London Opera-loving Kimono-girl (着物でオペラ in ロンドン)


<30th October Tue>


さっき、ROHのガラ公演から帰ってきました。


詳しくはあらためて書きますが(そのために、珍しくプログラムも買ったんです。10ポンドもしたのに)、今日はアラーニャについてだけ速報。


マスネのLe Cidからアリアを2曲歌ったロベルト・アラーニャは、声がやけに硬くて乾いてて、歌うというより叫んだ高音はとても苦しそうで、無残な出来でしたガーン

目も当てられないくらいひどい前半に比べたら、後半の有名な私の大好きなアリアはかなりましで、少し嬉しそうな表情も見せてくれたけど、いつものサービス笑顔はなし。


そして、あろうことか、カーテンコールに彼だけ現れなかったんです叫び


普通のカーテンコールじゃないですよ、今日は。舞台まで下りて来て下さったエリザベス女王陛下ご夫妻に握手して頂ける王冠1というありがたくも特別なカーテンコールなんですよ!


!?それほど体調が悪かったんでしょうか? それとも、あまりに下手だったんで恥ずかしくてとんずらしてしまったのでしょうか? はたまた、アンジェラと喧嘩でも?


真相は明日になれば判明するかもしれませんが、青と黒の不規則な縞柄のジャケット着てたアラーニャの写真がないのはとても残念しょぼん

それどころか、あと2週間ではじまる「愛の妙薬」は果たして大丈夫なんでしょうか?ショック! すっごく心配汗



London Opera-loving Kimono-girl (着物でオペラ in ロンドン)

嬉しそうなアンジェラの写真を貼っておきまあしょう。



2曲歌った時にはそれぞれ違うドレスだったんですが、カーテンコールはまた着替えて膝丈ドレス姿になりました。でも、こんな時くらい、いつもの胸のあいたんじゃなくて、もうちょっと上品なドレスにすべきではなかったでしょうかね? 


        London Opera-loving Kimono-girl (着物でオペラ in ロンドン)



London Opera-loving Kimono-girl (着物でオペラ in ロンドン)
因みに、女王様がお座りになったのはこの正面席で、私のupperslip席からはうんと乗り出してちょっとだけ見えたという微妙な位置だったので、最後にご夫婦揃って舞台に下りて来てらして嬉しかったです。


そして、舞台にはバレーダンサーとか美しい人たちがたくさんいたのに、一番輝いていたのは女王様でした。さすがクラッカー



音楽(クラシック) ブログランキングへ
AD

アンジェラ・ゲオルギューの来年5月のコンサートの切符が今日、サウスバンクの会員向けに発売開始になりました。


詳細はサウスバンクのサイト(→こちら )でご覧下さいですが、情報はやけに少なくて、2013年5月10日ロイヤル・フェスティバル・ホールで伴奏はロイヤル・フィルハーモニック・オーケストラ、という以外は何も決まってないようで、指揮者もわからず、共演のテノールも誰なんだよ~?という有様(私にはこれが重要)。もちろん曲目など一切発表無し。


がま口財布切符代はというと、これが、オケ演奏でうんと水増しするに決まってるのに、なんと一番高い席が90ポンドというぼったくり!叫び


最近、かのチェチリア・バルトリでもバービカンで高額なために切符が余っているという事実を知らないのでしょうか? それとも、「私はロンドンでしょっちゅう歌ってるから、チェチリアより人気があるのよ。だから私の方が切符が高くても当たり前でしょDASH!」、という自信があるのでしょうか?


あまり出過ぎると、「もう、歌う前からどういうことになるかわかってるから面白くないよね~シラー」、ということになってしまうんじゃないですかね~?、アンジェラさん。実際、私は主にその理由で今回はパスすることにしました。開始時間ぴったりに覗きに行ったのに、すでに最前列の良い席(60ポンド)は売れてしまってたってこともありますが。


London Opera-loving Kimono-girl (着物でオペラ in ロンドン)


「あら、椿姫さん、今度は来てくれないの? 前回よりもっとあっと驚くドレスを着るかもしれないのに」


「そうそう、2年前(→こちら )のあのうお座マーメイド・ドレスはピカピカゴテゴテで凄かったですね。忘れられませんガーンゲロゲロ」


London Opera-loving Kimono-girl (着物でオペラ in ロンドン)
さて、


王冠1そのアンジェラ嬢は、女王陛下ご夫妻ご臨席の明晩のROHのガラ公演に出てくれる予定ですが(ドレスが楽しみ~ワンピース)、すでに一人脱落した歌手がいますうんち


エヴァ・マリア・ウエストブルックは、ワルキューレ最終回が終わったらさっさと家に帰りたくなったんでしょうかね? それとも、アンジェラが「ディヴァは私一人で充分よ!」、と言っていじめた?

いずれにしても、華やかなウエストブルック譲が出なくてがっかりですむっ



などと、


歌手にがっかりさせらことはよくあるんですが、今日、ウィグモア・ホールから悲しいお知らせが届いたんです。しくしくしょぼん


London Opera-loving Kimono-girl (着物でオペラ in ロンドン)
来年3月のマシュー・ポレンザーニのリサイタルで前から2列目の真ん中という抜群の切符をゲットできて凄く嬉しかったのに早々にキャンセルになってしまったんですダウン


アメリカ人なのでNYメトにはしょっちゅう出てるけどロンドンには滅多に来てくれないけどテノールのポレンザーニ、ルックスはぱっとしないけど大好きなのにラブラブ・・・(今年春のROHドン・ジョバンニのドン・オッタヴィオは凄く良かった(→こちら )。


第一ね、100ポンドもするウィグモア・ホールのサポート・フレンズになった大きな理由の一つがポレンザーニだったのに、ひどいじゃないのプンプン、プンプン



王冠2連日の悲報には耐えられないから、アラーニャは明日ちゃんと出てよね。オペラもバレエもお好きではなさそうな女王陛下が我慢していらして下さるんだから、ベストを尽くして頑張るように。これ以上一流歌手が抜けたら失礼だしね。

 


人気ブログランキングへ
AD

<28th Oct Sun>

急に冷え込んだ週末、夏時間も終わって日も一気に短くなり、早くも冬到来という気分ですが、今日は久し振りに着物でコンサートに行きました。ドニゼッティの珍しいオペラ「ベリサリオ」ですが、これもワーグナーとは対照的なベルカントもので、美しいメロディにうっとり。

でも、まだ頭の中はワーグナー漬けで、ブログを書き終えるまでは脱することはできないかもしれないので、こないだ既にちょっと書いたジークフリートについて補足します。これで、残すは一つだけ。今、最後の4サイクル目がはじまり、それが終わるまでにはなんとか終えたいところですが、来週は忙しいしなぁ・・

-------------------------------------------

London Opera-loving Kimono-girl (着物でオペラ in ロンドン)


10月21日の日曜日、ROHのリングサイクル3つ目のジークフリートにトーチャンと行きました。


指輪どんなお話かは、以前の記事(→こちら )をご覧下さいですが、要するに、指輪奪回のために神様ヴォータンが孫として産み出したヒーローがいよいよ登場男の子クラッカー。怪物から指輪を横取りするためには「恐れを知らぬ純粋な若者」が必要ということで、腕力はあるけれど難しいことは何も考えないアンポンタンな単純男ジークフリートがオーダーメイドされたわけです。


なので、タイトルロールは、あっけらかんと力強く明るく高らかに歌い上げて欲しい役なんですが、それを見事に表現してくれたドイツ人テノール君(ステファン・ヴィンク)のことはオペラを観たその日のうちに速報しましたよね(→こちら )。


London Opera-loving Kimono-girl (着物でオペラ in ロンドン)


London Opera-loving Kimono-girl (着物でオペラ in ロンドン)
Siegfried

Director Keith Warner
Set designs Stefanos Lazaridis
Costume designs Marie-Jeanne Lecca
Lighting design Wolfgang Göbbel
Original Movement Director Claire Glaskin

Conductor Antonio Pappano
Siegfried Stefan Vinke
Brünnhilde Susan Bullock
Wanderer (Wotan) Bryn Terfel
Mime Gerhard Siegel
Alberich Wolfgang Koch
Fafner Eric Halfvarson
Woodbird Sophie Bevan
Erda Maria Radner


London Opera-loving Kimono-girl (着物でオペラ in ロンドン)     London Opera-loving Kimono-girl (着物でオペラ in ロンドン)


飛行機や大蛇が出てきたりして、4つの中でこのセットが一番大掛かりになのではないかしら? うねるように動く大きな板の上でヴォータンが歌う場面は特に迫力あります(近くで見るとちょっと車酔いみたいに感じになりそうだけどショック!)。 


London Opera-loving Kimono-girl (着物でオペラ in ロンドン)


今回サイクルを見終わって、結局一番良かったと思ったのがサイクル3つ目のジークフリートだったのはジークフリート役によるところが大きいのですが、テノール好きの私はもう一人のミーメとのテノール二人のやりとり場面に一番ワクワクしました。

ジークフリートを赤ん坊の時から育てた(目的は金欲お金)ミーメ役はこれまでと同じゲルハルト・シーゲルなので聴くのは3回目なんですが、何度聴いてもよく通る声と達者な演技が素晴らしいです。と言いながら、次は他の人で聴いてみたいですけどね、実は。


London Opera-loving Kimono-girl (着物でオペラ in ロンドン)

  London Opera-loving Kimono-girl (着物でオペラ in ロンドン)


London Opera-loving Kimono-girl (着物でオペラ in ロンドン)
ブリン・ターフェルは、今回はさすらい人役(実はヴォータン)なので、神々のボスの威厳は必要ではなく、ボロ着でそこはかとないペーソスを醸し出して、なかなか良かったです。

これで、ラインの黄金、ワルキューレ、ジークフリートと今回はちゃんと無事に3つとも出演して(先回は怖気ついてキャンセル)、声量は相変わらず物足りなかったけど、ブリンらしい余裕というかふてぶてしさも出て、彼としては上出来。お疲れ様でした。


でも、最近痩せたという評判だったけど、あまり変わってなかったね。頭のてっぺんが薄くなってたけど。


それに、カーテンコールでは顔に貼った絆創膏が、ほれ、剥がれかけてるよ。出番が終わったら不快だから剥がしておいて、カーテンコールの前に慌てて付け直したのかな?にひひ


London Opera-loving Kimono-girl (着物でオペラ in ロンドン)

まるで美女と野獣の二人おとめ座クマ


London Opera-loving Kimono-girl (着物でオペラ in ロンドン)
ブリュンヒルデの出番が少ないのも、このジークフリートを楽しめた大きな理由のひとつだったに違いない、とこの後の神々の黄昏を観ながらしみじみ思ったことでした。


イギリス人がこの大役であちこちで活躍してるのは喜ばしいし、一生懸命なのはよくわかるので努力賞は差し上げますが、すみません、スーザン・ブロックに全く魅力は感じられません・・しょぼん


パッパーノ大将率いるオケも健闘ですが、かなり慣れたとは云え、やっぱりホルンとチューバがうるさくてたまりませんむっ。上手ならまだいいけど、プゥゥーッという小さいスカ音も全て聞えてしまうのは辛いものがあります。



人気ブログランキングへ
AD

<26th Oct Fri>

来週火曜日はROHでfund raisingのガラ公演があり、オペラ部門ではアラーニャ&ゲオルギュー夫妻、ブリン・ターフェル、エヴァ・マリア・ウエストブルックが出演するのですが、今日ROHからメールが来て、なんと女王陛下ご夫妻がいらっしゃるとのこと王冠1  私の席から見える席に座って下さると嬉しいけど、そうじゃない可能性が高い気がするガーン

重いワーグナーばかり続いてはしんどいですから、リングの2つ目と3つ目に行った軽くて明るいオペラのことでも書いて、楽しい気分で週末を迎えましょう。なんだか色々あって気苦労が多かった週だったので、すごく寒くなる予報でもゆったりしたいです。

-------------------------------------------


London Opera-loving Kimono-girl (着物でオペラ in ロンドン)


London Opera-loving Kimono-girl (着物でオペラ in ロンドン)
1週間前のことになりますが、ROHのワーグナーの真っ最中の10月19日にEnglish National Operaに行きました。


コロシアム劇場のロケーションは抜群で、左の写真のナショナル・ギャラリーと教会の間をほんのちょっと行ったところにあります。

この日はトーチャンとこの教会St Martin-in-the-Fieldsの地下に納骨堂を改装したセルフサービスのカフェで夕食した後少し時間があったので、金曜日は遅くまで開いてるナショナルギャラリーでちょっと絵画鑑賞という贅沢もできました。


ENOの切符は当日にレスター・スクエアのtksで購入することにしてて、いつもは昼休みにひとっ走り買いに行くのですが、今回はご一緒して下さる友人が行って下さり、99ポンドの最高値の切符を25ポンドでお利口さんにゲット。トーチャンと3人でうんと舞台に近い席で楽しみました。

London Opera-loving Kimono-girl (着物でオペラ in ロンドン)    London Opera-loving Kimono-girl (着物でオペラ in ロンドン)


London Opera-loving Kimono-girl (着物でオペラ in ロンドン)
ENOなのでもちろん英語翻訳のジュリアス・シーザーですが(本来はイタリア語で、シーザーではなくチェーザレ)、1724年ロンドン初演のバロックオペラです。


私にとっては目的は歌手であり、セットや衣装はどうでもいいのですが、なにやらモダンで支離滅裂なプロダクションだということは聞こえてきて、最近のENOの新プロダクションは変なのばかりだけど、まあそれも面白いだろうと。


客席に着いたら、ぶらさがるワニと、ぶっ倒れてるキリンが舞台の上に置いてあり、どう使われるんだろうと幕が開く前からワクワクラブラブ



London Opera-loving Kimono-girl (着物でオペラ in ロンドン)
Julius Caesar

Michael Keegan-Dolan (director, choreography)
Andrew Lieberman (set designs)
Doey Luthi (costumes)
Adam Silverman (lighting)


Christian Curnyn (conductor).
Giulio Cesare: Lawrence Zazzo
Curio: George Humphreys
Cornelia: Patricia Bardon
Sesto: Daniela Mack
Cleopatra: Anna Christy
Tolomeo: Tim Mead
Achilla: Andrew Craig Brown
Nireno: James Laing

Fabulous Dance Theatre: Saju Hari, Karolina Kraczkowska, Johannes Langholf, Louise Mochia, Erik Nevin, Emmanuel Obeya, Keir Patrick, Rachel Poirier, Raquel Gulatero Soriano, Louise Tanoto




London Opera-loving Kimono-girl (着物でオペラ in ロンドン)     London Opera-loving Kimono-girl (着物でオペラ in ロンドン)


London Opera-loving Kimono-girl (着物でオペラ in ロンドン)    London Opera-loving Kimono-girl (着物でオペラ in ロンドン)


カメラ写真はクリックで拡大しますので、「な、なんなのこれ・・・、何が言いたいの? 古代エジプトが舞台の筈よね?」、と不思議に思われる方は、しっかり見て下さいね目  

London Opera-loving Kimono-girl (着物でオペラ in ロンドン)     London Opera-loving Kimono-girl (着物でオペラ in ロンドン)


London Opera-loving Kimono-girl (着物でオペラ in ロンドン)
古代ローマ史を彩るシーザーとクレオパトラのラブストーリーラブラブが題材で、最初の出会いからとクレオパトラが弟との権力抗争に勝つまでのストーリーですが、エプジト要素はほとんど出てこず(大きなワニはナイル河を象徴してるんだろうけど、じゃあキリンは?)、衣装は現代もの。

殺されるキャラの衣装についた真っ赤な血のりが鮮やかな色ポイントなんですが、これは実は他の人がバケツから赤インクをたらしたもので、「ひらめき電球あ、面白いアイデアだわ。こういうの好き。設定とちぐはぐなところがオペラらしいくてグー」、と感心したのですが、客席から楽しい笑いももれたユーモアのある場面でしたにひひ


写真から雰囲気はわかって頂けると思いますが、実はこのプロダクションの一番の特徴は写真では表せないことで、ずっと数名のダンサーが踊り続けてたんです。内容に関係ない振り付けのモダンダンスで、「気が散るから嫌だ」という批評も当然あったのですが、ひょうきんな動きも多くて面白かったです。トーチャンは「歌が繰り返しが多くて退屈なのをダンスが救ってくれたね」と言ってました。


前夜ワルキューレを観たばかりでワーグナーに浸ってたトーチャンはどうもこれで気がそがれてちょっと不満だったふしがあるのですが、私はヘンデルが大好きだし、ワーグナーとは対極的だからこそ更に楽しめました。明るくて軽やかで美しいメロディ満載、というワーグナーには丸っきり欠けてる要素たっぷりで、内容の浅い歌合戦ですが、それはそれで素晴らしいでしょ。「椿姫さんって、のべつ幕なしになんでも観て、節操ないね」と思われそうですが、色々楽しめるのが長い間に培われたオペラの良さの一つですよね。

London Opera-loving Kimono-girl (着物でオペラ in ロンドン)

カラオケ肝心のパフォーマンスですが、皆さん文句なしに素晴らしかったです。私にとっては日米ハーフでENOではお馴染みのコロラチューラ・ソプラノのアナ・クリスティが一番の目玉でしたが、大好きな優しい鈴のような軽やかな声がたっぷり聴けてとても幸せ。バーンスタインのキャンディード(→こちら )も上手で可愛くて最高だったけど、クレオパトラも可憐でチャーミングでした。ルチアやジルダでも聴いてみたい!


タイトルロールは、米カウンターテナーのローレンス・ザッゾ。最初声量が乏しくて、もう一人のCTに負けてましたが、段々声が出て、さすがの手堅いテクニックをご披露。


London Opera-loving Kimono-girl (着物でオペラ in ロンドン)     London Opera-loving Kimono-girl (着物でオペラ in ロンドン)


もう一人というのは、売り出し中のイギリス人CTのティム・ミード。何度かちょい役で聴いてますが、その度に大きな役になり、今回はクレオパトラの弟役に抜擢されて着実に躍進中。イエスティン君と似たタイプのCTにしてはふくよかな声質で、声量も充分なティムは長身でルックスも悪くないし(今回はおそ松君に出てくるイヤミ氏みたいな髪型で男前下がりましたが)、今まで以上にウォッチしなくては。若くて上手なCTがたくさん出現してる中でも注目に値する31歳のティム君はイギリスではナンバーワンCTのイエスティン君のライバルになれるくらい伸びて欲しいです。


アルトのパトリシア・バードンはハスキーな低音で怖そうなイメージでしたが、こんなに可愛いとは知らなかった素敵な金髪美人。オペラでは珍しいことですが、他の歌手も皆さん美しかったです。

トーチャンに「今日のベストシンガーは誰?」と聞いたら、セスト役(息子ではなく娘という想定)のDaniela Mackだそうです。ふーん、そうかな~? たしかに上手だけど、華がなくて。私はアナ・クリスティに聞きほれましたけど。


若い指揮者のChristian Curnynはバロック専門なのかしら、去年のENOのカストールとポニュックス(パンツ脱ぎまくりオペラ→こちら )でもとても良かったです。


というわけで、英語翻訳という以外は、リングサイクルの合間の清涼剤としても楽しめました。私はやっぱりワーグナーよりもバロックが好きだわ。

人気ブログランキングへ

<23rd Oct Tue>

病院年に一度の健康診断へ。毎年同じ医者なんですが、いつも「えーっ、このお医者さんに会ったのはついこないだのような気がするのに、もう一年も経ったなんて信じられない・・・」と、なぜかこれで時の経つのを一番感じるんです。この年になると大事なのはもちろん健康だけど、時間も貴重なわけで、身の振り方に関して色々考えてしまうビミョーなお年頃の私。

指輪明日はいよいよリングサイクル最終回。休憩も入れて6時間半も掛かるので体力勝負ですが、クッション持参のおかげで硬いベンチシートでもお尻は痛くない。

リングレポートは後手に回ってますが、2つめのワルキューレがやっとできました。

-------------------------------------------

London Opera-loving Kimono-girl (着物でオペラ in ロンドン)


10月18日、夕方5時開始のワルキューレを観るために会社を午後休んでROHに行きました。


4日間のワーグナーの超大作リングサイクルの2日目で、とんとん拍子に話が進む序夜とは違い、いよいよ本題に入って、ぐっとゆったりペースになり、休憩2回も入れると5時間45分で、帰宅したら12時近くでぐったり。素晴らしいパフォーマンスであればうんと短く感じるし疲れないのに、イマイチな歌手が長く歌う場面があると長いこと、疲れること。この日がそんな夜でした。


London Opera-loving Kimono-girl (着物でオペラ in ロンドン)     London Opera-loving Kimono-girl (着物でオペラ in ロンドン)

馬どんなお話かは、以前の記事(→こちら )でご覧下さいですが、要するに、その持ち主が世界を支配できるという黄金の指輪を奪回するためにヴォータン神様は純血のヒーローを産み出す長期作戦に出て、そのためにまず双子の兄妹を妾に孕ませ、離れ離れになったその双子兄妹が成長して再会して恋に落ち、近親相姦でヒーローを身ごもるのですが、ワルキューレと呼ばれる戦争乙女たち一人であるブリュンヒルデと父親ヴォータンとの絡みが見せ場です。


London Opera-loving Kimono-girl (着物でオペラ in ロンドン)
Die Walküre

Director Keith Warner
Set designs Stefanos Lazaridis
Costume designs Marie-Jeanne Lecca
Lighting design Wolfgang Göbbel
Original Movement Director Claire Glaskin

Conductor Antonio Pappano
Siegmund Simon O'Neill
Sieglinde Eva-Maria Westbroek
Hunding John Tomlinson
Wotan Bryn Terfel
Brünnhilde Susan Bullock
Fricka Sarah Connolly
Gerhilde Alwyn Mellor
Ortlinde Katherine Broderick
Waltraute Karen Cargill
Schwertleite Anna Burford
Helmwige Elisabeth Meister
Siegrune Sarah Castle
Grimgerde Clare Shearer
Rossweisse Madeleine Shaw




London Opera-loving Kimono-girl (着物でオペラ in ロンドン)

音譜パフォーマンス


歌手の知名度には疎いがために偏見なく判断できるトーチャンに「今日のベストシンガーは誰だと思ったか?」、と問うたところ、「男性はフンディング(トムリンソン)、女性はフリッカ(サラ・コノリー)」と。

なるほど。そりゃ二人ともイギリスを代表する優れた歌い手であるからして、上手なのは当然だ。ジョン・トムリンソンは聞き飽きたので魅力は感じないけど、はじめて彼を聴いたとしたら「すげー迫力の声!」とびっくりするだろうし、サラ・コノリーはすらっとして気品があり、ブリンとは年恰好もぴったりな夫婦役で、これまでフリッカ役を独占していた初老のロザリンデ・プラウライトの声量と迫力では叶わないけど(誰も勝てないでしょう)立派な英国人フリッカ後継者。

だけど、この日はちょっと声が乾いていたような。ラインの黄金の時は艶があって凄く良かったのに、ちょっと残念。それでも立派な歌唱ですが、絶好調の彼女ならもっと良い筈。


London Opera-loving Kimono-girl (着物でオペラ in ロンドン)

ブリン・ターフェルは、5年前は怖気ついてキャンセルしてしまい、結局トムリンソンがヴォータンを全てやったんですが、あれからメトとかでも歌って自信がついたのでしょう、余裕すら感じさせて故郷に錦を飾りました。声量と威厳では永久にトムリンソンを超えることはできないでしょうが、変化に富んで微妙なニュアンスが出せる点はブリンの勝ち。と、褒めつつも、ヴォータンは器用じゃなくてもいいから、ぐわーっと大声であたりを睥睨させて欲しいです。


でも、ヴォータン、フリッカ、フンディングにイギリス人歌手を配して誇りを感じるのは喜ばしいんですが、無理してブリュンヒルデまでイギリス人にしなくても良かったのに・・・むっ


ダウンスーザン・ブロックは、5年前のワルキューレを急な代役で救ってくれたので、今回招かれたのはその御礼ってことかもしれませんが、今回足を引っ張ったのは彼女でしょう。ちょっと前のエレクトラの時のような濁った不快な声ではなかったのはやれやれでしたが、声量も声の張りも劣ってて、特に低音の弱さは致命的。後半で盛り上がる筈の父娘の長いシーンは彼女のせいでうんとつまらなくなってしまい、いつもの5倍もする高い切符を奮発したんだから居眠りはするものかと必死だったんですが、この時ばかりは「これだったら、寝ててもいいかな」、とぐぅぐぅ  

4つの中ではこのワルキューレが一番人気ある筈なのに、ブリュンヒルデがこれでは台無しで、他2、3人の美声で声量もあるワルキューレたちも負けてるくらいでした。演技も硬かったし、容姿もねえ・・・。実際より若く見せてくれるカツラは首がないのも隠してくれてグーだけど、太くて短い腕は滑稽で、クマのぬいぐるみみたいだった。


    London Opera-loving Kimono-girl (着物でオペラ in ロンドン)


アップぱっとしないブリュンヒルデのせいで最後はだれましたが、出だしは素晴らしくて、特にテノール好きの私にとって第一幕のジークムントとジークリンデの双子兄妹の再会と愛を語らうシーンがベストでした。観客の拍手もここが一番大きかったと思います。


エヴァ・マリア・ウエストブルックはROHに出過ぎるくらいよく出てくれるけどまだ飽きてないし、彼女の厚味のある艶っぽい声が好き。舞台映えする大柄美人で、恋する女を全身で熱く演じて惹きつけられました。


サイモン・オニールは聴くたびに印象が違うので、果たして好きなのかどうか決め兼ねてるけど、今日は、こないだのマイスタージンガーよりは私好みの声に聴こえたし、愛らしいウエストブルックと憎たらしいトムリンソンの緊張感溢れる演技につられてか、感情のこもったジークムントになりました。

足元にいるホルンとチューバ連中が時折うるさいけど、パッパーノ大将の勇姿も近くで見られるこの席はやっぱりなかなか良いです。    



人気ブログランキングへ