オペラ三昧イン・ロンドン

<4月29日(金)>


日本でもきっと皆さんTV中継をご覧になったことでしょうが、めでたく無事に結婚式がとてもハッピーな雰囲気の中で行なわれましたベル


特に雨になりそうと予報だったのでハラハラしましたが、雨が降らなかったどころかちょっと晴れ間まで見えてよかったです。大事な観光資源でもある英ロイヤルファミリーのイメージは大事ですから、なるべく美しい設定で行なわれて欲しいですもんね。

オペラ三昧イン・ロンドン
美しいイメージという意味では、何度もしつこく言うけど、ウィリアム王子がフサフサ髪のハンサム・ボーイだった時に結婚して欲しかったわあ。お父さんのチャールズ皇太子より薄くなったんじゃないの、今は?初々しい20歳のダイアナ妃の花嫁姿に比べると、ケイト嬢も、すでに年増の落ち着いた雰囲気が出てきちゃいましたもんね。一番綺麗な時に花嫁さんにしてあげたかった指輪



オペラ三昧イン・ロンドン

などと、贅沢を言ってはいけないのはわかっています。両親の失敗を肝に銘じ過ぎてここまで伸びたわけだから、慎重に選ぶのが正解でしょう。とても幸せそうなウィリアム王子を見ていたら、踏ん切りがつかなくてヤキモキさせられたけど最後は納得してしっかり者のお嫁さんを迎えられて本当に良かったという親戚のおばさんのような気持ちになりました。

ダイアナ妃がこれを見られなかったことだけが残念ですが、こんな日は彼女の面影は誰の心にもくっきりと蘇ったことでしょう。

   オペラ三昧イン・ロンドン     オペラ三昧イン・ロンドン

一日中テレビで観てたのですが、百万人も出向いたそうだし、ユニオンジャックがはためくのを見ると、私ですらproud to be Britishという誇りと一体感が味わえるこんな時は王室の存在価値を再認識(私はイギリスに32年も住んでるので気分はブリティッシュ)。お陰で世界中の人にも注目されるわけですから、費用対効果は高いと思います。暗いムードの日本でも、久し振りに幸せな気分を味わって頂けたのではないでしょうか?


ワンピースところで、


最初は緊張気味だったケイト嬢も徐々にほぐれ、ずっとリラックスして嬉しそうだったウィリアム王子にリードされて全てをこなして立派でしたが、最後まで極秘を保った話題のウエディングドレスについては皆さんどう思われましたか?

オペラ三昧イン・ロンドン


30年前のダイアナ妃の時のように「わあ~っ!」と感嘆はしなくて、ちょっと質素過ぎるんじゃない?、スリムでシンプルなラインは長身でほっそりしたケイト嬢にぴったりだけど、もうちょっと細かいところで凝って欲しかったわ、と最初は思ったのですが、立体的なトレインはユニークで長さも丁度良く、クラシックな上品さがなかなか素敵でしたね。


王冠2だけど、ティアラがちょっと貧弱じゃないですか?むっ こんなに小さくては上半身だけ見たときに淋し過ぎます。女王陛下からの借り物だそうですが、もっと大きいのもあるに違いないのにね。


こういう場所では頭部は大切で、テレビで観てても帽子ばかりが目に付くでしょ? 妊娠中のベッカム夫人みたいにドレスはシンプルでも帽子で勝負するのが賢いし、或いはいっそキャメロン首相夫人の被らないという選択(代わりに髪にブローチつけてるけど)で目立つという手もあり。


    オペラ三昧イン・ロンドン     オペラ三昧イン・ロンドン



だけど、張り切りすぎてとんでもない帽子の人も当然いて、目も当てられない程ひどかったのが身内だったのが大恥でしたね叫び 
オペラ三昧イン・ロンドン
アンドリュー王子の娘は二人とも趣味が悪いんですが、特に姉のベアトリス王女の薄茶色の帽子(ドレスも)にはびっくり仰天で、招待してもらえなくて不貞腐れてる母親ファーギーの陰謀に違いないです。品のな濃い化粧で女王様の後ろの席で、嬉しそうな女王様の画面をぶち壊して復讐成功。


       オペラ三昧イン・ロンドン    


エリザベス女王の鮮やかなレモンイエローのドレスと帽子は明るく映えたし、好みのスタイルが確立したコートドレスのカミラ夫人もなかなか素敵でしたが、ケイト嬢の母親は散々迷った末にしてはちょっと・・・。色も薄すぎるし、カミラ夫人に形も似すぎてるのが失敗で、まだカミラ(呼び捨てにしちゃうけど)みたいに体型が崩れてるわけじゃないんだから、もっと細めのシルエットにすればよかったのに。上の写真のラベンダーのスペイン女王のような感じでね。


    オペラ三昧イン・ロンドン      オペラ三昧イン・ロンドン

花嫁介添え役のケイトの妹ピッパはチャーミングで人気沸騰。ハリー王子がお嫁さんにすればいいのに、と思った人は多いかも(元ガールフレンドのチェルシーも参列してましたが、彼女に振り回されてるようなので)。いや、やっぱりヒンシュク買うかな。彼女はイギリスではメディアによく登場してお馴染みなのですが、パーティにばかり行ってて享楽的なイメージなんです(パーティ企画が職業)。

             

 王冠1  人気ブログランキング   ご成婚祝いにクリックしてみましょう   

AD

<4月27日(水)>晴れ



会社帰り、7時からのオペラ(The Tsar's Bride)が始まるまで、明後日のロイヤル・ウエディングのパレードのコースを見学して写真を撮ってきました。クリックで拡大しますので、お好きなのをご覧下さい。



ピカピカの晴天の夕方、野次馬でごった返してましたが、ハッピーな雰囲気に満ちてました。



オペラ三昧イン・ロンドン
   オペラ三昧イン・ロンドン



   オペラ三昧イン・ロンドン


 結婚式が行なわれるウエストミンスター寺院。


 寺院の向かいの特等席は報道陣席。その下の沿道にはすでにたくさんの熱心な見物希望者が場所取りで徹夜でキャンプ。


オペラ三昧イン・ロンドン    オペラ三昧イン・ロンドン






ウエストミンスター寺院のすぐ近くは国会議事堂。

青空に映えるビッグベンとユニオンジャックが美し~いキラキラ


オペラ三昧イン・ロンドン     オペラ三昧イン・ロンドン



オペラ三昧イン・ロンドン     オペラ三昧イン・ロンドン


トラファルガー広場に立つネルソン提督像を観て、アドミラル・アーチを抜けると、バッキンガム宮殿が見えます。

そう、このユニオンジャックを見たかったの! 



オペラ三昧イン・ロンドン      オペラ三昧イン・ロンドン   



宮殿まで行ってるとオペラに間に合わないので、この辺でU ターンして、そろそろオペラハウスまで急ぎ足で歩きましょう(徒歩10分)。  


尚、人混みは嫌なので、結婚式当日は家でごろ寝しながらテレビで観ます。



               人気ブログランキング  祝日  

AD

<4月26日(火)>

久し振りに冷やっこい日になりました。3日後のロイヤル・ウエディングは雨かもしれないし、そうでなくてもロンドンらしく灰色になりそう?むっ

1ケ月以上に渡った来年のオリンピックの切符のネット申し込みが今日終了しましたが、やはり最後に駆け込む人が多かったようで最後は対応不可になったとのこと。我が家は昨日済ませておいてよかった。一応、開会式も含め結構たくさん申し込んでおきましたが、果たしてどれだけ買えるんでしょうねえ。もし全部当選すると、かなりの散財・・・

----------------------------------------------
                                         カメラ写真はクリックで拡大

オペラ三昧イン・ロンドン



4月23日の誕生日は、家族とランチとショッピングしたその足で、夜はウィグモア・ホールのコンサートに行きました。


百花繚乱のカウンターテナーの中でも華のあることでは一番のチャーミングな若いフランス人フィリップ・ジャルスキー君はすっかりロンドンでの人気も確立し、渋好みのウィグモア・ホールの爺さん婆さんの皆さんも彼が目的で来たに違いないのですが(私は当然そうですラブラブ!)、彼のリサイタルと言うよりは、なんだかジャル君が脇役というか楽器のひとつのような扱われ方をされたコンサートでした。


オペラ三昧イン・ロンドン
Philippe Jarousskye countertenor

L’Arpeggiata

Christina Pluhar director

Improvisation on La dia spagnola

Strozzi L’Eraclito amoroso

Cazzati Ciaccona

Sances Presso l’onde tranquillo

Improvisation on Tarantella napoletana

Monteverdi Ohimé, ch’io cado

Soler Fandango

Falconieri La suave melodia

Monteverdi Adagati, Poppea

Melli Dispiegate, guance amate

Pandolfi Mealli Sonata Op. 4 No. 6 ‘La Vinciolina’

Monteverdi Sí dolce è’l tormento

Monteverdi Damigella tutta bella

Kapsberger L’Arpeggiata

Sances Stabat mater

Monteverdi Laudate Dominum in sanctis eius



でも、だからと言って不満だったわけではなく、それどころか、普通なら主役であるべき歌手が出なくて水増し演奏が多かったら怒るところなんですが、この日は古楽オケの水増し演奏があまりにも素晴らしかったので、別にジャル君は出なくてもいいとすら思ったくらい。

バロック音楽というよりはルネッサンス音楽なんでしょう、モンテヴェルディ以外は聴いたこともない作曲家ばかりだったのですが、貴族やお金持ちが静かに座って聴く高尚な音楽ではなく、きっと手拍子打ったり体が自然とリズムに乗って揺れてしまったに違いないような軽快さ陽気さ。時にはわかりやすくメランコリックに。


プログラムを買わなかったので、どれが宗教の場で奏でられたものかどれが世俗の楽しみのためかわからないのですが、そういう違いはないのかもしれなくて、ルネサンス後期の人たちが楽しんでる様子が目に浮かぶ気がしました。音楽を聴いてる人の様子を思い浮かべるなんて普通はしないですが、ルネッサンスの偉大さが意外なところで感じられて、なるほどイタリアは奥が深いと(歌のうち一曲だけスペイン語であとはイタリア語)。

オペラ三昧イン・ロンドン     オペラ三昧イン・ロンドン


見たこともないような珍しい楽器が色々出てきたことも最前列の私にとても興味深かったのですが、特に次から次へと打楽器があれこれ登場して(演奏者は一人だけ)、これが一番面白かった。


とにかく、10人の演奏者が全員とても上手だったのは勿論のこと、皆さんとても楽しそうで、こちらも手拍子打ちたいような気分音譜 ジャル君も仲間と一緒であることを楽しんでるのが目の前の私にはよくわかったし、彼のおかげで珍しい音楽が聴けた私たちもとてもハッピーで、ウィグモア・ホールには珍しい熱気に満ちた拍手喝采シーンになりましたクラッカー


休憩なしで2時間、半分以下しか歌わなかったけどジャル君は絶好調で、おどけた表情も可愛いかったしキスマーク、ちょっとだけアンコールの余興に恒例のバリトン声も披露してくれて盛り上がりました。


今回はジャル君が積極的に埋もれている音楽を発掘してくれたのかどうかは知りませんが、今の彼になら人気を利用してそれができるわけですから、チェチリア・バルトリがしてきたように、古楽のレパートリーを増やしてクラシック音楽をよりリッチなものにして下欲しいものです。


                人気ブログランキング   宝石赤

AD

<4月25日(月)>晴れ

今日は、ドックランドにあるジムのプールでゆっくり泳いで、ちょっとしたリゾート気分を味わったのですが、本当に素晴らしいお天気の4連休でした。でも、やっぱり、もうすぐ崩れるらしいです。

明日からまた仕事かと思うと、私の気持ちも雨降りになりそう・・・雨

---------------------------------------------


オペラ三昧イン・ロンドン

4月21日、ROHのバレエマノンの初日に行ってきました。


アベ・ブレヴォーの小説を元にした有名な題材で、マスネとプッチーニのオペラもあり、要するに、男を選ぶ際に大切なのは果たしてお金か恋か、という古今東西を問わず女の人生の最大ジレンマに陥ったマノンが両方手に入れようと欲張って破滅するというお話です。


オペラ三昧イン・ロンドン
音楽 Jules Massenet

振付 Kenneth MacMillan

マノン Leanne Benjamin

デグリュー Steven McRae (Edward Watsonの代役)

レスコー Ricardo Cervera


このバレエはかなり前にたしかバッセルとコープのコンビで見たことはあるのですが、ほとんど覚えていないので、実質的には今回がはじめてと言ってもいいでしょう。


こういうドラマチックな役はやっぱり演技派のエド・ワトソンで、と思ったのに、怪我で降板してしまったのは残念でしたが、代役の若い豪人スティーブン・マックレーも溌剌とフレッシュでなかなか良かったです。


オペラ三昧イン・ロンドン      オペラ三昧イン・ロンドン

                 カメラ写真はクリックで拡大します


時折バレエも観に行ってるものの、門外漢の私が気が利いたことも書けないので記事にしないことが多いし、今回も、


へえー、今までROHで見たバレエの中では男性ダンサーの踊りがめちゃ難しそうだわあ、

あら、二つあるオペラのマノンとも又ちょっと設定が違うのね、


くらいのことしか言えないのですが、今日のことはバレエに詳しい友人が、な~るほど、さすが~、というデグリュー役の感想をメールで送ってくれたのでそのまま使わせて頂いちゃいましょう。

---------------------------------------------

終わってみれば、スティーブンは1幕目と3幕目とでは別人でした。


やはり1幕目は相当緊張していたのではないかと思います。デビューロールだし、初日だし・・。あたりまえですよね。そこであのソロでしょう?

2幕目もメランコリックなソロがありますが、1幕目のソロは感情的にもそうですが、どのソロと比べても1番難しい(と、私は思う)ので、その時はほんとに踊るのが精一杯じゃなかったのかと思います。


よって、マノンに一目惚れしたデグリューの弾けるような感情まで演じきれなくって、次いで1幕目の一番の見せ場であるベッドルームのPDDでも踊りに比べ演技が伴わず、反して昨晩は絶好調だったリアーンにかなりリードされてる感があって、二人の温度差がどうしても気になってやや戸惑いましたが、2幕目からは徐々に本来のスティーブンになって、最後は見事に若きデグリューになりきってましたね!


全身全霊を捧げた!って感じ♪ こういうの好きだなー♪ラブラブ!

彼としても、満足の行くデビューだったと思います。カーテンコールの笑顔が何よりそれを語っていたと思うし、可愛いな♪


テクニカル的には言わずもがなで、ピルエットは速いし、ジェテの着地はぶれないし、アラベスクでは足が綺麗に上がっていて、惚れ惚れしました。強いて言えば、ランベルセ(振り返るような姿勢で上半身を反らすポーズ)の角度が・・・って、あ、これはとってもマニアックですね。ごめんなさい。

始めは、大丈夫から?とドキドキしたけれど、終わってみればブラボー!で、大満足です♪ニコニコ

エドの代役を含め、彼は後3回登板なので、この後はもっともっと良くなるんじゃないかと期待してます。こうやって、どんどんどんどん見に行っちゃう・・・ガーン


みんなレスコー役のリカルドを誉めてましたが、もちろん私も彼は大好きだし、昨夜も切れのあるフェッテを連続で見せてくれたり、充分堪能しましたが、レスコー役にはちょっと可愛いすぎるかな・・・?とも思いました。もちろんリカルドが踊ってくれて全く文句は言いませんが。でも、もうちょっとエゴイストっぽい人がやるといいのですけど。そう思うと、今のロイヤルには性格俳優的な男子が不足しているのかも・・・。


---------------------------------------------


以上、私には書けないどころか、理解できないバレエ用語も出てきて、物識りにもなれました。ありがとうございます。


彼女は、エド・ワトソンの大ファンなので今回の降板にはがっくり力を落として可哀相なくらいだったのですが、ご覧の通りマックレー君の健闘により、観に行ってよかったと思える程回復したように、素晴らしいパフォーマンスでした。バレエにまで足を踏み込んだらROHに毎日行かなくちゃいけなくなりそうな私は水際で必死に踏みとどまっているんですが、果たして抵抗できるものやら・・・。


オペラ三昧イン・ロンドン     オペラ三昧イン・ロンドン


などど言ってるはなから、実はマノンの最終日の切符も買ってしまいました(コジョカルとコボルグ)えっ

まあ、両方とも切符代は10ポンドちょいがま口財布だからお財布は痛みませんが・・・


あ、でも7、8月のROHでのキーロフ・バレエ引越公演は5回も切符が買ってあり、それはもうちっと高いぞ。ズルズル・・・


                    人気ブログランキング  くつ

<4月23日(日)>

さる日本食レストランでの震災チャリティ・ディナーに行ってきました。ロンドンではいまだに東北の震災の義援金チャリティがたくさんあり、仏バレリーナのシルヴィー・ギエムもサドラーズでチャリティのために7月7日に1回公演を追加してくれました(→こちら )。

----------------------------------------------


オペラ三昧イン・ロンドン


オペラ三昧イン・ロンドン


4月19日、バービカンにドビュッシーのコンサート形式オペラペレアスとメリサンドを聴きに行きました。ナタリー・デセイの誕生日だったのですが、その様子はハッピーバースデー合奏の動画でその日のうちにレポしてます(→こちら )。


みずがめ座架空の国のゴロー王子は森で迷って出会った得体の知れない水の精のようなメリザンドと結婚するが、彼女はゴローの弟ペレアスと惹かれ合い、嫉妬したゴロー兄がペレアス弟を殺し、メリザンドはお産で死亡。


というかのがおおまかな筋なのですが、テーマは現実的な三角関係ではないだろうし、人間のドラマですらないかもしれなくて、ドビュッシーの音楽同様に観念的で象徴的なこのオペラは理解するのが難しくて、思わせぶりな全てのセリフに裏の意味があるらしく、おまけにアリアもないし、まるでワーグナーのオペラをフランス的にしたようなメリハリのない叙情的なドビュッシーの音楽に退屈して寝ちゃうかもと思ったのですが、


さすがに目の前で素晴らしい歌唱で熱演されると凄い迫力だし、オケに囲まれているような席なので、音楽のお湯に浸かっているような状態で、とても心地よかったです。


オペラ三昧イン・ロンドン

Debussy Pelléas et Mélisande

Orchestre de Paris
Louis Langrée
conductor
Natalie Dessay Mélisande
Simon Keenlyside Pelléas
Marie-Nicole Lemieux Geneviève
Laurent Naouri Golaud
Alain Vernhes Arkel
Khatouna Gadelia Yniold
Nahuel Di Pierro Doctor



私はかねてから、オペラのベストな鑑賞方法は自分で理想的なセットや衣装や演技を想像することだと思っているのですが、


こういうコンサート形式だとそうせざるを得ないわけで、今回は設定に忠実なプロダクションを勝手に創っておおいに楽しみました。まるでテレタビーの着ぐるみのような陳腐な衣装とすっとんだセットだった4年前のROH(→こちら )みたいな、オペラを理解するために視覚的に邪魔になるようなプロダクションを見るせられるより、何もないほうがうんと良いです。幸いナタリーもサイモンも役にぴったりのイメージなので、そのまま登場してもらえて楽だったし。


第一、こんな豪華顔ぶれをこれだけ近くで聴けてこの値段(28ポンド)というのもフルオペラではあり得ないので、コンサート形式万歳です。全てのオペラをこうやって聴けたらいいのに。


声が一度だけひっくり返ったサイモンは絶好調ではなかったみたいで、少し精彩を欠いてたような気もしたのは、もしかしたら彼は隅っこのほうでばかり歌ってたので真ん中の私はそう感じただけかも。


ナタリーもちょっと風邪ひいてたのか、高音はOKだけど中音が乾き気味。


聴くのは久し振りのナウリは芯のある力強い歌唱で、まじかで聴くと迫力あり過ぎかも。ハンサムとは言えないファニーフェイスだけど、こういう男性は年齢を重ねるにつれて味と魅力が出てくるわけで、きっとナタリーの良い夫であり素敵な父親なんだろうな、と温かい気持ちになりました。


オペラ三昧イン・ロンドン
     オペラ三昧イン・ロンドン

      オペラ三昧イン・ロンドン     



オペラ三昧イン・ロンドン


一つ残念だったのは、今日は大人数のオーケストラだったため、長身の指揮者が指揮台に立ってしまい、ど真ん中の席の字幕が読みにくて苦労したこと(歌詞はフランス語)。このオペラは台詞がとても大事なのに。


歌手は指揮者の両側に立つことが多いので、声を聴くには真ん中が理想的なんですが、こういうこともあるので、席選びは気をつけないとね。最前列でよく失敗したので今回はあえて3列目にしたのにこれだから苛々したわむっ



下手くそな歌手とオケで聴きたくない類のオペラですが、1年以上も前から楽しみにしてたコンサート、歌手の変更もドタキャンもなく、一流のパフォーマンスを楽しめましたチョキ                    


                  人気ブログランキング   ヒマワリ