<29th January Sun evening>

ROHのモーツァルト三昧がはじまる前に椿姫記事を全て終えることができました。これで心置きなくコジることができます。長々しつこく続いた椿姫に付き合って、お互い疲れましたよね~

---------------------------------------------


椿姫さんは、このROHのトラヴィアータを一体何度観たんですか?


そうねえ、この11年くらいで軽く20回は越してると思うけど、さすがに30回には達してないと思うわ。


ってところですが、同じプロダクションを軽く20回以上観てるオペラは他にはないと思うし(もしかしたらラ・ボエームはそうかも)、ROHのドル箱で公演回数自体も最多の筈。


2006年までの歌手の品定めはすでに済んでますが(→ヴィオレッタアルフレードジェルモン )、今までに聴いた歌手を全て採点するとどえらいことになってしまうわけで、今日はとりあえず今回8回観た主役歌手3人だけに絞って順位付けしてみます。


行ったのは、

10月3日(ポプラフスカヤ、ヴェレンティ、ヌッチ)、10月19日((ポプラフスカヤ、ヴェレンティ、ホロストフスキー)、12月6日(ペレス、ベチャラ、キーンリーサイド)、12月20日(ペレス、ベチャラ、キーンリーサイド)、1月17日(ヤホ、コステロ、ガヴァネリ)、1月20日(ペレス、コステロ、ガヴァネリ)、1月23日(ボブロ、グリゴーロ、ガヴァネリ)、1月25日(ボブロ、カストロノーヴォ、ガヴァネリ)で、


キャンセルされたのは、

したのはネトレプコが1月17日と20日、グリゴーロが1月25日、ヤホが1月23日と25日。1月20日にはネトコの代役になったヤホが倒れてペレスが代々役になったこともありましたが、もうややこしくてわかんないでしょ?ショック!


カメラカーテンコールは短い上に暗いし、動画も狙わなくちゃいけないので良い写真が少ないんですが、その中でもベストな写真を私が気に入った順に並べてみましょう。


----------------------------------------------

London Opera-loving Kimono-girl (着物でオペラ in ロンドン) 王冠1    London Opera-loving Kimono-girl (着物でオペラ in ロンドン) 宝石赤

                                          


ヴィオレッタは、


王冠1ベルナルダ・ボブロの張りのある軽やかな美声は今回の代役劇の大ヒット。演技はまだまだだけど。


宝石赤アイリーン・ペレスは、歌唱力ではヤホと同位ながら、可憐さで勝ち。急遽コステロ君との夫婦共演が実現したのも代役劇でのラッキーイベント。


口紅エルモネラ・ヤホの全身全霊の熱演は感涙。演技賞は差し上げるけど、最後の死ぬ場面の迫力は凄過ぎる。


うんちマリーナ・ポプラフスカヤの不快な声はなにを歌ってもペケだけど、いつも以上の荒っぽさで大ペケ。お願いだからこの役では(どの役でも)、もう出ないで!


London Opera-loving Kimono-girl (着物でオペラ in ロンドン) 口紅    London Opera-loving Kimono-girl (着物でオペラ in ロンドン) うんち

                                            
----------------------------------------------

London Opera-loving Kimono-girl (着物でオペラ in ロンドン)  王冠1     London Opera-loving Kimono-girl (着物でオペラ in ロンドン) 宝石ブルー
                                             


London Opera-loving Kimono-girl (着物でオペラ in ロンドン) ジーンズ     London Opera-loving Kimono-girl (着物でオペラ in ロンドン) レンチ

                                           


アルフレードは、

London Opera-loving Kimono-girl (着物でオペラ in ロンドン)


王冠1そりゃ当然今をときめくヴィットリオ・グリゴーロが一番に全ての面で決まってるけど、風邪ひいて一回しか出てくれなかったことは恨んじゃう。


宝石ブルー動き回る熱血グリゴーロとは対極ののんびり構えたスティーヴン・コステロ、それも個性だし声が好きなので2位。


ジーンズピョートル・ベチャラは、甘ったれ坊ちゃん役には老けてて立派過ぎるし華がないけど、歌は当然ソツなく上手。


レンチチャールズ・カストロノーヴォは、今まででは一番ましだったけど、バリトンっぽい声は私には魅力なし。コジには出てくれなくてもいいから。

                                                          トイレ

トイレジェームス・ヴァレンティは、こないだファウストの代役で見直したし、先回の椿姫でレベカ嬢とは美男美女カップルでなかなか良かったけど、今回の相手ポプラフスカヤとはケミストリーもゼロだし、損したね。


----------------------------------------------


London Opera-loving Kimono-girl (着物でオペラ in ロンドン) 王冠1     London Opera-loving Kimono-girl (着物でオペラ in ロンドン) 宝石ブルー

                                                   

ジェルモン・パパは、


そもそもバリトンには惹かれない私、特にこの役はアリアも聴き飽きてつまんないので、DVDだったら早送りするところ、あくびしながら聴かなくちゃならないのは辛いけど、


王冠1レオ・ヌッチはなぜか愛してるので、このチームは彼だけが目的。素のままで大袈裟な演技はしないのに貫禄と品位が滲み出て、さすが。でも、体調崩してキャンセルした代役にホロが出てきちゃって迷惑蒙ったわよ。


宝石ブルー50歳は過ぎてるけど若々し過ぎるサイモン・キーンリーサイドは杖つきながらよぼよぼ爺さんを懸命に演じて健闘賞。こんな役しなくてもいいから、もうすぐはじまるフィガロの結婚のスケベ伯爵役で待ってたのに、病気で全てキャンセルってあんまりだ。


ロボット銀髪だけどパパには若くてダンディ過ぎるディミトリ・ホロスフスキーは、老けた演技などしようともせず、そのままで通すところが大物、というかどんな役やってもホロ自身だもんね。なにもこんなちょい役で代役買って出なくてもよかったのに。


うんちパウロ・ガヴァネリのまろやかな、と言えば聞こえはいいけど輪郭のないぼけた声が嫌いなのに、蔓延してたインフルエンザにもかからず皆勤賞だなんて、4回も我慢しなくちゃならない私の身にもなって下さいよね。


London Opera-loving Kimono-girl (着物でオペラ in ロンドン) ロボット    London Opera-loving Kimono-girl (着物でオペラ in ロンドン) うんち                                       


---------------------------------------------


以上、要するに、観る前からわかってたような結果になったわけですが、

がま口財布でも、8回も行って、散財したんじゃないの?


いえいえ、いつも狙う13ポンドの席でラッキーなことに手配できたので合計100ポンドちょっとで済み、ありがたいことでございます。たくさんの知人の分もゲットできて、椿姫お節介エージェンシーの株も上がった筈ドリル


さあ、椿姫が終わったら、モーツァルト/ダ・ポンテ漬けのはじまりで、明日明後日はコジとドンジョバンニ。


              人気ブログランキング  砂時計

AD

London Opera-loving Kimono-girl (着物でオペラ in ロンドン)
<29th January Sun morning>

昨日はトーチャンと映画The Iron Ladyを観に行きました。主演女優賞総なめに違いないメリル・ストリープの名演技はもちろん抜群でしたが、サッチャー夫人が1979年に首相になったすぐ後に渡英した私にとっては、映画に出てくる出来事はリアルタイムで覚えているニュースばかりだし、「あ、あの閣僚役にはあの俳優ね」と納得したり意外に思ったり等々、とても楽しめました。信念の女マギー・サッチャーは(末期は残念でしたが)尊敬してたし。映画としての出来もなかなか良くて、先週観たThe Artistも面白かったけど、こちらの方が個人的にはずっしり来ました。

先週終わったトラヴィアータ最終日の失望を書いておきましょう。

-------------------------------------


1月23日は待ちに待ったグリゴーロ君が出てくれて万歳でしたが(→こちら )、実はほんのちょっとだけですが、「あら、鼻声みたい。もしかして風邪引きかけてる?」、と一抹の不安が走ったんですガーン


2回しか出ない予定なのに実際には1回だけでグリゴーロ君が降板したら、それはメチャ悲しいですよ。でも、代役ヴィオレッタのボブロ嬢同様、もしかしたら若くて上手なテノールを控えとして準備してるかもしれないし、無名の若い代役コンビが世界に羽ばたくビッグイベントになるならそれも良いかも・・・。


などとほぼあり得ない妄想に耽っていたバチでしょうか、なんとグリゴーロ君の降板は現実となってしまいしょぼん、インフルエンザなんだそうですが、当日になって発表がありました。

で、代役は誰? 知らないテノールだったら楽しみだけどアップ


London Opera-loving Kimono-girl (着物でオペラ in ロンドン)
Director Richard Eyre

Revival Director (January) Paul Higgins
Designs Bob Crowley
Lighting design Jean Kalman
Director of Movement Jane Gibson

Conductor Maurizio Benini
Violetta Valéry Bernarda Bobro (Ermonela Jahoの代役)
Alfredo Germont Charles Castronovo (Vittorio Grigoloの代役)
Giorgio Germont Paolo Gavanelli
Baron Douphol David Stout
Doctor Grenvil Robert Lloyd
Flora Bervoix Justina Gringyte
Marquis D'Obigny Jeremy White
Gastone de Letorières Ji Hyun Kim
Annina Hanna Hipp



・・・・・ま、そりゃ、そんな夢みたいはことは起こらないわよね、やっぱり。チャールズ・カステルノーヴォですって。二日後にはじまるコジ・ファン・トゥッテのリハーサルでロンドンにいる彼がやってくれると言えば、そりゃROHには一番都合が良いでしょうよ。ここでこの役やったこともあるし。


しかし、カステルノーヴォは、ROHではちょっと前のコジ・ファン・トゥッテや2005年と2006年のトラヴィアータに出たんですが、一度も良いと思ったことがないので、一気に期待は萎みまくりダウン 来週行くコジだって、他のテノールに変更になりますようにと祈り続けてたんだから・・・むっ


London Opera-loving Kimono-girl (着物でオペラ in ロンドン)


で、どうだったかと言うと、期待があまりに低かったせいか、怖れていた程ひどくはなくて、一応知名度はあるわけだし、技術的にはなかなか立派で文句のつけようはありません。でも、声の魅力が全く無いのが致命的。グリゴーロ君を2日前とは逆方向から観られる筈だったのに、代わりがこいつか・・・プンプン  私はまだ一回見たからラッキーだけど、今日の切符しか買ってない人があまりにも気の毒だグー


汗今日の苦しみはもう一つあり、それは勿論ジェルモン・パパのパウロ・ガヴァネッリうんちで、先週ほどひどくはなかったけど、でも大嫌いなのに4回目よ、私は。彼が歌ってる間は寝ようと努力したけど駄目で、こんなに長く退屈だったオペラはないわ。頭痛まではじまりましたもんね。一緒に座った友人も同じ感想でしたが、なんとカーテンコールで一番拍手が大きかったのが彼。絶対に間違ってる!むかっ


男二人が良くないのはわかっていたのに忙しい中行ったのは、ヴィオレッタのベルナルダ・ボブロ嬢をもう一度聴きたかったからですが、2日前にヤホの代役で歌ってすっかり気に入った彼女の声はこの日はさらに自信に満ちてきれいに響き渡り、彼女が歌う場面だけは閉じてた目も耳もがばっと開けて聞惚れましたラブラブ!


ヴィオレッタよりもっと軽やかで彼女にぴったりなオペレッタ「こうもり」で5月13日15日にウィーン・フォルクスオーパー日本公演に出演するそうですから(→詳細はこちら )、是非どうぞ。5月18日と20日の「ウィンザーの陽気な女房たち」にも出るようです。東京文化会館で一番高い席は39000円だそうですが、ウィーンに行くことを思えば安いもんではないでしょうか? 


というわけで、大物スターのキャンセルが相次いだ波乱万丈の椿姫マラソン、最終日は主役が二人とも代役という情けない尻切れトンボ事態になりましたが、私にとっては今回の大ヒットとなったボブロ嬢が救ってくれましたキラキラ


8回のまとめは準備中ですので、お待ち頂く間、→人気ブログランキング をクリックして下さると嬉しいです。      



AD

オペラ椿姫に着物で6回目

テーマ:

<28th January Sat>

月曜から金曜までの連チャンお出掛けを全部無事に楽しくこなしました。週末は家でブログ三昧したいところですが、トーチャンが映画に行きたいという言うので、罪滅ぼしのためにも一緒に行かないわけにはいかず、午後から行ってきます。その前に急いで着物お出掛けをアップしとこ。

---------------------------------------------                     


London Opera-loving Kimono-girl (着物でオペラ in ロンドン)      London Opera-loving Kimono-girl (着物でオペラ in ロンドン)


1月25日の椿姫マラソン最終日は、又しつこく椿に因んだ装いで最後のとどめ爆弾 


あまりにも色鮮やかな真っ赤な小紋も、母のお下がりの黒い羽織でちょっと落ち着いた感じになったでしょうか。


この翌日は午前中休暇も取ってあったし、この日はグリゴーロの出待ちに行こうDASH!張り切っていたんですが、当日になって彼にがドタキャンされ、あわよくば若くてハンサムなグリゴーロ君に抱きついて着物でツーショットと目論んでいたのに、がっくり、がっかりガックリ


London Opera-loving Kimono-girl (着物でオペラ in ロンドン)

で、


口惜しいので、泣きながら、椿姫着物シリーズをまとめておきます。


10月から1月までの22回のトラヴィアータには結局8回行ったわけですが、そのうち6回、椿柄の着物か帯で参上しました。


これ以外にも実はまだ持っていて、椿柄一緒裏といもいえるお気に入りのその一枚が登場したなかったのは我ながら残念ですが、それはあまりに派手なのと、お天気があやしい日が多かったし、目玉のソプラノ(ネトレプコ)が降板して一気にお祭り気分がそがれたしまいましたからねむっ



London Opera-loving Kimono-girl (着物でオペラ in ロンドン)       London Opera-loving Kimono-girl (着物でオペラ in ロンドン)


London Opera-loving Kimono-girl (着物でオペラ in ロンドン)       London Opera-loving Kimono-girl (着物でオペラ in ロンドン)


            人気ブログランキング  メモ

AD

<26th January Thus>

今週は月曜から金曜までオペラ、コンサート、食事会で毎晩お出掛けで、しかも今日まで3日連続で着物DASH!

とても楽しいのですが、さすがにパンクしそうなので今日は午前中だけ休暇を取ってちょっと休憩。出勤前にブログを書く予定でしたが、寝坊してしまった上、ムスメが急に遊びに来たのでできず。夜も余裕はないですが、ブロガー新年会に着物で行ったときのことを取り急ぎアップします。

----------------------------------------------


1月24日、Soho Japanというレストランでロンドン・アメブロ新年会がありましたおにぎり


詳しいことは幹事の海外在住女性サポーター@ロンドン 平田智子さんがブログ(→こちら )で書いて下さっているのでご覧頂くことにして、


11人が集まり、初対面同士が多かったのですが、色んな分野の方とお話することができてとても新鮮でした。これが第一回目ですが、この楽しい会が定期的に続き、さらに音楽鑑賞や着物お出掛けにご一緒できる機会もあるといいなと思います。


London Opera-loving Kimono-girl (着物でオペラ in ロンドン)     London Opera-loving Kimono-girl (着物でオペラ in ロンドン)
               (レストランでの写真は平田さんから拝借しました)



アレンジして下さった平田智子さんは、17日にROH椿姫でオペラ初体験をして頂いた方ですが、細かいところにまで気配りのある素晴らしい幹事ぶり。きっと又楽しいイベントを企画して下さるでしょうから、楽しみです。ありがとうございました。


私は着物で行きました。着物もこのブログの大事な柱の一つですもんね。

お天気もあやしかったし、飲み食いする時にも安心の化繊の無地に、コーヒー染コーヒーの梅柄の袋帯でお正月らしくして、椿姫ならぬ梅姫に。


London Opera-loving Kimono-girl (着物でオペラ in ロンドン)     London Opera-loving Kimono-girl (着物でオペラ in ロンドン)     


                人気ブログランキング  お酒

さっき、ロイヤルオペラハウスから帰ってきたところですが、今週は毎晩出掛けて帰りが遅いので、感動を今夜のうちに書き殴っておきます。今回の椿姫シリーズのベスト・カップルですから。


グリゴーロ君はまさに予想通り。

汗だくで唾を大量にはきちらしながら、顔も体もエネルギッシュに動き回り、ぬーぼーと立ってるだけのコステロ君との違いがあまりに大きくて笑いました(私はどっちも好き)。


グリゴーロ君はちょっとでもじっとしてられないタチのようで、第二幕で暖炉の扉まで開けようとしたアルフレードははじめてです(開くわけねえだろ!)


もちろん軽々と美声の出る素晴らしいグリゴーロ君、何度も観てるので新鮮な驚きはないものの、熱くて濃いグリゴーロ君を舞台近くから堪能しました。カーテンコールもいつも通りのはしゃぎぶり。



ウィルスにやられたヤホ嬢は今日も欠場。

代役はスロベニア人のBernarda Bobroという名前も聞いたことのないソプラノだったのですが、こちらは大いなる驚きでとても素晴らしく、クリアで張りのある美声は私好みで、特に高音がきれい。


ウィーンのVolksoperで活躍してる人らしいですが、いきなりROHに無縁の人を引っ張ってきたわけではなく、開演前のアナウンスによると、10月のトラヴィアータのために稽古をしたそうです。ということは、ポプラフスカヤの代役要員だったということでしょうか?

だとしたら、ったく、折角こんな上手な人が控えてるのに、なぜあんな不快なポプラフスカヤを吐き気を抑えながら我慢して聴かなきゃいけなかったんだよむかっ 毒でも盛って欲しかった。


ボブロ嬢はちょっと前にバービカンでやった(私は行かなかったのですが)、オペラと芝居のコラボ作品で米俳優ジョン・マルコヴィッチと共演したんだそうですが、このプロダクションに馴染みがあるかどうかは別として、バルトリを細目の東欧風にしたような容貌で、ちょっと大袈裟気味の演技ながら自信たっぷりで落ち着き払い、かよわいというよりはガッツのあるヴィオレッタでした。




22回の椿姫マラソンもついに明後日で幕が下り、もちろんグリゴーロ君詣でしますが、是非もう一度ボブロ嬢で聴きたいものです。


 

London Opera-loving Kimono-girl (着物でオペラ in ロンドン)


London Opera-loving Kimono-girl (着物でオペラ in ロンドン)


           人気ブログランキング  電車