<28th February Tue>

春めいた続いて心地良く、水仙なども咲き出して、イギリスで一番美しい花の季節はもうすぐです。

2月は16回もオペラやコンサートに行ってあたふたしましたが、今週はオペラ2回とコンサート1回という平均的なスケジュールでやれやれ。今日はまたムスメが夕食に来てくれて、嬉しいトーチャンカーチャンでした。

明日はいよいよ私にとっては最後のモーツァルトとなるドン・ジョヴァンニです。

----------------------------------------------
 London Opera-loving Kimono-girl (着物でオペラ in ロンドン)

モーツァルト/ダ・ポンテ三部作もあとドン・ジョヴァンニとフィガロの結婚1回づつ残すのみとなり、久し振りに他のオペラも始まりました。


昨日はドヴォルザークのルサルカの初日に行きましたが、ROHでは新プロダクションとは言え、すでに他でやっててチープなセットと衣装であることは事前に知っていたので驚きも失望もしませんでしたが、案の定、カーテンコールで演出家やデザイナーが登場した時は大変なブーイングが起こりました爆弾えっ


お昼にジムで頑張り過ぎて疲れていたのか、ウトウトしっぱなしで、これでは観たことにはならない気もするので、感想は来週もう一度ちゃんと観てからにすることにして、今日は、ここまで派手なブーイングも珍しいだろうという程の珍しいシーンの動画をアップしておきますね。




要するに御なじみの人魚姫のお話なんですが、王子はTシャツ、水の精ルサルカはトレーナー・ズボンをはいたまま、ルサルカのお父さんは無精ひげの飲んだくれ、姉妹たちは品の悪いスケスケ衣装でまるで最低クラスの売春婦、着ぐるみの猫も出てくるし、というすっ飛んだプロダクションでは、激しいブーイングも当然かもしれませんが、当のご本人たちは嬉しそうでした。物議を醸すのが目的なわけですし、新聞批評も5つ星から1つ星まで様々という、まさに彼らの思うつぼ。


フル・ステージでやるのはなんとROHでは初めてという珍しいオペラなんだから、最初はまともな設定でロマンチックな悲恋物語に浸りたいという気もしますが、悲劇を茶化して笑い飛ばすというのは私のブログにも通じる点があるのかな、と思ったりしてべーっだ!


London Opera-loving Kimono-girl (着物でオペラ in ロンドン)
Composer Antonin Dvorák
Directors Jossi Wieler/Sergio Morabito
Revival Director Samantha Seymour
Set designs Barbara Ehnes
Costume designs Anja Rabes
Lighting design Olaf Freese
Choreographer Altea Garrido
Video Chris Kondek
Conductor Yannick Nézet-Séguin

Rusalka Camilla Nylund
Foreign Princess Petra Lang
Prince Bryan Hymel
London Opera-loving Kimono-girl (着物でオペラ in ロンドン) Ježibaba Agnes Zwierko
Vodník Alan Held
Huntsman Daniel Grice

Gamekeeper Gyula Orendt
Kitchen Boy Ilse Eerens
Wood Nymphs Anna Devin/Justina Gringyte/Madeleine Pierard



演出は問題ありでも、主役カップルを演じたCamilla NylundBryan Hymelは素晴らしい歌唱で喝采浴びました。それがオペラにとっては最も大切なわけですから、それだけで私にとっては○印。

もう一度観てどういう意見になるのか、自分自身でも楽しみ。トーチャンも一緒に行ったのですが、珍しく来週もまた行くと言い出したのは、彼も同じ思いなのかも。



                人気ブログランキング  フグ

AD

<26th February Sun>

相変わらずのポカポカ陽気。後でちょっと外に出てみよう。

ここ暫くのROHモーツァルト三昧で、「あー、さすがにちょっと違う雰囲気の音楽、例えばストラヴィンスキーとか聴いてみたいかも」と思っていたんですが、今週末は計らずもヴェルディを2つ聴くことになりそうです。昨夜のメトHDラジオ生中継のエルナーニは嫌いな歌手が二人出てるにも拘わらずなかなか良かったし、今夜は同じくメトのトロヴァトーレのTV放映があり、少し痩せたらしい丸ちゃん(Mアルバレス)を久し振りにテレビでかじりつく予定(でも、ゲゲッ! 両方ともホロが歌ってる)。

----------------------------------------------


モーツァルト/ダ・ポンテ三部作も終盤に差し掛かりましたが、2月14日、20日、24日と3回行ったフィガロの結婚Le nozze di Figaroを観終わりました。


私の知る限り切符代がダンピングされなかったのは、3つの中でこのフィガロの結婚だけですが、特に人気歌手が出てたわけでもないので、やっぱり作品として一番人気があるということでしょうか。

London Opera-loving Kimono-girl (着物でオペラ in ロンドン)

London Opera-loving Kimono-girl (着物でオペラ in ロンドン)


メモどんなオペラなの?と首を傾げる方のためにざっと説明すると、


ストーリーはロッシーニのオペラ「セヴィリアの理髪師」での出来事から数年後という設定で(オペラとしてはモーツァルトの方が先ですが)、その時の床屋のフィガロの手助けによって伯爵がロジーナと結婚するまでのドタバタ

劇の登場人物はほとんど皆また出て来るのですが、主役3人が別人のように変ってて


London Opera-loving Kimono-girl (着物でオペラ in ロンドン)
結婚前のセヴィリアではあんなに元気で機転が利き、問題解決に前向きで積極的だったロジーナ嬢は今では夫の浮気にくよくよ悩むだけの伯爵夫人になってしまったししょぼん


床屋のフィガロはセヴィリアでの手柄のおかげで伯爵家に雇われたのですが、原因はギャンブルでしょうか、多額の借金で首が回らなくて返済できなければ金貸ばあさんと結婚しなければならない羽目に陥っていて、伯爵がフィアンセを狙っているのも気が付かないほど頭の回転も冴えなくなって婚約者に押されっぱなしガーン


そして、あれほどの苦労の末ロジーナと結婚できた伯爵は彼女に飽きて若い女性の尻を追いかけ回ししっぽフリフリ



London Opera-loving Kimono-girl (着物でオペラ in ロンドン)
という状況の中で、ストーリーはフィガロと伯爵夫人の小間使いスザンナとの結婚の日のドタバタなんですが、かなり込み入った話なので詳しいことはとても書けませんが、要するに、スザンナに領主の「初夜権」を行使しようとするスケベ伯爵をこらしめる話で、今回の悪者はアルマヴィヴァ伯爵。オリジナル小説は、召使が貴族を負かすのは革命的であるとして禁止すらさたそうだし、これがフランス革命のきっかけになったという説もあり。


伯爵も馬鹿ではないので、皆であの手この手で知恵比べ。モーツァルトのオペラにはよく出てくる偽装して他に人になりすますシーンもあるし、ヤキモチの妬き合いで人間の愚かさ醜さ可愛さが出てなかなか深い味わいがあり、セヴィリアの理髪師のような表面的な喜劇ではありません。


London Opera-loving Kimono-girl (着物でオペラ in ロンドン)
新しく登場する人物で重要なのはフィガロのフィアンセのスザンナで、伯爵誘惑のオトリになったり、窮地では機転を利かせたりして、キュートで溌剌、利発な女中さんの彼女がこのオペラのゴタゴタの中心であり仕切り役。


もう一人新しい登場人物でユニークなのは小姓のケルビーノ。女性を見ると鼻血ドバドバの青春ホルモン過剰供給少年で、有名なアリア「恋とはどんなものかしら?」も彼の状態を考えると、ロマンチックな恋への憧れの歌ではないことがわかるでしょう。この役を男性が演じると生々しくなるのでしょうが、これはメゾ・ソプラノのズボン役で、男性役の女性歌手が女装するというひねった面白さがあります。


音楽の構成も抜群だし、有名アリアが散りばめられて、喜劇オペラでは最も人気があるのも当然です。


家ワンピース

2006年初演のマクヴィッカー演出は、つまらない程まともですが、たまにはこういう素直でわかりやすい設定が却って新鮮で、衣装が特に素敵だし舞台も開放的で明るくて、私は好き。


London Opera-loving Kimono-girl (着物でオペラ in ロンドン)

    London Opera-loving Kimono-girl (着物でオペラ in ロンドン)


     London Opera-loving Kimono-girl (着物でオペラ in ロンドン)
London Opera-loving Kimono-girl (着物でオペラ in ロンドン)
Composer Wolfgang Amadeus Mozart
Director David McVicar
Revival Director Leah Hausman
Designs Tanya McCallin
Lighting design Paule Constable
Movement Director Leah Hausman

Conductor Antonio Pappano Richard Hetherington
Figaro Ildebrando D'Arcangelo
Susanna Aleksandra Kurzak
Count Almaviva Lucas Meachem
Countess Almaviva Rachel Willis-Sørensen
Cherubino Anna Bonitatibus
Don Basilio Bonaventura Bottone
Marcellina Ann Murray
Bartolo Carlo Lepore
Antonio Jeremy White
Barbarina Susana Gaspar



London Opera-loving Kimono-girl (着物でオペラ in ロンドン)    
カラオケパフォーマンス

3つの中で唯一、パッパーノ大将が指揮するわけだし、結構豪華なキャストの予定だったのに、1月末に伯爵役のサイモン・キーンリーサイドが降板してしまい(体調崩したバレリーナの奥様の代わりに二人の小さな子供の面倒をみてて喉を壊したんだそうです)、直前に肩すかしを食らってしまいました。更に、いつのまにか伯爵夫人も上品で素敵なケイト・ロイヤルから無名のソプラノに変ってるし、これでは先回の豪華な伯爵夫妻(フリットリとマッテイ)にうんとひけを取っちゃうわよねえ。
London Opera-loving Kimono-girl (着物でオペラ in ロンドン)
と、がっかりしたけど、思いの他良かった人もいて、結局はなかなかのレベルになり、何度も観たプロダクションですが、楽しめました。


        London Opera-loving Kimono-girl (着物でオペラ in ロンドン)


フィガロ

イルデブランド・ダルカンジェロは最近好調らしく、深い声が朗々と響き渡り、先回よりも声もよく出てたし、ネイティブなイタリア語は他の誰よりも滑らかで、経験豊富で立派なフィガロでした。ダークで精悍な容貌とも相合って、こういうタイプに惹かれる女性にはたまらないダル様でしょう。

金貸し中年女が実は母親だったとわかる場面では大袈裟に失神したりして受けてましが、ちょっと前にやったイタリアのトルコ人の表情豊かな爆笑演技が印象に残ってる私には、ダル様もっともっと派手にやればいいのに、と歯がゆい程控え目で大人のフィガロだったような。

一番残念だったのは、今回ダル様をドン・ジョヴァンニで観られなかったことで、男盛りの色気溢れる現在の彼は女性たちにしてやられる青二才のフィガロじゃなくて、女を振り回す伊達男ドン・ジョヴァンニでしょうに。


スザンナ

おたふく顔の庶民的な容姿といい、滑らかで軽やかで声と歌い回しといい、アレクサンドラ・クルチャク(クジャクというのが一番近い発音らしいですが、仲間うちではこう呼んでます)ほどこの役に相応しいソプラノはいないのではないかしら。ROHにはよく出てくれて、どんな役をやっても私は大好きで、今回3回分切符を買ったのも彼女なら何度聴いてもいいから、と思ったからでした。2010年にこの役はROH若手アーチストだった中村恵理さんがやったのですが、役柄にルックス的に相応しいかどうかも含め、全ての面で恵理さんが太刀打ちできる相手ではありません。

でも、絶好調ではなかったようで、いつもより声が乾いている日もあったし、第一スザンナは出ずっぱりで歌いっぱなしにも拘わらず聴かせどころのアリアは1曲しかないので損な役回り。彼女が難しいアリアを歌い転がしまくる役で聴いてみたいです。

London Opera-loving Kimono-girl (着物でオペラ in ロンドン)    London Opera-loving Kimono-girl (着物でオペラ in ロンドン)


London Opera-loving Kimono-girl (着物でオペラ in ロンドン)     London Opera-loving Kimono-girl (着物でオペラ in ロンドン)

アルマヴィーヴァ伯爵

女たらしで自分勝手だけど頭は悪くない伯爵は、コメディの悪役としてはとてもやりがいのある重要な役なのに、ルーカス・ミーチェムは、大柄なので立ってるだけで存在感はあるけど、図体ばかりでかくて声には迫力がないし、芝居もメリハリに欠けて、ずっと「ああ、これがサイモンだったら歌も演技も細かい所にまで気を配ってさぞかし素晴らしい伯爵だっただろうに・・・」、と思わざるを得ませんでした。特に一番大事な怒りのアリアはヘナヘナ。

軽めでスムーズな美声は耳に心地良いし、もう少し痩せれば長身で顔も悪くないので(3年前にのダイドーとエネアスに出た時は(→こちら )今よりずっとほっそりしてて素敵だった)、声自体の魅力が最重視される役で頑張って下さい。

伯爵夫人

レイチェル・ウィリス・ソレンセンって全く聴いたことのない名前なので一番不安でしたが、アメリカ人の彼女が今回のめっけものなりました。大柄なのでルーカスとはお似合いの威厳ある貴族カップルで、どっしりとした体の大きさに相応しい声量で厚みと張りがあり、元々この役はメソメソしてるだけで芝居面では受けないけど、しっとりした素晴らしいアリアが2曲あって儲け役なんですが、多少荒っぽいところもあるものの、彼女の良さを充分出しきれる役でしょう。


拍手も一番大きかったし、一緒に行ったトーチャンに「誰がよかった?」といつものように聞いたら「伯爵夫人」と即答。連チャンでしんどいので3回目に行こうかどうしようか迷った私をROHに引き寄せてくれたのは彼女でした。こういうことがあるから、無名歌手と云っても侮れなくて、それがオペラの醍醐味でもあるわけです。


ケルビーノ

アンナ・ボニタティバスはこの役をここで以前やってますが、きっと好評だったから再登場になったに違いなくて、小柄で少年らしい仕草という点では今までたくさん見たケルビーノの中でもピエロ役としてはベストで、ケルビーノの場面は爆笑もの。声もよく出て良い歌手だと思うのですが、肝心の「恋とはどんなものかしら」という超有名アリアをピアニッシモで歌い過ぎたのが残念。
London Opera-loving Kimono-girl (着物でオペラ in ロンドン)
その他

セヴィリアの理髪師にも出てくる日和見鳥男バジリオ音楽教師は、2006年のプレミエのフィリップ・ラングリッジのオカマ風クネクネ演技が最高でした。今回のブエナヴェンチューラ・ボトンは喜劇演技が得意なテノールなので、どんな面白いバジリオになるかしらと期待したのに、彼としてはえらく遠慮がちな演技と歌唱で全く冴えず。


金貸しで実はフィガロの母親だったマルチェリーナアン・マレー。皮肉なことにその抜群のバジリオ役だった故フィリップ・ラングリッジとはイギリスのオペラ界のおしどり夫婦だったんですが、未亡人になっても気丈に活躍するかつての英国花形メゾ、頑張れ!


セヴィリアの理髪師では重要な悪役で、伯爵にロジーナを略奪されて復讐を図るドン・バルトロはこのオペラではちょい役ですが(結局フィガロの父親だとわかるわけですが)、カルロ・レポーレの立派な歌唱力は、先日のコジ・ファン・トゥッテでトーマス・アレンの代役で証明されたわけですが(→こちら )、今回も良い味出してました。


指揮者パッパーノ大将が素晴らしいのは当然なのですが、チェンバロを弾きながらだから忙しいんですが、楽しみまくってる様子が私の席からはよく見えて、楽しいオペラが更に盛り上がるというオマケ付き。いつもありがとうございます。


尚、過去の分は→こちら の一覧でどうぞ。


            人気ブログランキング  指輪






AD

<25th February Sat>

晴れこんな春らしい陽気の中、家に閉じこもっているのも勿体ないような気はしますが、ブログを書いたり他の片付け仕事が溜まってるから仕方ないわ。すでに3回行ったドン・ジョヴァンニは、もう一回来週行ってから感想を書きますが、昨夜の出待ちのことをまずアップしましょう。

----------------------------------------------


朝が早いサラリーマンの私にとってはステージドアでの出待ちはリタイア後にしかできない贅沢と諦めてるんですが、この日はご一緒して下さる出待ち常習犯にひひの友人もいて、着物の上に何も羽織らなくても大丈夫なくらいの異常な暖かさだったし、今夜は数人のソロ歌手が出るから誰かは早く出てくるだろうから、まあちょっと様子を見に行きましょうということで、2月23日、木曜日の夜にドン・ジョヴァンニの後にステージドアに駆けつけたら、ほぼ一番乗りでした。(写真はクリックで拡大カメラ


London Opera-loving Kimono-girl (着物でオペラ in ロンドン)
Conductor Constantinos Carydis
Don Giovanni Erwin Schrott
Leporello Alex Esposito
Donna Anna Carmela Remigio
Donna Elvira Ruxandra Donose
Don Ottavio Pavol Breslik
Zerlina Kate Lindsey
Masetto Matthew Rose



London Opera-loving Kimono-girl (着物でオペラ in ロンドン)     London Opera-loving Kimono-girl (着物でオペラ in ロンドン)


時間限定の私には幸いなことに、待つこと10~15分で次々と出てきてくれたのですが、いきなり目の前に現れるし、私たちは列の最先端なので、コーラスやオケの人もぞろぞろ出てくる中で、誰なのか一瞬で識別して声を掛けないと通り過ぎてしまいますアップ

London Opera-loving Kimono-girl (着物でオペラ in ロンドン)
実際、最初に出て来た大男が騎士隊長だと気付いた時には後ろ姿でしたが、まあ彼はマイナー過ぎるのでどうでもいいや。


次に現れたのがツェルリーナ役のケイト・リンゼー。造作の大きいイユニークな美貌はすぐわかり、「ミス・リンザー! メトのホフマン物語の中継ですごく素敵だったので、生で聴けて嬉しいです。」、と言ったら「ありがとう、嬉しいわ。あれは楽しかった」と言って快くツーショットに応じてくれました。歌も上手だし凛々しくて素敵な彼女を次は是非ズボン役で観たいです。

London Opera-loving Kimono-girl (着物でオペラ in ロンドン)
次はいきなりドン・ジョヴァンニ。意外に背が高くてがっしりしたア-ウィン・シュロットのいでたちは、この前のトーク・イベントの時と似た感じのグレーのボロ・ファッション。きっとこういうファッション・センスなんでしょう。


私たちの後ろに知り合いでもいたのか、すぐにそっちに行ってしまったので、ツーショットは逃してしまって残念しょぼん 狭くて混んでる場所なのでタイミングが難しいのよ。

で、食い下がって後ろから割り込もうかなと思っていたら、


虹あーっ! その後すぐに出て来たのがドン・オッタヴィオのパヴォル・ブレスリク君よ!! バリトンよりテノール好みの私にはこっちの方が大事なので、素早く彼を捕まえなきゃ。


London Opera-loving Kimono-girl (着物でオペラ in ロンドン)      London Opera-loving Kimono-girl (着物でオペラ in ロンドン)


「2年前のコジ・ファン・トゥッテの時にここで待ってたのに出てきてくれなくて失望したことあったのよ」と言ったら、「そうか、それは申し訳なかった」と。「今度いつロンドンに来るの?」(お目当ての歌手に対してはこれが一番大切な質問)、「来年のオネーギンだよ」。オネーギンやるなら、レンスキーは去年ENOで聴いたトビー君にやらせてあげたい気もするけど、ブレスリク君なら文句なしで、今から楽しみラブラブ! 


しかし、シュロットと雰囲気を合わせたようなこのファッションは、端正なハンサム君には似合わないし、金髪のブレスリク君が見たかったのにシュロットと同じく帽子被ってるのは寒さから身を守るため?今夜は暖かいから要らないのにぃむっ


London Opera-loving Kimono-girl (着物でオペラ in ロンドン)

「ウィルスにやられて不調なんですが、歌いますからご理解を」というアナウンスをされたのがレポレロ役のアレックス・エスポジートが登場。


オツムが薄いのは知ってたので彼だとすぐわかりましたが、それを知らなかったら、特徴のない彼は素通りさせちゃうかも。


体調悪い彼こそ帽子被るべきなのに坊主頭のエスポジット君、「たくさん観た中で貴方がベストなレポレロだと思う。前にもこの役で出たよね」、と言ったらとても喜んでくれました。お世辞じゃないし、病気でもこれだけエネルギッシュにやるプロ根性は凄くてファンになりました。


London Opera-loving Kimono-girl (着物でオペラ in ロンドン)     London Opera-loving Kimono-girl (着物でオペラ in ロンドン)

「具合はどう?」、「もう最悪、あちこちガタガタなんだよ~ガーン」。 「でも、はいスマイル・プリーズ」と無理矢理。

London Opera-loving Kimono-girl (着物でオペラ in ロンドン)      London Opera-loving Kimono-girl (着物でオペラ in ロンドン)

お目当てのブレスリクとエスポジットに逢えて一段落したので、折角だから出口近くまで進んでたシュロットを掴まえて、友人はサインを、私はツーショットをねだってみましょう。「アリガトー」って日本語で言ってくれたし、とりあえずドサクサに紛れてツーショットもできたので良しとしましょうチョキ ブログ用の写真が撮れれば満足だし、たくさん人が待ってる中で長々と話をするのはマナー違反だと思うんです(そういう人いるんですよね)。


帰ろうかと思ったら、あっ、ドンナ・エルヴィラ役のルクサンドラ・ドノセだ!

舞台では妙なカツラ被ってるし苦悩の表情が多いので老けた印象だけど、こんな風にナチュラル髪で微笑むととても魅力的じゃないですか。「去年の秋にRFHで中村恵理さんとトビー君と共演したのも聴きましたよ」、「あら、ありがとう」。 


というわけで、慣れないので緊張しましたが、ドンナ・アナ役のカルメラ・レミージョ以外は写真撮れました。もしかしたら彼女も出て来たんだけど、舞台の濃い化粧落として素顔だとわからなくてオケの人たちに紛れて見つけらなかっただけかも。


で、こんなに早く出てきてくれるんなら、ちょくちょく行けるかもと思ったりもしました(←危険爆弾)。来週もう一度ドンジョバに行くのは最終日だからきっと終演後にドリンクとかして時間が掛かるだろうから私は無理ですけど。


                  人気ブログランキング   モグラ  

AD

<24th February Fri>


すみません、今日はフィガロの結婚を観に行って帰宅が遅くなったし、忙しい毎日でさすがに疲れたので、お約束した昨夜の出待ち写真アップは明日に延期しますガックリ 


         London Opera-loving Kimono-girl (着物でオペラ in ロンドン)    


カメラところで、自分で言うのもなんですが、昨夜のこの写真とても素敵でしょ? なかなかこんなカーテンコール写真は私のボロいカメラで撮れるものではありませんよチョキ


「あ、着物の人がいる」と私に向かって指さしてるように見えるかもしれませんが、残念ながらそうではなくて、実はパフォーマンスの途中にジョン・ジョヴァンニがチャチャ入れに客席に来て、ストールサークル最前列の女性に手に恭しくキスしてくれるんですが、カーテンコールのこのゼスチャーはその彼女に向けってなされたものに違いなくて、たまたま3列目の私はその延長上にいたので、こんな抜群の角度で撮れたんです。


でも、そう言えば、2007年6月のドン・ジョヴァンニで、シュロットが明らかに私に向かってポーズ取ってくれたことがありましたわ。詳しくはその時の記事をご覧下さい(→こちら )なんですが、あれはやはり着物の威力に違いないです。


ビックリマークそうだ、この時ネトレプコと共演してたんですが、この二人はこの時にデキたんでしょうか? ネトコもまだほっそりして綺麗だったしね。


             人気ブログランキング  サーチ  

<23rd February Thus>


晴れうららかな春の日、シティのお昼休みは広場で日向ぼっこする人がたくさんいました。


モーツァルト三昧もピークに達してる今、今日はまたドン・ジョヴァンニに。


珍しく出待ちもしてみました。


時間がないので、ドン・ジョヴァンニ役のアーウィン・シュロットだけの写真だけアップしますが、


London Opera-loving Kimono-girl (着物でオペラ in ロンドン)




うーん、得意げ


やっぱり舞台のフェロモン男ぶりのほうが素敵だわラブラブ!



London Opera-loving Kimono-girl (着物でオペラ in ロンドン)


着物で行ったのですが、シュロットや他の歌手ともツーショット写真が撮れましたので、明日アップします。フィガロの結婚の3回目に行くのですが、また帰りが遅くても、明日は金曜日だから夜更かしOK。


動画もちょびっとだけ貼っておきます。




さあ、もう一日仕事もオペラも頑張れば、ゆったり週末はすぐそこだビックリマーク               



             人気ブログランキング   コーヒー