<8月30日(火)>

本日ふたつめの記事アップです。どんどん行かないとイタリア旅行の前に終われないですからね。

旅行に関しては、写真を選ぶのに時間が掛かるんですが、これが一番楽しいことかも。こんなことでもなければ、写真なんて見ないですよね、きっと。

これで、あと残すは一つだけ。やっとベルファストで最も重要なタイタニック号の番が来るんですが、今日は地味は山の風景です。

---------------------------------------------

                             カメラ写真はクリックで拡大します


オペラ三昧イン・ロンドン      オペラ三昧イン・ロンドン

コーヒーナイフとフォーク8月21日の日曜日、ホテルの隣のフラットに住むムスメも昨日に引き続き、私たちのホテル(Premier Inn)に朝食を食べに来ました。またランチ抜きだろうから、ここで皆でしっかり食べましょう。


ムスメが予約しておいてくれた終日観光バス・ツアーに参加したのですが、ドル箱のジャイアンツ・コーズウェイ路線と比べると知名度も人気もうんと低いKingdom of Mourne & St. Patrick's Countryというツアーで、金、土、日しかやってないのに、11人しか参加者がいないので、大型バスではなく小型バスで回ります(25ポンド)。


もちろん運転手がガイドも勤めるわけですが、下のサングラスのおじさん、とても親切なんだけど、アイリッシュ訛りがきついので、私にはさっぱりショック!


オペラ三昧イン・ロンドン     オペラ三昧イン・ロンドン

のどかな田舎道を走れば、あら、道に迷い出て来た羊ちゃんヒツジ、は~い、バスもオートバイも止まってあげるから気をつけて原っぱに戻ってねにひひ


オペラ三昧イン・ロンドン      オペラ三昧イン・ロンドン

廃墟になった修道院。この手のものはあちこちに結構あるんですが、ちゃんと手入れされてて、青空に映えます。


オペラ三昧イン・ロンドン


    オペラ三昧イン・ロンドン      


Saul Churchはアイルランドの守護聖人である聖パトリックの最初の教会で、可愛いけど、あら残念、今日は日曜日なのでミサの最中で中には入れず。


真ん中に丸い部分があるのが特徴のケルト人の十字架ですが、風情ありますね。


オペラ三昧イン・ロンドン      オペラ三昧イン・ロンドン

Newcastleという可愛いシーサイド・タウンでランチ休憩。私たちは持参したお菓子とアイスクリームだけ。


オペラ三昧イン・ロンドン      オペラ三昧イン・ロンドン

12世紀のDundrum Castle。見晴らしが最重要の要塞だから眺望抜群。

オペラ三昧イン・ロンドン     オペラ三昧イン・ロンドン

湖水地方に似た感じの山が続く田舎風景は、イングランド同様、看板とか醜いものが全くなくて美しい。


オペラ三昧イン・ロンドン      オペラ三昧イン・ロンドン


ビールナイフとフォーク

今日の夕食は、パブにしましょう。最近はパブでも美味しい食事ができる所が多いのですしね。それに、アイルランド人にとってはパブは生活に欠かせない大事な場所のようで、ベルファストにもやたらたくさんありましたが、イングランドによくある画一的なチェーン店ではなく、個性を大事にしながら頑張ってるお店が多いのはいいですね。ベルファストのパブ巡りツアーというのもあるのも頷けます。

オペラ三昧イン・ロンドン
キリスト教では日曜日は安息日だからでしょう、日曜は夕食は出さないパブが多いので、風情のある有名パブで食事ができなかったのは残念でしたが、ムスメが同僚とよく行くパブに連れてってくれました。3人とも今日はさっぱりとしたサイダー(注:サイダーはアルコール入りの大人の飲み物です)。

     オペラ三昧イン・ロンドン


カチンコ食事の後は今日も遅くから始まる映画に3人で映画に行きましょう。Rise of the Planet of the Apes(→こちら )ですが、日本では11月公開なんですね。思慮深くて温かい猿は哲人のように知的だし、人間も良い男(ジェームス・フランコラブラブ!)が出てて、 昨日のSUPER 8よりずっと良かったですよ。


走る人今日のトーチャン万歩計は僅か17,425歩。まあ、平均ってとこでしょう。


                          人気ブログランキング  家

AD

<8月30日(火)>

サマー・バンクホリデーの3連休も終わり、やけに涼しいし、もう晩秋の風情すら感じられる8月末の今日この頃。私にはまだこれから夏を満喫するチャンスがあるからいいんですけどね。へっへっへべーっだ!

その木曜日からのイタリア旅行の前に、なんとか6日間の北アイルランド旅行記を終わらせようと必死DASH! 

----------------------------------------------

                               カメラクリックで写真は拡大します


オペラ三昧イン・ロンドン      オペラ三昧イン・ロンドン


8月20日の土曜日、晴れる日は少ないベルファストらしいのですが、今日は爽やかにピカピカ晴れ


週末で仕事が休みのムスメも一緒にまずはオープントップのバスで市内観光に連れてってもらいましょう。10ポンドで2日間有効。

  

オペラ三昧イン・ロンドン       オペラ三昧イン・ロンドン


オペラ三昧イン・ロンドン        オペラ三昧イン・ロンドン


中心地とタイタニック地区はすでに他の日に歩いて写真も撮ってるので、ツアー参加の目的はちょっと離れた所にある北アイルランド議事堂と、ちょっと前まで紛争が頻繁に起こった郊外の住宅街等。

オペラ三昧イン・ロンドン   オペラ三昧イン・ロンドン

カソリックとプロテスタントの居住地を隔てる壁絵の塀はかなり延々と続きます。他にも壁絵のある建物が多いのがこの辺りのユニークな特徴。


二階建てのバスの上からの眺めはとても良くて、すでに見学済みの所もちゃんと説明してもらうと面白いですね。そのうちロンドンでも行ってみようかと気になりました。




バス・ツアーのあとは、市役所の内部見学ツアーに参加。

オペラ三昧イン・ロンドン      オペラ三昧イン・ロンドン


オペラ三昧イン・ロンドン     オペラ三昧イン・ロンドン


オペラ三昧イン・ロンドン
一等地に堂々と建つ威風堂々とした建物はベルファストで外観も中も一番壮麗ではないかしら。ガイド付き無料で観光客もおおらかに迎え入れてくれるし、一般市民の結婚披露宴にも使われているようで、平和でオープンになったのは素晴らしいことです。

     オペラ三昧イン・ロンドン


オペラ三昧イン・ロンドン       オペラ三昧イン・ロンドン


                       ↓ 議事場と宴会場
オペラ三昧イン・ロンドン       オペラ三昧イン・ロンドン



オペラ三昧イン・ロンドン     オペラ三昧イン・ロンドン

ワイン夕食の後はホテルとフラットの隣にあるOddysseyというレジャー施設で映画を観るので、ここに何軒かあるレストランの中で、そーね、今日はスパニッシュはどうかしら? La Tascaはロンドンにもあるチェーンだけど、数年行ったことがないし、今年は私久し振りにスペインに行ったから。


タパスの小皿、お味は全てまあまあで、実は秋にトーチャンとマドリッドに行こうと計画してるんだけど、タパスはなんとはじめてというトーチャンも「スペイン料理ってなかなか良いじゃないか」と安心したようです。


オペラ三昧イン・ロンドン     オペラ三昧イン・ロンドン


スピルバーグへのオマージュとも言えるSUPER 8(→こちら )を観たのですが、映画とエイリアンというスピルバーグの大好物であるテーマの融合はちょっと無理があるし焦点がぼけてしまい、この映画館で実は映画を3本観たのですが、評価は最下位。しかし、映画代が夜は5.8ポンド、平日の日中は4.5ポンドとロンドンの半分以下なのは羨ましい限り。


走る人今日のトーチャン万歩計は僅か13,930歩。たしかに半日バスで座ってたけど、さかさか歩かないとカウントされないから、やけに少ないな。


                        人気ブログランキング  信号機

AD

<8月29日(月)>

一歩も家から出ない3連休、テレビもたっぷり観られたし、旅行準備のついでにあれこれ身辺整理できて充実&満足。

---------------------------------------------

カメラクリックで写真は拡大


8月19日の金曜日は、いつものように朝9時過ぎにホテルを出ることはできませんでした。だって、10時からROHのサポートフレンズの冬の予約開始なんですもの、ムスメのフラットからノートパソコンを借りて血まなこで頑張りましたわDASH!  今回の目玉はワーグナーのマイスタージンガーで、他にはモーツァルトとダ・ポンテの3作品、ドヴォルザークのルサルカですが、切符調達冬の陣はまあまあの出来かな。


この日はそんなわけで、ツアーとかにコミットはできなかったので、トーチャンと二人であらためてベルファストの街歩きをしましょう。

オペラ三昧イン・ロンドン    オペラ三昧イン・ロンドン


St. George's Marketは金、土、日しかオープンしてなくて、建物自体は優雅でなかなか素敵だけど、肝心の売ってるものがイマイチなのが残念。観光客が増えたらここも立派な観光スポットになれるわけだから、是非中身の充実を願いたいものです。

オペラ三昧イン・ロンドン     オペラ三昧イン・ロンドン



オペラ三昧イン・ロンドン     オペラ三昧イン・ロンドン

次は、街の外れまで歩いて植物園へ。こういう古いガラスの温室はイギリスのあちこちにあるけれど、このPalm Houseは1830代建造で最も古いものの一つだそうで、当時のベルファストの繁栄ぶりがうかがえるエレガントな姿です。



オペラ三昧イン・ロンドン      オペラ三昧イン・ロンドン

その植物園の隅っこにあるのがUlster Museum

ベルファストで唯一の立派な博物館で、内容はごった煮。ロンドンで言うなら大英博物館、ナショナル・ギャラリー、テート・ギャラリー、V&A,自然史博物館をひとつにまとめたようなもので、ここだけで色んな分野で物識りになれるのはいいけれど、展示物の質は最上というわけには行かず。でも、拡張部分は広々として明るくてとても素敵なスペースなので、この時は雨だったせいか、家族連れで賑わってました。

オペラ三昧イン・ロンドン      オペラ三昧イン・ロンドン

有名画家の絵はほとんどないですが、このターナーのエジプト風景は気に入りましたアート


オペラ三昧イン・ロンドン      オペラ三昧イン・ロンドン

ワンピース映画一番楽しめたのが有料の特別展。映画やテレビの時代劇衣装を多数展示してて写真OKなのもラッキー。花嫁衣裳コーナーもありました。どれも細かいところまできちんと作ってあったのが意外。真ん中の目立つピンクのドレスは「オペラ座の怪人」のミニー・ドライヴァーのドレス。

オペラ三昧イン・ロンドン       オペラ三昧イン・ロンドン

青白はマドンナの映画「エヴィータ」。銀色に輝く女王様ドレスは、ヘレン・ミレンのTV版「Elizabeth1世」王冠1


オペラ三昧イン・ロンドン      オペラ三昧イン・ロンドン

コリン・ファース関連2点。大ブレークしてイギリス中年女性のアイドルとなったTV「傲慢と偏見」の横に「トーチャン、立ってみて」と頼んだら、嫌がるかと思ったのに、おーおー、嬉々としてポーズまで取ったりして・・にひひ (私がコリン様にずっと前からお熱なのをトーチャンは知ってます)




オペラ三昧イン・ロンドン    オペラ三昧イン・ロンドン    

植物園近くには壮麗なQueen's Universityもあり。


走る人雨もやんだし、街の中心に戻って散策してみましょう。


オペラ三昧イン・ロンドン     オペラ三昧イン・ロンドン

赤レンガはグランド・オペラ・ハウス。今では主にミュージカルとかやってるのですが、マダム・バタフライのピンカートン役で1963年に代役出演したのがパヴァロッティのUKデビューだったそうです。

クラシック音楽はグレーのUlster Hallで。

オペラ三昧イン・ロンドン      オペラ三昧イン・ロンドン

観光客誘致に熱心なベルファスト、アルバート公時計台もベルファストの斜塔として人気スポットになれそうだし、巨大針がそびえる風変わりなSt. Anne's Cathedralもユニークで良いじゃん。

オペラ三昧イン・ロンドン     オペラ三昧イン・ロンドン


オペラ三昧イン・ロンドン
今は普通のお店とかになってる立派な建物もたくさんあり(上の白いのはスーパーマーケット)。


ベルファストは、ヴィクトリア時代に急速に発展した街で、こういう重厚さが特徴のヴィクトリア朝の立派な建物がたくさんあり、造船とリネン産業で栄えたかつての栄華が偲ばれます。


    オペラ三昧イン・ロンドン



 アール・デコの建物も結構あるのですが、あちこちに散らばってるのが残念。一軒づつは大したことなくても、かたまっていれば立派な観光スポットになれるのに。

オペラ三昧イン・ロンドン       オペラ三昧イン・ロンドン


オペラ三昧イン・ロンドン      オペラ三昧イン・ロンドン


オペラ三昧イン・ロンドン 割り箸カクテルグラス

夕食はムスメが予約してくれてたZen


最近百万ポンドかけて改修したのが話題になってるトレンディなお店で、お洒落したお客さんも多くて雰囲気はなかなかのもの。


一応ジャパニーズ・レストランということになっててお寿司にも力を入れてるけど、どうせ不味いだろうから、あえて中華メニュにして、可愛いカクテルも頂けば、日本食の風情は全くなし。


入り口に壁一杯に日本語でどうでもいいことが彫ってあった以外は、ジャパニーズの欠片もない偽レストランですが、ベルファストではジャパニーズ=クールチョキと思ってくれてるみたいのは嬉しいじゃあありませんか。


マンゴ添えダックとか、お料理は結構美味しかったですが、ロンドンと比べても値段が高いので、日本の方にはお勧めは決してできませんけど。



三日月トーチャンお得意の夜景写真を撮りながら、ぶらぶら歩く親子3人の帰り道。明日明後日はムスメも仕事が休みなので、ずっと一緒にいられますニコニコ


走る人トーチャン万歩計は僅か16,279歩。ずっと立ってたのに、ミュージアムで立ち止まってたのは勘定に入らないんでしょう。

オペラ三昧イン・ロンドン      オペラ三昧イン・ロンドン


                             人気ブログランキング チョキ

AD

<8月28日(日)>

3連休でのんびり中。来週からのイタリア旅行の支度をしようと、ロンドンではほとんど必要のない夏服をあれこれ引っ張り出して試してみようと思うのだけれど、寒くて・・・。

----------------------------------------------

8月18日の日帰りバス旅行の続きです。            (カメラ写真はクリックで拡大)


ジャイアンツ・コーズウェイの後、バスで20分くらいの所にもう一つハイライトがあり、お天気も良かったので、美しい海岸景色を楽しむことができました。

オペラ三昧イン・ロンドン      オペラ三昧イン・ロンドン

緑の丘と海と馬、牛、羊、と絵のような風景が続きます馬ヒツジ


オペラ三昧イン・ロンドン      オペラ三昧イン・ロンドン


Carrick-a-rede Ropebridgeは、養殖してる鮭の様子を見るために作られたロープの橋で、渡るのは板の上だし、長さ20メートル、海面からの高さ30メートルくちょいなので、「よかった、それなら高所恐怖症の私でも怖がらなくても平気だから、私が先に渡って、途中で振り返ってトーチャンの写真撮ってあげるね」、と余裕の笑顔だったんですが、実際に渡り始めると・・・

あー、やっぱり駄目だわ、怖くて足がすくむ~ショック!、振り返るなんて無理無理。下を見ると気絶するかもしれないので、前だけ見てしっかり縄に掴まって一刻も早く向こう側に渡らなくちゃぁ~ガーン


オペラ三昧イン・ロンドン      オペラ三昧イン・ロンドン

写真は渡り切ってやれやれしてから撮りましょう。


渡った所は幼稚園の運動場くらいの大きさで何もないけれど、そこから見渡す本土は絶景で、料金払ってまで来た甲斐あり(団体割引で4.5ポンド)。


オペラ三昧イン・ロンドン       オペラ三昧イン・ロンドン

オペラ三昧イン・ロンドン       オペラ三昧イン・ロンドン


オペラ三昧イン・ロンドン
戻りはトーチャンが先に渡って、私の引きつった表情の写真を撮ってくれましたが、今日は穏やかだからまだいいけど、風や雨の日だったら怖いだろうなあえっ

これでバス・ツアーの行き先は終わり、帰りは海岸沿いではなく内陸の道をドライブして1時間ちょっとでベルファストに戻りました。


お天気もよく、10時から7時まであちこち回ってもらって20ポンドというお値段で本当に充実したツアーでしたチョキ





オペラ三昧イン・ロンドン     オペラ三昧イン・ロンドン


ムスメが仕事を終えてここまで出てくるのにちょっと時間があるのでちょっと散歩しましょう。大きな白い建物は市役所で、2日後に内部見学ツアーに参加したのですが、中もとても立派でしたよ。

オペラ三昧イン・ロンドン     オペラ三昧イン・ロンドン

オペラ三昧イン・ロンドン     オペラ三昧イン・ロンドン

ナイフとフォーク昨日の夕食はなんちゃってジャパニーズ・レストランで魚とお米だったから、今日はお肉とイモを食べたいねということで、Victoria Squireという新しいショッピング・モールの中にあるステーキ屋でたらふく食べてお腹パンパン。

あ、いつも夕食のことばかり書いてランチのことが出てこないのは、毎日ホテルで朝食をしっかり食べたのでランチ・タイムになってもお腹がすかず、夕方にケーキやお菓子を食べただけで済ませてしまったからです。



オペラ三昧イン・ロンドン     オペラ三昧イン・ロンドン


うお座河沿いにある10メートルのThe Big Fish(→こちら )のタイル新聞記事や写真がプリントされてて、街の中心に行く度に何度も見ましたが、ユーモラスな姿が可愛くて、ベルファストで一番気に入ったモノではないかしらラブラブ  夜の照明で見るとちょっと不気味だけど。


走る人今日のトーチャンの万歩計は20,875歩で、旅行中最多。バスに乗ってる時間が多かった割には結構歩きました。

                    うお座 人気ブログランキング うお座

<8月26日(金)>

ヤッホー! 月曜日は夏のバンク・ホリデーなので今週末は3連休にひひ

来週木曜からのサルディニア旅行の支度したりブログ書いたりして、家に篭城の予定。北アイルランド旅行記も急いでアップしたいしね。

----------------------------------------------

                                   カメラクリックで写真は拡大します


バスベルファスト到着の翌日8月18日(木)はあらかじめ予約してあった観光ハイライトで、世界遺産にもなってる有名なジャイアンツ・コーズウェイを含むMcComb's社のバス一日ツアーにトーチャンと二人で参加しました。


いくつかあるコースのうちの人気No.1ツアーですから、主に外国人観光客で大型バスは満席。10時から7時まで数箇所回って一人僅か20ポンドと超お得なのもグーですがま口財布

しかし、この値段ですからバスがボロいのは文句言えませんが、経費節減のために運転手がガイドも兼ねるというのは安全面でどうなんでしょうか?ガーン 主に田舎ののんびり道とは云え、運転しながら喋りまくるおじさんは話上手でジョークも連発し、アイリッシュ訛りはそんなにきつくなかったのでちゃんと理解できてとても楽しめたんですが、ちょっとハラハラしました。(アイルランド訛りは独特で、後日他のツアーでほとんど理解できないガイドもいたんです)。


オペラ三昧イン・ロンドン     オペラ三昧イン・ロンドン


トイレトイレ休憩も絵になる所ばかりで、まずはCarrickfergus Castle。スコットランドもすぐ近くだし、敵から身を守る要塞ですが、抑圧されたり飢饉になったり分割されて内部紛争になったりとアイルランドの歴史は悲しいですけどね。

オペラ三昧イン・ロンドン     オペラ三昧イン・ロンドン

オペラ三昧イン・ロンドン     オペラ三昧イン・ロンドン


次は小さな漁村で一服。バスの窓からも、ヨークシャー・デールに似た起伏に富んだ緑の景色をたっぷり楽しみました。醜い看板はもちろん、荒れ果てた所も全くなくて、私が世界一美しいと思うイングランドの田舎と同じくらいにビューティフルキラキラ
オペラ三昧イン・ロンドン     オペラ三昧イン・ロンドン

Bushmillsという世界で最初にライセンスを取得したウィスキー蒸留所にもちょっと寄り、

オペラ三昧イン・ロンドン    オペラ三昧イン・ロンドン   

 中世のDunluce Castle遺跡で写真ストップした後は、


 いよいよメインのジャイアンツ・コーズウェイに到着。右上の写真が遠景で、駐車場から例の奇岩柱の海岸まではかなり距離があり、歩きたくない人のために無料のシャトルバスも走ってますが、私たちはもちろん徒歩でトホトホ。でも、右手は山、左手に海という絶景なので、歩く方が絶対良いですDASH!(冬はバスがありがたいでしょうけど)。 


 

オペラ三昧イン・ロンドン     オペラ三昧イン・ロンドン


さっさと歩けば15分でしょうが、キャー綺麗!と見惚れたり写真撮ったりしてると岩柱まで結構時間が掛かります。日本人観光客も結構いて、年配グループはバスにお乗りでしたが、こんな所までいらして頂いて感謝です。


オペラ三昧イン・ロンドン    オペラ三昧イン・ロンドン

オペラ三昧イン・ロンドン     オペラ三昧イン・ロンドン

オペラ三昧イン・ロンドン     オペラ三昧イン・ロンドン


オペラ三昧イン・ロンドン
Giant's Causewayは、5~6千万年前に火山の溶岩がゆっくり固まることによって形成された玄武岩の六角形の奇石群で、約4万柱だそうです。

椅子サイズなので座るのにちょうど良いし、歩くのも簡単。


でも、今日は風もなく穏やかなので水辺に近寄れますが、強風だと波しぶきが高くて危険そう。


 こちらはオルガン岩と呼ばれてますが、サイズを知るためにトーチャンを立たせてみました。


ベルファストから35キロくらいという理想的な距離にあるこの巨人街道は、紛争が一段落して観光に力を入れる北アイルランドのドル箱景勝地ですから、現在Visitor Centreを建設中でたしか来年オープン予定。ベルファストのタイタニック博物館と共に観光客招聘の要となって、来年はさらに充実した観光名所となることでしょう。


ここで2時間くらい遊んだ後、バスで20分くらいのもう一つのハイライトに行き、縄でできた橋を渡るという恐怖体験ガーンをしたのですが、長くなるので、今日はここでチョン。



                        人気ブログランキング  波