<11月28日(日)>

寒波の中、家にこもってます。明日は地下鉄のストライキに備えて休暇取ってるので3連休。このままだと3日間家から一歩も出ない可能性大なんですが、暖房とテレビとパソコンが全て壊れない限り、不満は一切なし。あ、でも、ジムに行けなくて運動不足なのは問題だ。トーチャンは熱心にクッキー焼いてるし。

----------------------------------------------

オペラ三昧イン・ロンドン


ROHで100年以上も上演していないオペラの新プロダクションでスター歌手が共演という話題性で切符が争奪戦になったチレアAdriana Lecouvreurに、11月15日のリハーサルと22日にまず行ってきました。


アリア集にはよく登場する美しいアリアはソプラノとテノールにそれぞれあるので題名は割と知られているものの、全体の上演は極めて稀なこのオペラ、実際に聴いてみて、滅多に上演してもらえない理由がわかったような気がします。

折角素晴らしく甘美なメロディのアリアもあるのに、音楽が一本調子で変化に乏しい上、盛り上がり部分が少なく、主役の二人以外は聴かせどころがなくて、バレエ場面も長すぎるし、要するに構成に問題ありの駄作オペラで、同時代のプッチーニがきっちり無駄なく上手に盛り上げる人気オペラをいくつも残したのとは対照的。


本どんなお話?

一言で言うと、一人の男を女二人が取り合って火花を散らすという三角関係のメロドラマメラメラ

アドリアーナ・ルクヴルールは実存した仏コメディ・フランセーズの花形女優で、恋人である伯爵を彼に横恋慕する公爵夫人と張り合い、最後はライバルがスミレの花に仕込んだ毒を吸って死んでしまうという、登場人物がほとんど実在した割にはあり得ない結末あじさい

このライバル女性二人の確執は有名だったらしいですが、原作がどうであれ、18世紀の公爵夫人と女優の社会的身分の違いを強調すればよかったのに、と思います。女優ごときに皆の前で恥をかかされた公爵夫人の怒りが殺害を謀るまで大きくなったのも理解できるし、それゆえに主役である女優がにもっと同情される筈。身分の差について触れる部分は少し出てくるけど、オペラなんだからそこを膨らませて悲哀のアリアを作らなくてどうする?



オペラ三昧イン・ロンドン
Composer Francesco Cilea
Director David McVicar
Set designs Charles Edwards
Costume Designs Brigitte Reiffenstuel

Conductor Mark Elder
Adriana Lecouvreur Angela Gheorghiu
Maurizio Jonas Kaufmann
The Prince of Bouillon Maurizio Muraro
The Princess of Bouillon Michaela Schuster
Michonnet Alessandro Corbelli
L'Abbate di Chazeuil Bonaventura Bottone
Poisson Iain Paton
Quinault David Soar
Madame Jouvenot Janis Kelly
Madame Dangeville Sarah Castle


オペラ三昧イン・ロンドン   オペラ三昧イン・ロンドン

オペラ三昧イン・ロンドン 家プロダクションサンダル


セットについては、ふたつのイベント(→こちら と→こちら )でデザイナーのチャールズ・エドワーズ氏が何にヒントを得た等、熱い思い入れと過程をたっぷり聞いたし、始まる1ケ月以上も前に中心セットを見せてもらったので出来上がりがどうなるかとても楽しみにして、上手くいくといいなと祈ってたんですが、私が想像したものより小道具も衣装もきっちり豪華に出来てて気に入りましたキラキラ


マクヴィッカーの演出も細かいところまで行き届き、いっそ全て照明をキャンドルにしたら、まるでキューブリック映画「バリー・リンデン」の世界だわ。


特に、実存した芝居用の箱舞台を回り舞台で表と裏を上手く利用して、さらに劇中劇になる箇所もあり、「オペラの登場人物たちの人生はこの芝居箱にあり」という演出家マクヴィッカーとエドワーズ氏のコンセプトを見事に表現できてたと思います。5つのオペラハウスの共同制作で予算もたっぷりなのも明らかで、この後各地で「時代設定に忠実でゴージャスな新プロダクション」というオペラには稀な贅沢を楽しんでもらえることでしょう。


オペラ三昧イン・ロンドン     オペラ三昧イン・ロンドン


オペラ三昧イン・ロンドン
カラオケパフォーマンス

女の子アドリアーナ(アンジェラ・ゲオルギュー

無理に高い声を出す必要もなく歌唱的には容易なこの役は全盛期を過ぎたソプラノ向きとされているようなのですが、「私はスターよ」という振る舞いが目立つアンジェラ・ゲオルギューにはぴったりなので、彼女自身もこれは私の役だと思ってて、今回実現したのもきっと彼女の強い希望だったに違いないです。


実はもう少し早くやるつもりだったらしいところ、「数年前にやろうと思ったんだけど、気が変わってその時はプッチーニのつばめにしたの」とテレビのインタビューで言ってました。たしかにつばめは超高音が必要だし、ルックスも若々しいほうが向いてるので、2002年にはそっちを選択して正解。


そして、「私も40台半ば。歌も容貌も全く衰えてないけど、そろそろやってみようかしら」、という気になったのでしょう。


はい、アンジェラはまだ充分美しい上に貫禄も出た今はタイミングとしては最高で、彼女のサイレント映画のような大袈裟な演技はここではどんぴしゃ。


時として金属的な金切り声になるアンジェラですが、今回はとても優しい声で、また違う魅力を感じさせてくれました。歌で苦労せず綺麗な衣装を何着も着られて、しかも容貌の貧しい人の多いテノール界では美男度トップのカウフマンと思い切りいちゃつけてラブラブ(いちゃつくシーンが何度もあり過ぎ)、アンジェラはさぞは気分良かったことでしょう。
オペラ三昧イン・ロンドン
男の子マウリツィオ(伯爵)(ヨナス・カウフマン


モデルとなったザクソン伯爵は大変な女たらしだったらしいし、「僕は嘘はつけない性分だから」、と何度も言うってことは嘘つき男の証拠で、二人の女性の間でなんとか取り繕うとするしょーもない色男役だけど、得する甘いアリアがあるので、普通のテノールにはそこそこやり甲斐はあるんでしょう。で


も、人気絶頂なだけでなく、ワーグナーもできるし、10月末のWigmore Hallのリサイタルで(彼のために一つ上のフレンズになったにも拘わらず切符が取れなかったしょぼん)シューベルトの水車小屋の娘をあんなに知的に歌える今のカウフマンがなにもこんなアホな役をやらなくてもいいのに・・むっ


そう云えば、カウフマンは駆け出し時代の2004年にアンジェラとROHでつばめ(プッチーニ)やったけど、その時に、「ねえ、若いハンサムさん、私がアドリアーナをやる時は貴方を相手役に抜擢してあげましょうか?」、「はい、大先輩、よろしくお願いします」、と指きりげんまんでもしたのか? でなきゃ、いくら最近のインタビューで言ってたように「僕はワーグナーもやりたいけど、そればかりじゃ嫌だから、色んな役をやりたいんだ」、という事だとしても、他にもっと良い役があるだろうがむかっ 


でも、自分でも後悔してるかもね。ラブシーンが嫌々だっただけじゃなくて、なんだかずっと居心地悪そうだったもの。もっともいくら熱心に演じてもこの役じゃね。アンジェラに付き合ってこのプロダクションであちこち引き回されるとしたら才能の無駄使いだわ。それに、テノールにしては暗くて太い声のカウフマンではなくて、いい加減な浮気男にはもっとパーっと明るくて高く突き抜けるような声がいいんじゃないかしらね(私は彼の声が特に好きではないの)。


というわけで、そりゃハンサムだし、出てくれて感謝はしてるけど、ドン・カルロの時と比べれば全然良さが発揮できなかったから、今度はローエングリンかウェルテルで来てね。


オペラ三昧イン・ロンドン     オペラ三昧イン・ロンドン
はしゃぐアンジェラと、なんだか浮かない顔のカウフマン。上の写真は違う日なんですが、2回ともそうでしょ。尤も、この次の日にアンジェラは体調不良でキャンセルしたんだけど。  

     
オペラ三昧イン・ロンドン
かに座公爵夫人ミカエラ・シュスター


ダブルキャストのうちまだ知名度の高いオルガ・ボロディナはまだ登場してないので、2回共シュスターだけど、とても上手で迫力ありクラッカー

大柄で貴婦人らしい堂々とした態度と意地悪そうなルックスが舞台映えするし、なんと言っても声量がすごいので、アンジェラの弱味である声量のなさがことさら強調されちゃいましたね。

存在感でもアンジェラにひけを取らないのに、聴かせるアリアがないのがとても残念。あと2回はボロディナなんですが、シュスターの方が勝つかも。ちゃんとした役で是非聴きたいから、アイーダのアムネリス役とかやってくれないかしら。


ヒツジその他

このオペラの欠点の一つは、主役二人以外に良いアリアがないことで、芸達者のアレッサンドロ・コルベッリがアドリアーナに想いを寄せる舞台監督役でとても良い味出してるのに勿体なくて気の毒になるくらい。イギリスのベテラン・テノールのBonaventura Bottoneも上手いのにこれでは実力の出しようがないわ。公爵役の ムラノは他で聴いたことがないので、ここに出てても、どれくらい歌えるのかすらわからず。


歌手は見せ場がなくても、オーケストラ音楽は単調ではあっても全編美しいので、指揮者のマーク・エルダーは充分力を出せたし嬉しそうでした。


あと、どうでもいいことなんですが、アドリアーナの侍女役でKeiko
オペラ三昧イン・ロンドン
Hewitt-Tealeさん
という若くて美人の日本人女性が歌わない役で出演してて、演技は上手だけど、リアリズムを追求してるらしい舞台なのに、こんな所に東洋人が、しかも一人だけ現代のヘアスタイルで現れたのは不思議でした。あ、今プログラムを見たら、ケイコさんはバレリーナで、気が付かなかったけど羊飼い役で踊ってもいるようです。


というわけで、あまり何度も続けて聴きたいオペラではないですが、あと2回行くつもりですので、なにか新しい魅力を発見する努力はしてみます。オペラ三昧イン・ロンドン
        
  オペラ三昧イン・ロンドン

 エプロン姿がケイコさん(クリックで拡大)

        
オペラ三昧イン・ロンドン


             人気ブログランキング  オバケ

AD
オペラ三昧イン・ロンドン


<11月26日(金)> 寒波は10日間も続くんですって。ひえ~っ、冷え~っ雪


昨夜のアドリアーナ・ルクヴルールで、タイトル・ロールのアンジェラ・ゲオルギュードタキャン叫びしたそうです。


ははーん、又か。


正直言って、全部出るとは思わなかったけど、案外早く崩れたわねってとこかしら。15日のリハーサル、18日の初日、22日とまだ3回しかやってないのに。昨日は2時間前に「私、出ないから」とのたまったらしいので、オペラハウスに着いて初めて降板を知った人がほとんどだったことでしょう。舞台でアナウンスされた時にはかなり騒然となったと、今日の夕刊にも書いてあった。


オペラ三昧イン・ロンドン
しかし、マイナーであるオペラのことが一般紙でニュースとして取り上げられたって凄いことよ。さすがアンジェラクラッカー イブニング・スタンダート紙は先週号の週末マガジンで彼女のことを数ページで記事にもしたし、オペラ歌手としては破格の扱いだわ。

付加価値のあったロベルト・アラーニャとの共演がなくなっても、一人で話題になれるアンジェラってやっぱりスターで、オペラファンには誇り流れ星



いや、誉めてばかりもいられるわけはなくて、たとえ本当に体調不良だったとしても、しょっちゅうこうだってのは(ROH出演に関しては、直近のトスカでもトラヴィアータでも起こった)、プロ意識が欠如してるってことだから大問題ですわね。(「そうだ、そうだ」と同意して下さる方は日本でたくさんいらっしゃることでしょう)。

18日の初日で綺麗だ上手だと絶賛され、2回目の22日に映像も残した後はもうやる気が失せたのだとしたら、あんまりよパンチ!


だから、アンジェラが出るオペラは、キャンセルされた時の予備として何回分か確保しておかないと駄目なのよねえ。お金が掛かるだけじゃなくて、人気のアンジェラの出る日は争奪戦だから大変なんだけど、もちろんアンジェラ・ファンの私は今回もそれは実行してて、実は昨日の切符も持ってたの。だけど、リハーサルと22日と2回彼女を聴いたので、欲張っちゃいけないと思って直前に人様にお譲りしたんですが、申し訳ない気持ちで一杯ガーン アンジェラのために罪の意識まで感じなくちゃいけないなんて。


アンジェラはまだあと3回出る予定になってて、皆さん苦労して切符ゲットしたんだから、ちゃんと出て下さいね。オペラはナンだけど、貴女は素晴らしいんだから、感激させてあげなくちゃ。因みに、私も30日にもう一度貴女を聴きに行く予定にしてるので、その日は特によろしく。


オペラ三昧イン・ロンドン     オペラ三昧イン・ロンドン


さて、お騒がせ夫婦のアンジェラとロベルト、あれだけわめいたのに、結局離婚はしてなくて、8月にはルーマニアで、9月にはパリで会ってるんですよ。アンジェラがFace Bookにたくさん彼とのツーショットを発表してるってことはまだ気があるってこと。もう一緒に歌うことはなさそうなので、私生活だけなら勝手にしろ!なのですが、ちょこっと写真もアップしちゃいましょう。クリックで大きくなりますので、二人の(本音はどうであれ)熱々ぶりに呆れましょう恋の矢


オペラ三昧イン・ロンドン     オペラ三昧イン・ロンドン


  メラメラ 人気ブログランキング ← 一日一回クリック運動実施中。よろしく

AD

オペラ三昧イン・ロンドン
<11月25日(木)>

寒波到来で、北の地方では雪。ロンドンもすごく寒くて、もうすぐ雪が降るかもだそうです雪の結晶


今日も休暇を取り、ムスメと二人でWestfield Shopping Centreへガールズ・ショッピング三昧に。平日は空いてて楽だわあ。しかし、ショッピングは疲れる。仮設スケートリンクまである巨大ショッピングセンターで買物してるうちは楽しいけど、後でぐったり。


ヘトヘトなので、他の方が撮って下さったモノのご紹介だけね。

---------------------------


盛況のROHアドリアーナ祭、22日がリハーサルを勘定に入れないとこれが2回目のパフォーマンスだったのですが、いつもコメントして下さるお馴染みのPrimroseさんがカーテンコールの動画を撮ってYoutubeに投稿して下さいましたクラッカー映画


こちら でご覧頂くと、アンジェラ・ゲオルギューがはしゃいでる様子がよくわかります。18日の初日の批評は抜群だったのが余程嬉しかったんでしょうね。


私もこの日観に行って、反対側のストールサークルから写真は撮りました。でも、動画の方が写真よりも雰囲気がよくわかっていいですね。私も今度試してみようかしら。



 こちらは、ROHのサイトにアップされた舞台写真。→こちら でもっとたくさん見られますが、少しだけここにこっそり貼っとこ。クリックすると拡大して細かいところまで見えます。


オペラ三昧イン・ロンドン    オペラ三昧イン・ロンドン    

オペラ三昧イン・ロンドン    オペラ三昧イン・ロンドン


あと2回観る予定ですが、他の写真やあれこれ感じたことは又あらためて書きますので、少々お待ちを。                  


                     人気ブログランキング  ぐぅぐぅ

AD

オペラとバレエに着物で

テーマ:

<11月23日(火)>

ウィリアムとケイトの結婚式ベル、私の誕生日である4月23日ケーキだといいなあと思っていたんですが、残念、6日ちがいの4月29日ですかあ。でも、これで来年はイースター4連休の次の週末もまた4連休となり、祝日の少ないイギリスでは極めて稀なお休みだらけの春になり、サラリーマンは嬉し~い!クラッカー祝日


オペラ三昧イン・ロンドン


引き続き実施中の有給休暇消化作戦、今日も休んで、友人と3人でギャラリー見学とランチ。


普段は縁のない洒落たスローン・スクエア周辺でモダン・アートのSaachiギャラリーと素敵なフレンチ・フレンチ・レストランを楽しみました。ゆったりした平日の午後の贅沢な時間もみじ


---------------------------


最近の着物お出掛け2回をアップしきましょ。


111月10日、ROHのバレエシルヴィアには、秋になると登場の紅葉の帯で。

オペラ三昧イン・ロンドン    オペラ三昧イン・ロンドン


オペラ三昧イン・ロンドン
2またROHですが、11月22日のアドリアーナ・ルクヴルールにはお仲間が。


今までに会社のクリスマス・パーティや今年6月の歌舞伎見物にも着物でご一緒して下さった同僚のMさんは、すらっとして、はんなり品の良い小紋がとてもしっくりして素敵ですねえ。


コントラストをつけるため、私はダークにしてみました。こういう薄暗い所では濃い色の着物は映えませんが、今日の私は付き添いの引き立て役ですから。


この黒い雪輪に小菊の着物は帯び合わせが意外と難しいのですが、この鏡裏文のアンチーク帯は、ちょっとくすんだ色調で割とぴったりかも。


これで今年の着物お出掛けはやっと45回(一覧は→こちら )。


1月の雪、2月は胆嚢摘出手術でスタートから出遅れたことが去年一昨年と比べて回数が少ない理由かしら。  


オペラ三昧イン・ロンドン     オペラ三昧イン・ロンドン


                   人気ブログランキング  ナイフとフォーク

<11月21日(日)>

アドリアーナのリハーサル鑑賞記を書こうと思っていたのに、ムスメの卒業式やらウィリアム王子の婚約やらで後回しになってるうちに、明日またアドリアーナを観に行く日が来ちゃいました。

----------------------------------------------


ラブレター昨日の続きのケイト嬢へのお祝いを述べさせて頂きます。


ケイトさん、2007年4月の破局ニュースはショックでしたよ。また最初からやり直しなんかしたひにゃ、慎重なウィリアム坊っちゃまのことだ、何年待たされるやら・・・むっ


でも、ウィリアム王子は貴女のことを嫌いになったわけじゃなく、追い詰められてつい引いてしまっただけだろうから、きっと貴女は彼を取り戻してくれると思ってました。貴女もそうできる自信があったのでしょう、逃げも隠れもしない堂々とした振舞いは棄てられた女性とは思えないほど立派で、私はさらに見直しましたよ。


そして、ほらね、やっぱり貴女でなくちゃ駄目なのよ、間もなく王子と貴女はヨリを戻しましたねキスマーク これも貴女の対処の仕方が巧みだったからでしょう。


オペラ三昧イン・ロンドン    オペラ三昧イン・ロンドン


ベルよし、これで雨降って地固まったし、充分石橋は叩いただろうから、怖がり王子も肝がすわったに違いない、イエーイ、結婚式は来年だぜ~、と小躍りしたんですが、


ガックリなんて往生際の悪いやっちゃ、その後がまた長かったですね~。またプッツンされたら困るので、王子がその気になってくれるまで待つしかないのですが、国民みな秒読み疲れになりましたよ。そんな中、気丈に幸せそうに微笑み続ける美しい貴女は、皆の心の中ではすでにプリンセス王冠1 若さで溢れるうちに花嫁姿になって欲しかったです指輪


そして、この度、かねがね28歳から30歳くらいが結婚適齢期と言ってたウィリアム王子の言葉通り、やっとこさ婚約。「僕はずっとそう言い続けてたじゃないか」、なんて言い訳にもならないんだよむかっ


そんな優柔不断な王子様には、ケイトさん、貴女のように意志の強いやる気充分の伴侶が必要ですから、4、5人子供を産んで、ウィリアム王子がつるっ禿げになっても貴女はいつまでも美しいイングリッシュ・ローズとして長く咲き続け、この先何十年か初志貫徹し続けて下さいね。観光資源としてだけでなく、この国には王室はあったほうが絶対にいいし、存在するからには世界中の憧れになって欲しいです。貴女ならできる。


オペラ三昧イン・ロンドン      オペラ三昧イン・ロンドン


以上、私の勝手な想像ですが、ケイト嬢のことをgold diggerと嫌っているわけでは決してないのはおわかり頂けると思います。たとえまず惹かれたのが王子の身分であったとしても、目的達成のために努力する人は偉大だし、王室に嫁ぐ大変さも承知の上でやってやろうじゃないのDASH!という勇気は尊敬します。


これから結婚式に向けて又あれこれ書いてケイト嬢にエールを送りたいですから、今までウィリアム王子とケイト関連記事は英国王室&上流階級から独立させてあらたにWilliam & Kateというテーマにまとめてみました(→こちら )。

私は「イギリスってこうなのよ、日本とは違うでしょ?」的な記事はほとんど書かないのですが、王室に関しては別で、オペラより受けるというだけでなく(ほんとにオペラってマイナーだから)、気になるので無視できないんです。


           人気ブログランキング  恋の矢