<28th July Sun>

4週間ぶりにムスメが遊びに来てくれました。暑い中、冷房もない職場でしばらくは週末も働いたりして超多忙だった仕事も峠を越して楽になったとのことで一安心。
耳の中に液体が溜まっていると言われたのでてっきり中耳炎と思ったのですが、耳は痛くないし、中耳炎ではないのかもしれません。ま、原因は何であれ、耳に薬をたらしながら、大事を取っておとなしくしてるので、この3日間はめまいも耳の閉塞感もほとんどなく無事です。明日からボリショイ・バレエがはじまり、3回行くのですが、バレエなら多少音が聴こえにくくても構わないしね。

-------------------------------------------
  London Opera-loving Kimono-girl (着物でオペラ in ロンドン)


7月27日の土曜日、ウィグモア・ホールの今シーズンの最後のコンサートに行ってきましたが、最後を飾るに相応しい華やかでレベルの高いコンサートになりました。


ディアナ・ダムラウには何度も振られてがっかりさせられてるんですが、やっと、久し振りに生で聴くことができて感激だった上、期待してなかった大きなサプライズまで付いて、忘れられないコンサートになりました。

London Opera-loving Kimono-girl (着物でオペラ in ロンドン)
Diana Damrau soprano

Xavier De Maistre harp

Schubert Ständchen from Schwanengesang/Du bist die Ruh/Gretchen am Spinnrade/An die Musik/Ellens Gesang III

Tárrega Recuerdos de la Alhambra (arr. for harp by Xavier de Maistre)

R Strauss Ständchen/Efeu from Mädchenblumen/ Schlagende Herzen Nichts/Wiegenlied/Beim Schlafengehen from Four Last Songs

Hahn Si mes vers avaient des ailes/L’heure exquise from Chansons grises

Chausson Le colibri/Le temps de lilas/La cigale

Faure Impromptu Op. 86

Duparc Chanson triste/L’invitation au voyage

Dell’Acqua Villanelle

アンコールは3曲で、ベルリーニのオペラ「カプレッティとモンテッキ」のジュリエット聴かせどころのアリアと、Rシュトラウスを2曲(最後は「モルゲン」)。

London Opera-loving Kimono-girl (着物でオペラ in ロンドン)     London Opera-loving Kimono-girl (着物でオペラ in ロンドン)

ディアナ・ダムラウをオペラ以外で聴くのは初めてですが、期待通りの鈴のような澄んだ美声は相変わらずな上、オペラの時とは違う優しい声がとても魅力的で、前半はドイツ語、後半はフランス語で、ほぼ全て暗譜で表情豊かに愛らしく高らかに歌い上げ、今が旬の歌手のオーラがたっぷり出てました。

渋い曲目のコンサートが多いウィグモア・ホールにしては、今回はポピュラーな曲も多く、例えばシューベルトはセレナードやアヴェ・マリア等、ベタだけど大好きな曲を歌ってもらえるとやっぱり嬉しいし。
きれいなオレンジ色のドレスはウエスト部分のリボンがダサいかな、ショールも邪魔かな、という感じ垢抜けないのですが、なんと象さんの刺繍入りなのも、気さくで明るい彼女に似合っててユニーク。

London Opera-loving Kimono-girl (着物でオペラ in ロンドン)
    London Opera-loving Kimono-girl (着物でオペラ in ロンドン)    

歌曲の伴奏がピアノではなくハープというのは初めてですが、この組み合わせ、凄く良いですね!

音量もバランス取れてるし、目配せはしなくても隣合わせでお互いの存在を感じながら息もぴったりな二人は、歌と伴奏というよりは対等のコラボレーションで、特に優しい雰囲気の曲にはピアノよりもハープの方がマッチしてます。他の歌手もハープ伴奏でどんどん歌ってみればいいのに。

しかし、相乗効果でこんなに盛り上がったのは、二人とも超一流だったからで、特にハープ奏者が上手だったからこそでしょう。一体となる分、ピアノとよりも、合わせるのが難しいのかもしれないですから。

London Opera-loving Kimono-girl (着物でオペラ in ロンドン)      London Opera-loving Kimono-girl (着物でオペラ in ロンドン)

ソロのハープ奏者としてCDも出してるグザヴィエ・ドゥ・メストレは1973年生まれのフランス人で、日本で今年コンサートも行ったので、日本ではすでに人気があるアーチストなのかもしれませんが、こんな上手なハープ演奏を生で聴くのは初めてです。ハープと言えばまず優しい乙女チックな音色を思い浮かべるのですが、男性ならではの力強さが加味されると、また違う味が出てとても新鮮。

ソロで2曲弾いてくれたのですが、おそらく彼のことは誰も知らなかったであろうウィグモア・ホールは嬉しい驚きに満ちて、ダムラウに劣らない大喝采を浴びましたクラッカー

London Opera-loving Kimono-girl (着物でオペラ in ロンドン)    London Opera-loving Kimono-girl (着物でオペラ in ロンドン)

それに、写真でおわかりのように、まあ、なんてハンサムなんでしょ キラキララブラブ!

「クラシック音楽家にしては」、という形容が不要なほどの美貌で、長身で身のこなしも優雅な貴公子然とした彼はどこにいても「あっ、凄い美男子がいる!」、と誰でも振り返るに違いないです。(動くメストレは繊細な指先だけでなく、顔も写真よりもさらに麗しいんですよ)

これだけの腕前ならどんなご面相でもソロ奏者として立派にやっていけるでしょうが、これだけの容姿があればまさに鬼に金棒で、アイドル的なスーパースターにもなれますね星。確かなテクニックとこれだけ変化のある演奏ができればハープ演奏だけのコンサートでも退屈はしないでしょうが、ダムラウとの共演で歌声との相性が抜群ということがよくわかったので、コンサートで歌手をゲストにしたらいいですよ、きっと。

London Opera-loving Kimono-girl (着物でオペラ in ロンドン)    London Opera-loving Kimono-girl (着物でオペラ in ロンドン)

というわけで、素晴らしいハープ演奏という大きなオマケまで付いて、今まで聴いたウィグモア・ホールのコンサートではベストかも。ハープの奏でる音色と美声のミックスのみならず、ビジュアル的にも「美しいわ~」、と何度もうっとりさせてもらえました。ここ数日、耳の閉塞感で音がきれいに聴こえないこともある私ですが、幸いこの時は耳もすっきりしてよく聴こえたのがことさらありがたかったです。

カメラ同じような写真をアップしちゃいましたが、ボツにしては勿体ないようなビューティフルな二人の素敵な姿がたくさんあって、これ以上は切り捨てられません。クリックで拡大して、象さん柄も見て下さいね。


人気ブログランキングへ
AD

<27th July Sat>

異常な猛暑が去り、心地良い暑さの中、週末は家でおとなしくしてるので、幸いめまいも起こらず、無理しない程度に日本行きの準備などをしています。今夜はウィグモア・ホールのディアナ・ダムラウに行きますが、その前に買い物しようとかジムに行こうとかは止めといた方がいいでしょうから、代わりにまだ終わってないスコットランド旅行記でも書いてましょう。細かいことは覚えてないので写真中心の旅行記ですが、酷暑に苦しむ日本の皆様には涼しさを感じて頂けるような写真ばかりですので、いわば暑中見舞い。

-------------------------------------------


London Opera-loving Kimono-girl (着物でオペラ in ロンドン)
6月12日(水)


6月7日から13日までの6泊7日のスコットランドも、あと一泊を残すところとなり、今日はハイランド地方から湖がたくさんあるエリアに移動します。


後で回復するのですが、朝のお天気はどんより雲。でも、雲が掛かった山はそれなりに美しいので私は好きです霧




London Opera-loving Kimono-girl (着物でオペラ in ロンドン)    London Opera-loving Kimono-girl (着物でオペラ in ロンドン)


両側に山を眺めながら広々としたグレンコーGlencoeという谷をドライブ。


写真だとその美しさと雰囲気が伝わりませんが、小雨が降ったり雲の合間から陽が差したりする神秘的な景観が美しくて何度も車から降りて写真を撮りました。


平らなイングランドに住む身にとっては山があるだけで、「うおーっ! 山だ、山だ~!それも次から次へと!」、と感動するわけです。登山者もたくさんいました。


London Opera-loving Kimono-girl (着物でオペラ in ロンドン)      London Opera-loving Kimono-girl (着物でオペラ in ロンドン)

London Opera-loving Kimono-girl (着物でオペラ in ロンドン)      London Opera-loving Kimono-girl (着物でオペラ in ロンドン)


London Opera-loving Kimono-girl (着物でオペラ in ロンドン)

全ての写真はクリックで拡大しますが、この写真だけはポツンと建ってる白い家が見えるように最初から拡大しておきますね。渓谷沿いには建物はほとんどなく、冬場はどんなに暗くて厳しくて淋しい所なんだろうと想像すると、北国スコットランドの遠さをあらためて感じます。

London Opera-loving Kimono-girl (着物でオペラ in ロンドン)      London Opera-loving Kimono-girl (着物でオペラ in ロンドン)

湖も多いし、可愛い羊の群れも点在してて、しょっちゅう車から降りて愛でるので、なかなか次の目的地に着けません。     

London Opera-loving Kimono-girl (着物でオペラ in ロンドン)      London Opera-loving Kimono-girl (着物でオペラ in ロンドン)

       種類もたくさんある中で、顔の黒い羊ちゃんたちが一番可愛いですよねヒツジ



------------------------------------------

London Opera-loving Kimono-girl (着物でオペラ in ロンドン)    London Opera-loving Kimono-girl (着物でオペラ in ロンドン)


今日のメインイベントは、Loch Katrineカトリン湖遊覧。乗船前にここのカフェでランチ。


船は二艘だけで本数も少ないのでネットで予約しておきましたが、1時間コースはサー・ウォルター・スコット、2時間コースはLady of the Lake(湖上の美人)という名の船でした。 ネットで予約できたのは後者だけなので、細長い湖のほとんどを網羅する2時間コースにしましたが、船は1時間コースのウォルター・スコット方が大きくて立派だわ。でも、デッキの屋根が写真撮るには邪魔だよね、と悔し紛れに言いながら、Lady of the Lakeにi乗り込んだら、ガラガラ。

London Opera-loving Kimono-girl (着物でオペラ in ロンドン)    London Opera-loving Kimono-girl (着物でオペラ in ロンドン)


London Opera-loving Kimono-girl (着物でオペラ in ロンドン)      London Opera-loving Kimono-girl (着物でオペラ in ロンドン)


London Opera-loving Kimono-girl (着物でオペラ in ロンドン)      London Opera-loving Kimono-girl (着物でオペラ in ロンドン)


この日は、元軍人とその家族の仲間うち船旅デーだったようで、私たち以外はほぼ年寄りばかり。世界中から観光客が集まるネス湖クルーズとは全く雰囲気が違うローカル色の濃い遊覧船旅でした。


「外は寒いから、下の屋内スペースでお茶でも飲んでましょう」、という爺さん婆さんが多かったのか、最初に上のデッキにいたのは4、5人でしたが、お天気も回復したので上ってくる人も増え、他の船もいなくて安全なので「はーい、誰か運転したい人がいたらさせてあげるよ」、というオファーに喜んだ年寄りたちが何人か舵を取り、あらぬ方向に行ってしまったりもしましたが、スコットランド訛りを聞きながらのんびりと湖上を進む「湖上の美人」号はほのぼのとして良い雰囲気でした。


London Opera-loving Kimono-girl (着物でオペラ in ロンドン)      London Opera-loving Kimono-girl (着物でオペラ in ロンドン)


そう、この湖は、まさにウォルター・スコットが「湖上の美人」を書くインスピレーションを受けた湖で、そうでなければ、中心となる高い山があるわけでもなく、沢山ある湖の中でどうってことない存在なんでしょうが、
オペラファンにとっては、ロッシーニの湖上の美人La donna del lagoの舞台ですから、感激もひとしおラブラブ


特に、私はこの直前にROHでフローレスやディドナート出演のこのオペラの素晴らしいパフォーマンスを5回も観たばかりだったので感激。ずっとオペラの音楽が頭の中を巡ってました。


オペラについては→こちら  をご覧下さいですが、最初は馴染みがなかったのであまり良いとは思えなかったけど、聴けば聴くほど好きになって、5回続けて聴いたら、飽きるどころか、大好きなオペラになりました。


London Opera-loving Kimono-girl (着物でオペラ in ロンドン)    London Opera-loving Kimono-girl (着物でオペラ in ロンドン)


↑ 家大都市グラスゴーへの水源地でもあり、これはそのオープニングにヴィクトリア女王が訪れた時に女王様滞在用に建てたロイヤル・ロッジ。でも、祝砲の爆風で窓ガラスが割れてしまい、結局ヴィクトリア女王はお泊りにならなかったそうですえっ


London Opera-loving Kimono-girl (着物でオペラ in ロンドン)    London Opera-loving Kimono-girl (着物でオペラ in ロンドン)  


London Opera-loving Kimono-girl (着物でオペラ in ロンドン)    London Opera-loving Kimono-girl (着物でオペラ in ロンドン)


-------------------------------------------


下船して、有名なローモンド湖に向かう途中にも、美しい湖とスコットランドらしいお城が。

London Opera-loving Kimono-girl (着物でオペラ in ロンドン)      London Opera-loving Kimono-girl (着物でオペラ in ロンドン)



------------------------------------------


ローモンド湖Loch Lomondは、船からでないと良さがわからないかもしれなくて、バーロッホという所で駐車しましたが、特に美しいとも思わなかったので、湖で泳ぐ若者グループの写真とか撮ってみよう。


London Opera-loving Kimono-girl (着物でオペラ in ロンドン)    London Opera-loving Kimono-girl (着物でオペラ in ロンドン)


London Opera-loving Kimono-girl (着物でオペラ in ロンドン)     London Opera-loving Kimono-girl (着物でオペラ in ロンドン)


London Opera-loving Kimono-girl (着物でオペラ in ロンドン)
水族館やショッピングセンターもあるのに、人がほとんどいなくてさびれた感じのローモンド湖畔でした。


ナイフとフォークビール

選択の余地もないし、シーンとしてて開店してるのかどうかわからないような暗いレストランに入って、どうせろくなものはないだろうと思ったところ、メニュ数も多く、意外にもちゃんとした食事ができました。


メインはパスタでしたが、写真は前菜のハギス2種。トーチャンのはよくある形ですが、私のはハギスのフリッターで、衣がさくっとして、旅行中たいしたものは食べてないですが、これが一番美味しかったかも。


おうし座ここで、やっと念願のハイランド牛を近くから見ることができたのも収穫。

London Opera-loving Kimono-girl (着物でオペラ in ロンドン)     London Opera-loving Kimono-girl (着物でオペラ in ロンドン)

今夜の宿はスターリングで、翌日ロンドンに帰るのですが、その前にスタイーリング城を見学。またお城か・・とあまり期待してなかったのですが、他とは違う意匠で楽しめました。それが延々と続いた6月のスコットランド旅行記の最終回で、すでに写真は選んであるので、できればこの週末に片付ける予定です。




人気ブログランキングへ
AD

<24th July Tue>

中耳炎らしいので、ジムには行ったけど泳がずに休養しながら、水蒸気を鼻から吸えと医者に言われたので、スチームバスで吸いまくりました。めまいもこれに関連してるような気がするんですが、今日も又ふらーっとしてちょっと寝込んじゃいました。日本に行けるのかしら・・

-------------------------------------------

London Opera-loving Kimono-girl (着物でオペラ in ロンドン)
一昨日生まれたプリンスの名前が、案外あっさりと発表になりました。今日、エリザベス女王様がケンジントンパレスを訪問したなさった際に、「バーチャン、この名前でいいかな?」って相談したんでしょう、きっと。


George Alexander Louis


3つだけとは短いし、3つとも下馬評に出てた名前ばかりで新鮮味ゼロだけど、女王様はきっとお喜びに違いないです。彼女の父君はジョージ6世だったから(もっとも、父君のファースト・ネームはアルバート)。


最近の国王の名前で一番一般的なのもジョージだし、イギリスらしい伝統的な名前ですから、賭けでもこれが一番人気だったので、私もそうなるんじゃないかと思ってたわ。


ジェームスという名前の方が好きだけど。


なんて言っちゃいけない理由が実は私にはあり、


ジーチャン(トーチャンのトーチャン)の名前がジョージだったし、それに因んでトーチャンのミドルネームもジョージ。


その上、初孫だったムスメはバーチャンと同じ名前にしたので、もしもう一人生まれたら、男の子だったらジョージ、女の子だったらジョージーナになることは決まってたんです。男の子だったらジョージを漢字にすればそのまま日本名になるしね。

それに、そうだわ、私の誕生日はイングランドの守護聖人である聖ジョージじゃないの。

等々、我が家にとっても縁のあるジョージが選ばれて喜ばなくちゃいけないですね。



さて、


話題を生後二日のプリンス・ジョージに戻すと、アレクサンダーというのはケイトが好きな名前だそうで、中世のスコットランドにそういう名前の王様が何人かいたらしいとは言ってもそれはこじつけで、ケイト妃に一つ選ばせてあげたってことでしょうか。


フランス名前のようなルイは明らかに1979年にIRAに暗殺されたマウントバッテン卿でしょう(私は暗殺時にイギリスにいましたが、実にショッキングな出来事でした)。親戚のマウントバッテン卿は、ロイヤルファミリーの黒幕的存在で、甥のフィリップをエリザベス女王にあてがったのも彼だし、相談役としてチャールズ皇太子も頼りにしてたそうなので、この選択はフィリップ殿下とチャールズ皇太子に対する心使い。


London Opera-loving Kimono-girl (着物でオペラ in ロンドン)
ところで、


親子3人が次にどこに滞在するのかあれこれ憶測されてましたが、改装までしたケンジントン宮殿には1泊しただけで、バークシャーのケイト妃の実家にさっさと行ってしまったようです。女王様に曾孫を見せたら義務は済んだと思ったんでしょうけど、いかがなものでしょうか? 


体調崩してノーフォークで静養してるフィリップ殿下にも見せてあげなきゃいけないでしょうし、そのためにも明後日から2ケ月スコットランドに滞在される女王ご夫妻の招きに応じて、バルモラル城に行くべきだと思うので、ウィリアム王子が2週間産休を取ってる間に是非行って下さいよね。


出産後にロイヤルファミリーを差し置いてまずケイトの両親が病院を訪れたし、出産ギリギリまで実家にいたりして、ケイトの実家べったりの態度は度が過ぎると思うのは私だけ? ウィリアム王子はその点ではケイトの言いなりになってるのか、それとも、自らも平民であるミドルトン家寄りになって庶民性を強調しようとしてるのか? しかし、ケイトの親も親だ、いくら娘が実家の方が気楽でいいわと言っても、嫁に出したんだから、けじめをつけなきゃ。骨休みはウィリアム王子の産休が終わってケイトだけになったからでもいいんじゃないの?



人気ブログランキングへ

AD

<23rd July Tue>

昨日は、ロイヤル・ベイビーを書けない言い訳として私の夏バテ(でしょう、きっと)について書いてしまい、ご心配を掛けましたが、昨夜たっぷり眠り、暑さもちょっと和いだ今日はすっかり元気になりました。我が家に1週間宿泊なさった大学生のお嬢さんを私の知り合いでもある次の滞在先にお送りしたついでに、そこでランチを頂いてから、近くのさくらんぼフルーツ狩りに連れて行って頂きましたが、広大な農園で果物と野菜を自分で収穫するのですが、自分ちの庭仕事すら一切しない私には新鮮な体験でした。たくさん種類がある中、今日はラズベリーとチェリーを家に持ち帰って美味しく頂きました。

-------------------------------------------


London Opera-loving Kimono-girl (着物でオペラ in ロンドン)
     London Opera-loving Kimono-girl (着物でオペラ in ロンドン)

王冠1昨日生まれたイギリスのプリンスについて、遠い日本でも大きな関心を持って頂き、ありがとうございます。


妊娠初期に重いつわりで苦しんだケイト妃、これで立派に義務を果たしたわけで、今回の出産をきっかけに王位継承権の順位が男女平等になったので男の子を生まねば、というプレッシャーがなかったとは言え、これだけ注目を集めるだけで気苦労だったでしょうから、本当にご苦労様でした。よかったね~。退院した時の嬉しそうな顔のきれいだったこと!

因みに、ケイト妃の着てた水玉ワンピースはJenny Packhamのデザインだそうで、カジュアルで夏らしくて素敵でしたね。ウィリアム王子も自ら運転したりして、庶民的な面を強調(病院からケンジントンパレスまでは車で僅か3分だけど)、イギリスのイメージのためにも若い二人に頑張って頂きたいものです。


London Opera-loving Kimono-girl (着物でオペラ in ロンドン)
さて、赤ちゃんは、7年ぶりの暑さの上にあちこちで激しい雷雨にみまわれたドラマチックな日に生まれたイギリスにとっては大事な大事なお世継ぎですが、特に優れた国王にはなれずとも、平穏無事な人生を歩めますようにと祈りたい気持ちです。

母親を事故で亡くしたウィリアム王子、離婚で苦しんだチャールズ皇太子、叔父の後始末で女王になってしまったエリザベス女王等々、結構色んなことが起こったわけですから。


昨日は午後ずっと誕生ニュースをテレビで待ってたのに肝心な時にめまいで不覚にも寝込んでしまった私ですが、今日は、夕方からずっと退院の瞬間を生中継で観ようとねばりましたよ。ケイト妃は赤ちゃんの顔がテレビではよく見えなかったので、近いうちにちゃんと見せて欲しいものです。ウィリアム王子の時は生後1ケ月も公式写真待ちましたが、今回はもっと早くお披露目してもらいたいものです。


さて、名前が決まるまではベイビー・ケンブリッジとか、プリンス・オブ・ケンブリッジと呼ぶようですが、ファースト・ネームが国王としての名前になるとは限らないし、エリザベス女王はウィリアムとケイトが好きなように決めてもいいと仰っているとのことなので、二人であれこれ楽しく迷っていることでしょう。


ウィリアム王子のフルネームはWilliam Arthur Philip Louis、チャールズ皇太子はCharles Philip Arthur Georgeという最近の例を踏まえて、おそらく親戚の名前を連ねて4つになるんでしょうが(アーサーって誰だろう?)、やっぱり普段呼ぶ名前になるであろうファースト・ネームは大事。好みも含めた私の下馬評は①ジェームス、②ジョージなんですが、あーだこーだ外野から口出すのも楽しいです。


チャールズ皇太子は一体誰と結婚するんだろう?という頃からウォッチしてる私には、ウィリアム王子が父親になったこと自体感慨深いわけですが、他人の赤ちゃん誕生のニュースを聞くと、どの親も自分の子供が生まれた時のことを思い出しますよね。26年近く前になりますが私もその時のことを思い出して、幸せな気分になりましたラブラブ 今度の週末、3週間ぶりに遊びに来てくれるので、親子3人で赤ちゃんの時のビデオでも観ようかしら。




人気ブログランキングへ

<22nd July Mon>


王冠1待ちに待ったロイヤル・ベビーがやっと誕生した歴史的な日だというのに、なんと珍しく体調不良の私。


自称王室ウォッチャー、書きたいことはたくさんあるのに、こんな日に寝込んでしまうなんて、情けないったらむっ  このブログにはWilliam & Kateというカテゴリーまであるのに。


ガーン実はこの1週間ほど、時折めまいがして、耳もふさがれたような感じがするので、今日医者に行ったところ、「めまいは暑さのせいだから、たくさんお水飲んでね。耳の中に液体が溜まってるからお薬あげる」、と言われました。まあ深刻な病気ではなさそうなのですが、今夜は今までで一番ひどいめまいに襲われ、しばらく起き上がれませんでした。


たしかに今日は34度にもなって、今年の最高気温だったけど、これくらいでバテてしまうなんて、2週間後に日本に行ったら、慣れない蒸し暑さの中で、果たして大丈夫なんだろうか? ぎっしり予定が詰まっているというのに・・。



人気ブログランキングへ