<2月27日(日)>

雨だったけど、ホテルで豪華にアフタヌーン・ティ。着物で。その後コンサートに行き(スキン写真ご参照)、充実した日曜日となりました。忙しい2月の行事も全て予定通り、元気にこなせました。

夜は米アカデミー授賞式に入場するスターたちにインタビューする番組を観ようと思ったのになぜか衛星テレビだけ受信できず、怒り心頭パンチ! 仕方ないから代わりにブログ更新しよ。

コリン様、主演男優賞取れるかしら? 逃したらイギリス中がっかりだわ。

---------------------------------------------

                                          カメラクリックで写真は拡大


トーチャンと旅行するとろくなものを食べさせてもらえない可哀相な私ですがしょぼん、オペラ仲間との海外遠征ではお喋りしながらゆっくり食べるのも楽しみですニコニコ

今回はバルセロナにロンドンから4人、日本からお一人の計5人が集まって、わいわい楽しい時を過ごしました。


特に、フライトもホテルも観光も全てご一緒させて頂いたY子さんは、ホリディでは食べることに重きを置くばかりでなく、スペイン語も堪能という願ってもない旅の道連れキラキラ あれこれ調べて下さって全てお世話になり、楽をさせて頂いて、深く感謝感謝チョキ


コーヒー

食べることに関してのスペインの良い点はなんと云ってもタパス・バーで、小皿でちょこっとづつ好きなだけ食べられるところが最高です。飲茶や居酒屋と同じですが、至る所にあって、しかも朝から深夜までオープンしてるのが便利でありがたいことこの上なし。


タパス・バーでもレストランでも、海に面したバルセロナですから、イギリスではあまり食べる機会のないタコやイカを中心にほぼ魚介類ばかりあれこれたくさん食べて満足じゃ~、を写真でざっとご紹介しましょう。


オペラ三昧イン・ロンドン     オペラ三昧イン・ロンドン

オペラの出待ちが終わったのが1時過ぎでしたが、それから4人で街の中心であるランブラス通りのタパス・バーへで軽い夜食。この6品セットはたしか27.5ユーロ。ワイン片手のオペラ談義が海外遠征の醍醐味よね。


オペラ三昧イン・ロンドン



ある日のカフェでの朝食。

黒っぽいのはホウレンソウたっぷりのオムレツ。

ドーナツは熱いココアに浸して食べるのよ。カロリーは一切気にしないことにしましょうブタ


 

オペラ三昧イン・ロンドン    オペラ三昧イン・ロンドン      

ランブラス通り、カタルニア広場近くのタパス・バーの入り口にたくさん陳列されてるのが見事だったのでつい中に入ってカウンターに座っちゃいました(上下4枚の写真)。


オペラ三昧イン・ロンドン    オペラ三昧イン・ロンドン

オペラ三昧イン・ロンドン

観光地ばかりでなく、仲間がバルセロナに詳しい人から情報を得て、観光客など来そうもない普通の地域のお店にも足を伸ばしました。

どこだったのかよくわかりませんが、開店前から常連さんたちが並んで待ってた程の人気店だけあって、どれも格別に美味しくて、しかもお値段のリーズナブルなこと。やっぱり口コミは大事。


ここもそうですが、まるで寿司屋のカウンターのような設えのお店がたくさんありました。翌日から寿司屋に転向できるね。


尚、お店によっては、かもしれないけど、テーブル席よりカウンターの方が安いらしいし、あれ頂戴と指差すこともできるのでカウンターがお勧め。


ナイフとフォーク

 いくつか行ったレストランの中で、雰囲気、食べ物ともベストだったのかここ。


オペラ三昧イン・ロンドン    オペラ三昧イン・ロンドン


オペラ三昧イン・ロンドン    オペラ三昧イン・ロンドン

エスカルゴが名物のLos Caracolesはおそらくバルセロナで一番有名なレストラン。


壁にびっしり貼ってあるのは主にかなり前のオペラ歌手とかが多かったけど、お店のサイト(→こちらのお客リストの顔ぶれが凄いのなんのって叫び バルセロナを訪問した有名人は皆ここに来たに違いない。


オペラ三昧イン・ロンドン
パエリャとか、お米を食べられるので、日本人にはほっとできるスペイン。

でも、デザートは大したものがなくて、これはイタリアに負けるわね、とはグルメ旅行を何度もなさってるY子さんのご意見でした。たしかに。私は辛党で甘いものはあまり沢山食べられないので構いませんけどね。



マーケットの屋台で食べたタパスも美味しかったし、大満足のバルセロナ食べ歩きでした。




      人気ブログランキング   ナイフとフォーク

AD

<2月26日(土)>

しとしと雨の鬱陶しい日でしたが、久し振りに家でのんびりできる私には全然オッケー。徒歩でスーパーに食料調達に行くトーチャンは大変でしょうけどね。って、こんな日は一緒に行ってあげればいいんでしょうが、あれこれ忙しいし、車で行くんじゃなきゃ嫌よ。

バルセロナのことを書く前に、旅行前に行った魔笛をまず片付けましょう。

----------------------------------------------


オペラ三昧イン・ロンドン


2月7日、11日、16日と3回、ロイヤルオペラハウスに、「魔笛」Die Zauberflöteを観にいきました。


どんなオペラなの?


前回(3年前→こちら )の記事の繰り返しになりますが、お金に困ったモーツァルトが、そこらの八っつぁん熊さんや洟垂れ小僧向けに書いたジンクシュピールという、云わば歌芝居ジャンルを確立した晩年の傑作です。

しかし、傑作というのは音楽のことであって、内容は荒唐無稽


一応おとぎ話で、ハンサムな王子様が悪者にさらわれた可愛い王女様を助けるストーリーなのですが、途中で善玉と悪玉が入れ替わったりして混乱します。話の進展に関係のない人たちもたくさん登場し、モーツァルトも入っていたというフリーメーソンの儀式らしきものも出てきたりして、バランスの悪い構成だし、理解しようとするのは時間の無駄。タイトルの魔法の笛も、それで獰猛な森の動物たちがおとなしくなるのですが、別にそんな笛なくても変らないんじゃない?という程度のこと。


でも、その滅茶苦茶さが「魔笛」の魅力なのかもしれないし、わけのわからない話にしてはそれなりに一本筋が通ってる魅力的なキャラクターもて出てきます。おとぎ話で設定が自由自在なのも演出家の腕の見せ所だし、難しいことは考えないで、素晴らしい音楽に浸りましょう。


マクヴィッカー演出の舞台は暗くて幻想的な雰囲気なんですが、私の安い席からは奥が見切れて全体を鑑賞することはできませんでしたが(以前観てるからいいの)、近いので素晴らしい衣装の細部はよく見えました。


    オペラ三昧イン・ロンドン


Composer Wolfgang Amadeus Mozart
Production David McVicar

Designs John Macfarlane
Lighting designs Paule Constable
オペラ三昧イン・ロンドン
Conductor Colin Davis/David Syrus
Tamino Joseph Kaiser
Pamina Kate Royal
Papageno Christopher Maltman
Papagena Anna Devin

Queen of the Night Jessica Pratt
Monostatos Peter Hoare
Sarastro Franz-Josef Selig
First Lady Elisabeth Meister
Second Lady Kai Rüütel
Third Lady Gaynor Keeble
Speaker of the Temple Matthew Best
First Priest Harry Nicoll
Second Priest Donald Maxwell
First Man in Armour Stephen Rooke
Second Man in Armour Lukas Jakobski


今回は、一番楽しみにしてた夜の女王役のマレーナ・レベカ嬢(ゲオルギューの代役のトラヴィアータが素晴らしかった)が降りてしまい、後はぱっとしない歌手陣だったので(だから売れ行き悪くて超割引にもなった)、3回も行かなくてもいいだろうから、まあ様子を見て考えようと思っていたところ、結局3回とも行ってしまいました。13ポンドで良い席ばかりだったこと以外に、思いがけなく主役カップルが上手で、その上美男美女の王子様とお姫様だったので。だから、写真もほとんどこの二人ばっかりなのだ。 


   オペラ三昧イン・ロンドン    オペラ三昧イン・ロンドン
  
オペラ三昧イン・ロンドン
男の子タミーノ王子

夜の女王の侍女3人がうっとりするハンサムな王子役に本当に魅力的なテノールが出るこはまず望めないんですが、今回のジョセフ・カイザーはばっちりで、これもまた麗しいパミーナ王女と一緒に実に絵になるカップルでした。


勿論ビジュアル的に良いだけでこの長いオペラを3回観るのは辛いですが、カイザーは堂々とした体躯に相応しい声量と、特に美声ではないものの私好みの芯の通った声質でビシっとと平手打ちされてメロメロ~ラブラブ!


聞き覚え見覚えあるわと思ったら、サロメのちょい役でとても良かったカナダ人。ケネス・ブラナの映画版魔笛でタミーノだった人だそうで、第一次世界大戦に設定された映画は英語だし評判もとても悪かったので無視したのですが、今回YouTubeで観漁っちゃいました。無名の彼はそれ以外にほとんどアップされてませんでしたから。

これで高い声がもっとスコーンと抜けるようになれば(それが難しいんだっちゅうの。かなりいい線はいってるからいいんだけど)、一流テノールの仲間入りもできるジョセフ君、頑張ってね。駄目ならスタミナはありそうだから、ワーグナーでもやってくれないかな。
オペラ三昧イン・ロンドン
女の子パミーナ王女

イギリス人のケイト・ロイヤルは何度か聴いたことがあり、上手だけど声が硬くて高音がちょっと濁るのであまり好きではなかったし、パミーナには重過ぎるんじゃいないのと心配だったのですが、んですが、今回出産から復帰したら、まあなんて上手になってるの!と全く嬉しい驚き目


優しさと軽やかさが増して、すらっとした美貌で演技も映え、特に今回は共演がでかいカイザーだったので、大柄な彼女がちっちゃく可憐に見えて得だったし。


これなら、容姿も含めた総合点ではイギリスでトップのソプラノじゃないかしら宝石赤


しっぽフリフリパパゲーノ

滑らかな声が心地良いお馴染みの芸達者クリストファー・マルトマンだけど、今回はちょっと演技も歌も遠慮がちというか、本調子じゃなかたのかしら? それでも充分上手なんだけど、コメディ感覚も抜群なんだから、もっと大袈裟にやって笑いを取ればよかったのに。


ウサギパパゲーナ

ROH若手アーチスト一年生のアナ・デヴィンは高音がきれいに出るコロラチューラ・ソプラノで、本舞台のデビューを心待ちにしてました。でも、小劇場だとキーンときれいに響いて映えるんだけど、大きな舞台だと声量不足かも。まあ、まだこれからだから、可憐で可愛いし、成長を見守っていきたいチャキチャキのアイルランド人です。


オペラ三昧イン・ロンドン    オペラ三昧イン・ロンドン


クマザラストロ

プレミエのザラストロだったらしいゼーリッヒ、低音の迫力が凄いだけじゃなくて温かみもあり、おまけに巨顔も大舞台向けで威厳のあるとても立派なザラストロでした。でも、低音歌手には萌えない私には一回で充分。2度目3度目はカットしてくれないかな、と思ったりもして、彼が延々と歌う時は居眠りして自分でカットしてしまいました。


オペラ三昧イン・ロンドン
三日月夜の女王

去年7月のROH椿姫でゲオルギュー降板の代役で張りのある大声が素晴らしかったレベカ嬢(→こちら )、元気のあり過ぎるヴィオレッタには向かないけど、超高音でけたたましく吼える夜の女王にはぴったりに違いないので楽しみにしてたところ、まだ20代半ばなのに出産するとかでキャンセルされてがっかり。


代役は聴いたこともないジェシカ・プラットでしたが、感心するほど上手ではなかったし、プレミエのダムラウにはもちろん遠く及ばないけど、決して悪い出来ではなく、充分合格点で、先回のしゃがれ声のソプラノよりはずっとましだと思いました。

因みに、プラット嬢、最後の方は何回かキャンセルしたようです。私も下手でもいいから違う人でも聞きたかった。


流れ星侍女トリオ

今までで一番上手な3人官女だったんじゃないかしら。2人は現役のROH若手アーチストで、特にソプラノのイギリス人エリザベス・マイスターは利口な女狐では主役もやった程の実力もあり、張りのある高音は貴重な存在です。もう少し痩せて欲しいですが。


    オペラ三昧イン・ロンドン     オペラ三昧イン・ロンドン

かさ指揮者

公演回数が10回と多いのでSir Colin Davis7回とDavid Syrus3回という予定でしたが、サー・コリンは少なくとも2回はキャンセルしたので(一度は指揮台に上る途中で倒れてため→こちら )、私は彼で3回聞く予定だったのに結局はサー・コリン1回、サイラス2回でした。


全てにおっとりしたサー・コリンのペースは好きではないので全然構わないし、指揮者を真横から見る私の席からは指揮ぶりも大事なところ、83歳のサー・コリンに躍動感は最初から期待できないですから(実際、体調悪かったのか、いつもにも増してのろくて半分死んでた)、若い(サー・コリンよりは)サイラスの躍動感溢れるアクションを観ながらも乗りのよいモーツァルトを聴けて却ってよかったです。

尚、サー・コリンは、転倒した2日後には予定通り指揮したようで、一安心。




              人気ブログランキング 音譜

AD

<2月25日(金)>

お酒会社帰りに、ちょっと一杯ひっかけていきましょう、と日本大使館の焼酎試飲イベントに。豪華な会場で大使殿スピーチもあり雰囲気は良かったんですが、ごったがえしてて肝心の焼酎と食べ物のゲットに苦労して、帰宅したらまだお腹が空いてました。ま、無料だから仕方ないですけどね。

というわけで、酔っ払ってもいないので、頑張って一つ記事をアップしましょう。バルセロナに行く前のイベントに逆戻りですが、どんどん進めないとね。

----------------------------------------------


オペラ三昧イン・ロンドン     オペラ三昧イン・ロンドン

                                            カメラ写真はクリックで拡大


2月17日、バルセロナに行く前日に、サウス・ケンジントンにあるVictoria & Albert Museumのセミナー室で仲間とお琴を弾きました。


知らなかったのですが、このミュージアムには大人のための色んな文化教室があるようで、今回は日本の美学というコースのレクチャーの一部だったんです。


先生が1時間ほど日本の伝統音楽や楽器について説明した後(私たちはその間着替えていたので講義は聞いてませんが)、1時間半ほど4人で、筝と三弦(私たちがやっている地唄では三味線と言わず三弦と言うんです)を合奏しました。


古曲や新曲取り混ぜて8曲弾いたのですが、私が参加したのは夕顔という古曲だけ。なんせ3ケ月に一度くらいしかお稽古に行かない幽霊部オバケだし、平日の午後に会社員である私まで駆り出すのは可哀相ということだったんですが、折角の機会だから写真を撮ろうということになり、直前になって私も仲間に入れて頂いたのです。写真係はうちのトーチャンですしね。尚、ヒマな優しいトーチャンは、色々協力してくれて、いつも使う黒い立奏台も彼が作ってくれたんです。だから先生は私よりもトーチャンを重宝して下さってる筈。


一曲だけならそう練習しなくても大丈夫だし、着物を着る機会に恵まれただけでも嬉しいわニコニコ、というお気楽な私。せめてカラフルな着物で華やかな壁の花になろうと、鮮やかな緑の付け下げにしました。


朱色の帯ははじめてご披露するんですが、ちょっと前に日本のリサイクル店のネットで買って知り合いに持ってきて頂いたもの。古典的な御所車がこのコースのテーマにも合うかな、と思って。


オペラ三昧イン・ロンドン    オペラ三昧イン・ロンドン


ベル ベル

ところで、ロンドンでうんと上手な日本からの筝曲演奏家を聴いてみたい方、良い機会がありますよ。


 日時:3月5日(土) 7時半

 場所: Kings Place (キングスクロス駅から歩いてすぐ)

 演奏者:八木美知依さん


詳細は→こちら ですが、古曲からご自身で作曲したおそらく前衛的な曲までヴァラエティに富んだプログラムみたいです。私は最前列を昨日になって買ったのですが、まだ切符はたくさん余っているようですので、是非どうぞ。


                人気ブログランキング  カギ

AD

<2月24日(木)>

シェパトン撮影所で働くムスメは、今日またキアヌ・リーヴスを見掛けたんですって。これで3度目。私だって、昨日はコンサートでジョナサン・プライスを見たんですけどね、そりゃどっちが勝ちって言ったら・・・。

バルセロナから帰ってすぐにベルリン・フィルのコンサートに2連チャンで行くというしんどいスケジュールも一息ついて、やっとスーツケースを片付けることができました。

旅行前からの記事も溜まってて、どれから手をつけたらいいやら・・。えーい、順番無茶苦茶になりますが、写真だけで簡単に済みそうなバルセロナのホテルから始めましょう。

----------------------------------------------

                                カメラクリックで写真は拡大します


リセウ歌劇場に行くのが目的であればここが便利よ、とオペラ仲間に教えて頂いたホテル・エスパーニャ(日本語サイトは→こちら )、えーっ!朝食が20ユーロ、WiFiが24時間で16ユーロもするのぉショック! なんですが、私は素泊まりなので、随分早く手を打った甲斐があり、運よくネットの特別オファーで一晩二人一部屋で125ユーロとお安く収めることができましたがま口財布


オペラ三昧イン・ロンドン
     オペラ三昧イン・ロンドン


旧市街の中心ランブラス通りからちょっと入った小路にあるのですが、オペラファンにとってありがたい劇場からの近さは半端じゃなくて、リセウの裏出入り口から隣接するホテルの入り口までは僅か数メートルあし


オペラ三昧イン・ロンドン
ご覧の通り、インテリアが洒落てる4ツ星ホテルで、クールな色調は暑い夏には涼しげに感じるかも。部屋は狭いけど通りに面してないのでとても静かだったし、去年改装したばかりでどこもクリーン。ロビーにパソコンが置いてなかったのだけが不便だったけど。

        オペラ三昧イン・ロンドン


オペラ三昧イン・ロンドン    オペラ三昧イン・ロンドン

                          吹き抜けも二箇所あるので、ダークだけど明るいの

オペラ三昧イン・ロンドン

         オペラ三昧イン・ロンドン


ゆったりカフェもあるし、素敵なバーではロマンチックにゆっくりできそうです。

レストランはいつ見てもガラガラで、いかにも高そうだったので試してみる気にもなりませんでしたが、近くにゴマンとリーズナブルなタパス・バーやレストランがあるので、全然問題なし。



オペラ三昧イン・ロンドン      オペラ三昧イン・ロンドン


オペラ三昧イン・ロンドン      オペラ三昧イン・ロンドン


すぐ近くには結構大きなマーケットもあり、タパスをちょこちょこ立ち食いしながら、新鮮な魚、野菜、果物など見るだけでも楽しかったし、フルーツの盛り合わせが1ユーロってのも感激。



バルセロナに行ったら、全ての面で便利なこのホテルに又泊まりたいと思います。

オペラ三昧イン・ロンドン      オペラ三昧イン・ロンドン


         人気ブログランキング  ホテル

椿だらけ

テーマ:

バルセロナでのタパスの食べ過ぎによる贅肉を始末するためにジム通いにいっそう励みたいところですが、仕事も溜まってて無理。今夜はベルリン・フィルのコンサートに行きましたが、アンコールもなくて早く終わったので、旅行前の着物レポートをまず一つ片付けましょう。

---------------------------------------------

                              カメラ写真はクリックで拡大します


2月13日、昼前からお琴の先生のお宅で仲間うちのおさらい回と数日後の合奏の打ち合わせがあり、着物で行きました。と云っても、着物の人は他にいないわけで、私もこのために着物を着たわけではなく、その足で出掛ける夜のバービカンでのキーシンのピアノ・リサイタルのためでしたが。


ご一緒したA先生とのバランスにまで気を配る余裕がなかったのは残念ですが、お天気も悪かったので洗える紺色の無地にして、季節に合わせて椿尽くしでどうじゃ!とばかり、帯、半襟、綿マフラー、バッグ、とこれでもかというくらいの椿、椿、椿ショック!


カジュアルでチープな私とは対照的に、A先生は優しい初春の装いではんなりと。日本では一緒に見られないちぐはぐな着物コンビですが、ま、ロンドンですから。 


オペラ三昧イン・ロンドン   
   オペラ三昧イン・ロンドン
  

   オペラ三昧イン・ロンドン


地味な着物をカラフルな小物でポップにしてみたつもりですが、今日のポイントは半襟でしょうか。なんせ柄の半襟をチクチク縫い付けたのは初めてなんですから。A先生に頂いた日本手拭、可愛いでしょ?


オペラ三昧イン・ロンドン    オペラ三昧イン・ロンドン


オペラ三昧イン・ロンドン
でも、半襟にしてしまうとちょこっとしか見えなくて、一体なんの柄かもわからないですよねむっ


他人には見えなくても自分だけがわかっているというのも着物の慎み深いおしゃれの一つなんですが、折角こんなに素敵なんだから、無粋に広げた写真もお見せしちゃいましょ。



コンサートでお会いした方々にも、いつもとちょっと違う椿姫さん!と好評でした。半襟のお陰ですから、これからもこれで変化をつけて遊んでみましょ。