<27th March Tue>晴れ


イギリスではあり得ない程の眩しい日差しの夏が続いてますが、今日はROHのリゴレットのドレス・リハーサルにトーチャンと行ってきました。新オペラMiss Fortuneでこけてから2週間ぶりの生オペラです。


とは言っても、今日は仕事を丸一日休むわけにはいかないので、私だけ途中で抜け出すという悲しい事態しょぼん


11時開始で1時近くまで、ということは3分の2観たのですが、4ポンドですからお金は惜しくないけど、平日悠々としてられらる人が羨ましくて溜まらず、又いつもの早くリタイヤしたい病にかかってしまいそうですむっ

カメラカーテンコールまでいられなかったので自分では写真撮ってませんが、Primroseさんがお撮りになったものを拝借させて頂きます。動画も投稿なさったので、ご覧下さい→こちら



London Opera-loving Kimono-girl (着物でオペラ in ロンドン) London Opera-loving Kimono-girl (着物でオペラ in ロンドン)

リゴレットって?


リゴレットはヴェルディの名作。オペラってものを一度観てみたいなと思ってる方には良い機会で、3月30日から4月14日までやってて、日によっては切符はたくさん残ってますから(安い切符はなさそうですが)、是非どうぞ。


詳しい椿姫的解釈は→こちら をご覧下さいですが、要するに、


ヴィクトル・ユーゴーの原作が、オペラではどれだけ変わっているのかは知りませんが、せむし男のリゴレットは公爵家の道化役。自分が仕える好色な公爵に娘ジルダを手篭めにされ、復讐に殺し屋を雇って公爵暗殺を諮りけど、裏切られても公爵を愛するジルダはその陰謀を立ち聞きし、自ら身代りになって殺されるという父娘の悲劇。

----------------------------------------------


London Opera-loving Kimono-girl (着物でオペラ in ロンドン)
音譜パフォーマンス


しっぽフリフリ公爵

私のおめあては勿論若い熱血テノールのヴィットリオ・グリゴーロなんですが、ロンドンに住むようになったこともあってか、最近はよく出てくれて、これがファウスト、トラヴィアータに続き今シーズン3度目。(嬉しいことに、来シーズンも2度、ラ・ボエームとつばめに出てくれます)


今日も当たり前のように熱い歌と演技をみせてくれて元気一杯、安定したいつものグリゴーロ節を聴かせてくれてうっとり聴き惚れましたがキスマーク、ちょっとだけ残念だったのは、最初は張り切り過ぎて力が入りすぎたのか、のっけのアリアはあまりにも弾み過ぎてぶつぶつ途切れてしまったこと。普通に平坦にした方が彼の美声が映えると思うのですが。

キャラ作りとしては、(最後のシーンは見てないけど)ことさら冷淡さを強調してるようで、何人のも一流テノールが歌ってくれたこの役、今までとは違うクールで残酷な公爵になりそうで、本番が楽しみ。


おやっと思ったのは、公爵の衣装が最初の2幕は今までと違ってたことで、理想体型でハンサムなグリゴーロ君はどれもよく似合ってましたが、これは特別扱いなんでしょうか(ゲオルギューやネトレプコで実例あり)、それともこれからはこれにするのかしら?


ネコジルダ

エカテリーナ・シウリーナはこの役で何度も聴いてるので、今まででベストな素晴らしい可憐なジルダではあるけれど、そろそろ違うソプラノでも聴いてみたいな、と。例えば、私の大好きなクルチャクは他のところではジルダもやってるのに、なぜかROHではコメディ専門。きっと素敵なのに。一回だけLucy Croweがジルダだけど(2回の間違い)、その日(14日と21日)の切符は買ってないのが残念。


クマリゴレット

公爵とジルダが上手なのはわかってるけど、主役3人のうち2人を有名歌手にすればROHとしては充分と思ってるのか、リゴレットのバリトン、ディミトリ・プラタニアスって、一体誰ですか? 


という不安を皆が抱いていたと思うのですが、この若いギリシャ系テノール、よく通る声がなかなか良くて一安心。やはり一番大切なのはこの役だし、下手くそを何度も聴くのはあまりにも苦痛ですから。歌手のことはあまり知らなくて白紙状態で判断できるトーチャンに「誰がベスト・シンガーだと思う?」と尋ねたら、「リゴレット。彼が一番拍手もらってたしね」、と言ってました。


拍手が一番大きかったのは期待が低かったせいもあるかもしれないとしても、たしかに歌は良かったんですが、演技面はペケ。近くで見ると若そうだけど老けてる顔だし、小柄で小太りで全然美男子じゃないので素のままでリゴレットにはぴったりなんだけど、このリゴレットは杖を2本持ってて、体を少し折り曲げるだけで初老の醜いせむし男の悲哀が出るようになってるわけだから、それを有効活用しなくちゃ。

顔の表情も乏しくて、目つきだけで全てを語るレオ・ヌッチの貫禄と存在感の足元に及ぶには軽く10年は掛かるとしても、もうちょっとなんとかならんものか?

でも、肝心の歌は合格点だし、本番を何度かやってるうちに演技もこなれてくるかもしれない期待できる新人ですから、今回のリゴレット、なかなか良さそうです。


ひらめき電球

今日はいわば予告編ですから、他の人たちについては又追々書きますね。私は初日をはじめ、本番には4回行きますので。

グリゴーロ君が一回だけキャンセルした日の代役フランチェスコ・メリも大好きなので、それも楽しみ。途中で誰か体調崩す可能性は大いにあるけど、リゴレットの代役にあの巨顔バリトンのガヴァネッリおじさんだけは出ませんよう・・・。ディミトリ君、体調維持には充分気をつけるんだよ。


                   人気ブログランキング  かさ

AD

<25th March Sun>

夏時間になって一気に日が長くなり、本当に夏が来た気分。イギリスの季節感は気温ではなく日の長さだから。

今更ですが、ちょっと前に観た話題の人のバレエのことを書いておきしょ。

----------------------------------------------


3月13日、着物でサドラーズ劇場に行きました。

この3日前の東北震災チャリティ・コンサートにはイベントの性格上うんと地味な着物で行ったのですが(→こちら )、この日はいわばその反動できれいな色が着たくなり、濃いピンクにお花がたくさん舞ってる小紋にし、キラキラ銀色の帯と、写真よりもっと鮮やかな帯揚げと帯締めといういつもの若作りコーディネートになりました。


ピンクと水色という洋服ではあり得ない組み合わせ、いかがでしょうか?洋服感覚で着物を着る人もいますが、私は折角着物を着るのであれば、洋服とはなるべく違うコーディネートにしたいと思っています。


これが今年15回目の着物お出掛けで、→こちら にまとめてあります。


London Opera-loving Kimono-girl (着物でオペラ in ロンドン)       London Opera-loving Kimono-girl (着物でオペラ in ロンドン)


観に行ったのはMen in Motionというタイトルのバレエ公演で、先月ロイヤルバレエを電撃退団して世間をあっと驚かせたセルゲイ・ポルーニンがお目当て。(辞めたときのことは→こちら )。古典以外を踊りたいというのが退団理由の一つだったらしいので、辞めて自由になった彼がどんなことするのか興味があり、前から2列目で45ポンドも奮発したんです。

London Opera-loving Kimono-girl (着物でオペラ in ロンドン)

男性ばかりかと思ったら、女性ダンサーも出てきましたが、やけに短かった上、なにもない舞台がほとんどで、小編成オケはいたけど時には録音が伴奏というしけぶり。座長のイヴァン・プトロフ(元ROHプリンシパル)はここでこういうのを時々やっているらしいけど、今回は話題の男ポルーニンが出ると言うのに切符の売れ行きは悪く、果たしてこれでやっていけるのかしら。私みたいに、ポルーニン話題で来てはみたものの、内容の割には切符代の高いこのシリーズにはもう二度と来ない人も多いかもしれないし。でも、サドラーズ劇場が必要なビザを取ってくれたらしいので、恩ができちゃったね。


短い8作品のダンスのうちポルーニンが踊ったのは3つ(L'apres-midi d'un faune/Narcisse/James Dean)で、予備知識ゼロで臨んだ上にバレエには疎い私の感想など無視して下さい、なんですが、一応手短に書いておくと、


London Opera-loving Kimono-girl (着物でオペラ in ロンドン)    London Opera-loving Kimono-girl (着物でオペラ in ロンドン)


London Opera-loving Kimono-girl (着物でオペラ in ロンドン)
田園風の雰囲気の中でL'apres-midi d'un faune(午後の牧神)は静かな動作だからこそ難しいらしいのですが(後で知った)、思わせぶりにじーっとしてるだけで、「一体いつクルクルぴょんぴょんしだすのかしら」、と待っていたのにそのままで終わってしまい、「えーっ、ポルーニンのジャンプを観にきたのに、なによこれ。座ってるだけじゃん」、とがっかり。


Narcisseでやっとジャンプしてくれたのは嬉しかったのですが、特に凄かったとも思えないし、ガラーンとして暗い舞台で一人淋しくぴょんぴょんしても、ROHの時みたいなうわーっ!という華やかさは一切なし。

やっぱり、ROHの王子様役でやってた時みたいに、きらびやかな舞台と衣装と賑やかしで立ってるだけでも他のダンサーたちがいる方が盛り上がるってことなんでしょう。


London Opera-loving Kimono-girl (着物でオペラ in ロンドン) London Opera-loving Kimono-girl (着物でオペラ in ロンドン)


ポルーニンの思い入れが一番入ってるのは自ら振り付けもしたJames Deanに違いないのですが、「ほら、今の僕ってジェームス・ディーンの理由なき反抗を地で行ってるでしょ?」、という独りよがりのコンセプトだけで、特にユニークな動きもなく、さらにTシャツとジーンズではダンス的に制限される上、顔の表情にも大事だろうに舞台近くに座ってた私ですら特に感じるものもなく・・・。(まあそれはジェームス・ディーン自体に共感しないのが原因かもしれなくて、若い時に彼の映画は全て観たけれどどうしても好きになれませんでした。ジャイアンツでも、ひねくれ者のディーンより、まっとうな古いタイプのロック・ハドソンの方がずっと素敵だと思いましたもん)


London Opera-loving Kimono-girl (着物でオペラ in ロンドン)
とにかく、セルゲイ君、大劇場で指示されるまま踊るより、自分のやりたいものだけを自由にやらせてもらえることが今は嬉しいんでしょうけど、ROHのきらびやかさとは程遠いこんな場末の劇場で踊ることが君のやりたかったこのなの?その上、空席も目立って、舞台から見たら淋しい光景でしょうに。


大劇場の歯車の一つでも、先輩たちの垢のついたちゃらちゃら王子様役でも、時を経て支持されてる伝統は価値もやりがいもあるわけだし、せっかく過去も現在も含めて誰よりも上手に踊れる才能もあるのに、勿体ないとは思わないの?


ROHから飛び出したことは若気の至りと私は思うけど、それが良かったかどうかは全てこれからのセルゲイ君の踊りにかかっているわけで、享楽的な性格らしいのが心配だけど、青春を謳歌しながらも踊りにだけは精進して、慎重に選びながら、世界中で活躍して欲しいものです。先は長いし、21歳、ほっそりした体つきをみてもわかるように、まだ少年だもんね。


数年後には、この日瀕死の白鳥を踊って一番受けてたAndrew Bowmanみたいな成熟したマッチョで男らしいボディキスマークになれるかもしれないから、待ってるわ、その日を。


               人気ブログランキング  ペンギン



AD

<24th March Sat> 

London Opera-loving Kimono-girl (着物でオペラ in ロンドン)
1さあ、今朝は、先週末テレビを録画したのを昨晩観たNYメトのオリー伯爵Le Compt Oryを、もう一度今度はBGMで聴くだけにして、ブログでも書きましょう。かなり前に観たポルーニンのバレエのことが書きかけだから。


だけど、ああ、やっぱりつい観てしまうわ。フローレス王子の顔芸がめちゃ面白いんだもん。これ、一年近く前にバービカンのHD生中継で観たんだけど、ダムラウもディドナートもすごく上手で、何度観ても楽しい! でも毎回全部観るヒマはないので、いつもペトルージの出番だけは早送りだ。


テレビどれどれ、今日はテレビでなにか面白い番組あるかしら?


あら、午後に、先月ロイヤル・アルバート・ホールでやってたアイーダがあるわ。


でも、その前に、F1レースの予選をテレビで観て、それから1時間あるから、急いでトーチャンと散歩に行こう。近所の水仙の群生が見頃だし、こんなピカピカの快晴、家にばかりいてはもったいないわ。


道路の両側に800メートルくらいびっしり咲いてるんですが、なかなか見事でしょ?

London Opera-loving Kimono-girl (着物でオペラ in ロンドン)    London Opera-loving Kimono-girl (着物でオペラ in ロンドン)


London Opera-loving Kimono-girl (着物でオペラ in ロンドン)    London Opera-loving Kimono-girl (着物でオペラ in ロンドン) 木蓮や桜も咲いてます桜

London Opera-loving Kimono-girl (着物でオペラ in ロンドン)    London Opera-loving Kimono-girl (着物でオペラ in ロンドン)


あ、バスに映画Wrath of the Titansの広告が!カチンコ

サム・ワージントンが着てる衣装の一部は実はうちのムスメが作ったんです。来週公開だから観に行かなくちゃ。


London Opera-loving Kimono-girl (着物でオペラ in ロンドン)      London Opera-loving Kimono-girl (着物でオペラ in ロンドン)


晴れしかし、暑いわ、今日は。20度は越してるだろうから、これはもう夏よ、イギリスでは。明日から夏時間だしね。


2アイーダは、どでかいロイヤル・アルバート・ホールだから勿論マイク使用だし、大した歌手は出ないし、切符代も高いので行かなかったけど、ちょっと観てみましょう。ビクトリア時代に実存した女性がエジプトで発掘してるときに古代エジプトに迷い込むという設定のようだけど、発想は面白いけどやり方がいまいちで、その女性がずっと舞台をうろうろしてるのも邪魔だ。ヴェルディがアイーダを書いたのとアルバート・ホールが造られた1850年代をこじつけてるらしいけど、セットは19世紀の発掘現場なので、アイーダたちは幽霊ってこと?オバケ


London Opera-loving Kimono-girl (着物でオペラ in ロンドン)     London Opera-loving Kimono-girl (着物でオペラ in ロンドン)

それでも良いけど、せっかく広いアルバート・ホールでやるんなら巨大なセットか人海作戦のスペクタクルを期待したのにどちらもなくて、スケールのちっちゃい貧相なプロダクション。10年前にここで観た先回のアイーダは巨大な像が倒れたりしてオーっという迫力だったのに。でも、一般大衆向けをめざすRaymond Gubbay氏、今回はイタリア語でやってくれたのは評価します。歌手のレベルはROHと比べちゃいけないけど、ENOでよく主役してるClare Rutterのアイーダだけは上手だったのが救い。


でも、アイーダの最後30分間は音を消して映像だけチラチラ観ざるを得ないわ。


3だって、6時からは楽しみにしてたミュンヘンのオペラハウスからのライブ中継のオネーギがあるんだもの。


London Opera-loving Kimono-girl (着物でオペラ in ロンドン)
Larina: Heike Groetzinger
Tatiana: Ekaterina Scherbachenko

Olga ; Alisa Kolosova
Onegin: Simon Keenlyside
Lenski: Pavol Breslik
Gremin / Saretzki: Ain Anger
Triquet: Ulrich Ress

Conductor: Pietari Inkinen
Bayerische Staatsoper


すっ飛んだ演出で、オネーギンとレンスキーはホモだし(チャイコ先生はそういうつもりだったのかも)、他にもかなりひねくりまわしてあるので初めてこのオペラを観る人にはお勧めしないけど、私はたくさん観てるのでどんなに崩されても平気。イメージは壊れないし、チャイコフスキーの素晴らしい音楽も汚されません。カーディフの優勝者Ekaterina Scherbachenkoは今最高のタチアナでしょう(ROHで観たときも素晴らしかった)。端正なブレスリク君はROHのドン・オッタヴィオはあまりにクール過ぎたけど今日は適度に熱くて良かったし、サイモンはサイモン、と歌手は皆さん上手だったので、こんなのが家で観られるなんて、良い時代になったものだわにひひ


でも、音は良いけど画質はお粗末だし、しょっちゅうフリーズしてしまうのには閉口で、「一番素敵なレンスキーのアリアの時に固まるなんて!」とか、「あーん、一番肝心なブレスリク君が決闘の前にシャツ脱ぎはじめたところで止まっちゃったよ~。何秒かしていきなり上半身裸にジャンプしちゃったじゃないの」、とか苛々し通し。我が家のパソコンがボロいせいかしら?むっ


London Opera-loving Kimono-girl (着物でオペラ in ロンドン)     London Opera-loving Kimono-girl (着物でオペラ in ロンドン)


というわけで、思いがけず、一日に3つもオペラを観ることができたハッピーな土曜日ニコニコ



                     人気ブログランキング チョキ

AD

<22nd March Thus>

昨日ムスメが仕事帰りに又来てくれて、夕食後は一緒に彼女がちっちゃい時のビデオ・テープを鑑賞。たくさんある中で昨日はよちよち歩きの頃の映像を笑いながら親子3人で久し振りに見て、しみじみと幸せを実感。なんせ、子供は諦めてたところに奇跡的に産まれた一人っ子なので。来週また続きを観るのが楽しみ。因みに、夕食のおかずはエビふりゃあとかき揚げ。出来合いを揚げただけで、油っこかったですが、美味しかったです。

----------------------------------------------

London Opera-loving Kimono-girl (着物でオペラ in ロンドン)     London Opera-loving Kimono-girl (着物でオペラ in ロンドン)


先日、ROHが「高い席の値段を下げます。例えば、210ポンドを175ポンドに。そしてそれは安い席の値段アップによって補います」、と言ったと書いたのですが、それは私の誤解でした。


イヴニング・スタンダード紙で「高い切符を値下げする」の後にThe price drop is being made up for by ticket prices elsewhereと書いてあったので、安い席を謳歌しながらも「こんな良い席がこんなに安いなんて恵まれ過ぎでるから、きっとそのうちどーんと上がるに違いない」、と秘かに怖れてる私なのでこういう解釈になったわけですが、


私だけじゃなくて、その不鮮明な言い方に「一体どういうことなんだ!?」と責める人たちから、(詳細な値段表もついてるROHサイト→こちら によると)問い合わせが殺到したようで、それに応えるべく、昨日サイトに明確な説明がされました。 
     

それによると、例えば来シーズンのトスカやラ・ボエームは先回の£9~£219.5から£6~£175へと、どの席も値下げになるそうで、そしてそれを補うために切符の売れ行きの良さそうなワーグナーのリング(これはすでに売り切れ)、ドミンゴの出る新プロダクションのナブッコ、ドン・カルロ(カウフマン)、プッチーニのつばめ(グリゴーロとゲオルギュー)などの値段を上げるんだそうです。

要するに、メリハリをつけるわけですが、(リングは別として)演目というよりは出演者によるところが大きいのは明らか。

London Opera-loving Kimono-girl (着物でオペラ in ロンドン)
だとすれば、全てのオペラの切符が売れるようにするためにはどうすべきかという解決策は明らかですよね?

そう、有名歌手をどっさり出せばいいんです。


出演料は高くても、何千枚という切符がダンピングせずに売れるのであれば、安い投資でしょうが。特に今年はオリンピックや女王様のダイアモンド・ジュビリーでイギリスのイメージは最高潮の筈ですから、こういう時にごっそり良い歌手をケチらずに契約しまくって下さい。


    London Opera-loving Kimono-girl (着物でオペラ in ロンドン)


それに、良い歌手が揃えば世界中からオペラファンが押し寄せるわけで、ホテルやレストランも潤って良いことtづくめになる筈なので、政府ももっと補助すべきではないかと。


さらに、チェルシーに住むことになったという今をときめくテノールのグリゴーロ君が「ロンドンは良いよ~」、と仲間に勧めてくれてロンドン在住のオペラ歌手が増えればさらに簡単に出てもらえるでしょうから、期待したいです。


こないだのインタビューでシュロットも「ロンドンが大好きで、一年に一度は来なくちゃ」と言ってたので、ネトコ一家でロンドンに引っ越してくるのはいかがでしょうか? 食べ物は不味いけど、良い私立学校はあるので、お坊ちゃまの教育にも良いと思うんですが。

London Opera-loving Kimono-girl (着物でオペラ in ロンドン)     London Opera-loving Kimono-girl (着物でオペラ in ロンドン)


ということで、公表された来シーズンの第一ピリオドの値段表を見たら値下がってるので、ほっと胸をなでおろした私。ROHにばかり行ってないで、他の所にも手を広げる方がいいかしら、と思うこともありますが、雰囲気も費用対効果もやっぱりここがぶっちぎりのベストですから、きっと又行きまくってしまいそうです走る人


            人気ブログランキング がま口財布

<20th March Tue>


今日は英国のトップ音楽学院のひとつであるRoyal Academy of Musicで行なわれた歌のマスタークラスに行ってきました。誰でも入れるオープンクラスなのですが、いわば授業の延長ですから、写真はありません。


英国人有名メゾ・ソプラノSarah Connollyが先生だったんですが、これがなんと無料。声楽だけでなく様々の楽器のマスタークラスが頻繁にあるですが、ほとんどは日中行なわれるようです。今回は幸い6時スタートだったので私も行けましたが、リタイヤして悠々自適の身になったらこういうのに行きまくることができるわけで、無料或いはうんと安くクラシック音楽が楽しめるロンドンにいるのに、会社なんか行ってるのが悲しくなります。


サラ様のマスタークラスは6時から3時間の予定でしたが、家でブログでも書こうと思っていたので、1時間くらいいれば様子はわかって充分だろうと思って軽い気持ちでちょっと覗きに行ったんです。でも、凄く面白かったので、結局最後までいたら、終わったのが9時20分過ぎ。観客のほとんどはリタイヤした初老の人たちでしたが、熱心なサラ様のお陰で盛り上がり、15分くらいの休憩1回だけで、とても中身の濃いマスタークラスでした。


長いマスタークラスでは人柄が出るわけですが、的確できっぱりしてるけどとても温かいサラ様。熱心に事細かにアドバイスして聴いてるほうも感心しっぱなしでしたが、全員に歌詞を歌わずに語らせたりして、特に歌詞と子音の重要さを強調して、明らかな効果があがりました。


彼女の音域ではない歌手もいたのに、フルな声はちょっとだけでしたが、サラ様はソフトにたくさん歌ってくれて、それはそれでいつもと違う魅力だったし、トラヴィアータのアルフレードのアリアを歌う優しい美声のサラ様なんて滅多に聴けるものではないですよ。そして、お得意のヘンデルのジュリオ・チェーザレは結構本格的に歌ってくれて、やはり一番説得力ありました。


オペラのアリアだけでなく、シューベルトの歌曲までやったのですが、サラ様の誠心誠意の指導ぶりには感激でしたが、生徒は5人で、ここの学生だろうと思うのですが、精鋭を選んだのか、皆さんとても上手。私が良いと思った順に名前を書き残しておくと、Samuel Furness (tenor), Johnny Herford (baritone), Aoife Miskelly (soprano), Katie Bray (mezzo-soprano), Sarah Shorter (mezzo-soprano)。


男性二人が印象的で、特にテノール君の歌ったKuda, kudaが素晴らしく、彼はアルフレードはいまいちでサラサマに厳しくあれこれ言われてましたが、このチャイコフスキーのアリアを歌いだしたらすぐに「あ、これは完成してるわ」と思ったか、サラ様は舞台を下りて客席で聴き惚れてました。心のこもった哀しいアリアに私もぐっと来ましたが、サラ様もうるうるでしたよ。後で「僕、このオペラは丸々歌ったことがあるから」と言ってたので、皆で納得。


このイベントを知ったのはつい最近なのですが、思い掛けず充実した時間を過ごす事ができました。今週は仕事も忙しいのですが、そういう時こそ良い音楽に接してリフレッシュすることの大切さも再確認したし、ロンドンのありがたさも実感。


                   

                人気ブログランキング 虹