<9月28日(火)>

決算の追い込みで気忙しいのに今週はオペラやコンサートに3回も行く予定で、自分の首を絞めてます。来週は実はもっと忙しいのに絶対3回行くつもり。まあ、忙しいうちが花だと思って、鞭打って頑張りましょう。

のろのろウィーン旅行記は、もう一つのオペラハウス編。

----------------------------------------------


今回の目的はアン・デア・ウィーン劇場でしたが、そりゃもう折角ですからウィーン国立歌劇場にも行かねば!


劇場の概要は、日本語ウィキ(→こちら )で読んで頂くとして、


まずは、この、昼も夜も、堂々と美しい外観をご覧下さいませキラキラ


私が一人で道に迷いながら中心街をうろついてた時に偶然発見したアルベルティーナという美術館のテラスからの眺めですが、壮麗な建物が立ち並ぶウィーンの中でも存在感では一番ではないでしょうか。


オペラ三昧イン・ロンドン



オペラ三昧イン・ロンドン

 以下の写真はクリックで拡大しますカメラ

オペラ三昧イン・ロンドン    オペラ三昧イン・ロンドン


隣は、ザッハートルテで有名なザッハーホテル。

背伸びせずにザッハーホテルに泊まってオペラハウスの特等席で有名歌手の出るオペラを観る宝石ブルー、なんて身分には一生なれる筈がないので、夢のまた夢ですが、着物で中に入るというささやかな夢は実現しました。


オペラ三昧イン・ロンドン     オペラ三昧イン・ロンドン



オペラ三昧イン・ロンドン    オペラ三昧イン・ロンドン


オペラ三昧イン・ロンドン    オペラ三昧イン・ロンドン


オペラ三昧イン・ロンドン
パリのオペラ座(ガルニエ)に似た雰囲気ですが、あまりのキンキラゴテゴテで何度も行くと息苦しくてゲップが出そうなガルニエと比べると、ここは少し渋い印象で、程よくすっきりとした内装のバーもあって落ち着けます。

25年前に見学ツアーに参加したことがあり、オペラハウスに足を踏み入れたなんて初めてだったので凄く印象に残っているのですが、その思い入れを抜きにしても、ここは本当に麗しい空間だと思います。
    オペラ三昧イン・ロンドン


オペラ三昧イン・ロンドン    オペラ三昧イン・ロンドン



観客のお洒落度もなかなかのもので、更に雰囲気を盛り上げてました。
オペラ三昧イン・ロンドン


但し、大階段やロビー、バーは素敵でも、客席自体はガルニエやスカラ座に負けるかも。巨大シャンデリアは迫力だけど、特に個性があるわけではないので。


右の写真は最上階の私たちの席からの眺めで、切符は前日に32ユーロで買いました。ROH同様、バレエの方がオペラよりうんと安いかどうかは知りませんが、一番下の階の後ろの立見席が狙い目かも。



緞帳は毎月変えるそうで、その努力は買いますが、今回のデザイン、なんじゃこれ・・・
  


オペラ三昧イン・ロンドン     オペラ三昧イン・ロンドン

オペラ三昧イン・ロンドン     オペラ三昧イン・ロンドン



今回はここでバレエを観ました。前日だったらヴェルディの運命の力をやってて、ウエストブルックやフルラネットが出てたのに、残念。


チャイコフスキーのオネーギンでしたが、オペラのオネーギンとは、同じチャイコフスキーでも音楽が全く違うんですね。


オペラ三昧イン・ロンドン
出演者は、これを拡大して下さい。


その日はオペラハウスの外の大スクリーンで生中継してました。であれば有名ダンサーが出てたのかもしれません。ここでバレエもやることすら知りませんでしたが、レベルはROHと同じくらいかしら。でも主役の男性ダンサーたちが皆さん長身ハンサムだったのはめっけもの。というより、その点ではROHの水準が低過ぎるってことでしょうか・・・


    オペラ三昧イン・ロンドン  



オペラ三昧イン・ロンドン     オペラ三昧イン・ロンドン



というわけで、折角のウィーン国立歌劇場なのにオペラが観られなくて口惜しいですが、ま、今回は劇場の下見ということで・・・。


                     人気ブログランキング  メモ 

AD

<9月26日(日)>

寒くてグレーで、まるで晩秋。まだ9月なのに。来週も、仕事も遊びも忙しいけど冬支度で乗り切りましょう。ジムに行ってるヒマがなくて運動不足気味なのが気になるけど、しばらくウィーン旅行を反芻して楽しむことにします。旅行記第二弾はアン・デア・ウィーン劇場て。

----------------------------------------------

                      カメラ写真はクリックで拡大
オペラ三昧イン・ロンドン



先週末のウィーン2泊で、二つのオペラハウスに行きましたが、まず最初の夜は今回の目的であるアン・デア・ウィーン劇場Theater an der Wien。


1801年が杮落としの1000席のこじんまりした劇場は、今ではミュージカルに使われることが多いそうですが、最近またオペラも復活させているそうです。


贅沢な空間と歴史の重みを感じる格調高い設えはやっぱりオペラの方がぴったりで、今回のように大スター歌手も出演して、オペラ界での名声も立派に確立してる筈。



オペラ三昧イン・ロンドン        オペラ三昧イン・ロンドン

      石像は「魔笛」のパパゲーノ


この劇場でプレミエされた有名オペレッタはJシュトラウスの「こうもり」(1874)とレハールの「メリー・ウィドウ」(1905)ですが、ベートーベンとの関わりが深く、1803年から1804年にベートーベンはここに住んでいたと、ほらこうしてオペラハウスの横の壁にもしっかり刻まれています。あら、椿姫さん、ドイツ語わかるの?わかるわけないでしょ。トーチャンに訳してもらったんです。


ベートーベン先生は、缶詰めになって作曲に励んだのでしょう、オペラ「フィデリオ」、ヴァイオリン協奏曲、交響曲2番、3番、5番、6番、ピアノ協奏曲4番等がここで初演されました。


オペラ三昧イン・ロンドン

ヘンデルのセメレを観たのですが、最初は正面だけどかなり上の方の席に座ったら、そんなに舞台から遠くないし音は良いのですが、傾斜はあるけど前の人の頭が結構邪魔でした。


今回の切符は3人分レイネさんが大奮闘して取って下さり、なんせチェチリア・バルトリという超人気歌手が出るので大変な争奪戦で、取れただけでも御の字様々なのですが。


  オペラ三昧イン・ロンドン

レイネさんとdognorahさんと私の3人で行ったのですが、席はバラバラ。首尾よく買えたかぶりつき席には、当然今回の原動力であるレイネさんに座って頂いたのですが、なんと隣の席が空いていたとのことで、後半は私がそこに座っちゃおうか、と・・・。


小心者なのでROHではまずできませんが、折角ウィーンまで来たんだ、躊躇してたら勿体ないから図々しくさせてもらおう!、と勇気を振り絞ったものの 「早く暗くなって、始めて頂戴~!」、とドキドキガーンドキドキ

着物姿で恥かきたくないだけじゃなくて、もしギリギリにその切符持ってる人が来たら、私は上の席まで駆け上る時間がないのでアウトなのよしょぼん


幸い、そのまま最前列にいけしゃーしゃーと居続けることができてめでたしめでたしニコニコ 



近くから観るのが好きな私にはこれ以上の幸せはありません。どの席が良いかは好みの問題ですが、私は直接に響く至近距離からの声が好きなので、感激もひとしおアップ


オペラ三昧イン・ロンドン
尚、かぶりつきは160ユーロ、上の席は75ユーロでしたが(手数料はそれに上乗せ)、これはチェチリア・バルトリ特別価格で、いつもこんなに高いわけではなくもっとうんと安いそうですので、ご安心を。


バロック・オペラなどはどでかい国立歌劇場よりここの方が向いてますから、また来られるかもしれません。


         オペラ三昧イン・ロンドン



オペラ三昧イン・ロンドン       オペラ三昧イン・ロンドン

  ラブラブ堂々とオケピットの前で微笑むレイネさん         



しかし、客席は雰囲気良いものの、ロビーはどこも狭くて全然華やかに欠け、インターバルの浮き浮き気分を味わうことができないのが残念。これでは折角着物で行っても居場所がなくて、写真も撮ってません。


ロケーションはとても良くて、国立歌劇場から歩いて5、6分。最寄地下鉄駅も同じKarlsplatz。


翌日行ったゴージャスで有名な国立歌劇場についてはこの次に。写真撮りまくったので、どれをアップするか選ぶだけで大変なんですが。


               人気ブログランキング カラオケ

AD

ウィーンで着物

テーマ:

<9月25日(土)>

仕事も忙しいのに旅行に2度も行ったりして、目の回りそうに忙しい9月もあと僅か。久し振りにのんびりできる週末、夏物と冬物衣料を入れ替えて冬にスタンバイ。折からしばらく穏やかだったのが急に冷え込んでいきなり冬に突入するかも。

お待たせのウィーン旅行記事、まずは着物編から。

---------------------------------------------

                                           カメラ写真はクリックで拡大


今回ウィーンにご一緒したのはオランダ在住で着物好きのレイネさんですから(ブログは→こちら )、オペラにはもちろん着物で行きましょうと、随分前から楽しく打ち合わせしてました。国際結婚でハーフの子持ちという共通点に加えて、オペラと着物趣味も一致する理想的な相棒のレイネさんとは去年春にROHに着物でご一緒して以来。


レイネさんは早くから決まってたコーディネートで初志貫徹なさったのに、私は天気も心配だし寒そうだしレストランに行ったり出待ちをするからんだから・・・ぐだぐだ・・・と最後まで迷いまくり、2度着たのですが、結局両方とも、日本的感覚から言うと季節感も素材もちぐはぐで、日本では絶対に一緒に見ることのない着物ペアになってしまいましたが、海外では色んな種類で見て頂くのも興味深いかも、といういつもの言い訳で大目に見てくださいませ。


オペラ三昧イン・ロンドン    オペラ三昧イン・ロンドン

まず最初の晩はアン・デア・ウィーン劇場でオペラ(ヘンデルのセメレ)。


レイネさんは、細い赤い縦線の入った紗の着物をソワレ風にお召しになり、帯はグレーの塩瀬に相良刺繡。本格的に帽子作りもなさるレイネさんご自作のカクテル・ハットを髪飾りになさったのがユニーク。


私はサーモンピンクの色無地にキンキラ袋帯。去年のスカラ座もこれだったし、パリで着たこともあるわ。袷にしては軽いし、食べ物ぶっちゃけてもドンマイと笑っていられる心配不要な着物だから旅行向きってことね


オペラ三昧イン・ロンドン
2日目の夜は、ウィーン国立歌劇場でバレエ「オネーギン」。


オペラが観たかったけど、生憎この日はバレエ。でも、やっぱりここに着物で行きたいじゃないですか。


ナイフとフォークまずは、オペラハウスの一部だけど切符を持ってなくても入れるクラシックな雰囲気のカフェで夕食。ここは食事もできるしお茶だけでも良いし、おそらく一日中開いてて便利。


レイネさんは9月にはぴったりな水色の色無地単衣。帯は絽塩瀬に波に浮かぶ南蛮船で、前帯には小さくてキュートな赤い人魚姫が描かれています。


私は白地に印籠柄の、豪華に見えるけど実は洗える着物。


オペラ三昧イン・ロンドン     オペラ三昧イン・ロンドン


ゴージャスなオペラハウスで着物を着るのはとても良い気分で、たくさんの方に誉めて頂きました。観客のお洒落度も高くて、ROHなんかよりずっと気合が入ってる人がたくさんいて、バレエなので子供も多く、珍しい着物姿をじーっと見てた少女たち。


オペラ三昧イン・ロンドン

「わー、きれい、一緒に写真撮りたーい」、と言ってくれた素敵なドレスの綺麗な女性と一緒に写真撮れるのも、着物ならでは。

           オペラ三昧イン・ロンドン
私の帯は、実は昨日と同じなんです。一本で二通り楽しめるこのリバーシブルの帯を使おうというのが結局私のコーディネートの基本になりました。


結局雨にも降られず寒くもなく理想的な着物日和でしたが、両方とも客席は妙に暑かったので、こういう所では冬でも単衣がいいかも。この彼女みたいにj薄いドレスを着てる女性も多いことだし。


ということで、私は又ニセモノ着物で誤魔化してしまったわけですが、海外遠征で、しかもお洒落度の高い豪華なオペラハウスで充分リッチな気分を味わうことができて満足です。これからも、荷物は増えるけど、なるべく海外のオペラハウスでも着物を着ることにしようっと。


尚、今日は着物のことだけで、アン・デア・ウィーン劇場も国立歌劇場も、中の様子は又別にアップします。



                  人気ブログランキング  グッド!

AD

ロイヤルオペラハウスの新シーズンが始まって、忙しい私DASH!

一昨日は迷った末に諦めたけど、昨日も今日も行きましたわ。


こんな、家に帰ったら寝るだけの生活では、なかなかウィーンのことが書けませんが、今日は軽く昨夜の出待ちの写真だけアップしときましょう。    カメラ写真はクリックで拡大します。


コジ・ファン・トゥッテだったんですが、素晴らしいパフォーマンスだったのに、有名歌手が出てないので、ステージドアで待ってたのは僅か4人。


オペラ三昧イン・ロンドン     オペラ三昧イン・ロンドン


まず、すぐにフィオディリージ役のMaria Bengtssonが出てきました。名前からするとスェーデン人かしら、

すらっとして綺麗なおねえさんです。

グリエルモ役のStéphane Degoutは、帽子被ってるとなかなかチャーミング。



オペラ三昧イン・ロンドン      オペラ三昧イン・ロンドン


指揮者のThomas Hengelbrockのでっかいこと! 一昔前はさぞやハンサムで素敵だったに違いない。いえ、今でもカッコ良いんですが、私は若い男が好きだから。そう言えば、彼、今夜のNiobeも指揮してました。連チャンで違うオペラを振るなんて凄い。

対照的にうんと小柄なデスピーナはRebecca Evans。真っ赤な皮ジャンが素敵でした。


オペラ三昧イン・ロンドン     オペラ三昧イン・ロンドン


ドラベッラ役のJurgita Adamonyteは「化粧もしてないし、メガネ掛けてるから写真は勘弁して!」ということで写真は撮りませんでしたが、話はできました。リトアニア人でユルギータ・アダモナイテと発音し、6ケ月前に出産したそうです。私、このメゾソプラノさん大好きです。



パンチ! しかし、


出待ちの目的はフェルランド役のPavol Breslikだったのに、11時10分過ぎまで40分待っても出てこなかったので諦めましたしょぼん Primroseさんとお喋りしながら待ってたので長くは感じませんでしたが、帰宅したら12時過ぎ。堅気のサラリーマンには辛いわ。


別の出口からずらかったのか、ツーショットできなくて残念でしたが、まあいいことにしましょう。だって、オペラの出だしに客席の横で男性歌手3人がしばらく座ってるんですが、私の席は彼らに一番近かったので、ブレスリク君から50センチの席でまじかにじっと横顔が見れらたから。


ドン・アルフォンソ役のWilliam Shimellも出てきませんでした(オケやコーラスの人も出てくるので、見つけられなかっただけかもしれないけど)。つい最近東京でネトコちゃんのマノンに出演した彼は、今日だけキャンセルしたトーマス・アレンの代役だったんです。日本はどうだったか聞きたかったのに。


というわけで、翌日が週末ではない日の出待ちはやはりしんどいの巻。お目当てが出てくればいいけど、今回みたいに裏切られたら、待ちくたびれて損した気分むっ


           

 ガックリ  人気ブログランキング  ←可哀相だと思って下さるのであれば、慰めのクリックをお願いします。

日本酒ディナーに着物で

テーマ:

17日からのウィーンへのオペラ鑑賞遠征については書きたいことは沢山あるのですが、その前に、14日の着物お出掛けをまず先にアップします。

カメのろい私と違い、ウィーンにご一緒したレイネさんは既にどんどんウィーン記事を書いてらっしゃるのでウサギ、「ウィーンでどんな様子だったんだろう? 早く知りたいなあ」、と興味おありの方は、レイネさんのブログ(→こちら )をご覧になってて下さいまし。私のは、明日から3夜連続お出掛けだし、いつになるやら・・・汗



お酒割り箸

9月14日、バービカン近くの日本レストラン「幸」Saki(→こちら )での日本酒ディナーに参加しました。


日本からいらした蔵元さん方をお迎えして、ロンドンの数箇所で開かれた日本酒イベントの一つですが、美味しい料理と、日本でもなかなか頂けない高級なお酒を何種類かたっぷり頂けて、贅沢な夜でした。極上のお酒は、いくら飲んでも、悪酔いも二日酔いもしないのもいいですね。そうと知ってたら、もっと飲むんだった・・・、って結構飲んだんですけどね。


オペラ三昧イン・ロンドン     オペラ三昧イン・ロンドン

左から、赤い訪問着のSakiのオーナーさん、私の着物と帯でロンドン着物デビューのSさん、お馴染み着付けのA先生、私、黒いコムサデモードの振袖のYokoさん。テーブルの真ん中にあるのはロウソク。


オペラ三昧イン・ロンドン    オペラ三昧イン・ロンドン


お客様は日本人よりイギリス人が多かったですが、我々の着物グループのテーブルが一番華やかだったに違いないですねロボット

オペラ三昧イン・ロンドン     オペラ三昧イン・ロンドン



オペラ三昧イン・ロンドン     オペラ三昧イン・ロンドン

黒い振袖のYokoさんと、ミッドナイトブルーの訪問着のA先生は、着物の色は地味でも帯で華やか宝石赤



オペラ三昧イン・ロンドン     オペラ三昧イン・ロンドン

Yokoさんはポップな足袋で遊び心ビックリマーク 

雨だったので、私も急遽予定変更してポリの色無地にしましたが、せめて帯でゴージャス感を出そうと、銀色に光らせて参上。  


べーっだ!仲間と着物でワイワイお喋りしながら美味しい日本酒とお料理を頂けて、楽しい宴でした。


尚、このサキ・レストラン、プレ・シアター・メニュはとてもリーズナブルなお値段ですので、バービカンのコンサートに行かれる方に是非お勧めです。


                 人気ブログランキング   お酒