<5月30日(月)>

今日はバンク・ホリディー。ブログ用にナポリの写真を選んでるだけで終わってしまいそうですが、充実した3連休でした。これで8月末まで祭日はないのは悲しいですが。

あれこれ詰め込んだナポリ3日目もこれでやっと最終回。

----------------------------------------------


5月14日の土曜日は、朝はヴェスヴィオ火山登頂、午後はポンペイ遺跡見学と、トーチャンの万歩計は31,213歩になり、おそらく最多記録更新なのですが、ナポリに帰ってからの最後の行動記録です。

オペラ三昧イン・ロンドン      オペラ三昧イン・ロンドン


駅から2キロ歩いてホテル近くまでやっと戻ってきたら、閉館時間は過ぎてるのにヌオーヴォ城の門が開いてたのでちょっと覗いてみたところ、博物館は閉まってますが、今夜は広い中庭で余興付パーティがあるらしく準備してました。内部には後日また来ます。


オペラ三昧イン・ロンドン      オペラ三昧イン・ロンドン


----------------------------------------------
ナイフとフォーク

日が長いので明るいのですが、8時半になってさすがに空腹なので、今日はたくさん歩いたご褒美にレストランに行くんだ!と私が主張。1週間の滞在でレストランでランチ/ディナーをしたのは僅か3回なのですが、これが2回目です。
オペラ三昧イン・ロンドン     オペラ三昧イン・ロンドン

食事の質よりロケーション重視で、外の席に座れば目の前に噴水とサンカルロ歌劇場


心地良い初夏の夕暮れ、やがてサンカルロ歌劇場にも灯りが点り(今日はコンサートをやってる)、なかなか良い感じ。人通りが多くてザワザワしてるけど、それもナポリらしくて。


但し、やっぱりというか、食べ物はイマイチで、前菜のモッツェレラと生ハムは悪くなかったけど、スパゲッティ・ボンゴレ、こんなにアサリの身が小さいってあんまりだ。トーチャンのパスタはまあまあでしたが。



オペラ三昧イン・ロンドン     オペラ三昧イン・ロンドン

噴水とサンカルロ歌劇場の向こう側にホテルのあるガレリア・ウンベルトも見えてるんですが、まだ9時半前ですから、食事後はこのままもちろん夜景ツアーに出かけます半月


----------------------------------------------

オペラ三昧イン・ロンドン       オペラ三昧イン・ロンドン


サンタルチア港に行こうとしたら、あら、その途中の王宮王冠1がなぜか開いてるじゃないの! しかも無料ですって。なにか特別な日なのかしら?


ここは後日見学するつもりなんだけど、折角だから中に入ってみましょう。


オペラ三昧イン・ロンドン      オペラ三昧イン・ロンドン

想像したよりも大きくて立派な入り口ホール。 バッキンガム宮殿、負けてますよ。



オペラ三昧イン・ロンドン      オペラ三昧イン・ロンドン


入れてもらえたのはほんの一部で廊下とチャベル部だけだったけど、昼とはまた違う雰囲気でとても素敵。

珍しい18世紀の衣装のキリスト降誕場面が人気でした。


オペラ三昧イン・ロンドン      オペラ三昧イン・ロンドン


----------------------------------------------


疲れたから早くホテルは帰ろうよぉ~~ショック!


でも、夜景写真をチャレンジするのが大好きなトーチャン、電柱を利用して手振れ防止をして、王宮を背にしてプレビシート広場の向こう側にある薄暗い光の教会を狙います。けっこう時間が掛かるので、私はトーチャンが集中できるよう、その間ひったくりに合わないようにウォッチ(これはナポリに限らずどこでも)。


上の王宮の写真も私の安カメラとボロ腕前では絶対撮れないトーチャン自慢の写真ですので、クリックして見てやった下さいませ。

オペラ三昧イン・ロンドン       オペラ三昧イン・ロンドン


オペラ三昧イン・ロンドン
ヨットハーバー
の夜景も撮ってから10時半過ぎてやっとホテルに。


やれやれとシャワーを浴びてすぐにベッドに倒れこんだ私ぐぅぐぅ

トーチャンは翌日の計画作りに地図を見てますが、私は果たして明日も歩けるかしら・・? (歩かないという選択はないけど・・・)

---------------------------


メモ尚、この日以降の主な行動はこちら。


   15日(日) 博物館ととナポリ街歩き

   16日(月) アマルフィ海岸 

   17日(火) イスキア島、ナポリ王宮、オペラ

   18日(水) ナポリのパノラマ展望、夕方イギリス帰国


                            人気ブログランキング  あし

AD

<5月29日(日)>

「寒いですね」が挨拶言葉になってるひんやりロンドンだけど、またまた嬉しい3連休。昨日は午後から着物で日舞の発表会とコンサートに出掛けたけれど、あとは家であれこれ片付けしたりブログ書きで過ごしましょ。ナポリ3日目後半はポンペイ遺跡散策。

----------------------------------------------
                             カメラクリックで写真は拡大します 


5月14日の土曜日、ヴェスヴィオ火山登頂を終えてバスで下山、2時半にポンペイ遺跡の入り口に到着。


オペラ三昧イン・ロンドン     オペラ三昧イン・ロンドン

カンパーニャ地方はレモンオレンジが売り物で、お土産さんが軒を並べる中でもこんなお店がたくさんあります。レモンの大きさにご注目! 決してオレンジがこぶりなのではありません、レモンがでっかいのです。


オペラ三昧イン・ロンドン オペラ三昧イン・ロンドン

晴れ気温はおそらく25~27度、快晴で風もなく快適そのもの。暑いと当然一枚脱ぐ私と、日除けに一枚は織るトーチャン。昨日Tシャツだけで歩き回ったカプリでヒリヒリ真っ赤になって懲りたらしい。

オペラ三昧イン・ロンドン
私は学生時代と80年代終わりと2度来たことがあるのですが、その時は短時間いただけでほんの一部しか見てないので、今回は7時の閉園まで歩ける限り頑張ります。塩野七生さんのローマ人の物語を読み、古代ローマへの思い入れもたっぷりだしラブラブ、幸い散策には持ってこいの好天気。真夏に行った時は暑くて死にそうだったけど。


まずは、79年ADの大噴火でポンペイの街をタイプカプセルに埋めたヴェスヴィオ火山、意外に遠いでしょ?




オペラ三昧イン・ロンドン オペラ三昧イン・ロンドン


発掘されためぼしいものはナポリの博物館に収められているので、ここにはオリジナルは少し修復されてるものもある建物そのものしか残ってないですが、実際に歩いてみると、街の構造もわかるし、2千年前にこの屋敷でお金持ちが優雅に暮らし、庶民がこの角を曲がったんだと想像するだけで感動ですニコニコ


オペラ三昧イン・ロンドン    オペラ三昧イン・ロンドン

オペラ三昧イン・ロンドン    オペラ三昧イン・ロンドン


英語オーディオ・ガイドを借りたんですが、閉鎖されてる建物も結構あり、私が一番興味があった皇帝ネロの後妻でオペラでは有名な悪女ポッペア・サビーナの邸を外から垣間見ただけなのはがっかりしょぼん


オペラ三昧イン・ロンドン     オペラ三昧イン・ロンドン


オペラ三昧イン・ロンドン
貴族の邸(上写真左)、元祖ファースト・フードのお店(同右)、発掘された壷や人体もそれぞれ興味深いのですが、私の想像力をもっともかきたてたのはやっぱり劇場で、隣合わせで二つあり、大劇場はコンサートなどに今でも使われているようです。


劇場とは似た作りであろう巨大な野外闘技場にも行きたかったのですが、ポンペイはかなり大きな街でそこまで歩く時間がありませんでした。人口2万の大きな街で広大な遺跡の全てを見るには丸一日は必要ですが、まだ発掘中で見るものがもっと増えるだろうし、次に行くことがあれば、一日過ごすことにします。

    


オペラ三昧イン・ロンドン オペラ三昧イン・ロンドン


さて、写真でご覧の通り、どこも大して人がいなくてガラガラなのですが、一箇所だけ押すな押すなという家がありました。

・・・・・・・それは売春宿恋の矢
オペラ三昧イン・ロンドン     オペラ三昧イン・ロンドン

オペラ三昧イン・ロンドン
建物自体も想像よりうんと小さかったですが、ポンペイ紹介番組では必ず登場するこの店は当然上ひっそりとした小路にあるので、漠然と歩いていてはまずぶち当たりませんから、わかりづらい道表示やロープで閉鎖されてる区画を遠回りしながらやっと辿り着きました。


その目的だけに作られたのはここだけで、今は地上階しか残ってないのでうんと小さな部屋が5つだけ(2階にもう5部屋あったそうです)とトイレしかないのですが、廊下の「どんなXXがお望みでしょうか?」というメニュ壁画(複製ですが)もおおらかで良いですね。 


因みに、この売春宿での代金はワイン数杯程度の労働者相手のお店で、お金持ちは自宅に出張してもらったり、奴隷に手をつけてたそうです。

オペラ三昧イン・ロンドン

閉園までいましたが、遺跡にはベンチもないし、4時間以上ほとんどずっと石畳を歩きっ放しでかなり疲れたましたが、帰りの電車は急行で20分でナポリに到着電車


勿論そこからホテルまで2キロをまた歩くわけですが、朝と同じ道じゃつまらないので、海沿いの道にしました(海は見えない)。しかしこの車がビュンビュン走る道は新しいビルとボロ建物が混在して美しさゼロ。これもナポリらしくて良いって無理に思わないと疲れた足には辛すぎるむっ


歩く代わりにたくさん走ってる路面電車に乗ってもいいんじゃないかなあ・・・と私は思ったのですが、トーチャンは嬉々として歩きながら写真撮影。


オペラ三昧イン・ロンドン      オペラ三昧イン・ロンドン

ヴェスヴィオ火山とポンペイ遺跡を歩き続けた今日のトーチャンの万歩計は、予想通りホリディ中で一番多くて 31,213歩ドクロ  こんなに歩いたことないですが、でも、意外にも大して弱音もはかずすんなり頑張れて、結構自信がつきましたわ、私。


これで8時過ぎ。日が長いので全く明るいんですが、ビッグデーはこれではまだ終わりません。夜の徒歩ツアーがあるのですが、その後のことはその3にしましょう。すぐ書きますから。


                         人気ブログランキング   走る人

AD

<5月26日(木)>

仕事が忙しいと一日が早く過ぎて、更に人生が短く感じる今日この頃。昨日はアリオダンテ、一昨日はマクベスとアフターファイブも充実。明日一日働けば、また3連休だ。肌寒いけど。

----------------------------------------------

5月14日(土) 快晴晴れ           カメラ写真はクリックで拡大


さあ今日はヴェスヴィオ火山とポンペイ遺跡踏破のビッグ・デーだ!、といつもより更に闘志満々のトーチャンと、


うわ~っ、ついていけるかなあ。でも、まあ途中でへたばったら、2度行ったことあるポンペイ遺跡だ、日陰で私だけ休んでればいいんだから、なんとかなるやろ、と心配な私。


走る人まず、ポンペイ行きの電車の駅まで見物しながら、当然歩くんです。ホテルから2キロもあるんですけどねガーン


オペラ三昧イン・ロンドン     オペラ三昧イン・ロンドン


ウンベルト1世通りCorso Umberto Iというメイン大通りはクラシックな建物が並んでるで堂々とした商業地区。上の写真の左の真ん中はナポリ大学、右の白い建物はBanco di Napoli。

この辺りは今でも立派ですが、あちこち歩いたナポリは、かつての栄光を持て余しているというか、折角の美しい建物を充分維持できなくて実に勿体ない街という印象でしたが、例えば、華麗なタイル屋根の(おそらく教会)にペンペン草(かどうかはわかりませんが)が生えてるでしょ。


オペラ三昧イン・ロンドン オペラ三昧イン・ロンドン

ちょっとアブナイ地域らしい駅の周辺はゴチャゴチャとしてて、これぞナポリ!?


オペラ三昧イン・ロンドン オペラ三昧イン・ロンドン


オペラ三昧イン・ロンドン
ナポリにも地下鉄はあるんですが、中心から外れた所ばかり走ってるので、歩かなきゃならないわけです(バスは路面電車はあるんですがすぐには使いこなせないし、避けろとガイドブックに書いてある)。

歴史的な街では掘り起こそうとすると遺跡にぶち当たるので大変なんでしょうが、それでも現在この中心部で地下鉄拡大中なので、もうすぐきっと便利になることでしょう。大学の近くでは既に駅だけはきれいにできてました →


建物の写真を撮りまくるトーチャンの後を付いていきながら、すれ違うイタリア男の品定めをしつつウィンドーショッピングに忙しい私。


オペラ三昧イン・ロンドン      オペラ三昧イン・ロンドン

やっとポンペイ行きの私鉄駅につくと、いかにもそれらしい落書きのボロ電車で、満員だけど幸い座れて、鈍行で40分。

右のガラガラ写真はこの電車ではなく、ポンペイ駅からヴェスヴィオ火山行きの大型バスで、乗客は4人。€10で50分くらい掛かって、ヴェスヴィオ山の途中までスリリングなヘアピン道路で昇ります。


オペラ三昧イン・ロンドン      オペラ三昧イン・ロンドン

「20分くらいで頂上に着くわよ」と入り口で言われたけど、それはちょっと難しいのではないでしょうか。距離も結構あるし、急な坂道を砂利に埋もれながら歩くんだもの(黒い靴が真っ白に)。ほとんどの人は杖を借りてたけど(私たちは借りそびれた)、役に立つのは右写真のかなり上に着いてからちょっとだけじゃないのかしら?


オペラ三昧イン・ロンドン

結局、頂上まで1時間近く掛かったのは、途中の景色があまりにも素晴らしいので見惚れてたからで、



麓に広がる街(遺跡はここからは見えませんでしたが)、遠くにソレント、そして遥かに望む愛しのカプリちゃん キラキラ




オペラ三昧イン・ロンドン オペラ三昧イン・ロンドン


オペラ三昧イン・ロンドン      オペラ三昧イン・ロンドン

やっと頂上に着いたら、あら、売店もあるソフトクリーム


オペラ三昧イン・ロンドン      オペラ三昧イン・ロンドン

このコンクリートの塊りは1946年の噴火で破壊された小さな登山電車の残骸でしょう。有名なナポリ民謡フニクリ・フニクラはそのコマーシャル・ソングですが、まだ走ってたら、苦労して上る必要ないのにね。こんな好天なら気分良いけど、雨とか風の日は大変よ、ここ。


オペラ三昧イン・ロンドン      オペラ三昧イン・ロンドン


噴火口は阿蘇山と似た感じだわ。

オペラ三昧イン・ロンドン      オペラ三昧イン・ロンドン

オペラ三昧イン・ロンドン      オペラ三昧イン・ロンドン

オペラ三昧イン・ロンドン      オペラ三昧イン・ロンドン


オペラ三昧イン・ロンドン
結局、ゆったり見学して2時間くらいいたでしょうか、帰りはさっさと駆け下りて、麓の売店でお菓子を食べて、ランチ終了。


帰りのバスはオープントップの小型で、イヤホン・ガイド付き。乗客はまた4人。


これからポンペイ遺跡に向かいますが、果たして私はトーチャンのペースについていけたでしょうか?  (続く)


           人気ブログランキング  観覧車      

AD

<5月24日(火)>

オバマ米大統領夫妻が国賓としてイギリス滞在中で、ハネムーから帰ったウィリアム王子夫妻と歓談。ケイト妃が着てたワンピースが僅か175ポンドなんですって。私は着物でROHのマクベスへ行ってました。カプリの後半です。

---------------------------------------------

                                    カメラクリックで写真は拡大

オペラ三昧イン・ロンドン
5月13日、ローマ帝国2代目皇帝ティベリウスのヴィラの遺跡とチェア・リフトで上った頂上からの素晴らしい眺めを楽しんだ後は、アナカプリで歩いてすぐのヴィラ・サン・ミケーレVilla San Micheleに行ってみましょう。


20世紀前半にスウェーデン人医師が作ったヴィラですが、元はティベリウス帝の別荘があった所、ということはこの辺りでは一番見晴らしが良いってことでしょう。ほら、Villa Jobisみたいに辺鄙なところにあるとそのまま残るけど、ここみたいに足の便が良いと他の人が新しい別荘を建てちゃうわけよ。


室内は北欧人らしいすっきりクールな内装で、庭にはギリシャ・ローマ時代の彫像が置かれてクラシックな風情の素敵な邸宅です。

オペラ三昧イン・ロンドン       オペラ三昧イン・ロンドン


オペラ三昧イン・ロンドン       オペラ三昧イン・ロンドン


そして、なんと云っても、テラスからの眺めが抜群で、大理石の小さなスフィンクスも景色に見惚れてます。

ところで、今日の私は4枚重ね着して調節してますが、このガーゼのブラウスはシワにならずとても重宝。なんと学生時代から着てるんですが、当時と比べると10キロ増えたのでボタンがはまらない・・・

    

オペラ三昧イン・ロンドン       オペラ三昧イン・ロンドン

コーヒーケーキ

ここの眺望カフェでお茶とケーキを頂いたのですが、お客は私たちだけ。海水浴には早すぎるし観光の季節でもないのか、島中どこも空いてましたしね。そう言えば、カプリ島で座ったのはチェア・リフトを除けばここだけだ。後は歩いてるか立ってるかで、今日のトーチャンの万歩計は25,646歩。坂道が多かったから、結構しんどかったです。

オペラ三昧イン・ロンドン     オペラ三昧イン・ロンドン

下りヘアピン・カーブのスリル満点のバスでカプリ地区に戻り、ちょっとのんびり散歩しましょう。

オペラ三昧イン・ロンドン     オペラ三昧イン・ロンドン

一流ホテルや洒落たカフェ、ブランド店がずらっと立ち並び、ゴージャスな小路が結構延々と続くリッチな地域でお金、なぜかフェラガモのお店が何軒もありました。外から眺めるだけだけど、それでもなんだか嬉しい。

夜になるときっとビューティフルな人たちで素敵な雰囲気になるんだろうな、ここ宝石赤


オペラ三昧イン・ロンドン     オペラ三昧イン・ロンドン

ホテルの絶景バルコニーですが、こんな絶景のところでゆっくりシャンペンでも飲んだらどんなに気分が良いかしらん                             
オペラ三昧イン・ロンドン      オペラ三昧イン・ロンドン

                        また例の奇岩を、今度は近くから見ることができました 



    オペラ三昧イン・ロンドン オペラ三昧イン・ロンドン

登山電車の駅に行ったら、ウェディング・カップルがベル イタリアって、結婚記念写真を撮るためによく名所旧跡に繰り出すみたいで、あちこちで見掛けるけど、幸せのお裾分けでこちらまでハッピーラブラブ 特にこんな美しい花嫁さんだと(花婿さんは後姿の方が良かった)。

オペラ三昧イン・ロンドン       オペラ三昧イン・ロンドン

最終便は夜8時5分前だけど、もう日帰り客は去ったようで、港の通りは閑散。来るときは賑やかだった水中翼船もガラ~ン。

オペラ三昧イン・ロンドン       オペラ三昧イン・ロンドン


オペラ三昧イン・ロンドン      オペラ三昧イン・ロンドン

                 オペラ三昧イン・ロンドン


美しい夕陽のカプリにさようなら。これから毎日遠くから眺めてうっとりのカプリ島ラブラブ!


オペラ三昧イン・ロンドン      オペラ三昧イン・ロンドン
ナポリのもう一つの港に寄ってたので、帰ってきたら9時半近く。


今夜はピッツァを買ってホテルで済ませて明日に備えて休みましょう。ヴェスヴィオ火山とポンペイ遺跡でたくさん歩くからね。そう言えば、今日のランチもサンドイッチの歩き食いという典型的な時間節約重視の我が家の旅行先での貧しい食生活。

                       人気ブログランキング  船          

<5月22日(日)>

週末は家から一歩も出ずにテレビを観たりブログ書いたり。

1700枚のナポリ旅行の写真からどれをブログに載せようかと迷うだけでも(楽しいけど)一苦労。私にとってはこの旅行のハイライトとなったカプリ島は、写真も多いし思い入れもあって長くなりそうなので2回に分けてアップすることにしました。

----------------------------------------------

                                        カメラクリックで写真は拡大         


船予報だとお天気は段々崩れてくるらしいので(結局はほぼずっと晴天でしたが)、晴れてるうちにカプリ島だ、ということで、5月13日は水中翼船で行ってきました。片道1時間足らずで€17。


ナポリの南30キロにあるIsola de Capriは外周17キロ、古代から人気の風光明媚な別荘地で、私はこれが3度目なんですが、いつも短時間しか滞在できず、一回目は海水浴、2回目は島の回りを巡るクルーズと青の洞窟に行っただけ。

今回もナポリからの日帰りですが、朝10時半から夜8時近くまでいられたので、初めて結構あちこち観ることができてその良さを再確認。今回訪れた場所のうちでも、最初だったので印象が新鮮だったということもあるでしょうが、カプリ島が一番良かったですキスマーク


オペラ三昧イン・ロンドン     オペラ三昧イン・ロンドン    


オペラ三昧イン・ロンドン
9時半出航。ホテルから歩いてすぐの港Mollo Beverelloには毎日違う豪華客船が停泊してて旅情を掻き立てられたんですが(トーチャンはクルーズが嫌いなので、実現の見込みは薄いけど)、この日はオペラ好きの私には嬉しいAIDA bellaという名前の船がいて目、古代エジプト女性のウッフンという表情が可愛いですねキスマーク


ナポリを発つ際に後ろを振り返ると、オレンジ色の華麗な王宮とグレーの要塞ヌオーヴォ城が見えます。


甲板デッキは満席。走り出すと風がビュービュー強くて結構寒いんですが、ワクワク観光客はここで頑張ります。

オペラ三昧イン・ロンドン     オペラ三昧イン・ロンドン  

   

オペラ三昧イン・ロンドン     オペラ三昧イン・ロンドン

マリーナ・グランデ港からすぐに登山電車にちょっとだけ乗ってカプリ地区に着くと眼下に広がる可愛い白い家々。洒落たレストランやお店がたくさんある所は後で覗いてみるとして、

オペラ三昧イン・ロンドン     オペラ三昧イン・ロンドン


まずは一目散に断崖絶壁のてっぺんにあるVilla Jobisの遺跡を目指します。


古代ローマ帝国2代目皇帝ティベリウス(在位14-37AD)(→日本語ウィキ )がローマに嫌気がさして統治後半に隠遁した広大なヴィラは今回カプリで絶対に行ってみたかった所。中心からは遠くて不便なので、日本のガイドブックには載ってないでしょうね。 


オペラ三昧イン・ロンドン      オペラ三昧イン・ロンドン


車は通れない狭い道なので歩くしかないのですが、民家がまばらになり最後はかなり急な坂道で、ほら、丘の上に雲の中に石の建物が見え隠れしてるでしょ。ティベリウス帝は、カプリ島に全部で12もヴィラを持ってたそうですが、おそらく一番辺鄙な場所にあるこのヴィラ(だから今でも残ってるんでしょう)に行く時は自分で坂道をフーフー言いながら上ったんでしょうか?


見物しながらなので、一時間近く掛かってやっと到着。意外にも結構訪問者がいましたが、なんせ広いので混んではいず、ローマ皇帝の中でも私がもっとも尊敬する一人であるディベリウス帝が遥か離れた強大なローマ帝国を立派に統治した場所かと思うだけで感激ラブラブ

オペラ三昧イン・ロンドン     オペラ三昧イン・ロンドン


オペラ三昧イン・ロンドン    オペラ三昧イン・ロンドン


オペラ三昧イン・ロンドン    オペラ三昧イン・ロンドン  

上の右の写真はキリスト教会で、横にでかいマリア母子像も立ってましたが、古代ローマの遺跡を壊しまくった憎いキリスト教徒め、ここの雰囲気もぶち壊しやがってむかっ


オペラ三昧イン・ロンドン     オペラ三昧イン・ロンドン


断崖絶壁から見える海の青さと神々しく流れる雲、風の音に古代のロマンを感じ、孤独だったティベリウス帝がこの崖をどんな思いで見下ろしたんだろうと想像すると涙ちょちょ切れそうな私でしたが、動画で少しは雰囲気を感じて頂けるでしょうか?






オペラ三昧イン・ロンドン
Villa Jobisへの昇りは家の一軒一軒や景色を愛でながらだったので1時間くらいう掛かりましたが、下りは転げるように歩いたら30分でカプリに帰れました。


お次は小回りの効く小さなバスで高台にあるアナカプリ地区へ。


まずはチェア・リフトに乗って更に上まで行ってみましょう。

頂上まで片道€10。


ガーン高所恐怖症の私には長い恐怖の片道13分でしたが(昇りはまだしも、下りはほとんど目をつむってました、実は)、必死の覚悟で体をねじって後ろのリフトに座るトーチャンの写真も一枚だけ撮れました。
オペラ三昧イン・ロンドン      オペラ三昧イン・ロンドン

オペラ三昧イン・ロンドン     オペラ三昧イン・ロンドン


でも、こんなに素晴らしい景色が待ってるんですもの、怖くても来た甲斐がありました。

特に、頂上の反対側はカプリならこの景色というファラリオーニ岩島の奇石が見下ろせるんですもの!

オペラ三昧イン・ロンドン     オペラ三昧イン・ロンドン


3回目の訪問にして初めて見ることができたんですが、ここでも薄い雲が風になびいてて、多くの古代ローマ人もこの景色を愛でたんだろうと思うと熱い思いがよぎります。

あ、遥か彼方にさっきまでいたティベリウス帝のVilla Jobisも見えますよ。ジーンあせる

オペラ三昧イン・ロンドン      オペラ三昧イン・ロンドン


まだナポリに帰る最終便までには数時間あるのでカプリ島巡りは続きますが、それは次回に。(明日はアメーバブログのメンテナンスなので更新できませんが)

                   
                      人気ブログランキング  うお座