束もどっさりブーケ1ブーケ2

 London Opera-loving Kimono-girl (着物でオペラ in ロンドン)      London Opera-loving Kimono-girl (着物でオペラ in ロンドン)

舞台近くの席からはダンサーの表情がよく見えるのですが、扶生ちゃんはとても緊張してて、ラブリーな笑顔もひきつり気味。当たり前ですけどね。

このプロダクションの床は滑りやすいらしく、同じ役を踊った高田茜ちゃんは可哀相にスッテンコロリンしちゃったそうで、それを知ってたので扶生ちゃんは転ばなきゃいいけど、とハラハラしましたが、2、3度「お~っと!」、とヒヤっとした場面はありましたが、膝が砕けた程度で大事には至りませんでした。注目の32回転は最後に少々ふらついてしまいましたが、白鳥の湖と変わらないくらい負担が大きいのではないかと思うほどのこの難儀な役を、デビューでこれだけ踊れた扶生ちゃんのたしかなテクニックと度胸に拍手クラッカー 舞台映えのする豊かな表情も若々しくてキュートドキドキ 


London Opera-loving Kimono-girl (着物でオペラ in ロンドン)
実は映画館公開された10月16日のドンキホーテも観に行ったのですが(左の写真)、アコスタ自身も踊ったいわばAチームと言うべき日のキトリだったマリアネラ・ニュネスのほっそりした体のしなやかさと余裕たっぷりの貫禄には敵いませんが、扶美ちゃんは骨太でダイナミック。

そのニュネスのご主人であるティアゴ・ソアレスが扶生ちゃんの相手役で、今や看板ダンサーであるニュネス妻をアコスタに奪われたわけですが、扶生ちゃんと踊るのをとても楽しんでいるように見えたし、しっかりサポートしてくれて安心して見ていられました。彼自身、今まで観たティアゴの中で今日が一番チャーミングだったし、16日は抑え気味だったように見えたアコスタと比べても決して劣ってなかったです。

ロイヤルバレエには日本人ダンサーがたくさん在籍してますが、この日は小林ひかるさん以外は全員出てて、特に闘牛士リーダー役の平野亮一さんは16日のAチームの日にシャープな動きと派手なアクションでかっこよかった。皆さんどんどんランク上がって欲しいものです。

来月切符が発売になる「眠れる森の美女」では日本人が主役の日もいくつかあり、ひかるさんが初めてご主人のボネリと共演するし、平野さんと崔由姫さんが共演、茜ちゃんも。

ショック!嗚呼、水際で抵抗してるのに、こうしてずるずると引きずり込まれそう・・・。



人気ブログランキングへ

<25th Oct Fri>

明後日の琴演奏の練習もしなくちゃいけないと言うのに、昨日はオペラ今日はバレエ。焦るのはブログも同様で、ネタはあり過ぎるのに書いてる時間がない・・。

でも、「一体どうなってるんだよ!」、というオペラの代役劇については夜更かししてまで書いてしまいましょう。ブリュッセル旅行についてはもうちょっと待って下さいね。

-------------------------------------------

London Opera-loving Kimono-girl (着物でオペラ in ロンドン)

London Opera-loving Kimono-girl (着物でオペラ in ロンドン)


10月17日から始まった新プロダクションのヴェルディの「シチリアの夕べの祈り」、パフォーマンスが3回ありましたが、なんと毎回ヒロインが違うソプラノという奇妙な事態となってます。


まず当初の配役はロシア人の箱ふぐ嬢マリーナ・ポプラフスカヤ(以下ポポ子)だったのですが、9日に「病気でリハーサルに参加できず、最初の3回から降板」、と発表され(→こちら )、私は大喜びチョキ


17日の初日に行きましたが、代役のリアンナ・ハルトウニアン(以下リアンナおばさん)が、ドンカルロの代役の時ほど素晴らしくはなかったものの、ポポ子とは比べものにならない美声で好演。次に私が行く24日は本来の実力を出してくれればいいけど、と楽しみにしていたところ、公演2回目である21日の当日の午後、理由には触れず「キャンセルを撤回してポポ子出場」のニュース(→こちら叫び

幸い私はその日は旅行中で難を逃れることができましたが、本当はあまりに下手なので首になったという説もあったのを裏付けるように、21日のポポ子は普段にも増してひどかったそうですむっ


一体どうなってるんだろうと不安のうちに迎えた24日。時々ROHのサイトでチェックしつつ、「ホッ! まだリアンナおばさんが出る予定になってる。どうか、このままポポ子が再登場なんてことにはなりませんように・・」と祈っていたんですが、当日の午後3時になって、「リアンナおばさんは病気で歌えないけど舞台で演技だけはして、舞台袖に立って歌うのはイタリア人ソプラノのRachele Stanisci」というアナウンス(→こちら )。


リアンナおばさんをもう一度聴けないのは残念だけど、まあいいや、ポポ子じゃないんだったら、と思ったのですが、ちょっと待てよ、代役の経歴に「ナポリのサンカルロ歌劇場でこの役を歌ったことがある」などと書いてある。ゲゲッ!それなら、もしかしたら、私が2年半前にそれをナポリで観た時に出た聴くに耐えないソプラノかも?(→こちら ) そう言えば、かすかに聞き覚えのある名前だ・・・ガーン


と思って、iPhoneでその時のブログ記事をチェックしたら・・・、ガーン! まさにそうでしたダウン


もうそれからは気が重くて、「取り外しが簡単な耳栓を持ってた方がいいな」、などと本気で考えました。しかも今日の席はこういう場合に歌う人が立つ側なので、ものすごく近くであの不快な声を聴かなくちゃいかないのか・・・あーん、これならポポ子の方がまだましかも・・・ショック!


と怖れていたら、ちょっと金属的な声ではあっても、ナポリの時よりはうんとコントロールされてたのでびっくり!! これならそう嫌な思いをせずに最後まで聴けそうだ。でも、声量ない上に響かない声だ、後ろで聴こえるのかな、やっぱりちょっと問題ありだよな、と思っていたら、なんとグングン良くなって、声から濁りが消え、声量も増し、美声とは言えないけど、高音から低音までムラもなく、きっちりとしたなかなか立派な歌唱になり、結局彼女の歌が一番楽しめて、よく聴こえるこっち側でよかった、ナポリで聴いたあの女とは別人に違いない、とすら思いました。カーテンコールでもヤンヤの喝采クラッカー


London Opera-loving Kimono-girl (着物でオペラ in ロンドン)    London Opera-loving Kimono-girl (着物でオペラ in ロンドン)


London Opera-loving Kimono-girl (着物でオペラ in ロンドン)
で、帰宅してからナポリのカーテンコール写真をよく見たら同一人物。オペラ歌手がその度に出来が違うのはわかってるけど、これほど差がある人は珍しい。2年間でここまで上達したのか、それとも、ナポリで聴いた日が特に不調だったのか・・・? オペラ歌手って本当に超生モノだわ、やっぱり。



    London Opera-loving Kimono-girl (着物でオペラ in ロンドン)



London Opera-loving Kimono-girl (着物でオペラ in ロンドン)
あと5回あって、ポポ子が出ることになってるんだけど、いかに下手かはパッパーノ大将もよくわかっただろうから、一体どうするつもりなんだろ? リアンナおばさん喉頭炎から回復したら出てもらうほうがいいと思うけど。いくら生モノだって、元々腐ってる人が急に上手になる筈ないもんね。しかも、11月4日は映画館で生中継だ、ROHの名誉にかけてもポポ子は外した方がいいのではないでしょうか?


まさか、映像になるのに、口パクってわけにはいかないでしょうしね。いくらポポ子は演技は上手と言っても。


などと、もう私は行かない予定ですが、気が揉めることです。


尚、シチリアの夕べの祈りについては、プロダクション自体や他の歌手についても書く予定。来週からは結構ヒマですから。




人気ブログランキングへ