<28th June Thus>

晴れまた急に夏が来て(すぐ去るんでしょうけど)、暑いロンドン。

トロイヤ人の切符は人に譲って家にいましたが、またテレビ2台でサッカーとテニスを観戦。ウィンブルドンではナダル選手がなんと早々と敗退してしまいましたが、我らがアンディ・マレー選手の邪魔者であるナダルが消えて嬉しいかも。それだけじゃなく、無名のチェコ人ロソル選手は目元涼しげな美青年なので、私は最初から彼を応援。

いつも順不同のブログ記事、ストックホルム旅行はちっとも進みませんが、まず一昨日聴いたコンサートについて。

-------------------------------------------


London Opera-loving Kimono-girl (着物でオペラ in ロンドン)

London Opera-loving Kimono-girl (着物でオペラ in ロンドン)

6月26日、ロイヤル・フェスティバル・ホールのSimon Bolivar Symphony Orchestra of Venezuela(Youth orchestra改め)のコンサートに行きました。


ベネズエラの貧困層の子供たちに楽器を演奏させることで犯罪から守ろうとする音楽教育運動に基づいて多数存在するオーケストラの中から選抜された十代、二十代の集団ですが、今や大変な人気で、私が切符を買ったのは1年半近く前ですが、馴染みのないプログラムにも拘わらずすぐに売り切れだったようです。

曲目の違うコンサート2回分買っておいたのですが、19日は例のアラーニャ夫婦のラ・ボエームと重なってしまい行けたのは1回だけでしたが、生で聴くのははじめてのユニークなオーケストラ、大人数の迫力と若いエネルギーに溢れた素晴らしいコンサートとなり、更に大物サプライズゲストも登場して、大いに盛り上がりましたアップ

London Opera-loving Kimono-girl (着物でオペラ in ロンドン)    London Opera-loving Kimono-girl (着物でオペラ in ロンドン)


トレードマークのカラフルなジャンパー姿でマンボ~ッ!(ウエストサイド物語)を叫び、客席にジャンパーを放り投げるのを見たかったのですが、平均年齢も上がってオケ名からユースを外した彼らは、これからはイロモノではなく一人前の音楽家として認めてもらいたいということなんでしょう、普通のタキシード姿で常識的な大人の振る舞いで通しました。


ラテン的大騒ぎが見られなくてがっかりですが、それでもやっぱりちょっと違うわけで、コーラス席の最前列ど真ん中の席の私は目の前にいるもの凄い人数の若者の熱気に圧倒されました。一体何人いるんでしょう、こんな大きな編成のオケをここで聞いたことはないです。なんせ、ヴァイオリンだけで50人くらい、コントラバスが13人、広いロイヤル・フェスティバル・ホールの舞台に所狭しと並ぶサマを(後ろからでも)見るだけでも壮観。
London Opera-loving Kimono-girl (着物でオペラ in ロンドン)
クリップ

Esteban Benzecry: Rituales Amerindios (Amerindian rituals) - pre-columbian tryptic for orchestra
Richard Strauss: An Alpine Symphony

Gustavo Dudamel conductor

Simón Bolívar Symphony Orchestra of Venezuela


曲目も彼らに相応しい選択だったと思います。19日はベートーベン中心でしたが、この日の一曲目はラテンアメリカの前衛的な現代曲で、途中で眠くなったりもしましたが(目立つ席で着物姿ですからうとうとするわけにはいきませんが)、技術的には荒っぽい部分もあり、もっと洗練された演奏のできる有名オケはいるのでしょうが、でもこれだけの人数が創り出す音の迫力はもの凄いし、ちょっと例のマンボー!的な箇所もあり、あのリズムはやはりラテンならではかも。


2曲目のアルプス交響曲も私ははじめてですが、リヒャルト・シュトラウスが十代の時の登山経験にもとに作曲した50分一楽章の情景描写音楽で、夜が明けて登山がはじまり、途中のんびりと牛のカウベルが聞こえたり、雷雨にあったり道に迷ったり・・・という説明を読みながら聴いたらよく理解できました。聴く方も弾く方も小難しい観念的な理解は不要でしょうから、人生経験の少ない若者演奏者でもひけ目を感じることなく表現できだろうし、音楽自体は高尚であっても、敷居の高いクラシック音楽をこういう身近なところから入るのも良いでしょう。もちろん、物量作戦による雷雨シーンとかの迫力は凄くて、私はティンパニ奏者のすぐ後ろにいたので、ズンズン響いてきました爆弾
London Opera-loving Kimono-girl (着物でオペラ in ロンドン)

     London Opera-loving Kimono-girl (着物でオペラ in ロンドン)    


もちろん、このオケを世界的なレベルにまで引き上げたのは弱冠31歳の指揮者グスタヴォ・デュダメル君。彼自身このプロジェクトの恩恵を受け、17歳でこのオケの音楽監督になり、今やロスアンジェルス・オケの常任指揮者にまで出世。この大所帯をまとめるだけでも大変だろうに、今日も難しいシュトラウスを暗譜で楽しげに降り、私は真正面から彼の表情をたっぷり楽しみましたチョキ


London Opera-loving Kimono-girl (着物でオペラ in ロンドン)    London Opera-loving Kimono-girl (着物でオペラ in ロンドン)


London Opera-loving Kimono-girl (着物でオペラ in ロンドン)     London Opera-loving Kimono-girl (着物でオペラ in ロンドン)

クラッカー2曲終わるとすでに観客はやんややんやの総立ち状態なんですが、アンコールは何だろう、と思って楽譜を覗き込んだら、あら、ラインの黄金ですって。


そしたら、舞台袖から毛皮のケープと角付き帽子を被った大男がのっしのっしと。

London Opera-loving Kimono-girl (着物でオペラ in ロンドン)     London Opera-loving Kimono-girl (着物でオペラ in ロンドン)


おおおお、なんと、ブリン・ターフェルではないですか目 


アイパッチして、槍持って、ヴォータンしてる~にひひ

もう一度楽譜をよく見たら、なるほど、ヴォータンのモノローグって書いてあるわ。来週4日間はここサウスバンクでブリン・フェスティバルだから、リハーサルしてるついでなんでしょうが、出てくれてありがとう。後ろからだと彼の歌はほとんど聴こえなかったけど、皆の喜ぶ顔を見るだけでも面白かったです。


London Opera-loving Kimono-girl (着物でオペラ in ロンドン)


  London Opera-loving Kimono-girl (着物でオペラ in ロンドン)     London Opera-loving Kimono-girl (着物でオペラ in ロンドン)

ところで、この音楽教育の素晴らしいアイデア、スコットランドでも実践してるですって。こないだテレビでスコットランドの恵まれない子供たちがデュダメル君指揮でこのオケと共演するのを観たのですが、来年はベネズエラで共演するんだそうです。学校のカリキュラムには音楽教育はないイギリスでは貴重な機会です。


        ヒマワリ 人気ブログランキング  ← 毎度あり~かに座

AD

<27th June Wed>

ザ・ピーナッツの双子のお姉さんが亡くなったそうですね。まだ71歳なのに。息の合ったハーモニーと歌唱力、愛らしい容姿と抜群のファッションセンスが大好きだっただけでなく、出身地も同じで、しかもザッピーナツ(うちの辺では皆こう呼んでた)のお祖母様とうちのバーチャンが友達だったんです。Youtubeができてからはよく観てました。

今夜はテレビを2台並べてサッカーとテニスを観るのに忙しかったけど(ジョコヴィッチの対戦相手の若いアメリカ人のハリソン選手って好みだわあ。きっとスェーデン系よ)、同時に昨日のコンサートの記事も書こうとしたんですが結局完成できなかったのでそれは明日アップすることにして、今日は急遽、すぐに出来る着物記事に変更。

-------------------------------------------


London Opera-loving Kimono-girl (着物でオペラ in ロンドン)
6月26日、着物でロイヤル・フェスティバル・ホールに行きました。

Simon Bolivar Synphony Orchestra of Venezuelaのコンサートでしたが、午後から急に蒸し暑くなったので、薄い単衣なのですが、地下鉄の中とか苦しかった~ショック!


    London Opera-loving Kimono-girl (着物でオペラ in ロンドン)     


このレトロな縦縞ブルーの御召は実家に昔からあったのを持ってきたのですが、着た形跡はなかったので、母が若い時に誂えたのではなく、おそらく戦時中に食糧調達のためにどなたかが手放した着物ではないかしら? 


着るのは3年ぶりなんですが、柄は粋なのに袖が長くて今のセンスだとちぐはぐな感じなので少し切ってしまおうかしらとずっと思っているのに、勇気と技術がなくて、まだトライしてません。

袂短くしても、粋な縞柄は似合わないでしょうけど・・・


London Opera-loving Kimono-girl (着物でオペラ in ロンドン)     London Opera-loving Kimono-girl (着物でオペラ in ロンドン)


着物って不思議なもので、形はずっと変らないのに色が時代を反映するようで、同じ時代の帯との相性が一番しっくり来るんですが、これまた古めかしい色柄の濃いピンクの名古屋帯はどうかしら?


口紅人気ブログランキング ← ご多忙のところ恐縮ですが、2秒で出来ますので、できればクリックして頂けると嬉しいです。ちょっと下がって苦戦してますので。

AD

London Opera-loving Kimono-girl (着物でオペラ in ロンドン)    London Opera-loving Kimono-girl (着物でオペラ in ロンドン)

<25th June Mon>

写真は今日初日のトロイヤ人ですが、仕事の都合で行けなかった私の代わりに行ったトーチャンが撮ったものです(カメラはいつもの私のボロいやつ)。カーテンコールで一番拍手が多かったのはマクヴィッカー率いる演出チームだったそうです。歌手の中ではウエストブルックとアントナッチ。ってことは、カウフマンの代役のハイメルはリハーサル同様下手だったってことか。ほんと、カウフマンが抜けて一気にテンション下がったこのプロダクション、平日は5時開演なんですが、休暇を費やして何度も行く価値はなさそうなので、4回分切符を持ってましたが、結局全部観るのは週末1回だけにしとこ。

トーチャンがオペラを観てる間に、私はストックホルムのトスカがやっと書けました。

-------------------------------------------

                       

6月9日、ストックホルム王立歌劇場Kungliga Operanでプッチーニのトスカを観ました。


トスカってどんな話?と首かしげる方は以前の記事→こちら をご覧下さいさいですが、一日のうちに主役3人がナイフ殺人、銃殺、飛び降り自殺するというサスペンスで、ドラマも音楽も無駄なくわかりやすくて良く出来ているので初心者にもお勧めです。


オペラハウスについては、同じ日の午後に見学ツアーにも参加したので、その時の記事→こちら をご覧下さい。


London Opera-loving Kimono-girl (着物でオペラ in ロンドン)

London Opera-loving Kimono-girl (着物でオペラ in ロンドン)


London Opera-loving Kimono-girl (着物でオペラ in ロンドン)
conductor Pier Girgio Morandi

Tosca Emma Vetter

Cavaradossi Jose Cura

Scarpia Fredrik Zetterstrom

Angelotti Anton Eriksson


ストックホルムは観光が目的だったので、オペラはその一貫として何か観られればいいわ、としか思ってなくて、失礼ながら、どうせヨーロッパの北の果てのこんなオペラハウスは大した歌手など出ないだろうと思っていたので、切符買った時もホセ・クーラが出ることすら気付きませんでした。

そのクーラだって最近はあまり名前も聞かないから、きっともう落ち目なんだわと期待してませんでした。


だけど、意外にも全体として水準の高いパフォーマンスだったんですね、これがクラッカー


この前夜にばったり会ったクーラは白髪がどっと増えて老けてたのには驚いたのですが(→こちら )、舞台に上がればさすがの風格で華があるし、声も以前と変らずちゃんと出てました。

London Opera-loving Kimono-girl (着物でオペラ in ロンドン)
あまり好みの声ではない上に、カヴァラドッシはもっと甘い声のテノールに歌って欲しいと思っているので(カウフマンを聴いた時もそう思った)、うっとり聞惚れるという程ではなかったけど、もし誰だか知らないで聴いたら「あら、このテノール、かなり上手じゃないの!」と思ったでしょう。


     London Opera-loving Kimono-girl (着物でオペラ in ロンドン)


London Opera-loving Kimono-girl (着物でオペラ in ロンドン)
     London Opera-loving Kimono-girl (着物でオペラ in ロンドン)


トスカ役はスェーデン人ソプラノのエマ・ヴェッター

全然聴いたことない名前ですが、ワーグナーやエレクトラを歌う人のようで、しっかり身の詰まった力強い美声と声量。最近トスカはROHでか細いゲオルギューばかり聴いていたので、久々に本来のドラマチック・ソプラノの太い迫力に圧倒されました。素手でもスカルピアを殺せそうな立派な体格もクーラとはお似合いのカップル。やせれば美人なのに勿体ないけど、もっと大きな舞台でも声もルックスも映える人です。


これで悪役スカルピアも上手なら言うことないんですが、そこまでマイナーなオペラハウスに期待するのは無理ってことでしょうか、こんなバリトンしかいないの?という全く迫力不足でがっかり。おそらくスェーデン人なんでしょうが、主役カップルとあまりの差。


でも、感心したことがもう一つあり、それはオーケストラ。流れるような弦が真下から美しく響いて感激。トーチャンが「ROHのオケより上手だね」と言ってましたが、同感です。イタリア人とおぼしき若い指揮者の名前(モランディ)、覚えておこうっと。


セットと衣装はまとも過ぎて面白くないですが、まあそこまで贅沢は言うまい。この優雅なオペラハウスにはすっ飛んだプロダクションは似合わないし。


というわけで、ストックホルム・オペラは侮れませんよ宝石ブルー


音譜 人気ブログランキング  ← クラシック音楽部門に参加してるんですが、オペラ記事を書いた日は堂々とクリックお願いできるような気がします。よろしく~

AD

<24th June Sun>

F1もEuro2012サッカーもイングランドは惨めに負けて・・・しょぼん  

そして明日からはウィンブルドン・テニスだ・・・ガーン

ストックホルムのトスカやバービカンのウィーンフィルもまだだけど、どうせ遅れてるんだから、まず昨日のラ・ボエームから片付けてしまいましょう。

-------------------------------------------

London Opera-loving Kimono-girl (着物でオペラ in ロンドン)

6月19日と23日の2回だけ、アラ-ニャとゲオルギュー夫妻がラ・ボエームで共演してくれたわけですが、19日のことは→こちら をご覧頂くとして、23日は更に盛り上がりましたよクラッカー


19日は風邪気味で声に潤いがなかったアラーニャ、昨日はまだちょっと鼻をクリアにしようとしてフンフンという音を何度も発してはいましたが(ティッシュペーパーを床に落としたところも目撃)、それ以外は絶好調と言ってもいいくらいに回復してて、いつものアラーニャ節を堪能しました。


(以下の写真はクリックで拡大します)


London Opera-loving Kimono-girl (着物でオペラ in ロンドン)
    London Opera-loving Kimono-girl (着物でオペラ in ロンドン)

    わぉーっ! カーテンが突然下りて来た~!

実は、2回とも時々ペースが崩れたりしてオケと合わないこともありちょっと妙だった上に、昨日は、あろうことか、歌詞を忘れたのか、カフェでミミを仲間に紹介する場面で一瞬アラーニャの歌もオケも止まってしまうという珍しいことが起こりました。

アラーニャが「すまん」というゼスチャーをしたのですが、ドキっとしましたよ叫び。今回は二人の出会いから20年のお祝いで、同じプロダクションで又一緒に歌うということに意義があるのだから、そんなことはどうでもいいとは言うものの、一体どうしたの? 練習不足? それとも歌いながら思い出に浸ってて感傷的になり、夢見心地で違う世界に舞い上がってしまったんでしょうか?ファンとしては良いほうに考えて、後者にしておきますが・・・。


実際、私は舞台から近い席だった上に双眼鏡でじっくり彼らの表情を追ってたんですが、うっとり見つめ合い、「あの日のこと覚えてる? あれから色々あったけど、又戻ってきたね、ここに」、という表情で、ロベルトは何度もアンジェラの腕をぎゅーと掴んだりして、二人の世界に浸ってました恋の矢


まさにそれが見たかったわけですから、遠慮せずにどっぷり酔いしれて下さいませ。アンジェラに振り回されてたように見えたこの数年間だったけど、良かったね。先のことはケセラセラですが、50代を目前にしてまだ第一線で活躍する美しいカップルの貴重な場面に接することができただけでなく、やっぱり凄い二人の超一流の歌唱を聴くことができて本当に良かったです。個人的おまけですが、トーチャンも運よくゲットできた隣の席で感激してたし。


特に私が一番ぐっと来る三幕のロドルフォがマルチェロに「ミミは病気なんだ」と悲しみを訴える場面では、アラーニャがすごく近くでこっち向いて歌ってくれるので心臓バクバクドキドキ 昨日は最後にミミ~っ!と叫ぶ場面でなぜか力を抜いたのは(オケも煩かったし)、はじめてこのオペラを観る人のためには残念だったけど(ここでぐーっと盛り上がる筈なのに・・・)、昨日のクライマックスはカーテンコールだったから、まあいいことにしましょう。


そうなんです、いつもはえらく短いラ・ボエームのカーテンコール、昨日は延々と続き、舞台を何度も横に移動して声援に応えてくれました。


London Opera-loving Kimono-girl (着物でオペラ in ロンドン)     London Opera-loving Kimono-girl (着物でオペラ in ロンドン)

London Opera-loving Kimono-girl (着物でオペラ in ロンドン)     London Opera-loving Kimono-girl (着物でオペラ in ロンドン)

London Opera-loving Kimono-girl (着物でオペラ in ロンドン)      London Opera-loving Kimono-girl (着物でオペラ in ロンドン)

映画最近アメブロ独自の動画投稿が廃止になってしまったので私は写真に専念しましたが、またPrimroseさんが興奮のカーテンコールをYoutubeにアップして下さったので、そちらをご覧下さい(→こちら )。上から投げられた花をアンジェラが拾う場面とかはやっぱり動画でないと様子がわかりませんから。


ゲオルギューも先回同様、彼女としてはキンキンせず滑らかな声で素晴らしく、彼女はROHによく出てくれてちょっと聞き飽きている私も始終聞惚れました。死ぬ場面でも嬉しそうに見えてしまったけど、まあ今回は特別なお祝いだし、どうせ私は今更ミミが死ぬから可哀相とも感じないんだから。


他の歌手たちは先回のカレヤ組と同じなので(→)特に書くことはないですが、マルチェロのGeorge Peteanは地味な存在ながら上手だし(老けたイメージなので、年長役やったら素晴らしいでしょう)、ムゼッタのヌッチア・フォッシーレもさすがベテラン。先回一度病欠した時の若い代役ソプラノの緊張ぶりと比べるとヌッチアの余裕の演技と歌ぶりがよくわかります。


若い指揮者はオケから美しい音を引き出したのは良かったけど、時々アラーニャとゲオルギューと合わなかったので減点。歌手がここぞという所で多少引き伸ばしたりしてテンポ崩れても、指揮者はそれに合わせなきゃ。



はてなマーク

ところで、椿姫さん、今回はアラーニャとのツーショットはないの?


はい、残念ながらありません。だって、初日と千秋楽の2回しかないので出待ちしてもなかなか出てこないに違いない上に、19日は終演後に出演者たちとドリンクしたければ100ポンド近く払って下さいね、という貧乏な私には手が出ないイベントになってしまったんですよむっ


なので、私は行けませんでしたが、アンジェラのFacebookからパクった写真を一枚。


London Opera-loving Kimono-girl (着物でオペラ in ロンドン)
Director John Copley

Designs Julia Trevelyan Oman
Lighting design John Charlton

Conductor Jacques Lacombe
Mimì Angela Gheorghiu
Rodolfo Roberto Alagna
Musetta Nuccia Focile
Marcello George Petean
Colline Yuri Vorobiev
Schaunard Thomas Oliemans
Benoît Jeremy White
Alcindoro Donald Maxwell


それに、

アラーニャにはこれまでに何度か抱きついたり、楽屋にも2度入れてもらって、あれ以上のことは起こらないだろうし、なんかもう充分って感じなんですよね。今回は邪魔な女もいるしね。いえ、決してヤキモチ焼いてるわけではありません。でもアンジェラの歌は好きだけど、サイン会とかだと感じ悪いから。


キラキラ私とロベルトの過去のお宝写真はこちらでご覧下さい→アイーダアンジェラのトスカトロバトーレ


人気ブログランキング  ← シューッいて座

コンサートとオペラに着物で

テーマ:

<23 June Sat>

2回目のラ・ボエームはトーチャンも連れてってあげたけど、なんと彼はこの有名なROHボエームははじめて。私は嫌というほど行ってるのに、そうか、いつも枚数制限で自分の分しか買えないもんね。大スター共演の今回ももちろん自分のしか買えなかったけど、運よく行けなくなった友人に譲ってもらえたので。

今日は4日前のように大急ぎで記事を書くのはやめてスキン写真だけにして(思い掛けなくカーテンが下りてきたのでビックリ顔のアンジェラ)、前から用意してあった着物お出掛け2回について軽く。

-------------------------------------------


16月17日はバービカンに友人と二人でウィーンフィルを聴きに行きました。


開演30分前に噴水のそばで不良少年みたいにこっそりと煙草吸ってたウィーンフィルの団員と一緒に写真撮りましょう。ヴァイオリン奏者だそうです。

London Opera-loving Kimono-girl (着物でオペラ in ロンドン)     London Opera-loving Kimono-girl (着物でオペラ in ロンドン)


どんな着物にするか相談しなかったので、偶然ふたりとも縦縞になってしまいましたが、長身美人のN子さんと並んだら私は部が悪いったら・・・。

でも、二人だと心強いし楽しいので、引き立て役でも気にしませ~んニコニコ


お天気が怪しかったので私は木綿の着物にしましたが、カジュアルな帯の手持ちが少ないのが問題で、特に染め帯がないのでこればっかりね。


London Opera-loving Kimono-girl (着物でオペラ in ロンドン)     London Opera-loving Kimono-girl (着物でオペラ in ロンドン)


London Opera-loving Kimono-girl (着物でオペラ in ロンドン)
26月19日のラ・ボエームには一人で。

このカンバス地のような生成色の単衣の紬、母親が縫ってくれたんですが、白とピンクだけでシンプルだし、なんの柄なのかわからないけど、なぜか誉めてもらえる一枚です。


    London Opera-loving Kimono-girl (着物でオペラ in ロンドン)


鮮やかな緑色の博多献上帯は、普通のを柄がタテヨコ逆なのが珍しいでしょ?


London Opera-loving Kimono-girl (着物でオペラ in ロンドン)       London Opera-loving Kimono-girl (着物でオペラ in ロンドン)


今月はもう1、2回着るかもしれないけど、これで今年26回。まあまあのペースでしょうか。


    人気ブログランキング  ← FREE