<29th April Sun>

日本ではゴールデンウィークなんですね。いいなあ。私はまた明日から忙しい日が始るってのにさ。

そう言えば、今日はウィリアム王子とケイトの結婚一周年王冠1指輪 プレッシャーを掛けちゃいけないので誰も言いませんが、「お世継ぎはまだなの?」

---------------------------------------------
London Opera-loving Kimono-girl (着物でオペラ in ロンドン)     London Opera-loving Kimono-girl (着物でオペラ in ロンドン)


3月と4月、St. John's, Smith Squireのローゼンブラット・リサイタルに一回づつ行きましたが、このシリーズはなかなかユニークな存在なんですよ。


金融街シテに弁護士事務所を構えるIan Rosentblatt氏の趣味が高じて自ら企画を思い立ったオペラ歌手の歌のコンサートですが、肝っ玉の大きいユダヤ系の彼、夢を叶えるのであれば最初から景気よくぶちかまそうじゃないかという決意だったのでしょう、1999年の初回はいきなりロイヤル・フェスティバル・ホールのホセ・クーラで、それ以来、年に数回着実に回を重ねているのはあっぱれクラッカー


会場はSt. John's, Smith Squireという教会を改造した中ホールが主ですが、ロイヤル・フェスティバル・ホールや巨大なロイヤル・アルバート・ホールでもやっていて、今までのコンサートについて、詳しくは→こちら をご覧下さいですが、


星スター歌手の出演をかいつまんでみると(私の好みで選んでいるのでテノールが多いですが)、


2000年はサバティーニ、クーラ、2001年はこのシリーズのドル箱となるフローレス(St. John's)、2002年は再びフローレス(RFH)、2003年はアントナッチ、2004年はクーラ/グリゴーロ/カウフマン他数人のテノールをRFHに集め、それ以外に単独でグリゴーロ、ガナッシ、カレヤ、2005年にはシラグーサ、カレヤ、2006年はシラグーサ、コステロ、2007年はフローレス(カドガンホール)、メリ、2008年はコステロとペレ夫妻、カレヤ夫妻、2009年はデムーロ、メリ、シウリーナ、ペレ、2010年はシラグーサにキャンセルされて有名人はいなかったですが、2011年はフローレス(RFH)で、無名時代のグリゴーロとか、将来有望な新人歌手見出す才覚ありなので、これからは知らない歌手でも行ってみる価値ありかも。


モグラしかし、素人ゆえに企画に問題があるのかキャンセルが結構多いし、シリーズでまとめて切符を売ってくれないのが不便でついうっかり買いそびれたものも多く、切符代はとても良心的なのに売れ行きは悪いらしく、ローゼンブラット氏(個人なのか彼の弁護士事務所かは不明)が赤字を埋め合わせして、空席は顧客を無料招待して座ってもらっているみたいです。私はフローレス全4回とシウリーナ、メリとかに行きましたが、フローレスは別として、そこそこ有名歌手でも切符予約は貧しい限りでした。


そんなわけで、商売としては苦戦してるわけですが、これを続けるために本業である弁護士として頑張るんだと仰ってるローゼンブラット氏は、私のようなクラシック音楽ファンにとってはまことに有難い道楽者様。今後の商売繁盛を皆で祈りましょう。


で、手はじめに、まだ切符を持ってない方は、次は5月8日で、言わばこのシリーズを支えてきたフローレス王子ですから(→こちら )、弁護士支援のために買いましょう。さすがの人気者フローレスも巨大なロイヤル・アルバート・ホール(これまでの損失を一気に取り戻そうという魂胆か?)は簡単に埋まらなくてまだ余ってるんです。マイクロフォン使用のコンサートなのに切符代高いので躊躇しましたが、私は結局65ポンド払いましたよ。


London Opera-loving Kimono-girl (着物でオペラ in ロンドン)
先月のアイリーン・ペレとローゼンブラット氏のツーショット写真は、ローゼンブラットのFBから拝借。


    主な会場であるSt.John Smith Squire

   London Opera-loving Kimono-girl (着物でオペラ in ロンドン)  



13月7日は、St. John's, Smith Squireでメキシコ系アメリカ人ソプラノのアイリーン・ペレAILYN PÉREZ

数日前にキャンセルしたフィリアノーティの代役ですが、このシリーズ3回目のペレは特別な存在のようで、珍しくローゼンブラット氏が舞台に登場して彼女に感謝してました。すっかり私物化してますが、もちろん構いませんので、どんどん好き勝手に仕切って下さい。


フィリアノーティも聴きたかったのに買ってなかったのは、この日はバービカンのコンサートに行く予定だったからですが、ツテがあって無料招待して頂いたので急遽ちゃっかりと乗り換えました。12月と1月のROHで可憐な椿姫だったペレは見逃せないでしょ?


詳しいプログラムは→こちら をご覧下さいですが、前半はスペイン語の歌、後半はオペラのアリア。マノン、シモン・ボッカネグラ、オテロなどを歌ってくれて、期待通りの愛らしさだったし一生懸命歌ってくれて好感持てましたが、前から10列目というのは一般的には良い席だけど、うんと近いほうが好きの私にはちょっと遠すぎて残念。


London Opera-loving Kimono-girl (着物でオペラ in ロンドン)      London Opera-loving Kimono-girl (着物でオペラ in ロンドン)

ワンピース赤いロングドレスは後ろの赤いカーテンに溶け込み過ぎですが、前から見るとシンプルなだけですが、背中がうんと開いてて、しかも金の鎖が何重にもついてて洒落てました。

London Opera-loving Kimono-girl (着物でオペラ in ロンドン)       London Opera-loving Kimono-girl (着物でオペラ in ロンドン)



London Opera-loving Kimono-girl (着物でオペラ in ロンドン)

   London Opera-loving Kimono-girl (着物でオペラ in ロンドン)

24月18日は同じくSt. John Smith Squireでラトヴィア美人のマリーナ・レベカMARINA REBEKA嬢のリサイタル。


おねだりすればこれも無料切符をもらえたでしょうけど、一昨年7月にゲオルギューの代役で急遽歌ったROH椿姫(→こちら )でとても素敵だったレベカ嬢、このリサイタルは忘れずに真っ先に最前列ど真ん中の切符を買ってあったので、そのまま自腹切った席に座りたいです(って、僅か20ポンドだし)。

London Opera-loving Kimono-girl (着物でオペラ in ロンドン)      London Opera-loving Kimono-girl (着物でオペラ in ロンドン)

NYメトで最近ドン・ジョヴァンニにも出て大躍進中なのに(ラジオで聴いたけど、とても素敵だった)、切符は売れ行きは目も当てられない程悪くて、直前までどっさり余ってました。最後に無料招待用にごっそりオンライン販売から引き上げたので、当日も良い席は立派に埋まってましたが、こんな上手で美しいソプラノさんなのに、オペラファンが押し寄せないなんて、実に勿体ないことですむっ 

  

コンサートの内容は→こちら をご覧下さいですが、 渋いシューベルトやラフマニノフの歌曲は若くてまだ深い味わいは出せないし、彼女の力強いまっすぐな声に向いてるとは思えないですが、派手に歌い上げたグノーやロッシーニは本領発揮で素晴らしかったです。楽々と出る凄い声量、張りのあって気持ちよく突き抜ける美しい声のレベカ嬢は、若いソプラノの中では(今まだ25、6歳のはず)私のイチオシのトップで、今回ロッシーニでコロラチューラも上手に転がせるとわかって更にグーラブラブ  去年はROHに魔笛(夜の女王)に出る予定だったのに、出産のためにキャンセルして残念だったわ~。


但し、出産太りのせいかちょっとふっくらしてしまったのは残念で(下から見上げるカメラアングルだと余計にね)、おまけにあまりお金の掛かってなさそうで趣味も良いとは言えないドレスぶーぶー

だけど、2着ご披露してくれたし、華のある長身美人は何を着てもゴージャスなわけだから、良いことにしましょう。


とてつもない大声を真正面2メートルからストレートに投げつけられて耳がおかしくなってしまいましたがショック!耳、私はこうして美声に溺れるのが最大の喜びですから大満足チョキ


リーズナブルなお値段で(来月のフローレスは例外)上手な歌手を聴けるローゼンブラット・リサイタル、是非頑張って続けて欲しいものです。               
                 


                   人気ブログランキング  お金



AD

<28th April Sat>

一日どんよりとして雨がしとしだけど、今日はずっと家にいる予定なので全然OK。


プレゼントバースデー・プレゼントにトーチャンに注文してもらったDVD映画2本CD、月曜(23日)の誕生日には間に合わなかったけど、今日一気に2本続けて観てしまいました。


晴れ太陽がいっぱい(アラン・ドロン)と恋の矢恋愛専科(トロイ・ドナヒュー)ですが、そう、もちろん私のことだから、目的は主演の美男子よキラキラ


London Opera-loving Kimono-girl (着物でオペラ in ロンドン)

恋愛専科のタイトルがスペイン語なのは、探すのに苦労したトーチャンが、結局eBayでスペインから買ったDVDだからで、英語名はRome Adventure太陽がいっぱいの英語タイトルがPurple Noonだとははじめて知りました。


  London Opera-loving Kimono-girl (着物でオペラ in ロンドン)

まるでイタリア観光ガイドのような
恋愛専科は1962年のハリウッド映画で当時ゴールデン・カップルだった結婚前のトロイ・ドナヒューとスザンヌ・プレシェットの、よく出来てはいるけど所詮は他愛ない青春ドラマ、


片や太陽がいっぱいはアラン・ドロンをスターダムにのし上げた1960年の巨匠ルネ・クレマン監督の殺人サスペンスの名作で、ニーノ・ロータの哀切メロディは今聴いてもぐっと来る映画音楽のベスト。


映画の出来の良し悪しは比べようもないですが、両方とも久し振りに観て懐かしさいっぱいニコニコ


両作品とも舞台がイタリアで、どちらもあちこち回るのですが、「あ、ここ、行ったことあるよね~」と嬉しくなるシーンもたくさんあって、2本ともはじめて観るトーチャンも楽しめたようです。


          London Opera-loving Kimono-girl (着物でオペラ in ロンドン)

トロイ・ドナヒューはちょっと顔がふっくらし過ぎてて、こないだテレビで観た遠い喇叭(らっぱ)の騎兵隊の方がかっこ良かったし、若いアラン・ドロンもあまりにつるっとして、シワが出来て味が出て後年の方が魅力的だわ、と思ったりしましたが、二人の輝く美貌にはうっとりラブラブ!


ワンピース意外というかやっぱりと言うか、服装に関しては男性も女性も今道を歩いてても全くおかしくないような服装だったことで、これが70年代や80年代だときっと「キャー、あの頃ってあんな格好してたのね」と笑っちゃうところでしょうが、ファッションはくり返す、というのは本当だ。恋愛専科の女性の髪型はすでにちょっとふくらみはじめてて今とは少々違うけど、お化粧は今と同じで、これも戻ったってことね。


考えてみれば映画ができてから50年経ってるわけだけど、イタリアの街並みは変ってないし、自動車と電話以外は古さを感じさせず(アメリカからイタリアまで船で行くのはびっくりしたけど)、ヨーロッパの変らぬ美しさはさすが。それに、やっぱりイタリアは良いわ~チョキ

宝くじに当たったら、しばらくイタリアに住もうっと。どこが良いかしらねにひひ


しかし、宝くじには当たらなくても、来年の節目の誕生日にはもうちょっと良いものをプレゼントにしようっと指輪


                 人気ブログランキング  映画

AD

4月の着物お出掛け

テーマ:
<26th April Thus>

ますます寒いなんて、本当になんておかしなお天気なんでしょ。雨もちょこちょこ何度も降るし・・・雨

昨日はオペラ、今日はコンサート、明日は飲み会と、インドアで楽しく3連チャンしてるからいいんですけどね。
----------------------------------------------


そう言えば、しばらく着物のお出掛け記録がありませんねえ。


はい、そうなんですよ、すみませんしょぼん


4月初旬は仕事が忙しくて余裕がなかったし、それが落ち着いたら今度は毎日にわか雨のミゼラブルな日が続いて、その気になれないんです。


なので、4月はおそらく1回だけでしょう。


4月11日にリゴレットを観に行った日ですから、まだ好天気だった時、桜がちょっとだけ飛び柄になってる抹茶色の小紋の着物に、蝶々が飛んでる白い帯とピンクの小物で春らしく。


London Opera-loving Kimono-girl (着物でオペラ in ロンドン)
  London Opera-loving Kimono-girl (着物でオペラ in ロンドン)

 

  London Opera-loving Kimono-girl (着物でオペラ in ロンドン)


着物って、ちょっと着ないとすぐ億劫になってしまうので、折角ブログのタイトルもkimono-girlにしたことだし、無理矢理頑張らないといけないかな・・・。でも、5月は更に忙しくなりそうで、ちょっと無理かも。


とすでに心細いことになってますが、


でも、1月は7回、2月は4回、3月は5回と早いペースで進んだおかげで、今年の合計は17回とまあまあですね。→こちら にまとめてあります。

 London Opera-loving Kimono-girl (着物でオペラ in ロンドン)    London Opera-loving Kimono-girl (着物でオペラ in ロンドン)


ガラス張りのポール・ハムリン・ホール、日がかなり長くなったので、外が明るくて気持ちいいです。

 


                  人気ブログランキング 耳

AD

誕生日

<23rd April Mon>


今日で59歳になる私。


祝日が極端に少ないイギリスで「いくらなんでもこれではあんまりだで、ちょっと増やそみゃあ」、という話が出る度に第一候補になるのがイングランドの守護聖人St. Geroge's Dayの4月23日なので、ずっと待ってるんですが、いつまでたっても実現しないので今日は休暇を取りました。


午前中はロイヤルオペラハウスの来シーズン一回目のピリオドのサポートフレンズ予約開始なので、にゃー雄叫び上げながら早くからスタンドバイして備えました。最近サポートフレンズも人数が増え、早くからログインしておかないと長い間待合室で苛々しなくてはなりませんから。


今回は新システム導入でつまづいた無能なROHのせいでいつもと違う方法を余儀なくされ、席ではなく希望のセクションと値段を選ぶのですが、いつもの舞台横の安い席が欲しかったのに、なぜか「ここだと隣同士の席が買えません」という意味不明のメッセージが・・。一枚欲しいだけなのに・・・はてなマーク


ショック!パニくってあれこれやってるうちに要するに安い2列は売ってもらえないことがわかり、更に怒りが増したんですが、仕方ないので近くで観たかったら1列目の普段は縁のない高い席を買わざるを得ず、思わぬ散財あせるがま口財布


安い席買うための高い会員費払ってるのに、貧乏人の指定席を出し惜しみするなんてけしからんパンチ!、とメラメラなんですがメラメラ、めでたい筈の誕生日に不快な思いをするのも口惜しいので、「お給料頂いてるからこそできることをしないと会社行くの嫌になっちゃうから、働いてる間はケチらずに鷹揚に使う方がいいよね」、と、仕事を正当化するために普段から無理矢理信じようとしてるのを後押ししてもらったと思うことにしましょう。


今日の支払いはプレゼント誕生日プレゼントということで無理矢理納得できなくもないし、多少高くても途中でネットがおかしくならずに良い席が買えたことにまず感謝しなくちゃね。老い先短い人生、嫌な思いをしてるヒマはないから、なるべく良い面をみるように心がけようとあらためて自分に言い聞かせた出来事でした。


そうです、来年60歳になるなんてとぞっとする時もたまにはあるけど、この年まで大した病気もせずに生きて来れれたことには素直にありがたいといつも思ってるし、美人だと容色の衰えを嘆くだろうけど、若い時にきれいと言われたことのない私は全然気にする必要がないのもここまで来ると恵まれてるかも。幸い健康で体力の衰えもほとんど自覚してないし、今トーチャンに死なれたら再婚相手も見つかるかもしれない。なんつってにひひ


London Opera-loving Kimono-girl (着物でオペラ in ロンドン)    London Opera-loving Kimono-girl (着物でオペラ in ロンドン)


いや、私より若くていつもカメラマンをしてくれるトーチャンを殺しちゃいけないので、午後は誕生日の記念写真を撮りに、冷たい雨の降る中、公園に行ってきました雨 ちょうど満開桜


天気が良ければ着物で桜の下で写真撮りたいと思っていたんですが、芝生がぬかるみなのでドタ靴にしよ。


London Opera-loving Kimono-girl (着物でオペラ in ロンドン)     London Opera-loving Kimono-girl (着物でオペラ in ロンドン)


  ↓ 雨天芝刈り中
London Opera-loving Kimono-girl (着物でオペラ in ロンドン)     London Opera-loving Kimono-girl (着物でオペラ in ロンドン)



似合わないくせに大好きなアニマル柄(シマウマでも豹でも)、この青いセーターも、今でこそアニマル柄は定番なものの昔はほとんどなかったときに見つけて以来ずっと愛用してますが、証拠写真もあり、ムスメが1歳ですから23年前です。モノが捨てられないのが問題なんですが、洋服にお金は掛かりません(中年は高くて質の良いものを着なくてはと思ってはいるんですが)。


London Opera-loving Kimono-girl (着物でオペラ in ロンドン)


というわけで、50代最後の一年はモノを増やさないようにすっきりシンプルにして、充実した60代を迎えるべくゆったりと暮らしながら、来年の節目の誕生日をどう過ごすかを具体的に楽しくあれこれ迷うことに致しましょう。


今夜は外食はせず、最近トーチャンが昔のビデオをDVDにしてくれたムスメの小さい時の姿を見ながら家でトーチャンと二人でシャンペン飲みながらのんびりする予定。昨夜のシャンペンは4人だったので分け前少なかったけど、今日は少なくともボトルの半分は飲めるし、トーチャンが焼いてくれたチョコレートの大きなバースデーケーキもまだ残ってます。


     人気ブログランキング  カクテルグラスケーキ

<22nd April Sun>


晴れ走る人

にわか雨を運よく免れて、ロンドンマラソンは青空の下で大成功。今年はイギリスにとって大きなイベントがたくさんある大事な年ですから、それに先駆けて世界中に好印象を与えることはとても重要。


ケーキ

明日は私の誕生日なんですが、今日はムスメがBF君と夕食に来てくれて、一緒にシャンペンでお祝いカクテルグラス


期待通りに手描きをカードを持って来てくれましたアートニコニコ


いつもバタバタと忙しいカーチャンだけどたまにはのんびりしてね、ってリラックマ君が言ってるのかな?クマ


London Opera-loving Kimono-girl (着物でオペラ in ロンドン)


明日は仕事を休むけど、まずはROHの切符争奪戦があり、今回はいつもと違うので余計に緊張しそうで、それが終わらないとお祝い気分になれないかも。


        人気ブログランキング   ブーケ1  もう一日だけお祝いクリックお願いしてもいいかしら?にひひ