<29th Apr Mon>

カバン無事にハンブルグから帰りました。 短い旅でしたが、お天気にも恵まれ、オペラも面白くて、楽しく充実した時を過ごすことができました。旅行のことは追々書くとして、その前にフローレスのリサイタルを片付けてすっきりしましょう。

-------------------------------------------


London Opera-loving Kimono-girl (着物でオペラ in ロンドン)

4月24日、バービカンでのホァン・ディエゴ・フローレスのリサイタルに行きました。


なんとフローレス王子はマスタークラスも含め今月3度も出てくれるんですが、私が行けるのはこれ一回のみ。あとの2回は他のオトコに走った私が悪いのですが(21日はカウフマン、27日はハンブルグのクラウス君)、3つの中では一番行きたかったのがこのリサイタルだったので、これと重ならないだめでも救いと思わねば。もし、これがカウフマンと同じ日だったら、こちらを選んだ筈だけど。


Juan Diego Flórez tenor
Vincenzo Scalera piano


Donaudy O del mio amato ben
Donaudy Quand'il tuo diavolo nacque
Donaudy Vaghissima Sembianza
Handel 'Where'er you Walk' from
Semele
Handel 'I must with speed amuse her' from
Semele
Meyerbeer 'Plus blanche que la blanche hermine' from
Les Huguenots
Verdi 'Je Veux Encore Entendre Ta Voix' from Jérusalem
Tosti Ideale
Tosti Vorrei morire
Tosti
Parted
Tosti L'alba separa dalla luce l'ombra
Luna 'Pajarin tù que vuelas' from
La picara molinera
Guerrero 'Flor roja' from Los gavilanes
Simeón 'Jota' from El trust de los tenorios
Donizetti 'Come uno spirto angelico' from
Roberto Devereux
アンコール(4曲)

フロトーのオペラ「マルタ」Marthaより「愛のように」M'appari連帯の娘/セヴィリアの理髪師/グノーのロメジュリ


カメラ以下の写真はクリックで拡大します)

London Opera-loving Kimono-girl (着物でオペラ in ロンドン)   London Opera-loving Kimono-girl (着物でオペラ in ロンドン)


フローレスは、オペラ歌手のコンサートとしては誰よりも回数多く行ってて(約10回)、初回の2001年1月からロンドンでは皆勤賞と思うのですが、その中でもこの日はベストとも言えるくらい絶好調。 プログラムも、オペラの本格アリアからカンツォーネ風の軽いのまで、イタリア語、フランス語、英語、スペイン語でたくさん歌ってくれました。オケで水増しされないだけでも、私はピアノ伴奏だけの形式が好きです。


最前列ほぼ真正面という至近距離だったので、細くても芯のある声でフルボリュームでハイCされるとビンビン響いて凄い迫力爆弾。耳がおかしくなりそうだったけど、そういう華やかなアリアに一番惹かれました。ヘンデルのセメレとかは他にもと上手な人がいるでしょうけど。


ピアノ伴奏者がもうちょっと上手であればいいのに、と思ったりもしましたが、あまり上手いと「俺様にもソロで弾かせろ」とかしゃしゃり出るかもしれないし(そういうピアニストもいるんです)、あの場末のSt. John's Smith Squire以来、名声を得ても捨てないで同じ人と組んでるというのも美談かも。カウフマンよりもうんとたくさん歌ったのに一切音符を置かなかったフローレスに時折小声で出だしの歌詞を囁くタイミングも絶妙だったし、長年の信頼関係とあうんの呼吸はテクニックより大事なのでしょう。


London Opera-loving Kimono-girl (着物でオペラ in ロンドン)     London Opera-loving Kimono-girl (着物でオペラ in ロンドン)


カウフマンと違い、ずっと歌い続けて喉を酷使しただろうに、アンコールは4曲も歌ってくれました。それも、軽いのばかりでなく、連帯の娘のメザミとセヴィリアの理髪師の最後のコロコロ・アリアよ。


「2日前のカウフマンはたいそう盛り上がったそうじゃないか。それに奴はOpera Awardsでも賞を二つもかっさらいやがって。だけど、どうだ、こんなコロラチューラは逆立ちしたってできやしないだろうが!メラメラ」、とでも思って対抗意識燃やしたのか、大サービスしてくれて、当然ヤンヤの喝采、スタンディングオベーションでしたクラッカー


連帯の娘の次にアマポーラの前奏をしばらくやってから、フローレスが「いや、それじゃないよ」と言って止めた妙な場面もあり、代わりになにやるんだろと思ったら、それがなんとセヴィリアの理髪師だったわけで、全然ちがうやんビックリマーク、と不思議でしたが、そりゃエネルギーが残ってるんなら、貴方しかできない声転がしの曲芸をご披露して下さいませ。このアリアは何度聴いてもスリルがあって興奮するわ。


カウフマンとフローレス、共にテノールにしては珍しくルックスも良いですが(二人とも先回よりちょっと老けた感じはしたけど)、でも美貌はほんのおまけで、タイプは対照的なれど二人とも歌だけでも本当に今をときめくトップの実力。そんな二人を節目の誕生日の前後に聴けて恵まれてました。


誕生日と言えば、彼の奥様の誕生日は私と二日違いの4月25日。なぜ知ってるかと言うと、舞台で彼がそう言ったからですが、客席にいた彼女の捧げた最後のアンコールの甘く美しいグノーのロメジュリは私も大好き。


London Opera-loving Kimono-girl (着物でオペラ in ロンドン)

着物で行きました。











London Opera-loving Kimono-girl (着物でオペラ in ロンドン)      London Opera-loving Kimono-girl (着物でオペラ in ロンドン)



人気ブログランキングへ 将棋 留守中にクリックして頂いて、ありがとうございました。
AD

<26th Apr Fri>


明日から2泊でハンブルグに行ってきますカバン
London Opera-loving Kimono-girl (着物でオペラ in ロンドン)
先月のベルリンに続くクラウス君(クラウス・フロリアン・フォークト)の追っかけですが、カウフマンやフローレスと違って、このドイツ人テノールはロンドンには来てくれないので(日本には最近よく行くくせに・・むっ)、こちらからドイツまで出向かなきゃならんのよ。飛行機代、ホテル代、もろもろ掛かるけど、愛しい人のためなら財布の紐がついゆるんじゃいますしねがま口財布ラブラブ!


今回観るのは、ワーグナーのマイスタージンガーですが、これまたロンドンには来ないボー・スコウフスも出るので、それも楽しみ音譜


クラウス君と言えば、先週末にミュンヘンのさまよえるオランダ人の同時生中継をテレビで観たのですが、つまらないちょい役だと思ってたエリックも、クラウス君が歌うと立派に聴こえるから不思議。

そのオランダ人のセットはスポーツジム走る人で白いバスローブにスリッパといういでたちのクラウス君温泉、万が一はだけたら、下はもしかしたら裸?、とかつい想像してしちゃいましたがべーっだ!、この観に行くマイスタージンガーはどんな衣装なのかしら? プロダクションについてなんの予備知識もないですが、できればクラシックな騎士姿で見たいわと思っても、ドイツだし、きっとヘンテコな読み替えかな~?


まあ、衣装はなんでも我慢するけど、クラウス君にカツラだけは被せないでね。あの金髪がなびかなくっちゃ彼の魅力が半減しちゃうから。 


ホテル

で、今回はトーチャンとはなく、クラウス君ファン仲間の友人と一緒で、風情ある港町と聞くハンブルグの中心にあるちょっと贅沢な4ツ星のルネッサンス・ホテル(→こちら )に泊ってゆったり優雅な気分も味わえそうなのが楽しみ夜の街   レストランにも行けそうで~すカクテルグラス


結構寒そうだし(予報は、最高11度、最低3度とか)、荷物にもなるので、着物は着ませんが、お誕生日のお祝い気分のまま旅行するのもワクワクします。


一昨日のフローレスのリサイタル記事を片付けて、気持ちをフローレス王子からクラウス君にきっぱり切り替えてからハンブルグに旅立ちたかったのですが、昨夜はレストランに行ってたし、結局完成出来ずじまい。


それ以外にも、帰ったら色々あって忙しいわあ。すぐにカウフマンのドンカルロも始まるし、おっと、その前にポール・グラヴスのファウストの劫罰もあるし、魔笛Bチームにも行くんだわ。


旅行中はあまりネットにアクセスできないと思いますが、月曜の午後に戻ります。



人気ブログランキングへ   ← 留守中、私の代わりに、一日一回クリック運動お願いね。

AD

<25th Apr Thus>

私の誕生祝いに友人たちと4人でセレブ御用達レストランThe Ivyに行きました。早い時間だったせいか有名人は見掛けませんでしたが、意外に堅実なお料理で美味しかったです。


London Opera-loving Kimono-girl (着物でオペラ in ロンドン)    London Opera-loving Kimono-girl (着物でオペラ in ロンドン)

London Opera-loving Kimono-girl (着物でオペラ in ロンドン)
花束も頂きましたブーケ1


   London Opera-loving Kimono-girl (着物でオペラ in ロンドン)


← しつこく赤で迫りますが、レストランのトイレで撮った写真で失礼しますトイレ

----------------------------------------


一昨日の誕生日お出掛けの続きを写真中心に駆け足でアップします。(前半は→こちら

カメラ写真はクリックで拡大。


London Opera-loving Kimono-girl (着物でオペラ in ロンドン)      London Opera-loving Kimono-girl (着物でオペラ in ロンドン)


London Opera-loving Kimono-girl (着物でオペラ in ロンドン)
今年2月に展望台がオープンになったThe Shard(「破片」という意味)に5時でオンライン予約しておきました(24.95ポンド)。


高さ300メートルちょっとで、72階建て。東京のスカオツリーの半分以下ですが、西ヨーロッパでは一番高いそうです。


左の図でおわかりのように、展望台の下は超高級フラット、ホテル、レストラン、オフィスなのですが、まだ出来てないので、今はまだ展望台だけ。


展望台は69階と72階で、前者は屋内、後者は屋外。

屋外と言っても、直接外を見られるわけではなく、ガラス越しなんですが、こんなお天気の良い日は爽やかなそよ風を感じることができて、気分爽快。


入場料が高いせいか、平日であれば予約は簡単で、こんなお天気良くても、結構ガラーンとしてました。




London Opera-loving Kimono-girl (着物でオペラ in ロンドン)     London Opera-loving Kimono-girl (着物でオペラ in ロンドン)



London Opera-loving Kimono-girl (着物でオペラ in ロンドン)     London Opera-loving Kimono-girl (着物でオペラ in ロンドン)


London Opera-loving Kimono-girl (着物でオペラ in ロンドン)     London Opera-loving Kimono-girl (着物でオペラ in ロンドン)


London Opera-loving Kimono-girl (着物でオペラ in ロンドン)
てっぺんフロアーに小1時間はいたでしょうか、写真撮ったり、双眼鏡であちこち眺めたりしてると飽きません。


地上は結構暑かったですが、ここはコート着てても快適。


建物に統一感がないので、全体としてのロンドンの景観は決して美しくないのですが、人生の節目の特別な日に、しかもこんな青空の下で長年住んでて愛着のある街をこうして上から眺めることができたのは良い記念になりましたラブラブ



London Opera-loving Kimono-girl (着物でオペラ in ロンドン)      London Opera-loving Kimono-girl (着物でオペラ in ロンドン)


London Opera-loving Kimono-girl (着物でオペラ in ロンドン)      London Opera-loving Kimono-girl (着物でオペラ in ロンドン)


距離や日差しの関係で、一番よく見えたのはタワーブリッジ、ロンドン塔、市庁舎なので、その方面の写真が多いのですが、遠くにドックランドも見えるし、シャードが影を落としてるのがなんだか楽しいです。

London Opera-loving Kimono-girl (着物でオペラ in ロンドン)    London Opera-loving Kimono-girl (着物でオペラ in ロンドン)


London Opera-loving Kimono-girl (着物でオペラ in ロンドン)    London Opera-loving Kimono-girl (着物でオペラ in ロンドン)    

私が30年以上も働いてる金融街シティも、高層ビルが増えて様変わり。残念ながら私のオフィスは見えず。オフィスからシャードが見えないんだから、当たり前か・・。


London Opera-loving Kimono-girl (着物でオペラ in ロンドン)     London Opera-loving Kimono-girl (着物でオペラ in ロンドン)
ラッシュアワーのロンドンブリッジ

London Opera-loving Kimono-girl (着物でオペラ in ロンドン)     London Opera-loving Kimono-girl (着物でオペラ in ロンドン)
        ロンドン塔                    セント・ポール寺院


London Opera-loving Kimono-girl (着物でオペラ in ロンドン)  オリンピック・スタジアム  

London Opera-loving Kimono-girl (着物でオペラ in ロンドン)   London Opera-loving Kimono-girl (着物でオペラ in ロンドン)  


ナイフとフォークランチを遅めにしこたま食べたので全然お腹は空いてないけど、ムスメの住むイーリングで8時からディナー。


Coteというカジュアル・フレンチのチェーン店で、午後に行った有名店The Wolsleyと比べたら全ての面で劣りますが、その分お値段はリーズナブルだし、雰囲気はとても良かったです。


London Opera-loving Kimono-girl (着物でオペラ in ロンドン)    London Opera-loving Kimono-girl (着物でオペラ in ロンドン)

私はツナのカルパッチョとリゾット、アイスクリームを注文。リゾットがぐにょーんべちょーとして美味しくなかったので、お腹が空いてないこともあり、ほとんど食べなかったら、一応聞かれたから理由は言ったけど、こんな不味いものを出して申し訳ないと思ったか、無料にしてくれました。ラッキー!


London Opera-loving Kimono-girl (着物でオペラ in ロンドン)    London Opera-loving Kimono-girl (着物でオペラ in ロンドン)


London Opera-loving Kimono-girl (着物でオペラ in ロンドン)    London Opera-loving Kimono-girl (着物でオペラ in ロンドン)


うんと美味しいわけではなかったけど、そんなことはどうでもよくて、この大切な日に、私の人生で一番大切な我が子と一緒に過ごせるだけで幸せというものです。


ボーイフレンド君は仕事が忙しくて来られなかったので、親子3人水入らず、外がだんだん黄昏ていくのを眺めながら大好物のシャンペン頂きながらゆっくり食事できて、本当に嬉しい時間でした。


お天気にも恵まれた記念すべき60歳のバースデー日記をここでシェアして頂いて、ありがとうございます。


これからは体力も知力も衰える一方でしょうけど、今の幸せを当たり前とは思わず、感謝しながら毎日を精一杯楽しみながら、もうしばらく元気に過ごせれば、としみじみ思った60代最初の日でした。




人気ブログランキングへ
AD

<24th Apr Wed>


晴れ急に夏になったようなポカポカ陽気のロンドン。


昨日の60歳の誕生日は会社を休んであちこち行きましたが、特に高層ビルの展望台からたくさん写真を撮り、どれをアップするか選ぶのに時間が掛かりそうなので、今日はとりあえず前半として、その前までの行動を記録しておきましょう。


今日はこれから午後だけ仕事に行くのですが、続きを今夜更新できるかどうかは、バービカンで歌のリサイタルをしてくれるフローレス王子のアンコールの長さ次第かも。


London Opera-loving Kimono-girl (着物でオペラ in ロンドン)       London Opera-loving Kimono-girl (着物でオペラ in ロンドン)


London Opera-loving Kimono-girl (着物でオペラ in ロンドン)
ナイフとフォーク2時半スタートの遅めのランチは、リッツホテルから道を隔てたお隣にあるThe Wolseley(→こちら )で。


オンラインで予約を取るのが難しいお店のようで、3月初旬に予約しようとしたら、ランチは2時以降しか空いてませんでした。ディナーであれば、もっとうんと早くから予約しないと駄目みたいですよ。


有名人もよく来るお店のようで、ちょっと前に亡くなった画家のルシアン・フロイトは毎日来てたとたしかどこかで読んだ覚えもあります。


今日は、背広姿のテニスのティム・ヘンマン選手テニスを見掛けました。


昔はおそらく銀行だったんじゃないかしらと思われる造りの建物で、渋くて落ち着いてるけど明るくて、とても心地よい空間です。ウエイターさんたちもよく気がついてサービス満点。老舗らしい良さがあって、気に入りました。


London Opera-loving Kimono-girl (着物でオペラ in ロンドン)     London Opera-loving Kimono-girl (着物でオペラ in ロンドン)


雰囲気で選んだので食べ物はあまり期待してませんでしたが、チマチマ飾ったりせず、盛り付けも味も素朴で正攻法。8時にディナーなので軽く済ませようとしたのですが、全て量も結構あり、充分美味しかったので全部たいらけて、お腹が一杯になってしまいました。


選んだのは、私は、グリーンピースとレタスのスープ、lemon sole(カレイ)のフライ(パセリがどっさり付いてます)、マッシュルームのソテー、ヴァニラのミルフィーユ、

トーチャンは、フィッシュスープ、ウィーン風シュニッチェルとブロッコリー、コーヒーエクレア。


London Opera-loving Kimono-girl (着物でオペラ in ロンドン)      London Opera-loving Kimono-girl (着物でオペラ in ロンドン)


3時半とか過ぎてランチ客が去りはじめると結構空いてきましたから、このお店に行きたい方は3時からのアフタヌーンティーだとすんなり入れるかもしれません。でも、他のお客さんが食べてるのを見たのですが、他のホテルとかでよくある「きゃーっ、ちっちゃいケーキやサンドイッチ、スコーンがたくさんあって可愛い~っ」、という感じではなく、ダサい盛り付けで量たっぷりでした。

朝7時から朝食もやってるようなので、観光客の方はそちらの方がいいかも。


London Opera-loving Kimono-girl (着物でオペラ in ロンドン)     London Opera-loving Kimono-girl (着物でオペラ in ロンドン)


シャンペンは夜頂くことにして、お水だけにしておきましたが、最後にお誕生日おめでとうございます、ということでプレゼントを頂きました。予約する際に図々しく私がそう書いておいたからですが、箱の中はマカロンが3つ。ささやかでも嬉しいですニコニコ

London Opera-loving Kimono-girl (着物でオペラ in ロンドン)     London Opera-loving Kimono-girl (着物でオペラ in ロンドン)


4時近くにランチが終わり、高層ビルThe Shard展望台が予約してある5時まではまだ時間があるので、すぐ近くのグリーンパークへお散歩。


晴れ晴天で20度くらいはあったでしょうか、日向ぼっこしてる人がたくさんいて、ロンドンとしては夏の風情。


London Opera-loving Kimono-girl (着物でオペラ in ロンドン)     London Opera-loving Kimono-girl (着物でオペラ in ロンドン)


今年は例年より1ケ月は遅れてて水仙が盛りなので、実際には春がやっと来たということですがに拘って冬のコート姿の私の場違いなこと。でも、この時はちょっと暑かったけど、夜になったらきっと冷えるしね。

遠くに見える白い建物はバッキンガム宮殿。記念すべき日に計らずも来られて幸せ。

London Opera-loving Kimono-girl (着物でオペラ in ロンドン)      London Opera-loving Kimono-girl (着物でオペラ in ロンドン)


折角だから、宮殿近くまで行ってみましょう。今日の私たちはロンドンの観光客なんだから。


この後、The Shard、ムスメとのディナーと続きますが、私の大切な日がこんなピッカピカの快晴だななんで、気分最高。


人気ブログランキングへ

<23rd Apr Tue>


ベル今日は私の60歳の誕生日。


特に体力に衰えを感じるわけでもなく、皆さんは「そんな年には見えない」と仰って下さるので、60代になったという実感はないですが、この年まで大した病気や怪我をせずに無事に生きてこられたことをあらためて感謝する次第です。


London Opera-loving Kimono-girl (着物でオペラ in ロンドン)  

ブーケ1ムスメからのカードは→こちら にまとめてありますが、今回はお馴染みのカエル君が久し振りにぬいぐるみバージョンではなくフルに登場してくれて、赤いドレスとネックレスのカエル女性に花束捧げてます。


ワンピースあれ、どっかで見たドレスだわ!と気付いて下さる方もいらっしゃるでしょうが、はい、これは2月にバービカンでジョイス・ディドナートが着てたヴィヴィアン・ウエストウッドのバロック風ドレスにヒントを得てます(→こちら )。


タネを明かすと、還暦に因んで赤いドレスを描いてねと私がリクエストしたわけですが、赤いドレスですぐに思い浮かんだこのドレスの写真を見せて、これくらいゴージャスなのがいいわ、と伝えておいたのです。


London Opera-loving Kimono-girl (着物でオペラ in ロンドン)  

この日は舞台の彼女から大きな花束を頂いちゃったラッキーな私ですが、カエル君が抱えてるバラと百合の花束もそれとそっくり(→こちら )。


カードの中にもその時のバラと百合が描かれてます。


そして、ドレスの背景の赤い十字はイングランドの国旗でしょうね、きっと。今日はイングランドの守護神である聖ジョージの日でもあるので。 


祝日の少ないイギリスでは、もう少し増やそうという案が出る度にまず候補に上がるのが、シェークスピアの誕生日でもある4月23日なんですよ。いつかそうなってくれると嬉しいけど。



さて、節目の誕生日ですから、今日は会社を休んでお祝いしてもらいます。


例年の桜並木での記念撮影は桜の開花が遅れてるのでギブアップしてこうして家でのんびりしてますが、午後はまず、トーチャンとレストランで遅めのランチしてから、2月にオープンしたシャードという高層ビルの展望台へ上りますアップ


夜のムスメたちとのディナーは、仕事から帰るのが結構遅い彼女のためにフラットの近くのレストランへ。


カクテルグラスナイフとフォークレストランのはしごで今夜は酔っ払ってバタンキューかもしれませんが、明日は午前中会社を休むので、今日の様子を出社前にアップできるように頑張ります。


そして、誕生日イベントはこれで終わりではなく、5月になってからちょっとしたバースデー・ドリンクを計画してて、皆様がお祝いにいらして下さるのも嬉しいです。これも還暦に因んでをテーマにする予定。


London Opera-loving Kimono-girl (着物でオペラ in ロンドン)  


今日は着物を着ないのですが、代わりに、一昨日の日曜日にカードに渡しに来てくれたムスメとカウフマンのコンサートに行く前に撮った写真を載せておきましょう。

London Opera-loving Kimono-girl (着物でオペラ in ロンドン)     London Opera-loving Kimono-girl (着物でオペラ in ロンドン)

London Opera-loving Kimono-girl (着物でオペラ in ロンドン)

1週間前の乙女風ピンク着物(→こちら )よりも更に年齢無視でヒンシュク買いそうな派手な花柄ですが、こんな春らしい日にぴったりだし、さすがにこの着物はこれが最後かなということだけでなく、


この着物は、34年前に渡英する時に一枚だけ持参した着物で、一番長い間手元にあってなにかとお世話になったので、この記念すべき時にもう一度身に纏ってお別れと感謝を、というわけです。


せめて帯はもっと地味なのにすべきかしら、とも当然思ったのですが、ムスメに相談したら、このカラフルな組み合わせの方が良いと薦められました。


60歳になっても若い格好しててね、というメッセージというよりは日本の常識が理解できないムスメにとってはこれが当たり前ってことでしょうけど、すみません、日本の方にはお目汚しで。





人気ブログランキングへ