<29th November Tue>

携帯iPhoneで遊ぶのに時間を取られてますが、宿題をやり残してるような気がするオペラ記事もちょこちょこ書きましょう。

----------------------------------------------


10月18日と11月1日2回、ROHのさまよえるオランダ人を観に行きました。ワーグナーは結構な回数生で聴いてるのに、なんと居眠りしないで全部聴けたことがないガーンという記録をまた更新してしまったのは情けないですが、責めるべきは私であり、今回のパフォーマンスは立派なものでした。


London Opera-loving Kimono-girl (着物でオペラ in ロンドン)

どんなお話?かというと、


ハインリッヒ・ハイネの有名なFlying Dutchman、詳しいストーリーはネットでたくさんあるので、ご自分でテキトーに検索して頂くのがベストですが、一応、ご多忙の方のために文章ひとつでまとめると、


クリップ

神罰を食らって死ぬことができない幽霊船のオランダ人船長が救われるチャンスは7年に一度上陸できる時に真実の愛を捧げる女性が現れたときで、幸いなことにその伝説に魅せられて「それは私よDASH!」とその気になってる乙女と出会い、すんなりいくかと思いきや、横恋慕する若者に乙女が言い寄られるのを知って、「おぬし、裏切ったな、さらばじゃ」、と去ろうとする幽霊船長に「死ぬまで貴方しか愛さないって誓ったのを証明するわ」と海に身を投げる思い込みの激しい乙女の犠牲によってめでたく呪いは解け、二人で天国へクリップ


えーっ、あと一歩で待ち望んだ願いが叶えられるってのに、婚約者は勝手に片思いされてるだけなのに裏切ったと責めるなんてアホじゃないの?などという突っ込みはさておいて・・・、


ワーグナーのオペラの中では旧来の番号オペラのスタイルを一応保っているのでわかりやすいし、なによりも短いのが助かるんですが(とは云っても、休憩なしで2時半近く)いわゆるワーグナーらしさには欠けるので、これだけでワーグナーを聴いたとは言えないかもしれません。


London Opera-loving Kimono-girl (着物でオペラ in ロンドン)
Der fliegende Holländer

Director Tim Albery
Set designs Michael Levine
Costume design Constance Hoffman
Lighting design David Finn
Movement Philippe Giraudeau


Conductor Jeffrey Tate
The Dutchman Egils Silins (Falk Struckmannの代役)Senta Anja Kampe
Daland Stephen Milling
Steersman John Tessier
Mary Clare Shearer
Erik Endrik Wottrich



London Opera-loving Kimono-girl (着物でオペラ in ロンドン)     London Opera-loving Kimono-girl (着物でオペラ in ロンドン)


家舞台と衣装ワンピース

現代に読み替えられている上にゼンタの衣装が安っぽくて全然素敵じゃないワンピースなので、これでロマンチックな伝説を思い浮かべろと言われても難しいですが、シンプルで暗いセットは嵐の夜の海のようでなかなか雰囲気があり、私は結構好き。2009年5月がプレミエで(ターフェルとカンペ)、もちろん観たのですが、忙しかったのでしょう、記事にはしてません(多少遅れても書き残しておくべきだった)。


音譜パフォーマンスカラオケ

男の子オランダ人船長はそこそこ知名度のあるFalk Struckannの予定だったのに、なんて全く聴いたこともないバリトンに変ってしまったので期待度が一気に落ちたのですが、ROHデビューのラトヴィア人のバルバリトンのエギルス・シリンス 、ヴォータンなども歌うそうですが、重さと迫力には欠けるものの、バスバリトンにしては細くて軽くて輪郭もはっきりしてる声は私好み。ビジュアル面でも、ハンサムではないけれど二枚目的雰囲気もあり、そこそこ若くてほっそりとして青白い顔は幽霊船にはぴったりオバケで、このプロダクションは今まではいつもブリン・ターフェルだったんだけど、乙女心を悲劇のロマンスのヒーロー役にはそりゃ漫画チックなブリンよりもずっと良いでしょう。期待してなかった分、得した気分にさせてくれたダッチマン、ロマンチックな気分にさせてもらえたのは貴方のお陰で、この来年のROHサロメにも出てくれるそうなので楽しみですクラッカー


London Opera-loving Kimono-girl (着物でオペラ in ロンドン)       London Opera-loving Kimono-girl (着物でオペラ in ロンドン)
London Opera-loving Kimono-girl (着物でオペラ in ロンドン)

女の子期待という面では、先回もゼンタ役で素晴らしかったアーニャ・カンペは良くて当たり前なんですが、今回も高い期待にたがわず、また立派な歌唱で聞惚れましたクラッカー


苦手なワーグナーを2回分買っておいたのも彼女が目的だったんですが、彼女が出てくるまでが長くて私も居眠りしちゃったけど、いったん登場してからは出ずっぱり歌いっぱなしのカンペの迫力は素晴らしくて、実は次の日に夢遊病の女を観に行ったのですが、二人のソプラノのあまりの実力の差に、あらためてカンペの良さを再認識もしました。


恋に恋する乙女にはとても見えない中年女ですが、これだけ歌が上手であれば、ルックスなんてこと全くどうでもいいんです。オペラってそういうものだし、若くてなよなよなネーチャンではワーグナーはとても歌えません。


      London Opera-loving Kimono-girl (着物でオペラ in ロンドン)


他には、片思いのゼンタが他の男と結婚すると聞いて女々しく迫る若者エリックのEndrik Wottrichはグラグラして頼りないので、宝石に目が眩んで得体の知れないオランダ人に娘を嫁にやることを快諾する欲張りパパのStephen Millingはいつも通りの迫力で、テノール好きの私にはちょい役でも光ってたJohn Tessierがよく通る美声で


指揮者のJeffrey Tateはイギリス人だそうですが初めて見る人で、私の席からは指揮者もよく見えるので、指揮者の身振り手振りもオペラに浸る大切な要素なんですが、ちょっと身体障害者のようなこの指揮者は椅子に座ったまま無表情で指揮棒をかすかに動かすだけなので、ビジュアル的に私はとても不満足。音楽もメリハリなく聴こえてしまうしね。


                   人気ブログランキング  ジーンズ




AD

枯葉の日曜日

テーマ:

カメラ写真はクリックで拡大


London Opera-loving Kimono-girl (着物でオペラ in ロンドン)

       London Opera-loving Kimono-girl (着物でオペラ in ロンドン)     


<27th November (Sun)>


もみじ穏やかな日差しが心地良い晩秋の日曜日。


イーリング(ロンドンの西の郊外)に朝から行き、用事を済ませてから、近くに住むムスメと待ち合わせて、親子3人でお寿司屋さんでランチお茶割り箸をし、その後散歩とショッピングをして楽しく過ごしましたニコニコ



ムスメが一緒に住んでるボーイフレンド君はブラジルにF1レースを観に行ってて留守なので、その間にムスメに甘えようという魂胆なんです。だって、この数年はクリスマスはずっと彼の両親のところに泊りがけで行ってしまうし、トーチャンとカーチャンはとても淋しいだもんしょぼん


London Opera-loving Kimono-girl (着物でオペラ in ロンドン)      London Opera-loving Kimono-girl (着物でオペラ in ロンドン)



ダウンしかし、今日はひどい寝不足で頭がぼーっとしてましたわショック!


我が家の周辺はインド人が多くて静かな住宅地なんですが、昨夜は3軒離れた家に住む連中がなんと夜中の4時までパーティしてて、 黒人の家族なもんで、ズンチャカズンチャカドンドンドンという激しいリズムの曲ばかり大きなボリュームで流してたのでとても眠れたものではありませんでしたむっパンチ!



そういう時に苦情を訴えるお役所だか警察の係もいるんですが、あまり遅くなるとオフィスが閉まってしまうようだし、わざわざ着替えて直接文句言いにいくのもめんどくさい&怖ろしいので、仕方なく泣き寝入りし、私はラジオを聴きながらパソコンやiPhoneで遊んでましたやや欠け月


London Opera-loving Kimono-girl (着物でオペラ in ロンドン)

おかげで、iPhoneの使い方も段々わかってきたのはいいのですが、今日はそんなわけで疲れててオペラのこととか書く気力もないので、早く寝ますぐぅぐぅ


では、明日から又一週間頑張りましょう。今月は程よい忙しさで、来週はコンサートとオペラが1回づつのみ。



     人気ブログランキング  携帯

AD

溜まってるうち、ROHのさまよえるオランダ人や夢遊病の女はどんなに遅れても書こうと思っているのですが、その前に、昨夜のまだ記憶に新しいコンサートのことを書いてしまいましょう。


11月25日、スローンスクエアのカドガン・ホールで韓国人コロラチューラ・ソプラノのスミ・ジョーを生ではじめて聴きました。ロンドンには滅多に来ない人なので、最初で最後かも。


London Opera-loving Kimono-girl (着物でオペラ in ロンドン)

       London Opera-loving Kimono-girl (着物でオペラ in ロンドン)


49歳になったばかりのスミさんは、ハングルでは조 수미(チョ・スミ)、漢字だと曺 秀美なのですが、きっとお国では大スターなんでしょうね、コンサートホールであんなに韓国人をたくさん見たのは初めてでした。普段コンサートとは縁がない人が多いみたいだったし、小さな子供たちまで来てて、これではまるで同じカドガン・ホールでもあり、葉加瀬太郎のコンサートにそっくりな雰囲気ではないか!


なんて言ったら国際的知名度は問題にならない程高いスミさんに失礼でしょうか? ←なんて言ったら、葉加瀬太郎さんにはもっと失礼でしょうか?にひひ ハカセさんは順調にロンドンでコンサートを重ねてらっしゃるので、きっと今ではコンサートはほぼ日本人観客だけという状態からは脱却したかもしれませんしね。私は彼のロンドンデビュー以来聴いてないのですが、いつか死ぬほどヒマだったり、タダ券が回ってきたりしたら、久し振りに行くかもしれません。


話をスミ・ジョーに戻し、


このコンサートは彼女のリサイタルではなく、イギリスでは有名な古楽オケであるAcademy of Ancient Musicのコンサートにゲスト出演しただけなので、7、8割はオケだけの演奏でスミ嬢の出番は少なく、やっと彼女が出てきた時におぉ~っと観客がどよめいたのは、スターのオーラ星もさることながら、全身ラメのきらびやかなドレスキラキラも理由だったのではないかしら。まるでクリスマスツリーのてっぺんに飾る天使のように白くてキンキラ金で、おまけに、ドレスに隠れて見えないけどきっとうんと高いヒールを掃いてるに違いなくて、異常に背が高く見えて、ドレスがますます引き立ちましたアップ


それに、すらっとした素敵なプロポーションで、肌もきれいなので、「やっぱり、東洋人女性って中年になっても若々しくて美しいだわ~?」、と誇らしくなった私。見渡せば、たくさんいる韓国人も美人ばかり。(整形なのかもしれないけど)、この夜の東洋人の美人度はかなり高かったです。


そして、ドレスに拘るらしいスミ嬢のこと、きっと後半は違うドレスで、しかももっと凄いデザインで登場するに違いないとワクワクしてたら、


London Opera-loving Kimono-girl (着物でオペラ in ロンドン)      London Opera-loving Kimono-girl (着物でオペラ in ロンドン)


おおぉおお~っ! 目


これ以上はゴテゴテにはできまいショック!と思うほどのover the topのケバケバしさは私の期待を上回る派手さで、つい小林幸子さんを思い浮かべてしまいましたが、素晴らしいメリハリ・ボディのスミ嬢にはとてもよくお似合い。このデザインを着こなせる東洋人女性はそうはいないでしょう(ワンピースではなく、上下分かれてます)。


グリーンのネックレスがtoo muchでセンスを疑いましたが、お客様は神様、ビジュアル的にもベストを尽くして喜んで頂こうというサービス精神には感謝で、バシャバシャと重い付けマツゲも重いだろうに、嫣然と微笑むスミ嬢は、整った美人ではないけれど、スター然とした長年の余裕の振る舞いで、やんやの喝采クラッカー


London Opera-loving Kimono-girl (着物でオペラ in ロンドン)    London Opera-loving Kimono-girl (着物でオペラ in ロンドン)

London Opera-loving Kimono-girl (着物でオペラ in ロンドン)
目の保養は充分させてもらったし、2列目の席だったんですが、幸い前の席が空いてたので写真もばっちり撮れてしめしめだったのですが、で、肝心の歌はどうだったかと言うと、


Academy of Ancient Music
Sumi Jo sings Mozart


Richard Egarr conductor
Sumi Jo soprano

Programme:
Mozart: Overture to Le nozze di Figaro
Mozart: 'Martern aller Arten' from Die Entfuhrung aus dem Serail
Mozart: Entr'actes from Thamos, Konig in Agypten
Mozart: 'Vorrei spiegarvi, oh Dio'
Mozart: Maurerische Trauermusik
Mozart: 'Se il padre perdei' from Idomeneo
Mozart: Symphony No. 31 in D major 'Paris'
Mozart: 'No, che non sei capace'


スミ嬢のアンコールは2曲で、夜の女王(例のキンキンアリアではないけど)と、フランス語のキラキラ星変奏曲。


録音で聴くスミ嬢は金切り声とイメージであまり好きではなかったのですが、録音と同じでも実際に聴くと、特に中音が声量もあって素晴らしかったと思います。美声ではないけれど、彼女の顔やボディのように日陰っぽい猥褻さというか、これも東洋人女性の持つ魅力かも。


但し、超高音になると声量がうんと乏しくなってしまい、今日は絶好調ではないのか、或いはもう全盛期は過ぎたのでこれで今は精一杯なのかはわかりません。私はすぐ目の前だったのでそれでもよく聴こえましたが、後ろの席の人はちょっと不満だったかも。    

London Opera-loving Kimono-girl (着物でオペラ in ロンドン)

    London Opera-loving Kimono-girl (着物でオペラ in ロンドン)


モーツァルトばかりのプログラムで、他の歌手でお馴染みの曲ばかりだったので、スミ嬢バージョンがベストとは思えなかったものの、すでに衰えた中年コロラチューラ歌手かもしれないと期待度は低かったのですが、これならまだいけるスミ嬢を理想的な位置で聴けて、オペラだと彼女はルックスだけで違和感あるでしょうけど、こんなコンサートであればスミ嬢の素晴らしいエンターテイナーぶりが際立って、とても楽しめました。特に最後のキラキラ星変奏曲のフルートとの掛け合いでは声もソフトで転がしも上手くいき、なによりもお茶目な動作がすごく可愛くてチャーミングでしたキスマーク


このオケはあまり聴いたことがないのですが、コンサート前のトークで指揮者があれこれ説明してくれたし、そりゃモーツァルトですからそれなりに楽しめたんですが、お昼にプールで泳いだ疲れが出てウトウトとしちゃtったし、スミ嬢目的で来てるコリアンお客にとっては長い水増しでかなり辛かったかも。


指揮者のRichard Eggar氏の指揮を見るのははじめてですが、彼は今年はじめのウィグモア・ホールでのIestyn Davies(CT)のチャンパロ伴奏が抜群に上手だったので(→こちら )、指揮ばかりしてちゃ勿体無いです。でも、今年春に一緒に韓国、中国、台湾をツアーしたスミ嬢をロンドンに引っ張ってきてくれてありがとう。


おまけですが、→こちら のYoutubeで、興味深いカラヤン帝王とスミ嬢のやりとりが見られます(日本語字幕付き)。怖いマエストロにいきなり夜の女王を歌えと言われて真っ青になる若くて付けマツゲもないスミ嬢の横にはチェチリア・バルトリも佇んでます。


カチンコところで、そのイエスティン君の来週のNYメト・デビューのロデリンダの生中継にはやっぱり行くことにしました。会員割引のきくバービカンではずっと売り切れてたんですが、とても良い席のリターンが拾えたのは、ウフっ、やはり縁かしら、愛かしら。それに、イエスティン君以外にもベテランCTのショル兄と長身ハンサムのテノール(ジョセフ・カイザー)も出るから、ラジオではあまりにも淋しいですもんね。



           人気ブログランキング  サンダル


AD

根性のない私は海外遠征の場合はご一緒する方にすがることが多いのですが、世界の主要オペラハウスのネット切符取得については皆さん苦労なさってて、色んなドラマがあるわけです。

そんな中、最近オペラ仲間がスカラ座の超人気演目の切符に挑戦DASH!した時のことを、お役に立つかもしれないからとご親切にこのブログのために書いて下さったので、ご紹介します。


まあ、椿姫さんったら、人のふんどしで相撲をとるなんてべーっだ!


はい、その通りなんですけどね、スカラ座に限って言えば、一昨年行って色々と懲りてしまった私(→こちら )、もう二度と行くことはないかもしれないので自分で体験記は書けないだろうし、でも凄く観たいものがあれば又トライしてみる日があるかもしれないのでその時は参考にさせて頂けるし、はたまた、そうでなくても、一瞬が勝負のオペラ切符争奪はそれだけでハラハラどきどきの緊張ドラマですから、この方が大変な苦労の末に貴重な切符をゲットできた顛末を、私と一緒に疑似体験させて頂こうではありませんか。証拠写真も入った読み応えのあるレポートですよ。



メモ   メモ   メモ   メモ  メモ


題名: 今シーズンのスカラ座開幕の新演出のドンジョヴァンニ(ネトレブコ出演日)のチケット獲得までの過程

スカラ座は12月7日がシーズン開幕日。今シーズンの演目は、新演出のドンジョヴァンニで(椿姫注:こないだ私が感激したリナルドと同じ気鋭のロバート・カーセン)、しかもネトレブコのスカラ座デビューと話題性十分(→こちら )。Barenboim指揮で、ネトレブコ以外のキャストも豪華で、マッテイ、ターフェル、ダルカンジェロ、フリットリなど。12月7日~1月14日の上演で、指揮者を含めてダブルキャストになっています。

一般チケット発売日は11月7日午前9時。スカラ座サイトで前夜からチケット残席数(写真①、②)と残席状況(写真③)が閲覧可能で、見てびっくり叫び 驚きのあまりスクリーンショットで状況を撮影しました。何と目当ての12月20日(ネトレブコ出演日)は残席がたったの135席!しかも平土間席は1枚もありません。ロイヤルオペラの公平さに慣れている私にとっては、スカラ座の不公平さに憤死寸前パンチ!。スカラ座のfacebookのウォールを見たら、怒った人々がウォールに書き込みをしていて、「スカラ座は自身で運営してるのだから、チケットを好きに扱える。とはいえ、このドンジョヴァンニの状況はひど過ぎる」とあり同感。


London Opera-loving Kimono-girl (着物でオペラ in ロンドン)      London Opera-loving Kimono-girl (着物でオペラ in ロンドン)

             ①                               ②

London Opera-loving Kimono-girl (着物でオペラ in ロンドン)  ③ (写真はクリックで拡大)


オンラインチケット発売開始時刻は、あいにく都合が悪かったため、一緒に鑑賞予定の友人にチケット獲得を頼みました。しかし友人は、チケットをホールドすることはできたけど、バスケットに入れようとしたら画面がしばらくフリーズしてしまい、その間にそのホールドしたチケットは消えてしまったそうです(画面フリーズのためチケット購入できなかった話は他の友人たちからも聞いたことがある)。そして初日(特別価格で平均1000ユーロ以上)を除く全日程のチケットは完売となり、あいにく発売日にはチケット確保はできませんでしたガックリ

聞いた話ですが、なぜか発売日午後3時頃、ネトレブコ出演日(12月7日~23日)以外の日のチケットが放出されたようです。発売日夕方にスカラ座サイトを見たら、確かにネトレブコ出演日以外の日のチケットはありました。しかし12月20日分については、親切なミラノ在住の友人が、スカラ座のオフィシャルエージェント(スカラ座ボックスオフィスではありません)に電話で問合せてくれたけど、そこでも完売。

しかし、オフィシャルでない数カ所のエージェント(1つはロシア語サイトだった)では、オンラインで2~3倍の値段でチケットが豊富に販売されていたのです!この状況にも憤死寸前パンチ!爆弾。ミラノの友人によると、今回の件(一般予約は少しのみ販売で、オフィシャルでないエージェントで数倍の値段で豊富に売られてるという事実)について、良識ある新聞が問題視して記事にしたそうです。これは社会問題です!さらに友人の知り合いのオペラ出演者に近い関係者もチケット入手できない状況と聞き、驚きましたプンプン


さすがにオフィシャルでないサイトで販売されているrestricted viewの席に300ユーロ近く払う気はなかったので、オフィシャルサイトでしか購入しないことに決心し、ネトレブコ人気を恨みつつむっ、いつまで続くか分からないチケット探しの日々が幕開けロボット。私の目的はネトレブコではないけど、自分の日程都合上、ネトレブコが出演する12月20日以外は鑑賞不可能なのです。

発売開始日から1週間後頃にチケットが放出されることがある、と聞いたことがあったので、その頃に気合いを入れてサイトをチェックしていたら、希望日のチケットが2枚出没ビックリマーク 速攻で購入画面に進みましたが、既に誰かに取られてしまい、チケットは出没後1分以内に消失しょぼん。プロも参戦しているのか?と思い、それ以降は、座席購入画面も別のウィンドウで開いて待機。あっという間にチケットが消えた事実を目撃したので、時間のある時は30秒毎にスカラ座のサイトを再読み込みしていました。遂に努力が実りクラッカー発売日から約2週間後にチケットを入手!チョキ このチケットは180ユーロですが、ロイヤルオペラの同じ場所ならStalls Cirlcle B列で60ポンド位(約75ユーロ)です。

椿姫さんともよく話しますけど、様々なオペラハウス遠征をした後に思うことは、座席の費用対効果はロイヤルオペラが世界一。基本的に「公平」なオペラハウスですし、私たちはロイヤルオペラのフレンズになっているから優先予約もできますし。結果的に、公平で安い値段設定のチケットがたくさんあるロイヤルオペラの街に住んでいる幸せを再認識できました。

 メモ   メモ   メモ   メモ  メモ



アップうわ~っ、凄まじい長期戦だったんですね。お疲れ様~~汗


根気のない私にはとてもできる芸当ではありませんから、闘志の記録を読ませて頂くだけでも感激です。でも、ハッピーエンドで良かったです、本当に。後はお目当ての歌手がキャンセルしないことを祈るだけですね。投稿して下さった御礼に、私も一生懸命念じます。



しかし、商魂逞しいと言えば聞こえはいいけど、スカラ座、あまりにも手口が汚いぞ! 翻弄されるオペラファンの身にもなってみろ! 仰る通り、これに比べれば、ロイヤルオペラハウスは色んな面でリーズナブルだし、切符争いだってかわいいもんですね。


                         人気ブログランキング  UFO

London Opera-loving Kimono-girl (着物でオペラ in ロンドン)
<23rd November (Wed)>

今日も休暇を取り、ムスメの部屋を片付けたりしながら親子3人でのんびり。滅多にない貴重な時間です。

皆で一昨日買ったiPhoneで遊んたりもしたんですが、違うスマートフォンであれムスメが結構詳しいので色々教えてもらって助かりました。しかし、指先で小さな文字を打つのは難しくて、慣れるまでは肩が凝りそうだわあガーン

---------------------------


明日はベテランのイタリア人テノール、ファビオ・アルミリアートFabio ArmiliatoのSt. John's Smith Squireでのリサイタルの最前列ど真ん中クラッカーを席を買ってあったのに、なんと今日になってキャンセルダウンしょぼん


Rosenblattシリーズって、よくキャンセルになったり勝手に違う歌手に変えたりするから、なんか信用できないのよね得意げ 切符の売れ行きも悪かったので、やる気なくしたんだろうか? 


そう言えば、バカ高いのに買ってあげた来年5月のフローレスも切符がまだ届いてなんですけどむっ


明日のコンサートも、キャンセルではなく他の歌手に急遽変ったもので、代役はソプラノの中村恵理さんと若手テノールのベン・ジョンソン。私は行かなくて返金してもらうことにしたけど、キャンセルを知らなくて行ってびっくり叫びの人もいるに違いない。私だって、正午に連絡の電話掛かってきたときは出られなくて、その後たまたまサイトを見たから知ったけど、そうじゃなかったら知らないままよ。メール連絡もなかったし、不親切過ぎやしませんかてっんだむかっ
London Opera-loving Kimono-girl (着物でオペラ in ロンドン)
中年テノールのファビオ、一昨年ヴェローナのアイーダで奥様のダニエラ・デッシーと共演してたのを聴いたし(→こちら )、15年くらい前にNYメトでもアイーダで聴いたことがあり、ROHでは代役でトゥーランドットに出たので当日券を買ったり(→こちら )、なんとなく縁を感じて、楽しみにしてたのに残念。声量的には超一流と言えなくても丁寧で知的な歌唱は目の前で聴いてこそ良さがわかる筈だったのにさ!


オペラ歌手は生モノでデリケートだからドタキャンはよくあり、仕方がないとは思うけど、


明後日のカドガン・ホールのスミ・ジョーはキャンセルせずに出て欲しいわ。ロンドンには全く来てくれない有名な韓国人コロラチューラ・ソプラノがこの10年で(私の知る限り)はじめてロンドンにお目見えするんだもの。


                人気ブログランキング 病院