<26th Feb Tue>

アーニャ・ハルテロスは5月のROHのドンカルロにはどうせ出ないんだろうなあ、でも、そうなったら代役は当然マリーナ・ポプラフスカヤかしら・・ぞ~っ汗・・・と心配していたら、ああ良かった、代役は違う人ですって。なんだやっぱりキャンセルするわけ? はい、でも、全部降りるんじゃなくて最初3回は(今のところ)出てくれるとのことなので、今日の代役発表(→こちら )にはがっかりするどころか、一安心でした。「3月のラ・ボエームを降りたお詫びに私が歌うわ」とフリットリが名乗り出てくれる筈もないですしね。この難しい大役の代役はLianna Haroutounianという聞いたこともないソプラノですが、箱ふぐポポでなかっただけでもよかった、よかった。

というわけで、予想してたキャンセルが現実となりましたが、気を取り直して、溜まってる記事をどんどん片付けましょう。

------------------------------------------


2月20日、マキシム・ヴェンゲロフのリサイタルに行きました。


肩を痛めていた彼がかつてはよく出ていたバービカンでリサイタルを開くのは久し振りで、彼自身「またここで演奏できてとても嬉しい」と挨拶。


去年12月にここでエリザベス女王陛下ご臨席のコンサートがあった時にチャイコフスキーのヴァイオリン協奏曲を弾いてくれたのが私にとっては久し振りのヴェンゲロフだったのですが(→こちら )、もちろん相変わらず素晴らしいテクニックで世界のトップクラスには違いないのですが、「へ~え、超有名なチャイコのこの曲って、こんなに難しかったっけ?」と思ってしまうくらい苦労してる彼を見ながら複雑な気持ちでした。


私はかなり何度も生で聴いているのですが、私にとっては彼が他のヴァイオリニストを引き離して世界一だった理由である始終一環した音色の美しさが感じられなかったからです。


やっぱり、まだ本調子ではないのかもと心配しながら臨んだ今回のリサイタル、さてどうだったのでしょうか?


London Opera-loving Kimono-girl (着物でオペラ in ロンドン)

Beethoven Violin Sonata No 10
Schubert Grand Duo
Franck Violin Sonata
Saint-Saens Havanaise Op 83
Saint-Saens Introduction
Saint-Saens Rondo Capriccioso

アンコールはガブリエル・フォーレのしっとり曲

Maxim Vengerov
violin
Itamar Golan piano


まずは渋いベートーベンでしたが、なんと譜面を見ながら弾いたんです叫び


葉加瀬太郎じゃあるまいし、よほどの前衛的な新曲とか以外で譜面を見ながら弾く一流のヴァイオリニストなんてほとんどいないですよ。それなのに、まさか、あのヴェンゲロフが・・・


しかも、葉加瀬太郎さんもそうでしたが、精神安定剤として譜面は置いてあるだけで実際には見ないというのではなく、かなりしっかりフォローして・・・


音色もかなり失望。彼にしてはやけに渇いた音で時にはかすれたりもして・・。彼が誰だか知らないではじめて聴いたら、特に上手だと思わないでしょう。彼をはじめて聴くトーチャンは「nothing special」とバッサリ。世界一のヴァイオリン弾きだからと期待させて、高い切符を無理して2枚買ったのに(二人で100ポンド)・・。


私はベートーベンがなぜか好きではないこともあり、一曲目は全く楽しめませんでした。


2曲目のシューベルトはぐっと華やかで軽やかな曲だったのでちょっと幸せな気分になりましたが、でもまだ譜面を見たまましょぼん  最近、ロンドンでも音楽大学ロイヤル・アカデニー・オブ・ミュージックの教授になったりして忙しいのはわかりますが、本末転倒ではないですか、教授~っ?

  
London Opera-loving Kimono-girl (着物でオペラ in ロンドン)


幸い、後半は有名な曲ばかりだったせいもあり、全て暗譜で弾いてくれて、目を閉じておなじみの恍惚の表情を見せてくれて安心しました。


叙情的なフランクのソナタもメリハリつけて弾いてくれてなかなか良かったし、なんと言っても圧巻はサンサーンスで、これでもかと超技巧をご披露してくれて盛り上がり、トーチャンも「後半はずっと良くなったね」、と褒めてくれました。たしかに。

でも、私に言わせりゃ、「これだけ弾ければ勿論誰でも超一流と思うけど、でも違うのよ、彼は以前はもっと上手だったのよ、本当はもっと弾ける人なのよ~。いつも最初から最後までこよなく美しい音色でうっとりさせてくれたあのヴェンゲロフは一体どこに行ってしまったの?これくらい弾ける人は他にもいるでしょ?」、なんですけどねむっ


London Opera-loving Kimono-girl (着物でオペラ in ロンドン)

数年間淋しい思いで待ったのに、これでは不満の残るコンサートでしたが、観客は暖かく彼の復帰にヤンヤの拍手クラッカー


まあ、最前列かぶりつきでこれだけの演奏を聴けたことに感謝しつつ、まだ38歳の彼の完全な復調を気長に待ちましょう。来シーズンはバービカンに4回も出てくれるのですが、最近あそこは値段が高いので一枚だけ買ってあります。

人気ブログランキングへ

AD

<25th Feb Mon>

毎年、オスカー授賞式になると、イギリスでは真夜中から明け方になってしまうテレビ生中継を見られる身分に早くなりたいものだと思うのですが、今年もやっぱり駄目でした。でも、そろそろ、なんとかしたいものです。実は来年こそはと目論んでいますが、番組をより楽しむためにもまず候補作品を観に行く時間を作りないと・・・、と考えると焦ります汗

オペラやコンサート、ムスメの作品等、書きたいことが山ほど溜まっている中から、これだけは外せないオネーギンを週末に準備しときました。

-------------------------------------------

London Opera-loving Kimono-girl (着物でオペラ in ロンドン)


London Opera-loving Kimono-girl (着物でオペラ in ロンドン)

London Opera-loving Kimono-girl (着物でオペラ in ロンドン)


2月4日(初日)、14日、16日と3回、新プロダクションのオネーギンを観ました。


まず、オネーギンってどんな話なの?という方は、以前の記事でご覧下さいですが(→こちら )、要するに、


本本ばかり読んで恋に恋する田舎娘タチアナが、目の前に現れた伊達男オネーギンを「彼こそ私がずっと待ってた男性」と思い込んで熱烈なラブレターを送るがラブレター、ニヒルなオネーギンは「俺は結婚するタイプじゃないし、第一、そんなに素直に吐露するもんじゃないよ」、とお説教する始末。数年後、洗練された上流階級夫人となったタチアナに再会したオネーギンは、今度は彼がお熱になって言い寄るが、一時はぐらついたタチアナもは結局はオネーギンを退けるガックリ


という、タイミングが合わなくて一緒に幸せになれなかったすれ違いカップルのお話。



London Opera-loving Kimono-girl (着物でオペラ in ロンドン)     London Opera-loving Kimono-girl (着物でオペラ in ロンドン)


家プロダクションワンピース

ROHのオペラ監督カスパー・ホルテンが就任以来はじめて演出するオペラですが、前プロダクションもまだ充分新しいのに、この作品に大いに思い入れがあるらしいホルテンのごり押しで新プロダクションを作ったに違いないですね。彼のROHの地位を考えたら、失敗したら笑いものになって立場も悪くなるでしょうからプレッシャーだったと思いますが、結局、批評は散々しょぼん

でも、失敗を怖れずに新コンセプトを貫いたホルテンの勇気は褒めてあげたいし、私は3回観たのですが、その度に違う印象を持ったという珍しい体験もして、それなりに色々考えさせられて興味深いプロダクションです。


一番の特徴は、オネーギンとタチアナの二人には歌手とは別にそれぞれ若いバージョンの分身ダブルという設定の俳優が登場し、歌ってる自分たちは結末を知りつつ、「ああ、あの時にああすれば、結ばれたかもしれなかったのに・・・」という後悔と回想の形を取っていること。

London Opera-loving Kimono-girl (着物でオペラ in ロンドン)      London Opera-loving Kimono-girl (着物でオペラ in ロンドン)

まず、初日に観たときは白紙状態だったので、「なんなのよ、これ! 4人も出てきて混乱するじゃないの。懲り過ぎだわ。それに、若い二人が出てきたら、余計に中年主役歌手が老けてみえるわ」、と怒りすら感じましたむかっ


でも、批評とか読んでコンセプトを理解してから観た2度目は、「そうよね、すれ違ってしまったけど、二人が幸せになれたという仮定場面を実際に見せてもらえると、二人に対して共感感じるわ。これまでと違う見方をさせてもらって感謝かも」、と思いましたラブラブ


そして3回目は、「やっぱりこれはひねくれ過ぎで、チャイコの美しい音楽を堪能するには素直な演出がベストだし、理想的な舞台を想像するのはオペラの観客にとって楽しみでもあるわけだから(そうしないとわけのわからないヘンテコな演出が多いので)、その余地を与えないこの演出は観客の知性と想像力を侮辱してるのではないか」、と再び批判的になりましたむっ


そして、3回とも許せなかったのは、レンスキーの聴かせどころのアリア「クーダ、クーダ」で、これは決闘にオネーギンがなかなか来ないので待ってる場面なんですが、決闘の結果を知ってて後悔してる未来の中年オネーギンがうろうろしてたこと。レンスキーが主役なんだから素直に一人だけで思う存分注目浴びさせるべきなのに、憂い顔で後ろから「ごめんな」、と言わんばかりに抱きついたりして、邪魔くさいったらパンチ!  手紙を書くのはヤング版タチアナ、決闘するのもヤング版オネーギンというのはまだ我慢できるけど、この場面だけは嫌だ。
London Opera-loving Kimono-girl (着物でオペラ in ロンドン)
尚、ビジュアル面では、場面に相応しい映像がプロジェクトされたようですが、私の安い横の席からはアーチが邪魔になって後ろがほとんど見えなかったのでその点はコメントできません。農民の集まりや上流階級の舞踏会という場面はほとんど後ろばかりでやってたので、私には変化のないつまらない舞台にしか見えなかったけど、全体が見えればまた違う印象なんでしょう。


ちょっと前にENOでやったオネーギンは当たり前過ぎて面白みに欠けたけど美しい音楽を引き立てて気に入りましたが(→こちら )、これはやっぱりひねくり回し過ぎた失敗作でしょう。私の席からはそんなに聞えませんでしたが、プロダクションチームはカーテンコールで当然ブーイングようです。来月ベルリンに観るローエングリンもたしかホルテン演出なので、今から不安・・・ガーン
London Opera-loving Kimono-girl (着物でオペラ in ロンドン)
Director Kasper Holten

Composer Pyotr Il'yich Tchaikovsky
Set designs Mia Stensgaard
Costume designs Katrina Lindsay
Lighting design Wolfgang Göbbel
Video design Leo Warner
Animation Lawrence Watson

Conductor Robin Ticciati
Tatyana Krassimira Stoyanova
Eugene Onegin Simon Keenlyside
Olga Elena Maximova
Lensky Pavol Breslik
Prince Gremin Peter Rose
Madame Larina Diana Montague
Filipyevna Kathleen Wilkinson
Captain Michel de Souza
Monsieur Triquet Christophe Mortagne
Choreography Signe Fabricius

カラオケパフォーマンス音譜

ほとんどの批評で、プロダクションはペケ、パフォーマンスは二重丸と書かれたように、歌のレベルはとても高くて、特筆すべきは、主役準主役だけでなく脇役に至るまで皆さん上手で足を引っ張る人が一人もいなかったこと。滅多にないですよ、そんなことクラッカー

London Opera-loving Kimono-girl (着物でオペラ in ロンドン)    London Opera-loving Kimono-girl (着物でオペラ in ロンドン)

オネーギンのサイモン・キーンリーサイドは他の役で嫌と言うほど聴いてるので私にとっては新鮮味はないですが、そりゃ上手です。特に演技力は抜群で、いわゆる大袈裟なオペラ歌手風ではなく細やかで複雑で、演技だけでも食っていけます、彼なら。なので、彼の良さを理解するために、なるべく近くで見ましょうね。年齢的にはオネーギンはちょっと苦しいですが、若く見えるしギリギリOKでしょうか?

でも、のっけから登場して、しかもすでにその時から、レンスキーは決闘で殺してしまったしタチアナには振られるしという設定でずっと憂いばっかりだったのが(演出のせいですが)単調過ぎて残念。観客とタチアナが最初に出会うオネーギンは「お、また俺に惚れてる女が現れたぜ」、というモテ男の傲慢さを出してくれなければオネーギンとは言えないでしょ。

オネーギンが登場する筈ではない場面でも彼がうろうろしてたので、サイモンのファンは喜ぶでしょうが、やっぱり変です。

London Opera-loving Kimono-girl (着物でオペラ in ロンドン)
   London Opera-loving Kimono-girl (着物でオペラ in ロンドン)    

ビジュアル的に全くOKではないのがタチアナ役のクラシミラ・ストヤノーヴァで、どう見てもタチアナのお母さん役が相応しいルックスだけど、このプロダクションでは若くて美しいタチアナがもう一人いて補ってくれてるので、まあ良いことにしましょう。

俳優並みのサイモンと比べては可哀相なものの、演技面で一番メリハリがないのが彼女なんですが、肝心な歌唱面では深味のある美声が素晴らしく、私ははじめてだったので新鮮でずっと聴き惚れました。でも、タチアナが彼女の良さを最も出せる役とは思えないので、他のしっとりした大人の役で是非聴いてみたいです。
London Opera-loving Kimono-girl (着物でオペラ in ロンドン)

      London Opera-loving Kimono-girl (着物でオペラ in ロンドン)      
テノール好きの私にとってはレンスキーは大切ですが、今回のパヴォル・ブレスリクはビジュアル的にも申し分のない若いレンスキーで、特徴はないけれど素直な声質は大好きだし、圧倒的な声量の持ち主ではないけれど好感の持てるご贔屓のテノールの一人ですドキドキ  彼会いたさに出待ちもしたし(素顔のほうが素敵ですラブラブ!)。

London Opera-loving Kimono-girl (着物でオペラ in ロンドン)
1回目を右から、2回目は左から、そして切符を両側持ってた3回目をどちらから見るか迷った時(セットは左右対称で同じなので)、レンスキーがよく見える左側にしました。

しかし、レンスキーは歌う場面あまりにも少ないので、もっとちゃんとした主役でブレスリク君を堪能したいです。
生で聴いた中ではROHのコジ・ファン・トゥッテが素晴らしかったですが(ドン・ジョヴァンニは別キャストのポレンザーニに負けてたけど)、あまりにも衣装がひどいプロダクションなので、いつかハンサムな彼がさらに引き立つようなプロダクションで愛でたいものです。
     


  
  
London Opera-loving Kimono-girl (着物でオペラ in ロンドン)    London Opera-loving Kimono-girl (着物でオペラ in ロンドン)

London Opera-loving Kimono-girl (着物でオペラ in ロンドン)    London Opera-loving Kimono-girl (着物でオペラ in ロンドン)

妹オルガ役のエレーナ・マキシモヴァは初めて聴くメゾソプラノですが、愛らしい容貌に似つかわしくない深い立派な声が印象的なので、覚えにくい名前だけど必死で覚える価値あり。
お母さんのダイアナ・モンタギューが上手なのは充分承知ですが、乳母役のキャスリン・ウィルキンソンの凄い声量にはびっくり。
タチアナの亭主役のピーター・ローズ、ちょい役でも良いアリアのある得な役ですが、今まで脇役で巨漢でも目立たなかった彼がついに陽の目を見たわけで、これだけ歌えれば海坊主のような異様なルックスも生かして飛躍できるのでは? ロシア語のオペラの中で唯一フランス語で歌うムッシューも良かった。

指揮者のロビン・ティチアーチ君は、ROHで観るのははじめてだと思うのですが、グラインドボーンの次期音楽監督ですから、若くても実力はあるのでしょう、きっと(チリチリ頭で可愛い顔だし)。先日のバービカンでの女王様ご臨席のコンサートのエニグマ(エルガー)は上出来でしたが、今回のオネーギンの批評は様々。私は特に上手とも下手とも思いませんでしたが、楽しそうにロシア語で一緒に口ずさんでいる様子はよく見えました。

 London Opera-loving Kimono-girl (着物でオペラ in ロンドン)       London Opera-loving Kimono-girl (着物でオペラ in ロンドン)

というわけで、プロダクションは★、パフォーマンスは★★★★でしたが、歌重視の私としては充分楽しめて満足ニコニコ


音楽(クラシック) ブログランキングへ
AD

<24th Feb Sun>

先週5日間インターネットが使えなくてブログの更新ができなかったのですが、そういう時はアクセス数が当然うんと減るだろうと思うじゃないですか?でも、不思議なことになぜかすごく増えて、今までで最高の日までありましたよ叫び  私のことを心配して下さったばかりでなく、はたまた「よっしゃ、イギリスのサービスがどれほど悪いかウォッチしてやろうかないか」、という野次馬さんがたくさんいたってことでしょうか? それなら、私が病気になってブログ更新できなかったらアクセス数増えるかも? 「健康だけが取り柄の椿姫さんがどれくらい長くへこたれるんだろう」ってね。 仮病になるしかないですが、それは又のお楽しみにして頂いて、今は溜まっていることをどんどん片付けないと。

オペラやコンサートは省くことも多いですが、着物は自分の記録として残すためにパスせずに全て写真アップしてますので、今日は横着に3回分まとめて。

-------------------------------------------  


先日までの強行スケジュール中、頑張って3回着物を着ました。

全てロイヤルオペラハウスでしたが、まとめて写真をアップしておきます。クリックで拡大します。


1 2月14日 オペラのオネーギンへ。


日本からサイモン・キーンリーサイドを追っかけていらしたSardanapalusさん母娘さんも着物でいらっしゃるということで私も便乗。


同じくオペラ&ブログ仲間のStarboardさんから頂いたコーヒー染めの梅の帯が主役ですが、今回は着物と同系色にしてみました。それだけだとちょっと色目が少なくて淋しいかなと思い、帯締めはグリーンに。飛び絞りの帯揚げの柄が上手く出なかった上に、ちょっと赤い桜部分が出過ぎかな・・。


London Opera-loving Kimono-girl (着物でオペラ in ロンドン)    London Opera-loving Kimono-girl (着物でオペラ in ロンドン)
  
London Opera-loving Kimono-girl (着物でオペラ in ロンドン)      London Opera-loving Kimono-girl (着物でオペラ in ロンドン)

London Opera-loving Kimono-girl (着物でオペラ in ロンドン)      London Opera-loving Kimono-girl (着物でオペラ in ロンドン)


2 2月16日もオペラのオネーギン。


とても暖かくて春の気配を感じるこんな日は、お花がいっぱいのこの可愛い小紋が着たくなりますコスモス


週末でしたが早く到着したので、まだガラーンとした2階のロビーでも写真撮りましょう。


London Opera-loving Kimono-girl (着物でオペラ in ロンドン)
     London Opera-loving Kimono-girl (着物でオペラ in ロンドン)

London Opera-loving Kimono-girl (着物でオペラ in ロンドン)


着物に親しむきっかけを作って下さった着物師匠の春さんからお預りしているブルーグレーの着物を今日は白い帯ですっきりと。初登場の水色とピンクの帯締めも頂き物。日本からの訪問者のご厚意で成り立っている私のロンドン着物生活でございます。


仲間と一緒に皆でステージドアで出待ちしたのですが、暖かいので羽織ものなしでも平気。多過ぎず少な過ぎずちょうど良い人数で、楽しい出待ち風景になりました。
タイトルロールのバリトン、サイモン・キーンリーサイドがお目当ての人が多かったのですが、テノール好きの私はなんといってもレンスキー役のブレスリク君ラブラブ 


誰にでも極上の笑顔のサービス満点のブレスリク君、上機嫌で抱き寄せてくれましたラブラブ! 
London Opera-loving Kimono-girl (着物でオペラ in ロンドン)

    London Opera-loving Kimono-girl (着物でオペラ in ロンドン)

コーヒーこの後、仲間たちと6人で近くのカフェでオネーギン談義しながらお茶して帰宅したら午前1時過ぎ。着物だと駅まで迎えに来てくれるトーチャンはもう寝てるので、興奮しながら歩いて帰りましたとさ。



London Opera-loving Kimono-girl (着物でオペラ in ロンドン)
3 2月21日のバレエは、トーチャンも一緒だったし、厳しい寒さがぶり返したので、着物で行くのはよそうとも思ったのですが、この日は退団した花形バレリーナのお別れ公演という特別イベントだし、頑張ってお目出度い色目のコーディネートにしたら、いつもより褒めて下さる方が多かったです。


総絞りの羽織は母親のうんと昔のお古で、日本では流行遅れで着られないほど丈が短いですが、折角実家から遠くまで運んできたわけですか、お許し下さい。


    London Opera-loving Kimono-girl (着物でオペラ in ロンドン)


あ、着物も草履も頂き物です。サイズがおおらかだからこそ譲り合いができる着物の利点の一つです。


London Opera-loving Kimono-girl (着物でオペラ in ロンドン)     London Opera-loving Kimono-girl (着物でオペラ in ロンドン)

寒いけど、たまにはバルコニーに出て写真撮ってみましょう。折角上からコベントガーデンのマーケットを見下ろす角度で撮れる背丈のトーチャンと一緒ですからこき使う活用しましょう。遠くにロンドンアイも。


London Opera-loving Kimono-girl (着物でオペラ in ロンドン)      London Opera-loving Kimono-girl (着物でオペラ in ロンドン)

今月はこれですでに5回。来週のイエスティン君のリサイタル(ウィグモアホール)にも着物で行けるかもしれません。



人気ブログランキングへ
AD

<23rd February Sat>

昨日の金曜日はムスメが遊びに来てくれたので、カーチャンは午後会社を休み、3人でのんびりDVD観たりしてました。自宅で3D映画まで観られるなんて良い時代になりましたよね。観たのはマダガスカル3でしたが、カラフルで楽しめました。

これから手短にどんどん書いていこうとは思うものの、一体何から手を付ければいいのか迷いますが、まずはまだホットな話題からはじめましょうかね。

------------------------------------------

2月21日のタマラ・ロッホの退団公演の写真はその日のうちにちょっと載せましたが(→こちら )、たくさん撮った中から追加でご披露しますので、クリックで拡大してご覧下さい。


アリーナ・コジョカルと並ぶロイヤルバレエの花形バレリーナだったロッホの記念すべきさよならパフォーマンスが、白鳥の湖とかぱーっと派手なフルバレエではなく、こんなミックスビルの一部でしかも彼女のテクニックを堪能できるものではなかったのは残念ですが、時間を掛けて準備できる引退公演ではなく先シーズン終わりに彼女が急に退団表明した経緯を考えれば仕方ないですね。


でも、今回は違う理由でこのバレエ団を飛び出した問題児セルゲイ・ポルーニンが出たことも話題になり、最後は予想通り大いに盛り上がりましたクラッカー

バレエに詳しい友人によると、客席に過去のダンサーがたくさんお祝いに駆けつけてたようです。


London Opera-loving Kimono-girl (着物でオペラ in ロンドン)     London Opera-loving Kimono-girl (着物でオペラ in ロンドン)


Marguerite and Armandのパフォーマンスは、私は16日にもほぼ同じ角度から観ているので新鮮味が薄れてさほど感動はしませんでしたが、演技力抜群のタマラの役になりきった熱演は文句なく素晴らしかったですキラキラ 


London Opera-loving Kimono-girl (着物でオペラ in ロンドン)    London Opera-loving Kimono-girl (着物でオペラ in ロンドン)

総立ちの客席の写真を撮ってて舞台から数秒間目を離した隙に、


London Opera-loving Kimono-girl (着物でオペラ in ロンドン)     London Opera-loving Kimono-girl (着物でオペラ in ロンドン)


一緒によく踊ったカルロス・アコスタが大きな白い花束を持って登場したのを見逃してしまい、あとで写真を見てはじめて彼だと気付きました目

でも、私はなぜかカルロスには惹かれなくて、そのせいで実はタマラの踊りもそんなに多くは観ていないのが今になって悔やまれますむっ


移籍したイングリッシュ・ナショナル・バレエで踊ってくれるので、機会があればそちらにも行ってみましょう。
London Opera-loving Kimono-girl (着物でオペラ in ロンドン)       London Opera-loving Kimono-girl (着物でオペラ in ロンドン)



London Opera-loving Kimono-girl (着物でオペラ in ロンドン) London Opera-loving Kimono-girl (着物でオペラ in ロンドン)

London Opera-loving Kimono-girl (着物でオペラ in ロンドン) London Opera-loving Kimono-girl (着物でオペラ in ロンドン)


London Opera-loving Kimono-girl (着物でオペラ in ロンドン)
ブーケ2バルコニーから投げられたお花の量は驚くほと多くて、長い間、これでもかこれでもか、とドサッドサッ流れ星と音を立てて降り続いたのでした。


長いカーテンコールが終わった後、着物姿の写真撮ったり帰り支度に手間取っているうちにほとんど誰も残ってな状態になったら、カーテンの向こうから拍手が聞えてきて、仲間うちでさらに盛り上がっている様子が想像できて、余韻に浸るこちらもなんだかさらに感動ドキドキ


滅多にない感動シーンにまじかに接することができのはラッキーで、幸いトーチャンも初体験できて喜んでましたニコニコ


London Opera-loving Kimono-girl (着物でオペラ in ロンドン)
London Opera-loving Kimono-girl (着物でオペラ in ロンドン)    


ミックスビルだと色んなダンサーが観られてお得感あるのですが、この特別な夜に他の演目で活躍した日本人ダンサーの写真を貼っておきますね。


La Valseの小林ひかるさんと平野亮一さん、Voices of Springの崔由姫さん、Monotonesの高田茜さん(茜ちゃんはこの日も出てましたが、写真は16日のものです)

London Opera-loving Kimono-girl (着物でオペラ in ロンドン)     London Opera-loving Kimono-girl (着物でオペラ in ロンドン)



人気ブログランキングへ

一段落しました 

テーマ:

<21st Feb Thus>

この2週間近く、ほぼ毎晩出掛けていたのですが、今日のバレエで殺人的スケジュールは無事終了


明日の金曜日はムスメが遊びに来るので、カーチャンは午後休暇を取って久し振りに家でのんびりする予定。


5日間使えなかったインターネットも復旧したので、これから、あれこれ、ぼちぼち、今度はパソコンにかじりついて頑張ります。


フラワーシャワーで盛り上がった今夜のさようなら、タマラ・ロッホの写真を少しだけアップしますが、すっごくたくさん撮ったので、続きはまた明日にでも。



London Opera-loving Kimono-girl (着物でオペラ in ロンドン)


London Opera-loving Kimono-girl (着物でオペラ in ロンドン)

London Opera-loving Kimono-girl (着物でオペラ in ロンドン)


London Opera-loving Kimono-girl (着物でオペラ in ロンドン)

特別な日ですから、敬意を表するために着物で行きましたよ。





人気ブログランキングへ